FC2ブログ

SCPH-90000CB


おやおや・・・。

DSC04317

どうにも止まらなくなった部屋の片付けの際に押し入れから発見された PlayStation 2(SCPH-50000)、とっくに捨ててしまったと思い込んでいたので嬉々として電源を投入してみるも、フロントローディング式ドライブの宿命であるディスクトレイの開閉不良が起きていて、いちおうプレイはできるものの先が見えているため、ジャンク品でもいいからパーツ取りして修理しようかと思って買ったものが文字通りのジャンク品だったため、観念してトップローディング式の本体を探してきて購入。

だってさ、PlayStation 2 の姿を久しぶりに見た長男が、幼いころに嫁がプレイしていたドラクエ8をやってみたいとか言うし。


DSC04318

PlayStation 2 の最終形態、SCPH-90000CB(チャコール・ブラック)でございます。通称”薄型”と呼ばれるその本体形状は、”厚型”と比較して実に4分の1という体積比にまで小型化され、特に最終型番であるこの SCPH-90000 は70000系で採用された ACアダプターによる給電方法からふたたびACケーブルへと変更され、そのコンパクトさには驚かされるばかりなのだ。


DSC04319

背面端子はこんな感じ。今までのは何だったんだろってくらいにスッキリしている。


DSC04321

”薄型”モデルのデザインとしては、70000系が好きだったりもしたのだが、ディスク部のフタのツメのクリアランスが甘いとか聞いたので、実用性を重視して 90000系を選択。それにしても、おれは一体どこへ向かおうとしているのだろうか。ああそうだ、ダウンロードや復刻版なんかじゃなく稼働する当時モノのコンソールで実物のソフトをできるだけ長い期間現状保存したい、ただそれだけが願いなのよ。


DSC04320

ところで、この”薄型”モデルの致命的な欠陥が、ピックアップのそばに見えるフレキシブルケーブルとゲームディスクが接触してしまうことらしいので、内心ビクビクしている。とりあえずエースコンバットのソフトを入れてみたけど大丈夫そうだったけど。あと、PlayStation 2 も末期には 初代PlayStationソフトとの互換性が完全ではなくなっているようで、つい弾みで”厚型”の SCPH-39000 も確保してしまったのだった。(ディスクトレイの開閉動作確認済み)


さてさて・・・。


スポンサーサイト



コメントの投稿

非公開コメント

最新記事
最新コメント
月別アーカイブ
カテゴリ
サイト内検索
リンク