富山市消防局 中分署に入って来たぞ!


祖母の知り合いの方のところまでお使いに行った帰りに、近くにある消防署の見学に行って
きました。

DSC02217

富山市奥田町にある、富山市消防局の中分署でございます。
緊急出動時の邪魔にならないよう、遠巻きに眺めるのがセオリー。


DSC02216

敷地内では何やら無線を使っての訓練のようなものを数人の方がやっておられました。
通信機材のチェックですかね。


DSC02219

次男も大好き、はしご車とポンプ車。


DSC02218

これは水槽つきポンプ車ですかね。
この車両は、3月に原薬製造会社の十全化学にて火災訓練を行っていました。


DSC02220

とそこへ、自家用車の移動に目の前の駐車スペースまで来た隊員の方が、よかったら乗って
もいいですよ、と声をかけてくださいました。
めったにない機会なので、遠慮なく乗せてもらうことに。


DSC02223

いちばん驚いていたのが、消防車バカの次男。
瞬く間に大好きな消防車の運転席に座らされてしまい、緊張して硬直してしまってます(笑


DSC02221

あ…ありのまま 今 起こった事を話すぜ!

おれは 消防署の前で遠巻きに眺めていたと思ったら いつのまにか乗ってた

な… 何を言っているのか わからねーと思うが 

おれも 何をされたのか わからなかった・・・。


みたいな顔がかわいい(苦笑

よかったね。



スポンサーサイト

星乃珈琲店 富山天正寺店


昨年9月にオープンした、星乃珈琲店・富山天正寺店に行ってきました。
ここ数年こういう感じのどこぞのチェーン店らしきコーヒーショップが増えてきているようで、
天正寺からほど近い富山市経堂(同じ県道56号線沿い)の元ガストだった店舗を改装
する形で、すかいらーくグループの 『むさしの森珈琲』 が開店準備を進めていました。

んで、星乃珈琲店。持ち株会社であるドトール・日レスホールディングス傘下ブランドのひとつ。
ここ北陸では福井県鯖江市に本社を置くコンサルティング会社、北陸フードシステムズが運営
を担っているようで、外食産業もけっこう複雑なんだな、と思いました。

DSC02192

この土蔵のような造りが目印よん。


DSC02198

基本的に店内は、コメダ珈琲のようなボックス席が中心なんですが、この日はなぜか
土蔵造り風の建屋内に案内されました。
見ての通り天井が高くて素敵!

壁には書道家の武田双雲の書が飾られています。レプリカでしょうね。
どうでもいいですが、なんで書道家とか陶芸家の人って作務衣着てるんですかね?
なんかの義務なんでしょうか。


DSC02202

嫁との間で、どっちが好きかという意見交換が行われました。
嫁が好きだと言ったのはこっちのほう。


DSC02194

同じ”星”という文字なら、こっちのほうがプリミティブで好きだと思うんですけどね。


DSC02200

ギリギリ、モーニングの時間に間に合ったので、夫婦でフレンチモーニングセットを
注文。ドリンクはおれは星乃ブレンド、嫁はノンカフェインを選択。
同じグループ内とはいえ、ドトールとは別会社なので味も当然違います。
ドトールが比較的スッと飲めるのに対し、こちらは最初の一口めこそ苦みを憶えますが、
時間の経過とともにすんなり身体に浸透していく感じ。

まあ、言うほどコーヒーショップを飲み歩いているわけではないし、その日の体調次第で
味覚も変わるだろうから、あまり参考にしないように(苦笑


DSC02201

フレンチトースト、美味かったです。次男の朝食の食べ残しを食べてきてた嫁のぶんも
少し分けてもらいました。
おれは消化器系の立ち上がりが遅いので、これくらいの時間になってようやく食事が
できるようになります。ふだんは朝ごはん抜きで、夕方に昼ご飯を食べて、22時に晩ご飯
を摂る生活。

なので、旅館に泊まって朝8時に食事なんかすると、必ずお腹を壊すという(苦笑


DSC02196

さておき、星乃珈琲。近くにあるニトリで買い物をするついでで寄っただけですが、なかなか
良い感じでした。生活圏からは少し離れていますが、飛行機を撮りに行った帰りにこの辺りを
通るので、そのうちひとりでふらっと立ち寄るかもしれません。


ジュラシック・ワールド


PlayStation Video でレンタル視聴したあと、結局 BD を買ってしまいました。
今回はパッケージのレビューはしませんが、DVDの付いたスチール・ブック仕様のを選択。

監督は 『スター・ウォーズ』 最新作を手がけることが決まっているコリン・トレヴォロウ。
本作を観るかぎり、それに相応する技量の持ち主だとは思うので、これもまた楽しみです。
あのジャンルって、ストーリー・テリング能力よりも、いかに規模の大きなプロジェクトを回す
能力があるかのほうが重要じゃないかとさえ思うときがあります。

jurassicworld

さておき、『ジュラシック・ワールド』 。まあ、怪獣映画ですよね。
いくつもの恐竜のDNAをかけ合わせて生み出した(野菜じゃないんだから無茶な設定だなあ)
というインドミナス・レックスの造形が、なんとなくローランド・エメリッヒ版の 『GODZILLA』
(のちに、”ZILLA” と呼ばれるようになった怪獣ファンのトラウマ)を彷彿とさせるのため、
余計にそう感じるのかも。

シリーズも4作目となれば、すべてが過剰になるのはハリウッド映画の常なのか、
たぶんこれまででいちばんエグイかもしれません。
ただ、人間側の危機感が絶対的にうっすーいのは相変わらず(苦笑
ワンパターン過ぎていい加減飽き飽きなんですけど、これってもしかして恐竜が現代に甦って
進化しているのに、人間は相変わらず何の学習もしてないっていう皮肉なんですかね。

と思ったら、脚本家に 『猿の惑星:創世記』 のリック・ジャッファとアマンダ・シルヴァーの名が。
彼らの起用は製作者の意図だろうから、この作品の方向性はあらかじめ決められていたと
想像できます。

余談ですが、個人的に観たはずなのに内容の記憶がまったくない 『ジュラシック・パークⅢ』の
脚本は 『サイドウェイ』 のアレクサンダー・ペインとジム・テイラーのコンビで、共通点がまったく
想像できないので、
機会があれば確認のために 『ジュラシック・パークⅢ』 も観てみたいと思います。


話を戻します。


クリス・プラット演じる主人公のオーウェンは元海兵隊員ということですが、彼が前職で
どんな仕事をしてきてどんなスキルを得てきたのかイマイチ分からないため、
たんにタフガイを連れて来たような、安易な設定にしか思えません。

