FC2ブログ

ブラタモリ⑧と⑪/NHK 『ブラタモリ』 制作班 (監修)


NHKの人気番組 『ブラタモリ』 が本になっていることを最近になって知ったので、とりあえず行ったことがあって思い入れのあるエリアを紹介したときの巻を買ってみました。

DSC04219

テレビ番組の方は以前まではよく観ていたのですが、何年か前に解散するとかしないで揉めたアイドルグループの元メンバーがナレーションを努めていることで、その解散問題に揺れた時期を思い出してしまって、ついつい視聴を避けるようになってしまいました。別に彼らのファンでもなかったしタモリさんも関係ないんだけど、なんとなくね。仲違いというのがあんなに表に出ちゃうとさ、いくら他人事でも気にしちゃうんだよなあ。

とか言いながら、たまたま立ち寄った書店で秋発売の 『ブラタモリ⑬ 京都(清水寺・祇園)・黒部ダム・立山』 を見つけ、地元ネタだったので一度は買おうと思ったものの、構成がちょっとパッとしなかったこともあって棚に戻し、代わりに選んだのが横浜と成田を扱ったこの2冊でした。

横浜はここ数年はご無沙汰ですが、CP+に行っていたころ最初に泊まったのが関内だったかな。変わった地名だなとは思っていましたが、その理由にも触れられていて思わず 「ほぉ~」 と声が出てしまったり、こういう歴史のある土地って知れば知るほど面白いなと思うのです。

また、成田はユーカリが丘の公開ラジオ放送を観に行ったあとに新勝寺を訪れたときのことを思い出しながら読むこともでき、あのときはほぼ勢いで行ったので、お寺の由来とか全然知らないままだったので、いつか機会があればあらためて訪れたいと思っています。あのとき一緒に行ってくれた友だちは皆バラバラになってしまったけれど、当時を思い出しながら内包する記憶とともに旅ができればと思います。

DSC04221

それに、売場で⑬を手に取ってみると、帯に書いてあるように付属してあるはずの特典ステッカーがなかったりもして、なんだかめんどくさくなってきたのもその理由です。地元民としては掘り下げ方が浅い内容だったし、だったら行ったことがあってまだ知らない余地のあるやつを読んだほうがまだ良いかと思って。


DSC04223

この2冊に付いているステッカーが他の巻と比べても種類が多くて面積も大きかったので、パソコンとかに貼ったりしたら楽しそうというのもあってね。そういえば築地編のは出てないのかな、あれは番組も面白かったし録画して何度も観てたんだけど。最近は音や光に過敏になって、すっかりテレビ番組を観なくなってしまった。



スポンサーサイト



コメントの投稿

非公開コメント

最新記事
最新コメント
月別アーカイブ
カテゴリ
サイト内検索
リンク