FC2ブログ

The Book Of Life


ふいに本を読むのが楽しくなったのに、欲しかった本が近所の書店に置いてなかったものもあったので、久しぶりにAmazonで買い物をしました。こと本に関しては手に取って確認して買いたいよね。あと、荷物の受け取り時間を気にするのがめんどくさいと思うようになって。それでも購買意欲がしぼむことがなかったのは、それだけ気になるものだったからかな。

DSC03937-2

というわけで、「雪沼とその周辺/堀江敏幸」(新潮文庫)と、最近映画化された「ペンギン・ハイウェイ/森見登美彦」(角川文庫)の2冊をポチッとな。

「雪沼~」は、読書好きの友人に何かおススメは?と尋ねて紹介された作品。まったくの前情報なしに手に取るこのワクワク感がたまらない。彼女と感性が違うことも当然あり得るのを理解した上ですよん。違ってたら違ってただし、ハマったらそれこそ人間としてひとつまた引き出しが増えるってことで。

「ペンギン・ハイウェイ」は完全にジャケ買いですかね。

それも、キラッキラしたアニメ版コラボレーションの表紙ではなく、オリジナルの絵柄になんとなく魅かれて。それが、どの書店を回っても青っちょろい表紙のしかなくて、それでわざわざAmazonで買ったのに、それでもまだ番宣がグイグイ前面に押してくるやつだったときのおれの気持ち(


DSC03938-2

しかしよく見ると、既存の表紙に被せただけのものだったのでホッとしました。まあ、最悪アニメ版の表紙でもちゃんと読むけどね。ちなみに要らない表紙はすぐ捨てました(ぉ

何はともあれ、秋の夜長に読んでみようと思います。


スポンサーサイト



ひさしぶりぶりにオノマトペの屋上に行ってきたぞ!


2017年4月29日のオープン以降、擦り切れるまでに遊ばれ続けて傷んだ芝生や遊具の修繕のために、5月7日から8月24日までの期間に改修工事を行っていた富山県美術館の屋上の公園が、ようやくフルに利用できることを思い出したのと、抜けた差し歯を飲み込んでしまってからの積年の悩みだった親知らずの抜歯へとつながったおれの歯の治療も、本日を以て無事卒業させていただいた帰りに、次男を連れてひさしぶりに富山県美術館の屋上の公園、”オノマトペの公園” に行ってきました。

SDIM2731

工事期間は近寄ることができなかったウンコ・・・じゃなくて、オノマトペの屋上名物 「ぷりぷり」 とのひさしぶりぶりの再会。ちなみに臭いはしないのでご安心を(苦笑


SDIM2725

到着するなり次男が見つけた青い鳥。エレベーターで上がって来てからすぐに駆け出すかと思ったらすぐにこういうのに気づくなんて、良い目をしているな。せっかくなので次男にカメラを持たせて撮ってもらいました。ちなみに構図とかは次男まかせで、おれは横にいてカメラの傾きを支えていただけです。


SDIM2726

そんな父ちゃんのウデはといえばこの程度。愛息のとびきりの笑顔にピントが合わない屈辱(苦笑


SDIM2727

ひさしぶりなので、遊具という遊具すべてに絡んでいきます。この「ぐるぐる」はその名のとおりただぐるぐる回るだけですが、地味に地面に東西南北の記号が配置されていて、よく次男に”N”のとこで止めて!とか無茶ぶりされて、遠心力に勝てずに背骨をきしませています。

SDIM2729

そして今回も背骨が折れるかと思いました(


SDIM2733

ここに来たなら一時間でもやり続けてしまう”ふわふわ”。でもいーんだよ、父ちゃんは歯の治療の直後だからあと一時間は飲食禁止だからまだ家に帰る気はないぞ。帰ったらキンキンに冷えたビール飲むんだ。


SDIM2739

警備の人と世間話をしていて、今年の夏の暑さの話題になって、苛烈な日射を避ける設備が脆弱なこの屋上の公園でも日陰をなんとか作ろうとしたらしい。でも、風が強い日には役に立たず、しょせんは付け焼刃だったらしい。まあ、今年の夏はほとんど工事中だったから良かったものの、来年以降はどうする気なんだろう・・・。


SDIM2740

遊び疲れたのでハンモックでちょっと休憩。奥に見えるベンチの上に見えるのは伸縮性の庇。こいつが風の力で簡単に曲がるらしく、役に立たなかったそう。


SDIM2746

しかし次男はウンコがよく似合う(苦笑


SDIM2743

すっかり陽も短くなり、雨もよく降るようになってきた。この日も午前中は大雨で、夕方近くになってようやく地面が渇いたって感じ。して夜半にはまた雷雨を伴う予報が出ている。もうすっかり夏も終わりだね。


SDIM2748

というわけで帰ります。これからは歯医者へ通わなくてもよくなったので、もう少し早めの時間から遊びに来れると思うから、またしばらくこの公園に来ることになるのかな。



つづく。


鉄道に乗って旅をする記事を書くのに時刻表とにらめっこしてたら内容が脱線した話


先日の、万葉線ぶらり途中乗車(といっても越の潟駅以外全駅制覇していた)の旅がけっこう楽しかったので、この体験を応用してちょっとしたツアープランを考えてみました。テーマはまず鉄道路線を利用することと、あくまでも観光なのでランドマークもしっかりと押さえておくこと。このふたつに重点を置きつつ、観光ガイドでは分からない楽しさが伝わればいいなと思います。


■集合場所:北陸新幹線高岡駅


いきなりですが、関東方面からお越しの方には難易度が高いです。なぜなら北陸新幹線のかがやき号が停まらないから(苦笑。関西からお越しの方も金沢駅で乗り換えてもらわないといけませんが、それは富山から京都大阪に行くときも同じようにめんどくさいですからお互い様ということで(

この駅から車で5分のところに『高岡おとぎの森公園』がありますが、そこに行っちゃうとそれだけで半日を消費しちゃうほど楽しいので今回はスルーします(ぉ。連泊であればぜひ立ち寄ってみてください。ドラえもんのキャラクターたちの像や、あの公園の土管まで再現されていて、インスタ映え間違いなしのスポットです。行かないけどな(ぉ


■ショップまじま


新高岡駅からはJR西日本の城端線に乗り、高岡駅で氷見線に乗換えて越中中川駅で降りていただきます。この区間は非電化区間と言って、懐かしいキハ40というディーゼルカーの走る路線です。うまくいけばハットリ君のラッピングが施された車両に乗れるかもしれません。

さて、この「ショップまじま」。富山に着いたばかりでなんでこんなところに・・・と思うかもしれませんが、ここの名物のソフトクリームが冗談みたいにバカでかいので、話のネタにぜひどうぞ。インスタ映えはしますが、とりあえず標準カメラアプリで撮ってからあとで加工したほうがいいです。なぜなら、ナウシカの巨神兵なみに溶けるのが早いから(苦笑。ちなみに腐ってるわけじゃないのでご安心を。


■高岡大仏


さて、まじまからはちょっと歩いていただいて、高岡名物の大仏さんを見ていただきましょう。住宅地にひょっこり生えている大仏さんですが、日本の三大大仏のひとつと言われているので、せっかく高岡に来たのにスルーしちゃったら、家に帰ったときにお家の人から何しに行ったん?って言われますからね。


■ラーメンの翔龍


大仏を見たあとは来た道を戻ってさらに越中中川駅を通り過ぎて、”富山ブラックラーメン”を食べていただきましょう。およそ2km程度歩くことになりますが、越中中川駅からまず先にここに来て、腹ごなしにまじまの十段ソフトを食べてからの高岡大仏でもいいかもしれませんね。まあ、そこらへんは実際に来たときに考えればいいか。

この「ラーメンの翔龍」さんは、友人のお薦めの店で、おれも行ってみたいラーメン屋さんであります。


■JR氷見線能町駅


翔龍→まじま→大仏の順で来たならば、万葉線の坂下町駅へと向かうところですが、まじま→大仏→翔龍の順だと坂下町駅まで行くのがアホらしいので、ここは素直に越中中川駅から再び氷見線に乗って能町駅まで向かいます。この路線はその名のとおり氷見まで通じているため、行こうと思えば雨晴まで行けちゃうんですが、ほぼ一時間に一本しかディーゼルカーが来ないので、今回はパスします。

氷見線の能町駅で降りてからは西へ500mほど歩いて新能町駅へと向かい、いよいよ万葉線に乗ります。このとき、月曜日以外であればあの『ドラえもんトラム』(運行時刻表が開きます)に乗れるかもしれませんよ!

