42


嫁がコンビニで買ってきてくれてた誕生日のケーキは、帰りが遅くなって当日に食べられなかった
ので、翌日に朝ごはん代わりに食べました。

註:ちゃんとしたのはバレンタインにかこつけて先に消化済み

DSC03026-2

その後、久しぶりに天気が良かったのと、出社までまだ時間があったので、次男を連れて近所の
公園まで散歩をすることに。

2月はなかなか自分のペースで過ごすことができなくて疲労が抜けず、いよいよ病むかと思いました。
子供たちとの散歩というのは、自分にとって絶対無二に自分を信頼してくれる存在と同じ時間を過ごす
貴重なものだったのが、休日といえどそれすらもままならないくらいに塞ぎ込んでた気がする。

そんな散歩の途中でも、次男の存在が遠く感じるような、どこか上の空のように感じる瞬間があって、
思わずおれのほうから手をつないだ。

訪れた公園のすぐそばを走る、あいの風富山鉄道の線路を不意を突くように走って来た”とやま絵巻”、
回送幕だったので後で調べてみると、黒部駅から戻って来たところなんだね。
8時18分に黒部駅終点の 425M は、8時40分ごろには近所の公園前を通過して富山機関区に帰る、
覚えておくぞ(

回送だったせいか、やたらゆっくりと走って来たので、次男も大喜びだったのが良かったな。
また乗りたいって言ってたけど、今父ちゃんが無性に乗りたいのは富山地鉄なんだ・・・。

そんな誕生日の翌朝。



5日なんてあっという間に過ぎるし、60日もまあなんだかんだと気がついたら経ってるし、あとは300日
さえササッと行ってくれたら厄年も終わるんだよなあ。

ただ、なにごとも厄年の所為にはしたくないよね。


スポンサーサイト

WALKMAN A35 ver.1.10


ウォークマン「WM1」「A30」、タッチパネル反応向上アップデート【動画アリ】 - Phile web

発売して即買ったウォークマン、NW-A35 がまさかの英語表示モデルだったわけですが、
オーディオ機器を操作することができる人間ならば大概困らない程度の単語しか表示されないわけで、
実使用には差し支えない上にちょっと珍しいし、音も前モデルと比べてとても良くなっているのため、
メーカー送りにせずにそのまま使っていました。

・・・が、やっぱりタッチ操作でのもたつきや、肝心なときに反応が鈍いことがあったりしてちょっと
ストレスを感じ始めていたのと、もともとの体の疲れから環境音以外は耳にしたくない精神状態になって
いたこともあり、今年に入ってからはほとんど使っていなかったところへ、前向きな感じのアップデートが
降ってきたらしいぞ、と。

DSC03024

ライムグリーン限定?とも言われる英語表示問題が、こうしたアップデートで解消されるかもしれないのは
正直”痛い”とは思いましたが、もしそうなってもブログのネタになるし、ならなくてもネタになるので、
ここは大人しく快適に使えるようになることに希望を託してアップデートを敢行しました。

ちなみに、冷静に公式アナウンスを待ってから適用する人とは異なり、ダウンロード出来次第即突っ込んだぜ!

座右の銘は、引き金を引く時はためらわない、です(ぉ


DSC03025

無事、何事もなくアップデートが適用され、英語表示もそのままに、見事ヌルヌルサクサクの快適
レスポンスになったでござるの巻。

まあ、ネタとしては面白くないオチではありましたが、これでまたクルマに持ち込んで通勤のお供に
したくなりましたね。アップデートはまだの方は、是非。


入れて初めて分かるこの気持ち良さ、もう病みつきです。


R.P.D Vol.3 ~覚え書き、比較篇~


トレンドのパーツを集めて最新スペックのマシンを組み上げるのも楽しいとは思いますが、
いかんせんコスパも微妙だし、そりゃ最新なら処理スピードも速くて当たり前なので、
ぶっちゃけ面白くないです(ぉ

なので、あえて古いメーカー品のパソコンをベースに様々な制約を受けながら能力を上げていく
のが楽しいんです。レース用のエンジンを積んだトラクターでカマロを追い回すことにロマンを感じ
るように・・・。

さて、そんなポエムはどうでもいいとして、部屋の掃除がてらに埃だらけになっていたメインPCの
クリーニングをしたついでに、2013年10月以降チェックしていない中身を確認してみました。

DSC03011

貰いものの NEC製のデスクトップパソコン、PC-VL500/LG を素体とし、CドライブをSSD化、
内蔵のDVD/CDドライブはBlu-rayドライブ(外付けドライブの中身を引っこ抜いたやつ)へと交換、
従来のHDDがあったスペースにはDドライブとして Seagate の ST31000524AS(1TB SATA600 7200)
を格納しています・・・が、このDドライブはほとんど使っておらず、写真データの保存には外付けの
ドライブを利用しているのが実情。


DSC03016

SAMSUNG製 120GB SSD、840 EVO。搭載にはPCIスロット型のダミーマウントを利用しています。
現時点では84%を使用中で、けっこうカツカツな容量なのが最近の悩み・・・。
この真下にはRATOC製のSATAボード REX-PE6S を設置していて、チップセット上に2つしか
なかった SATAインタフェースを増設してあります。
余談ですが、玄人志向製の同じ用途のインターフェースボードが手元にあるんだけど、なぜだか
記憶にありません。


DSC03017

Blu-ray ドライブ。ほとんどメディアのコピーをしないので、使用頻度がかなり少ないです。
もう外しちゃって 余ったHDDでも突っ込んでおきたいところ。
下のメッシュの部分にはDドライブが隠れています。


DSC03012

こちらは富士通の FMVCE50Y9。チップセットは違えど、CPUは上記の PC-VL500G と同じ。
サイズ的にはちょっとだけコンパクトな感じですね。内部のスペースにもゆとりがあって、通気性
が良さそうです。


DSC03022

メモリは PC2-5300 ということで、PC-VL500/LGに乗っけてるものとの流用も利くのでラッキー。


DSC03019

ただ、ちょっとした懸案事項なのがこの部分。
PC-VL500/LG の PCIバスはハーフ、PCI Express x1 のハーフ、PCI Express x16 のそれぞれ一つ
ずつとなっているのに対し、FMVCE50Y9 PCIバスのハーフが一つと、PCI EXpress x16 が一つしか
ありません。また、チップセット上のSATAインターフェースもイッキ飲み1基のみしかなく、
PC-LV500/LG で使っているものをそのまま移植するのは難しそうです。


DSC03023

コンパクトにまとめつつ、メンテナンス性に優れたインターフェースはきらいじゃないんだけどなあ。
ビデオカードの装着は必須として、Dドライブを諦めて内蔵させるのはSSDのCドライブのみ、という
割り切りが必要かと。

にんともかんとも、ニンニン。



R.P.D Vol.2 ~FMVCE50Y9篇~


自分用メモ。

富士通 デスクトップPC FMVCE50Y9 (2007年12月21日発売モデル)

*現在使用中のNEC PC-VL500LG は2008年モデル・・・。これが壊れたときのバックアップ用途。
放熱性はNECより良さげ。光出力端子付なのがステキ。ビデオカードもRAMも流用可。
ストレージはFMVEK30Uに載せたSSD(240GB)を移植予定。
ところで、OSの認証大丈夫やろか・・・。

OS: Windows Vista Home Premium (Office Personal 2007)
CPU: Intel Core 2 Duo E4500 2.20GHz
M/B: Intel G965 Express Chipset
RAM: 2GB(1GB×2)(デュアルチャネル対応DDR2 SDRAM、PC2-5300対応) 最大4MB
Graphics: Intel GMA X3000(強化可能なPCI Express x16スロットを搭載)
HDD: Seagate ST3320820AS ”Barracuda” 320GB SATA300 7200rpm
DVD/CD: Hitachi-LG Data Storage.Inc. GSA-H60N SATA
I/F: ①PC Card Standard準拠(TYPE I/II×1スロット) CardBus対応②メモリースロット③USB2.0x6
④光デジタルオーディオ出力端子(角形)

■参考資料

FMV-DESKPOWER CE50Y9 - FMVサポート

チップセット黒歴史 前世代にも劣るIntel G965のGPU - ASCII.jp


イルカはいるか?


