茶臼山に行ってきたぞ!②~動物園編~


今回の家族旅行のメインだったはずの恐竜公園がいろんな意味で想定の範疇を越えて
いたため、第2案として用意していた茶臼山動物園に行くことにしました。

エリアマップでは徒歩で行けそうな雰囲気に見えた(広範囲なエリアを1枚の絵にまとめるの
やめてほしい)んですが、嫌な予感がしたのでクルマで移動することに。

map

案の定ってやつでしたが、家に帰ってからあらためてマップを眺めてみると、
とてもとても娘の行きたがっていたアスレチック 「冒険の森」 には辿り着けるわけなかった。
結局、恐竜公園では 「恐竜口」 から 「ディプロドクス」 あたりまでの範囲しか行動できて
いないことが判明。

前記事の最後の写真、青い恐竜がディプロドクスなんですけど、その先にまだ道があるとは
思えなかったんですよね。木が生い茂ってて昼間でも暗かったし。
ストリートビューで確認してみてようやく分かりましたが、後の祭りでした。

思えば茶臼山恐竜公園、今思えば動物園側から行けばよかったかもしれません。


IMGP0075

さておき、古いナビなので、若干の遠回りをさせられつつ、茶臼山動物園に着いたー。


IMGP0058

南口から入場すると、右手にフラミンゴ、左手にライオンとトラが出迎えてくれます。
しかも、トラなんかファミリーパークのよりも毛艶が良くて、これぞトラって感じで素敵。
恐竜公園で折れそうだった心がちょっと元気になってきました。


IMGP0059

まあ、暑いんで無駄に動かず寝てますが、貫禄はたっぷり。


IMGP0060

トラも同様。でも帰り際には起きて檻の中を歩き回ってました。
柵からも近いんで迫力あったなあ。


IMGP0061

Pokémon GO の最初のポケストップがココ、ジェフロイクモザルのコーナー。
ポケモンも捕まえれた気がしますが、何をゲットしたかは忘れました。


IMGP0063

ウホホッ


IMGP0068

入口で動物園だけの園内マップを入手していた娘に地図係を任せ、子供動物園を目指します。
ただ、ここもそれなりに高低差があり、かつ行き止まりも多いのでちょっと戸惑いましたね。


IMGP0070

オランウータンが唾を飛ばすらしく、道にこんなペイントがされていました。
そんなの見ちゃったら、怖くて近寄れないじゃん(苦笑


IMGP0071

わざわざ長野くんだりまでやってきて、地元富山から来たというカモシカを見るとは。


IMGP0073

あー、今日はやたら歩かされるなー。


IMGP0074

とはいえ、富山市ファミリーパークよりも飼育されている動物の数が多く、なかなかに目を楽し
ませてくれる良い動物園だと思います。


IMGP0078

そして、無事にお目当ての子供動物園に到着~。
モルモット、超かわゆい・・・。


IMGP0088

それにこの子ヤギがまた小さくてかわいいんですよ~。
一気に心のトゲが抜けてつるつるになっていきました。ちなみに隣りのコーナーではなぜか
ヤマアラシが飼育されています。


IMGP0099

IMGP0101

以前、ファミリーパークでの親子遠足のとき、入場者が多くて小さい動物に触ることができなか
った次男、嬉々としてモルモット狩りに挑みます。


DSC02476

当然ながら、自分で捕まえることなんてできないので、父ちゃんが優しく捕まえて膝の上に乗せ
てあげました。
うん、良い笑顔だ(笑


IMGP0104

子供動物園の向い側にはひっそりとカメが。


IMGP0106

こちらにもグレーチング好きなカメが一匹。


IMGP0107

最後にキリンを見て帰ろうと歩く途中に象舎がありました。
入口近くにいた飼育係の人から、「餌をあげてみませんか?」 と言われたので、
当然ながら前のめりで参加。

この象さんはアジアゾウのフー子さん。


IMGP0113

フー子さんの大好きな食パンをちぎっては投げる次男。はじめこそ全然届きませんでしたが、
だんだん届くようになったのは良かった。
自分の投げた餌を目の前で食る様子を見られたのは、とても良い思い出になったのではない
でしょうか。


IMGP0121

レッサーパンダ舎は小屋になっていて、とても近くで見られるのでよかったです。
室内の梁の上を行ったり来たりできるような構造になっているのが、レッサーパンダ的に
もいいですねえ。


IMGP0123

さっきまで屋内にいたフー子さんが、今度は外に出て砂浴びをしていました。
なかなかの迫力。


IMGP0130

そういえば本物の象を見るのって東山動物園以来だから、13年ぶりくらいか。
やっぱり大きい動物を間近で見ると、なんとなく威厳を感じますね。


IMGP0138

来たときには寝てたトラが起きていました。
柵越しに撮るの、本当に難しいし、近くにいた飼育員らしき人が同僚にずっと仕事の愚痴を
言っているのが気になって仕方なかったです。


DSC02481

さて、お腹も空いてきたし、帰ろうか。


DSC02482

食事は長野インター近くのおぎのやさんにて。
ここでも実は一悶着があって、動物園からここへ来るまでの間に眠ってしまった次男を
起こして連れてきたまではよかったものの、当然グズってグダグダになり、
腹を空かせた長男と娘も困惑、高速道路のSAまで我慢させようかとも思いましたが、
売店で売ってたトミカを買ってやることで宥めることに成功したので、やっとこさ食事に
有りつけた次第。

結局このお蕎麦も、機嫌の直った次男に大半取られちゃいましたけどね(苦笑
小鉢付けといてよかった。


帰り道は意外と早く、16時くらいに現地を出て、19時前には家に着いてました。
まだ外が明るかったんで、なんか不思議な気分になりましたね。
ふだん、日帰り旅行といったら帰りは外が真っ暗ってことが多かったし。

さて、動物園が娘にも好評だったので、来年あたりにまた行くかもしれません。
長野って思ってたよりも近いのが分かったし、今回の旅行も楽しかった。






スポンサーサイト

茶臼山に行ってきたぞ!①~恐竜公園編~


かねてから計画していた夏休みの家族計画・・・じゃなかった家族旅行の、茶臼山恐竜公園
~茶臼山動物園に行ってきました。
自宅からは片道3時間、往復400km のドライブでした。

DSC02459

今回は長男も参加、ていうかこういうイベントに付き合ってくれてありがたいというか、
精神的にはほぼ大人の人間がひとりいるといないのでは行って帰ってくるくらい違うので、
ずいぶん助けられました。

”楽しかった?” ってわざわざ訊くのも照れくさいほど丸一日自然体でしたね。


DSC02461

ドライブの途中、休憩という名目でポケストップのチェックがてらに名立谷浜SAへ。
モンスターボールの補充ができてよかったけど、レアポケモンはなし。


DSC02467

ドライブといえば、Pokémon GO がなくても途中のSAで寄り道するのが大好きなんですよねー。
基本的に真面目な性格で、つい休日の遊びでも根を詰めてしまうため、
こんな感じで息抜きをしている子供たちを眺めているのも至福の時間。


IMGP0043

というわけで、茶臼山恐竜公園に着きました。

この日の長野市の天気予報では、降水確率40%・湿度80%・15時以降より雨という情報だった
んですが、うすい雲が多めなだけでふつに晴れていました。
天候次第では中止にしようかと思っていただけに、来てみてよかった。


IMGP0047

んで、子供たちの反応ですが、公園の奥の方にあるアスレチックで遊びたい娘と、
名立谷浜で休憩したときにお弁当を食べずに小腹が空いた次男とで衝突が起き、
次男に食べさせてる間、長男と娘に先行しておいてもらおうとするも、
道が分からず戻ってくるなど、出だしから波乱の予感。

そう、この公園って案外高低差もあり、全体が見渡せないくらい広いというか、
むしろ山いっこがまるごと公園なので、ピクニック感覚で来るのは無謀なんですよ。
案内看板も不十分だし、こりゃふつうに太閤山ランドにしといたほうが良かった
かも、と思ってしまいました。

3時間もかけて来てみたけど、これかよ・・・。


IMGP0042

ただ、Pokémon GO のプレイヤー的にはかなりオイシイ公園で、各恐竜ごとに
ポケストップが設定されているため、モンスターボールの補充だけは捗りましたね。


IMGP0035

機嫌を取り戻した次男がようやくグズらずに歩いてくれるようになりました。
さて、どうすっかな。このままアスレチックのある場所まで行ってくれるかな。


IMGP0036

あと、たしか恐竜の形をした滑り台がどこかにあったはずなんだけど、
せめてそこだけでも押さえておきたい。

って、どこ押さえてんだよ?!


