光禅寺に行ってきた


富山県出身の漫画家、藤子不二雄Ⓐ先生縁の地を訪ねるツアーレポート、最後は先生の生家である光禅寺という曹洞宗のお寺を訪れました。

SDIM0788

昭和初期より度重なる火災に見舞われたお寺さんではありますが、コツコツと再建を続けて今に至ります。


SDIM0820

門をくぐると・・・ていうか、くぐる前から藤子不二雄キャラたちと目が合います☆
ではさっそく、たのもー


SDIM0793

さて、平成生まれのフレンズたちにあらためて紹介するよ! 左から「忍者ハットリくん」(猫)・「怪物くん」・「プロゴルファー猿」・タフマン伊東「喪黒福造」です。ドラえもんやオバQ、コロ助は藤子・F・不二雄先生の作品だから、ここでは会えないから、「高岡市美術館」(第三期は2017年11月末日まで)または、川崎市の「藤子・F・不二雄ミュージアム」にでも行っとくれよ!


SDIM0795

・・・ていうか、猫?!

そう、なぜかこのお寺には猫が三匹いてですね、石像の写真を撮ろうとするや否や警戒心もなしに近寄ってくるとですよ。ちなみにおれは動物の相手が得意でも苦手でもなく、むしろどうしたらいいか分からないので不必要に絡まないほうなんですが、ここの猫たちには負けた。

猫の前でしゃがむと近寄ってくる、なんて話を最近聞いたばかりなんですけど、あの話は本当みたいですね。どうやら、ニンゲンがしゃがむ=体が小さく見える=敵意はないと判断するという猫独特のロジックのようですが、こちらは動物慣れしていないだけに戸惑うばかり。

それでも、できるかぎり近づいて写真を撮ったさ!


SDIM0799

SDIM0802

SDIM0803

気分はまるで岩合光昭、それにしてもこの振る舞い、和むなあ・・・・。


SDIM0806

SDIM0807

SDIM0810

お気に入りはこのサバトラのオスで、それはそれはとても綺麗な瞳をしているんです。それをちゃんと写真に収めようと、ちょっとだけ頑張りました。


SDIM0811

と、言ったそばから裏玉を嘗め回すサバトラ。そこが気持ち良いのはおれもよく知っているけどさ、まだ昼間なんだぜ?


SDIM0814

そして、これがこの日のベストショット。

いっしょに暮らすなら、やっぱり猫だな。


SDIM0815

しばらくして、現在の住職が帰ってきたのか、猫たちはいっせいにクルマの音がする方へと去って行きました。不意に訪れる別れに呆然としながらも、当初の目的を思い出す。


SDIM0792

そうだった、おれたちお寺の写真を撮りに来たんだった(汗


SDIM0817

それを思い出したころには、すっかり猫でお腹がいっぱいになってしまっていたのである。





スポンサーサイト

コメントの投稿

非公開コメント

最新記事
最新コメント
月別アーカイブ
カテゴリ
みんぽす
モノフェローズに参加しています
サイト内検索
リンク
Powered By FC2ブログ

今すぐブログを作ろう!

Powered By FC2ブログ

QRコード
QR