数日前に伏木港のあたりにイルカが出没したという話を聞いて、ちょっとドライブがてら万葉埠頭
まで行って来ました。

IMG_1742

と言っても土地勘がないので、周辺をぐるぐる回っているうちに、ふと鉄分が目に留まりました。
JR氷見線は伏木駅そばの貨物ヤードにいたこのディーゼル機関車は”ケキ102” と言って、
かつては2005年ごろまで茨城交通のひたちなか海浜鉄道湊線を走っていた車両だそうで。

銀雪の中に現われたケキ102 - SLIPSCAPE.com


IMG_1744

現存するディーゼル機関車としては珍しい、と言われるロッド駆動の足回りを今も残す貴重な車両
のようですね。気まぐれに遠出していきなりすごいの撮っちゃったかも!


IMG_1754

さて、主目的だったイルカは結局見つからず・・・(苦笑
もとよりきちんと情報を整理しないまま飛び出して来たから仕方ないっちゃ仕方ない。

ちなみにこの写真の撮影場所は、源義経が奥州に落ち延びる際に舎弟の弁慶にボコられた
という逸話の残る 『如意の渡し』 でした。
銅像があるとのとこでしたが、気がつかなかったところをみると撤去されたのかもしれません。


IMG_1755

伏木税関支署所属の監視艇、「たてやま」 がちょうど接岸するところに遭遇。
立入禁止区域も多いエリアなだけに、散歩がてらに撮るのも憚られそうな雰囲気を感じなくもない
ので、このまま帰途につくことにしました。


IMG_1822

途中、せっかく家からサンドイッチを持って来ていたこともあって、海王丸パークに寄り道することに。
ちょうど明日からは姉妹船の日本丸が停留している横浜で CP+ が開催されるんですってね(


IMG_1761

BankART Studio NYK で同時開催の 『御苗場vol20 横浜』 の”ブースNo.184” もお忘れなく!


IMG_1764

ウミネコの若鳥かな?


IMG_1769

クルマも女も船も、ケツのラインがすべてだと思います。


IMG_1771

・・・って、アオサギ先輩がゆってた。


IMG_1785

みんな、スマホの画面ばかり見つめてないでもっと周りを見ればいいのに。
(ポケゴー目当ての人多かったっす・・・)
とか言いつつ、ベンチでサンドイッチ食いながらミニリュウ捕まえてたけどな(ぉ


IMG_1792

これでも天気はよく持ったほうで、立山連峰がそこそこ綺麗に見えた。


IMG_1794

人はなぜ猫を撮るのか。―そこに猫がいるから―


IMG_1798

絶対コレにつかまって立ちバックでアオカンしてるバカップルとかいそうだよな、と思うくらいには
心が汚れています。


IMG_1799

さておき、せっかくここまで来たので、万葉線を走る”ドラえもんトラム”を撮ろうと思っていたんですが、
そもそもここに来るときの踏切で目の前を通過して行くのを動画で撮るのが精いっぱい。
折り返して来るのを待つ手もあったけど、路線表や時刻表を見るのがめんどくさくて行き当たりばったり
を選んだ。


IMG_1801

青空があれば映えるのに、と願いつつ電車が来るのを待つのが実は楽しかったりする。
ありのままに抗ってどうなるというのだろうか。


IMG_1817

万葉線 デ7073号。

加越能鉄道時代(40年くらい前)の塗装に塗り替えられたそうですが、笑っちゃいけないのが
この汚れっぷりは、なんと ”ウェザリング塗装” なんです。

なんでも、2017年秋公開予定の映画、 『ナラタージュ』 の撮影のためだそうで、気まぐれに遠出
していきなりすごいの撮っちゃったかも!(本日二回目)

リバイバルカラーの万葉線7073号を見る。 - 鉄道ホビダス


久しぶりに富山県西部まで足を延ばしてみたけれど、なかなか面白かったな。
もっと天気が良ければ、雨晴海岸から立山連峰をバックにズドンと女岩(めいわ)を撮ってみたい
のよね。

あと、キハ40・・・。










R.P.D (リユース・パソコン・ダイスキ)


一眼レフで撮った写真の現像やらブログ投稿で使っているメインPCですらCPUが Core 2 Duo
E4500 2.20GHz かつRAMは2GBで、ストレージはサムソン製のSSD、840EVO 120GB という
むっちーです、こんばんは。

ちなみに素体にはNECのデスクトップ、貰いもののPC-VL500LGを使用、これをベースに
グラボ交換とかメモリ増設とかしながら、気がつけばかれこれ4年近く使っていますが、
まあ、そんなに不満はないっすね。

NECのいわゆるネットブック、PC-BL350LS6Wを友人から譲ってもらって触るようになってから、
にわかに”オールドPCを現役に使えるようにする遊び”が再燃し、今年の初めごろに貰ってきた
まま放置中だった富士通のモニタ一体型PC、FMVEK30Uを弄ってみたくなりました。

ほら、最速のCPUとRAMを積んで大容量のストレージを搭載した最新モデルだって3ヶ月もすれ
ば型遅れじゃん?だったら、10年はいかないまでもそこそこ古いパソコンを使えるようにするほう
が楽しいかなと思って(

DSC02988

というわけで、FMVEK30Uでございます。2007年1月プレス発表だそうな。
オリジナルはWindows Vista Basic 搭載。前オーナーさんはパソコンが苦手で、買ったはいいが
ほとんど使わずに放置していたらしく、外観もキレイ。

何より、液晶ディスプレイの映りが新品かと思うほどで、だからこそ捨てずに貰って来ちゃったという。


スペックを整理すると、CPUはCeleron M 410 1.46Ghz、RAMは最大2GBまでのところを512GB。
HDDはSATA 7200rpm、17インチの液晶ディスプレイ一体型&CD/DVDドライブも搭載しています。
過去にPC98 CanBe ユーザーだったこともあって、一体型のパソコンって好きなんですよね。

で、今回はそのEK30Uに”Ubuntu”なるLinuxディストリビューション(Windowsよりも軽快に動くらしい)
をインストールして、ちょっとしたインターネッツくらいはできるようにしたいというのが目当て。

その作戦のために用意したのは、他でもない日本語版Ubuntu のISOイメージ。

Ubuntu Desktop 日本語 Remixのダウンロード - Ubuntu Japanese Team

Celeron は Intel 系のCPUなので、↑の、Ubuntu 14.04 LTS 32bit版(i386) を選択しました。
(今思えばあまり関係なかったかもしれませんが)
んで、そのISOイメージをDVDに書きこむために、同サイトで紹介されている DeepBurner という
ライティングソフトをインストール&使用しました。

さて、実はここからが予想外に長い道のりとなってしまい、予定では午前中の2~3時間でさっくりと
終わらせて快適なオールドPCライフを堪能するはずが、なんだかんだと夕方までかかってしまい、
作業を進めながら考えていたブログの内容も一旦リセットするはめに(苦笑


DSC02990

いきなりですが、オリジナルのHDDです。SATA接続で7200rpm というわりに読み込みが遅く、
しょっちゅうカリカリ音がするので、外しちゃいました。
いちおうこれにも Ubuntu をインストールしたんですが、ブラウザが開くまでちょっと待たされる
ため、他のドライブに交換して仕切り直すことに。


DSC02994

で、取り出したるは押し入れで眠っていた東芝製の2.5インチHDD、MK3252GSX。320GBですた。
これは回転数が前出のものより遅い5400rpmで、やはり動作が遅いため諦めました。
まあ、これをやり始める前に絶対避けておこうと思っていたけど、やるしかないのか・・・。


DSC02995

またしても、SSD投入!(今月2個目)
前回、ネットブック用に買った Crucial 製のはまったく快調そのもので、不満もないんですが、
また同じものを買うのも面白くないため、今回は気分で SanDisk 製のを購入。

どうせメインPCのストレージも120GBしかないわけだし、この作戦に飽きたらクローン化して
再利用すればいいだけだしね。


DSC02991

というわけで、EK30Uをさっくりと分解。と言ってもビス2本外すだけでここまで開くという・・・。


DSC02993

ついでにM/Bをじっくり眺めてみます。”GIGABYTE”って書いてあった!
それから、RAMの仕様もチェック・・・。「PC2-5300S 512MB」かー、暇なときに1GBを2枚探して
挿してみよっかな。

あと、おれはやらないけど、CPUを上位機種と同じ Core 2 Duo T5500 1.66GHz に交換とか
しようとしてる人もいたみたい。


DSC02998

寄り道を切り上げて、本題へと移ります。買ってきたSSDにマウントケースを付けてさっそく設置。
緑の樹脂のパーツのおかげで交換が非常に楽でした。これ考えた人ほんと賢い!