ちなみにドラえもんトラム、今年の8月31日にて運行終了の予定でしたが、9月1日よりさらにあと3年間の延長運行が決まったそうです(参考記事:万葉線「ドラえもんトラム」運行3年延長 - 北陸新幹線で行こう!北陸・信越観光ナビ)。先日、次男と乗ったときにはそんなこともすっかり忘れて無邪気に写真撮ってたんですが、まだあと3年は乗れるチャンスがあることが分かったので良かったと思いました。


■万葉線能町口駅


ここからは万葉線の各駅区間の見どころをお伝えします。いいか、耳の穴かっぽじってよく聞けよ?・・・新能町駅からこの能町口駅までの区間は、小矢部川の支流を渡りつつ国道415号線と並走します。田園風景と工場地帯が混在するエリアではありますが、JR氷見線の上を通過する高架路線ならではの高低差と、富山地鉄やJR線のように線路と周辺施設の間に一定の距離が設けてあるわけでもないので、言うなればウエスタンリバー鉄道を髣髴させるワイルド感が楽しめます。


■万葉線新吉久駅



言うのを忘れていましたが、この万葉線のいちばんの醍醐味はこの路面区間でした。県道350号線を自動車と並走しながらの風景は、同じ道を車で走るのとはまたちがった味わいがありますね。この新吉久駅の前にある高岡衛生公社の敷地内には富山地方鉄道射水線(1980年廃線)を走っていた電車、デ5022が静態保存されています。おれも今年の春に高岡市内の職場に転勤になったついでに写真を撮りに来たことがありました。(元富山地方鉄道射水線のデ5022と万葉線のドラえもんトラム - むってぃーろぐ)


■万葉線六渡寺駅


工場地帯のど真ん中にあるこの駅は、射水線時代には新湊駅と呼ばれていました。ここから庄川を渡って旧新湊市街へと入っていくわけですが、トラスも何もないオープンエアな鉄道橋の上を走って行くのが胸アツポイント。なんたってすぐ真下は大きな川ですから、特に古めの車両なんか乗っちゃったりしたら、かなりスリリングな体験ができると思います。

ここで少し射水線から現在の万葉線に至る歴史のおさらいをば・・・。1966年の富山新港建設に伴い、越の潟駅から新港東口駅までの区間が分断されたのち、越の潟から西側の路線が加越能鉄道に譲渡され、さらにその加越能鉄道から事業譲渡されたのがこの万葉線で、運営は第三セクター会社の万葉線株式会社(本社:高岡市荻布字川西68)が行っています。

新湊東口駅から当時の新富山駅(現在の富山地方鉄道富山市内軌道線呉羽線・富山トヨペット本社前(五福末広町)電停)までの区間は射水線として残り、古くは倉垣飛行場のあった和合地区から、富山を代表する純米吟醸酒の”羽根屋”を醸造する 『富美菊酒造』 さんの近くを通っていましたが、前述のとおり1980年に廃線となりました。現在もその名残はサイクリングロードとして見ることができ、海王丸パークから新湊大橋を渡って国道415号線をクルマで走るとよく分かります。


■万葉線海王丸駅


今回のツアーの終着駅はここ、海王丸駅。近くにある海王丸パークにはその名のとおり帆船海王丸が係留されており、年に数回総帆展帆を見ることができます(帆船海王丸の総帆展帆 - とやま観光ナビ)。横浜みなとみらい地区の日本丸とは姉妹船なのですが、あえて違いを演出するとなれば新湊大橋や立山連峰を背景に入れた写真を撮ることでしょうか。ただし、晴天時にかぎる。


■夢テラス海王


海王丸パークまで来たなら、ぜひここにも来てほしい!『(株)新湊かまぼこ』 さんの直販店、『夢テラス海王』 でございます。おススメはまさかの薬膳ソフトクリーム(笑)。よもぎが入っていて抹茶にも似たちょっと変わった味がクセになります。また、富山のお土産として板に乗っていない渦巻き型のかまぼこを買って帰るのもいいでしょう。


さて、海王丸駅からもう一駅で万葉線の東端にある越の潟駅に行けるわけですが、ここは帆船海王丸の写真を撮りながら歩いて行くのもいいかもしれません。頭上には日本海側最大の新湊大橋が見え、対岸は堀岡地区となります。かつてここには放生津潟という湖潟があり、その東西の港口は堀切橋でつながっていました。1960年代に始まった富山新港建設により湖潟は掘削され、橋も撤去されたのでここで富山地方鉄道射水線が分断されることとなったわけです。

現在もこの港口の往来にはフェリーを利用してできますが、主な利用者は地元民だと思われます。



ここまで書いてみて気がついたのは、どうやって帰るんだおれら?ってことです。夢テラス海王の営業時間は17時までなので、それまでにお土産を買っておかないとそれこそ何しに来たのか分からない。そこで、時間を逆算しながら行程を考えてみましょう。

まず、夢テラス海王到着は16時ごろとします。海王丸駅に15時32分に着く電車がドラえもんトラムなので、新能町駅から乗るのは15時5分だからな!万葉線新能町駅からJR氷見線能町駅までは徒歩で6分、越中中川駅からその時間帯に能町駅に着く列車は、はっきり言って、ない!(驚)。なんと、14時台に運行する車両がないのだ!(爆笑)。

ドラえもんトラムに乗ることにこだわるばっかりにこうなっちゃうので、選択肢はふたつだ。ドラえもんトラムを諦めてサクサク進むか、13時54分にJR氷見線能町駅に着いてから歩いて新能町駅に行き、ドラえもんトラムが来るまでひたすら一時間待つかだ。ちなみに、おれと次男が高岡駅から乗ったドラえもんトラムは16時30分発だったので、海王丸パークに着くころには夢テラス海王はとっくに閉まってた。ここはあれだな、ソフトクリームならまじまで食べたし、夢テラス海王はあきらめよう。

しかし、ここでも問題が。よもぎソフトクリームをあきらめ、仮に一本遅いドラえもんトラムに乗ったとすると、海王丸駅に到着するのは17時17分。おれと次男が乗ったのと同じ時間のやつです。この時間帯、春から夏(8月上旬~中旬)にかけてならまだしも、8月も下旬になるとあと一時間で日没になってしまう。高岡へ戻る万葉線をドラえもんトラム(最終の19時7分発)にしようとしても、米島口止まりなので詰む。いや、米島口からJR氷見線能町駅まで歩いてもたいした距離じゃないからそれでも良いか。

19時32分に万葉線米島口で降り、歩いてJR氷見線能町駅へ行っても19時59分の高岡行きにはじゅうぶん間に合う。高岡駅でJR城端線に乗り換えて20時18分発の便で新高岡駅に着くのは20時21分。北陸新幹線の金沢行きの最終が20時25分発だからギリギリ間に合うな。ただし、金沢に着くというだけでその後に乗れるサンダーバードは一本もない!こりゃもう金沢駅周辺か新高岡駅周辺で泊まるしかないよね!!

残念だけど、君の終着駅はここまでだ。ていうか、おれもあいの風とやま鉄道なんかで高岡まで来てたら同じか(苦笑。


さて、話を戻してドラえもんトラムにはこだわらず、夢テラス海王のよもぎソフトクリームと新湊かまぼこをゴールに設定してみようとしましたが、今度は海王丸駅に着く時間が早すぎて、まじまの十段ソフトも翔龍の富山ブラックラーメンも食べる余裕がないので、
つまるところ万葉線に乗換えるために氷見線には乗ってはダメだという結論に至りました。さらに、越中中川駅までは問題ないので、翔龍→まじま→大仏のルートで周辺観光を行い、万葉線坂下町駅からドラえもんトラムに乗るか、たまたま来た車両に乗って夢テラス海王に向かうことを考えてみるも、どちらを選んでもつい数時間前に十段ソフト食べたのにまたソフトクリームかーい!という時間帯になってしまうし、そもそもかまぼこならほかの場所でも買えるところあるんじゃね?と思い始めたので、このツアープランについては考えることをやめることにしました。

そもそもJR氷見線が・・・(ブツブツ)。


ファミリーパークに行ってきた


今年の6月だったか、保育所の行事でファミリーパークに行ったとき、正面口(東口)から周るよりも西口から周ったほうが駐車場からも近く、芝生広場にも近いことを再確認したのと、当日は6月のわりに暑くて日程もかなり端折られて消化不良だったので、あらためて次男と行ってみることにしました。