そのため、初めて遭遇する出来事にも冷静で的確な判断ができるというのも不自然で、
いわゆるご都合主義の一本道の上を走らせるだけの便利な役にしか見えないので、
1作めのグラント博士のように、子供嫌いで始めこそレックスとティム姉弟に対して距離
を置こうとしていたのに、エンディングではすっかり父親のように懐かれているシーン
(設定ではレックスとティムの両親は離婚していて、監督のスピルバーグも母子家庭で
育った)をとても自然に演じた人間としての奥深さがない。

マッチョでハンサムで冒険家風だったら誰でもできそうな役回りですもんね。

ヒロインのクレア演じるブライス・ダラス・ハワードも微妙だったなあ。
どこかで見たことあるかと思ったら、アメージングじゃないほうの 『スパイダーマン3』 の
グウェン役でしたね。
当時より少し熟成したので、魅力的な女優さんだとは思いますが、目が無表情なので
まるでただのスタイルの良いお人形のようにしか見えませんでした。
恐竜のどう猛さにあまり驚かない淡白な演技はどうかと。
いや、べつにステレオタイプのヒロインよろしく、悲鳴を上げろと言っているのではなく。

彼女はラストに奥の手を使ってインドミナスと対峙するわけですが、それはただ彼女が
仕事上の役職権限を持っていただけで、生まれ持った人間的な力を発揮したわけではない
ので、終始キャラクターに魅力を感じられずじまいでしたね。

外見が変わりすぎて一瞬分からなかったヴィンセント・ドノフリオって、いわゆるネドリー枠
で、欲をかいて最後は恐竜に殺されるところがベタベタで、もう苦笑いするしか
なかったです。

とまあ、ヴィジュアル面では非常に素晴らしい恐竜たちの造形が見られるんですが、
かたや人間たちの様子はというと、個人的に1作めに思い入れが強いせいか、つい辛口な
評価になっちゃうんですよね。

ただ、それでも BD を買ったのは、この映画って派手に恐竜が暴れ回るので、ウチの次男が
大いに気に入りまして(苦笑
手で人をつかんで頭から食っちゃうシーンとか、観せてしまってよかったのでしょうか。←

PlayStation Video のレンタル期限が切れたあとも、また観たいと何度も言うので買った次第。


この窓は君のもの


疲労の蓄積がハンパなく、天候の悪さをこれ幸いに外出をあきらめ、自宅で休んでいたところ、
聞き慣れない鳥の鳴き声が聞こえてきたので、窓に目をやると、
まあ、どうしたことでしょう←

IMGP0833_2

近くの電線にハクセキレイ(白鶺鴒:スズメ目セキレイ科/Motacilla alba)が!
セグロセキレイとの見分け方は、頬の色ですね。セグロは頬も黒いのが特徴。


IMGP0831_2

そして、シジュウカラ(四十雀:スズメ目シジュウカラ科/Parus minor)
自宅の近くで何度となく声は聞いたことあったけど、お前が声の主だったのか。


IMGP0836_2

シジュウカラにしては頭部がボサボサな気がしますけど、まだ若いのかな?
図鑑片手に記事書いてますが、お腹の模様にしても中途半端に見えるんですよね。
羽根や尻尾の色や形状に見るにつけ、シジュウカラで間違いなさそうなんだけど。

しかし、ここって人も車も頻繁に通る住宅地よ?

天気が良かったら、野鳥の写真でも撮りに行こうかと思いつつ眠たくて昼寝してたけど、
出掛ける手間が省けちゃったじゃないか(苦笑

ちなみに↑3枚の写真はトリミングしてます。


IMG_0390

せっかくなので、100-400mm を持ち出して、ベランダに出て撮影。人通りの多い時間には
絶対できる勇気がないけどね(笑、通報されたくないし(苦笑

この子はオナガ(尾長:スズメ目カラス科/Cyanopica cyana)
巣作りの材料の調達中でしょうかね。


IMG_0400

いちど飛び去って、また戻ってきたところをもう一枚。べつの個体かもしれないけど。


短時間のできごとでしたが、家にこもりながら少しだけ気晴らしができました。

思えば春先にヒヨドリをベランダから撮って以来、野鳥に興味を持ったわけですが、
こんな街の中でもけっこういるもんなんですねぇ。


BASIN TECHNO / 岡崎体育


掃いて捨てるほどいるアーティストのMVにありがちな演出を、完膚なきまでに揶揄した
その名も 「MUSIC VIDEO」という曲で一躍時の人となった岡崎体育のメジャー・デビュー・
アルバムを衝動的に買ったぞ!

IMG_1480

実はすでに iTunes で購入済みで、毎日の通勤で絶賛ヘビロテ中なわけですが、なんでまた
そんな無駄なお金の使い方をしたかというと、DVD付の初回限定版を高岡イオンのHMVで
見つけちゃったからです。


IMG_1483

なんかよう分からんけど、レジで変なカードもらいました。
こんなもん、どないせぇっちゅうねん。いちおう、もらっとくけど(ぉ


IMG_1481

安心してください、DVDにはもちろん 「MUSIC VIDEO」 も入ってますよ!

他の収録曲もセレクトが絶妙で、収入が等分されるバンドを痛快にdisって結局ピンを
選ぶ姿を歌った「FRIENDS」なんかはMVありきの曲ですし、「家族構成」もしかり。
特に”兄、兄、兄、俺” の歌詞の部分なんか、お茶こぼしたわバカ野郎w

「Voice Of Heart」どうシチュエーションを歌ったものなのか、MVを観てようやく納得。

そうそう、岡崎体育って地元のスーパーで働きながら活動してたらしいんよね。
歌詞カードの ”Special Thanks” のところに 『万代宇治樋ノ尻店』 って書いてあったから、
たぶんそこの惣菜売場担当なんでしょう。
「Voice Of Heart」の歌詞でも、それっぽい部分があって笑えましたけど。


宇治といえば、嫁が短大生時代に独り暮らししていたエリアだったので、好奇心から
Google Map で調べてみると、嫁が当時住んでたマンションから万代宇治樋ノ尻店までは
半径5km圏内という驚きの近さ!
ちなみに嫁は近商向島店のパン屋でバイトしてた。

任天堂の宇治工場もこの近くで、現在は分かりませんが、10年くらい前にはDS Lite の
修理品なんかはここに送ってました。


IMG_1482

このアルバムで本当に聴くべきはこの2曲。「MUSIC VIDEO」なんか、ただの飾りです。

「スペツナズ」は、ボコーダーを介して歌われる意味がありそうでなさそうな奥深い言葉遊びに
揺蕩いながら聴くべし。考えるな感じろ!
あと、ドラムが最高にクール。誰が叩いてんだろ。

「エクレア」はもう、名曲過ぎというか、こういう詞を書けるアーティストにはなかなか出会えないよ。

”いい曲といい歌はいい人といい場所で いい曲はいい人と共に”