DSC02999

廃線配線を元に戻します。オリジナルのSATAケーブルが赤色だったんですが、ストレージ側が
L字型になっていて差し込みにくかったんで、ストレートタイプのケーブルを用意しました。


DSC03001

ISOイメージを書き込んだDVDを入れて起動すると、さっそくセットアップが始まります。
事前に BIOS画面 でブートドライブの優先順位を 「CD/DVD」 を先頭にしておくと良いですぞ。


DSC03003

さっそくインストールしまーす。
ちなみに、Ubuntu のハードウェア構成の条件として、Pentium M や Celeron M といった一部の
CPU を搭載したマシンにはインストールできないという情報を先に掴んでいたため、
チェック回避コマンドを入力してセットアップ作業を進めたものの、最終的にはうまくいきません
でした。

Ubuntu のインストールが無事終わった、と思ってブラウザを起動しようとしたら即ブラックアウト、
それから数時間のあいだずっとディスクを読み込んでいる状態だったので、強制的にディスクを
排出して再起動してみたら、なぜかまた オリジナルのWindows Vista のデスクトップ画面と再会
しちゃいました。

なので、次からは普通にセットアップしてみたという。


DSC03004

はいはいー、空き容量ならなんぼでもあるよーと返事をしながらリターンキーを押す(笑
このシークエンスではもたつくことが多いですが、おそらくディスクドライブの性能かと。
より高速な光学ディスクドライブに換装していれば快適に作業が進んだかもしれませんが、
そもそもOSのインストールぐらいにしか使う用途がないので、ちょっとだけ我慢します。


DSC03005

まっさらなSSDにインストールするので、迷うことはありません。
下の項目は意味がよくわからなかったのと、どっちみち遊びなので細かい設定はスルーしま
した。


DSC03007

個人的にちょっとウケたのが、このPC-98XX系の日本語入力選択(笑
そういえば、今でも工場なんかで PC-98が現役って話を聞いたことがあるけど、そういうこと
なのかな。


DSC03008

ここまで来れば、あとはもう終わるのを待つだけ。
動作環境としては最低ラインのスペックのPCがベースなだけに、どこまで動かせるか楽しみ♪


DSC03009

無事、セットアップ完了!

ブラウザはメインマシンよりちょっと遅いと感じるくらいなのと、Office スイートである Libre Office
がプリインストールされているのが地味にうれしかったです。
勤め先で同じソフトを使わされているので、何かと重宝しそうな予感・・・。


さてさて、これですべてが終わったわけではなく、このあとも関連情報を仕入れながら、使いやすい
環境を整えていくつもりです。アイコンはあるけれど起動しないものもいくつかあるし、
使い方を覚えるつもりでいろいろ設定をいじっていこうと思います。


―追記

ジャンク箱に放り込んであった ELPIDA の PC2-6400S-666(昔使っていたVAIOノートのもの)、
2GB があることを思い出し、元のRAMと入れ替えてみたところ、ちゃんと認識しました!
もう1枚あったので好奇心から挿してみると、なんと上限だったはずの2GBを越え、2.93GB と
してシステム上は認識されてる模様、。

ちなみに、試しにYouTubeの星野源の動画を流してみたけど、1GB も 2GBも 3GB弱も体感は
変わらなかったYO!


おしまい。


”Giant Steps”


毎日のように通っている家電量販店の店頭の4KテレビでUHD BD版の 『GUNDAM THUNDERBOLT
~ DECEMBER SKY』 を観ているうちに、ちょっと原作マンガが気になったので既発売の8巻をイッキ
に読んでみました。最新刊は9巻ですが、まだリリースされていないと思い込んでしまったおかげで
未読です。

機動戦士ガンダム サンダーボルト

IMG_0108

初め、同じお店の玩具売場で ”サンダーボルト” のプラモデルを見かけたとき、「またおかしなのが
出てきたなあ」と感じ、ネタが尽きたら湧いて来るようないつもの外伝的なやつかと思っていました。
その後のプラモデル展開がまたいつもの”Ver.Ka”商法っぽく感じたので、ますます興味の方向から
離れていったのは事実。

その後、しばらくして『~ DECEMBER SKY』 を観たわけですが、太田垣康男による新解釈のMS群の
活躍はもちろん、主人公の一人であるダリルの所属が傷痍軍人たちによる狙撃部隊であること、
連邦側の主人公のイオとその幼馴染たちとの関連性がストーリーが進むにつれて、悲劇性を帯びて
くるところなど、自分の琴線に触れる部分がいくつかあることに気付きました。


DSC02949-2

特にグッときたのがジオン側の女性技官、カーラのエピソード。第3巻の中盤、目の前で仲間を灼き
殺されたショックから精神的に退行したが、父親と同じように義肢の腕を持つダリルに寄り添うことで
(その処置をしたのは彼女自身だったし、軍の命令で唯一無事だった右腕も切り落としたのも彼女
だったが)少しずつ元に戻りつつある=再び地獄を見る運命が待っている・・・ところなんか最高やね!
こんなエグいガンダム、ずっと待ってたんだ!!(ぉ

また、まだ映像化はされていませんが、強化人間といわれるレヴァン・フウ率いる南洋同盟が登場
する地上編がすこぶる外連味たっぷりなアレンジの施されたMS群のオンパレードで、ガンダムの話
のようでガンダムじゃない異質っぽさが過去作品に媚びてなくてイイね!

まあ、突っ込みたいところは多々あることはありますが、そこを含めての ”サンダーボルト” なので。


DSC02947-2

最後に、主人公のふたりは規律違反である音楽プレーヤーまたはラジオをコクピットに持ち込んで
いることが共通していますが、イオは実際にジャズドラムのプレーヤーであることが窺えます。
この ”Giant Steps” は大好きなコルトレーンの楽曲なだけに、このシーンでは思わずニヤリとさせ
られました。




この曲を聴きながら、彼らがどんなセッションをするのか思い浮かべてみたいと思います。


365日の紙飛行機


いやあ、こんなことってあるんですね。ちょっと驚きました。

ニコン、1型コンパクト「DL」シリーズの発売中止を決定 - デジカメ Watch

DSC02939-2

当初、2016年の6月に発売を予定していた、1型センサ搭載のニコンのデジタルカメラ、”DL
シリーズ3機種。画像処理用ICの不具合を理由に発売を延期していたそうですが、
おれ、てっきりもう発売しちゃってるのかと思っていたよ・・・(汗


DSC02944-2

買う、買わないは別として、このシリーズの中からどれを選ぶ?と訊かれたら、きっとこのDL24-500
と答えたと思う。競合機種になるはずであった SONY の DSC-RX10M2 とは異なり 固定F値ではない
けれど、広角から超望遠までこれ1台でイケるのは素晴らしい・・・はずだった。

この後の10年、趣味で写真を撮り続けているとするならば、今ある機材の重さにはきっと耐えられ
なくなるはずだから、こういうスタイルの高倍率ズームを内蔵したカメラと付き合っていく時が来る
だろうなとぼんやりと思っていたのにな。


DSC02946-2

さてさて、昨年末より半導体事業を中心に千人規模のリストラを進めているニコン、今後の巻き返し
を図れるのか。ニコンユーザーではないけれど、業界全体も含めて動向が気になりますね。



河北郡津幡町の新幹線の見える丘に行ってきた


ちょいと仕事絡みの用事があって金沢まで行った帰りに、津幡町にある”新幹線の見える丘”に
行ってきました。

IMG_1632

付近はどちらかというと工業団地といった風情で、これまでも眺望の良い撮影地点だったようですが、
北陸新幹線の開業に合わせて公園として再整備したそうです。
写真には写っていませんが、階段の左側にはトイレと自販機もあるので、家族連れで来やすいかも。


IMG_1640

用務先で配られた芝寿しの弁当を持って丘に上り、美味しくいただきつつ新幹線を待っているのを
先客にからかわれながら、”袖振り合うも多生の縁”の精神で場の雰囲気を楽しみました。
この先客のおじさん、ここが出来た頃から通っているらしく、聞いてもないのにいろいろと
教えてくれるので大変助かりました。