SDIM2678
[ SIGMA sd Quattro / 70mm F2.8 DG MACRO | Art ]

というわけで、富山市ファミリーパーク。幼児は無料、おれは年パスを持っているので余裕のよっちゃんでしたが、この日は「悠久の森」とかいうイベントで誰でも入場無料でした。


SDIM2648
[ SIGMA sd Quattro / 70mm F2.8 DG MACRO | Art ]

最近はどこか遊びに行くと必ずキメ顔で写真を撮らされるようになりました。


SDIM2650
[ SIGMA sd Quattro / 70mm F2.8 DG MACRO | Art ]

あと、日ごろの鍛錬の賜物か樹木を見つけてはセミの抜け殻がないか観察をするようになり、おかげで一向に芝生広場まで辿りつけません(苦笑。


SDIM2652
[ SIGMA sd Quattro / 70mm F2.8 DG MACRO | Art ]

動物が好きで、餌やりをするのも大好きなんだけど、この馬怖ぇえな(汗


SDIM2653
[ SIGMA sd Quattro / 70mm F2.8 DG MACRO | Art ]

でも、なんとか成功♪


SDIM2654
[ SIGMA sd Quattro / 70mm F2.8 DG MACRO | Art ]

野間馬イェイ(言いたかっただけ


SDIM2656
[ SIGMA sd Quattro / 70mm F2.8 DG MACRO | Art ]

乗馬体験はこないだやったので、今回はスルー。料金が800円になってたけど、前はそんなにしたかなあ?・・・。


SDIM2657
[ SIGMA sd Quattro / 70mm F2.8 DG MACRO | Art ]

ツキノワグマ(


SDIM2658
[ SIGMA sd Quattro / 70mm F2.8 DG MACRO | Art ]

おたまじゃくしの絵がかわいいけれど、なぜか開けるのが怖い感じの箱。けっきょく開けなかった。


SDIM2659
[ SIGMA sd Quattro / 70mm F2.8 DG MACRO | Art ]

芝生広場まで到着。相変わらず暑いので、水分補給にとかき氷を頼んだら、メロンだっつってんのにレモンが出て来た罠。


SDIM2661
[ SIGMA sd Quattro / 70mm F2.8 DG MACRO | Art ]

SDIM2664
[ SIGMA sd Quattro / 70mm F2.8 DG MACRO | Art ]

ツキノワグマ(


SDIM2669
[ SIGMA sd Quattro / 70mm F2.8 DG MACRO | Art ]

なぜか恍惚の表情のヤギさん。


SDIM2672
[ SIGMA sd Quattro / 70mm F2.8 DG MACRO | Art ]

そうそう、写真は撮れなかったけれど生まれて初めてキリンさんに餌やりができました。このキリンの番はまだ若く、これまでは野放図に餌をやることができませんでした。今回は先着50名だけの餌やり体験に参加できることができ、次男も喜んでいました。一枚目の顔ハメ看板にキリンを選んだのも、ベロを丸めてるのもそういうことがあったからです。


SDIM2675
[ SIGMA sd Quattro / 70mm F2.8 DG MACRO | Art ]

ふだんは体温が下がらないように水場で片足で立っているというフラミンゴが、この暑さで両足で立って逆に体温を下げていると聞いて写真を撮りに行ったら、なんかケンカしてました(笑


SDIM2679
[ SIGMA sd Quattro / 70mm F2.8 DG MACRO | Art ]

シマウマの前で四つん這いになって同じポーズで写真を撮ってほしいと言ったけれど、地面が暑くてすぐに次男が動いてしまったため、違う息子にピントが合った件(


SDIM2681
[ SIGMA sd Quattro / 70mm F2.8 DG MACRO | Art ]

駐車場までの帰り道もやっぱりセミの抜け殻探し(苦笑


SDIM2684
[ SIGMA sd Quattro / 70mm F2.8 DG MACRO | Art ]

今年の夏はとても暑く、ものすごい速さで時間が過ぎて行っているように感じた。8月ももう終わり、来年は次男も小学生なので、今年以上に休日に出かけられるので、今からとても楽しみにしています。とりあえず早く冬が過ぎてほしいですよね。クソ暑い夏はまあエアコンでなんとかやり過ごせるけれど、大雪なんかはもうどうしようもないからね。


万葉線 ぶらり途中乗車の旅


もともとこの日は石川県は白山市で開催される金沢総合車両所の一般公開イベントに行くつもりで休みを取っていたんですが、この一ヶ月の間に娘の部活の遠征とかでそこそこの距離を何度もクルマで走らされていたこともあって、わざわざ休みの日にまで県境を越える気力がもう残っていませんでした。

奇しくも当日は富山地方鉄道もイベントを開催しており、電鉄富山駅なら家からも近いので行けなくもなかったけれど、時間を拘束されてまで参加はしたくなかったので、ここは一発、なんでもないただの日曜日を自分でイベントにしちゃえばいいんだ!と考えました。

SDIM2687
[ SIGMA sd Quattro / 24-35mm F2 DG HSM | Art ]

というわけで、海王丸パークにクルマを停めて最寄りの「海王丸駅」から万葉線に乗ったさ!(わざわざ海王丸パークまで行った理由は後述します)

すべては次男を楽しませようという親心と、自分も楽しみたい一心で。次男にとっては初めて乗る電車、初めて行く知らない場所、初めて見る景色―。おれにとっては、仕事でたびたび通る道だけれど、乗り物が変わったら視点も変わるだろう、その違いを感じたくて。


SDIM2689
[ SIGMA sd Quattro / 24-35mm F2 DG HSM | Art ]

向かった場所は、高岡駅前で割烹料理屋を営む友人が仕切っている小さなお祭り会場。そもそも高岡駅前に来るのは10年ぶりくらいなこともあって土地勘がすっかり失せていて、思わず本人に電話して聞いてしまった(苦笑。

ちなみに、”つまんこ”というのは高岡の方言で 「くじ引き」 という意味です。たぶん、”つまむ” という言葉から来ているのかな。個人的に同じ富山弁でも西の方はわりとかわいらしく聞こえる方言が多いと感じていて、この ”つまんこ” もそんな感じと受け止めています。


SDIM2692
[ SIGMA sd Quattro / 24-35mm F2 DG HSM | Art ]

大人向けのドリンク類を扱うブースが多い中、海王丸パークまでクルマで来ていたので、さすがにはっちゃけるわけにはいかず、ここはあくまでも子供にお祭りの雰囲気を楽しんでもらうことに専念しちゃおうかと。この水ヨーヨー釣りでは10個ゲットするとビッグサイズのミニオンがもらえるということで、めちゃくちゃ真剣に挑戦する次男。


SDIM2694
[ SIGMA sd Quattro / 24-35mm F2 DG HSM | Art ]

10個は無理だったけど、3個ゲット~。そのうち1個はケビンだったからまあいいんじゃね?・・・むしろ、仮にビッグサイズのミニオンなんかもらってみろ、どうやって持って帰る気だ。


SDIM2695
[ SIGMA sd Quattro / 24-35mm F2 DG HSM | Art ]

こっちは ”つまんこ” で当たった光るメガネ。


SDIM2702
[ SIGMA sd Quattro / 24-35mm F2 DG HSM | Art ]

戦利品を傍らに、300円のりんごジュースと500円のからあげ(大)をいただきまーす。


SDIM2706
[ SIGMA sd Quattro / 24-35mm F2 DG HSM | Art ]

さて、お祭りも始まったばかりではありますが、来るときに乗れなかった 「ドラえもんトラム」 が高岡駅を16:30に出るので、友人にあいさつをして帰路に就きます(あいついいなーこんな時間からビール呑めて・・・)。


SDIM2708
[ SIGMA sd Quattro / 24-35mm F2 DG HSM | Art ]

高岡駅の万葉線ホーム。たまにテレビとかで見たことがあったようななかったような。


SDIM2709
[ SIGMA sd Quattro / 24-35mm F2 DG HSM | Art ]

奥には氷見線でしょうか、ハットリ君列車(ディーゼルカー)が待機中。ジェットダイスケ氏から聞いた話によると、この車内アナウンスではずっとハットリ君がしゃべっているみたいですが、そもそもディーゼルカーの運転音がうるさくて大半が聞こえないらしい(苦笑。

そうそう、ここに来るときに乗った万葉線の車内アナウンスはなんとあの立川志の輔師匠だったんだぜ?どうやら土日祝日限定らしいけど。


SDIM2710
[ SIGMA sd Quattro / 24-35mm F2 DG HSM | Art ]

そして、念願の万葉線 「ドラえもんトラム」。これまで何度もクルマの中から見てきたけれど、コイツに乗るのはおれも次男も初めて! 高まる~!