IMGP0049

IMGP0038

おいおいおいおい!!!(苦笑



IMGP0040

丘の上にあったティラノサウルス、この注意書きを見たとたん、おれの心が折れました。
たぶん、この先にいってもきっとこんな感じで 「恐竜の中に入れる」 遊具は遊べなくなってる
んだろうな・・・。

これは来る時期を間違えたのかも。


IMGP0055

さて、どうやってこのグダグダな家族旅行をリカバリーするかな。この時間のロスが恨めしいほど
空が晴れてきました。



つづく




Pokémon GO で遊ぶ午後


ようやく仕事が休みになったので、満を持してポケストップに突入してみました。

DSC02449

場所は、近所のマック。
近場ではいちばん盛り上がっていそうなスポットではと期待していましたが、そうでもなかったです。
店内はガラガラで、ひとりだけそれっぽいのがスマホ片手にくるくる回ってました。


DSC02446

今回のハッピーセットは男の子にはタイムリーなポケモンと、小学生の女の子がキュンキュンする
らしいファッションブランドアクセサリーなるものだそうで、それを欲しがる娘と利害が一致したため、
ふたりでマックに来ることになりました。

ちなみに、ポテトのMサイズは食べきれないので、Sサイズがちょうどいいという理由でよく注文
しますねー。


DSC02450

ポケモンのおもちゃはなんだかんだと自宅にたくさんあるので、ふたりぶん頼んだハッピーセット
のおもちゃは全部女の子用を選択。
SISTER♥JENI のリボンカチューシャと、RONI のクリアバングルをゲットしてホクホクの娘。


IMG_6070

おれは初めて入手したタマゴというものの使い方が分からず、「ふかそうち」を使わずに歩いて
たわー(苦笑


DSC02452

食事のあと、ちょっと買い物をして岩瀬スポーツ公園へ。
富岩運河環水公園の見晴らしの丘から移植されたふわふわドームで久しぶりに遊びました。


IMG_6071

しかし、ここもまたポケストップなのだよ。

いやあ、ふだんよく遊びに来る公園がこんな感じになるのは不思議な気分ですねえ。
夕方には次男と稲荷公園に行くつもりでしたが、天候不順であきらめました。


DSC02455

ちょっと気づいちゃったんですけど、Pokémon GO 側の写真、画像反転じゃね?


IMG_6073

そして、ここへ来るときに道を一本間違えてテニスコート側の駐車場に停めたことから
ジムバトル会場にスムーズに行けたというミラクルが。


IMG_6074

勝手がよく分からないまま始めたけど、負けちゃいました・・・。


IMG_6077

そうこうしているうちに、「ふかそうち」に入れていたタマゴに反応が!


IMG_6078

来るで、来るで・・・。


IMG_6080


キターーー!!!
何気に微妙だけど、まあいいか(苦笑


IMG_6067

といった感じで、外での ポケモンGO 遊びはまあまあ楽しかったです。
ふだんは朝自宅内で遊ぶのが日課となりそうなので、Nexus 7 (2013) にも入れてみました。
画面サイズ的にはこっちのほうがモンスターボール当てやすいんよね。


Pokémon GO


ポケモンGO、なんだかどえりゃーことになってますよねえ。
ほんと、老いも若きもこぞってプレイしている印象で、まさに社会現象・・・!

そして、配信日から今日までの間に、やれクルマの運転中にプレイしてて検挙されたとか、
プレイに夢中になっててひったくり被害に遭っただとか、早くも人間の業の深さが露見して
きましたね。GOだけに(←言いたかっただけ

以前、任天堂がスマホ向けゲームに参入すると聞いて、ビジネス展開が想像できなくて
不安だったんですよね。
ゲーム内課金というシステムにいちばん遠いところにあるイメージの会社なだけに、
どんなゲームを出すんだろう?と。
プレイヤーの90%が「課金しない」と答えているような状況で、どうやって利益を出すんだ
ろう?

実際に狙ったものなのかは分からないけれど、”任天堂らしい”と思わずニヤリとして
しまう、そんな答えが実はありました。

たしかに、この Pokémon GO は、ゲームを有利に進めるためのアイテムを、課金することで
購入できて、そのアイテムの中には30分の間だけ野生のポケモンを呼びやすくする”おこう”
というのがあるけれど、面白いのはそれを使うことで有利になるのは何もプレイヤーだけでは
ないってこと。

たとえば、屋台でかき氷を売る仕事をしているとしよう。出店するならポケストップの
近くがいい。
そこでそのポケストップにアイテム課金で購入したルアーモジュールを発動させることで、
野生のポケモンが寄ってくる←自分だけではなく、他のプレイヤーにも効果があるため、
皆こぞって捕まえにくる←あら、こんなところにかき氷屋が・・・。ちょっと冷たいものでもいれてくか!
みたいな感じで展開することができるので、個人のプレイヤーが課金せずとも、
むしろ個人事業主が課金することでウィンウィンの関係になれちゃうってことだよね。

ちなみに、”おこう”の場合は自分にしか効果がないので、注意が必要。

たった30分の効力だけれど、個人事業主なら来客数を増やすためにじゃぶじゃぶ課金して、
バルサンなみにモクモクおこう炊いちゃうよね、きっと!

そういう仕組みが成り立つという意味で、位置ゲーを選択した任天堂ってすごいなあ、と。
思わず ”枯れた技術の水平思考” (by 横井軍平)って言葉を思い出しちゃったよ。
スマホはもう普及しきっているし、位置ゲーの雄である Ingress を作ったナイアンティック社の
協力を得ることで、ナイアンティック社が培ってきたAR技術と、”ポケモンを捕まえる”という
ゲームシステムをじゅうぶんに活かすことができるわけだ。


IMG_6020

と、いうわけで Android 版のリリースから遅れること正味1時間でしたか、配信日に iOS版を
ダウンロードしてちょっとだけ遊び始めていました。
ただ、情報収集をじゅうぶんにしないままだったため、ピカチュウを取りそこねちゃった・・・。

【ポケモンGO攻略】最初の1匹をピカチュウにする方法 - ファミ通App

んで、まあふつにヒトカゲちゃんですよ。聞けば御三家(ヒトカゲ・ゼニガメ・フシギダネ)は
どれも能力に差はないそうなので、気分で選んでも問題ないかと。


IMG_6021

ニックネームを決める段になって、ちょっと行き詰まりました。
おいおい、ひらがなはダメだってか?←人の話は聞かない、取説は読まない派。
ポケモンといえば名前は平仮名かカタカナだろうが!と思いながらもダメなもんはダメ
だったので、めんどくさくなって SNS上の名前に合わせたニックネームにしてみました。


IMG_6024

そして、プレイ開始後すぐにゲットできたのはニャースだったニャ!

ちなみに自宅での捕獲です。ていうか、ずっと仕事だったので、これまでポケモンを捕まえ
たのは最初の一匹以外、ぜんぶ自宅内だったりします。

・・・あれ? このゲームってたしか、外に出てたくさん歩かないといけないはずじゃなかった?
まあ、いいや。休日に娘と出かける予定なので、出先でいろいろと試してみようと思います。


さて、我が家とポケモンのことを少しだけ話すと、ピークは2010年リリースの”ブラック・ホワイト”
で、以降はめんどくさくなって誰も見向きもしてませんでした(苦笑
あのときは Nintendo DSi だったかな、長男と競争しながら遊んだっけ。

GRP_0078

そして、最初にポケモンに夢中になったのは2005年、嫁が娘を妊娠していたときに、深刻な
切迫早産で3ヶ月の間入院しないといけなくなり、そのときの寂しさを紛らわすためと、
お見舞いに行くときのモチベーションを上げるため、病院近くのコンビニで人形入りの食玩を
買ったのがキッカケでした。

パンダも好きだけど、ポケモンも好きになった長男。決して ”さみしい” とは口に出さなかった
子だけど、態度にはいろいろと現れていたなあ。
子どもに手を上げたのはこのときが最初。それ以来はない。

子どもを育てることで、親も育つんだと気付いたのはこの時期だった。


そんな記憶を内包しつつ、ポケモンを捕まえたことに一喜一憂している姿を家族に笑われて
いる父ちゃんなのであった。




go is GONE


ポケモンGO、ついに日本国内で配信されましたね。

おれもさっそくダウンロードして、遊び始めたところですが、時を同じくして別のGOがその生涯を
終えました。

DSC02445

最近になって、一時紛失していたUSBケーブルが見つかった PSP go、その後またしばらく
ほったらかしにしていたら、充電もできなくなり、完全に沈黙。

思えば早すぎたともいうべき不遇の名機、おれも稼働率を上げるために禁断の CFW を突っ込
んでファミコンやゲームボーイのエミュレータを入れたり、PSPのゲームタイトルをISOイメージ
から読み出せるようにしたりとか、ポータブル機ということをいいことに、ずいぶん危ない橋を
渡りました。