IMG_1680

公園内にはこうして親切に時刻表が掲示されていて、ダイヤ改正の折にはアップデートも
されている模様。いいぞいいぞ。


IMG_1638

んで、こちらが金沢駅方面の明神トンネル。


IMG_1650

こんな感じで北陸新幹線が目の前を通って行きます。富山でこういうロケーションって意外と思い
つかないので、けっこうな穴場かもしれません。


IMG_1635

こっちが富山(新高岡駅)方面。架線がうるさいので、車両を撮るときには手前まで来るのを待た
ないといけませんね。
ちなみに高架の下を走るのは旧北陸本線のIRいしかわ鉄道の線路。


IMG_1672

柵に囲まれた丘の上というロケーションが仇となり、写真としては凡庸な構図しか狙えそうにない
場所ではありますが、逆にいえば失敗のない遠足写真が撮れること間違いなしと言えます。


IMG_1694

このあと、時間帯的にあと30分は新幹線が通過しないので、このまま帰ろうかと思った矢先、
旧北陸本線を貨物列車が通過して行ったのに気付いた流れで、先客のおじさんの後をついて行き、
津端駅付近まで来てしまいました。

初めて来たけど、ここは七尾線の踏切が近くに見える、なかなかの撮影スポットではないか。

知らないおじさんについて行っちゃダメじゃないのは撮り鉄に限る!(キッパリ


IMG_1697

そして、ここが旧北陸本線。もうすぐ青森からの貨物列車が通過するらしい(おじさん談)。
でもなんでそんなことを(聞いてもないのに)スラスラっと言えるんだろう、ていうかどんな情報源
を握っているのか聞いておけばよかったな。


IMG_1700

良いねえ、このカーブと信号機。いかにも鉄道って感じがする。


IMG_1713-2

というわけで通過して行きますのは、EF510-504号機。往時はカシオペアや北斗星を牽引して
いた機関車です。個人的にはいつか505号機を撮りたいと思っていますが、理由が分かるのは
別のクラスタなのでここでは黙っておきます。


IMG_1718

時刻は15時ちょっと前くらいでしたが、これが夕陽の差し込む時間帯だったら良い画になったと
思います。


IMG_1727

長い車両がぐいーんと曲がってくのを見送るのってほんま最高やな・・・。
知らないおじさんについて行ってよかった。

念のため捕捉しておきますが、お互いどこかで会ったことがあるような顔をしつつ過ごしながらも、
どうやら勤め先の別店舗によく通う顧客だというのが会話の中で分かり、一人で納得してました。
名前は知らないけれど、実は知ってたおじさんだった的な。

世の中が狭いんじゃない、撮り鉄の行動範囲が広いだけだ(しかも被る)。

それはさておき、新幹線の見える丘では間違いなく新幹線が見えるので、いつか次男を連れて見せて
やりたいと思います。





富山地方鉄道本線 越中荏原駅~越中三郷駅間


世間様はバレンタインデーとかいう日だったようですが、おれはといえば一人部屋にこもって
古いパソコンのSSD化をして遊んでいました。

IMG_1557

・・・という状況があまりにも切なく、かつクローン作業が終わるまでの間、他にすることも思いつか
ないので、天気が悪くなるころを見計らって、常願寺川河川敷というか土手の辺りに来てみました。

以前は天気の良い日に太陽の位置と相談しながら撮影しに来てたけど、雪の季節なら雪を撮れば
いいし、今の時季は太陽の位置はほとんど関係ないから好きなように撮れるのさ。
冬生まれだから寒さには慣れているという自己洗脳。


IMG_1563

さて、さっそく目の前を通過しましたのは旧京阪3000系の車体と営団地下鉄などの足回りを持つ、
富山地鉄 10030系・・・。第7編成なので台車はJRの廃車発生品のDT-32っすね。


IMG_1564

常願寺川を渡り切ったあと、勾配を下って越中荏原駅にて停車しました。反対方向からも同じく
10030系の車両が見えますねー。
・・・本当は雪の中を走るレッドアローを撮りたくて来てみたんだけど。


IMG_1572

というわけで 10030系第4編成。台車は日比谷線300系と同じFS-510を利用。


IMG_1578

これは富山地鉄のオリジナル車両、14760系の第6編成。見た目とは裏腹にけっこうな飛ばし屋
だったりします。


IMG_1587

続いて、第1編成。チョロQにもなった車両です。


IMG_1591

そして、最近まで一度も撮ったことがなかった 10030系の第6編成と短期間のうちに再会。


IMG_1604

いちばん好きな10020系がやって来ました。この時間帯は2両編成での運用ですかそうですか。
ところで、富山地鉄のどこが好きなのかというと、この写真ではありませんが、運転台の隣りに
運転士さんの私物らしき鞄が雑に置いてあるところです(ぉ

中にはお弁当袋っぽいのも見えたりして、ほっこりしますね。


IMG_1606

よく見ると、ランプがかたっぽ切れてる・・・(苦笑


IMG_1610

電鉄富山駅で折り返してきた第7編成。


IMG_1616

だんだん雪がひどくなってきましたねー、これぞ冬の北陸って感じ!


IMG_1619

さて、もう1本撮ったら帰ろうか。


IMG_1626

またしても 10030系、第5編成。
この車両を見送りつつ越中荏原駅のホームを見ると、また反対方向から10030系が見えたので、
この日はこれで帰ることにしました。


IMG_1629

今日も今日とて 10030系率の高い時間帯に来てしまったようです。最後は第3編成でした。


おしまい。



クローン大戦


古い友人からノートPCを譲り受けましたです。

DSC02922

NECより2012年2月16日に発売された、「PC-BL350FS6W」でございます。
5年前の Windows7 Home Premium Edition プリインストールモデルっすね・・・。
古いバージョンながらも Ofiice が使えるのがうれしい。

メモ的に主なスペックをまとめると、

CPU:Intel Atom プロセッサ N570 1.66 Ghz
RAM:1GB
ディスプレイ:WXGA 10.1型ワイド低反射TFTカラー液晶
内蔵HDD:250GB
光学ドライブ:なし

といった感じで、QWERTYキーボードがある以外は、ちょっと前のタブレットみたいな性能かと。


DSC02924

使い途はあとから考えるとして、まずはダサいメーカーロゴ(ぉ を、昨年の誕生日に娘からもらった
スターウォーズ・ステッカーで隠します(盛大に気泡が入った)。これでなんとなく自分の物になった
気がしてきたぞ!

さて、いくら古い友人とはいえ、残っていた個人用ファイルを丁寧に消しつつ、地味に自分じゃない
ままのユーザー名やネットワーク名なんかが気になって、いろいろと弄っていたら動作が不安定に
なってきたズラよ。中途半端な知識で事態をややこしくするのは相変わらずだな、自分(苦笑

もともとメジャーサポートの期限が切れたOSなので、手動でアップデートをかけつつ改善を期待する
も一向に変わらないのと、そもそもHDDが遅いため、処理待ちが我慢できなくなってきたぜ・・・。
こうなりゃ、不本意だけどこのままSSDに換装して少しでも作業が捗るようにしたほうが良い気がして
きた!


DSC02917

というわけでさっそく用意してきました。
困ったときの玄人志向、HDD/SSDデュプリケータ 「KURO-DACHI/CLONE/U3」 と、
容量と値段(失敗したときの傷を少しでも軽くするため)だけで選んだ、Crucial(クルーシャル)社
のSSD・275GB。


DSC02919

箱に書いてあるとおりですが、2台のストレージを挿してクローン化できることのほか、外付HDDと
しても運用できるスグレモノ。上位モデルにデータ消去ボタン付きのものもありましたが、
謝って押してしまう危険性を考慮して、クローン化に的を絞ってこちらを選択。

同じような用途のものでは、Logitec 製の LGB-2BDPU3 を狙っていて、店頭にあればそちらを選ぶ
つもりだったんですが、なかったので。

出勤日に職場でオーダーするにしても結局入荷を待たないといけないしね。


DSC02918

とか言いながらも、この KURO-DACHI/CLONE/U3 ステキなところは、2.5インチ用のスペーサ
が不要なところ。あと、ファミコン感覚で脱着ができるのがとてもクールです。


DSC02920

PC-BL50FS6W 内蔵のHDDが250GBということで、クローン先のストレージ容量はそれよりも多く
しておかないといけないため、中途半端だと思いながらも選んだ 275GB。
実際、クローン化した後も容量の差分はOSからは見えないままになるので、結果的に正解でした。
良かった、調子こいて512GB奢らなくて(


DSC02925

さて、さっそく作業を進めます。PC-BL350FS6W は、バッテリーを外したすぐそばにHDDが格納
されています。あまりにもあっけなさ過ぎて震える・・・。


DSC02928

ネジを2本外して、(写真では見えないけど)黒い帯を引っ張り出すだけ!


