dp0 Quattro を最新ファームにアップデートしたら動かなくなった話


SIGMA の dp Quattro シリーズのファームウェア、Ver.2.00 が公開されたということでさっそく適用してみることに。
同時に専用現像ソフトの SIGMA Photo Pro も最新版となり、Version 6.5.3 が正式リリース。

IMG_0418

今回の目玉は、sd Quattro シリーズに実装されている SFDモード。
これは 1回のレリーズで7枚の露出の異なる画像を取得し、専用のRAWデータ(X3Iファイル)を吐き出すというもの。
これにより、ダイナミックレンジが広くかつノイズのない画像を生成することができるということで、
要はHDR撮影のいっちゃんすげえ写真になるぞって機能が dp Quattro シリーズにも使えちゃうってことですね。

dp Quattro シリーズは sd Quattro/H と比べて断然コンパクトで取り回しも良いです。
その物理的な特性を生かして、ちょっと山奥に足を運んで風景写真なんか撮っちゃったりするときにすごく良いはず。
これから1ヶ月くらいは富山も天候が人に優しく緑が美しく映える時期がくるので、久しぶりに dp0 Quattro ちゃんを
持ち出してみますか!

という意気込みでファームウェアのアップデートを敢行ッ・・・!!






IMG_0419

あれ、動かない・・・。

えーとたしかカメラ本体でフォーマット済みのSDカードにアップデートファイルを保存して、いつものようにメニュー画面から
アップデートを選んで実行、ブログ書きながらだったからしばらくほっとけばいいやと思って放置、
さほどの時間も経たないうちに液晶表示を確認したら真っ暗だったので、アップデートが終わったと思って電源入れたよね、
おれ。

んで、アップデートの手順にもあったとおり言語選択画面が出るようになった・・・のはいいけれど、
物理ボタンの操作を一切受け付けなくなった(汗

電池抜いてもダメ、こういうときには何かしらのボタンと同時押しでリセットできたりするものなので、MENUボタンと
電源ボタンを同時押ししてもダメ、いやはやこれちょっと参ったな、アップデートの工程を最初から最後まで見ていなかった
から、ひょっとしたら自分の過失かもしんない。そうなれば有償修理は免れないぞ、これは本当に参った。


その状況を Facebook に投稿したら、知っている dp Quattro ユーザーのほぼ全員がアップデートにはなんら問題がない
様子。むしろその日のうちに SFD モードでめちゃくちゃ綺麗な夜景なんか撮っちゃったりしちゃったりなんかして、
羨ましすぎるにもほどがあるっちゅーの!(苦笑

ただ、お一人様だけ自分と同じような現象に見舞われた方がおられたので、これはと思い静観を決め込むことにしました。

たとえば10人ユーザー仲間がいて、しくじったのがおれだけだったら過失の可能性が高いと思うけど、5~6人ほどの
ユーザー仲間しかいないのに、もう2人見つかってるってことはひょっとしたらひょっとするかもと考えちゃうじゃない?
まずはおれが落ち着け、だ。


そして翌日、公式サイトにファームウェアアップデートサービスの一時中止のアナウンスが。

修正版のファームウェアは28日公開ということですが、おれの場合もうやっちゃってるんでどうすれば?と思って
さっそくカスタマーサービスに電話をしてみたところ、おれが悪あがきでやってみたボタン同時押し作戦が当たらずとも
遠からず、ボタン操作だけで復旧できることが分かりました。

ただ、職場から電話をしたのでカメラが手元になく、復旧できるか試すのは帰宅後になったので、
そりゃもう、早く帰りたくて仕方なかったさ!(ぉ


↓以下、復旧方法です。

① MENUボタンと右ボタンを押しながら電源ボタンを押す。←ちょっと惜しかった(笑
②起動すると通常のライブビュー画面が表示される。
③MENUから設定のリセットへ入って、リセット画面でゴミ箱ボタンを押すと工場リセットモードになる。
④工場出荷時に戻すのか選択を迫られるので震えながら実行ボタンを選択。
⑤自動的に再起動。
⑥再起動に成功したら、MENU画面でファームウェアのバージョンを確認し、Ver.2.00 になっていればOK



ということで、上記のコナミシグマコマンドを入力してみると・・・。

IMG_0426

こいつ、動くぞ・・・!