SDIM2720-2
[ SIGMA sd Quattro / 24-35mm F2 DG HSM | Art ]

んで、車内アナウンスは特に何も・・・(ぉ。車内アナウンスのお得感で言えば、志の輔師匠Ver.が聞けるノーマル車両のほうがいいかもね。


SDIM2722
[ SIGMA sd Quattro / 24-35mm F2 DG HSM | Art ]

それでも天井まで埋め尽くすドラえもんデコレーションは圧巻のひとこと。特にこの場所なんかはネジが足りないとか緩んでるとかではなく、二本とも無いんだからすごいぞ!!(苦笑)・・・大丈夫なのか(


SDIM2712
[ SIGMA sd Quattro / 24-35mm F2 DG HSM | Art ]

次男はまだ幼児枠なので、本来ならまだ乗車賃(小人は大人の半額)を払わなくてもよかったのですが、”乗せられてる”ではなく”乗っている”という感覚を憶えてほしかったので、彼にも整理券とお金を手渡しておきました。海王丸駅から高岡駅までは大人が片道350円、小人なら5円切り上げで180円。

「まだ未就学児だし、大人一人分でよかったのにもったいない」 ってひょっとしたら思う人もいるかもしれません。でも、実際にこの日乗るときに整理券を取らないばかりか、お金の払い方さえも分からない若い男性がいたので、おれとしては次男がこの一回の経験で覚えてくれるとは思いはないけれど、それでも今日の出来事の一かけらでも覚えていてくれたら、みっともない世間知らずには育たないだろうと考えています。


SDIM2716

座席のシートにドラえもんの鈴。個人的にちょっと気に入った一枚。


SDIM2718

その席にあえて座らずに反対側のスネオ席に座ったのには理由があります。ちなみにうたた寝をしてい次男はこの直後、手に持っていた小銭を落としてめちゃくちゃ焦っていた。ほら、言わんこっちゃない(笑。眠たそうだったから、お金持っていようか?って聞いたけど、いい!って言うから頼もしいなと思っていたんだけどね。


SDIM2723

こちら側の窓からだと、内川を渡るときに富山新港に停泊中の船が見えるんです。それも、今年になって日本各地で目撃されているロシア人のアンドレイ・メリーシェンコ氏が個人で所有するメガヨット ”A” が。

なんでも、今回は台風を避けて富山新港に立ち寄ったそうですが、それを見たくて海王丸パークに来てみたものの、とてもとても近寄れない場所に停泊していたし、仕方ないと思ってあきらめて電車乗ったらここから見えるわけでしょ? 千載一遇ってやつよ(笑


SDIM2724

クルマでならさほど時間のかからない距離と場所でも、こうして外の風景を眺めながら電車に乗るのもたまにはいいよね。今日はとても贅沢をさせてもらった。夏休み最後の日曜日は最高のイベントになりました。


おしまい。










白い犬とワルツを/テリー・ケイ(兼武進・訳)


作品名だけはなんとなく知っていたけれど、特に読みたいとは思いもしないままでしたが、日本においてこの本をベストセラーにしたという千葉県は津田沼の書店が閉店する話を知って、まったく何の関係もない富山の書店で買いました(ぉ

地元で愛された書店がまたひとつ・・・津田沼の書店「BOOKS昭和堂」閉店発表に惜別の声殺到 - Jタウンネット

こうみえて、実は書店の店員になりたかったんです。

普通科の高校を卒業するさいに、就職先として候補に選んだのが 「地元にある書店」 のうちからひとつと、「地元にある家電量販店」 のうちからひとつというざっくりとした選択肢。もともと絵を描くことが好きで、漫画家やイラストレーターにもなりたかったんですが、趣味を仕事にすることに違和感があったのと、そもそも職業として選ぶには遅すぎたこともあって、現実に目を向けたころでもありました。

しかし、今は分からないけれど当時の書店の採用条件が大学卒だったので、けっきょく書店員にはなれず、もういっこのほうからと当時富山に本社のあった会社を選んでしまい、どこでどうなったかチャランポランな性格の人間が四半世紀近くも勤めているだなんて、人生どうなるか分からないものですねえ・・・。


さておき、「白い犬」。

読書家といえるほど多くは読まないし、最後まで読んだことのない作品だっていくつもある。この本だってまだ文庫本で75ページめしか読み進めていない。誰かが言ったっけ、”「何が積読だ。そこにあるのは、お前の好奇心の墓標だ」” って。

それでもこうしてブログに書くのは、久しぶりに―とても久しぶりに目に入ってくる活字が頭の中で映像に変換されくる感覚を覚えたからだ。いつもならタブレット端末で読めるようにと、電子版を購入するところだったが、嫁との交渉に打ち勝ってLINEをインストールする許可を得た娘が iPad を独占してしまっているので、紙の本で読み進めている。

ああ、まだ読み終わってないアンディ・ウィアーの「火星の人」やアーサー・C・クラークの「幼年期の終わり」、今を思えば普通に文庫本を買えば良かったんだ。紙の手触りがこんなに素晴らしいものだとは。

話はそれたが、読書はいい。サムのライティング・ビューロー、ニーリーの立居振舞い、思いがけず授かったジェイムズと名付けた子。それらがどんな姿や形をなしているのか、現実にはありもしないのにまるでそこにあるかのように頭に浮かんで、彼らの声など聞いたこともないのに、活き活きとした音が響いてくる。

台風が過ぎ去る余韻を残した夏の終わり、外に出かけるのも億劫になってついスマホの画面ばかり見ちゃってたけど、同じ時間を過ごすなら、読書はいい。どんな交通機関を使っても行けっこないような場所まで連れて行ってくれる。それに、台風で運休なんかしたりしない。

最近はいい映画を観たばかりだけど、いい本にもめぐり会った。次はなんだろう、久しぶりに描いていない絵でも描こうかな。ときどき友達のために書いている猫の絵じゃなくて、白い犬の絵をね。



『幼稚園』 2018年9月号/小学館


子供向けのふろくつき雑誌は、組み立てに魂を削られるので避けていたんですが、久しぶりに胸アツのふろくつきのが発売されたので、酔い覚ましの散歩がてら次男といっしょに買いに行きました。

DSC03929

小学館なのに幼稚園とはこれいかに、2018年9月号のふろくは”かいてんずしつかみゲーム”。しかも、子供たちも大好きな無添くら寿司とのコラボ企画!ちなみにTwitterで発売を知ったのですが、完成品の写真だけだと回転機構がよく分からなかったので、店頭で確認してみると、税込980円の雑誌なのにモーター付きですよ、モーター付き!


DSC03928

というわけで、さっそく組み立ててみました。あ、こういうのを動画で撮ってレビューすればお小遣いがかせげるのか(うーむ

ところで、新しい仮面ライダーってなかなか思いきったデザインだよね。”顔に名前が書いてある”って、キン肉マンかおまえは。


DSC03930

ふろく全景です。こんなの買って、嫁に怒られるかと思ったらけっこう面白がってくれました。自分の好きなネタがふろく採用されてない!なんて家族で盛り上がれると楽しいかもしれません。おれは”あぶりチーズサーモン”が大好きなんですけどね。

そうそう、なかったら自分で作ればええんや!の精神で、公式ページの画像を印刷して好きなネタを作ってもいいし、実際にお店に行って本物を乗っけてみてもいいかもしれない(無理。なんなら、ペットボトルの容器をカットして”鮮度くん”を自作するのも面白そうだし、そもそもの企画主旨に戻ってかいてんずしつかみゲームに連続で成功したら、びっくらポンがもらえる(どの家にもカプセルが転がってるでしょ?)なんてパーティーゲーム的な遊びも絶対楽しいと思う。

ただのふろくなのに、どんどんアイディアが浮かんでくるぜ!


