FC2ブログ

ひみ獅子舞ミュージアムに行きたい話


ことの始まりは長男がまだ1~2歳のとき、嫁の実家のある町内の春祭りで”どべ”と呼ばれる猿田彦(中の人は嫁の小学校のときの同級生だったが、10年くらい前に病死した)に家の軒下でビビらされて泣かされる動画―DVカセットからMP4変換したもの―を見せたときだったろうか。一回り年の違う兄貴の自分よりも幼いときの様子(しかも面白いくらいにギャン泣きしている)と、そのとき初めてみた獅子舞というものに興味を示したのがきっかけだったはず。今ではその祭りも廃れてしまって、昨年までいたはずの人が今年はいないなんてことは高齢化した地区では仕方のないことだ。

IMG_5197

というわけで、今ではめっきり獅子舞をライブで見る機会のなくなった次男は、Youtube で獅子舞の動画を観ることを毎朝の日課としている。気持ちが高揚してれくれば、絵だって描いちゃうさ!

でも、どうせならまたいつか本物を見せたいなあなんてことを考えながら、獅子舞の動画を眺めつつ、ふと画面上のテロップを読んでみると、生活圏ではないが射水市や砺波市といった地元富山で撮影されたものばかりで、これならいつか見に行くことも可能なんじゃないかと思い「獅子舞 富山」でググってみると、なんということでしょう!意外と近くに打ってつけの場所があったじょ!

ひみ獅子舞ミュージアム


JR氷見駅からクルマで10分ちょっと、国道415号線沿いにそのまんまズバリの建物がありました。毎週月曜が定休日、あさ9時から夕方5時までの開館とな。これなら土日に休みがもらえたら、ドライブがてら行けちゃうんじゃない?その帰りには『氷見市潮風ギャラリー 藤子不二雄Aアートコレクション』に行ったりとか、貪瞋痴で美味しいラーメンを食べたりとかもできそう!ハットリ君のカラクリ時計を見せたらきっと驚くはず!

今、おれの中で急に氷見がアツくなってきたぞ!・・・これは近々実現させたい案件ですな。



スポンサーサイト



コメントの投稿

非公開コメント

最新記事
最新コメント
月別アーカイブ
カテゴリ
サイト内検索
リンク