無事、復旧することができました(嬉

いやー、一時はもうこのまま文鎮化したまま楽しかった思い出とともに封印しようかとも思ったし、このさいだから
dp2 Quattro あたりでも買い足そうかと思ってたんですが、そのどちらを選択せずに済みました。
だって、このカメラの出す色は、これまで見た中で格別に異質なんだもの。

トラブルは起きないことに越したことはないけれど、いざ起きちゃったときのレスポンスの速さって本当大事だよね、
と自戒を込めてこの記事を書いた次第。

SIGMAさんは29日からゴールデンウィークに入られるそうなので、サポートへも電話がつながらなくなります。
同じ症状になっちゃって困ってるという人は上記の方法で復旧を試してみてください。



スポンサーサイト

ダイソーで買ったもの


(こういう小ネタでブログを書こうと思えるようになったってことは、少しは回復してきたのかもしれない)

USBケーブルなんて知らぬ間に増えるものと思っていたら、子供たちがタブレットやゲーム機を自分で扱えるようになった
おかげで消耗が激しくなり、ストックが枯渇してきたのでダイソーに行って買ってくることにしました。

IMG_0408

これはまだ壊れてはいませんが、用途に対して長さが絶対的に足りないのと、いつでもピカピカ光るので交代させようと
思っている週刊アスキー2014年1月28日増刊号の付録だった 『マイクロUSBぴか~るケ~ブル』
夜寝ている間に PlayStation4 のコントローラを充電しておこうとしても、ギンギンに光っているので困ってました。
ただ、子供ウケはかなり良かったです。


IMG_0403

んで、これが買ってきたケーブル。オーソドックスなフツーのUSBケーブル。ただし、50cm じゃやっぱり足りなかったかな。
壊れたら今度は 70cm のを買ってみようっと。


IMG_0404

些細なことなんですが、この USBケーブルの袋にチャックがなっていて、再利用も可能なのが何気にウレシイ。
ケーブルに限らず他の何かを収納しておくのにも便利かもしれません。
ちなみに袋の裏側の右下が透明になっているので、ある程度は中身の確認ができます。


IMG_0412

せっかく来たので衝動的に衝動買いしたのがこれ。懐かしい木製の3Dパズル。
次男が恐竜好きなので、帰ってきたらいっしょに組み立てようと思います。ただし、木工用ボンドは必要かもね。
そういえば娘に学校でボンド使うから貸してと言われてそのまま借りパクされてるんだけど、返してくれないかなあ。

それをさておき、100円で楽しむべ!





鉄と子供


ようやく外で遊べるくらい朝も暖かくなってきたので、近所の公園まで散歩に行ってきました。

これまではずっと家にこもってテレビで YouTube ばかり見てたからね、いくらなんでも不健康やろと。
何が不憫化というと、よその家庭のお子さんたちが新しい玩具で楽しそうに遊ぶ様子を撮った動画を、
うっとりしながら見てるんですよ・・・。

それで遊んだ気になっているならお金がかからなくて良いんだけど、情操教育としてはどうなんだと。
とか言いながら、この記事を書いている今日は雨降りで、隣では次男が YouTube 見てるんだけどね(爆

IMG_0386

大袈裟じゃなく、この一年で脚がずいぶん長くなりました。
履いているシューズがボロボロなのを後で嫁に言ったら、まさかの長男のお下がりだったらしい。
(年が離れているので)12年モノか・・・。

一度修繕したらしいが、ここ最近特にこのシューズが気に入って履くようになり、底が剥がれてきた模様。
なんでも、マジックテープのないタイプなぶん、すぐに履けるから楽なんだそうで。


IMG_0368

場所を移して 『あいの風とやま鉄道』 が目の前を走る様子が間近で見られる公園へ。
ここまでを歩きながら来る間の会話が好きでね。
帰りにいつもの自販機でジュースを買って分け分けしながら歩くのも楽しい(おれが)。

ただ、一部の一方通行区間の交通量が多く、スピードを出すクルマが多いため注意が必要なのと、
公園という名称にはなっているものの、主に公民館を中心とした避難場所として設置されたスペースなので、
外にトイレがないのが難点でしょうか。

おかげで何度も死にかけたことがあります。


さて、この時間は 8:40 東富山駅発の電車(列車番号536M) が通過するころ。
狙ってたわけではありませんが、調べてみると今日は ”とやま絵巻” が運用されているのが分かりました。
というわけで iPhone7 の出番だ。




車体が黒く塗装されているため、次男が ”コーラ電車” と勝手に呼んでいるんですが、昨年の9月に行ったイベントのことを
ちゃんと覚えていてくれてるのがうれしい。

いつか近いうちに富山駅まで往復して帰って来る贅沢な乗り鉄でもしてやろうかな。


IMG_0391

翌日は昼からの出社だったので、またまた同じ公園にやって来ました。
2日も続けて天気が良いとうれしいね。

最近はおままごとが楽しいらしく、拾ってきた枝なんかを使いながら遊んでいます。
これぞ、本来の子供の姿・・・!