DSC03931

ここが心臓部。この穴に軸を取り付けた回転板をのっけて完成です。パーツ点数が少なかったせいか組立にはさほど時間はかかりませんでした。


DSC03932

スイッチ部分です。放熱用の穴でしょうか、中をよく見るとかぎられたスペース内できちんとギヤ比を落としているのが分かりました。


DSC03936

それにしても予想以上に回転速度がハンパないって!こどもだけじゃなくおとなも楽しめるレベルに仕上がっているのが無慈悲とさえ思えるほどギュンギュン回ります(苦笑。ゴローちゃんも 「シャリとネタと俺・・・この三角ベースを回り続けていたい」 と独り言ちてしまいたくなったことでしょう(ぉ

・・・遊びすぎてモーターが灼けたときのためにもう一冊買っておこうかな。






カメラを止めるな!/ONE CUT OF THE DEAD @ファボーレ富山


ポンッ!


ちまたで話題の映画、 『カメラを止めるな!』 を観てきました。

制作費300万円という低予算作品ながら、都内2館での公開スタートからほぼ2ヶ月で全国120ヶ所を超える勢いで、先に観て来た友人&知人の感想がただひとこと ”面白かった” というただそれだけ。しかも皆頑なにネタバレを拒むというこの映画、ゾンビ・ホラーはおろか血も苦手っていう人もいるだろうし、流行り物には乗っからない主義のおれでも、これはちょっとおかしいと感じずにはいられませんでした。

DSC03927-2

もちろん、ここでネタバレをする気はありません。むしろ、まだ観ていない人は公開が終わらないうちに早く観に行って、この面白さを共有しましょう!








山の上の高校に通う長男が登校日で、それも昼には終わるということで、一旦学校に送ったあと自宅には戻らずに時間まで周辺をブラブラすることにしました。だって、往復に一時間半もかかるからね。前にもたしか似たような用事があって、あのときはJR高山本線を走る列車を撮るのに良い場所を見つけたんだっけと思い出し、行ってみることにしました。

SDIM2628

笹津駅の近く、神通川にまたがる国登録有形文化財 『笹津橋』 でございます。


SDIM2627

まずは近くにある公園に車を停め、不動明王が番をしているように祀られている祠にお賽銭を置き、撮影ポイントへ向かいます。


SDIM2629

もうね、空も川もベストな色だったんですよ!ここを走って来る(やや古めの)特急列車をバーンと撮ってみたいね!


SDIM2630

んで、おれが待っているのは10:10~10:20くらいに通過する岐阜方面行のワイドビューひだ8号なので、川の上を通ったところで一枚、山を背景に入れて一枚、と二枚は撮れそうな感じだ。


SDIM2636

それとも、架線のない非電化区間ならではの空間を引き立たせるように、縦構図で撮っちゃう?あと一時間も待たないといけないのに、期待で胸がふくらみます。ちなみに、この日の気温は朝9時の時点で34℃を越えていました。そんな中でボーっと橋の上で列車を待っていると確実に命が危ないので、20分おきに屋根のある公園のベンチで休みながら待ちました。


しかし、おおよその時間になっても目当ての列車が来る気配もなく、時刻もとっくに楡原駅を通過している時間帯に。まさかな、と思って調べてみたら、あちゃーやっちまったなー(汗

【ひだ】 運転取り止め - JR西日本 列車運行情報

7月の西日本豪雨の影響で、岐阜圏内の路線が運休しているのは知っていたけれど、さすがにもう復旧していると簡単に思っていたのが失敗でした。たしかに復旧はしたものの、それはあくまでも部分復旧。坂上~猪谷間は今も工事中ということで、これは完全に情報戦に失敗しました。それにしても、そこまで被害がひどいのか・・・。復旧工事にあたられている関係者のみなさん、応援してます!


SDIM2640

一時間を無駄にした感じではありますが、それでもまだ長男の回収時間まで余裕があるので、 『立山あるぺん村』 まで来てみました。子供を連れて来ていないので盛り上がることもないですが、とりあえず近くのコンビニでポカリとガリガリ君を買って水分補給と体内冷却♪


SDIM2638

しかしあれだなー。これだけ暑いとヤギだって柵から出ちゃうよねー。・・・っておい、どうなってるんだここは?!

スマホを車内に置いてきたので写真とかは撮れませんでしたが、見ないふりしてベンチに座ってガリガリ君を食べてたら、案の定近づいてきたので、「これ、ガリガリ君やから、無理やわ」 と話しかけたら、残念そうな顔をして柵をくぐって中に入って行きました。そうか、おまえはまだ体が大きくないからそうやって出入りできるのね(笑

さておき、もしもチョコモナカジャンボを選んでいたら、まちがいなく狙われてただろうなあ。


SDIM2641

今度の日曜日、仕事が休みだからファミリーパークじゃなくってまたここに来てみようかな。今度は次男も連れて。そのときもまたヤギが脱走してたらびっくりするかもね。


SDIM2643



SDIM2644

長男の回収時間が近づいてきたので、戻りがてら富山地方鉄道上滝線・上滝橋梁付近まで来てみました。実は 『立山あるぺん村』 に行くときにはスルーしてたんですが、どうしても気になったことがあったので。

というのも、過去に何回か来たときもずっとそうだったように、イイ感じに錆びていたワーレントラス橋梁の塗装工事が始まっていたようで、いっこだけピカピカになっていました。

侘び寂びも良いけれど、こうして保全しないと持たないからね。


SDIM2645

それがちょっと面白くて、こんな写真を撮ってみました。ピカピカとサビサビ。


SDIM2646

というわけで、橋が面白かったというお話でした。


富山港展望台に行ってきた(ほか)


東京にお住いのお友達が最近訪れたという富山港展望台に行ってみました。

SDIM2619
[ SIGMA sd Quattro / 24-35mm F2 DG HSM | Art ]

この近くの海水浴場にはよく来るけれど、展望台まで来るのは何年ぶりだろう・・・。


SDIM2621
[ SIGMA sd Quattro / 24-35mm F2 DG HSM | Art ]

ずいぶん昔のことなので記憶がさだかではありませんが、開設当時には友達と自転車で遊びに来たりしていて、それがしばらくして治安がよろしくないというような話を聞いて、家族ができてからも積極的には近寄らなかったエリアでした。

でも、今はきれいに整備されてダイジョウブ、マイフレンド。


SDIM2622
[ SIGMA sd Quattro / 24-35mm F2 DG HSM | Art ]

眺望の良いところならほかにも知っているので、展望台からはすぐに離れて周辺の散策をスタート。そういえばこの辺には富山ライトレールの岩瀬浜駅があって、それが橋梁を渡る写真をどこかで見たような気が。あれは一体どこから撮ったものなんだろう。そう思ったが最後、撮り鉄にスイッチ(苦笑


SDIM2623

岩瀬浜駅周辺は視界が悪かったので、隣りの競輪場前駅まで歩いてみました。ここはゴールデンウィークに次男と子供向けのイベントに来て以来ですかね。今回は目つきのギラギラした夢追い人の姿もなく安心しました。


SDIM2625
[ SIGMA sd Quattro / 24-35mm F2 DG HSM | Art ]

帰り際、電車の音が聞こえたので構図も適当に一枚撮りました。


SDIM2626
[ SIGMA sd Quattro / 24-35mm F2 DG HSM | Art ]

だって、せっかく来たのに肝心の橋が工事中だったんだもん(苦笑。ここはまた秋ごろにでも再訪しましょうかね。






夏の終わり。


今年の夏はいつになく土日に休みをもらえることが多く、これ幸いにと娘(中一)の部活動の練習試合の送迎に借り出されることが増えてしまいました。その会場がまたそれなりに遠方だったりするので、旅行とかはもういいかなと思ってしまいました。

SDIM2571
[ SIGMA sd Quattro / 70mm F2.8 DG MACRO | Art ]

今回は自宅から片道で約1時間かかる市の体育館へ朝9時前に娘と同級生2人を送り届けるべく走ったあと、帰り道に頼成の森を30分ほど散策してきました。この時間にここにいること自体がこれまでなかったので、光がどんな感じで森に差し込むのか見て来ようと思って。

まあ、来るなら正午くらいがちょうど良いのを再認識した感じですかね(

夕方にもまた娘たちを迎えに行かなくてはいけないので、あまり長いせずに仮眠を取るために自宅へと向かいました。


SDIM2579
[ SIGMA sd Quattro / 70mm F2.8 DG MACRO | Art ]

中央やや左に見える観覧車とその周辺施設は小矢部のアウトレット、風車の建つ山の頂上あたりには稲葉山牧場があります。午後からは次男を連れて、あの牧場でウサギでも見て来ようかな。最近、一年半ほど前にデジタルデータ化に成功した長男が2歳くらいのときにそこでウサギと触れ合っている動画を次男に見せたら、わりと食いついてきたので。

