FC2ブログ

Blue in Blue


まあ、『病院行け』 と友達に言われながらもですね、こう休日(たまたま2連休だった)に快晴が続くと、つい外に出たくなっちゃうんですよ。脚の腫れというか浮腫みは相変わらずだけど、クルマでの移動だし、べつに歩くわけじゃないしと自分に言い訳をしながら。

SDIM2877
[ SIGMA sd Quattro / 70mm F2.8 DG MACRO | Art ]

レンズを 50-100mm F1.8 DC HSM にするかどうか迷って、結局 24mm F2 DG HSM を選んだときにかぎって、イカした漁船が目の前を通り過ぎて行く(苦笑。


SDIM2878
[ SIGMA sd Quattro / 70mm F2.8 DG MACRO | Art ]

これが最後に見る海にならないように、明日あらためて内科を受診しに行きます。


SDIM2880
[ SIGMA sd Quattro / 70mm F2.8 DG MACRO | Art ]

さて、わざわざここに来たのは、つい一時間ほど前に ”キヤ141” という検測車両がこの氷見線を走ったという話を聞いたからでした。さすがに出遅れてしまって撮影はできなかったけれど、この天候と日照の下で キハ40 が撮れるのもこの時季はそうそうないので、時刻表を確認しつつ石のベンチに腰掛けて待つことにしました。

今回の撮影ポイントは、このミノムシのいる柵。


SDIM2883
[ SIGMA sd Quattro / 70mm F2.8 DG MACRO | Art ]

んで、赤い車両を待ってるときにかぎって走って来るのは、青いハットリ君列車だったりするあるある。背景に入れたかった立山連峰も雲に隠れてしまった。まあいい、氷見駅で折り返して来るのを待つことにするか。

そう腹を決めていったんクルマに戻り、エアコンをかけてコーラを飲みながら待つこと20分。折り返しのハットリ君列車を撮るときにと決めていたポイントへ行くと、先客がいて、後ろ姿が女友達にとても似ていたので一瞬驚きました。「もうすぐ、ハットリ君来ますよ。一両編成だから撮りやすいですよ」と、まるで慣れた人のように話しかけ(いや、間違いなく慣れているんだけどさ)てみると、「赤いの来ないんですか?」と返ってきました。

”始めからタラコ狙いかよ、渋いな姉さん” と思わず口に出そうになるのを堪え、「待ってるときにかぎって来なかったりするんですよねえ」と、よく分かったような分からないようなことを言ってその場をしのぎ、下り坂から見えてきたヘッドライトの灯りを見つけて、「きた!」と合図を送りました。


SDIM2886
[ SIGMA sd Quattro / 70mm F2.8 DG MACRO | Art ]

で、撮ったのがこの一枚。

女性が持っていたカメラはよく見えなかったけれど、たぶんあれは EOS M の初期型か、M2 に EF-M 22mm F2 だったぞ・・・。撮影後にご本人が 「難しい・・・」 と小さく漏らしたのを聞き逃したふりをしたれど、それはおれでも難しいと思うわ。




スポンサーサイト



コメントの投稿

非公開コメント

最新記事
最新コメント
月別アーカイブ
カテゴリ
サイト内検索
リンク