DSC02929

内蔵HDDは、WD製のWD2500BPVTでございました。またひとつコレクションが増えたな。


DSC02930

クローン元のHDDと、クローン先のSSDを、KURO-DACHI/CLONE/U3 にざっくりと挿します。


DSC02931

電源を投入し、”Clone” ボタンをポチっとするだけでクローン化が始まります。
250GBの容量ならば、おおむね30分程度かかるとのこと。

待っているだけなのも時間がもったいないので、このあと小一時間電車の写真を撮りに行って
きました。雪降っててさぶかった・・・。


DSC02932

帰宅したら、無事作業が終わっていた模様。電源を切ってからストレージを取り出します。


DSC02935

んで、クローン化したSSDを載せ替えて、PCを起ち上げてみるも立ち上がらない・・・!
BIOS上でも内蔵ストレージは認識していない様子、これは不測の事態だッ。

このあと、SSDをUSBインターフェイスにつないでメインPCで確認してみると、ちゃんと認識はして
いる様子。だとしたら、Windows7 のシステム修復ディスクからの起動を試みるしかあるまい。
しかし、この PC-BL350FS6W には光学ドライブが非搭載なのだよ・・・。

と、ふつうの人ならここで頭を抱えるところかもしれませんが、おれはアホなのでそのままもう一度
SSD を今度はネジで固定せずに本体に挿し込み、電源ボタンを押してみたら、起動しました(ぉ
なあんだ、何も考えずにダメ元でやってみたけどただの接触不良か(笑

そういえば、SSDの梱包箱の中にこれ見よがしにスペーサらしきものが入ってたな。


DSC02936

というわけで、さっそく装着。よく見るとちゃんと両面テープが貼られていました。
てっきりただのクッション材かと思って捨てるところだったじゃねーか(


DSC02938

そんなこんなで、無事クローン化したSDDによる起動に成功・・・!
悩みのタネであるブラウザ(Windows EXplorer、および Google Chrome が開かない)問題は
未解決なものの、全体的な動作は軽くなっています。
今や貴重な 10.1インチディスプレイ搭載のWindows7 パソコンなだけに、このままトラブル解決
できればいいのにな。


DSC02937

さて、メインPCにSSDをつなぐときに使ったUSBインターフェースを探しているときに、
ふと Windows8 のパッケージを見つけたんだけど、おれ何でこれ持ってるんだろう?
ってまたしばらく悩みました。

よく考えたら、このメインPCってばもとは市販のデスクトップPCのCPU以外を全部入れ替えて
使っていて、Windows8 の OS を買ってきてインストールした後に Windows10 にアップデート
したんだった。

Windows7 に手こずるようだったら、いっそ Windows8 に上げちゃうのも良いかもな。
外付DVDドライブを用意しないといけないけども。


つづく。


追記:よくよく考えてみたら、そのWindows8 は認証済みなので、新たにインストールすること
はできないじゃないかー








2月の木曜日、魚津駅で


―前回までのあらすじ

新年会のため、魚津駅前のAPAに泊まることになったむっちーは、お約束通りに駅側の部屋を
取り、飲み会明けかつ9時には出社予定だというのに6時に起きて撮影に臨むのであった―。

IMG_1465

というわけで、APAホテルの特等席からお送りしております。宿泊した部屋から、というよりも
そもそもこのホテルの立地上、あいの風とやま鉄道のホーム付近を取るのは難しいと思います。
なので、ここは隣接する富山地方鉄道の新魚津駅に入線する電車を中心に狙いましょう。


IMG_1462

さて、さっそく来ましたのはお馴染みの富山地方鉄道、14760系。通称”だいこん電車”
ISO1600、・シャッタースピード1/250ではこの時間こんな感じに。
鳥目なのでふだんこんな暗い時間帯には写真を撮ろうとすら思わないんですが、お酒を呑み
過ぎて眠りが浅かったし、電車の音が気になって二度寝もできなさそうだったしで、観念した。


IMG_1470

お次はあいの風とやま鉄道の路線。なんだか黒い物体が近づいてきますね・・・。
この日のために時刻表をプリントしておいたのに、クルマの中に置いてきちゃったけど、
あの電車はもちろん、


IMG_1474

”とやま絵巻”でございました。

この日は木曜日、これで月曜からずっと連続で撮影に成功しています。ちなみに明日は休み
だけど、撮れるとしたら16時12分に富山駅から泊方面へと向かう537M運用のしかなさそうで、
その時間は帰ってくる長男を迎えに行く時間と重なるため、撮るのは無理そう。
いや、がんばればできるんだけど、がんばってやるほどのことでもないし、みたいな。


IMG_1476

イベント列車として改装されたものの、基本は朝夕のラッシュ時間に使われるただの普通電車
なのでございました。


IMG_1477

続いて、宇奈月方面から来た14760系。そろそろ車体番号が見えるようになってくるころですね。
刻一刻と明るさが変わっていく朝の景色って面白い。


IMG_1478

魚津駅から滑川方面を望む。ほらね、あいの風とやま鉄道の車両を撮るのは無理ゲーでしょ?(笑


IMG_1489

7時30分前後にもなると、だいぶ明るくなってきました。
手前は電鉄富山駅へと向かう快速急行、奥が宇奈月方面へと向かう普通列車です。
そうか、この時間帯には2編成同時に撮れるんだね、しかもこうして俯瞰しながらというのも楽しい。
ただ、ホテルの部屋の窓からということで撮影位置が固定されるのはちょっと悩ましいな。
個人的には固定砲台スタイルよりも、撮影ごとに場所をあれこれと変えたい派なんだが。


IMG_1491

とか言いながら、この10030系の第6編成は、これまでいくつもの富山地鉄の車両を撮って
いてまだ一度も撮影したことのなかった編成でした。

たしかにふだん撮ったりしてる場所や時間帯で出逢わないなら、行動パターンを変えるしか
ないと思ってはいたけれど、まさかこんな場所で出逢えるとは・・・(喜


IMG_1508

10030系第7編成。
もう、撮るものも撮っちゃったし、見飽きたなー(ぉ


IMG_1526

そして、忘れていたけど泊駅から折り返してきたとやま絵巻がふたたび入線。
一日に二度も、それも1時間程度の感覚で同じ電車を撮れる魚津駅ってなかなかアツいな・・・。
本当はこの電車を早月川まで戻って撮る予定でしたが、二日酔いで少し頭が痛かったんで諦め
たんですよ。そのおかげで上のようなこれまで撮れなかった電車も撮ることができたけど。


IMG_1548

最後はまたしても10030系、今度は第5編成。これが第4編成あたりだと、台車が違うのでネタ的に
面白くなるんだけどなー。それはさておいて、そろそろシャワー浴びて着替えなきゃな。
昨日は寂しがる次男を置いて出てきちゃったし、無事に一日を終わらせて家に帰らなきゃ。



おしまい。


APA泊まったの私だ


職場の新年会ということで、魚津駅近くに宿を取ることにしました。というのも、休日夜に職場の
仲間と飲むのがノンアルコール系だとシャクに触るし、そのうえ往復50kmも走って帰った数時間
後に仕事で魚津まで来なきゃならないし、だったら魚津で一泊しちゃえと思って。

宴会場所はマンテンホテルが近くにある 「源助」さんでしたが、あいにくマンテンホテルは満室
だったようで予約が取れず、それならば最近国際的な話題となったあのホテルに泊まるしかない。

0208

しかも、おれのためにあるようなプランでな!


