KIPON M42 - K MOUNT ADAPTER


マウントアダプターを追加購入しました。

IMG_1424

K マウントの PENTAX K-3II で、M42 マウントのオールドレンズやロシアンレンズを使うための
マウントアダプター。数年前まではほぼ KIPON 製しか選択肢がなかったように思いますが、
近年はいろんなブランドのアダプターが発売されていて正直迷いました。
でもまあ、ここは安定の KIPON ということで。


IMG_1425

左)が KIPON 製、右)が PENTAX 純正の M42 - K マウントアダプター。
純正品を持っているのに何でまた敢えて社外品を?と思うかもしれませんが、KIPON のこのマウント
アダプターをよーく見ると違いが分かると思います。


IMG_1426

約3年前に入手した aus JENA Tessar 2,8/50 のような押しピンタイプのレンズを、純正のアダプターを
介して使おうとするとピンの部分が遊んでしまいます。


IMG_1428

これがどういうことになるかというと、このピンと連動した鏡胴側面のスイッチが常にフリー状態の
ままなので、せっかくのレンズなのに、絞りが開放のみという制約が生まれちゃうんですよね。
まあ、このスイッチを指で押さえながらであれば、実絞りで撮影も可能といえば可能なんですが、
指が痛くなるだけです(苦笑

以前はこのことに気づかないまま、絞り開放のまま写真を撮りに行き、物足りない思いをして来ました。


IMG_1429

それが、マウント側が狭くなっているこの KIPON 製マウントアダプターを使うことによって、ピンは常に
押されたままになるので、これでようやく実絞りで撮影できるわけです。


IMG_1431

ちなみに、旭光学のタクマーレンズだと、切り替えスイッチがあらかじめ付いているので、不便を感じる
ことがありません。AUTOの位置でもK-3II のハイパーマニュアルモードがちゃんとフォローしてくれますし、
MAN(UAL) の位置では当然実絞りで撮れるので、むしろ純正さえあればOK。


IMG_1432

KIPON 製のアダプターにはよく分からない治具が付属していましたが、マウントへの装着用のもの
でした。純正はけっこうガバガバで、遊んでんだなーとか思ってたんですけど、KIPONのはギッチギチで
締まりが良すぎてこれまた指が痛くなるので、こういった治具を利用する必要がある、と。

ちなみに外すときにコツがあって、治具を浅めに挿し込んで回さないと外れません。
それに気付くまで時間がかかり、カメラ側のマウントにちょっとだけ傷付けちゃった・・・。


IMG_1435

さておき、これでようやくこの東独製のレンズ(ヘリコイド超重い)がちゃんと使えるようになりました。
機会があれば実写レビューもしてみたいと思います。



スポンサーサイト

コメントの投稿

非公開コメント

最新記事
最新コメント
月別アーカイブ
カテゴリ
α7 (6)
みんぽす
モノフェローズに参加しています
サイト内検索
リンク
Powered By FC2ブログ

今すぐブログを作ろう!

Powered By FC2ブログ

QRコード
QR