ポケモンGO のリリースのこのタイミングで画面上に初代ポケモンの画像でも表示させてSNS
で公開・・・したら炎上しちゃうだろうなとか思ってた矢先でした。



いつか訪れる運命とはいえ、なんというタイミング・・・。

サポートは 7月31日で打ち切りときたもんだ。


この先、こんなとんがったゲーム機は発売されないと思うので、ちょっと惜しいなあ。


茶楽音人 Co-Donguri - 雫


TTR株式会社が設計から製造、販売まで手掛ける ”茶楽音人(さらうんど)” ブランドのイヤホン、
Co-Donguri - 雫 (こどんぐり - しずく) が大分経由福島方面から届いたー。

DSC02439

カラーは気分でSmoky Gold を選択。
そうそう、けっこう軽いんで装着感は薄いです。


DSC02442

初めて使うブランドのイヤホンですが、コードが細くて柔らかいので取り回しがラクだぞっと。


DSC02440

イヤーピースはそのまま標準的なMサイズを使います。
このイヤホンの装着のコツは、耳の穴にねじ込むように装着することで、よりダイレクトに
鼓膜に音が届かせることができることかしら。

内角をねらいえぐりこむように打つべし的な。


DSC02441

まあ、こういうのはスペックどうこうよりも、聴いてみて好きかきらいかなので、さっそく試して
みまーす。

ここで注意しないといけないのは、再生機側のイコライザーまわりの設定。
イヤホンごとに特性は違うので、それぞれに合うような好みのセッティングをしないことには
アンフェアな感想を持ってしまう危険があります。

前回、DIME 8月号の付録のイヤホンに合わせたままのセッティングだったのため、
高音のキツいクラシック番長かと誤解しそうになりましたが、
DSEE HX をオン、ハイレゾ音響設定をオン、ClearAudio+をオフにすることで、どのジャンルも
聴き疲れない感じになると思います。知らんけど。

古めの音源だとさらにちょうど良く、逆に星野源だと太すぎ、秦基博だと眠く、岡崎体育だと騒がしい
感じなのがちょっと気になるかなあ(個人の感想です)、最近のヘビロテなんだけどなー。
ていうか、そもそも NW-A16 のボリュームのせいもあると思うのよね。
もうひとコマ欲しいというか。

The Beatniks の 「初夏(なつ)の日の弔い~ONCE UPON A SUMMER FUNERAL~」のリマスター
はドンピシャで聴ける感じで、←分かりにくい 高橋幸宏の音が好きならアリな印象。

勢いで手に入れたイヤホンでしたが、思いのほかふだん聴く音楽と相性も良く、気に入りました。
これからエージングをしながら、眠れぬ夜のお供にしようと思います。


そろそろ、ハイエンドな再生機が欲しくなってきそうで怖いです。


ゴジラ全映画DVDコレクターズBOX Vol.1


ジュラシック・パークシリーズを観せてからというもの、毎朝次男に長男のお下がりのブロック
で恐竜(ティラノサウルス1体のときもあれば、ラプトル2体、たまにスピノサウルス)を
作らされているむっちーです、こんばんは。
いやあ、ブロック遊びって、限られた数と形状のブロックからイメージ通りのものを組立図も
ないままで象るわけですから、非常に奥深いものだなあと思いました。

使っているのはレゴブロックの乳幼児期版のデュプロってやつなんですけど、ちょっと前まで
1セット追加投入しようかとも考えてたんですが、上記のように ”限られた数と形状” という
条件下で想像力を働かせて遊ぶことのほうが大事だと思って、そのままにしてます。

DSC02435

そんな次男に、最近 BSプレミアムで放送されていた、『ゴジラ×モスラ×メカゴジラ 東京SOS』
を観せてみたら思いのほか食いつきが良かったのと、テレビCMで見たときにガン見してたので、
観念して購入。

講談社発行の隔週刊もの、ゴジラ全映画DVDコレクターズBOX Vol.1 でございます。
買って帰って中を開いてから、その資料的価値の高さに気づき、おれは決心しました。

これは、幼児に見せるべきものではないッ・・・!

最新劇場公開作品となるであろう、”シン・ゴジラ”はいっしょに観に行くとは思いますが、
この本は、ずっと後になってから見せるべきとみた。
それくらいに小さなおともだち向けというよりも、大きなおともだち向けの内容だったからね(苦笑


DSC02436

かくいう自分も、言うほど怪獣映画に触れて育ってきたわけではないんですが、発刊を機に
復刻された印刷物の数々を見るにつけ、

これは、おれ自身も見るべきものではないッ・・・!


と、思っちゃうほどの濃度が漂ってきますなあ・・・。


DSC02437

いつか来るべきときのために、この封は開けないでおこう。

いつだったか”孤独のグルメ”の新作が掲載されてるというだけで買った雑誌の袋とじに入っていた
大西結花のグラビアのように、来るべきときのために開けないでおくのだ。


DSC02438

付録のDVDは、2年前にもBSプレミアムで放送され、最近も同チャンネルで放送された(録画済み)
いわゆる”60周年記念デジタルリマスター版”ではなさそげなので、こちらも未開封決定。


以上で、買ったのに開封しないと心に誓ったレビューを終わります(ぉ

Vol.2 以降は発刊の都度、テキトーにつまみ食いしようかと思ってます。
まあ、ゴジラ対キングコングはちょっと観てみたいかな。




さて、ここからが本題(ぇ

おれがなぜ怪獣映画にほとんど触れることなく人生を歩んできたか、作品の公開年と自分の
人生の節目とを照らし合わせてみて、今さらながら理解しました。

①1975年、おれ爆誕 - 第15作:メカゴジラの逆襲、公開。
・・・生まれたてなので観れるわけがない。

②1980年、おれ5歳 - ゴジラ作品空白期間、ガメラは第8作:宇宙怪獣ガメラが公開。

当時、2歳下の妹の子育てと、たぶん実母の腹の中には末の妹が入っていたかという時期のはず
なので、映画どころではなかったはず。
ちなみに、おれは経済的な理由から幼稚園には年長からしか通わせてもらえなかったため、
同年代の子との遊びの内容に乖離が生じている。

③1984年、おれ9歳 - なんとかギリギリ記憶に残っている唯一のゴジラ作品が、この1984年のゴジラ。

劇場で観た記憶がなく、しかもフナムシ怖いという印象しか残らなかった。
でも、造形的にはこの頃のがいちばん好きかな。
そういえばチョロQかなんかで、走らせたら口から火花出る玩具なかったっけ?


④1989年、おれ14歳 - 第17作:ゴジラ vs ビオランテ、公開。

元号が平成になりましたね。
このときすでにスターウォーズシリーズや、ロボコップ(1987年)に劇場版AKIRA(1988年)と、
クオリティの高い作品群を体験していたため、怪獣映画に興味が湧くことはなかった。
テレビ放映で観た記憶がうっすらある程度で、あまり印象がない。

⑤1991年、おれ16歳 - 第18作:ゴジラ vs キングギドラ、公開。

高校生になって授業中に「寄生獣」の単行本を悪友たちと回し読みしたり していたため、
怪獣映画に興味(ry また、食費をケチってまで LPやCDを買い漁ってた時期でもあった。

⑥1993年、おれ18歳 - 映画「ジュラシック・パーク」の第1作目が日本上陸。もう、こんなん見せられたら

着ぐるみの怪獣映画なんて、なんかの冗談にしか思えなくなる。
この年、今の会社に就職。ちょうどスターウォーズ特別篇のLD-BOX が発売されたころでしたっけ?
すでに洋画にしか興味が湧かなくなっていたなあ。

⑦1995年、おれ20歳 - アニメ「新世紀エヴァンゲリオン」が初TV放送。

富山では見られなかったので、会社の同僚にVHSを又貸しさせてもらって見たのが翌96年以降だったかな。

⑦1998年、おれ23歳 - ローランド・エメリッヒ監督のハリウッド版ゴジラ、公開。
VFXに関して言えば、実はそんなに嫌いじゃない。

⑧2000年、おれ25歳 - 第24作:G消滅作戦、公開。

4年前に結婚し、長男が生まれたのがこの年。
仕事でラジコンに携わることになり、高じて地元のラジコンチームに入った(ぉ
この当時は音楽も聴かず、映画も観なくなっていた時期。



2004年公開の第28作:FINALWARS のころには、長女を産むために嫁が長期間入院する事態に陥って
いたので、映画どころではなかったし、2010年にはラジコンも休止し、カメラが趣味になりつつあった。
α55を衝動買いして死蔵してたなあ。


という感じでざっとまとめると、清々するくらいに怪獣映画に縁がない生活を送っていました。

2016年には”シン・ゴジラ”が封切になるはず。きっと次男は怖がるだろうけど、興味があるうちに観せて
おこうかと。おれ自身は興味は半々ってところだけど、エヴァンゲリオンからの流れで観てみる価値は
あると感じている。あくまでも、庵野秀明が携わった作品という目線で。


富山市稲荷公園に行ってきたぞ!③


葬儀の翌日、おばあちゃんがお世話になった施設へと会葬のお礼の挨拶に行き、少し仮眠を
したのち次男を保育所まで迎えに行って、いつもの公園に遊びに来ました。
こうして少しずつ日常を取り戻していくものなのかな。

IMGP0016

そういえば、北陸地方って梅雨明けしたんだっけ?


