FC2ブログ

法華宗別院・本法寺

北日本新聞社が発行している「まんまる」というマガジン?の7月号を読んでいて、
気になっていたお寺へ来てしまいました。

法華宗別院・本法寺。

富山市は八尾町の山あいにあり富山駅からはクルマで40分少々、カーナビに従って行ったら、
神通川沿いの細い県道を走らされ、おわらで有名な八尾の市街地のど真ん中(道幅が狭く急勾配)を
通り抜ける羽目になり、若干不安になりましたがなんとか着きました(苦笑

他県からお越しの方は、富山駅南口から国道41号線を南下すると吉かも。


DSC00246.jpg

いきなりどうでもいいんですが、周囲に高いものがないにも関わらず、上部が歪んでいる
消火栓の標識が気になってしまいました。


DSC00247.jpg

ある意味、広角レンズに救われた一枚。快晴ではなかったけど、良い青空でした。


DSC00251.jpg

飛騨の名匠が10年かけて建てたというケヤキの山門。


DSC00249.jpg

燈籠のコケも良い感じ。


DSC00252.jpg

牛といえば小矢部の石動を思い浮かべるのですが、なんで八尾に牛?


DSC00253.jpg

それにしても、威厳のある立派な山門だなあ。


DSC00254.jpg

DSC00255.jpg

素晴らしい彫刻ですよね。これだけでもだいぶお腹いっぱい(ぉ


DSC00256.jpg

山門をくぐると、左手に鐘楼堂がありました。


DSC00258.jpg

派手さのない、剛健な造りが独特の存在感を醸し出していました。


DSC00259.jpg

裏手はこんな感じ。小さな扉があって、そこから上がって鐘を撞くんですね。
まあ、中には入れませんでしたけど。


DSC00263.jpg

DSC00264.jpg

特に何か行事があったわけではないので、本堂には入れませんでした。
ちなみに拝観料は500円だそうです。


DSC00265.jpg

観光シーズンでも、誰も来そうにない境内。
だが、そこがいい。


DSC00267.jpg

本当に“時間が止まった”かのような場所でしたね。


DSC00282.jpg

菩薩様には水すら掛けずに放置プレイ。


DSC00277.jpg

お寺の周囲の水田では農家の方が作業をしておられました。
愛車は農道のポルシェ、スバル・サンバーです。


DSC00280.jpg

こうした背の高い木々に囲まれているお寺なので、普通に通りがかっただけでは気付かれないのが
また良いんですよね。


DSC00286.jpg

本当に、ここはまるで時間が止まっているみたいだった。

スポンサーサイト



コメントの投稿

非公開コメント

最新記事
最新コメント
月別アーカイブ
カテゴリ
サイト内検索
リンク