娘たちを迎えに行くついでにしてはちょっと離れているけれど、せっかくの休みだし、行けるとこまで行っちゃおう。


SDIM2609
[ SIGMA sd Quattro / 24-35mm F2 DG HSM | Art ]

というわけで、来てしまいました。


SDIM2582
[ SIGMA sd Quattro / 24-35mm F2 DG HSM | Art ]

小矢部市は田川にある稲葉山牧場でございます。そういえば5年くらいにも娘を連れて遊びに来てたっけ。あのときはたしか、定休日(月曜日だったかな)かなんかで、ウサギに触ることができなかったんだよね。今回は土曜日だし大丈夫でしょう。


SDIM2589
[ SIGMA sd Quattro / 24-35mm F2 DG HSM | Art ]

・・・と、思いきやウサギさんたちは外には出ておらず、建屋の中で休憩中。外のほうが涼しいのになんでだろ。係の人の姿さえ見えないので、おれと次男を含め、何組もの家族連れが首をかしげていました。


SDIM2588
[ SIGMA sd Quattro / 24-35mm F2 DG HSM | Art ]

それにしても、このレンズ(Art24-35/F2)の描写はすげえなあ。モフモフの生々しさの次元が違う、気がする。


SDIM2590
[ SIGMA sd Quattro / 24-35mm F2 DG HSM | Art ]

この山羊の名前は”よしこ”さん。

本当は外でもっと近くで見たかったんだけどね。何か事情があるうんでしょう、残念だけど仕方ない。


SDIM2598
[ SIGMA sd Quattro / 24-35mm F2 DG HSM | Art ]

んなわけで、公園遊びにスイッチします。これがまた次男的にツボだったらしく、小矢部のアウトレットに行く時間もなくなるくらい遊び回っていました。虫取りもできたし、楽しかったね。


SDIM2603
[ SIGMA sd Quattro / 24-35mm F2 DG HSM | Art ]

杉の皮を剥がして、”はい、ビーフジャーキー”・・・って、おい!ビール飲みたくなるだろうが!!(笑


SDIM2613
[ SIGMA sd Quattro / 24-35mm F2 DG HSM | Art ]

でへ。


IMG_4828

セミファイナルを見つけたので、おもむろにカメラを貸せと言う次男。はいはい iPhone ね。え?違う、大きいほうって・・・。まあ、良いけど。シャッターボタンはそこね。半押しはできているみたいだから、そのままギュッと押しな。


SDIM2615
[ SIGMA sd Quattro / 24-35mm F2 DG HSM | Art ]

6歳の子供が、手ぶれ補正のないカメラとレンズでぶらさずに撮った一枚。初めての写真です。F2.2、シャッタースピードは1/250。ほら、こうして誰でもふつうに撮れるでしょ。SIGMAのカメラだからって難しいとかややこしいとか言う連中(特にそれをネタにするSIGMAユーザーに)に見せてやりたい。


SDIM2612
[ SIGMA sd Quattro / 24-35mm F2 DG HSM | Art ]

夏の終わり。―と言いながら、来週は平日に3連休・週末は日曜日が休みになりました。せっかくなので以前から行きたかった越後妻有トリエンナーレへと思っていたんですが、計画していたその日はまた娘の部活の送迎がブッキングされてしまいました。

ああ、トリエンナーレは9月に行くことにしようかな・・・。


Sun Flower②


ひまわりを見られるのもあと少しの間だろうと思って、出勤前に射水市は鳥取(!)にある大島絵本館の裏のひまわり畑へ行ってみました。実は、その前に県立大学のひまわり迷路も見て来たんですが、もう終息期でしたね・・・。

SDIM2557
[ SIGMA sd Quattro / 24-35mm F2 DG HSM | Art ]

というわけで、こちらは前回来たときの読みが少し当たって、まだ少しは見られる状態でした。ただ、残念だったのはここが過去にひまわり迷路が作られていたのを知ってか知らずか、畑の中まで足を踏み入れた跡があって、根元から折れたひまわりが見受けられて心が折れそうでした。


SDIM2553
[ SIGMA sd Quattro / 70mm F2.8 DG MACRO | Art ]

この日は気温こそ秋のような過ごしやすさでしたが、風も強くてアゲハ蝶も必死になってひまわりにしがみついていました(苦笑。ていうか、カメラを向けたときだけ風が吹いてたような気がする。


SDIM2552
[ SIGMA sd Quattro / 70mm F2.8 DG MACRO | Art ]

それでもこうしてふらっと何も考えずに花の写真を撮りに来て、一期一会のような写真が撮れるのはちょっとうれしい。


SDIM2555
[ SIGMA sd Quattro / 70mm F2.8 DG MACRO | Art ]

ほら、昆虫や動物はこっちの意図とはおかまいなしに自由に羽ばたいて行く。


―今日はありがとう、君に会えて良かったよ。





八月の狂詩曲②


まだだ、まだ終わらんよ・・・。

今年の夏はなんだかんだと家族(特に次男)と過ごす時間というか、アイツ向けのイベントへの参加の機会に恵まれて、この日は友人から譲ってもらったチケットを利用して、富山市は婦中町にあるショッピングモール・ファボーレにて開催中の 『体感ふれあい動物園2』 に行ってきました。

DSC03894

ふだんから小動物が好きなだけに、物おじせずガンガン触れ合いまくる次男。


DSC03896

長野に行ったときもモルモットを抱っこしたよね。手慣れたもんです。


DSC03899

こっちはハムスター。小さくて機敏なのでなかなかうまく触れませんでした。それよりも、だんだん気の毒になってくるというか(苦笑


DSC03903

成獣でもこのサイズというパンダマウス。品種改良でこのカラーリングになっています。


DSC03905

こちらのブースでは右も左もヒヨコです。

手を差し伸べると自ら乗ってくれるノリの良さが超かわいいんですけど、雄雌の区別はできませんでした。ちなみに次男は怖がってなかなか手を出しませんでした。そうだろうなあ、鳥に懐かれるのは父ちゃんの専売特許だもんなあ。





ひととおり周ったところで、会場でチケットをくれた友人とばったり遭遇、ぼっちでボーっと歩いていたけど、そんなにチケット余ってんのか?と気にならなくもなかったぜ(笑。まあ、直接お礼が言えたからいいか。

そのあと、映画を観終わって今からレストランで食事という両親とも遭遇、時間があればこの後の用事の次に実家に行こうと思っていたのに拍子抜けしちゃって、そのまま一緒に食事すればよかったもののを普通に「じゃあ、行くね」なんて言って素っ気なく出てきてしまった(汗。もういっこ言い訳をすれば人混みがすごくてちょっとつらかったんだ。




DSC03906

というわけで、食事をコンビニのおにぎりで軽く済ませてやって来たのは 『とやま健康パーク』 のジャブジャブ池。ここは子供に水遊びさせるにはかっこうの場かつ、海や川で遊ぶよりも安全なのが素敵。混雑しているかなあと思っていたら、あまりの暑さのせいか思ってたよりも空いていて、ここを選んで正解でした。


DSC03907

午後から雨の予報らしいので、雨が降るまでめいっぱい遊んでもらいましょう。

あとで知ったんですが、この日の富山の気温って今年最高の38℃を記録したんだってね。どーりで暑いと思ったわー。


DSC03909

DSC03911

修行か。


DSC03915

とかなんとかやっていると、なんと目の前にアマガエルが!(驚

カエルって本当にカエル泳ぎするのを間近で見られるとは思いもしなかったぜ・・・。


DSC03918

それに、カエルといっしょに泳ぐ体験なんて一体何人の人ができただろうか。次男はすっかりこのカエルと友達になって、お腹に乗せたり肩に乗せたりしながら遊んでいました。連れて帰るとか言い出すかと思いきや、気が済むまで遊んだあとクールに逃がしてやる姿は男前だったなあ。





DSC03920

修行か。(本日二回目)


DSC03921

予報通り、雨雲が近づいてきたので帰ります。暑かったり涼しかったりとなかなかの気温差でしたが、子供が無邪気に遊ぶ姿をのんびり見ることができてよかったです。

さて、8月もお盆休みも終わってこれから終盤戦・・・と思いきや、まだまだ休日に子供がらみの予定があって、なかなか内容の濃い8月になりそうです。


仮面ライダーフェスティバル 2018 に行ってきたぞ!