IMGP0010

公園では、いつも知らない子とその親でさえも巻き込んで遊びまわる次男。
こちらとしても照れくさくて仕方ないんですが、子供には常に無邪気であってほしいといつも願って
いるので、まあいいか。

ついしんみりしがちなお葬式でも、この子がいてくれたおかげでみんな笑っていられたしね。


IMGP0014

ひととおり遊具で遊んだあとは、稲荷町駅の近くまで行って地鉄電車を見に行くのがいつもの
コース。
途中、気に引っかかったままのサッカーボールを見つけました。


IMGP0015

さっそく拾って遊ぶよ!
このほうが早く目的地に誘導できるから便利。


IMGP0023

IMGP0020

IMGP0031

この日撮れた車両は、先日富山空港で買ってきたチョロQと同じ車両番号のものでした。
岩峅寺まで行くってことは、あの鉄橋を渡るのね。さすがに追いかけたりはませんが(笑

そのうち次男を連れて、ちょっと電車旅でもと思ってはいるんですが、どうしようかな。




HERE, THERE & EVERYWHERE


ばあちゃんを、無事に見送ってきました。

IMGP0987
[ PENTAX K-3II / SIGMA 18-300mm F3.5-6.3 DC MACRO HSM ]

友引をはさんでの19日に本葬が執り行われたのですが、火葬場へ行ったあとにまた会場に戻り、
焼かれている間に初七日の法要を済ませるというエクストリーム葬儀でした。


夕方、帰って来たお骨を親族一同で拾って骨壺に収め、自宅へ連れ帰って解散し、
まだ片付けが残っている嫁を実家に残して、役立たずの男連中(おれ・長男・次男)はアパートへ
帰宅。

受取り予定だった修理上がりのカメラも、時間が遅れてしまったけど受け取ることができた。

いつもどおりの生活にまた戻ろうとしているように見えましたが、ときおり次男が思い出したように
「ばあちゃん、骨になったん?」 「ばあちゃん、なんで死んだん?」 とふいにジャブを放ってくる
んです。(手に持っていたのはおりこうさんだったご褒美にあげた忍者刀でしたが)


「ばあちゃんに、なりすぎたからだよ」 


4歳児相手に、こんな返事しかしてやれなかった。


晴れ女だったというばあちゃん、この日もとても良い天気で、夜には大きくてきれいな月を
見ることができました。



Welcome back


オールドレンズ遊びをしていたときにマウント部に付けたキズ、実撮影にはまったく影響しない
ため、気にしないようにはしていたんですが、ちょっとだけ引きずっていました。
仮に交換したとしても、そのうちまたキズは付くものだし、キリがないよなあと思いながら・・・。

んで、あるときふと思い立って、メーカーのサポートへ問い合わせてみたら、概ね6千円くらい
との見積もりだったので、花菖蒲とか紫陽花を撮り終えたころに交換に出すことにしたんですが、
出してみれば代引手数料も込みで2千円ちょっとという結果に。


DSC02433

というわけで、帰ってきました。
文字通りピッカピカです。でもたぶんまたキズが付くんです。


DSC02434

とはいえ、このカメラの不在の間に再評価の声が高まった愛用の SIGMA 17-70mm とともに、
この夏は、ちょっとしたお出かけにも連れて行こうと思います。


sd Quattro はあくまでも作品撮りの方向性ってことで、マウント交換やレンズの買い増しはしない
と思います。たぶん



初夏(なつ)の日の弔い


嫁んところのおばあちゃんが亡くなりました。

DSC02427

一昨年末だったか、十二指腸穿孔を患って(この年代の人は我慢強いので、かえって症状が悪化
することが多い)死線を彷徨ったかと思えば奇跡的に回復し、自宅介護と施設を行ったり来たり
しつつも、この日を迎えるまで生きていてくれました。

おれが嫁んちへ嫁いでからの約20年、半分は恍惚の人となって、ほとんどコミュニケーションが取れ
なかったのがちょっと辛かったんですが、それでも家にいてくれるだけでもありがたかった。
それもいよいよ施設のお世話にならないと、今度は義母のほうがしんどいよねってことになって、
家を離れることになったのが昨年の11月のこと。

それから半年後に、ようやく会いに行けた(子供の塾の送迎と、ばあちゃんのお世話を義母や嫁と
手分けしていたので、なかなか行けなかった)のが10日前だったかな。
あのときはもう、すべてを諦めたかのような目をして、背中を丸めて横になっていた。

顔の骨格がね、嫁にそっくりなもんだから、これと同じシーンを半世紀後にまた見ることになるのか、
または自分の方が先にしれっと逝っちゃうのか複雑なきもちになって施設を後にしました。

その後、食事を摂ることも拒むようになったと聞いて、別れが近いことを悟りました。


DSC02426

こんな話をブログに書けるのは、直接の血縁ではないかもしれないからかもしれないけど、
すべての苦しみから解放された人の顔が、こんなにも安らかでまるでふつうに眠っているように
しか見えないのはちょっと驚きましたね。

不謹慎ながら、あだち充原作の某野球漫画の名台詞が脳裏に浮かんだのは内緒(ぉ

それくらい、薄く死化粧をしてもらった寝顔は、数年来の視線の定まらない表情のままではなく、
まだ元気だったころの面影を思い出せてくれて、この日ようやくばあちゃんが”帰ってきた”んだ
と感じました。

おれ自身は、ばあちゃんの役に立った記憶がないので、嫁を子供の頃から可愛がってくれたこと、
孫たちを優しさで包んでくれたことへの感謝の言葉を告げて、仏間を後にしました。


DSC02431

涙を流すのは、本葬のときまでに取っておくことにして、次男と近所の公園へ。
幼いこの野郎は、ちゃんと”死”を理解しているのだろうか・・・。


DSC02429

さて、友引をはさんで19日は本葬。この昔ながらの暦のおかげで、通常よりも長い時間、
自宅で寝てもらうことができました。
お通夜の会場なんかだと、ゆっくり話しかけられなかっただろうしね。


ありがとう、ばあちゃん。



JETLINER V -TIME SPACE- / LUKE H. OZAWA


2014年11月、EOS 7D Mark II の発売のタイミングに合わせてBS朝日で放送された、
『キヤノンプレゼンツ The Photograpahers』 (ナレーションは松重豊!)で知った写真家の一人、
ルーク・オザワ氏の作品集を買いました。

DSC02421

”JETLINER” と題されたシリーズの最新作、”TIME SPACE -時空 -” でございます。
SNS上でのとある方のポストで発売を知り、とある理由で近所の大型書店や amazon ではなく、
出版元からの直販で購入。


DSC02422

だって、直販限定の直筆サイン入りなんですもの!


ちなみに、イカロス出版のオンライン書店で注文する際、備考欄に「サイン本希望」 と記入すると
オザワ先生のサイン入りのが8月以降ご自宅に届くお!


