FC2ブログ

おおさわの石仏の森とふれあい石像の里に行ってきた


先月だったでしょうか、にわかにネットで話題になったミステリースポット。それが富山にあるのと、
その場所を知ってたことで腹抱えて笑ったもんですが、海外からも注目されていることを知って、
勇気を出して行ってきました。

SDIM0265
[ SIGMA sd Quattro / SIGMA 50-100mm F1.8 DC HSM | Art ]

事前に Google Map でシミュレーションしてから挑んだので、何のアクシデントもなく到着。
ていうか、ふつうに、本当ふつうに国道沿いのダムのそばにあるんですよ。
ちなみにこの休憩所と呼ばれる建物、ちゃんとした建物でしたが入る勇気はありませんでした。
道路脇に黒いプリウスが停まっていたけど、管理人さんかな?


SDIM0264
[ SIGMA sd Quattro / SIGMA 50-100mm F1.8 DC HSM | Art ]

んで、そのダムというのがここ、神通第二ダム。
そしてここは富山県漕艇場として、地元の学生たちやアマチュアスポーツマンたちの練習場とも
なっています。

その様子も撮れたらいいなと思っていたんですが、風が強くて早めに撤収されたようで、
撮影ならず・・・。

そうそう、この対岸には地元ではそこそこ有名な温泉宿、「楽今日館」(らっきょうかん)があって、
ちょうど2年間にここを訪れていましたね。
あのときは温泉から帰ってからが大変だったけど、思えば当時は嫁の病気の深刻さに気付いて
なかったと思う。


SDIM0267
[ SIGMA sd Quattro / SIGMA 50-100mm F1.8 DC HSM | Art ]

さておき、まずは軽めの「おおさわの石仏の森」から。

なんだかこう、ソウルフルな仕草のお坊さんの石像が・・・(苦笑


SDIM0268
[ SIGMA sd Quattro / SIGMA 50-100mm F1.8 DC HSM | Art ]

いきなり脱線しますが、ぶっちゃけここは言うほどメンテナンスもされておらず、草ぼうぼうな状態
なわけですよ。そのおかげか、周囲で目にするジョロウグモのなんと太ましいことか!(ぉ
人間の手が加えられないことで、よっぽど良い餌に恵まれてるんだね~。


SDIM0270
[ SIGMA sd Quattro / SIGMA 50-100mm F1.8 DC HSM | Art ]

別個体ですが、カマキリさんを捕食中のジョロウグモ姐さん。
まるでテニスラケットのガットのような橋糸の太さに震えると同時に生命のたくましさを感じます。


SDIM0271
[ SIGMA sd Quattro / SIGMA 50-100mm F1.8 DC HSM | Art ]

今の状態だけ見ると、どんどんと自然に飲み込まれていく風景のように感じますね。
ネットなんかで検索すると、わりと整備されてたころの画像がいっぱい出てきますけども。


SDIM0272
[ SIGMA sd Quattro / SIGMA 50-100mm F1.8 DC HSM | Art ]

SDIM0274
[ SIGMA sd Quattro / SIGMA 50-100mm F1.8 DC HSM | Art ]

この像は富山の医療法人・城南会の会長である古河睦雄氏のもの。この場所のオーナーです。
なんでも、地元の観光支援のために約6億円もの私財を投じてこの地に作ったとか。
石像は”戦争中に迷惑をかけた”という理由から、中国の職人に掘ってもらったらしいです。


SDIM0275
[ SIGMA sd Quattro / SIGMA 50-100mm F1.8 DC HSM | Art ]

でも、草ぼうぼう(棒


SDIM0276
[ SIGMA sd Quattro / SIGMA 50-100mm F1.8 DC HSM | Art ]

どれだけ山が近いかというと、こんだけっていう。


SDIM0278
[ SIGMA sd Quattro / SIGMA 50-100mm F1.8 DC HSM | Art ]

全景を把握できないほどのススキに囲まれる石仏さんたち。
チョリース!


SDIM0279
[ SIGMA sd Quattro / SIGMA 50-100mm F1.8 DC HSM | Art ]

植えられたのか、たまたま生えてたのか栗の木が多いようで、猿が食べ散らかした跡がたくさん
見受けられました。

ここはなんだか死んだような場所だけれど、間違いなく生き物の生活がちゃんとある。
言うなれば、ニンゲンだけがいない場所。


SDIM0281
[ SIGMA sd Quattro / SIGMA 50-100mm F1.8 DC HSM | Art ]

とは言え、ここはまだ序の口でした。

うっかり忘れそうになっていた、「ふれあい石像の里」へと向かいます。


SDIM0282
[ SIGMA sd Quattro / SIGMA 24mm F1.4 DG HSM | Art ]

ちょっと不安になるくらいの距離を南に走って、着きましたのは本日のメインイベント、色々おかしいとか
世間で言われている「ふれあい石像の里」でございます。

用事のついでに寄った感じで午前中に来てみたけど正解だった。夕方とか日没前に来たくはないね。
いや、日没後もだけど(苦笑


SDIM0284
[ SIGMA sd Quattro / SIGMA 24mm F1.4 DG HSM | Art ]

だって、ホラ。


SDIM0285
[ SIGMA sd Quattro / SIGMA 24mm F1.4 DG HSM | Art ]

これらをどんな気分で眺めたら良いんでしょうかね(苦笑

うまく言葉が見つからないけど、梅図かずお先生の漫画を読んでるかのような気分に近いというか
なんというか。


SDIM0288
[ SIGMA sd Quattro / SIGMA 24mm F1.4 DG HSM | Art ]

敷地内には打ち捨てられた車もありました。
おそるおそる中を覗いて見ましたが、何もなかったです。


SDIM0289
[ SIGMA sd Quattro / SIGMA 24mm F1.4 DG HSM | Art ]

いやはや、不気味という言葉以外思いつきませんな・・・。決して怖がらせるためにここを造ったわけでは
ないと思われるだけに、何とも言えません(苦笑

お世話になった人たちを石像にしたという話ではありますが、これだけ草ぼうぼうなのはどうかと。
言うなれば野ざらしなわけですから、なんだかどんよりとした気持ちになるわけですよ。


SDIM0291
[ SIGMA sd Quattro / SIGMA 24mm F1.4 DG HSM | Art ]

SDIM0294
[ SIGMA sd Quattro / SIGMA 50-100mm F1.8 DC HSM | Art ]

霊感はないと思っているほうですが、なんとなくヤバイと思ったのはこの方角。
見る人が見れば何か感じるんでしょうかね。

この先は草に覆われていて、とても立ち入ろうとは思わないような状態だったので引き返しましたが、
善意で作られたはずがこんなになっているのは、ちょっと心が傷みますね。


SDIM0293
[ SIGMA sd Quattro / SIGMA 50-100mm F1.8 DC HSM | Art ]

とりあえず、興味があれば来てみてください。
ホラー要素はないはずですが、そこそこシュールな環境なので、気持ちの置き所に困ります。

それに、水場(ダム)も近いし、感じやすい方はご注意を。






スポンサーサイト



コメントの投稿

非公開コメント

最新記事
最新コメント
月別アーカイブ
カテゴリ
サイト内検索
リンク