コンパクトな公園何ので遊具がちと物足りないですが、このあと保育所へ行かないといけないことを考えると、
稲荷公園でガッツリ遊ばせるのは無茶というもの。
なので、散歩がてらに軽く遊べるこの公園で良いんです。

さて、この日の 536M はクハ412-2 でした。
とやま絵巻はといえば、7:23 に高岡駅を出て、8:18 に黒部駅に到着する 531M として運用に就いているはず。
てことはこの時間なら回送で富山機関区まで戻ってくるころだな。




その読み通りに東富山駅方面からやって来たとやま絵巻。

もっと良い場所で撮れなくもないけど、子供と一緒に見ることが大事なのだ。



蜃気楼を見たかい


晴れた休日には雨晴海岸に行こうと心に決めていたんですが、魚津(逆方向)まで行く用事が出来てしまったので、
その帰りに蜃気楼が見られることで有名な 『海の駅蜃気楼』 へ行ってきました。

IMG_2713

生地方面の目印、生地鼻灯台。

昨年の今ごろに訪れたときにはこの灯台の足元のコンクリートが盛大に歪み、それが蜃気楼だと初めて知った次第。


IMG_2712

水平線を行く船舶も、蜃気楼の出現のときにはその形が大きく歪むと言われてはいるのですが、なんとも変わりがないですねぇ・・・。


IMG_2708

みなとみらいミラージュランドの観覧車。

この日は娘の授業参観の振替休日だったんですが、もはや少学6年生では父親とはつるまないようで、同級生の家に遊びに行くと言ってかまってくれませんでした。
昨年はたしか『のとじま水族館』に行ってきたんだっけ・・・。


IMG_2709

周りのみんなたちは海ばかり見ているけれど、山もきれいだったんだよ!
このあと、思い切って雨晴まで行っちゃうか、常願寺川の河川敷からの富山地鉄、または常願寺川河川敷からの富山空港という選択肢がありましたが、休日のリフレッシュもやり過ぎるとただ疲れるだけということを考える年頃になったので、真っ直ぐ家に帰ることにしました。


IMG_2705

さて、あれに見えるは富山市街方面・・・ていうか、この場所からこの風景を見たの初めてかも!
左の高い建物は上赤江の信開アーバンシティ。その隣には針原のアルペンスタジアム、右端には牛島町のタワー
111(トリプルワン)に北陸電力本社ビルが見える、見えるぞ・・・!


IMG_2703

こちらは神通川の西側、四方(よかた)方面。北陸電力富山火力の煙突の足元には八重津浜海水浴場があります。
昨晩は波が高くてホタルイカは来ないという情報を得たので、結局行かずじまい。


IMG_2721

岩瀬浜海水浴場方面。岩瀬スポーツ公園内にある健康スポーツドームが見えました。
たしか去年、子供たちが家族テニス教室に参加してたっけ。

とか考えつつファインダーを覗いていると、にわかに周囲が色めき立ちはじめました。


IMG_2728

スポーツドームの奥の方には呉羽山丘陵が見えているんですが、写真のような崖のようにはなっておらず、丘陵の名のとおりなだらかな地形が本来の姿をしているはずが、不自然に平行に伸びてます。

”魚津で蜃気楼が見られる” という話だけ聞いて訪れる人が必ず口にするのが、「いつも見ていない景色だから、どう変わったのか分からない」 という台詞です。
おれも、昨年見に来たときには同じことを思いました。

が、この日蜃気楼が出現した方角は、ふだん生活しているエリアがあるので特にその変化には敏感です。


IMG_2731

だって、ほら。富山にあんなに高いビルたくさん建ってないし(ぉ

北陸電力本社ビルの像が伸びているのがはっきり分かるでしょう?
そう、これが蜃気楼なんです。


IMG_2738

ところで、現場はこんな感じでーす。

正午前に着いたときには車がいつもよりちょっと多いくらいで、昨年もいただろうプロの蜃気楼マニアの人たちの姿も
あったので、今日は間違いなく出るんやろなとは思っていたけど、どこで聞きつけたか人が大勢集まって来ました。

中にはやはり蜃気楼というものはどういった見え方をするのか知らないまま来ている人もいたりして、
そういう人がそばにいることに気づいたら、ファインダーを覗いてもらうようにしています。
せっかく遠くから見に来たのに、何が何だか分からないままだと残念だしね。

昨年初めて来たときに周りの人に教えてもらったように、今年はおれが人に教えてあげることにした。
これぞ ”Pay It Forward”―

この日の蜃気楼の出現ランキングは”C判定”。屋外アナウンスまで流れるというスペシャル感(笑
ただし、声のトーンというかテンションがまるで防災放送のようだったことを書き添えておこう。


IMG_2741

摩天楼と化した富山市街。


IMG_2775

子供のころから見上げていた煙突さえもが歪む。


IMG_2743

IMG_2747

IMG_2756

IMG_2765

IMG_2767

IMG_2778

IMG_2781

IMG_2783

IMG_2789

IMG_2799

今日の主役はスポーツドームでしたね。後半像が反転しかけたところなんかは、周囲も騒がしくなり、この日が特別な
日になる感じがしました。


IMG_0381

埋没林博物館前の切符売り場では、蜃気楼を見たという人に認定証を配布しています。おれもすかさず受付まで
もらいに行きましたが、誰もその先の博物館には行かないという(苦笑

それにしても、昨年は家に帰ってからPCのモニターで見て初めて判別できる程度の蜃気楼しか見られなかったのが、
今回は肉眼でもはっきりと分かるような蜃気楼だったので、とてもラッキーでしたね。
明日からはまた天気が崩れるようなので、今日見ることができて本当に良かったと思いました。


今日の判定― ランク C

これでCランだなんて、Aランクの蜃気楼って一体どんなんなんやろうな?


