DSC02423

なにが嬉しいって、地元の富山空港で撮られた写真が掲載されてるとですよ!
最近も行ったばかりだったので、一人でガッツポーズしちゃいました(ぉ


DSC02424

滅多に来ない B787 をちゃっかり押さえていらっしゃるあたりに軽くイラッとしますが(嘘です、
撮影ポイントが分かるだけに、とても参考になりますね。

実は毎月の勤怠スケジュールが決まったとたん、富山空港発着便の機材を調べるのを習慣に
しているんですが、なかなか休日に B787 とか B777 が来てくれなくてモヤモヤしてるんですよね・・・。
いつか、sd Quattro で B787 を撮るのが目標でっす。


DSC02425

この作品集の良いところは、巻末に撮影時のデータと簡単なレビューが紹介されているところ。
今回の富山空港での撮影では EOS 7D Mark II と、EF100-400mm f4.5 -5.6 IS II USM を使って
おられた様子。手持ちの飛行機用機材ではどちらも旧型を持っていますが、参考になりますねー。

あと、C-PL フィルターを使っての撮影のようで、ふだんそういったフィルター類を使ったことが
ないので、そのうち試してみたいと思います。



sd Quattro で富山地鉄を撮ってきた


夏休み中の部活に行った長男を学校まで迎えに行く前に、時間を作って電車を撮りに来ました。
富山地方鉄道上滝線は大川寺駅と岩峅寺駅の間にまたがる常願寺川の橋の上でございます。
ここに来るのは約2か月ぶりでしょうか。

SDIM0063

前回は dp0 Quattro で撮ってみて、悪くはないんだけど良くもない感触だったので、
ちょっと気になってたんですよね。
ちなみに、そのときに撮った編成は、最近チョロQで買ったのと同じ車輌でした。
そういうこともあるので、何気に富山地鉄が嫌いにはなれません。


SDIM0060

電車が来るまで時間があったので、橋の上を往復しながら構図の確認をしつつ歩いていたら、
ここらへんかな?という場所に目印を見つけました。
ウルグアイ産の紙巻きたばこ、ARKROYALの残骸ではありますが、こんなのですらこの発色
なんですから、
河川敷に落ちてるエロ本とか撮ったらもっと面白くなるんじゃないかと思ったりして。←


SDIM0053

手持ちのSAマウントのレンズは 50-100mm しかないため、この構図は選びませんでしたが、
24mm が手に入ったら、試してみたいと思ったのがこの構図。
縦構図で、川の水といっしょに撮れたらいいな、なんて。


SDIM0059

ときおり意識が鉄の錆や石の変色の部分に飛んで行ってしまって、現像に困る写真をたくさん
撮っちゃった(汗

そうそう、植物園での撮影時に経験したフリーズ現象、本体内で写真の削除をすると発現するという
話を聞いたので、イマイチだったかなーと思う写真も消さずに撮り続けてみたら、
最後までフリーズしませんでした。

相変わらず、電源入れたまま3~5分ほどブラブラしていると、温度上昇アラートが出ちゃいますが。


SDIM0069

眼下を流れる川を泳ぐイワナでしょうかね、魚が数匹泳いでいました。
どこにいるか、探してみようー


SDIM0065

とかやってるうちにようやく電車が。これはイマイチなほうの写真。
まあ、何らかの記録にはなるでしょう的な開き直り方で消化しまーす(ぉ


SDIM0074

んで、次に来た終点の岩峅寺駅行きもイマイチな撮り方をしてしまったため、数分待って戻って
きた14760系の第3編成を撮影。
AFが他メーカーの最近の一眼レフと比べてちょっとのんびりしている sd Quattro で、
連射もせずに一発で日の丸構図で撮るのって、逆に難しんだよねとか言ってみる。


SDIM0077

今日の会心の一枚。

大川寺駅で停車したところを撮りました。横構図でも撮ったけど、このロケーションで遠近感
を生かすなら、やっぱり縦構図っしょ!
ちなみに、この編成とは 2014年の10月に出会ってましたね。

さて、曇りのち晴れの天候の続く北陸地方ですが、明日からは雨模様が続く見込み。
とりあえず曇り空でも、正午くらいの日照ならふつうに撮れるのが分かったので、次の休みには
どこへ撮りに行こうかあれこれ考えながら過ごそうと思います。

子供たちが夏休みに入ったら、こんな大きなカメラ持ち歩けないのが目下の悩み(苦笑








富山空港で買ってきたものとか


せっかく空港まで来たので、展望台(4F)から2Fの土産物売り場まで来てみました。
目当ては特に考えていなくて、飛行機のミニチュアで面白いものがないかなーとかぼんやりと
したイメージしか頭になかったんですが、ついうっかり衝動的に衝動買いしちゃったのが、これ。

DSC02420

ネタ的にはちょっと古いと思いますが、富山が舞台となった映画 『RAILWAYS 愛を伝えられ
ない大人たちへ』 公開記念グッズのチョロQでおま。
元西武鉄道とか、元京阪電鉄とかじゃなくって、ちゃんと富山地鉄用として製造された14760系
攻めてくるところがオトコマエ。

もしかしてだけど、これふつうに富山駅でも売ってたりしてそうだよね(爆


DSC02416

電車は見るのも撮るのも乗るのも好きな方で、最近は次男と公園まで遊びに来たついでに写真
撮ったりすることが多くなった富山地鉄。
乗ったことは数回程度しかないけれど、しょっちゅう見るようになるとなんだか愛着が湧いて不思議。

写真の塗装は通称”だいこん電車”と呼ばれているもの。グッズの商品名にもなってました(笑


DSC02417

こっちは”かぼちゃ電車”。毎朝の通勤時、朝8時40分ごろに滑川市を通過すると、国道8号線の
高架近くで見ることができるので、ちょっとした目印にしています。


DSC02414

あと、毎週月曜日に富山駅北まで長男を送っていく途中に何度も見かけるLRT、富山ライトレール
のチョロQも買いました。カラバリがあるので迷いましたが、玩具映えするライトグリーンを選択。
これだけが次男に見つかってしまい、記事にする前に開封させられてしまいました(苦笑


DSC02415

おおぅ、ゲイがコマネチ・・・じゃなくて、芸が細かい(
ちゃんと行先表示が印刷されている手の込みように胸がキュンとなる瞬間。


DSC02418

特に意識して収集する気はなかったけれど、こうして揃えてみると、なんか背景の写真でも用意
して富山のイメージ画像でも作ってみたくなりますね~。

あ、そういえば空港に行ったのに飛行機のミニチュア探すの忘れてた・・・。



sd Quattro 持って中央植物園に行ってきた


富山空港での撮影が思いのほかスムーズに済んだので、対岸にある富山県立中央植物園
に来てみました。

チケット買おうと千円札突っ込んだら一撃で券売機が発券中止になって係の人が飛んで
来たのは良い思い出(

SDIM0019
[ SIGMA sd Quattro / SIGMA 50-100mm F1.8 DC HSM | Art ]

”友誼牡丹” (ゆうぎぼたん)


SDIM0021
[ SIGMA sd Quattro / SIGMA 50-100mm F1.8 DC HSM | Art ]

友誼牡丹の葉


SDIM0022
[ SIGMA sd Quattro / SIGMA 50-100mm F1.8 DC HSM | Art ]

”粉松球” (ふんしょうきゅう)


SDIM0023
[ SIGMA sd Quattro / SIGMA 50-100mm F1.8 DC HSM | Art ]

今回の現像では、いわゆる Foveon っぽい濃い~のは避けて、ディティール重視で仕上げました。
あと、どうも北陸で暮らしていると鮮やかな緑を見る機会が少なくて、ギラッギラの緑の葉の色とか、
逆に違和感憶えるんですよね・・・。


SDIM0026
[ SIGMA sd Quattro / SIGMA 50-100mm F1.8 DC HSM | Art ]

蓮の池に金魚。


SDIM0029
[ SIGMA sd Quattro / SIGMA 50-100mm F1.8 DC HSM | Art ]

サラセニア(ウツボカズラ目サラセニア科)


SDIM0031
[ SIGMA sd Quattro / SIGMA 50-100mm F1.8 DC HSM | Art ]

SDIM0035
[ SIGMA sd Quattro / SIGMA 50-100mm F1.8 DC HSM | Art ]

SDIM0043
[ SIGMA sd Quattro / SIGMA 50-100mm F1.8 DC HSM | Art ]

”悪だくみ”

これは被写体がカラスなだけに、モノクロで仕上げたら面白かったかもね。


SDIM0044
[ SIGMA sd Quattro / SIGMA 50-100mm F1.8 DC HSM | Art ]

SDIM0046
[ SIGMA sd Quattro / SIGMA 50-100mm F1.8 DC HSM | Art ]

SDIM0047
[ SIGMA sd Quattro / SIGMA 50-100mm F1.8 DC HSM | Art ]

SDIM0049
[ SIGMA sd Quattro / SIGMA 50-100mm F1.8 DC HSM | Art ]

園内ではまだ紫陽花が少しだけ生き残っていました。この時期でまだこれだけ残っている
のなら、来年はもうちょっと早めに訪れてみようと思いました。


と、まあこんな感じでいつものようにぷらぷらと散策しながらの撮影をしてみましたが、
相変わらずの温度アラームが数度に、フリーズも2回程度経験しました。
幸い2本ある手持ちのバッテリーは本体ではなく、バッテリーグリップ側に入れていたため、
リセットはバッテリー2本をグリップから外すことで容易に行えましたが、不安要素がまたひとつ
増えた感じです。

