日帰り銭湯 いなり鉱泉②


仕事が休みで、上の子2人のうちどちらかの塾の送迎のない日には、できるだけ広い風呂に浸かり
に行くようにしていますが、我が家でいちばん時間の有り余っている次男を同行させるうち、
”父ちゃんが休みの日には温泉に行ける” というパターンが彼の頭の中で出来上がってしまい、
この日も、保育所へ迎えに行くやいなや、「おんせん行こう!」 と言われてしまいました(苦笑

あと、実は先月末に使い勝手の良い義妹Bを巻き込んで、娘と『呉羽の湯』に行ったんですよ、
そしたら、”パパがハマるのがよく分かった!また行きたい!”と言ってくれるくらいに娘も銭湯
スタイルが気に入ってくれて、
でも義妹B不在のときに男だけで連れて行くと一人だけ女湯に入ることになるので、それはちょっと
寂しい。

かと言って、小学校高学年の女の子を男湯に放り込むには色々な問題があるんだよねぇ。
家ではまだ一緒に風呂入ってるけど、いい加減目のやり場に困るようになってきたし(汗

DSC01760

というわけで、今回は出不精のママを説得して、自宅からいちばん近い温泉、『いなり鉱泉』 を再訪。
『呉羽の湯』 まで行くのはしんどいけれど、近場ならなんとか頑張れるそうで、晩ご飯の片付け
とか諸々の用事を全部済ませてからやって来ました。

ちなみに長男は受験で消耗しきったので、実家の風呂に入ってます(苦笑


DSC01759

次男的には新しくて広い 『呉羽の湯』 がベストワン(消防署が目の前にあるし)ですが、
ここ 『いなり鉱泉』 は線路が近くにあるので、それもそれで楽しい様子。
ちなみに、”でんしゃがあっちからこっちから来るおんせん”と名付けてます(笑

DSC01764

と、言ってるそばから警告音が。

奥の線路は富山地鉄本線ですね。
暗くてよく分からないけれど、富山駅方面へと向かう17480系と、稲荷町駅へと入線する分岐の前で
停車して通過待ちをしている10030系が一度に見られました。
いやあ、実に興味深い(ガリレオ風)

個人的は 『いなり鉱泉』 のお風呂というか、休憩所以外の設備がちょっと狭く感じてですね、
”休日にゆったりと大きなお風呂に入ってストレス解消” というコンセプトからは外れるんで、
もう行かないつもりでいたんだけど、こうして嫁も付き合ってくれて、女チームの風呂上がりを次男と
二人で待ちながらフルーツ牛乳を飲むのも悪くないな、と。


帰りには急かされながら長靴を穿く次男の背中を、番台のおばちゃんがガラス越しにニコニコ
しながら見送ってくれました。



スポンサーサイト

コメントの投稿

非公開コメント

最新記事
最新コメント
月別アーカイブ
カテゴリ
みんぽす
モノフェローズに参加しています
サイト内検索
リンク
Powered By FC2ブログ

今すぐブログを作ろう!

Powered By FC2ブログ

QRコード
QR