宮島峡県定公園


カワセミを求めて富山県小矢部市は宮島峡までやって来ました。

ネットで軽く調べた情報ではカワセミのほかヤマセミなんかもいるらしい・・・とは言え何年前の情報かも
分からないので期待半分でクルマを走らせること1時間。

今日こそは逢えるかな、ぼくの幸せの青い鳥・・・。

SDIM0177

桜はもう散っちゃったけど、もう一週間早かったらすごく綺麗だったろうなあ。


IMG_2693

結論から言うとカワセミは見つからず、このキセキレイ一羽くらいしか見当たらなかった。
ただ、ウグイスの囀りやキツツキの出す音が周囲に響いて、水の流れる音とともにとても心地良かったです。

この写真のみ EOS 7D で、あとのは全部 SIGMA sd Quattro の JPEG 撮って出しです。


SDIM0134

一の滝。

5月半ばくらいにもう一度訪れるとしたら、景色もまた違ったものになってるかもしれません。


SDIM0136

SDIM0139

SDIM0141

SDIM0142

SDIM0144

SDIM0146

SDIM0148

SDIM0149

遊歩道を歩き、道なりに階段を登るといきなり大きなケツが見えました(苦笑


SDIM0150

ここもまた、新緑の季節にはもっと生命感に溢れた感じになるんでしょうね・・・。
今回はカワセミ目的で来たので、再訪することがあれば風景写真目的で来てみたいかも。

でも、平日午前中の人気のない空間を独り占めできるのもなかなかオツなもんなんだぜ?


SDIM0178

SDIM0151

この石垣の上は地元では有名な温泉宿、「滝乃荘」。


SDIM0153

SDIM0156

来た道を振り返ると、ますます来年の桜の時期に再訪したくなりました。
今年はなかなか時間が取れなくて近いところしか行けなかったけど、来年あたりに嫁と来れたらいいな。


SDIM0158

SDIM0161

SDIM0164

SDIM0166

二の滝。



SDIM0170

SDIM0171

SDIM0172

山菜なんてどれもこれも色がいっしょだから詳しくないけれど、これだけは分かるゼンマイ(笑
来週、職場の人と山菜採りに行くんだけど、義母が山菜が大好きでね。いつも晩飯のおかずにと刺身を嫁に持たせて
くれているから、そのお礼をしようかと。


SDIM0174

散っていく桜もまた一興。


SDIM0183

そういえばもうすぐ砺波でチューリップフェアやるんだっけ、来るのが一週間遅れていたら渋滞で大変だったかも。


SDIM0186

子撫川に佇む人魚像。

鳥のウンコもろかぶり(


SDIM0185

桜の花びらのエンゲージリング。


SDIM0188

竜宮淵の滝。

ちょうどお昼だったからお腹空いて来ちゃったけど、お弁当持ってくればよかったかも。
誰に急かせれてるわけでもないのに、ここまでサクサク来すぎてしまった。

もう少しのんびり生きなければ。


Horizon Zero Dawn™ のつづき


3月上旬から長男と交代でプレイを始めた PlayStaton4 の”Horizon Zero Dawn™”ですが、1ヶ月もかからずに
クリアしていました。
ラスボスを倒してエンドロールを観終わったあとはまたラスボス戦前に戻るので、一瞬( ゚д゚)ポカーンとなりましたが、
やり残したサブクエストをつぶしていったり、アイテム集めに奔走したりしながらダラダラと遊んでいます。

Horizon Zero Dawn™_20170419232525

んで、未達成だったクエストに絶妙なのを残していたことに気づき、武者震いしているわけです。

というのも、もともと”モンハン”のようなに”狩りをしたい”というイメージでプレイを初めてみたら、ちょっと方向性が
思ってたのと違っていて、意外とストーリー重視のお遣いゲームだったのが、
ここへ来て本当に”狩る”ことに重点をおいたクエストに出くわしたんだもの。


Horizon Zero Dawn™_20170419233059

いわゆるチュートリアル的なものでもあり、プレイを通じて習得したテクニックを駆使して挑戦できる腕試しの
ようなものであり的なイベント、それがこの 『館の武器』 です。

本来ならば、プレイヤーレベルを最大まで上げなくてもトライできるし、半分無敵になれる衣服がない状態で
挑むのが男前ってもんなんでしょうけど、気が付いたらステータスは上げれるとこまでいっちゃってたんで、
ハードルはかなり低くなっているはず・・・と思いきや、これがなかなかの手ごたえ。

その先にはレアアイテムが待っているということなんだけども、ここまで来たらコンプリートしたくなるよね。


Horizon Zero Dawn™_20170419231439

必要はないながらも、衣装は全部揃えた。どこぞの和ゲーみたいに意味のないセクシーコスチュームがないのが
イイね。反面、地味すぎるので達成感はかぎりなく薄い(ぉ


Horizon Zero Dawn™_20170419231531

スキルもMAX。

Horizon Zero Dawn™_20170419231501

もう若くないんで 100%を目指そうとは思いませんし、トロフィーシステムも好きではないので、納得できるところまで
遊んだらやめようかな。






風の強い日に滑走路の見える神通川左岸に行ってきたぞ!


