富山地方鉄道 稲荷町駅脱線事故のその後


結局、その日の夜のニュースにも、翌日の朝刊にも事故そのものが取り上げられることはなく、
あまりにもニッチな話題のためか、ブログのPVにも影響がないまま日が過ぎました。
リツイート数がちょっとだけ凄いことになったのと、同じ趣味の人と相互フォローできたこと
くらいがここ数日の変化。

とはいえ、ここではいおしまいってわけにはいかないんっすよ!
事故を起こした電車がその後どうなってるのか、超気になるじゃないですか!!(鼻息

IMGP1849

というわけで、またまた富山地方鉄道は稲荷町駅へとやって来ました。
今回は先にアピア側から駅構内を見たところ、件の車両-富山地方鉄道16010系の第1編成、
モハ16011+モハ16012 は見当たらず、事故当日に牽引車となったアルプス・エキスプレスと、
同じ日に電鉄富山駅で何らかのトラブルを起こし、10020系に牽引されてきたという10030系が
見えるだけ。

なので、数枚撮って帰ろうかとしたまさにそのとき、ものすごく普通に目的の編成が富山駅方面
へと走って行ったではないですか・・・!

まあ、撮り損ねはしたけど、元気そうだったんで良しとしようかと思ったけど、よく考えたら富山駅
は終着駅なので、そのうち折り返して車両基地のあるここ稲荷町駅へと戻って来るような気がした
ので、今度は撮りやすい稲荷公園側へ移動して、少しの間待ってみることにしました。

IMGP1850

駅側からはよく見えなかったけど、アルプス・エキスプレスの隣りにいた10030系はダブルデッカー
だったのね。


IMGP1852

デキ12021と、10020系の第1編成。


IMGP1853

と、そこへ県立中央病院のドクターヘリがやって来ました。
ピント合わせる気などさらさらない。


IMGP1855

いつもどおりに屋上に着陸ー。


IMGP1856

そして、ダブルデッカーが動き始めました。


IMGP1859

誰も乗ってないなあ、ちゃんと制帽被った運転手さんが乗ってたから試験運転ではないはずなん
だけど。


IMGP1860

トラブル内容は今でも分かりませんが、元気そうで何よりです。


IMGP1863

そして、予想通りに電鉄富山駅方面から モハ16011+モハ16012 が来ましたぜ!
こちらは作業員の方の運転なので、試運転って感じでした。

あれから5日足らずで復旧ですか。やっぱり部品のストック(国鉄485系の廃車発生品)がちゃんと
あるんだろうね。


IMGP1864

お客さんを乗せていないってこと以外は、いたって普通に走っていたので安心しました。


IMGP1865

IMGP1866

これが、事故当日に破損した台車。稲荷町駅側から見たかったけど、まあいいか。
心なしかサスペンションのスプリングが新しくなっている気がします。


IMGP1867

IMGP1869

脱線したときと同じ場所辺りは特に慎重に走らせてるように感じました。


IMGP1872

それにしても、復帰が近そうで良かったです。


IMGP1873

ちょうど出発時間の近い電車に乗るお年寄りを、駅員さんが手伝ってあげてるところでした。


IMGP1874

レッドアローたちの再会。

あのときは世話になったなあ~、困ったときはお互い様だよ~って声が聞こえてくるようだったら
その足で病院に行くべきだなと思いましたが、何も聞こえてこなかったです(


IMGP1876

そして、今日も富山の足となる富山地鉄電車なのであった<PR>


IMGP1875

あと、ちょっとだけ北陸新幹線。


余談ですが、この日の撮影は自宅からの移動も含めて1時間かかってません。
色んな意味で運が良いと思います。


スポンサーサイト

コメントの投稿

非公開コメント

最新記事
最新コメント
月別アーカイブ
カテゴリ
α7 (6)
みんぽす
モノフェローズに参加しています
サイト内検索
リンク
Powered By FC2ブログ

今すぐブログを作ろう!

Powered By FC2ブログ

QRコード
QR