来るべき世界


SIGMA から発売予定のフォビオンセンサー搭載のミラーレスカメラ「sd Quattro」「sd Quattro H」
(のどちらか)への移行を前に、黒くて太くてビカビカに光ってるものが我が手に・・・。
あたし、こんなの入んないよ

IMG_1497

SIGMA 50-100mm F1.8 DC HSM | Art でございます。初のSAマウント。


IMG_1498

「sd Quattro」、「sd Quattro H」のどちらも現時点で未発売なので、することといえばこれ、
既発売のマウントコンバーター MC-11 を介して、α7で当座をしのぎます。
ちなみに、SIGMA 50-100mm F1.8 DC HSM | Art は APS-C用のレンズ、α7はフルサイズセンサ
搭載のミラーレスカメラなので、カメラ内のクロップ機能をオンにして運用。


IMG_1501

気になるマウントコンバーター占いは、『大吉』(対応機種)。当然の結果ですけどね(笑
あと、『中吉』 はレンズのファームウェア・アップデートが必要、『小吉』 は、マウントコンバーター
のファームウェア・アップデートが必要と覚えておきましょう。

そうそう、α7にL型ブラケットを取りつけた影響で、持ち方の角度がちょっと変わってしまって、
筐体に指先が触れるようになってちょっとイヤだったんで、革貼りキットを付けてみたら
これがちょっと失敗で、糊が弱くて左端からめくれてくるんですよね。
まあ、そのうちほかのものに買い換えるとして、今は一旦放置。


IMG_1502

このレンズの特徴としては、35mm換算で 85mm・105mm・135mm相当の画角を、すべてF1.8 の
明るさで使うことができることに尽きますね。なので、最大径が 93.5mm、全長が170.7mm、
重さにして1,490gという大きさ!

自分としては苦手な綺麗なボケを生かした作品づくり、かつこれまで使って来なかった焦点距離
に挑戦という、次の段階へと進むための一本というつもりで選びました。
ちょっとうれしいインナーフォーカスも忘れてはいけない要素。


IMG_1503

付属の専用フード(LH880‒02)を付けると迫力さらに増してハンパないっすね。


IMG_1504

でも、キヤノンの EF100-400F4.5-5.6L IS USM と比べたら、うわ!となるほど大きくはないと
思います。←

さておき、このレンズまずは電車撮影から始めますかね・・・。







スポンサーサイト

コメントの投稿

非公開コメント

最新記事
最新コメント
月別アーカイブ
カテゴリ
α7 (6)
みんぽす
モノフェローズに参加しています
サイト内検索
リンク
Powered By FC2ブログ

今すぐブログを作ろう!

Powered By FC2ブログ

QRコード
QR