FC2ブログ

アブラハムの子


あなたの子孫を天の星のように、海辺の砂のように増やそう。地上の諸国民はすべて、あなたの子孫によって祝福を得る。(『創世記』より)

ソニーから発売中の高画質コンパクトデジカメのロングセラーモデル、DSC-RX100シリーズに6人目の仲間が増えるとかなんとか。
アブラハムにはのっぽのイサク(Isaak)を筆頭に7人の子たちがいるが、これからも増えていくであろうRX100シリーズでいちばんのっぽ(突出しているという意味で)なのは、使う人それぞれなのではないかとぼんやり思ったり。



んで、もう購入宣言なんかしちゃったりしてる人がいたりとか。さすがにおれはコンデジに14万円もポンと出せないというかなんというか、そんな予算があればむしろ同時期に発表されたキヤノンの EF70-200mm F2.8L IS III USM ・・・ではなく、おそらく中古で数が出回るであろう II 型を買っちゃうかもしれない。そこそこ明るい望遠レンズが欲しくなれば、だけれど。


DSC03794

なんてなことを考えながら、RX100シリーズではもはや古株の M2 を手に次男の通う保育所の親子遠足に行って来たのであった。
正直ね、この 24-70mm の M2 でさえズームできることをド忘れしてずっと広角側で使ってたことがあったこのおれだから、コンデジに 200mm は要らないと思うのだ。特に沈胴レンズの場合は鏡胴の伸縮の時間が撮影時の致命的なロスになりかねないかもしれないし。

ちなみにこの写真は一番乗りをかまして余裕ぶっこいてるときのもの。遠足が今日じゃなかったらどうしよう?とか不安に思ったりするアレですよ。


DSC03795

さて、遠足の行先は先月も来たばかりの 「富山市ファミリーパーク」。他校の生徒とルートがかぶるのを避けて、いつもの東回りあら西回りへと変更をしながらになりました。西回りルートは出だしが地味っちゃ地味だけど、こうしてスワンボート乗り場が目の前にあったり(昨年秋にクルマを買い換えたときの慣らし運転でここまで来たときにコイツに乗った)、遠足でなければポニーに餌をあげたりとかがすぐにできちゃう。東回りだとここに辿り着くまでには体力が相当削られているので、なかなか時間をかけて楽しめなかったりするんです。


DSC03796

いつもながら殺風景な猿山の中にも、こうして微笑ましい母子の姿があったり。


DSC03802

30℃を超えるクソ暑い中、芝生の上で 『アブラハムの子』 を踊らされたあと木陰でお弁当を開いて、隣り近所になった同じ組の子たちにおやつを分け分けしたりとか。


DSC03803

見たこともない虫がいつの間にか腕にくっついていて、びっくりしたりとか。


DSC03804

その隙にお弁当をイモムシに狙われたりとか、全然落ち着かねーじゃねーか!(苦笑


DSC03813

カピバラの脇腹。


DSC03809

手酌で水を飲むツキノワグマ。


DSC03816

シマウマの中でも比較的凶暴なほう。


DSC03821

フラミンゴがなぜ逃げないかという豆知識を周囲の主婦にひけらかすのを暑さですっかり忘れていたりとか。


DSC03810

鹿の角の生え代わりはいつも痛々しそうだったりとか。


DSC03815

いっぽう山羊はやたら痒そうだったりとか。


DSC03811

栗と・・・じゃなかった、胡桃とリス。


DSC03820

まあ、レンズが暗いぶん、しっかりと画像処理エンジン側で補正はしてくるだろうけど、おれにしてみれば画角の選択肢が増えて自由度が増すのが個人的にはちょっと合わないかなあ。制約があればそれを乗り越えた上で創造力を生み出そうとする性格なので、自由=便利ではけっしてないのだ。少なくともおれにとっては。

あと、いちどは M3 を使っていたことがあったけど、当時話題となったあのファインダーは思ったほど使わなかったし(ド忘れしてた)、微妙に厚みの増した本体を持ったときの違和感がどうしても許せなくて、M3 を手放してまた M2 に舞い戻ったのだ。そんな経緯もあって、今でもおれの ”のっぽ” は M2 かなあ。

ボケ量の選択が増えるという点で、明るいは正義だと思うし。そもそも何を撮るかですべては決まるよね。正解はひとそれぞれだ。



スポンサーサイト



コメントの投稿

非公開コメント

最新記事
最新コメント
月別アーカイブ
カテゴリ
サイト内検索
リンク