Asahi PENTAX Super Takumar 28mm F3.5


毎週のように宅急便でレンズが届くので、だんだん嫁の目が厳しくなってきている今日この頃、
いかがお過ごしですか?

IMG_1437

さて、今日のお題は 旭光学(ペンタックス)のスーパー・タクマー 28mm F3.5 でございます。
1961年に発売された銀塩カメラ、ASAHI PENTAX S3 の対応レンズとして発売されました。
ってことは、半世紀もの歴史あるレンズってことか!

今回入手できたのは、同じ仕様の中でも初期にあたるもの。実はまだ何も知らなかったころに
後期型を入手していて、あとからこの前期型の存在を知ってずっと探していました。


IMG_1436

さらに、その前期型にも4種類もある上に、こっそりとマルチコーティングの施されている個体まで
あるというカオスっぷり。
さすがに全部集めようとは思いませんが、錆びついた収集癖がちょっと首をもたげてきましたね(ぉ

備忘録として特徴をまとめると、
・フィルター径が58mm
・最小絞りがF22(後にF16までとなる)
・絞り輪が円筒形
・F8の位置にスナップマーク指標がある
・文字がフツラ書体(前期型の一部、または後期型はヘルベチカ書体)
といった感じ。

また、後期型との大きな違いはそのレンズ構成で、後期型の7群7枚に対し、6群7枚となっています。
このへんは個人的にはチンプンカンプンで、つまるところ写りが良いのが前期型、という単純な理由で
興味を持ったというのが大きいです。

ところで、不思議なのは年代的に黄色く変色していてもおかしくないのに、このレンズ、
めちゃくちゃふつうに綺麗なんですよね・・・。


IMG_1438

さて、おまけとしてスカイライトフィルターが付いてきました。デジタル時代には必要ではないと思い
ますが、ヴィンテージレンズ・コレクターとしてはちょっとウレシイ。
専用フードもあるようですが、ただでさえデカイレンズなのに、さすがにちょっとなあと思ってます。


IMG_1439

んで、サイズ比較でーす。

左から今回入手した前期型の Super Takumar 28mm、そして後期型の 28mm。
こうやってみると、後期型ってえらいコンパクトっすねー。5勺のぐい呑みとほぼサイズが変わりません。


IMG_1442

横に並べるとこんな感じ。これで同じ 28mm F3.5 とは思えないくらいに感じます。
後期型のフィルター径は49mm で、NEX 用に持っていたNDフィルターとかがそのまんま使えて便利。
でも、描写力は前期型と比べて劣るそうな。
そこらへんは追い追い比較してみようと思いますが、小さいというのもひとつの正義だし、その存在を
否定しようとは思いません。


IMG_1443

というわけで、さっそくレンズアダプターカメラに付けてみます。純正のマウントアダプターリングが
とっても便利。
先日、KIPON の仕様の違うマウントアダプターを付けて外したときにできた傷が気にならなくもないですが、
こうやって写真に撮ってみると、言われなきゃ気が付かないかもなあ。
まあ、よっぽど気になるのなら、そのうちマウント部分だけ部品交換してもらえばいいのかも。


IMG_1444

さておき、装着感はこんな雰囲気です。艶のある後期型の鏡胴とは異なり、ちょっとくすんだ感じに
見えますが、50年近い年代を考えると、これでも十分に美品かと。
ああ、早く春にならないかな。

そうだ、来週 岐阜まで桜撮りに行くから、そのときに連れて行ってみよう。


つづく




スポンサーサイト

コメントの投稿

非公開コメント

最新記事
最新コメント
月別アーカイブ
カテゴリ
みんぽす
モノフェローズに参加しています
サイト内検索
リンク
Powered By FC2ブログ

今すぐブログを作ろう!

Powered By FC2ブログ

QRコード
QR