風の強い晴れた休日、予定を変えて富山空港のある神通川河川敷の対岸の土手にやって来ました。
この日の目当ては13時前に到着する予定の中國東方航空の飛行機。
到着した1時間後には上海浦東国際空港へと飛んで行くので、その離発着を撮ろうという算段。

ていうか、自宅で時計を見たらだいたいその時間に飛んで来る飛行機がそれだったから来ただけ(爆

IMG_2618

晴れているとは言えど雲が低めで背景に乏しいので、着陸は土手で撮り、離陸は展望台で撮ろうかなと考えながら
来てみると、空港のフライトスケジュールには載っていなかった中華航空機がいたりして、
一度じっくり見たかっただけに、内心ガッツポーズ。

待てよ、ひょっとしてこのまま待っていれば中國東方航空の飛行機とツーショットが撮れるんでないかい?
と期待に胸を・・・


IMG_2621

膨らませる前にスーッと着陸してきた(苦笑

風が強かったんで、三脚を外に立て、クルマの後部スライドドアを開けて中に腰掛けながら待っていたせいか、
音がほとんど聞こえず気づくのが遅かった・・・。


IMG_2632

しかも、目当てだった中國東方航空に所属の機材ではなく、子会社の上海航空の機材(笑
ちなみに機材番号は B-5269、Boeing 737-76D でした。

尾翼のエンブレムには吉兆を呼び込むとされる白鶴があしらわれていて、富山には来ないけどJAL機と並んだら
面白かったかもね。


IMG_2639

ところで、飛行機だけ見るととても日本の地方空港には見えないんだけど(笑


IMG_2642

どうしよ、空港まで行って展望台から撮るか、このまま待つか悩むところ。


IMG_2643

さて、その中華航空機がおもむろに滑走路へ。機材番号はB-18615、Boeing 737-809。
出発予定時刻を押さえていないだけに、下手に移動しなくて正解だったパターンだったね。


IMG_2644

滑走路山側へと向かう中華航空機、そして上海航空機の束の間の邂逅―。


IMG_2648

風向きを読まなかったけど、そっちへ行くってことはいつものように海側へ飛ぶつもりなんだね。


IMG_2651

IMG_2653

方向転換をして、ここから加速・・・。


IMG_2659

んん? ここまで来てもまだゆっくりだな。


IMG_2663

あー、やっぱり風向きか。

前回右岸側で撮ったときと同じように山側へ飛ぶのね。
てことは、展望台から撮ったほうが迫力が出たかも。まあ、移動時間的に間に合わないから仕方ないけど。


IMG_2671

あらためてこの空港施設を見てみると、いくら土手を挟んでるからといっても、すぐそばに民家があるという(驚
望遠レンズの圧縮効果で誇張はされていますが、本当に滑走路から民家までが近い。








IMG_2681

さて、離陸の写真は撮影ポジションが仇となって失敗したので、代わりにヘリコプターを撮っておきました。
てっきり東邦航空の観測機かと思ってたんですが、よく見たら長岡赤十字病院のドクターヘリとして運用されている、
静岡エアコミュータ AgustaWestland AW109 (JA70RC)。

静岡で長岡で富山・・・ってわけわかめですが、何気に3月29日に新潟県では2機目のドクターヘリとして運航開始した
ばかりということで、珍しいもの見れたかも。特に緊急事態というふうではなかったのが良かったです。



稲荷公園に行ってきた


4月に入ってからしばらくの間はずっと天気が悪く、桜を観に行くどころか子供と公園で遊べない日が続いていて、
子供よりもむしろおれの方がストレス溜まってました。

久しぶりに天気の良かったこの日、次男を保育所から回収したのち、稲荷公園までやって来たさ!
途中にあるマックでトミカが貰えるハッピーセットも買ってな(ぉ

ちなみに次男が欲しがっていたハシゴ消防車にはひとかすりもせず、ふたつ買ったのにロータス・エキシージがダブる
というオチ。まあ、それはそれで公園の遊具の上を転がして競争させたりとか、かえって楽しむことができたかも。

