スター・ウォーズ展 ― 未来へつづく、創造のビジョン に行ってきた


六本木ヒルズで開催されてからちょうど一年になりますが、富山県近代美術館で開催されている、
『スター・ウォーズ展 ― 未来へつづく、創造のビジョン』 を観てきました。

あまりにも間隔が空いていたため、六本木のときとは別のイベントだと思っていたのは内緒(ぉ


DSC02131

てっきりゴールデンウィーク中だけかと思ったら、意外とロングランの6月26日までの開催とな。
駐車場の警備員さんもだいぶだらけてたのが印象的でしたね(苦笑

7月16日からは大阪のあべのハルカスで開催、お近くの方は是非。


DSC02126

この日は美術館・博物館の定休日に設定されがちな月曜日ながら、”県民ふるさとの日”ということで、
開館かつ入場は無料(通常:大人1,000円)でした。おれはつくづく運がいい・・・。

そういえば、二年前のこの時期は「富山県中央植物園」に行ってたんだよなあ。

ちなみに、隣接する富山市科学博物館は「市」の施設のため、県民ふるさとの日とは無関係を
決め込んでやがりました。


DSC02125

唯一撮影の許可されているスペース(宇宙じゃないよ)で一枚。
まあ、5日前の「スターウォーズの日」を経験してしまったら、テンションはこんなもんでしょう。
とはいえ、あのときは会場には入らなかったので、お父さんは内心ワクワクしてました。

実際、美術館の中央に設置されたメディテーション・チャンバー内のダース・ベイダーを
見たときなんかもう、言葉にならなかったッスね。

あと、イォーク族が意外と大きくてびっくりしました(調べてみたら、次男と身長が一緒だった)し、
ハン・ソロのブラスターの実物を見たときは、夢なら覚めないでくれとどれだけ思ったか!w


DSC02132

おみやげに図録を購入(税込2,000円)。
展示物の反芻に役立つので、最低限これだけは押さえておかないとね。


DSC02133

衝動的に衝動買いしたアップリケ。次男のスモックに着けたりはしませんよ(笑


DSC02134

観光地名物、記念コイン。ここでもベイダーのデザインを選択。
キーホルダーにするためのリングやチェーンは売り切れだったけど、まあいいか。


さて、展示内容についてもうちょっと書くと、友人が観てきた東京会場のものとは規模が小さめ
なのかなと思いました。天井から吊り下げられたデス・スターIIもなかったし。

プロップ類なんかは一部本物かどうかも微妙だったうえに、市販のフィギュアに頼った部分も
あったのが気になりました。また、映画にインスパイアされたイラスト作品は蛇足だったかなあ。
まるでテーブルトークRPGによくあるようなのばっかりだったしね。

海外の人の頭の中のファンタジーって、あんなイメージしかないのかね、と思ったり。

ラルフ・マクォーリーの描いたアクリル画を観られたのだけは良かった。


スポンサーサイト

コメントの投稿

非公開コメント

最新記事
最新コメント
月別アーカイブ
カテゴリ
みんぽす
モノフェローズに参加しています
サイト内検索
リンク
Powered By FC2ブログ

今すぐブログを作ろう!

Powered By FC2ブログ

QRコード
QR