アルバム収録曲が8曲と少ないけれど、それはセカンド・アルバムも期待してねって意味と
捉えておきます。


岡崎体育、覚えておくぞ。


おとぎの森公園


城端の桜ヶ池公園を離脱して、昼飯を食いに行った高岡のイオンの帰り、近くにドラえもんの
いる公園があるからと言って娘を誘って来てみました。
余談ですが、昼飯らしきものは結局食わず、娘の希望でクレープを食べました。
どうやら嫁から預かった食費1500円をなんとか削って、お釣りをもらおうという算段らしい。
結局余ったお金は非情にも回収されてしまったので、むしろアシを出してもいいので腹いっぱい
食えばよかったのに。それくらいのへそくりなら父ちゃんは常に持ってるんだけどな。


DSC08593
[ SONY α7 / RICOH XR RIKENON 50mm F2 ]

ここに来るのはほぼ一年ぶり、新高岡駅からも近いおとぎの森公園でございます。
そういえば去年は薔薇の写真撮りに来てたよね。


DSC08587
[ SONY α7 / RICOH XR RIKENON 50mm F2 ]

実物大のようなジャイアンと背比べ。


DSC08589
[ SONY α7 / RICOH XR RIKENON 50mm F2 ]

おいおいおいw


DSC08592
[ SONY α7 / RICOH XR RIKENON 50mm F2 ]

マニュアルフォーカス時のピーキング機能に頼るのはもうやめようかと思う。
でも、この写真は好き。

ちなみにヤラセです(ぉ


DSC08607
[ SONY α7 / RICOH XR RIKENON 50mm F2 ]

”Sundial”


DSC08610
[ SONY α7 / RICOH XR RIKENON 50mm F2 ]

ふだん、ここへは一人で来ることのほうが多くて気がつかなかったけど、遊具がなかなか凝って
て超楽しい。
さすがに大人には厳しい(サイズ的に)設計だけど、子供を一日放牧するには良い環境かと。
お父さんお母さんは安心してスマホに集中できますね。


DSC08604
[ SONY α7 / RICOH XR RIKENON 50mm F2 ]

アルバムを開くたび、長男があっという間に大きくなってしまって、こうして公園遊びにも連れて
来た記憶もないままなのをちょっと悔やみつつ、娘や次男との残された時間を大切にしたいと
思っています。

おれの中では、”子供の成長は待ってくれない”のと”老いてから子なぞつくるものではない”のは
同義語です。おれはあと何年、子供たちの目の前でベストなパフォーマンスを見せることが
できるのだろうか。

とか思いながら、よく考えたらこの日の公園遊び、すでに朝から3ヶ所めなんだよね(苦笑
そう悲観することもないってことか。


DSC08608
[ SONY α7 / RICOH XR RIKENON 50mm F2 ]

”キズバン”

絆創膏のこの呼び方はどうやら富山だけらしい。調べてみたら東京に本社を置く「ライト株式
会社」の商品で、本業はゴルフ関連商品の製造・販売らしいですが、
なぜか富山だけでこの商品名が定着したようです。知らんけど。


DSC08612
[ SONY α7 / RICOH XR RIKENON 50mm F2 ]

”Shooting down”


DSC08596
[ SONY α7 / RICOH XR RIKENON 50mm F2 ]

園内に水遊びのできる小川があったので、ちょっとだけ遊んでみました。


DSC08598
[ SONY α7 / RICOH XR RIKENON 50mm F2 ]

娘がとっても楽しそうなので、おれもちょっとだけw


DSC08602
[ SONY α7 / RICOH XR RIKENON 50mm F2 ]

ここは薔薇園でも有名なので、行動範囲内で撮ってみました。
子供がいるとなかなかじっくり撮れないんで、気が向いたらまた一人で来るかも。

この品種名は忘れました(ぉ


DSC08600
[ SONY α7 / RICOH XR RIKENON 50mm F2 ]

”All That Jazz”

Planar の ピン山より薄い記憶力の中で唯一覚えていた品種。

この日は園内の整備をされていたので、薔薇の写真を撮るには今がベストだと思います。


城端町 桜ヶ池公園


運動会の振休の娘とちょっとドライブがてらに城端町は桜ヶ池公園まで来てみました。
自宅から高速を使わずに来ると、片道2時間弱。
この日の気温は午前中から25℃を超えようかと思わんばかりの夏日で、気分はまさに
MAX HEART!

P5230102

娘は幼いときから不思議と水を怖がるので、ボート漕ぎはなし。

過去に溺れさせた経験もないのに謎なんですが、きっと前世でそういう死に方をしたんでしょう。
ちなみにおれは、首や手足首を触られると恐怖感を憶えます。
きっと前世で斬首されたか牛裂きにでもされたんでしょうね。
おかげで娘とは気が合います。


P5230111

ここ、桜ヶ池公園はとても広大で高低差もあるので、足腰のトレーニングにももってこいです。
遊具はまばらに点在していますが、どれもが全身の筋肉をくまなく使う系のやつで、
運動不足の大人にはマジパねぇくらいキツいです。

なので、ここで撮った写真は少なめ(ぉ

大人はいつも子供と公園に来るとスマホばかりで一緒に遊ぼうとしない。いつ自分の足で
立てなくなるか、いつ自分の足で走れなくなるか分からないのに。
という反省からガチで遊んで来たぜ!<おれが


P5230096

特に、娘と手を使わずにてっぺんまで登れるか何度も競争したこの坂は、なかなかのもの。
来た時間帯はまだ貸し切り状態でしたが、このあとすぐに同じく振休の小学生たちでいっぱいに。


P5230098

滑り台へと続く橋。


P5230112

相変わらずターザンロープ系が大好物な娘。しかもこれ、うまく反動を付ければレール下を
一周できるんよね。それに挑もうとしていましたが、小さい子たちがやって来たので断念。


P5230100

見て見て! おっぱい!―> (.Y.)


P5230104

さすがに昼近くになると暑くてヘロヘロになってきたので、ソフトクリームを買いに売店へ。
ていうか、休業日でもないのにやってねぇし(怒


P5230105

仕方がないので、広場を横断して 『お食事処さくら亭』 さんへ。
このスズメバチの巣を見て ”御守り” だと分かる小学生の娘よ、お前は人生何回目なんだ?
こないだもビーバーの性別を見分けたし。どこでそんな知識を得ているのか。


P5230106

ソフトクリームを食べられなかった代わりに、かき氷。娘はいちごミルク味を選択。
おれは爽やかにレモン味。

カウンターで頼もうとすると、先にテーブル席に座っていたお婆ちゃんから 「(お店の)
おとうさん(店主?)、おってやが?」と話しかけられました。富山県西部の方言で「いました
か?」の意味です。
厨房に気配があったので、「おってやよ」と返すと、そそくさとカウンターに入ろうとする
お婆ちゃん、ふつうにその店の奥さんだったやないけ。

太極拳のような淀みのないゆったりとして作られるかき氷の味は絶品。
ちゃんと塊から作る昔ながらの製法が懐かしい。

おかげで一時の涼を楽しめました。


このあと、公園内に人が増えてきたため、娘が別の場所へ行きたいと言い出し、移動する
ことに。そういえばお腹空いたよね。


つづく。






富山市 奥田公園②


朝の8時になぜ無人のこの公園に来ているかというと、長男を駅まで送ったその足で次男を
歯科医に連れて行くことになっていて、9時の予約まで時間が余ったので、
ちょっとここで遊んじゃおうかと。

この後、自宅に戻ったら城端まで娘とドライブなんだけど、果たしてスタミナが持つやろか・・・。

P5230084

さて、前回来たときには他の家族連れで賑わっていたので、なかなかカメラを向けられません
でしたが、今回は貸し切りなので余裕です。
公園写真家兼遊具マニアの腕が鳴るぜ!


