FC2ブログ

Raft


YouTube ではサバイバルものに一定数の愛好者がいるようで、うちの次男もそのうちのひとり。なので、公園に遊びに行くとやたら木の枝や石ころを集めだしては、「サバイバルごっこしよう」 と言ってくるのだ。もう走れないくたびれた体の身としては、まあまあ付き合える内容の遊びなので、テキトーに遊んでやるわけだが、おかげで車の中には拾い集めた木や石が転がっているという始末。

Raft

そんな次男がサバイバルものの動画を視聴していて見つけたこのゲーム、Steam で配信されているのに気づいてさっそくダウンロードしてみました。タイトルは『Raft』(ラフト)・・・クラフトとかけているんですかね。こちらの舞台はだだっ広い大海原の上に浮かんだイカダでございます。

とりあえずどんな操作感覚なのか試しつつプレイしてみると、楽しすぎて止まらなくなり、次男に遊ばせるつもりがすっかりおれがハマってしまうという(苦笑。結局、プレイデータをもういっこ作って、次男にはそれで遊んでもらうことにしました。


Raft2

さて、大海原に帆を立てて釣りなんかしちゃったりしていると、どうしてもハイラルを救う勇者を想像してしまうわけですが、こちらは主人公以外は誰一人と登場しないオンリーロンリーな内容となっています。ゲームレベルにはいくつかあって、おれはサメにイカダを襲われて建築もままならないのがいじくらしいと思ったので、喉の渇きと空腹、それに体力といった3つのパラメータさえ気にしていれば、資材集めを楽しみながら建築ができる「ピースフル」を選びました。いちおうサメが一匹回遊していますが、襲ってくることはありません。


Raft3

中央の居住区がなんとか形になってからはますます建築が楽しくなり、食料になるポテトの栽培をする区画を作ってみたり、各ブロックにアイテム回収用のネットを配置するなど、資材集めにも余念がないようにしました。


Raft4

極めつけは点在する小島へ上陸する際の足場を組んだ区画。本来は屋根となるパーツなわけですが、それをつなげれば登れるようになることに気がついて、イカダの後方に配置していざ島が見つかれば帆を向けてフルーツや海上では回収できないアイテムを集めたりすることができます。ここまでの状態にするのに20時間はかかっていて震えた。

いちおうこのゲームにもストーリーのようなものがあって、その盛大なネタバレをもう見ちゃったので海洋探索へのテンションはわりと低めですが、外に出かける気分になかなかなれないので、ちまちまと遊んでいる今日このごろです。

↓以下、ネタバレです。




















Raft5

アンテナとレシーバー、バッテリーをクラフトできるようになると、それらを利用することで 『ラジオステーション』 の探索が可能になります。アンテナは3本作らないといけないのと、資材のひとつであるスクラップがなかなか手に入らないため、まあまあ苦労しましたね。あと、レシーバーとの距離を一定間隔空けないといけないため、その調整に若干手こずりました。そうしてレシーバーを稼働させてレーダーの示す方角へ帆を広げると、意外と近くにあって笑っちゃった。


Raft6

『ラジオステーション』 建屋内へは下層階から攻めることもできましたが、せっかく上陸用の足場を作ってあるので、さっくりと上階へ。こうしして上から見下ろしてみると、初めて造ったわりには合理的なデザインになったな>我が舟。水や食料には困ることはなくなったし、目的地らしき場所にもたどり着いたし、これにてクリアということなのでしょうか。


Raft7

最上階にあるホワイトボードにこのゲーム内の世界の状況が記されていました。プレイ序盤から気になっていたのは、なぜおそらく地球上が舞台のはずなのに、ほとんど陸地もなく、やたらゴミ(資材)ばっかり流れてくるんだろうという点、その答えがこれです。

この世界では、南極の氷がすべて融け、陸地を海の底に沈めてしまったのです。文明が残っているかどうかも分かりません。その状況を主人公の目を介してプレイヤー=自分は知ることとなったわけですが、このやるせなさったら最高だね!そして、エンディングもないため、主人公は誰もいないこの海の上で死ぬまで生き続けることになるのだ。



おしまい。

スポンサーサイト



愛知県名古屋市のあんトースト


名古屋といえば喫茶店ということで、仕事の出張のついでに気になっていたお店に立ち寄ってみました。

DSC04823

出張があるときには必ず参考にさせてもらっている便利なサイトで紹介されていた、名古屋市中区栄は 『珈琲処カラス』 さんでございます。なんでも、昨年末の 「孤独のグルメ大晦日スペシャル」 に登場したそうですが、富山でテレ東制作のドラマが観られるのはBSでも1~2年かかるので、つまるところ未見です(ぉ。

