ゴールドカレー富山豊田店に行ってきたぞ!


”何もしない”を決め込んだ日のランチに、以前から気になっていた近所のカレー屋さんに行ってみました。

DSC03357

ゴールドカレー富山豊田店さんでございます。

ゴールドカレーといえば、石川県は金沢市に端を発する”金沢カレー”の特色を持つチェーン店のひとつ。富山人はラーメンにうるさいですが、金沢人はカレーにうるさいのよね。ちなみにおれは外食系のカレーが苦手なので、ゴーゴーカレーにもカレーのチャンピオンにも行ったことがありません。苦手な理由は後述します。


DSC03353

さておきゴールドカレー富山豊田店。カレーの専門店の装いは表の顔、実は地元のコミュニティスペースとして開放されているため、何気ない店内の壁面になぜかプロジェクターのスクリーンがあったりします。
これはオーナーの保坂さんのこだわりで、人と人のつながりのきっかけとなればと思い、始めたそうです。


DSC03350

この日選んだのはソツなくGカツカレーのMサイズ。混雑する時間を避けたおかげで、人気トッピングメニューの牛すじもチキンカツも品切れだったからね。まあ、無理もない14時に入店する人間なんてきっとおれくらいだろうから。


DSC03354

貸し切りだったおかげで、オーナーの保坂さんからいろんな話を聞けました。もともと外食産業の経験はまったくなく、30歳になったらとにかく起業したかった、そのために脱サラ後に選んだ道がこのカレーチェーン店のフランチャイズ・オーナーになること。
これまでいろんな外食屋さんで何気なく食事をしてきたけれど、こうしてオーナーの出自まで聞いたのは初めてかも。

この店がオープンしてから2年くらいたつから、おれのほうが10コくらい年上ってことか。おれが30歳のころといえば、ちょうど娘が生まれたころで、嫁が切迫早産で3ヶ月ものあいだ入院することになって、今の次男と同い年くらいの長男と父子家庭をやっていた時期か・・・。あれはあれで大変だったけど、おかげで長男とは何も話さなくてもお互いの機嫌が分かるようになったと思う。

しかしながら、結局40歳を過ぎても高卒で入社した今の職場にぶら下がり、一度しかないはずの人生の貴重な時間を食いつぶされる日が続く・・・。


DSC03355

というわけで、初めての金沢カレー。その特徴は付け合わせとしてキャベツがお皿に盛られていることと、カツが載っていること、
ルウを全体にかけてライスが見えなくなっていること(最初注文間違えたかと思った)、フォークまたは先割れスプーンで食べることなどが挙げられますが、そのまんまでした。

初入店なので分量がつかめず、無難に「Mサイズ」を選択(むっちーだからね)してみたんですが、腹具合的にはもうちょっと多めにしてもよかったかなと。お味は家庭的かつ食べ疲れしない感じで、慣れてきたらトッピングを試して”いつもの”ってやつを構築したいと思いました。こういうのはたった一度の食事で結論は出せないって話。

んで、おれが外食系のカレーが苦手な理由というのが、四半世紀くらい前にに富山大学近くの学生向けカレー店に職場の先輩と食べに行き、その量の多さ(学生向けだからね)とルウの辛さにギブアップして食べ残してしまったことがずっと心残りで、以後カレーを食べるのは自宅で作った星の王子様か、高速道路のサービスエリアで出される適当なヤツに限られていました。

そんな話を保坂さんにしてみたら、もともとそのお店は辛いことで評判な所で、しかも日によってその辛さの水準が変わるということが分かり、それじゃあそもそも無理ゲーだよねぇってことで、そのときの自分をちょっとだけ許せた気になりました。

9月にはとある資格を取得するための受験に金沢に行くので、そのときのランチにはゴールドカレーを選んで、富山豊田店との違いを味わってみようと思います。



スポンサーサイト

コメントの投稿

非公開コメント

最新記事
最新コメント
月別アーカイブ
カテゴリ
みんぽす
モノフェローズに参加しています
サイト内検索
リンク
Powered By FC2ブログ

今すぐブログを作ろう!

Powered By FC2ブログ

QRコード
QR