FC2ブログ

ミューズはカメラクラスタの女神となるか


気候の良い時季だったので、ちょいとキヤノンさんにお願いをして撮影機材をお借りしていました。さてその成果は・・・といえばまあ、使い慣れてないものをポンと持って行ったってそうそう上手くいくもんじゃないよね、と納得させられたわけです。特に今回はふだんあまり撮らない動きものにいきなり挑んだこと自体に無理があったと言える。いや、鳥や飛行機はこれまでも撮ってたけれど、それらが飛んでいるところではなく飛んでいないときばかりを狙って撮っていたんだよなあ。まさにとんでもない話だ。

IMG_5871

借りていたのは、EOS 5D MarkIII のボディとオオハクチョウの撮影を想定して EF100-400mm F4.5-5.6L IS USM の組み合わせ。それと、ワイドビューひだを撮るために EF24-70mm F4L IS USM も借りていたけれど、結局一度も使わなかった。機材が多少古めなのは、たまたまそれらしか空いていなかったから。最新モデルのトピックとされるような機能なんて初めから使いこなそうとはしない性格ではあるが、ベストセラーモデルの安定感を享受するにはそもそもの時間が足りなかった。やっぱ一週間じゃ無理っす。

そんな不遇の扱いを受けた機材を返却する前に、感謝の気持ちを込めてクリーニングをすることにしました。

IMG_5872

この望遠レンズは発売が1998年の12月ということで、2014年にII型が発売されるまでの16年もの間、第一線で活躍していたモデル。さすがに初期のロットではないだろうけれど、ゴムの部分によくありがちな白化が起きていました。今回はこれをアース製薬から発売の『ミューズ どこでもウエットクロス』 でフキフキすれば効果テキメンと聞いてましてん。


IMG_5873

おう、評判通りピカピカになったやないか。これなら次に借りた人も気持ち良く使えるだろうね(またおれだったりして)。ネットで話題になったメンテナンスグッズ界のダークホース、その噂は本当だったぜ。


スポンサーサイト



コメントの投稿

非公開コメント

最新記事
最新コメント
月別アーカイブ
カテゴリ
サイト内検索
リンク