最高気温37℃を記録したとかしなかったとかで非常に暑かった市内を、名古屋駅から徒歩で20分もかけてたどり着きました。途中通った堀川をまたぐ納屋橋の辺り、いつか行った横浜市中区を流れる大岡川周辺の風景とよく似ていたなあ。


DSC04822

というわけで満を持して入店。時間は午後の2時を過ぎたころ、帰りのしらさぎが3時48分発なので駅まで戻る時間をぼんやり考えながらゴロー席へ座ろうとするも、すかさず店員さんに奥へと促され壁側の席へ(苦笑。ぼっちなので邪魔になったら申し訳ないと思って一人掛けの席を選ぼうとしたけど、空いていた四人掛けの席に案内されました。相席、そういうのもあるのかな。


DSC04820

店内はすでに7~8人くらいのお客で席が埋まっていました。入口からは完全に見えない位置にカウンター席なんかもあったりして、隠れ家的要素もありますね。けっこう落ち着ける感じで、喫茶店にはほぼ行ったことがないおれですが、ここに通える人たちをうらやましくも思ったり。

おそらくこの一ヶ月の間に取り替えたであろうエアコンのおかげで、熱中症寸前で頭痛がしてきたのも治まってきました。


DSC04821

オーダーしたメニューはもちろん名物の 「あんトースト」 一択。と、アイスコーヒー。予想外にボリュームありますな、あんトースト。トーストにあんことクリーム(バターだっけ?)をはさむアレンジ、あるようでなかったこの食感。結局このまま晩ご飯を食べずに済んじゃったくらいに腹がふくれましたね。

さて、駅までまた歩くのはちょっとしんどいぞと思って、バスでも走ってないかなとスマホで調べてみると、なんということでしょう、ちょっと歩いたところに地下鉄の駅があるじゃありませんか!・・・そう、ここへ来るのにわざわざクソ暑い中歩いてくるまでもなく、地下鉄東山線伏見駅で降りればよかっただけのことでした(苦笑。名古屋駅からたったの一駅だったことに呆然としつつ、帰路に就くのでした。





獅子は踊る⑬~Something/Anything?


今回は、『南砺 獅子舞 令和元年 夏の陣』へ向かうときの話です。夏休み最終日の前日の土曜日ということもあって、いつもなら翌日の体力を残すように行動するところを、この日はリミッターカットで挑む所存。おれは次の日仕事だったけど、そんなの関係ねえわって感じで気持ちを高ぶらせながら南砺市は井波町へと車を走らせました。

IMG_1344

公園で拾ってきた木の枝を笛に見立てて、さっそくイメージトレーニングを始める次男。このあとこれが現実のものとなるとは想像もしませんでした(実際そこまで触らせてもらえるとは思ってもなかった)。


IMG_1348

お目当てのイベントであるワークショップ、「ししまいにふれてみよう!」の受付開始まで時間があったので、まずは井波彫刻総合会館へ。ここ、昨年から行きたいなとずっと思っていたんですよね。品切れ必至ともいわれる念願の獅子ガチャラも無事回せました。当たったのは色付きではなく無垢の楠のまんまのやつでしたが、それがかえって子供の発想力を膨らませることになり、自宅に帰ってからマジックで自分で色を塗ることができたので良かったと思いました。


IMG_1349

地元のテレビ番組やSNSでも紹介されていた、44頭の獅子頭が展示されているコーナー・・・の入り口。ここに頭をぶつけるとご利益があるとかないとかという触れ込みです。ちなみに展示室内は撮影禁止―なんでだよ~展示目録なんかもらっても写真がないとその後の資料にならないじゃんか~分かってないなあ・・・(ブツブツ。


IMG_1351

大人だと楽勝に頭をぶつけられるこのゲートでも、子供の身長では飛んでも跳ねても届きません。なので、結局抱きかかえて頭をゲートに当ててやりました。それにしてもずいぶんと重くなったもんだなあ。


IMG_1353

44頭って多いようで意外とこじんまりとした展示だっため、ソッコーで観終わってしまったので、とりあえずお昼ご飯。富山県ならやっぱりブラックラーメンだよね!