IMG_0267

おれは昼ご飯を食べ損ねていたので、チーズバーガーとナゲットを。次男は以前からポテトが食いたいとうるさかったので、
ポテトのSサイズをふたつ。


IMG_0269

散ってしまう前に桜を見ることができてよかったけど、今年も散るの早かったなあ。


IMG_0268

野鳥の巣にもなっているモニュメント。


IMG_0270

季節が変わって陽も永くなってきたおかげで、久しぶりにたっぷりと遊ぶことができました。



その翌々日、昼からの出社だったので、保育所が休みの次男を連れてふたたぶ稲荷公園へ。
嫁からは「ラーメンを作るから」と釘を刺されていたので、マックはなし(苦笑




前回来た時はBB弾をしこたま拾わされたけど、今日はどんぐりですかそうですか。


IMG_0299

明るい陽射しの中で見る桜はやっぱり格別だね。


IMG_0296

この公園に来ると、必ずマウンテンデューを飲むんですが、ふと成分表を見て戦慄をおぼえたぜ・・・。
保存料に安息香酸ナトリウム、かつカフェインも入ってるんだぜ、この飲み物!
ってことは大物歌手が覚せい剤の代用としていた”アンナカ”そのものじゃねーか!!

もともと清涼飲料水の保存料として使われているらしいけど、まさかここで目にすることになるとは。

でも、美味しいしレッドブルより頭スッキリするんだよね(ぉ




さて、この稲荷公園。近くに「富山地鉄」の駅と「あいの風とやま鉄道」の踏切があるおかげで、ひっきりなしに警報機が鳴って
クソうるさい時間帯があるのが欠点でもあります。また、北陸新幹線の高架が真上にあったりもして、
訪れたのは日曜の昼前なんだけど、近所に住んでる人は大変だろうなあ・・・。




とか言いながら、帰り際に貨物列車を動画で撮ってみたぞ!
子供を連れていなければ車道の向こう側で撮りたかったけど、まあいいや。

この区間は軽くカーブしていて、しかも踏切そばには電車を撮るには絶好のポジションとも言うべきスペースがあり、
一度は撮ってみたいと思っているんですが、まだ実現していません。


さておき、次はいつ来れるかな。

お兄ちゃんもお姉ちゃんも外で一緒に遊んでくれなくなったから、おまえだけが頼りなんだ。


中島閘門の桜並木のライトアップ


前回までのあらすじ―

仕事の疲れによる判断ミスからのトラブル連鎖という悪循環から、少し心を病みそうになったむっちーだったが、そんなダンナの表情を見た嫁の提案で 『富岩運河環水公園』 の上流にある 『中島閘門』 の桜のライトアップに行ったのだった・・・。

IMG_0277
[ Apple / iPhone7 ]

暗い場所ではいろいろと判断が鈍くなるので、夜景撮影なんてしたいとも思わないんですけど、
いやはや参った。近所にこんな美しい場所があっただなんて。

・・・と思ったら、ライトアップは今年初めてだとのこと(苦笑

日赤の前の道を海側にひたすら走って突き当たりにこの 『中島閘門』 があるんですが、よく考えたら先月ジェットダイスケ
さんを八重津浜まで案内したときにここ通ったわ。
昼間には殺風景な場所だと思って完全にスルーしてたけど、桜の季節にはこんなんになるのね。

しかも、この時期8号線で神通川を渡るときには必ず目にしていた桜並木、工場の敷地内とずっと思っていたから、
散策できるだなんて考えもしなかったな。


IMG_2590
[ Canon EOS 7D / EF100mm F2.8L MACRO IS USM ]

急いていた気持ちが、少しずつ緩やかになっていく。


IMG_2602
[ Canon EOS 7D / EF100mm F2.8L MACRO IS USM ]

桜の撮影って実は昼間でもすごく難しく、イメージ通りにならないことこの上ないんですけど、
それをさらに夜に撮るだなんて。


IMG_2577
[ Canon EOS 7D / EF100mm F2.8L MACRO IS USM ]

IMG_2574
[ Canon EOS 7D / EF100mm F2.8L MACRO IS USM ]

IMG_2579
[ Canon EOS 7D / EF100mm F2.8L MACRO IS USM ]

IMG_2583
[ Canon EOS 7D / EF100mm F2.8L MACRO IS USM ]

IMG_2591
[ Canon EOS 7D / EF100mm F2.8L MACRO IS USM ]

IMG_2594
[ Canon EOS 7D / EF100mm F2.8L MACRO IS USM ]

IMG_2599
[ Canon EOS 7D / EF100mm F2.8L MACRO IS USM ]

22:00 を少し過ぎてライトアップが一斉に切れたけど、面白かったなあ。

来年もここに来よう、今度は昼間に。




富山ライトレール 城川原駅~蓮町駅間


富山市内の桜も葉っぱがだいぶ目立つようになってきました。
ここ数日はずっと天気も悪く、多少の雨なら、と思うおれでも外に出かけたくならない日が続いていたので、
この時期になってようやく桜を愛でることができたという。

