富山地方鉄道 寺田駅


ふと思い立って、鉄道写真家の中井精也氏の著書 『中井精也の鉄道スナップ撮影術 ゆる鉄』(2010)の表紙にも
使われた富山地方鉄道は寺田駅に行ってきました。

この駅の駅舎は、木造で趣のある駅舎が今も残る富山地方鉄道の中でも屈指の古さで有名、ひとたびそこへ降り立てば、
時間が止まったような景色を目にするだろうと期待に胸を躍らせて向かったわけですが、


SDIM0053
[ SIGMA sd Quattro / SIGMA 50-100mm F1.8 DC HSM | Art ]

老朽化が進み過ぎたおかげで、2016年9月に改装してピッカピカになっちゃてYO!(爆笑

ただし、ホーム上の待合室を持つ建物はまだ残っている模様。
とはいえ、電車にも乗らないのに立ち入るのは憚られるので、今日は周囲からの写真を撮ることに。

いつかそのうち次男を連れて稲荷町駅から地鉄に乗ってどこかへ行ってみようと思っていたので、この駅で折り返して
帰ってくる”プチ乗り鉄”のコースにしつつ、リベンジしてみてもいいかな。


SDIM0055
[ SIGMA sd Quattro / SIGMA 50-100mm F1.8 DC HSM | Art ]

立山線側から2番ホームを望む。


SDIM0050
[ SIGMA sd Quattro / SIGMA 50-100mm F1.8 DC HSM | Art ]

右奥に見えるのが待合室のある建物ですが、現在は使われていないらしいです。


SDIM0051
[ SIGMA sd Quattro / SIGMA 50-100mm F1.8 DC HSM | Art ]

と、そこへ立山行きの14760系の第3編成が入線。


SDIM0052
[ SIGMA sd Quattro / SIGMA 50-100mm F1.8 DC HSM | Art ]

今日もまた、地域住民の足となりその生活を支える富山地鉄なのであった。


SDIM0056
[ SIGMA sd Quattro / SIGMA 50-100mm F1.8 DC HSM | Art ]

その帰りには立山線沿いにクルマを走らせて稚子塚駅にも行ってみました。ここもまた中井精也氏が訪れ、地元の小学校の
生徒の協力を得て撮影をしていた駅でもありました。

電車が来るまでまだ20分は待たないといけなかったので、今日はここまでにして家に帰りました。





スポンサーサイト

コメントの投稿

非公開コメント

最新記事
最新コメント
月別アーカイブ
カテゴリ
α7 (6)
みんぽす
モノフェローズに参加しています
サイト内検索
リンク
Powered By FC2ブログ

今すぐブログを作ろう!

Powered By FC2ブログ

QRコード
QR