DSC02909
*画像はイメージです

というわけで、さっくりとネット予約を済ませた翌日、APAホテル魚津駅前に来てみました。
フロントのおねいさんの声が甲高くて早口だったので、到着1時間前に掛ってきた光回線
契約の乗換え勧誘電話の主とのイラつくやり取りを思い出しそうにありました。
(だってずっとプロバイダーをプロパイダーって言うんだもん・・・)
今度掛かってきたらパソコンは落雷で壊れて、スマホは水没したって言おうっと。

DSC02910

さて、フロントでの手続きを済ませている間じゅう、カウンターに置いてあった社長カレーを
30個も買ったら金のスプーンが貰えると書いてあるPOPが気になって仕方なかったけど、
我慢して部屋に向かいました。

よそ見なんかしちゃいけない。そう、ここには今や社長カレーよりも有名な会長本があるのだ。


DSC02915

さっそく手に取ってみると、当たり前田のクラッカーのようなことが書いてあったりしました。
あと、意外と(厚みが)薄いです。
内容としては前部分が日本語で書かれていて、後ろ半分は外国語で翻訳された内容となって
いるため、薄・・・ おっと誰か来たようだ(


DSC02916

とりあえず、途中でフォントが変わるのに目が疲れそうだったのでよくは読みませんでした。


DSC02913

そして、魚津の夜は更けていく・・・(宴会スタートが21時30分って


あいの風とやま鉄道 駅北


長男を迎えに、バスが停車する予定の富山駅までやって来ました。
JRロゴの跡が切なさを感じさせなくもない、第三セクターあいの風とやま鉄道富山駅の北口です。
ふだんは到着時刻の直後を狙ってロータリー内にクルマを停車させて待つんですが、
この日は別の目的もあったので、オーバードホール向かいの立体駐車場にクルマを停めました。

DSC09224
[ SONY α7 / RICOH XR RIKENON 50mm F2 ]

さて、その目的というのは、以前応募して落選して記念品だけもらった写真コンテストの作品を見る
ことでした。果たしてどんな作品が人に受け入れられているのかを確認したくて。
次回もまた応募するつもりなので、傾向と対策を練っておかないとね。


DSC09213
[ SONY α7 / RICOH XR RIKENON 50mm F2 ]

んで、これが最優秀作品―。

どこの川だろう? トラス橋でないところを見ると神通川や庄川ではないし、石動のあたりかな。


DSC09214
[ SONY α7 / RICOH XR RIKENON 50mm F2 ]

優秀賞。

秋晴れの雲の形が素敵・・・!
撮影場所はたぶん、滑川駅。奥に見える作業車が根拠です。


DSC09215
[ SONY α7 / RICOH XR RIKENON 50mm F2 ]

もひとつ優秀賞。

これはカンタン、早月川を渡ったあたりの三ヶ地内。ここって工場や田んぼが多くて、どこまで
立ち入れるのか分からなかったので、おれの場合はふつうに河川敷に行ったけど。


DSC09216
[ SONY α7 / RICOH XR RIKENON 50mm F2 ]

個人的に気に入ったのが、この一枚。

撮ったのは富山駅のホーム上からでしょうかね。夕焼けを反射させたステンレス製の車体が
とても綺麗だし、富山を走る521系の特徴である風のシンボルがありふれているようでちゃんと
富山の電車だって分かるから、好きだなー。

総じて感じたのが、奇をてらわない素直な表現が良かったってことでしょうか。
・・・覚えておくぞ。

DSC09218
[ SONY α7 / RICOH XR RIKENON 50mm F2 ]

でもやっぱりおれは、電車といえば人もフレームに入れたくなるんだよなあ。
ちなみにこの電車は富山駅に停車中のIRいしかわ鉄道の521系3次車の56編成。
JRとしてJ21編成として落成してすぐに譲渡されたため、JRとしての車籍は35日しかなかった
車両。連結器したのカバーのロゴが切ない。


DSC09219
[ SONY α7 / RICOH XR RIKENON 50mm F2 ]

たったこれだけのために 160円の入場料を払ってきましたが、駅を出てすぐに来たポートラム
が見事にラッピング車両だったので、内心ガッツポーズ。


DSC09220
[ SONY α7 / RICOH XR RIKENON 50mm F2 ]

このデザインが見られるのは泣いても笑っても2月14日まで!(笑


DSC09222
[ SONY α7 / RICOH XR RIKENON 50mm F2 ]

いつものやつ。


DSC09225
[ SONY α7 / RICOH XR RIKENON 50mm F2 ]

そして、ここで折り返して岩瀬浜まで向かうポートラム。奥に見えるのは北陸電力の本社。
このあと無事に長男を回収して帰宅しましたが、月曜の便意(大きいほう)事件はけっきょく
何事もなくやり過ごせたそうですが、迎えに行ったときにはオシッコをガマンしていたらしく、
クルマが小さな段差に乗るたびに大騒ぎしてました(苦笑

さて、仮眠を取ったら新年会に行かねば。
(クソみたいな勧誘電話がかかって来たのはその数時間後のことであった)



環水公園に行ってきた③


毎週月曜の朝、長男を駅北のバス乗り場まで送るのがルーティンになっていますが、
途中、富山ライトレールの通称”ポートラム”と何度かすれ違います。
特に最近では県立北部高校の生徒さんたちがデザインした、フラワーバレンタインラッピング
車両が運行していて、バレンタインデーまでに撮っておきたいなあと思っていました。

が、なかなか良い撮影ポイントが見つからず、迎えに行く日の今日もぐるぐると駅北周辺を
さまよってみたけれど、道路工事中で危険が危なかったりクルマを停める場所がなかったりで、
諦めて駅で撮ることにしました。

IMG_1444
[ Canon EOS 7D / EF70-300mm F4-5.6 IS USM ]

んで、時間にまだ余裕があるので、先日の朝刊で3月25日からの部分公開が発表された、
シン・富山県立近代美術館の工事の進捗状況を確認するために、環水公園まで来たみたやよ!

IMG_1443
[ Canon EOS 7D / EF70-300mm F4-5.6 IS USM ]

ただ、50mm のレンズも持ってきているのに、望遠レンズしか持ってきていないと思い込んで
いたため、切り取れたのはこの程度(苦
それよりも、閉館した旧美術館が今どうなっているかのほうが気になるかな。
(閉館日に休みを取ったけど胃腸炎で行けなかった)

機材整理のために、いくつかのレンズとボディを手放して得たお金で、かつて機材整理にと売却
したレンズを買い戻してきたのは内緒(ぉ
ちなみにこの EF70-300mm F4-5.6 IS USM は、中古で買った 50D との組み合わせで今はなき
北陸本線を走る特急電車を撮ってた思い入れのある個体。
今後は二度と手放さず、これから成長していく次男の運動会や学習発表会にも活躍してもらう
つもり。―表向きは


IMG_1453
[ Canon EOS 7D / EF70-300mm F4-5.6 IS USM ]

さて、久しぶりに来た気がする環水公園、案外野鳥が多いんだね。
コガモの数ならファミリーパークにも負けず劣らずといった具合、カルガモはここでも安定して
見ることができるし、何よりオオバン(オバハンじゃないよ)がのんびり泳ぐ姿が見られるのが
最高に幸せなひととき。


IMG_1447
[ Canon EOS 7D / EF70-300mm F4-5.6 IS USM ]

豪快に枝かぶりしていますが、この子はなんて名前なんだろう?
カシラダカにしては特徴的な冠がないし、自信ないけどツグミでしょうかね・・・。


IMG_1452
[ Canon EOS 7D / EF70-300mm F4-5.6 IS USM ]

こちらはコガモ。


IMG_1449
[ Canon EOS 7D / EF70-300mm F4-5.6 IS USM ]

カワセミでもいないかと、バードハウスに来てみました。聴き慣れた鳴き声はカルガモです。
でも、ゴミが・・・。




Steel, Rove, Her


月曜は最悪だった。いつものように学校行きのバスに乗せるため、長男を駅北まで送りに行った
のはいいが、便意(大)を催したらしく途中のコンビニでトイレを借りようと降ろしたが、使用中のために
本懐を果たせず、別のコンビニに向かうもまた使用中。
まだ我慢できると長男は言うものの、バスは一旦走り始めると着くまで停まってくれない。
いっそこのままおれのクルマで学校へ向かい、途中波が来たら最寄りのコンビニで降ろせばいいか、
いやそれでは予約してある次男の小児歯科医院に間に合わなくなってしまう。
嫁は最近は元気だが、混雑する小児歯科医院にいるのはまだ耐えられないはず。
さてどうするどうする・・・。

しかし、長男はもう高校生だ。バスの出発時間までまだ少し時間はあるし、駅にはトイレがある。
法王は森でクソをするか? 一人前の男なら自分でなんとかできるだろう。
なんとかできなかったときも、どうするかぐらい考えられなきゃいけない年齢のはずだ。