このへんはユーザー側からの声をフィードバックしてもらうことで改善していただけるとして、
SIGMA様の今後ますますのご発展を祈願しまして、今日の撮影散歩を一本締めで締めたいと
思います。


いよぉ~お!


sd Quattro 持って富山空港に行ってきた


前回までのあらすじ―

3900万画素相当の Foveon X3 Quattro センサーを搭載した SIGMA のミラーレスカメラ、
sd Quattro を手にしたむっちーだったが、北陸地方の天候は曇り空。
晴天番長に連なる系譜のセンサーを積んだカメラなだけに、満足なコンディションで試写が
できそうにない不安を抱えつつ、一路富山空港を目指すのであった・・・。

DSC00023

少しでも晴れ間があるようなら、ちょっと神通川の河川敷まで行って、離陸する飛行機でも
撮ろうかと思ったんですけど、天気がイマイチだったので久しぶりに空港の展望台に行き、
”飛んでない飛行機”を撮ることにしました。

空港へは数年に一度の割合で足を運んだことはありますが、展望台に来るのは約13年ぶり。
写真に写っているのは、次男ではなく当時2歳9ヶ月の長男(!)と、機体ロゴがまだ”全日空”
だったころのB747あたりでしょうかね。2003年の6月12日のことでした。


DSC00019

写る仕草がいちいち次男っぽいけれど、当時の愛くるしさは次男以上だったなあ。
ひとりめの子供ということで、子育ても探り探りやってた記憶があります。
発話の遅い子でけっこう心配したのも懐かしい思い出。

そうそう、情操教育的な意味で、パンダのぬいぐるみを買い与えてから本気出しましたね、
この子は。


SDIM0001
[ SIGMA sd Quattro / SIGMA 50-100mm F1.8 DC HSM | Art ] - ISO 100 f/6.3 1/500sec.

さて、記念すべきファースト・ショット。明るいレンズなので非常に撮りやすいですねー。
あと、1・2枚目の写真を除いて、 sd Quattro で撮ったこの記事の写真は、すべて JPEG 撮って
出しです。
dp 0 Quattro のような場合によっては現像で補正したくなるような独特な発色もなく、
とても素直な印象。

過去に何度となく SD1 Merrill を買おうと悩んでいましたが、茨の道を進まずに来て良かったかも。
先人たちよ、ありがとう(ぉ


SDIM0002
[ SIGMA sd Quattro / SIGMA 50-100mm F1.8 DC HSM | Art ] - ISO 100 f/6.3 1/500sec.

飛行機も好きですけど、空港設備および専用車両も大好物♪
なかなかのディティール。


SDIM0007
[ SIGMA sd Quattro / SIGMA 50-100mm F1.8 DC HSM | Art ] - ISO 100 f/6.3 1/500sec.

これは想像以上に人工物と相性が良いカメラかも。フルサイズと見紛うばかりに良く撮れてます。
今度は富山機関区に行って電気機関車撮らなきゃな(ぉ


SDIM0006
[ SIGMA sd Quattro / SIGMA 50-100mm F1.8 DC HSM | Art ] - ISO 100 f/6.3 1/500sec.

さて、この B737-800 (機体番号JA71AN)、実は昨年の10月に天皇皇后両陛下が来県された際に、
帰りの便の専用機として利用された機体でございました。
今日は札幌へ飛ぶ NH1181 として運用されていた模様。


SDIM0017
[ SIGMA sd Quattro / SIGMA 50-100mm F1.8 DC HSM | Art ] - ISO 100 f/5 1/1000sec.

管制官の姿が2人に見えますが、この空港ならそんなもんでしょう。
往復便合わせて一日14便だもんね・・・。


SDIM0013
[ SIGMA sd Quattro / SIGMA 50-100mm F1.8 DC HSM | Art ] - ISO 100 f/5 1/1000sec.

さて、滑走路に入り加速を始めました。


SDIM0014
[ SIGMA sd Quattro / SIGMA 50-100mm F1.8 DC HSM | Art ] - ISO 100 f/5 1/1000sec.

飛んだ!

ほっかいど~、でっかいど~(意味不明


とまあ、こんな感じでいつもの調子で使え、かつ高精細な写真を残せる良いカメラだと思います。
ただ、撮影していた15分の間に、本体内部の温度上昇を警告するアラートが数度出て、
仕方なく電源オフにすることが3回ほどありました。

この現象は、このあと記事にする予定の植物園での撮影時にも頻発したので、注意が必要です。
個人的には連射もせずにのんびり撮るほうなので、こんなものかと思って付き合っても苦には
ならないけれど、人によってはウィークポイントといっていいマイナス要素。
ファームアップでの改善を望むところです。

あと、撮影中はずっと AF-S で通したんですが、けっこうピント迷いますねえ。
このへんは設定とかもあると思うので、自分だけの課題としたいと思います。


SDIM0016
[ SIGMA sd Quattro / SIGMA 50-100mm F1.8 DC HSM | Art ] - ISO 100 f/5 1/1000sec.

飛行機が飛んだとたん、ギャラリーが誰もいなくなったので、ひとりでこれを撮ってたら、
あとから入ってきた人に変な目で見られました(


つづく


sd Quattro


マグネシウムの塊がまたひとつ増えました。

DSC02407

7月7日に発売となった、SIGMA初のミラーレスカメラ、sd Quattro でございます。
店頭販売価格の安さもまた話題となりましたね。
そりゃあレンズのない dp Quattro として考えたら妥当かもしれないけれど、世の中の
ミラーレスカメラのボディ単体と比較しても、比べ物にならないくらい安いw


DSC02401

なので、当初見送るつもりだった、バッテリーグリップも発売日に確保。
てっきり本体側はキヤノンのように端子部がにょきっと出ているものと思い込んでいたら、
なんと本体部にバッテリー1本、グリップ側に2本収納でき、合計3本のバッテリーで
運用できるだと・・・?

このぉ~欲しがり屋さんめ!(違


DSC02402

写真下は、PENTAX の一眼レフ用のバッテリーグリップ。PENTAX のは、本体側および
グリップ側の端子カバーをバッテリーグリップ上面に収納できますが、
SIGMA のはカメラ本体側の端子カバーのみ収納可という、少しモヤっとする仕様。

これに気づくのは、PENTAX と SIGMA を同時運用する変態ユーザーぐらいしかいないので
大したことはないと思います(ぉ


DSC02399

てうか、バッテリーもう1本買わなきゃな・・・。

んん? でもこの形状、どこかで見たことがあるぞ。


DSC02400

なんと、PENTAX の一眼レフ用のバッテリーとそっくりじゃないですか!
仕様もまったく同じ 7.2V 1860mAh 14Wh で、端子部の+-位置も同じという奇跡。
ただし、そこはそれ、切り欠きの形状が違うため、実際に共用することはできません。
PENTAX 側を少し削ればなんとかなりそうだけど、そんなことおっかなくてできねーべ。


DSC02403

そして、いよいよ外観。シュッとしてはりますなあ。
ダイヤル部のクリック感なんかは、dp 0 Quattro とまったく同じなので、なんの違和感もなく
使用できそうですね。
グリップは噂どおり深めでごっついでっせ、あんさん!


