FC2ブログ

田尻池に行ってきた 2018③


田尻池に来ました。

SDIM3410

今回もオオハクチョウさんはお留守でございました。まあ、それならそれでほかの鴨たちの観察をすればいいのだ。


SDIM3412

なんとなくですが、今年はオナガカモの雌の数が多いような気がしています。雄もいることはいるんですが、8:2 くらいの比率のように感じるんですよね。野鳥友の会の人が持つようなカチカチして数えるやつを持っていないので、あくまでも勘ですが。


SDIM3414

今週の富山の天候は、予報ではまったく期待できないような雰囲気だったのに、いざ朝起きてみると全然ふつうに青空なのですっかり拍子抜けしてしまいました。少し肌寒いけれど、もう秋なんだもんね。


SDIM3421

この雌のオナガカモはずっと左脚を気にしていました。


SDIM3425

ホシハジロの雄特有の赤い瞳。陽の光が当たるまでけっこう粘りました。もうちょっと近づきたいんだけど、彼の背中が”それ以上寄るな”と言うので、あくまでも距離をキープ。


SDIM3431

ぼくたちの距離を縮めるのを許してくれるのはもはやオナガカモの雌だけになりました。いや、彼女らの場合は目で”それ以上来るな”と訴えてくるんです(笑


SDIM3433

オッス、オナガカモの雄です。風切り羽の色が綺麗で素敵。


SDIM3436

池から上がったばかりの雄、おなかに付いたままの水滴がたまらないぜ。


SDIM3434

さて、来てから一時間ほどにぼちぼち帰りますかね。そう思って立ち上がったときに、空から白い鳥たちが舞い降りてきました。


SDIM3439

鳴き声のする位置が分からなくてキョトンとしているうちに着水しちゃったオオハクチョウ御一行様・・・。いやあ、わりとシャッターチャンス逃した悔しさがハンパないぞ(苦笑。まあ、来週もまた観に来るしべつにいいんだけど、でもやっぱり悔しい(笑。


SDIM3441

しかも、今回は池の中央あたりを定位置にして、岸のほうまではなかなか寄ってきてくれそうにありません。こういうときに望遠レンズがあればなあ、と思っていたら EOS 7D と EF70-300mm F4-5.6 IS USM を持ってきていることを思い出しました。


IMG_6411

というわけで、いったんクルマに戻って持ってきた望遠レンズで撮った写真でーす。

APS-C のカメラに 35mm 換算 300mm の望遠レンズでもこの程度の距離感。ぐぬぬぬ、やはり 150-600mm を手放すべきではなかったか。いや、むしろ 60-600mm があればこの池では最強だろうと思うのだ。ワイド端でもそこそこ広いし、望遠端は言うに及ばず池の中央を泳ぐ鳥たちも難なく捉えることができる。


IMG_6412

しかし、いちど sd Quattro と Art ラインのレンズに慣れてしまうと、解像感の物足りなさをひしひしと感じてしまうのだ。でも、来週また来るころには期待を裏切らないであろう助っ人を導入するつもりなので、今日のところは我慢だ。

ところで、このハクチョウさんたちってこないだ撮ったのと同じ家族だよね、きっと。


IMG_6414

IMG_6416

”あら、あの人また来ているわ、暇なのね~” って絶対言われてそう(笑。実際暇ですけど、何か?


IMG_6417

IMG_6419

IMG_6420

SDIM3442

それにしても、秋の空の美しさには目を奪われる。雲が多めでも、それがまた良いんだ。いつか夕方の空でも撮ろうかな。鳥目で暗いのは苦手なんだけどね。




スポンサーサイト



コメントの投稿

非公開コメント

最新記事
最新コメント
月別アーカイブ
カテゴリ
サイト内検索
リンク