というわけで、長男を駅で降ろし、次男を小児歯科医院へ連れて行き、あとは自由時間となった
その日の夜、実家から帰宅した嫁がしきりに「お兄ちゃん、大丈夫だったかなあ」と言うので、
上記の論調で、”大丈夫に決まっているだろう。そんな風に心配するから今朝のことを話すのは
やめようかと思ったけど、後から(大丈夫だったときと、仮に大丈夫じゃなかったときのも含めて)
話を聞いてとやかく言われるのが嫌だったからありのまま言ったのに” と言いながら、

ふいに、おれがいつも 『否定するでも肯定するでもなく、ただ話を聞いてほしい』 と思っている
のと同じように、嫁もただ話を聞いてほしいのではないかと思い、ハッとしてしまった。
これまでもずっとおれはそうだったんだ、まともに話が通じやしないと思っていつも会話を短めに
済ませようとしていたくせに、今さら何を言っているんだ。

長い間、目を凝らして見ようとしなかった霧の中にあるものに気づいたように思った。

IMG_1392
[ Canon EOS 7D / EF70-300mm F4-5.6 IS USM ]

水曜日、推薦入試のために学校が休みになる長男を駅まで迎えに行く時間のちょっと前、
自宅から駅まで線路沿いを写真を撮りながら遡上することに。
まずは、この時間は夕方のラッシュ時間まで休憩中のとやま絵巻を撮りに富山機関区へ。

とやま絵巻の運行予定は公式ページでも公開されているので、追っかけするのに助かります。


IMG_1388
[ Canon EOS 7D / EF70-300mm F4-5.6 IS USM ]

道路脇のスペースにクルマを停めて写真を撮っていると、目の前をあいの風とやま鉄道の521系が。
もちろん柵を越えての撮影はしていないので安全なんですが、ズームレンズの画角にいきなり飛び
込んできたのでビックリした(汗

しかし、こういう感じで迫力を出す方法もあるのね。生憎とやま絵巻がこんなふうに通過する時間帯
は線路付近のクルマの交通量も多いはずなので、やろうとは思いません。


IMG_1386
[ Canon EOS 7D / EF70-300mm F4-5.6 IS USM ]

こちらも休憩中の413系。正面の塗装ハゲをよく見ると、かつては北陸色だったことがうかがえます。


IMG_1398
[ Canon EOS 7D / EF70-300mm F4-5.6 IS USM ]

道路脇から東富山駅方面を望む―


IMG_1400
[ Canon EOS 7D / EF70-300mm F4-5.6 IS USM ]

富山機関区を離脱したあと、稲荷公園にやって来ました。
ここからは廃車となったあと留置されたままになっている EF81形電気機関車をまだ見ることが
できます。奥の二両はともかく手前の二両は左が EF81-748号機で、右が39号機(標識灯が外
から交換できる珍しいタイプ)。
748号機は富山機関区で最後に運用されていたEF81形。今はEF510形にすべて置き換わっていて、
ここにひとつの時代の終わりを感じなくもないですね~。


IMG_1403
[ Canon EOS 7D / EF70-300mm F4-5.6 IS USM ]

そのすぐ隣りでは、EF510-8号機 ”レッドサンダー”が何やら行ったり来たりを繰り返していました。
ふだんこの機関車も停まったままで見ることが多いんですが、上を走る北陸新幹線の陸橋の脚が
邪魔をして、車体全体を見たり撮ったりってできませんでした。
それが今回は公園駐車場に着くなり撮り放題で超ラッキー!v('ω'*v)ピースピース(v*'ω')v


IMG_1404
[ Canon EOS 7D / EF70-300mm F4-5.6 IS USM ]

引退した EF81形とのツーショット。


IMG_1408
[ Canon EOS 7D / EF70-300mm F4-5.6 IS USM ]

かつて寝台列車を牽引していた花形が泥や煤にまみれて走っている姿を見ると応援したく
なりますが、こうして生まれたときからバリバリやってる叩き上げも良いもんですねえ。


IMG_1418
[ Canon EOS 7D / EF70-300mm F4-5.6 IS USM ]

なぜかこんなところに城端線(非電化区間)のキハ47-1015が。砺波市のPR用のラッピング
車両っすね。しかしなんで高岡の車両基地ではなく、ここにいるんだろう・・・。


IMG_1420
[ Canon EOS 7D / EF70-300mm F4-5.6 IS USM ]

続いて、お約束の富山地方鉄道の稲荷町駅付近へ。
17480系の第2編成、岩峅寺で折り返して戻ってきたのかな。そういえば昨年長男が推薦入試を
受けている間、暇つぶしに岩峅寺駅まで行って地鉄の電車を撮ったのが最初だったっけ・・・。
それまでは数%しか興味なかったのに、今月のブログネタがすべて鉄で埋め尽くされる状態だ
もんなあ(苦笑。

残すは10030系の第6編成を撮ったら、今の時点で現役の地鉄電車をすべて撮ったことになる。  


IMG_1421
[ Canon EOS 7D / EF70-300mm F4-5.6 IS USM ]

さて、車庫内では何か作業をしている様子。あれは10030系の第2編成、テレビカーではないか。
何やってるんだろう・・・。


IMG_1423
[ Canon EOS 7D / EF70-300mm F4-5.6 IS USM ]

それに、レッドアローが方向幕の故障なのか運転台にヘッドマークを載せたまま停まってる!


IMG_1424
[ Canon EOS 7D / EF70-300mm F4-5.6 IS USM ]

こっちでは10020系の横で何か作業をしているし、なんだか今日は忙しそうだなあ。


IMG_1425
[ Canon EOS 7D / EF70-300mm F4-5.6 IS USM ]

というわけで、3両まとめて撮って離脱します。次はライトレールを撮りに行こうかな。


IMG_1428
[ Canon EOS 7D / EF70-300mm F4-5.6 IS USM ]

おっと、北陸新幹線を撮るのを忘れてた!
(おれはこのまま富山じゅうを走る電車を一日で撮ってしまう気なのか?と自問していた)



つづく。


東富山駅でとやま絵巻を撮った話②


また雪が降っちゃいましたが、今回は薄っすら積もった程度なので渋滞の恐れもないと判断して、
通勤途中に東富山駅に寄り道をして、とやま絵巻の写真を撮りに来てみました。
つくづく好天の日にはめぐり逢わないんだけど、それがまた楽しいというか(笑

SDIM0416
[ SIGMA sd Quattro / SIGMA 50-100mm F1.8 DC HSM | Art ]

今回は7Dのボディを自宅に置いてきてしまったため、SIGMA の150-600mm が使えず、
ちょっと日照が不安だけど、望遠端が換算100mmのレンズを付けっぱなしの sd Quattro で挑戦。
(そういえば、α7 と MC-11 をクルマに載せてたことを今思い出した)
すべて ISO200 F5.6 SS1/320 で撮り、補正も加えずに X3F→TIFF→JPEG出力の工程を踏んだ
だけ。基本的に記憶色優先なので、いじる必要を感じなければ何もしない派です。
というくらいにこの日は綺麗に撮れました。


SDIM0417
[ SIGMA sd Quattro / SIGMA 50-100mm F1.8 DC HSM | Art ]

停車中の車両を撮るときの立ち位置の目安にしているのはこれ。
ここからまずは先行列車や反対方向の車両を撮って、距離感を掴むようにしています。


SDIM0421
[ SIGMA sd Quattro / SIGMA 50-100mm F1.8 DC HSM | Art ]

そして、定刻どおりに”とやま絵巻”が到着。
100mm相当までズームできることをすっかり忘れてて、広角端で撮っちゃったぜ!(

明日は職場の新年会で「源助」で呑むことになっているんですが、スタートが21時30分と
遅いため、18時01分金沢駅発の477M運用のとやま絵巻に乗って魚津に向かうことも
できなくもないんですよねぇ・・・。

そうしたら、翌朝は徒歩でAPAホテルから職場まで約2km 歩かないと行けないし、
そもそもクルマがないので帰りも歩いて魚津駅まで行かないといけないから、悩むんよね。
しかも、最寄り駅のこの東富山駅からさらに数km 歩いて帰宅することになるから、
正直しんどいなあ(苦笑


SDIM0422
[ SIGMA sd Quattro / SIGMA 50-100mm F1.8 DC HSM | Art ]