IMG_2561-2

今日訪れたのは、小学校3年生から中学校2年生くらいまでの間生活していた地域の線路を挟んで東側です。
下を流れるのは富岩運河です。

毎年咲く桜だけれど、なかなかのんびりと時間をかけて眺めることができなくて、この日も後から職場へ呼び出しを食らい、
その途中でスピード超過の違反切符を切られるなど、心の中もずっとザワザワしっぱなしでした。

おれはただ、天気の良い日にのんびりと綺麗な景色を眺めながら過ごして、心をリセットしたいだけなのに。
疲れを引きずったままの心では、ブログを書いていても楽しくないのでしばらく間を置こうと ”隔週刊” としてはみたけれど、
なかなか抜け出せそうにないみたい。

青空があるから外に出たくなる、綺麗な桜が咲くから見たくなる。そのどちらもなければ、何もやきもきすることないのに。


SIGMA sd Quattro Firmware Ver.1.04


sd Quattro のファームウェアのバージョンが上がったということで、さっそく適用してみました。

わりと天邪鬼な性格なので、こういうものにも即座に対応しないほうなんですが、今回のアップデート
内容が何気にかなりアツかったので観念して(ry

詳しい内容は公式サイトに書いてありますが、ユーザーのほとんどの人がまんべんなく享受できる
のは、まさに ”Contemporary 、Art、SportsラインのSGVレンズ使用時のAF速度を約10%~30%
高速化し、合焦精度の向上を図りました。” これに尽きるのではないかと。

記録フォーマットが DNG に対応したこともちょっとしたトピックでしたが、TIFF からの JPEG 出力に
なんら不満がないからなあ・・・みたいな。

というわけで、仕事の合間に近所の海で試写してきました。
使用したレンズはいつもの 50-100mm F1.8 DC HSM | Art でございます。

SDIM0118

縦持ちでフォーカスエリアを鯉のぼりに合わせて撮ってみただけですが、体感ではっきり分かる
くらいに”AF速度”が上がっていました。
まあ、こんな被写体ならばフォーカスが早いも遅いも関係なく、むしろMFでも良いくらいなんですが。


SDIM0120

ちなみに今回はちょっと思うところがあって、ブルーを意識して仕上げています。


SDIM0121

~からの、モノクロ!(爆

いや、これの何がどうかと言うと、これまでは飛翔している海鳥をファインダー越しに追うことなんて
できなかったんですよ!

それが普通に”このカメラで”できてしまう。


SDIM0125

この日見かけたのはユリカモメ。頭が黒いのは夏羽に換わった証拠。
被写体がブレているのはシャッタースピードを考えずに流し撮りしたからなので、精度とかの問題では有馬記念。


SDIM0124

海に来たら必ず撮りたくなるのが漂流物。ただし、あまりウケはよくありません。


SDIM0127

SDIM0129

帰りにそのへんに転がっていた、形の良い石を持ち帰って次男へのお土産にしました。
家に着くころにはもう寝てしまっていたので、机の上に無造作に置いておいたら翌朝すぐに見つけて
くれた。こういう嗜好は、やっぱり遺伝するのかなあ。

そういえば長男も石が大好きで、何かのときに科学博物館で瑪瑙(めのう)の塊を買わされたことがあったっけ。


SDIM0128

SDIM0133

気がつけばもう四月。

月末には蜃気楼も見られるようになるはず。


仕事でこの土地に来たばかりのころは、ここがそんなに好きではなかったけれど、今では思い入れの
深い好きな場所になったと思う。
自分を知ってくれる人が一人でもいてくれると、離れるときがいつか来るのが寂しく感じられる。


どうしてだろう、それほど他人にも自分自身にさえも興味や関心がなかったはずなのに。



富山県立近代美術館


昨年の12月28日をもって閉館、富山駅北の環水公園近くに 『富山県美術館』 として新築・移転した
『県立近代美術館』 の旧館の様子を見てきました。

SDIM0107

まあ、すぐそばには富山市科学博物館という子供にも人気の施設があるし、そうそう雑に放ってはおかれていない
様子に安心しました。でもそのうち解体工事とか始まるんでしょうかね。

ちなみに新館のほうは3月25日に一部の設備のみオープンしたばかりで、 4月29日には屋上の公園が公開される
予定となっていて、こちらは我が家の子供たちも楽しみにしているところです。


SDIM0108

もともと外から中が見えない建物だっただけに、まるでこれまでと変わらないように見えました。


SDIM0113

案内看板には色褪せた ”閉館・移転” の案内が。

ところで、以前金沢21世紀美術館で編み出した、”絶対撮影者が映り込むはずのシチュエーションなのに自分の姿を
見えなくする撮影方法” ―名付けて ”ニンジャ” を今回久しぶりにやってみたんですが、風が強くてちょっと失敗しました。


SDIM0116

水が入らなくなってずいぶん経つこの噴水も、好きだったなあ。


SDIM0117

カーテンの隙間から中の灯りを見ることができました。駐車場にはなにかしらの業者の車が停まっていたので、
少しずつ終息に向けて動いているところなのでしょうか。

風の強い日に滑走路の見える神通川右岸に行ってきたぞ!