いつだったか、配布されたチラシを握りしめながら保育所から帰って来た次男との約束で、魚津市は新川文化ホールで開催中の 『 仮面ライダーフェスティバル 2018 』 に行ってきました。

IMG_4779

現役のザ・男の子である人と、こうしてこんなイベントに行けるのもあと数回あるかないかなので、そんなに仮面ライダーに興味のない父ちゃんもそれなりに楽しむことにする。おれ、女きょうだいが多かったからチャンネル競争に負けてヒーローものとかほとんど体感せずに育ったんだよね。


IMG_4781

とか言いながら、けっこうテンションがアガッたのが現在絶賛放送中の 『 仮面ライダービルド 』 の等身大フィギュア・・・とも言うべきコスチュームを着せられたマネキン人形。実際に撮影で使用されたものではないとは思いますが、間近でディティールを確認できちゃうとなんか興奮しちゃいますよね。

イベント最終日にはヒーローショーがあるようだけれど、残念ながらその日は仕事だべ。


IMG_4780

”ほんもの”と遭遇してうれしすぎてどんな顔していいか分からないときの次男の表情。ちなみに先日買ったプラモデルのことはまだバレていない。


IMG_4782

さておき、ホールの中には歴代のライダーたちがこんな感じで展示されていて、さほど愛着なくても思わず「おおっ」と声が出てしまいそうになります。『 エグゼイド 』 は番組を途中から観たのでストーリーがよく分からんままだったけど、次男が三浦大知の歌う主題歌をうろ覚えで歌ってたのをきっかけにベストアルバムまで買っちゃったのは本当。

最近では『 ビルド 』の主題歌をそれっぽく聞こえるニセ英語で歌っていますが、あれはさすがにアルバム買わねえわ。


IMG_4783

何をもって仮面ライダーと定義するかは知らないけれど、主に造形面でリアル方向に振った 『 真・仮面ライダー 』 だとたんに気持ち悪いだけだし、藤岡弘の体型面に合わせてしまった 『 仮面ライダー1号 』 なんかはもうどんなに真面目に演じられても冗談にしか見えないが、やっぱり仮面ライダーといえばこの感じよね。


IMG_4785

まだ駆け出しのころの唐沢寿明がスーツアクターを演じていたライダーマン。本人もそのことを公表していることで、世間にはライダーマン=唐沢寿明というイメージになってしまったのが面白い。


IMG_4786

近頃はすっかりビジュアル面での仮面ライダーがしっちゃかめっちゃかになっていることが否めないけれど、こうして昆虫系のコスチュームを見るとやっぱりなんか安心するんよね。世代的には 『 スーパー1 』 がリアルタイムで、バイクに乗った玩具で遊んでた記憶がある。ちなみに内容は一切憶えていない(ぉ


IMG_4792

会場出口の奥には、ぬり絵コーナーがありました。いつもこの類のは家に持ち帰る前にぐしゃぐしゃになってしまうことが多いので、その場で遊べるのは良いな。あと、せっかく来たのにグッズのひとつも買わないのはもったいねえなとは思いつつも、押し入れにプラモデルを隠している手前大盤振る舞いもできず、300円で作れる名前入りのステッカーセットだけ買ってみた。




さらさらっと見て回ると10分程度で出口まで向かってしまいそうになるので、点在する体感系のゲームに次男を放り込んでチケット代を回収することにした動画。このほかにもパンチングマシーンとか、ひたすらボタンを連打するだけで成立するレースゲームなんかもあって、次男もそこそこ楽しんでくれたみたい。

年齢層的にはちょっと幼い感じの内容でしたが、親子でふんわり楽しむぶんにはちょうど良かったと思います。



東福寺野自然公園に行ってきた


体温を超える暑さに嫌気が差したので、お盆休みを利用して札幌まで日帰りで行ってきました。

SDIM2542

SDIM2536

というのは大嘘で、滑川市にある東福寺野自然公園でございました(笑。この駅舎も実はただの入場口で、どこかの廃駅から移築でもしてきたんでしょうか?似せて造ったとしたら相当凝ってるくらいにリアルでびっくりします。


SDIM2545

さて、この時計台はガッカリ観光地こと札幌市時計台と設計が同じだそうで、なんでそんなものが富山にあるのかは分かりませんが、再訪したときにでも係の人に聞いてみようと思います。

■富山の遊び場! - 東福寺野自然公園】巨大ふわふわドームで遊んできた


SDIM2546

さすが山奥、こんなウッキウキするような看板が。


SDIM2539

まあ、すでに一匹連れてきてるんですけどね(笑


SDIM2535

ただいま夏休みを絶賛満喫中!


SDIM2541

無駄にレーシーなリスの遊具。個人的に名前を”カマロ”と名付けました。直射日光をガンガンに浴びてちんちんに熱くなっていたので、さすがに乗ることはできませんでした。まあ、また来たときに乗ってやるよ。そのときまで待ってな、カマロ!


SDIM2543

本当は次男をふわふわドームで遊ばせながら、昆虫の写真撮ったりとかしたかったんですが、あまりの暑さにちょっとだけ遊んですぐに帰ってきてしまいました。

ああ、札幌行きてえ・・・。





Sun Flower


今日も仕事が休みだったので、またまた射水市黒河のひまわり迷路まで来てしまいました。昨日はちょっと不完全燃焼だったしね。

SDIM2530
[ SIGMA sd Quattro / 70mm F2.8 DG MACRO | Art ]

さて、あらためて今回のテーマも”ありふれたものほど個性を出したり印象を強く残すような一枚にする”の、ひまわり編。人と違う柔軟な視点を持ちつつ、ひまわりという主役からいかに遠くさせずに場面を切る取るか、それではいってみよー。


SDIM2527
[ SIGMA sd Quattro / 70mm F2.8 DG MACRO | Art ]

まずは基本の日の丸構図。いかにもひまわり畑で撮ったポートレイト写真の風情。このひまわりを人物に置き換えてもいいのかもね。


SDIM2519
[ SIGMA sd Quattro / 70mm F2.8 DG MACRO | Art ]

ちょっとだけ横にずらしてみた。ひまわりはどんな風にとっても夏らしく見えるら面白いな・・・。


SDIM2521
[ SIGMA sd Quattro / 70mm F2.8 DG MACRO | Art ]

さて、ここからはいつもの視点。植物の群生地には当然ながらいろんな生き物がいます。それらを無視して植物だけを撮りたいなた造花でいいじゃん。花が咲くには媒介となる生き物の姿もないとダメだろう、いつもそう思うのです。


SDIM2526
[ SIGMA sd Quattro / 70mm F2.8 DG MACRO | Art ]

ところで、カメムシが媒介役をしてるのって初めて知った。


SDIM2525
[ SIGMA sd Quattro / 70mm F2.8 DG MACRO | Art ]

これぞカメムシマクロ、背中にひまわりの花粉を乗っけている姿がとても面白かった。


SDIM2528
[ SIGMA sd Quattro / 70mm F2.8 DG MACRO | Art ]

曇り空が少しずつ青空へと変わるころ、仕事中のミツバチを見つけました。昨日もそうだったけど、午前中は曇っていて、昼から暑くなってきたけど、また曇り空へ・・・。このぶんだと日没とともに雨が降り出すのかな?


SDIM2514
[ SIGMA sd Quattro / 70mm F2.8 DG MACRO | Art ]

夕方、まだ晴れているようなら次男を連れて来てみようか。帰りにスイカでも買って帰ろう。今年の夏はなんだかんだとスイカには縁がなかったしね。そういえばもうじき梨の季節か、今年は誰の家に届けようかな。




Son-flower


前回までのあらすじ―

先日、娘と同級生たちが行っている部活の遠征先へ迎えに行くまでの間、次男とドライブに行ったことが楽しすぎて、仕事が休みの日に今度はひとりで河北潟のひまわり迷路へ・・・行けるわけもなく、思いつく範囲で近場のひまわりの見られる場所へとクルマを走らせるのであった。

IMG_4657

こちらは河北潟のひまわり迷路へ行ったときの次男。今日は保育所へ行っている(保育所には夏休みがなく、暦通り)のでぶらり一人旅となってしまったけれど、小学校へ上がる来年には休日は必ずどこかへ遊びに連れて行けるだろうということを、今から楽しみにしている。ちなみに河北潟のひまわり迷路は次男的には肥料臭くてダメだったらしい(苦笑

おれはあの日以来、ひまわりを見ると先日の楽しかったドライブを思い出すんだけどな。次男の屈託のない笑顔とともに。


SDIM2491
[ SIGMA sd Quattro / 24-35mm F2 DG HSM | Art ]