さておき、せっかく雪も降ったことだし、いつもとは違うアプローチで。


SDIM0423
[ SIGMA sd Quattro / SIGMA 50-100mm F1.8 DC HSM | Art ]

今回も無理だろうけど、写真ばっかり撮ってるのも気持ち悪いし、いつかまた乗りたいなあ。







とやま絵巻を撮ってきた


富山に住んでていつも思うのは、世界中に誇れるような素晴らしい風景が目の前に広がったか
と思えば、その翌日にはドン曇りに変わる天候のタチの悪さ。

分かってはいたけれど、結局晴天は3日も続かないんだよね・・・。

IMG_1368

というわけで、今回もまた雨の中とやま絵巻を撮ってきました。
撮影場所は通勤で付近を往復しながらふと思いついた、灯台下暗し的なポイント・・・。


IMG_1373

右奥の建屋は富山機関区の貨車検修庫です。南側には富山機関区があるのですが、
こちらではその名のとおりに貨車(コキ○○形みたいなコンテナ乗っけてるやつ)のメンテナンス
を行っている施設。


IMG_1378

あいの風とやま鉄道 ”とやま絵巻”。

この日の運用は、午前は富山駅と金沢駅を往復したのち富山機関区で休憩したあと、
16時12分に富山駅を出て、東富山駅方面へと向かい、泊駅で折り返して 18時15分に富山駅、
高岡駅へと向かったのちまた泊駅方面へ。

最終は糸魚川駅で一泊という、便数でいうといちばん忙しい日のようでした。


数日後には魚津駅前で職場の新年会がありますが、駅前で一泊した翌朝は早起きして早月川の
橋の上で日本海とミラージュランドの観覧車をバックにこのとやま絵巻を撮りたいと思っています。


余呉へGO!


ここ数日、にわかに 『余呉湖』 というワードに触れる機会があったので、どこの話かと調べてみたら、
琵琶湖の北側に小さな湖があり、ワカサギ釣りの名所だそうな。
毎年11月下旬ごろから3月末までが解禁日ということで、まさに今の時期に愛好者たちが集っている
様子。

また、湖面も穏やかというその景色はなかなかのようで、オラちょっと行ってみたくなったぞ!と、
Google マップでルート検索して遊んでいたら、この辺りってちょうど JR 北陸本線が湖西線と分岐する
位置なのね。直線も多く、景色を撮りながらの鉄道撮影も楽しいだろうなあ・・・とさらに調べると、
本当にこの近辺は鉄道撮影でも名所のようで、特に編成の長い列車をまるごと撮るにはベストスポット
な感じ!

そういえば、ネットで見かける鉄道写真の撮影場所の記述に 「余呉~木之本」 ってのを見かけた
ことがあった気がするし、敦賀市の新疋田とともに国道8号線と並走する区間(トンネル多いけど)
は鉄道写真愛好家ならば一度は目にする地名かもしれない。

というわけで、今すぐにではないけれど、気候の良い時期に何らかの交通手段を使って訪れてみたい
と思いました。

クルマなら北陸自動車道・富山西 IC から木之本 IC まで片道およそ2時間(200km)で、4870円。
富山駅から北陸新幹線とJR北陸本線を乗り継ぐ電車旅なら、近江塩津駅で乗り換えるのが面倒
だけど、サンダーバードにも乗れて片道 3時間弱で 7,000円くらいのコストで行けるみたい。
でも、これなら普通に京都行きたくなるし、最近引っ越した友人を訪ねて湖西線経由で大津で下り
たくなるかもしれない。いや、いっそ大阪まで足伸ばして福島のワインバーに行ってみたくなった!

・・・と、考えがまとまらなくなってきましたが、余呉湖へは間違いなくクルマ利用になると思います。

まあ、行けたらいいな。



ALLWAYS, RAILWAYS


この日もまた、職場方面へと向かう用事があったので、途中に寄り道をして富山地鉄の浜加積
駅まで来てみました。

SDIM0384

ヘソ曲がりなので、敢えて趣のある古い木造駅舎には目を向けずに、線路を一旦渡って電車が
来るのを待ちます。

写真の方角は滑川駅方面、手前の線路があいの風とやま鉄道で、その奥は富山地方鉄道の
本線が走っています。


SDIM0387

んで、こちらが富山地鉄の浜加積駅。


SDIM0389

14760系の第4編成が入線してきました。実は、この直前にEF510形電気機関車の2号機が目の前
を通過して行ったんですよね~。ここへ来るのがもう少し早ければ撮れたのになあ。


SDIM0391

あいの風とやま鉄道の521系、AK03編成。
どちらかというとこの駅の付近は、地鉄を撮るよりはあい鉄のほうが撮りやすい区間っすね。

駅側から撮ってもいいんだけど、それは前回越中中村駅でやったので、雰囲気がかぶって
つまんないと思ってやる気が起きなかった。


4時間後・・・


SDIM0394

さて、無駄に4時間過ごした用事が終わり、ムカついた反動で地鉄沿線を走りながら帰ること
にしました。まずは、職場近くの西魚津駅から。

ここは鉄道写真を撮り始めたころにも訪れたことがある場所。

何が面白いって、並走するあいの風とやま鉄道と一旦別れ、勾配を下って入線するのが萌え
るんすよ!!・・・というわけで、そういう写真を撮りました。だいたい満足。


SDIM0395

14760系の第5編成。だんだん空が晴れて来たのがうれしい。


SDIM0397

このとき、ちょうど線路保安員の方が作業をしておられたのですが、電車の入線とともに一旦退避。
彼らにとってはこれが日常なんだろうなあ。


SDIM0398

場所を移して最近ちょっと気に入っている早月川の河川敷へ。
レンズは前回来たときには自宅に置いてきていた 24mm F1.4 DG HSM へと換えてみました。
早月川を跨ぐ県道135号線の橋梁から撮りたかったんですが、車を停めた場所から移動するには
通過時刻に間に合わない気がしたので、ジタバタせずに待機。

しっかし、良い雲だなあ。


SDIM0400

そして、浜加積駅アゲイン。

霞んでいた山の方も晴れてきて、これは場所を選べば立山連峰をバックに良い感じの写真が
撮れる気がするー!


SDIM0401

と、不意に踏切の警音が鳴り、電気機関車がやって来ました。
今年 2回目のEF510-509号機。逆光だと分かっていても、電気機関車なら話は別だ(ぉ

この電気機関車の何がアツいかと言うとですね・・・。


IMG_7786

往時は寝台列車カシオペアをバリバリ牽引してたんすよ!!


SDIM0402

貨物列車の時刻表は相変わらず読めないままですが、こうして偶然出会えることのほうが楽しい
のかも。


SDIM0407

そして、なぜかまたここであいの風とやま鉄道の521系AK03編成に出くわすというね。
たった数時間の間に付近に積もっていた雪もすっかり溶けちゃった。


SDIM0408

入線してきた富山地鉄10030系の第8編成。
午前中に来たときに気づいていたけど、この浜加積駅は ”地鉄殺し” と呼んでもいいくらいに
地鉄の車両が撮りにくいんじゃないか(苦笑


SDIM0409

最後は、どうしても立山連峰をバックに電車を撮りたくて農閑期限定の有金高架橋下へ。
常願寺川河川敷も良いんだけど、視界が広く山々からの距離が近いここが最近のお気に入り。


SDIM0410

富山地鉄も良いけれど、北陸新幹線がここをガーーッと通るのもなかなか良い見栄えがするな
・・・とイメージしながら時刻表に目を落としていたら、ふつうに東京方面の新幹線が静かに通過
して行ったという(泣


SDIM0413

んで、今日のベストショットはこれですかね。冬の立山連峰と富山地鉄のコラボレーション。
ちなみに、この直前にこれまで一度も見たり撮ったりしたことのなかった 10030系の第6編成が
通って行ったのを撮り逃してしまったのは内緒。

でもいいや、見たことがないだけで、現役で走っているならまた会えるだろう。
それを撮ってしまったなら、富山地鉄の現役車両を全部撮ったことになり、納得してしまって写真
撮るの辞めちゃうかもしれないし。


まだまだ続くと思います。これからも。


最新記事
最新コメント
月別アーカイブ
カテゴリ
みんぽす
モノフェローズに参加しています
サイト内検索
リンク
Powered By FC2ブログ

今すぐブログを作ろう!

Powered By FC2ブログ

QRコード
QR