DSC02408

おれの手ではちょっと大きすぎるかもな感じだったので、バッテリーグリップがあって正解だった
と思います。
それにしても、無駄に主張しない、欲のない素晴らしいデザインだなあ。
そうそう、EVFの位置は個人的にはベストポジションだと思いました。画質はちょっとアレでしたが、
心の目で見ることにします(何


DSC02409

センサー部。 SD1 / Merrill と同じようにガラスカバーが装着されています。


DSC02411

付属のUSBケーブルは3.0のもの。どんだけ大容量のデータを転送する気やねん、と
軽く戦慄を憶えました。


DSC02412

カメラといっしょに新しいストラップも用意する気でいましたが、忙しくて考える余裕がなくて、
結局同梱のものを使うことに。
これがまたシンプルかつ、滑り止めの加工もされていてすごく実用的なんですよ!
写真には写ってませんが、ロゴは根元のほうにちんまりと付けられていました。


DSC02410

というわけで、ざっくり見た感じはこんなところ。
手持ちのSAレンズが 50-100mm しかないのがおれらしいですが(苦笑、現在絶賛品切れ中の
24mm が入荷して来なかったおかげで、予想よりも早く発売された本体に予算を回せたのは
怪我の功名ってやつかしら。

さて、外は北陸地方特有の曇り空、気温はここ数日の中では低めで過ごしやすいけれど、
写真を撮りに行く気分になるにはキツイ天候だなあ・・・(苦笑



THE PRINCETON FIELD GUIDE TO DINOSAURS / GREGORY S. PAUL


福井県立恐竜博物館の企画展だったか、海外の恐竜画家の展示会が10年くらい前に
あって、そこで見た作品のうち、とてもキュートなのがあって、いつか画集でもないか
探してみようと思いながら、10年以上経っていました。

それがあるとき、ふと思い出して調べてみると、けっこうあっさり見つかっちゃいました。
いやあ、インターネッツって本当に便利ですねえ。

IMG_0030

んで、そのキュートな作品というのが、これ。

GREGORY S. PAUL という人の、画集・・・ではなく、印象としては図鑑というかイラスト
付き資料集みたいなもの。

それもそのはず、 GREGORY S. PAUL は、画家というよりも研究家というスタンスの
人のようで、目で楽しませるというよりは、頭で考えさせる著作が多いみたい。

実際、今回購入した Kindle 版の本作も、肝心の絵はちょびっとだけ、あとは英文が
びっしりという内容で、正直思ってたんと違いました(苦笑
個人的には、想像でもいいから恐竜の活き活きとした様子を見て、ワクワクした
かったんですよねえ・・・。


でもまあ、英文は読めないけれど、骨格から推測された筋肉の付き方を描いた図なんか
はちょっと面白かったんで、良しとします。

あと、購入したあとでダイジェスト版が無料でダウンロードできたのを知って、歯ぎしり
したのは内緒(ぉ
先にこれ見てたら、買わなかったかもな・・・(爆



富山市稲荷公園に行ってきたぞ!②


まとめを書いたそばから、また来てしまいました(苦笑

どうやら次男的には、パパが休み→保育所に迎えに来る→稲荷公園に行くというルーティン
ができているらしく、この日も先日と同じようなことをして過ごしました。

おれとしては、もう一時間待って娘を塾に送り、その足で最近新設された富山北消防署の
和合出張所へ行き、県内で唯一配属されているというハシゴ車を見に行こうと思ってたんだ
けどな・・・。

”STAIRS”
DSC08744
[ SONY α7 / RICOH XR RIKENON 50mm F2 ]

DSC08747
[ SONY α7 / RICOH XR RIKENON 50mm F2 ]

DSC08751
[ SONY α7 / RICOH XR RIKENON 50mm F2 ]

この公園に来て遊んだら、これを飲むのもルーティンになりました。
ちなみにおれは久しぶりに見つけたマウンテンデューを選択。何気にカフェイン多めで
ドライブのお供にも良いとか?

レッドブル飲んでると、なんかこう切羽詰まった悲壮な感じしか受けないんですけど、
マウンテンデューならワクワクしながら飲めるのは何故なんだろう。
あと、メローイエローもあったら良いのにと思った。


DSC08748
[ SONY α7 / RICOH XR RIKENON 50mm F2 ]

DSC08753
[ SONY α7 / RICOH XR RIKENON 50mm F2 ]

この公園では初めて見たけど、カルガモもいるんだね。
親鳥と同じ大きさに育った雛たちは、もう巣立ちの時期なのかも。


DSC08777
[ SONY α7 / RICOH XR RIKENON 50mm F2 ]

DSC08776
[ SONY α7 / RICOH XR RIKENON 50mm F2 ]

DSC08760
[ SONY α7 / RICOH XR RIKENON 50mm F2 ]

そしてやっぱり富山地鉄の電車を見に来てしまう。
前回来たときに肩車をしてやったら、それがとても気に入ったらしくて、今回も20kgの肉塊を
首の上に乗せながら写真撮ったさ!

DSC08765


DSC08774
[ SONY α7 / RICOH XR RIKENON 50mm F2 ]

あ、これはちゃんと橋の手すりに置いて撮ったやつだから大丈夫だよ!(首が

やっぱりフルサイズセンサのカメラは良いよね。
レンズがマニュアルのみなので、なかなか思い通りにピントが合わせられませんが、
そういう部分も含めて、このα7 と、RICOH XR RIKENON 50mm F2 との組み合わせが
とても気に入っています。


DSC08781

あと、子供ってなんでダンゴムシ好きなんだろうね。





稲荷公園まとめ


子供と公園に遊びに行って写真を撮るのを、習慣としているわけではないんですが、
ふと以前書いた自分の記事を見てみたりすると、同じ公園でもちょっとした変化が
あったりとか、成長していく子供たちの様子にあらためて気付くことがあります。

そこで、過去エントリーの中から、よく遊びに行く公園の記事のリンクをまとめて
みました。タグ付けとかちゃんとしとけばよかったかもしれませんが、めんどくさくて・・・
あとカテゴリもそのときの気分で決めちゃうんで適当すぎて笑った。

まあ、完全に俺得(ぉ

今回は富山市綾田町(あいでんまち)にある、総合公園 稲荷公園篇です。
気が向いたら、岩瀬スポーツ公園とか環水公園篇もやるかもしれません。


稲荷公園 - 富山市公式ページ


富山市総合公園 稲荷公園』 - 2013年10月22日

富山市総合公園 稲荷公園』 - 2014年5月25日

A Walk In The Park』 - 2014年6月10日

稲荷公園のジャブジャブ池』 - 2014年8月14日

Autumn Leaves』 - 2015年11月16日

富山市 稲荷公園』 - 2016年3月24日

稲荷公園の桜と富山地鉄』 - 2016年4月10日

SIGMA MOUNT CONVERTER MC-11 追試』 - 2016年5月12日

富山市稲荷公園に行ってきたぞ!』 - 2016年7月3日


気が付いたら、こんなブログでも70000アクセスを超えていました。
本当にありがとうございます。


2016年の夏休み


自分用メモです。


7月になりました。

7月といえば夏休み!(子供たちが)
聞けば、寮生活を送っていた高校生の長男は、なんと9日から夏休み。他の高校へ通っている
中学時代の同級生たちはどうなんやろ、またおれんちがたまり場になるんかな。

という心配もしつつ、娘と次男をどこへ遊びに連れて行こうか考えるのが最近の楽しみでもあり、
長男はもう、こういう家族行事には大人になるまで付き合ってくれないんだろうなと思ったり。
嫁は遠出には耐えられないはずなので、期待せず留守番してもらおうと思ってます。

DSC02393

んで、今年はどうしようかと考えてたときに、ちょうど次男がイイ感じに恐竜好きになってしまい、
(気になったので確認したら、消防車は相変わらず好きらしいけど)
だったらこの夏は恐竜がらみのアクティビティをセッティングしてみようかなと思ったわけですよ。

『ジュラシック・ワールド』 のDVDをいちど観せたら最後、こんな有様になるくらいだからね。
(BDは人に貸していたので無事だった)
いやあ、こうなったのって下手な布で拭いたら細かい傷つくんだよねえ、どうしたもんだろ?


さておき、最初に考えたのは北陸で恐竜といえばココ、福井県は勝山市の恐竜博物館。
実は10年近く前に行ったことがあって、そこで展示されていた恐竜の絵のひとつがすごく
好きになったんだけど、画家名がずっと分からないままでした。
なので、もう一回は行きたいと思っていたんですが、最近になってその画家が誰か分かった
んですよ!

GREGORY S. PAULという人で、画家というよりも研究家って感じの人でしたね。
名前が分かった勢いで著書を一冊買ってみたけど、そのことはまた後日記事にします。

おかげで個人的に行きたい理由がなくなってしまったのと、骨格標本メインの展示のため、
次男的には響かないんじゃないかと思い始めたので、却下。


どちらかというと、映画で見たものに近いカタチの恐竜と触れ合うようなことができたら・・・
そう思い始めてネットで調べたら、意外なところに良い感じの公園があったじゃないですか!