P5230083

この腸みたいにくびれた赤いチューブスライダー、大人の体でやってみると中でもんどり打って
落下する格好になるので注意が必要です。
地味に肘の薄皮が剝けました(爆


P5230090

あと、この一本橋が超怖い。


P5230088

初めて見たときから気に入った、二段の滑り台の小さい方。途中トンネルになってるのが楽しい
んよね♪


P5230089

まるでワームホールに突入したかのような感覚が、SF映画好きにはたまりません。
でも、ケツが痛いです。


P5230085

SNSで一部 ”ドロンパのお腹” と称されたこれと同じ構図の写真ですが、ドロンパが何か分か
らなかったので調べてみたら、オバQに出てくるアメリカオバケのアイツのことだった。
所謂キン肉マンでいうところの、テリーマン的ポジションキャラのお腹のマークに似てるって
言われてたけど、正確には色は赤だったよ!




このあと、忘れずに歯科医へ行って治療を受けたけど、来週また同じ時間に予約しちゃった。
土日の仕事で疲れてフラフラな月曜日の休日は、何かと忙しいお父さんなのであった。



富山市 奥田公園


ちょいと地元のテレビ局に用があって立ち寄ったついでに、近くにある公園で子供たちと
遊んできました。
場所はチューリップテレビとFMとやまの社屋のすぐそば、奥田公園でございます。

DSC02158

うすうす気づいてはいましたが、こういう公園の遊具って手作りでもなんでもなく、既製
品なんですよね。
ふと思い立って調べてみると、案外国内の専門メーカーがたくさんあったりして、
産業としての遊具って儲かるんやろか、なんて生臭いことをつい考えてしまいました(ぉ

ちなみに、この公園の遊具はタカオ株式会社製のようです。


DSC02162

この公園の白眉はこの二段になってる滑り台ですね。
俺的ベスト・オブ・滑り台は、射水市にある歌の森運動公園のだと思っていましたが、
ここの滑り台もなかなかのもの。こういうローラー式ので大きい滑り台は砺波市総合運動公園
城川原公園にもあったりするんだけど、こんな凝った構造のはあまり見たことないかも。

いずれにせよ、滑るとケツが痛いのはどれも一緒です(爆


DSC02159

直線距離なら比較的近所にある公園なのですが、いかんせんここらへんは道路幅が狭く、
交通量の多い幹線道路の脇に入らないとアクセスできないため、つい素通りしがち。
なので、子供たちにとっては、ここに来たのはほぼ初めてなのかな、めちゃくちゃ喜んでました。


DSC02163

この満足げな顔を見れただけでも来た甲斐あるよね。


DSC02160

この真ん中の窪みに RICOH の THETA 置いたら、すごく楽しい画が撮れそうな気がしません?
と誰ともなく。


DSC02166

”押すなよ、絶対に押すなよ!”


DSC02167

ツバメをよく見かける季節になりましたね。
もう一羽いたんですけど、夫婦なのかな、巣の設営場所を探しているようでした。


DSC02165

毎週月曜日に長男を富山駅北まで送り届けてから出社しているんですが、休日だと
そのまま次男の保育所へ連れて行くにはちょっと早すぎるので、ついでに環水公園にも行っ
てたりしてたけど、朝9時前には駐車場が開いていないし、遊具がないので寄り道には
ちょっと微妙だったんです。

かといって稲荷公園は広すぎるし、基本的に滑り台がないので遊具的には物足りない。

そう考えたら、ちょうど駅から保育所までの通り道にあるこの公園に立ち寄るのがベスト
なんじゃないかと思えてきました。

ここは気に入った。





以下、公園の遊具メーカーのリンク(誰得

日都産業株式会社 - 残念ながら富山では施工実績がない様子。
株式会社岡部 - 本社が富山にありながらも、広い地域に施工実績のある会社のようです。
(過去に環水公園の見晴らしの丘にあり、現在は岩瀬スポーツ公園に移設された遊具もここのだよ!)
内田工業株式会社
株式会社都村製作所



海の駅 蜃気楼にまた行ってきたぞ!


先月末、あのジェットダイスケさんの蜃気楼ロケに合流して以来ですが、蜃気楼の写真を撮りに
海の駅 蜃気楼」に再訪してきました。
おれは富山市在住なので、仕事とかよっぽどの用事でないかぎりはこちら方面には来たくはない
けれど、この日は親身にさせていただいているお客さんのお家へお伺いする用事があったので、
約束の時間までの間、ちょっと潮風にあたっておこうかと。

DSC08555
[ SONY α7 / SIGMA MC-11 + Canon EF100-400mm F4.5-5.6L IS USM + 1.4x ]

前回来たときにはその音に鳴らした本人すらびっくりするような鐘も、この日は誰も鳴らしません
でした。静寂は正義(ぉ


DSC08550
[ SONY α7 / SIGMA MC-11 + Canon EF100-400mm F4.5-5.6L IS USM + 1.4x ]

んで、結論からいうと、この日のおれの滞在時間中には蜃気楼は発生しませんでした。
客先での用事が済んでから帰宅するまでの時間帯(15:00ごろ)には、水平線の霞もなくなって
もしかしたら発生していたのかもしれませんが、予報では30%ですからね。前回より悪い。

あと、蜃気楼を撮るなら生地側ではなく、四方側を撮りたいと思っているので、あきらめる
のは早かったです。


IMG_0370
[ Canon EOS 7D / EF100-400mm F4.5-5.6L IS USM +1.4x ]

とはいえ、約束の時間まで余裕があるので、暇つぶしに船の写真を撮ってみるる。

観光客らしきご老人に話しかけられて答えられなかったけど、あとで調べてみたら、この船
って富山県唯一の大型漁業調査船 「立山丸」(三代目) っていうんですね。
月イチぐらいしか見られないそうで、何気にラッキーだったかも。


IMG_0379
[ Canon EOS 7D / EF100-400mm F4.5-5.6L IS USM +1.4x ]

この日、漁船はこの一隻だけ。
漁船、あらためて見るとけっこうフォトジェニックだったりしますよね。
これからの季節、漁船がホットな被写体になりそうな予感。この夏、まさに漁船がアツイ!


