キヤノン EF&EF-S マウントレンズ 完全レビューブック


カメラを趣味にしていて、新製品や既発売の気になるレンズについて調べたりする人なら
誰でも必ず行き着くだろうフォトヨドバシのレンズレビューが本(別名:ヨドバシ版悪魔全書)に
なったよ!ということで、思わず買ってしまった人がいたので、思わず買ってしまいました(ぉ

キヤノン EF&EF-S マウントレンズ 完全レビューブック

IMG_1515

徒歩3分のリアル店舗で探してみたところが見当たらず、amazon でポチるにもこれ一冊のために
受け取りタイミングの調整をするがめんどくさいので、Kndle 版を購入。
ちなみに、Lレンズカタログ(悪魔全書)は持っていません。


IMG_1516

電子書籍版の優位点といえば、印刷物ならば見開きになるページがズドンと一枚の画になる
ところではないでしょうか。
紙だと湾曲してしまって作例の魅力が半減するところ、これはうれしい誤算。


IMG_1517

ただし、逆に言うと縦位置だと1ページのみ表示されますが、


IMG_1518

横位置だと2ページ分が見開きとして表示されるので、ちょっとこじんまりとしてしまいますねぇ。
できることならなるべく大きな画面のタブレットで見てみるのがおススメかと思います。

残念ながら手持ちのタブレットは iPad mini 2 (7.9 inch) なので、漫画を読むには
ちょうどいいんだけど、こういうコンテンツに対しては小ささが仇になるぞ、と。


IMG_1523

本家Web版を見ているときから感じていたけれど、同じ機材を持ったからといって同じように
撮れるとは限らない。構図の切り取り方だったり現像のテクニックやセンスだったり、
絶対に太刀打ちできないものがここにはありますよね。

また、紹介文として寄せられている文章も非常に脳内に響くものがあり、つい写真を撮りに行き
たくなっちゃうこともしばしば(苦笑
日常の風景を切り取った作例が多いのも、親近感が湧きますし、作例を意識しつつ自分なりの
やり方で被写体を追いかける原動力にもなります。

意外だったのは、キヤノン純正のレンズだけのレビュー集かと思ったら、SIGMA を始め、他社製
レンズのレビューも掲載されていたこと。
SIGMA のレンズはPENTAX マウントでよく使ってるし、今では MC-11 も持っているから、
これ読みながらマウント交換に出すか、買い直してしまうか悩んでしまうかも(笑

全体的な内容こそWeb版の情報量と比べれば抜粋版となっていますが、まとめてチェックしたい
ときにはとても便利だと思います。


スポンサーサイト

コメントの投稿

非公開コメント

最新記事
最新コメント
月別アーカイブ
カテゴリ
α7 (6)
みんぽす
モノフェローズに参加しています
サイト内検索
リンク
Powered By FC2ブログ

今すぐブログを作ろう!

Powered By FC2ブログ

QRコード
QR