FC2ブログ

岩瀬浜海水浴場に行ってきた③


この日の天気予報では昼頃から晴れ間が見られるということで、ふと思い立って海岸に打ち上げられたゴミの写真を撮りに地元の海水浴場まで行ってきました。

最近はようやく何かしらの写真を撮りに行ける気分になってきましたが、まだまだ言葉を紡ぐことがうまくできません。日常生活にはなんら影響がないだけに、この長いトンネルを抜け出せるのか”考えるな、感じろ” の精神でなんとか乗り切ってみようと思います。

SDIM1219

富山ライトレールの終着駅、岩瀬浜駅からほど近い 『岩瀬浜海水浴場』 でございます。

SDIM1183

沖合には黒油タンカーの第五八照丸と、もう一隻が停泊していました。


SDIM1186

行き当たりばったりで来て、行き当たりばったりに打ち上げられたゴミを撮る修行。

そういえば、今年もCP+に行けなかったなあ。何年か前みたいに2月のアタマとかだったら仕事が忙しくないから行きやすいんだけどなあ。いつかは店頭で目にすることになる製品を見にわざわざ横浜まで行くのが目的なのではなく、それらを作ったメーカーの中の人たちと、おれみたいなただの一般人のむっちーでもコミュニケーションを取れるのが、あの CP+なのである。


SDIM1187

しかし、いくら最新機能を携えた最新機種を手にしたところで、目の前の世界は何も変わらないのだ。ただ、その切り取り方がほんの少し変わるだけ。どれだけ大きなセンサーを積んだカメラが小型化しても、そのレンズが大きくて重たければ意味はないのだ。
大人の人間の手のひらは今よりも小さくなることはなく、人間工学に基づいて作るなら自ずと答えは決まってくるはず。


SDIM1189

そしてそれらの最終的な生産物である”作品”というやつも、どこに価値観を持つかは人それぞれだ。おれみたいに、こうして浜辺に打ち上げられたゴミにリアリティを求めるか、または求めないか。この世が現実であるかを確かめるかのように目の前にあるものの質感を求めるのもひとつの方向性だろう。


SDIM1194

ただ流されて、時に弄ばれるような生き方は死んだのと同じだ。


SDIM1197

Bさん、元気かなあ。


SDIM1201

SDIM1202

SDIM1203

SDIM1208

とりあえず、もっと被写界深度の変化で遊びたいので SIGMA の 70mm F2.8 DG MACRO は買う。カミソリ上等。


SDIM1214

うっわ、こんなところに翡翠が?!と思ってテンション上がりそうになったのをめっちゃ我慢して、もともとない気配をさらに消して 100mm の焦点距離で目いっぱい寄れるところまで近づいて撮った結果が、ただの磯鵯だった件。


SDIM1216

SDIM1217

もう20年近く前だろうか、某VAIOコミュニティの主催者が青梅からわざわざ富山に遊びにきたときにもここへ来たっけ。20年前といえば、今ほど携帯電話も発達していないし、安房峠道路も開通していなかったし、新幹線なんか夢のまた夢だった。そんな時代に彼は黒いファンカーゴでわざわざ会いに来てくれたのだ。文字通りに大したおかまいもできなかったのを今でも悔やんでいる。


SDIM1227

そして、これが何かを東京の人は知らないことに驚いて、気の利いた冗談も言えなかったんだよな、おれ。


SDIM1221

SDIM1225



SDIM1230

SDIM1231

SDIM1232

線路の錆だろうか、車体側面が赤茶色に汚れた電車がきれいになるころには、春が来るんだろうな。



スポンサーサイト



コメントの投稿

非公開コメント

アクセス
最新記事
最新コメント
月別アーカイブ
カテゴリ
サイト内検索
リンク
Powered By FC2ブログ

今すぐブログを作ろう!

Powered By FC2ブログ

QRコード
QR