DSC08561
[ SONY α7 / SIGMA MC-11 + Canon EF100-400mm F4.5-5.6L IS USM + 1.4x ]

N◯Kの人たちが取材に来てました。相手はボランティアの”しんきろう見させ隊”のおじさんです。
そういえば、この ”見られんだちゃ” 証明書、もらえなんだわ。


DSC08572
[ SONY α7 / SIGMA MC-11 + Canon EF100-400mm F4.5-5.6L IS USM + 1.4x ]

奥に見える観覧車は、ミラージュランドのやつ。


DSC08576
[ SONY α7 / SIGMA MC-11 + Canon EF100-400mm F4.5-5.6L IS USM + 1.4x ]

この日のベストショット、ハシブトガラス。
等倍で見て鳥肌立ちました。さすがフルサイズセンサのカメラは描写が違うね!

確認のため言っておきますが、この場所で蜃気楼の出現場所の観察をせずにこんなの
撮ってたのはおれだけです。

人と同じことは決してしない!←


DSC08583
[ SONY α7 / SIGMA MC-11 + Canon EF100-400mm F4.5-5.6L IS USM + 1.4x ]

ふたり。


DSC08578
[ SONY α7 / SIGMA MC-11 + Canon EF100-400mm F4.5-5.6L IS USM + 1.4x ]

フナムシ見ると、ゴジラ(1984)思い出すんよね。あれはトラウマだったわ~。
大人になってから意を決して観直したけど、案外ショボかったかな。
ただ、おれにとってはゴジラがゴジラらしいシルエットを持っていた最後の作品だと思っている。


IMG_0368
[ Canon EOS 7D / EF100-400mm F4.5-5.6L IS USM +1.4x ]

前回来たときに設営をしていた鯉のぼりがまだあるとは思ってもみなかったというw


DSC08586
[ SONY α7 / SIGMA MC-11 + Canon EF100-400mm F4.5-5.6L IS USM + 1.4x ]

さて、今シーズンの蜃気楼はもう終息って感じですかね。
今までは蜃気楼なんて見に行ったって確実に見れるわけないから、時間の無駄や!と思って
近寄りもしなかったけど、いざ来てみたら出る出ないにかかわらずのんびりしていて良いなと。
水平線を眺めながら潮風にあたってとりとめのない考えごとをするのも、良い気分転換になる。

そうそう、まだこの敷地内にある「幻魚房」で食事してないんですよね。
海鮮丼とかけっこうソソられるし、また今度ひとりで贅沢しに来ようかな、なんて。


富山地方鉄道上滝線のトラス橋


春から寮生活を始めた長男の学校へ保護者懇談会に行く前に、入試のときから目を付けていた
場所で写真を撮って来ました。

DP0Q0423

富山地方鉄道上滝線の鉄橋、トラス構造をもったオーソドックスな鉄橋ながら、富山地鉄を撮るなら
いちばん味の出るロケーションじゃないかと思っています。
時間がなかったので一発勝負しかできませんでしたが、車道脇の歩道を使えばもっと印象的な一枚
に出逢えるかと思います。ここはまた別の機会にリベンジするつもり。

さておき、こういう遠近感を生かして鉄橋全体を捉えることができるのは広角の強み。


DP0Q0424

構図を決めたあと、時刻表をチェックしかけたところで脇の踏切の警報が鳴り始めました。
写真の奥側には大山寺駅があり、岩峅寺駅へと向かう車両が来るタイミングでした。

モハ14762 と モハ14761 の第1編成っすね。

それにしても、dp0 Quattro で電車撮ると違和感を覚えるほど時間が止まる画になるんですよね。
あの子、ぼくがこのカメラでお台場のガンダム撮ったらどんな顔するだろう?


DP0Q0425

とかなんとか言いながら現像していたのを見た次男が、鉄橋にグイグイ食いついてきました。
それにしても、この写り本当やばいわー。肉眼で見たほぼまんまを記録できるのは個人的には
とても重要。

ただ、それをうまく作品として現像できるセンスが残念ながら、おれにはない(苦笑
ドラゴンボールならヤムチャレベルなのかな、きっと。


ふたりは振休だ


今週末は娘の通う小学校の運動会なのですが、おれは仕事なので今年は見に行くことができ
ません。
まあ、それは仕方がないとして、週明けは小学校が振替えで休みになるので、
娘とまたドライブに行こうと計画しています。


富山県南砺市桜ヶ池公園「自遊の森」



ここへは去年の4月に訪れていましたね。意地になって桜の写真を撮りに行った記憶があります(苦笑
おれと嫁と長男&次男でボートに乗ったけど、超怖かった・・・。

このとき、娘はいっしょに連れて来ていた友達と二人だけで遊具で遊んでいて、それが楽しかった
ので、もういちど行ってみたいと思っていたところだった様子。
おれも適度に遠出できて、かつ外で体を動かせるところならばと思っていたので、
意見が合致しました。



国指定重要文化財 村上家



公園遊びに飽きたら、桜ヶ池から30分程度のところにある、五箇山の合掌造集落を見て来ようかな。
合掌集落は他にもいくつかありますが、縁も所縁もないけど名前が気に入ったのでここにします(ぉ
過去にドメインを取得しようとして、カブってしまって叶わなかったのはウソです。

この合掌集落も、先日大垣や養老公園に行く途中に ”写真でしか見たことないから行ってみたい” と
娘がふいに走行中の車内で言い出し、その時点ですでに五箇山インターを過ぎてトンネルに入って
しまっていたのと、帰りは北陸自動車道を利用したので、いつか願いを叶えてやろうと思っていました。

ていうか、おれも写真でしか見たことないし、雪国に住んでてさらに雪の多い時期を選んでまでこんな
ところには来る気もないけど、初夏なら過ごしやすいと思うので、よろこんで行っちゃいましょう。

近くに酒蔵もあるようで、それが目的だったりして・・・。

さて、平日の天気が微妙で運動会が無事開催されるか不安ではありますが、楽しみになってきました。
(振休が)





SIGMA MOUNT CONVERTER MC-11 追試


SIGMA のステキアイテム、MC-11(EFマウント用) を買ったまではよかったものの、所有する
SIGMA レンズはといえば PENTAX 用ばかり。
Canon 7D 用には EF50mm F1.8 STM と、EF100-400mm F4.5-5.6L IS USM の純正レンズしか
手元においてないため、MC-11 の動作保証がされているレンズは1本も持ってない状態。

