SIGMA sd Quattro Firmware Ver.1.04


sd Quattro のファームウェアのバージョンが上がったということで、さっそく適用してみました。

わりと天邪鬼な性格なので、こういうものにも即座に対応しないほうなんですが、今回のアップデート
内容が何気にかなりアツかったので観念して(ry

詳しい内容は公式サイトに書いてありますが、ユーザーのほとんどの人がまんべんなく享受できる
のは、まさに ”Contemporary 、Art、SportsラインのSGVレンズ使用時のAF速度を約10%~30%
高速化し、合焦精度の向上を図りました。” これに尽きるのではないかと。

記録フォーマットが DNG に対応したこともちょっとしたトピックでしたが、TIFF からの JPEG 出力に
なんら不満がないからなあ・・・みたいな。

というわけで、仕事の合間に近所の海で試写してきました。
使用したレンズはいつもの 50-100mm F1.8 DC HSM | Art でございます。

SDIM0118

縦持ちでフォーカスエリアを鯉のぼりに合わせて撮ってみただけですが、体感ではっきり分かる
くらいに”AF速度”が上がっていました。
まあ、こんな被写体ならばフォーカスが早いも遅いも関係なく、むしろMFでも良いくらいなんですが。


SDIM0120

ちなみに今回はちょっと思うところがあって、ブルーを意識して仕上げています。


SDIM0121

~からの、モノクロ!(爆

いや、これの何がどうかと言うと、これまでは飛翔している海鳥をファインダー越しに追うことなんて
できなかったんですよ!

それが普通に”このカメラで”できてしまう。


SDIM0125

この日見かけたのはユリカモメ。頭が黒いのは夏羽に換わった証拠。
被写体がブレているのはシャッタースピードを考えずに流し撮りしたからなので、精度とかの問題では有馬記念。


SDIM0124

海に来たら必ず撮りたくなるのが漂流物。ただし、あまりウケはよくありません。


SDIM0127

SDIM0129

帰りにそのへんに転がっていた、形の良い石を持ち帰って次男へのお土産にしました。
家に着くころにはもう寝てしまっていたので、机の上に無造作に置いておいたら翌朝すぐに見つけて
くれた。こういう嗜好は、やっぱり遺伝するのかなあ。

そういえば長男も石が大好きで、何かのときに科学博物館で瑪瑙(めのう)の塊を買わされたことがあったっけ。


SDIM0128

SDIM0133

気がつけばもう四月。

月末には蜃気楼も見られるようになるはず。


仕事でこの土地に来たばかりのころは、ここがそんなに好きではなかったけれど、今では思い入れの
深い好きな場所になったと思う。
自分を知ってくれる人が一人でもいてくれると、離れるときがいつか来るのが寂しく感じられる。


どうしてだろう、それほど他人にも自分自身にさえも興味や関心がなかったはずなのに。



スポンサーサイト

コメントの投稿

非公開コメント

最新記事
最新コメント
月別アーカイブ
カテゴリ
みんぽす
モノフェローズに参加しています
サイト内検索
リンク
Powered By FC2ブログ

今すぐブログを作ろう!

Powered By FC2ブログ

QRコード
QR