IMG_1370

そして、時間が来たのでさっそくワークショップが開催されている 「瑞泉寺別館 瑞泉会館」へ。これまでは獅子頭や獅子舞の道具というものは演者たちのものであって、あまりみだりに触ってはいけないという感覚でいたのですが、今回はおおぴらに触ることができるということで、とても楽しみにしていました。


IMG_1358

いつも獅子舞の胴幕の柄を見ていて思うのは、トッド・ラングレンの 『Something/Anything?』 のアルバムジャケットに良く似てるな
ってこと。きっと誰も分かってもらえないと思うけど(苦笑。


IMG_1362

さておき、さっそく体験会スタート。まずは大好きな太鼓から。上映されているDVDの音に合わせて叩きます。


IMG_1364

実物大というか本物の獅子頭の重さに驚くなど。大塚地区や北代地区といった富山市西部の獅子頭は小ぶりなのに対し、県西部の獅子頭は大きくそして重いです。これを振り回しながら踊るんだから、本当にすごいと思うわ。


IMG_1367

めちゃくちゃ上手いスタッフの方の太鼓に合わせて獅子頭を持ってみるも、持ち上がりません(笑。


IMG_1369

次は笛です。来るときのイメージトレーニングの成果か、手に持つ所作だけはそれっぽく見えるという。それだけでなく、ちゃんと音が出ました!・・・おれもやってみたけど全然ダメだったのに。ひょっとしてこいつセンスあるのかな。


IMG_1374

笛にも飽きて、おもむろに衣装コーナーへ立ち寄ったかと思うと、何やら様子がおかしいぞ。なになに、これを着たいだと?・・・おまえ、まさかこないだ 「かが」 に乗ったときに着せてもらった耐火服コスプレがクセになったんじゃないのか。


IMG_1376

というわけでコスプレターイム!(笑。ちょうど着付けの先生が来られたので、さっそく 「キンゾウ」 の衣装を着せてもらいます。


IMG_1379

サイズもピッタリで、まさにこの子のために用意されたかのようでした(笑。また、この時間には次男くらいの年ごろの子がいなかったので、スタッフの人も良い意味でいじり甲斐のある子供がいるということなのか、ずいぶん長い時間かまってもらうことができました。市の広報の写真係の人にまで 「撮っていいですか?」 と聞かれる始末。ひょっとして来月の広報誌に載っちゃうってやつかな?


IMG_1383

おおー、めっちゃ本格的やないかえ、おえ。


IMG_1386

気分はすっかりキンゾウです。


IMG_1391

獅子頭と対峙して、ますますテンションMAX!・・・


IMG_1394

んん?でも、なんか変だぞ。


IMG_1397

まさかのシャグマが前後逆だったあるある。これには一同大爆笑


IMG_1398

さあ、気を取り直してもう一回決めポーズだ!

スタッフの皆さん、お付き合いありがとうございました。


IMG_1406

ワークショップを終えたあと、一度瑞泉寺を出て八日町通りを散策しました。実際に彫刻しているところを見たいというので、あちこちの工房を覗かせてもらい、その様子を見させてもらいました。


IMG_1414

瑞泉寺境内に戻って腹ごしらえ。もう待ちきれないって感じだね。


IMG_1421

そして、満を持して開幕。写真を撮るのはあきらめて、ずっと iPhone で動画を撮っていましたが、これは合間に撮ったもの。二番手に出演した城端の信末獅子方保存会ですな。


IMG_1423

こっちは大鋸屋(城端)か。面白いことに、氷見獅子とちがってここらへんの地域の獅子舞って、胴幕内に入っている人の数がやたらと多いんですよね。2列で9人もいるってどういうことよ?あと、その胴幕も、手で持ち上げるのではなく竹輪を通して広げつつ持つスタイルで、獅子の身体が大きく見えるのは特徴的です。


IMG_1435

動画から切り出したので、順番がごちゃごちゃになってしまいましたが、三番手の皆葎獅子保存会の天狗。ここの天狗は見学者にファンサービス(?)を行うのが定番らしく、おれたちも握手をしてもらいました。手汗でべっとりして生暖かったです(


IMG_1445

そんな感じで計6団体の演技を無事に最後まで見終わって、帰りの車内ではこのとおり(苦笑。そう、これが達成感ってやつよね。おかげで始業式翌々日には「学校に行きたくない」と言い出して、ずいぶん手こずることに。まあ、夏休みがこれだけ楽しかったんだから分からなくもないけど、好きなことばかりやって生きていけたらなんの苦労もいらないんだぞ。なーんてな。

というわけで、勢い余って今回撮影した動画を YouTube にアップしてしまったぞ。ブンブンハローユーチューブ!