そんな中で、敢えて動作保証外の EFレンズの使用感をいつもどおりぼんやりとレビューするやよ!
ボディはもちろんα7。


DSC08517

結論から言うと、上記の2本のレンズをα7で運用する場合、マニュアルフォーカスのほうが幸せに
なれます。以上(ぉ


DSC08510

なにせオートフォーカスでの合焦までに体感で6秒以上はかかるので、公園で遊ぶ子供たちの
様子をスナップ、という使い方は無理にも保土ヶ谷区って状態です。


DSC08512

というわけで、開き直ってマニュアルで EF50mm F1.8STM を使って過ごしました。


DSC08516

子供が下に滑り降りていくシチュエーションの場合、マニュアルフォーカスは本当にしんどい(苦笑
ある程度の予測ができていればイケますが、この日のおれにはそれがなかった。


DSC08518

本当は娘とスター・ウォーズ展に行く約束をしていましたが、あまりにも天気が良かったので予定を
変更して公園に来たんですよね。
来週には運動会の振替休日があるので、そのときはどんなに天気が良くてもスター・ウォーズ展に
行こうと言われました。

スター・ウォーズに関しては、おれが子供たちを巻き込んでるだけかと思っていたけど、
娘はどうやら本当に好きになったらしい・・・。


DSC08520

そんな娘がまだ嫁の腹にいたころに、一時期入院していた県立病院にドクター・ヘリが着陸。
肉眼ではけっこう大きく見えました。


DSC08530

昼間の月が好き。


DSC08528

そうそう、稲荷公園のランドマークとも言うべきこの鉄塔、野鳥の巣になってました。
これはムクドリですかね。


DSC08538

”俺が、俺たちがガンダムだ!”


DSC08536

ビームサーベルとシールドが欲しくて泣く次男。


DSC08537

容赦なくトドメを刺す娘(苦笑


DSC08539

”大気圏突入中に、フライングアーマーの外に手を出すと、ガンダムの手だって吹っ飛ばされるぞ”



DSC02147

日もすっかり落ちて、月がとてもきれいに見えたので、次は EF100-400mm F4.5-5.6L IS USM を
試してみることに。
当然ながら MC-11 の動作保証外なので、ランプは点きません。


DSC08543

オートフォーカスでは、合焦すらしませんでした。
開き直ってマニュアルフォーカスで撮影。ISは利くのでじゅうぶん使えます。でも手持ちはしんどい。


DSC02148

しんどいついでに、エクステンダーも試してみました。
EOS 7D でもどのみちマニュアルフォーカスでしか使えないので、感覚的には同じと開き直る。
今月中にはこの組み合わせで魚津の蜃気楼を撮ってみるつもり。


DSC08548

周囲がまだ明るかったので、今日はこれくらいが精いっぱい。
手持ちでノートリミングで日の丸構図にするのも大変なんだよ、瞼の周りの骨が折れるかと
思った(ぉ

普段使いにするかと言われればしないと思うけど、マニュアルフォーカスがさほど苦にならない
タチなので、フルサイズセンサーの被写界深度が恋しくなったらまた持ち出すと思います。

とりあえずは、蜃気楼撮らなきゃな。



つづく

STAR WARS : A NEW HOPE


旧三部作の映像ソフトの購入は、以前LDとDVD(どちらも特別篇)を持っていたとき以来で、
すでにどちらも手放してしまっているんですが、今を思えば”特別篇”であってもセバスチャン・
ショウの顔が差し替えられていないLD版のほうだけでも所有しておけばよかったかなと
思ってます。

プレーヤーももう処分してしまってるいけれど・・・。

さて、なんとなしに買い集めては机の上に飾っておいたフィギュアの中でも、とりわけ C-3PO が
好きだというのだけは娘に伝わっていて、誕生日プレゼントにグッズをくれたりもしてたんですが、
実際に映像作品の中ではどんな立ち位置なのか知らないのと、

先日連れて行った 『スター・ウォーズ展 ― 未来へつづく、創造のビジョン』 を観たことがきっかけ
になって、次男がダース・ベイダーを気に入ってしまい、ベイダーの出ていない ”Ep.7” を
観せるよりも前に、やっぱり旧三部作から観ないとあかんやろ、と思ってBDで買い直しました。

次男には今朝届くなり途中まで観せたけけど、娘が帰ってきたらあとでもう一回観ようっと。

新三部作は闇に葬るつもりなので、存在すら教えようとは思いません(ぉ


DSC02135

BDソフトもいろんな仕様のものが発売されていて、そこでも迷う羽目になったけど、子供ウケし
そうなスチールブックのを選びました。

このあと、続編も揃えるかどうかはまだ決めていません。
そのうち満を持して”劇場公開版”が発売されたりなんかしたら悔しいから(苦笑

ちなみにジャケットデザインのこちら側は実は裏で、ネットでもこっちの方が表だったらよかった
のにという声も聞かれますね。


DSC02137

んで、こっちが本当の表側。

これを見せたとたん、次男が色めき立ってこの上でメタコレのベイダーで遊び始めたというw
ああ、これは傷だらけになるパターンや・・・(苦笑


DSC02140

中身はこんな感じ。

封入されていた紙類はすべて捨てる派です。


さて、BDソフト化された際の画質とかの感想は、もはやどうでもいいと思ってます。
30年以上も前の映画だし、子供たちといっしょに観られるディズニー版スター・ウォーズの登場
人物の(リアルに)若かったころのお話を振り返って観られさえすればいいし。

自分が子供のころに観たスター・ウォーズで、唯一リアルタイムだったのは”ジェダイの復讐”
(あえてジェダイの帰還とは言わない、分かるよね?)だったなあ、
父親といっしょに観たかどうかの記憶はないけれど、自分の子供たちがいずれ本当に興味を
持って、この作品シリーズを好きになってくれたら、ちょっとうれしいかも。

そして、自分の子供たちにも伝えていってほしい、子供のころにパパといっしょに観たんだよ、
ってね。


STOCK / SONY α7 専用L型ブラケット LB-A7


3月に入手し、軽くオールドレンズ遊びをして以来、出番のなかったα7用にこんなアイテムを
ぶち込んでみました。

DSC02141

アルカスイス互換のL型プレート、LB-A7でございます。
もともと、グリップ代わりにエムユーケイカメラサービスさんの販売する香港製のL型プレートに
目を付けていたんですが、こちらは3,000円と安く(mukさんのは4,800円で送料別)、他の買い物
のついでにamazonでポチリました。

余談ですが、このL型プレートの意匠がほぼ(?)同じもの、けっこうよく見つかりますよね。
どれがオリジナルなのか知らないけれど、値段の幅がそこそこあるので、どれが妥当なのか
分からない(苦笑

それに、グリップ代わりに使いたいと思ってこういうのに飛びついたわけで、
そんなにお金はかけたくないのが本音。
アルカスイス互換クランプすらまだ持ってないしね。そのうち用意するだろうけど。

結局、以前 dp0 Quattro 用アクセサリでお世話になった、foxfoto さんが個人的に買われたもの
と同じブランドのものを選んだわけですが・・・。


DSC02143

装着したままバッテリーの交換ができるのが素敵。
写真を撮り忘れましたが、取り外しも可能なサイドプレートにも、各コネクタへのアクセスを邪魔
しないように肉抜きがされていて、とてもいい感じです。

