小境海水浴場


お盆休み、というわけではなかったんですが、たまたま土曜日に休みがもらえたので、
嫁の発案で氷見市は小境海水浴場へ行くことに。

自宅からはクルマで1時間少々。
国道8号線をギャっと走って四屋の手前で国道160号線に入ればほぼ一直線のところ、
万葉線を走る路面電車がよく見えるかつ、雨晴海岸沿いを走ればJR氷見線のキハ40が見られる、
というだけの理由で江尻で下りて伏木経由で来たよ!
実際にハットリ君仕様のキハ40を見られたし、あとは土曜日運行のべるもんた号を帰り道にでも
撮影できればいいなと思いながらクルマを走らせました。

年増の仲居に厚化粧させてコンパニオンさせるような旧車の改装は嫌いなのにもかかわらず、
つい撮ってしまうべるもんた号の記事はこちらです。←



DSC02545

というわけで、着いたー。
べるもんたこそ一眼レフで撮りましたが、ここはさすがにコンデジじゃないと変質者扱い
されそうなので、DSC-RX100M2の出番。
にしても、撮って出しでこの画質。むむむむ。


DSC02546

この海水浴場、メガネ型をした人口の海岸なんですよね。
次男が生まれる前に行った南紀白浜には敵わないけれど、きれいな砂浜と透明度が高い海、
ということで嫁がいつか来たいと思っていたらしい。


DSC02547

あの小島の向こうは名前だけはよく聞く灘浦海水浴場、さらにその奥はもう七尾っすよという
くらいに県境近くまで来ても、まだ自宅のある富山市からは50km程度という。
大きく湾曲した形を持つ富山湾の海岸線ならではですな。


DSC02531

直前にちょっとクセになってる中耳炎をまた発症した次男も、この日は主治医のお許しを得て
参加。


DSC02534

家族内で唯一泳ぎの得意な長男も、夏休みで帰省しているので、久しぶりに家族が揃いました。
何よりうれしいのは、体調面の都合でずっと遠出ができなかった嫁もいっしょに来てくれたこと。


DSC02549

なんと、この海水浴場、キスが泳いでるんですよ!
餌も豊富にあるんでしょうかね。


DSC02542

気温がまだ上がらないうちにと、朝ごはんも適当に済ませて来たので、コンビニで買ってきた
おにぎりで栄養補給をするなど。
ていうか、この辺りって食事ができるお店がなくて、不便といえば不便。


DSC02544

コンパクトな海水浴場ですが、子供たちは大いに気に入ってくれた様子。
ちょっと遊びすぎても日の明るいうちに帰れるし、なかなかの穴場ではないかと。
他県からの海水浴客も多く来ていた模様。


DSC02543

午前10時半ごろに着いて、正午過ぎには帰るつもりが気が付けば14時を過ぎていました。
おかげで雨晴でべるもんた号を撮ることができたんだけどね。

いやあ、久しぶりに日焼けして顔がヒリヒリするなあ(苦笑






スポンサーサイト

コメントの投稿

非公開コメント

最新記事
最新コメント
月別アーカイブ
カテゴリ
みんぽす
モノフェローズに参加しています
サイト内検索
リンク
Powered By FC2ブログ

今すぐブログを作ろう!

Powered By FC2ブログ

QRコード
QR