■岩屋青年義勇団



■信末獅子方保存会



■皆葎(かいむくら)獅子保存会



■専勝寺獅子方若連中



■大鋸屋照徳会



■東町獅子方若連中




IMG_1446

そういえば、帰り道に車の中に紛れ込んでいたバッタ、今も見つからないままですが、山王祭りで観た 「大塚獅子舞保存会」 って、ちょうどこの交差点のある辺りの地域だって次男に教えてやりたかったんだけどな。


獅子は踊る⑫~井波町八日町通りとその周辺


8月31日に開催された 『南砺 獅子舞 令和元年 夏の陣』 (PDFが開きます)を観に、南砺市は井波町へ行ってきました。夕方に瑞泉寺の境内で行われる獅子舞共演会の時間の前に、子供とふたりでちょっと周辺を散策。

SDIM5163

井波彫刻総合会館の 「祭礼 獅子展」(撮影不可でした)を観たあと、地元で祭獅子頭の製作・修繕を営んでおられる荒井寿斉さんの工房を訪ねてみましたが、お昼時ともあってか姿は見えず。かといって呼び鈴鳴らして押し掛けても迷惑だろうと、軒先から覗かせてもらうだけにしました。


SDIM5160

彫刻師が実際に彫ってるところを見たかったんだけどね~。それはまた今度ってことで。

いったん稲荷彫刻総合会館まで戻って、近くの食堂でラーメンを食べたあと、瑞泉寺の近くまで車で移動しました。


SDIM5186

というわけで瑞泉寺の目の前にあるメインストリート、八日町通りでございます。さすが彫刻の町とあって、バス停の看板も木彫りです。


SDIM5168

町中のちょっとした看板・装飾物もみんな木彫りでできてるんだから、こりゃ目で見て楽しいわ。いつか富山でシグブラ・フォトウォークをやるなら、きっとここがいいと思う。交通アクセスがちょっと不安な面もあるけれど。


SDIM5169

一瞬、本物かと思ったら木彫りだったなんてことも。


SDIM5194

子供も興味津々、こうして手で触れられるのもいいですねー。


SDIM5174

通りのあちらこちらには木彫りの猫が隠れています。ストリートビュー(2012年撮影)で下見をしたときにはなかったので、最近彫られたものでしょうか。


SDIM5188

「萬古堂」 ではなく 「蒐古堂」 でした(


SDIM5187

座布団運んでそう


SDIM5191

えっと、木彫り・・・?(んなこたあない


SDIM5175

獅子舞共演会まであと3時間もあるのに瑞泉寺まで来てしまいました。別館の瑞泉会館では 「ししまいにふれてみよう!」 と題したワークショップをやっていたので、ガッツリと参加させていただきましたよん(別記事に書きます)。なので、子供もこの満足顔。


SDIM5178

頭がすっかり獅子舞モードなので、もう何を見ても獅子頭に見えるんですが狛犬ですよね、これ。


SDIM5179

共演会の最後に振る舞われるお酒(検尿のときみたいな紙コップで配られてた)。おれは車で来てるので飲めなかったー。


SDIM5181

井波八幡宮の祭りで出される屋体がこの日5台ともそろったとか。しかも100年ぶりに。逆になぜ100年ものあいだそろわなかったのかとても気になったのである。


SDIM5190

そして、灯りへの電源供給は車載用バッテリーから。こういうのにすぐ目に入るところがおれって意地悪だなあと思う。


SDIM5183

宇奈月ではトロッコ電車だったりする外灯の飾りが、ここでは獅子頭。こういうの本当好き。


SDIM5214

おぬしもなかなか悪よのう・・・ではなく、小さな夫婦らしき木彫りの置物がかわいかった。


SDIM5198

それにしても、手で触れられる工芸品っていいな。


SDIM5209

「昇竜の松」 という有名な彫刻だそうですが、便所の前にありました。


SDIM5213

退屈しはじめた子供の悲鳴をガン無視しながら、お寺の周りをぐーるぐる。


SDIM5210

子供がうるさくなってきたので、買うつもりはなかったトレーディングカード(3枚100円)をひとつだけ買いました。先日別のイベントで配布されたのを友人からもらっていたので、わざわざ買うまでもないやろと思っていたんですけどね(苦笑。


SDIM5211

「下梨」がカブったけど、「岩木・岩安」のは熊獅子(獅子頭に熊の毛皮が貼ってある)だから良かったとかブツブツ言いながら、どうやら満足していただけたようですな。


そんな感じでメインイベントである 『獅子舞共演会』 の前に瑞泉寺と八日町通り周辺をブラブラしてきました。今回撮影に使ったカメラはいつもの SIGMA sdQuattro と、50-100mm F1.8 DC HSM Art です。共演会で写真を撮るのは最初からあきらめて、iPhone で動画を撮ってました。これが予想してた以上に良くって、子供といっしょに思い出を反芻する程度ならこれでじゅうぶんじゃね?と思ってしまった。

というわけで、続きます。



最新記事
最新コメント
月別アーカイブ
カテゴリ
サイト内検索
リンク