DSC02146

また、ハンドストラップ用の通し穴が追加されるので、ネックストラップをやめてハンドストラップに
するとフットワークも軽くなって良いかもしれません。あとで何か探してみようっと。


DSC02144

前から見たらこんな感じ。これで自分の掌(たなごころ)にもぴったり収まるようになりました。
ただ、持ち方というか持ったときの指の角度が変わったおかげで、ボディ前面に指先が触れる
のが気になりだしてしまい、貼り革キットを買ってグリップ側だけに貼りたくなりました。

それはさておき、そろそろ本腰入れて写真撮らないとレンズがもったいない・・・。



富山ライトレール開業10周年記念ラッピング電車


月曜日の朝は、長男を富山駅北まで送ってやるのがおれの役目になりました。
仕事が休みなので、次男も同乗させて、長男をバス乗り場で降ろしてから少しの間いっしょに遊んで
保育所まで送るつもり。

P5090059

という日常なわけですが、せっかく駅北まで来たので富山ライトレールの記念ラッピング電車が
来るまでしばらく待って、写真を撮りました。
次男の持つビニール袋には、この後立ち寄る公園で遊ぶためのシャボン玉セットが入ってます。


P5090061

朝の通勤時間に子供とふらふら散歩しながら写真を撮るのもオツなもので、連休明けの今日から
仕事だという可哀そうな人たちが残念そうにおれたちをチラ見していきます。


P5090064

目的の電車を見送ったあと、少し歩いて環水公園まで来てみました。

知らなかったんだけど、環水公園の駐車場って朝9時にならないと入れないのよね。
仕方ないんで駅北の有料駐車場にクルマを置いて歩いてきたけど、環水公園の駐車場には
停めっぱなしになってるのか、すでに何台ものクルマが停まっていました。

パッと見で3分の1は埋まってたけど、こういうのちゃんと対策してほしいよね。


さておき、散歩がてら野鳥観察といきますか。


P5090066

天門橋とアオサギ先輩。


P5090073

セグロセキレイ・・・かな?


P5090075

ムクドリ・・・のような?


図鑑があるからすぐに判別できるかと思ったけど、資料が少ないとなかなか難しいな。
だが、そこがいい。

保育所へ行く時間がが近づいてきたので、今日はここまで。


嫁は朝から大腸検査。最近ずっと腰が痛いとか便通がおかしいとか、生理でもないのに
出血がある、ひょっとしたら前の穴じゃなくて後ろの穴からかも、もしかして大腸癌?とか
言い出したので、ネットなんかで調べたらそりゃそれっぽい答えしか出てこねえよ、
悩むだけ無駄だから医者行って来いって言ったら、ようやく検査する気になったというね。

検査では下剤を大量に飲むので、人によっては腸管が破裂して死に至るといった情報
まで仕入れてきたようで、不安症の人はどうしてこうも不安になることばかり見つけて
来るんだろうと思わずにはいられませんでした。

結果的にはなんともなかったんですけど、過度の空腹から低血糖になったらしく、そのまま
病院で点滴を打ってもらって帰ってきました。

今は麻酔の後遺症が辛いようです。

そんな状態のときに次男が側にいると大変なので、保育所へ迎えに行ってスター・ウォーズ展
に連れて行ったあとからずっと自宅アパートで隔離しています。

そんな月曜日。


スター・ウォーズ展 ― 未来へつづく、創造のビジョン に行ってきた


六本木ヒルズで開催されてからちょうど一年になりますが、富山県近代美術館で開催されている、
『スター・ウォーズ展 ― 未来へつづく、創造のビジョン』 を観てきました。

あまりにも間隔が空いていたため、六本木のときとは別のイベントだと思っていたのは内緒(ぉ


DSC02131

てっきりゴールデンウィーク中だけかと思ったら、意外とロングランの6月26日までの開催とな。
駐車場の警備員さんもだいぶだらけてたのが印象的でしたね(苦笑

7月16日からは大阪のあべのハルカスで開催、お近くの方は是非。


DSC02126

この日は美術館・博物館の定休日に設定されがちな月曜日ながら、”県民ふるさとの日”ということで、
開館かつ入場は無料(通常:大人1,000円)でした。おれはつくづく運がいい・・・。

そういえば、二年前のこの時期は「富山県中央植物園」に行ってたんだよなあ。

ちなみに、隣接する富山市科学博物館は「市」の施設のため、県民ふるさとの日とは無関係を
決め込んでやがりました。


DSC02125

唯一撮影の許可されているスペース(宇宙じゃないよ)で一枚。
まあ、5日前の「スターウォーズの日」を経験してしまったら、テンションはこんなもんでしょう。
とはいえ、あのときは会場には入らなかったので、お父さんは内心ワクワクしてました。

実際、美術館の中央に設置されたメディテーション・チャンバー内のダース・ベイダーを
見たときなんかもう、言葉にならなかったッスね。

あと、イォーク族が意外と大きくてびっくりしました(調べてみたら、次男と身長が一緒だった)し、
ハン・ソロのブラスターの実物を見たときは、夢なら覚めないでくれとどれだけ思ったか!w


DSC02132

おみやげに図録を購入(税込2,000円)。
展示物の反芻に役立つので、最低限これだけは押さえておかないとね。


DSC02133

衝動的に衝動買いしたアップリケ。次男のスモックに着けたりはしませんよ(笑


DSC02134

観光地名物、記念コイン。ここでもベイダーのデザインを選択。
キーホルダーにするためのリングやチェーンは売り切れだったけど、まあいいか。


さて、展示内容についてもうちょっと書くと、友人が観てきた東京会場のものとは規模が小さめ
なのかなと思いました。天井から吊り下げられたデス・スターIIもなかったし。

プロップ類なんかは一部本物かどうかも微妙だったうえに、市販のフィギュアに頼った部分も
あったのが気になりました。また、映画にインスパイアされたイラスト作品は蛇足だったかなあ。
まるでテーブルトークRPGによくあるようなのばっかりだったしね。

海外の人の頭の中のファンタジーって、あんなイメージしかないのかね、と思ったり。

ラルフ・マクォーリーの描いたアクリル画を観られたのだけは良かった。


STAR WARS CONVERGE : 3


ついにスター・ウォーズ グッズブームが覚醒してしまったむっちーです、こんにちは。
800円もするメタコレを四個も買ったのにも飽き足らず、こっちも買っちゃった(テヘ

IMG_1467

STAR WARS CONVERGE の第三弾、最新作 『フォースの覚醒』 よりファースト・オーダーの
みなさんたち。

ちなみに、ガムではなくラムネが入っていました。腹の足しにもならねー


IMG_1468

作品本編を観るまでは、このファースト・オーダーのコスチュームのデザインが好きではなかった
けれど、いざ観てみると気にならなくなってしまうほど、単純な性格でごめんなさい。

特に気に入ったのは「キャプテン・ファズマ」で、その役を演じた グェンドリン・クリスティーが
BDの特典映像で語っていたように、女性らしさのないデザインがなんともカッコよく、
190cm以上もある身長を生かした存在感を次作ではぜひ存分に発揮してもらいたい。

やっぱり、悪役は身長が大きくないと。

でも、最高指導者スノークは反則だと思う(ぉ


IMG_1470

#09 KYLO REN

”レン” って聞くと、一時流行した子供の名前みたいだよね。


IMG_1469

#11 CAPTAIN PHASMA

ファズマたん、ハァハァ(*´Д`)
カイロ・レンもあっさりマスク取ったんだから、次作ではぜひそのご尊顔をスクリーンで観てみたい!