富山空港を離発着する飛行機の撮影場所といえば、素直に空港の展望台に行くか(ふつうに撮りやすい)、
神通川左岸の土手(立山連峰を背景に入れるならマスト)か河川敷が定番といえば定番ですが、
慣れてくるともっと迫力のある構図が欲しくなるのもの。

IMG_2443

と、いうわけで、以前から気になっていたエリアに足を運んでみました。

横綱不在・・・ ノー・スモーキング、な-んてな。


IMG_2445

場所は神通川右岸にある「空港スポーツ緑地」と呼ばれる公園から歩いて行ける側道。
こんなところを EOS 7D と SIGMA C150-600mm を抱えて歩いていれば、いかにも飛行機を撮りに来たとしか
見えないらしく、近所に40年くらい住んでいるというおじさんに、とても親切に撮影可能な場所を教えてもらいました。

ていうか、こんな場所でも河口から 12km しかないのかよ・・・(驚)


IMG_2449

おじさんの言葉通りに土手に上がってみると、そこは滑走路の北端、ランウェイ・・・なんだっけ?
通常はここをめがけて飛行機がアプローチをし、離陸する飛行機もここへ向かって頭上を越えてくるはず。


IMG_2450

朝日航洋 所属の エアバス AS350 (JA6516)。


IMG_2452

あれに見えるは北陸自動車道。この上空をビャーっと飛ぶ&降りてくる飛行機をダイナミックに撮りたいのねん。
ちなみに何年か前にここを走行中に滑走路へと降りてくる飛行機が頭上を越えて行ったことがあって、
正直ションベンちびりそうになりました。


IMG_2453

余談ですがこのランプ、こんな高い所にあるのに消耗したときはどうやって交換するんだろうって思ったけど、
悩むまでもなく北陸道側から交換できるんだよね。

なあんだ、そっかー。あははははははは


IMG_2457

さておき、この撮影スポットの致命的な弱点といえば空港のエプロンがほとんど見えないため、
発着時の動きが分かりにくいことです。

電車と違って飛行機の定時運行ってほとんどないからね、のんびり構えるしかありません。


IMG_2458

さいわい、尾翼が見えたのでだいたいの距離感はつかめました。


IMG_2459

このあと南側でターンして・・・


IMG_2461

じゃなくて、こっち来るのかよ!


IMG_2464

どうやら南風が強いので、今回はいつもの海側へではなく山側へ飛ぶようです。
たまに話には聞いていたけど、実際に見るのはこれが初めて。

このときの風速は、秒速 8m。年を重ねて減ってきたペッタンコの髪の毛にパーマがかかるくらいに強い風です。


IMG_2468

Boeing 737-881 (JA74AN)

羽田から飛んで来た NH315 が、新千歳へと向かう NH1181 になった機材でございます。
このあとには台北からのチャイナエアライン、CI170 が着陸するはずですが、何気に時間ギリギリ。


IMG_2481

いちどこの構図で飛行機撮りたかったので感無量―。
ちなみに手持ちです。


IMG_2479

この状態から、あまりの風の強さに機長が離陸のタイミングを見計らっているのか、数分間動きませんでした。


IMG_2483

意を決してテイク・アウト!・・・じゃなくて、テイク・オフ!!

強烈な向かい風なので、かなり低速に浮き上がるのが面白かったですが、乗客は大変だったろうなあ。


IMG_2492

これまでのどの撮影位置でも撮ることのできない構図から、富山空港を飛び立つ飛行機を撮ることができて良かった!
帰りにあのおじさんにお礼言わなきゃ。


IMG_2500

ぐいーん。

羽田へ向かうにはこの山を越えていくと思うんですが、この便は新千歳行きなので旋回していました。
これがいわゆる ”ヒネリ” というやつか。


IMG_2510

直後に、海側から機影が。

チャイナエアライン の機体だと思いますが、本当に高速道路の直上を飛んでくるでしょ?(笑


IMG_2521

Boeing 737-8Q8 (B-18653)


IMG_2525

この塗装がけっこう好きなんですよね。


IMG_2532

さあ、向かい風の中をアプローチ。


IMG_2534

IMG_2542

IMG_2545

ランディング!

いやあ、良い写真撮れたね~(自画自賛)
主翼のブレーキがまたカッコよくてね、この角度から見たかったんだよね。




IMG_2554

さて、天候もそんなに良くなかったので下見のつもりがけっこうな撮れ高だったので、満足して帰る途中に
ジョウビタキを見かけました。

あと、ツバメがもう飛んでましたね。


IMG_2556

飛行機も鳥も、いくら見ても飽きないなあ。





最新記事
最新コメント
月別アーカイブ
カテゴリ
α7 (6)
みんぽす
モノフェローズに参加しています
サイト内検索
リンク
Powered By FC2ブログ

今すぐブログを作ろう!

Powered By FC2ブログ

QRコード
QR