dp0 Quattro と行く県道1号線の旅


SIGMA dp Quattroシリーズ ファームウェアダウンロードサービス開始のお知らせ

4月26日に公開された SIGMA dp Quattro シリーズ用ファームウェア Ver.2.00 の不具合にずっぽりはまったものの、
秘伝のシグマコマンドで見事復活を果たした、愛機 dp0 Quattro (もう、いつか手放そうとか二度と考えない、ズッ友だよ!)
を連れて、富山県の海岸沿いをただひたすら東に走る旅に出たぞ!

さっそく不具合修正版の Ver.2.01 が公開されたけど、とりあえず放っておく(ぉ

SDIM0001

まず最初に訪れたのは、滑川市は中川原にある 『ほたるいかミュージアム』 ・・・近くの海岸線。
このとおり護岸用のコンクリートにびっしりと海産物が付着していて非常に生々しい!

高精細な写真が撮れるカメラで挑む被写体として、決して選んではいけないようなものを敢えて選ぶのだ。
そこにシビれる!あこがれるゥ!


SDIM0005

SDIM0006

なんか、ゲロっぽいな・・・。


SDIM0004

このカメラで空に浮かぶ雲を撮るのが好きだったことを思い出した。


SDIM0007

肉眼で見るのとは異質な世界。

換算 50mm の感覚で液晶を覗くと混乱するほど得意な画角が視覚を襲う。


SDIM0008

よーーーく見ると、新湊大橋が見えるほどの精細さ。


SDIM0009

この ”青” を飼い慣らすのが本当に難しくて難しくて。


SDIM0010

見る人が見れば分かる場所。


SDIM0011

ところ変わって早月橋の上から 「あいの風とやま鉄道」 と 「富山地方鉄道」 の鉄橋を望む。
時刻表を見てみたら、あと30分は電車が来ないのが分かったので、この1枚だけ撮ってこの場を離れました。


SDIM0012

ふだん歩かない場所を歩いてみると面白いものが目に入るというもので、これは三代目早月橋の遺構の一部。
ただ、そんな貴重なものなら屋内展示にしとけばいいのにって思ったのは本当。


SDIM0013

ミラージュランドのタクシーのりばさえ蜃気楼・・・!

そうそう、このあと蜃気楼を見に 『海の駅蜃気楼』 に行ってきたんだけど、出る様子もなかったし、あまり粘れなかった
ので、すぐに移動しちゃった。だって、ついこないだ Cクラスの蜃気楼を見たばかりだしね。


SDIM0016

お次は、蜃気楼がイマイチだったときの第二案として考えていた 『宮野運動公園』 に来てみました。
ここには友人と訪れるつもりでいましたが、お互い用事が入って都合がつかず、けっきょくおれが用事の合間に
新幹線を撮りに来たという次第。

註:)新幹線の写真を撮ったときの話は別記事に書きます。


SDIM0017

今日は坂道だけでなく、階段もよく登った。


SDIM0020

黒部峡谷鉄道BB3、ずっと昔に宇奈月のトロッコ電車を牽いていた動力車です。
眼下にある富山地方鉄道新黒部駅前に静態保存されている ED8 とはまるで比較にならないような扱い。


SDIM0023

SDIM0027

ただ、公園の遊具的にはけっこう面白そうなのが多かったので、ドライブがてらに子供を連れて再訪しても良いかな、と
思いました。津幡の 『新幹線の見える丘公園』 は、ともすれば ”新幹線が見えるだけ” だったけど、
ここは新幹線も富山地鉄も見えるし、遊具で遊べるしね。


SDIM0028

一度近くまで来たことはあったけど、上に登ったことまではなかったので、良い下見になったと思いました。



つづく。








スポンサーサイト

コメントの投稿

非公開コメント

最新記事
最新コメント
月別アーカイブ
カテゴリ
みんぽす
モノフェローズに参加しています
サイト内検索
リンク
Powered By FC2ブログ

今すぐブログを作ろう!

Powered By FC2ブログ

QRコード
QR