海の駅 蜃気楼にまた行ってきたぞ!


先月末、あのジェットダイスケさんの蜃気楼ロケに合流して以来ですが、蜃気楼の写真を撮りに
海の駅 蜃気楼」に再訪してきました。
おれは富山市在住なので、仕事とかよっぽどの用事でないかぎりはこちら方面には来たくはない
けれど、この日は親身にさせていただいているお客さんのお家へお伺いする用事があったので、
約束の時間までの間、ちょっと潮風にあたっておこうかと。

DSC08555
[ SONY α7 / SIGMA MC-11 + Canon EF100-400mm F4.5-5.6L IS USM + 1.4x ]

前回来たときにはその音に鳴らした本人すらびっくりするような鐘も、この日は誰も鳴らしません
でした。静寂は正義(ぉ


DSC08550
[ SONY α7 / SIGMA MC-11 + Canon EF100-400mm F4.5-5.6L IS USM + 1.4x ]

んで、結論からいうと、この日のおれの滞在時間中には蜃気楼は発生しませんでした。
客先での用事が済んでから帰宅するまでの時間帯(15:00ごろ)には、水平線の霞もなくなって
もしかしたら発生していたのかもしれませんが、予報では30%ですからね。前回より悪い。

あと、蜃気楼を撮るなら生地側ではなく、四方側を撮りたいと思っているので、あきらめる
のは早かったです。


IMG_0370
[ Canon EOS 7D / EF100-400mm F4.5-5.6L IS USM +1.4x ]

とはいえ、約束の時間まで余裕があるので、暇つぶしに船の写真を撮ってみるる。

観光客らしきご老人に話しかけられて答えられなかったけど、あとで調べてみたら、この船
って富山県唯一の大型漁業調査船 「立山丸」(三代目) っていうんですね。
月イチぐらいしか見られないそうで、何気にラッキーだったかも。


IMG_0379
[ Canon EOS 7D / EF100-400mm F4.5-5.6L IS USM +1.4x ]

この日、漁船はこの一隻だけ。
漁船、あらためて見るとけっこうフォトジェニックだったりしますよね。
これからの季節、漁船がホットな被写体になりそうな予感。この夏、まさに漁船がアツイ!


DSC08561
[ SONY α7 / SIGMA MC-11 + Canon EF100-400mm F4.5-5.6L IS USM + 1.4x ]

N◯Kの人たちが取材に来てました。相手はボランティアの”しんきろう見させ隊”のおじさんです。
そういえば、この ”見られんだちゃ” 証明書、もらえなんだわ。


DSC08572
[ SONY α7 / SIGMA MC-11 + Canon EF100-400mm F4.5-5.6L IS USM + 1.4x ]

奥に見える観覧車は、ミラージュランドのやつ。


DSC08576
[ SONY α7 / SIGMA MC-11 + Canon EF100-400mm F4.5-5.6L IS USM + 1.4x ]

この日のベストショット、ハシブトガラス。
等倍で見て鳥肌立ちました。さすがフルサイズセンサのカメラは描写が違うね!

確認のため言っておきますが、この場所で蜃気楼の出現場所の観察をせずにこんなの
撮ってたのはおれだけです。

人と同じことは決してしない!←


DSC08583
[ SONY α7 / SIGMA MC-11 + Canon EF100-400mm F4.5-5.6L IS USM + 1.4x ]

ふたり。


DSC08578
[ SONY α7 / SIGMA MC-11 + Canon EF100-400mm F4.5-5.6L IS USM + 1.4x ]

フナムシ見ると、ゴジラ(1984)思い出すんよね。あれはトラウマだったわ~。
大人になってから意を決して観直したけど、案外ショボかったかな。
ただ、おれにとってはゴジラがゴジラらしいシルエットを持っていた最後の作品だと思っている。


IMG_0368
[ Canon EOS 7D / EF100-400mm F4.5-5.6L IS USM +1.4x ]

前回来たときに設営をしていた鯉のぼりがまだあるとは思ってもみなかったというw


DSC08586
[ SONY α7 / SIGMA MC-11 + Canon EF100-400mm F4.5-5.6L IS USM + 1.4x ]

さて、今シーズンの蜃気楼はもう終息って感じですかね。
今までは蜃気楼なんて見に行ったって確実に見れるわけないから、時間の無駄や!と思って
近寄りもしなかったけど、いざ来てみたら出る出ないにかかわらずのんびりしていて良いなと。
水平線を眺めながら潮風にあたってとりとめのない考えごとをするのも、良い気分転換になる。

そうそう、まだこの敷地内にある「幻魚房」で食事してないんですよね。
海鮮丼とかけっこうソソられるし、また今度ひとりで贅沢しに来ようかな、なんて。


スポンサーサイト

コメントの投稿

非公開コメント

最新記事
最新コメント
月別アーカイブ
カテゴリ
α7 (6)
みんぽす
モノフェローズに参加しています
サイト内検索
リンク
Powered By FC2ブログ

今すぐブログを作ろう!

Powered By FC2ブログ

QRコード
QR