FC2ブログ

時には昔の話を


10代の頃から、10年周期で没頭する趣味が変遷しているように思う。最初の10年は音楽ばかり聴いていた。望まなくてもテレビから流れて来るような歌謡曲ではなく、地下水脈を探し当てるように導かれて聴いた曲があるとするならば、TOTOの ”Pamela” だった。

次の10年はテレビゲームばかりしていた。就職をしてから2年が過ぎた頃、初めての異動を経験した配属先での仕事が、ちょうど当時隆盛を誇っていた任天堂のスーパーファミコン関連の商品を販売することだったこともあり、”商品勉強のために” という大義名分でスーパーファミコン本体を買ったのが始まりで、そのとき買った本体は今でも稼働状態で保存している。それから、プレイステーションやセガサターンの発売を契機に”次世代機戦争”だなんて物騒な言葉が流行ったような。

当然、全部買ったわ(ぉ

それと、今よりもっと映画が好きで、嫁とよく映画館に行った。”もののけ姫” なんかさ、一度行ったときにはものすごい混みようで、日をあらためて観に行ったんだよね。今なら絶対に流行ものは避けるのに(苦笑。

その後、プレイステーション版の ”ファイナルファンタジーVII インターナショナル” の発売と同時期に売場をたたむことになって、しばらくの間オーディオ商品の担当になったのちに携帯電話の担当になった。NTTドコモが ”iモード” のサービスを始めたかどうかのタイミングでパソコン専門店に異動になったんだっけ。それと前後してソニーのノートパソコン ”VAIO” を通じて知り合った友人たちと東京でオフ会をやったあと、帰りの夜行バスに乗り遅れて池袋の西武の前で野宿をし、始発で上野まで行って初めて新幹線に乗り、正味一時間の遅刻で出社したのは楽しい思い出。

ちなみに、パソコンも趣味っちゃ趣味だけど、今は仕事でも携わっているし、今や何かしらのコンピュータがないと生活ができないし、パソコンは人生そのものだね(キッパリ。

2000年代に入った頃、このときも仕事がきっかけでラジコンに関わることになった。これまで男の子らしい遊びというものをしてこなかったこともあって、入り込むのにけっこう苦労したけれど、そのときのお客さん―今でも大切な友人として付き合いがある―たちに助けられて、楽しくハマることができてしまい、レースにまで出場してしまうくらいに厚かましくなった。今でもその当時のラジコンカーは手放せず、押し入れの天袋で10台ほど余生を過ごしている。・・・誰か要りませんか?

いちばん直近の10年は写真を撮ることが生活の一部となりました。ラジコンから離れていったのは、地域的に雨の降りやすい土地ではなかなか思うように楽しめなくなったことと、自分や友人たちも子供が生まれ、子育てを優先するようになったからだ。同時に、映画や音楽も好きな時間に楽しむには気を遣わないといけなくなったし、仕事休みに道具ひとつ持ってふらっと出かけれるという意味で、カメラはピッタリだった。

ただ、テレビゲームやラジコン、音楽CDや映画のDVDにしても、ついついコレクション的なアプローチをしてしまって、モノがあふれかえる部屋の状態を反省して、今はなるべくモノを増やさないよう、レンズを生やさないように気を付けている。

という感じで、ほとんどのことにおいて仕事がきっかけで趣味が増えていなくもないのをあらためて感じつつ、ふと思い立って今の住まいに来てからの間にたまりにたまった不要品を片付けているわけですが、箱をひとつ開けるごとにいちいち当時の記憶がぶり返してきて、なかなか片付けが進まないの今日この頃なのだ。



スポンサーサイト



コメントの投稿

非公開コメント

No title

ふらっと通りすがっただけだったけど中々読ませる文章でスラスラと最後まで読んでしまった
素敵な思い出をありがとう
アクセス
最新記事
最新コメント
月別アーカイブ
カテゴリ
サイト内検索
リンク
Powered By FC2ブログ

今すぐブログを作ろう!

Powered By FC2ブログ

QRコード
QR