長野県は長野市にある、茶臼山恐竜公園でございます。
名前もベタなら、設置されている遊具もこれまたベタな恐竜のデザインでしてね。
ティラのサウルスなんて、映画 『ジュラシックパーク』 の影響を受ける以前のものなので、
昭和生まれには非常に懐かしい、そんな遊具がたくさんあるようです。

ここが素晴らしいのは、その恐竜のカタチをした遊具でちゃんと遊べることなんです。
首長竜の滑り台なんてきっと喜んでくれそう!
入場料無料ってところも気に入った(ぉ

あと、恐竜以外にもワイルドなアスレチックが豊富で、当初岐阜県の養老天命反転地を
再訪しようとも思っていたけれど、ここもけっこうな塩梅のアスレチック感があるので、
養老はもうちょっと涼しくなった秋か、来春に持ち越すことにしました。


篠ノ井といえば2年くらい前に仕事で来たことがある地域なので、食事場所も当時の記憶を
思い出しながら、とりあえずマークしておくことに。
この辺って長野オリンピックのときに整備されたはいいけど、中央分離帯に切れ目がなく、
反対車線側にあるお店に行こうと思ったら、なかなか辿り着けずにかなり苦労した気が。




らーめんみそ丸長野店

”川中島グルメランド” の一角にあるラーメン屋で、味噌ラーメン専門店になります。
迂回に失敗してめんどくさくなって選んだお店でしたが、美味かった記憶がありますね。
お子様メニューもあるようですが、次男は4歳にして大人と同じ量を食えるので、
どうしようかなあ。




おぎのや長野店 または 信州そば蔵長野店

信州といえば、お蕎麦というわけで選んだはずですが、どっちのお店で食事したか記憶が
曖昧です(苦笑
片方が混んでたから、もう片方で何かを食べたような・・・。

まあ、いちおう候補として抑えとけ。


あとは天気次第やね。


SEIN 09


SIGMA のユーザー向け季刊誌、”SEIN”(ザイン)の9号が届きました。
サプライズはこれまでの8号までを収納できる紙ケースが付録になっていること。
・・・ってことは9号は入れちゃダメなのか?と言われれば、入れてみて入らなくもない感じ(ぉ

DSC02394

でも純粋に考えてみて、紙ケースを付けようとするアイディアは地味に面白いな、と。
無ければ無いでなんとかなるものを、あると便利にしてくれる発想力がこのメーカーの原動力
なのかと思わずにいられなかったり。


DSC02395

んで、やっぱり載せますよねー。
これまた 30mm F1.4 との組み合わせでのスタイリングの良さがたまんねーな。
天邪鬼なのでそれに甘んじようとはしないレンズのセレクトをしちゃったけど、まだ入荷しない。
やっぱり家電量販店より、カメラ専門店への供給優先なのでしょうかと拗ねてみたり。



富山市稲荷公園に行ってきたぞ!


先週末だったか、次男がふいに 「パパのお休みの日にどっか連れてって」と言い出し、
平日だし、お前は保育所に行ってる日だから時間も限られるべ? と内心思いつつ、
休日の夕方に次男を迎えに行った帰り、「どこに行きたいん?」 と聞いたら、

ひなりこうえん!
(ああ、”稲荷”公園ね・・・)と元気よく答えてくれたので、さっそく来てみました。

DSC02369

この日は、日中の気温が30℃を超えた夏日だったこともあり、夕方5時になってもまだ
むっとした熱気が公園内に残っていました。
そのせいか、まだ日も明るいのに貸し切り状態という。

夕方とはいえど、熱中症には気を付けねばいけない感じかな、これは。


DSC02355

公園に着くなり、モニュメントとも言うべき煙突に昇り出す次男。”パパも来て!”って言われても、
大人じゃちょっと無理よ、そこは(苦笑


DSC02357

知らない子とすぐに友達になれる社交性の高さは兄貴譲りだけど、今日は独り占めして遊べるね。


DSC02358

すぐそばを北陸新幹線が通るので、新幹線バカのお父さん的にもこの公園は大好き。
この日だけでも、この場所で5便くらいは見たかもしれません。けっこうオイシイ時間帯なのかも。


DSC02361

しかし、この4歳児のスピードにはもはや付いていけなくなってきたぞ・・・。

DSC02363

そんなナマった体を少しでも動かすのには、この網の遊具がいちばん良いのだ。
硬くなった膝や腰に無理なく運動できるし、すっ転んでも怪我しないしね。←ココ重要


DSC02366

この二層になっている木製の遊具、かくれんぼに打ってつけで、大人にとっては逆に迷惑(笑
こんな狭いところ、探しにいけるわけないやんか。


DSC02373

蒸し暑い中、いっぱい走ったのでしばし水分補給・・・。


DSC02374

ふと園内の樹木の隙間から富山地鉄の電車が見えたらしく、次は電車を見に稲荷町駅の近くまで
行くことにしました。わりと広い公園なので、そこそこの距離を手をつないで歩きました。

長男は、こちらから手を差し出さないと手をつないでくれなかったし、娘はつないだ手の平を
くすぐってくるので、おれの方から手を放したなあ。
次男のほうが甘え上手というか、自然と手が出てきて、つながる感じ。


DSC02375

この日のベストショット。連射もナシですぜ?
地元では「だいこん電車」と呼ばれている塗装なのですが、次男はそれをまだ上手に言えずに
いるのが面白い。

この電車の進行方向には稲荷町駅があって、ちょうどプラットホームの真裏に公園の小道がある
感じで、以前もその小道沿いを歩いて電車を見物していたのを次男が思い出した様子。

↓の動画はその小道から次男を肩車しつつ撮影したもの。20kgもある次男、重かった・・・。




子供がいることで重荷になることはたしかにあるけれど、子供と遊ぶことで気持ちが晴れること
も多い。特にこの子の無垢な爛漫さには救われる。
名前の一文字に ”晴” を入れたのは自分だけど、その願いどおりに育ってくれていて、嬉しい。



JURASSIC PARK III


サム・ニールがいるだけで、この危なっかしい脚本がどんなに救われただろうか。
恐竜たちが野放しになっている閉鎖されたパーク内にどんな理由を持って再び
足を踏み入れるか、その点においては 『ジュラシック・ワールド』 は思い切ったと
思います。インド系IT企業による買収なんて、妙に生々しいし(苦笑

というわけで、 『ジュラシック・パークIII』 でございます。
何気に初見。まあ、 二作目の 『ロストワールド』 がそこそこ酷かったんで、
最近になって 『ジュラシック・ワールド』 を観るまでその存在を忘れていました(ぉ

しかし、今作品もまた無理矢理な感じは否めませんねえ。
富豪でもないのにボートをチャーターしてコスタリカ沖をパラグライダーですか。
グラント博士の著書を読んでたとはいえ、サバイバル知識などとうていありそうに
ない少年が、二ヶ月もの間自力で生き残ってただなんてありえねー。

ローラ・ダーン演じるサトラー博士がグラント博士と別れ、他の男と家庭を築いていて、
旦那が政府関係者だったおかげでラストに軍隊寄越して助けに来てくれるなんて
出来杉君もいいとこだったり、ちょっとなあと思うところは確かに多いです。

映画史に残る様々な名作の続編を観るとき、心の置きどころをどう処理するかで、
短い人生のうちの貴重な90分間を無駄に過ごさずに済むのだ。

個人的に今作の視聴要素はおおまかに分けて、以下のの2点に分かれます。
もういっこあったような気がするけど忘れた。

① VFX映画好きとして思い入れの非常に深いシリーズ作品であること。

② 『ジュラシック・ワールド』 をいっしょに観て以来、次男がすっかり恐竜好きに
  なってしまい、この作品も気に入ってくれるかどうかということ。


①に関しては、今や新作映画では見ることのできないスタン・ウィンストン(2008年没)
のアニマトロクスを思いっきり堪能できることに尽きますねー。
今作の公開からはすでに16年近く経っていて、特にCGの表現力には若干の古さを
認めざるを得ませんが、ラプトルのシーンだけでもこの映画を観る価値はじゅうぶんに
あると思いました。

ちなみに、スピノサウルスやT-レックスのシーンなんかは、この16年ですっかり
いろんなアトラクションで応用されまくってて、大人としてはちょっと飽きますよね・・・。
それほどまでに、このシリーズの与えたインパクトが強かったとも言えます。


②に関しては、『ジュラシック・ワールド』 よりも恐竜登場シーンのテンポが良いので、
わりと気に入ってくれそうな気がします。
出だしからスピノサウルスとT-レックスが格闘しますしね。
ただ、血の出るシーンが今作も多いので、ちょっと悩む部分もありますが、
まあ今さらどうでもいいや。

大型恐竜の大味な登場シーンにも飽きてくるようなら、いよいよ一作目のラプトルに
キッチンで追いかけ回されるヒヤヒヤしっぱなしのシーンを観せてやろうかと思います。


DSC02349


最後に、ウィリアム・H・メイシーのダメっぷりは、今作でも名人芸級で、最高の演技でした。



アクセス
最新記事
最新コメント
月別アーカイブ
カテゴリ
α7 (6)
みんぽす
モノフェローズに参加しています
サイト内検索
リンク
Powered By FC2ブログ

今すぐブログを作ろう!

Powered By FC2ブログ

QRコード
QR