さて、富山のひまわり迷路といえばココ。射水市黒河にある富山県立大学の向いにある農地。時季になるとよく新聞やテレビでも紹介されるんですが、何気にクルマを停める場所がないのが地味に辛いです。歌の森運動公園から歩くのも、子供連れだと厳しいし(以前幼かった娘を連れて行ってボロクソに言われた)、今年は周辺で何やら工事を行っているので、そもそもの出入り口が分かりにくかったですねえ・・・。とは言え、学生さんたちの手作りだからまあいいかと広い心を持ちましょう。


SDIM2492
[ SIGMA sd Quattro / 24-35mm F2 DG HSM | Art ]

どの被写体にも言えるんですが、ありふれたものほど個性を出したり印象を強く残すような一枚にすることは難しいと思います。今まで真剣にひまわりの撮影について考えたことがなかったけれど、次男のいない今回は一人でじっくり考えてみましょうか。


SDIM2493
[ SIGMA sd Quattro / 70mm F2.8 DG MACRO | Art ]

SDIM2496
[ SIGMA sd Quattro / 70mm F2.8 DG MACRO | Art ]

SDIM2497
[ SIGMA sd Quattro / 70mm F2.8 DG MACRO | Art ]

SDIM2499
[ SIGMA sd Quattro / 70mm F2.8 DG MACRO | Art ]

迷路を歩きながら、とりあえず日の丸構図が最強ってことが分かりました(ぉ


SDIM2500
[ SIGMA sd Quattro / 70mm F2.8 DG MACRO | Art ]

続いて、同じく射水市にある大島絵本館裏側のひまわり畑。ここはまだ見頃よりちょっと早いせいか迷路も造られておらず、ただ生えているだけでした。うーん、来週あたりに来れたらまた来てみようかな。


SDIM2504
[ SIGMA sd Quattro / 70mm F2.8 DG MACRO | Art ]

というわけで、若干の不完全燃焼を感じつつも気温が上がって来たので帰ります。

今年はなんだか元気のないアブラゼミ、苦手な虫だけどなんだか愛おしくなってきそうだなあ。マクロレンズでギリギリまで寄っても逃げようとしないなんて、ありえへんやろって感じでした。暑かった夏も立秋を迎えて終わりへと向かって行くのかな。

そんな季節の移り変わりを、花や昆虫の写真を撮りながら肌で感じられるようになりました。



・・・本当は県立大学の方で時間をかけて撮りたかったんだけど、赤ちゃんの写真を撮っている業者っぽい集団(若い)がひまわり迷路内に三脚を立てて、しゃぼん玉飛ばして写真撮ったりしていてその場を独占、おれや後から来た一般の家族連れの何組かが思うように動けなかったのが残念でしたねえ。





Figure-rise Standard 仮面ライダービルド


まだ次男には見せていません(ぉ

IMG_4696

毎日のように通っている家電量販店の玩具売場で不意に見かけたので、速攻で確保。同じ棚に S.H.Figuarts 版のも置いてあったけれど(この商売上手め)、やっぱこういうのは自分で組み立てることで愛着が湧くんだよなあと思って、プラモデルの方を選択。


IMG_4698

部品点数がまあまあ多いので、次男といっしょに作るとなると片っ端からランナーから外しやがるので、クオリティを保てない気がするし、かと言ってお父さんが一人でキッチリ組み立てちゃったら S.H.Figuarts を買って遊ぶのとほとんど変わらないと思うので、
解禁までもう少し悩んでみることにします。


IMG_4699

とりあえず、個人的に気になっていた頭部パーツがちょっと凝った感じになっていたのを確認してニヨニヨしています。これはちょっと作り甲斐ありそうだ。


八月の狂詩曲


今年の8月は、おれの子育て史上最高に忙しい夏になりそうだ。ていうか、現にもうなっていたりして(ぉ

先月の下旬から長男がネギ農家に研修に行ってたのが終わったあとすぐに高校の農場当番が始まって、この約2週間ずっと朝6時起きで長男を研修先やら学校に送ってからの出勤という日々。嫁は嫁で毎朝弁当を作らないといけないので、夫婦そろってヘトヘトになっているわけです。

そこへ来て、今度は娘が部活の練習試合で石川県は羽咋市へ一泊二日の遠征だとな。それには父母による送迎が必要となるわけですが、さすがに土日に連休は取りにくい業種なので、日曜日だけお休みをもらって、娘の回収がてら次男と長距離ドライブに出かけることになりました。ちなみにこの日も朝早く長男を自宅から往復一時間半の高校へ送り届けていて、仕事もこの6日間ほどぶっとおしだったのでさすがにレッドブル飲みました(苦笑

SDIM2461
[ SIGMA sd Quattro / 24-35mm F2 DG HSM | Art ]

というわけで、夕方に娘を回収しに行くまでの間、思いつくかぎりのアクティビティを設定して挑んだ最初のポイントがここ、石川県は河北郡津幡町にある 『ひまわり村』 でございます。


SDIM2475
[ SIGMA sd Quattro / 24-35mm F2 DG HSM | Art ]

ここには、35万本ものひまわりが咲き誇り、しかもそれらがド定番ながらも迷路になっているというのが特徴で、個人的に評価するとするならば、その道幅に余裕があるので閉所恐怖症でも無問題ってことでしょうか。


SDIM2466
[ SIGMA sd Quattro / 24-35mm F2 DG HSM | Art ]

”ひまわり畑でつかまえて”

註:)せっかくいい感じに迷路を進んで来たのに途中でおしっこがしたくなって慌てて来た道を戻る次男。


SDIM2472
[ SIGMA sd Quattro / 24-35mm F2 DG HSM | Art ]

仮設のトイレのすぐそばでかき氷を売っていたので、出したぶんだけ水分補給。おかげで迷路への戦意はばっちり喪失しましたとさ(苦笑


SDIM2469
[ SIGMA sd Quattro / 24-35mm F2 DG HSM | Art ]

色と香味料が違うだけで基本的な成分はどれも同じという中で、大好きなメロン味を堪能する。


SDIM2473
[ SIGMA sd Quattro / 24-35mm F2 DG HSM | Art ]

”ベロ、みどりになった?”


SDIM2483
[ SIGMA sd Quattro / 24-35mm F2 DG HSM | Art ]

次に訪れたのは 『千里浜なぎさドライブウェイ』 の今浜海岸でございます。当初のイメージとしては波打ち際をクルマで走破するつもりだったのが、海水浴シーズンだからでしょうか細かくブロック分けされており、ドライブウェーイ!みたいに海を眺めながら走るという感じではなかったですね。


SDIM2482
[ SIGMA sd Quattro / 24-35mm F2 DG HSM | Art ]

しかし、そこはそれ。この浜特有の固い砂質だからこそできるという、波打ち際から数メートル先にクルマを停めてすぐに泳ぎに行けるというスペシャルなアクティビィティが堪能できるげん?

”着替とタオル持って来てるから、海に入ってもいいよ” と言った直後の次男のこのテンションったらなかった(笑


SDIM2477
[ SIGMA sd Quattro / 24-35mm F2 DG HSM | Art ]

なんだかんだとこの夏初の海水浴♪ 遠浅だからカナヅチの父ちゃんでも安心極まりないこの千里浜、めちゃくちゃ気に入った!
これは毎夏訪れても良いくらいだ。


SDIM2489
[ SIGMA sd Quattro / 70mm F2.8 DG MACRO | Art ]

この日の最終目標が”娘の回収”ということもあって、気の済むまで遊ばせることはできなかったけれど、途中の車内や家に帰ってからも、「海、たのしかった!」 という次男の言葉は正直な気持ちそのままだと思う。

波打ち際で泳ぐ小魚を虫取り網で獲ろうとして竿が折れたり、虫カゴとして持ってきたアクリルケースで適当に掬ったら、小魚の稚魚みたいなのがたくさん獲れたりとか、本当に楽しかったよね。今年の夏にもう一回来れるかどうかは難しいけれど、またいつか来ようね。できることなら、この日のことをずっと忘れないでほしい。

いつかきみが結婚して子供が生まれたなら、家族でまたここに来るといい。そして思い出してくれたらいいな、この年の8月を。



アクセス
最新記事
最新コメント
月別アーカイブ
カテゴリ
サイト内検索
リンク
Powered By FC2ブログ

今すぐブログを作ろう!

Powered By FC2ブログ

QRコード
QR