Industar-61 L/Z MC 50mm f2.8


NEX-5N 用に Industar-61 L/D 55mm f2.8 を買って使ってみたら、なかなか面白かったので、
もっとないかなと探してみたら、面白いどころかとっても変なのが見つかったので、落札して
みました。

IMG_1399

キリル文字、読めねー(苦笑
今回落札しましたのは同じくロシアンレンズ、Industar-61 L/Z MC 50mm f2.8 でございます。
ドイツの Carl Zeiss の Tessar 型レンズをコピーして作られたという一品。
旧ソビエト時代の1980年からおそらくは1995年まで、モスクワ近郊の都市にあるリトカリノ光学ガラス工場
(LZOS) にて製造されていたようですが、後期に向かうほど質が悪いという噂も聞いてます。


IMG_1400

手元に届いた個体は、製造番号から察すると、1985年製のもの。まずまずではないでしょうか。


IMG_1401

個人的にちょっと面白かったのは、リアキャップとケースが一体になっていること。
若干グリスが漏れていますが気にしない。
聞いた話だと、ロシアというと極寒の地でもあるので、そういった環境でも稼働するように
粘度の低いグリスがたっぷりと使われているとか。


IMG_1403

んで、このレンズに興味を持った最大の理由がこれ。
なんと、絞り羽根が星型なんですよ! いわゆる六芒星の形をする変わった設計で、
f8 あたりでこの形になり、f16では完全な六角形となるのが特徴。

これを利用して、イルミネーションなんか撮っちゃったりなんかしちゃったりするとですね、よくある
玉ボケなんかじゃなく、六芒星のボケが写るンですよ!


IMG_1405

夜から雨、という微妙な予報を耳にしつつ、K-3II に付けてみました。想像してたよりもずっとコンパクト。
これなら Eマウント のカメラで使ったほうがデザイン的にもバランス取れるかもなあ。


IMG_1404

さてさて、実撮影が楽しみなレンズが一本仲間に増えました。
早く夜にならないかな(ぉ



スポンサーサイト

コメントの投稿

非公開コメント

最新記事
最新コメント
月別アーカイブ
カテゴリ
みんぽす
モノフェローズに参加しています
サイト内検索
リンク
Powered By FC2ブログ

今すぐブログを作ろう!

Powered By FC2ブログ

QRコード
QR