NIntendo Switch


2017年3月3日発売の任天堂の据置ゲーム機、”Switch” の購入予約が各所でスタート、ネット
通販サイトでは多少の混乱があったものの、実店舗ではいたって普通に予約が取れたそうで。

我が家は子供たちがそこそこ大きくなったことと、これ以上ゲーム機を増やすことに必要性を感じ
ないため、全力でスルーつもり。スプラトゥーンは面白そうだし、遊んでみたいタイトルだったけど、
今世では遊ばずに人生の幕を閉じそうです(何

あと、ローンチ(この日本語読みにとても違和感を感じているのだけれど)タイトルの中に、
あの 『ゼルダ』が含まれていると聞いたのと、他のタイトルに特に魅力を感じなかったのに気づき、
自分がもはや任天堂の顧客ではないことを悟った次第。

DSC02899-2

どのゲーム機用に開発されたソフトであれ、”ゲーム性”というものは、ひょっとしたら早い段階で
確率されていて、あとはそれに倣うか影響を受けたりしたような内容のタイトルを、
何年も何年もただ繰り返し受け入れているだけではないかと思いはじめて、ずっと昔に遊んでいた
ときほどテレビゲームというものに関心を持たなくなってしまった。

えっ、また馬乗るの? またバクダン投げるの? 宝箱の中から松明見つけるの、これで何度目?
弓を射るのも 「ワンダと巨像」 で散々やったしなあ・・・。
そもそも、ワンダと巨像もICOもゼルダから少なからず影響を受けているし、最新作のトリコを遊び
終わった今、一周まわってゼルダへまた戻って行くなんて、自分にとっては退屈な考えだ。
付け焼刃程度に新要素を追加したところで、ゼルダ風のゲームには変わりはない。
ラスボスはきっとガノンドロフか、ガノンドロフ的な何か。

初めて体験した「時のオカリナ」はとても楽しかった、その記憶を越えるものにはならないだろう。

ただ、これはあくまでも個人的な印象で、誰かにとっては最新作の 「ブレス オブ ザ ワイルド」が
その人にとって楽しい記憶として残るものと思っている。

毎年冬が来て道路に雪が積もるのは分かりきっているのに、いつまでも交通事故が減らないのと
同じように、毎年誰かが初めてゲーム機を買って、初めてゼルダをプレイするんだ。
それはおれではない。だからおれはもう任天堂の顧客ではないんだと思った。


スポンサーサイト

コメントの投稿

非公開コメント

最新記事
最新コメント
月別アーカイブ
カテゴリ
α7 (6)
みんぽす
モノフェローズに参加しています
サイト内検索
リンク
Powered By FC2ブログ

今すぐブログを作ろう!

Powered By FC2ブログ

QRコード
QR