環水公園に行ってきた⑩


前回までのあらすじ―長男を駅まで迎えに行くついでに、富山駅周辺の公園をハシゴしてきたむっちーは、そこでとんでもないものを目にするのであった・・・。

SDIM0315

というわけで、稲荷公園で時間つぶしをするつもりが子供連れでなければなんか寂しい感じだったので、早々に撤収して環水公園に来てみました。まあ、ここもここで次男といっしょじゃないとなんとなく気分的に盛り上がらないけれど、どうせ雨も降ってるし夕方の公園遊びはできないだろうから、今日くらいは一人で歩いてみようかと。

ちなみに、この出口ゲートは当初二輪ユーザーへの配慮がなされておらず、バイク乗りの友人の頭に遮断機が無情にも振り下ろされるという事故が起きてしまいました。そのおかげで、二輪車用のレーンが整備されたという経緯があります。

この後付け感が生々しい・・・。


SDIM0312

天候も悪いこんな日なのに、遊覧船が稼働していました。たぶん、台湾からの観光客ですかね。それはともかく、ガイドのおばさんだけが救命胴衣着ていないのが気になりました。


SDIM0311

一時期見かけなくなったカルガモも、最近になってまた見かけるようになりました。飾り羽根が超キレイ!


SDIM0318

これは番(つがい)ですかね。こちらを気にしていないように見せつつ、ちゃんと距離をとってから対岸まで飛んで行きました。こういう動作が読めるようになってきたので、そろそろ飛翔中の姿を撮ることに挑戦してみようかなと思いました。

さて、まだまだバスの時間まで余裕があるし、スタバでも行って涼んでくるかな、と思って歩き始めたそのとき、「それ」を目撃することになりました。

「それ」とは・・・。


SDIM0327

スッポンです(驚


SDIM0324

近くに女性が立っていたので、てっきり散歩中のペットのワンちゃんがオシッコでもしてるのかと思って通り過ぎようとしたら、急に声をかけられ、「これって、カメ・・・ですよね?」 と聞かれたので、「初めてみたけど、スッポンだと思いますよ」 と答えたあと、

「これって」

「もしかして」

「特定外来生物ー!?」

と、顔を見合わせ、「このまま池に離したらマズイんじゃない?」、「こういうときって保健所に連絡するんでしたっけ?」 とかやり取りをする中で、女性が 「事務局がそこにあるから、ちょっと行ってきます!」 と言って走って行ったので、おれはこのままスッポンの見張りをしつつ写真を撮ることに。ていうか、この公園に事務局なんてあったんだ・・・。


SDIM0326

あとで調べてみて知ったんですが、そもそもスッポンという種類は外来生物などではなく、自然個体群か養殖場から逃げてきたものの二種類しかないそうで、甲羅が柔らかく皮膚も弱いため、こうして陸に上がること自体がとても珍しいとのこと。道理で今まで見たことがなかったわけだ。強いて心当たりがあるとすれば、この公園から1km ほど離れた場所にスッポン料理店があることくらいか。


SDIM0330

柳の下のドジョウならぬ、スッポン。なーんてな。

とかやっていると、今度は別の女性がやってきて、「こんにちは、これ何ですか?」 と声をかけられました。というのも、おれが何やら一生懸命写真を撮っていたので、何がいるのか気になって見に来たそうです。
良かった、世界一美しいスタバを背景に美少女フィギュアの写真なんか撮ってなくて(持ってません)。

こんなところで生きたスッポンが見られるなんて珍しいよね、と話しながらスマホで写真を撮ってそのままその女性は帰っていきました。


SDIM0337

そうこうしているうちに、スッポンも陸上が飽きてきたのか、茂みのほうへ歩いて行った・・・んですが、これがまたカメのわりにけっこう速い方じゃないかと思うくらいに速く、最後までスッポンさんすげぇよと思わされっぱなしでした。

ちなみに、スッポンはもともとこの公園に普通に棲息しているらしく、そのまま刺激を与えずに放っておけば良いというのが事務局からの回答でございました。いやあ、そうは言ってもなかなか見られないものを間近で見られてビックリしたなあ、もう(苦笑





スポンサーサイト

コメントの投稿

非公開コメント

最新記事
最新コメント
月別アーカイブ
カテゴリ
α7 (6)
みんぽす
モノフェローズに参加しています
サイト内検索
リンク
Powered By FC2ブログ

今すぐブログを作ろう!

Powered By FC2ブログ

QRコード
QR