THE FORCE AWAKENS


観よう観ようと思いながら、日程が合わず劇場で体験することもなく、事前情報もほとんど仕入
れることのないまま、ソフト発売日を迎えてしまいました。

が、そのソフトにも複数の仕様があることがまた面倒くさく、どれがいちばんベストなのか考える
のも苦痛になってきたので、気が向いたら買うかくらいの気持ちでいたんですが、
ふと PS4 を起ち上げてみると、PlayStation™Video で配信されてるじゃないですか、
動画配信、そういうのもあるのか!ということでひょっこり視聴。

カートに800円くらい残っていたので、48時間観放題のレンタル(500円)―字幕版ですが・・・。


DSC02084-2

にじりよる次男を押しのけながら見る前回までのあらすじ、内容がまったく頭に入ってきません。
『ジェダイの帰還』 より30年の不在をどう補完してくれるのか、まず観てみようではないか。

ちなみに、おじさんは原典主義者なので、旧三部作(Ep.4~6)は劇場公開版しか認めてないぜ。
やっぱ 『ジェダイの帰還』 のラストの記念撮影にはセバスチャン・ショウ(1994年没)がいないとね。


DSC02085-2

いやあ、良いですねえ、フィンとレイの掛け合い。特にストームトルーパーの脱走兵であるフィン、
アフリカ系アメリカ人ならではのリズム感ある動き、話し方、それが物語のテンポを心地良くして
いると思います。
旧三部作ではどの人種の俳優もわりと控えめな印象だったので、とても新鮮に感じました。
時代の流れもあるかと思いますが、これは良シリーズになりそうな予感。

そして、何よりもハリソン=ハン・ソロの登場だけでご飯三杯三食イケますよね。
『ジェダイの帰還』 以降、いくつもの出演作でその姿を見続け、彼自身が年老いていくのを見て
きているファンの一人として、またハン・ソロとチューイに会えてとてもうれしい!
そのハン・ソロが若き担い手のレイやフィンたちの精神的な支えとして物語の中心にいるのも
良いですね。途中でふいlふゃえるいyふkbhljdbsdヴゅkんsふぁうscうわやめろ


ただ、レイア役のキャリー・フィッシャーは、スター・ウォーズとブルース・ブラザーズ以外の作品
を観てこなかったので、リアルに30年以上経ったその姿はとても衝撃的でした。
(あんなにピチピチやったのに・・・。)

余談ですが、『スターウォーズ』 シリーズ以降、プレッシャーからドラッグに溺れていた彼女の
自伝を原作とした 『ハリウッドに口づけ』 は観てみたいなあ。


さて、その二人との間に生まれたというカイロ・レン(これはもうバラしてもいいよね)。
彼がマスクを取るのは次作でも良かったのでは、となんとなく思ったり。
また、父親のハン・ソロと無駄に高く落ちたら死にそうな一本橋上で露骨に対峙するのも、
ベイダーとルークのあのシーン(Ep.4)への目配せをしたいのなら、やっぱり次作のほうがファンも
喜んだだろうし、今作はちょっと駆け足かつ詰め込み過剰な部分もあったかと思います。

そのせいか、レンのへっぽこさとアホ面だけが際立ってしまったのが残念です。


ただ、フィンやレイ、それにポーの登場とその活き活きとしたキャラクターがとても素敵で、
今後の展開をとても楽しみにさせてくれました。これは次作は真剣に観ないといかんな。


ところで、レイが武器として携えていた”クォータースタッフ”。これって、ダース・モールのライト・
セイバーへのオマージュですかね。
それぞれのキャラクターに関係性はないけれど、その後レイがルークのライト・セイバーで
レンと戦うシーンでは、その棒術使いらしい動きのかけらもなく、
普通に構えて戦ってたのがつまんなかった。柄を逆手に持つとかの工夫くらいは欲しかったな。

最後に、ルークのシーンは蛇足というか背中だけで良かったんじゃないかな。
あの哀しげな目の演技はとても素晴らしかったんだけど、背景がよくないんだよね。
いかにも世界遺産的な風景をロケ地に選んで撮影に挑みました感がタップリで。
調べてみたらやっぱり世界遺産で、アイルランドのスケリッグ・マイケルという場所でした。

てっきりアイスランドのビョークんちの近所かと思ってたんですが、予想が外れましたね。



スポンサーサイト

コメントの投稿

非公開コメント

最新記事
最新コメント
月別アーカイブ
カテゴリ
みんぽす
モノフェローズに参加しています
サイト内検索
リンク
Powered By FC2ブログ

今すぐブログを作ろう!

Powered By FC2ブログ

QRコード
QR