FC2ブログ

巨大なラジオ・泳ぐ人/ジョン・チーバー(著) 村上春樹(訳)


ボーナス支給前なのに、衝動的に衝動買いしてしまいました。ていうか久しぶりにジャケ買いならぬ、装丁買いしてしまったぜ・・・。これはまさに想定外だ(

DSC04191

村上春樹といえば本業のほかに翻訳家としての顔も持つ作家さんではありますが、個人的には唐突に妄想的な男性目線の性描写をぶっこんでくる本業の作品群よりも、英語の読めないおれにアメリカ文学作品を手元に手繰り寄せてくれた訳書のほうが好きで、10代の後半にはよく理解もしないのに何がしかの作品を読んでいたなあ(たぶんグレート・ギャツビーだったかと思っていたが、ネット検索でヒットする表紙の装丁がどうにも記憶と異なっている気がする。あれはいったいなんだったんだ)。

というわけで、まったくの予備知識もなく手に取ったこの作品、もうすぐ雪が降り外に出るのも億劫になるこの季節にのんびりと読んでみようと思います。


スポンサーサイト



コメントの投稿

非公開コメント

最新記事
最新コメント
月別アーカイブ
カテゴリ
サイト内検索
リンク