IMG_1471

#10 FIRST ORDER STORMTROOPER

そして、実は今回の本命のストームトルーパー。理由は後述しますが、この個体は塗装ミスが酷い。


IMG_1474

ので、油性ペンでレタッチしたったけど、おれがコイツを買ってやってみたかったことはただ一つ!


IMG_1477

FN2187(フィン)バージョンにしたかっただけだお!

おれがグッズ企画担当だったら、間違いなくシークレットとして仕込むのに、ふつうにノーマルのしか
なかった(今回買わなかったのは火炎放射器を持ってるFLAMETROOPER)のにカチンときて、
自分でやってみたぜ!


ああ、楽しかった。


メタコレ スター・ウォーズ


およそ30年ぶりの最新作、『フォースの覚醒』 の公開に合わせて、数々のキャラクター・グッズが
発売されていた スター・ウォーズ。
天邪鬼な性格なので、ブームに乗せられまいと見て見ぬふりを決め込んでいたわけですが、
重い腰を上げてようやくBD版を観たところ、やっぱり面白かったんで、
今再びスター・ウォーズ ブームが舞い降りてきてしまいました。

IMG_1459

まず最初は、メタコレシリーズの#10 BB-8 がキタコレ!

映画のトレーラーで初めてみたときには、あざといなーと感じてあまり好印象ではなかったものの、
いざ作品を観てみると、あのデザインだからこそ狭いミレニアム・ファルコンの中でも縦横無尽に
移動できるため、作品のテンポが良いというか絶妙な感じになるのに気づいて、大好きになって
しまいました。


IMG_1462

玩具のほうはといえば、映画のように転がりはできないけれど、起きあがり小法師になっていて、
机上で遊ぶのにぴったり。癒されます。


IMG_1460

頭と体のバランスがおかしいですが、まあまあ遊べるし、いいんじゃないかなと。


IMG_1463

続いて、二回目はリズミカルに(内輪ネタ)旧三部作より、悪の枢機卿 ダース・ベイダーさんと
ストーム・トルーパーのお二人を大人買い。
なぜこの組み合わせかというと、


IMG_1458

ゴールデン・ウィーク中にたまたま立ち寄った先で、”スター・ウォーズの日”のイベントが行われていた
ときに撮った写真を、ミニチュアで再現したくなったからでした(ぉ

だって、あのベイダーの身長、どうしても納得いかないんだもーん。


IMG_1475

というわけで、写真に写る次男の足首部分だけ残して切り抜いて作ったのがコレ。

・・・やっぱりベイダーの身長は低いまんまでした。



おしまい





にながわ敬寿苑の足湯 水舟亭 再訪


前回までのあらすじ―

ゴールデン・ウィークに家族で足湯に入りに来たむっちー一家だったが、施設の清掃中のため
すぐには利用できず、清掃が終わるまでの間、富山市科学博物館で時間をつぶすつもりが、
むしろ隣接する富山県立近代美術館で開催されていた 『スター・ウォーズ展』 の5月4日限定
イベントの記念撮影にテンションが上がったのであった・・・。

DSC02117

というわけで、濃い時間、ではなく小一時間待って富山市は二俣の 『にながわ敬寿苑』 を再訪。
2014年の10月に初めて来て、今日までの間にもういっかい来たかどうかという感じ。
嫁が元気だったころは、足湯といえば宇奈月まで平気で行けたものなんですが、それも叶わない
今は、ここがベスト・オブ・足湯。

ていうか、宇奈月のよりもこっちの方が湯温が高くて好き。


DSC02120

加温こそされているものの、ちゃんと天然の温泉を引いていて、効能はバッチリ。
疲れ切った身体には温泉がいちばん。

そうそう、あれほどハマっていた銭湯通いを最近していないのは、インフルエンザの流行時期が
あった所為。そのうち再開しようと思っています。


DSC02118

池の鯉。
苔の緑とは対照的に鮮やかな模様が引き立ちますね。


DSC02119

アメンボの雌って、雄より体が大きいのを初めて知りました。
そもそも、アメンボの交尾なんて初めて見たわ!
ちなみに、アメンボの雄は交尾後も雌の背中に乗りっぱなしだそうで、これは
他の雄から守るためだとかなんとか。

いわゆる独占欲ってやつでしょうか。


DSC02114

そうして生まれたのがこの子たちです。(゚゚ )☆\ぽか

次男はもしものときのためにぱんちゅ姿に。安心してください、穿いてますよ!
しかし、コイツのずるいのは、「おしっこしたくなった~」と嘘までついてフリチンになり、
あわよくばそのままケツから足湯に入ろうとするところ(苦笑

末っ子、恐るべし・・・。


富山市科学博物館に行ってきた


久しぶりに家族全員が揃った休日、珍しく長男がせっかくだからどこかへ行きたいと言ったので、
嫁の発案で、『にながわ敬寿苑』の足湯へ行ってみたんですが、
前日までの強風で砂利などが入り込んだため、メンテナンス中でした。
1時間後には使えるようになるということで、5kmほど来た道を戻って富山市科学博物館へ。

DSC02113

ちょうど先日、『フォースの覚醒』 を観たからというわけではなく、そういえば隣りの近代美術館では
『スター・ウォーズ展』 が開催されていましたね。
まあ、今回は子供連れだし、いつか一人の休みのときにでも来てみようっと。

DSC02087

・・・と、軽く素通りしようとしたら、何やら人だかりが。
なんと、シスの暗黒卿とストームトルーパーが襲来しているではないですか!
これはちょっとテンション上がって来ちゃうじゃないの、やっぱりあとで行ってみようかなあ。


DSC02088

悪の枢機卿のくせにファンサービスに丁寧に応じていました。
遠近法のせいか、なんとなく身長がおかしい気もしますが、地球の大気のせいだと思います。


DSC02089

こちらは影武者です。

・・・石でも投げてやろうかと思いましたが堪えました(ぉ


DSC02090

さておき、科学博物館です。

ノーベル物理学賞を受賞されたのも記憶に新しい、東京大宇宙線研究所長の梶田隆章教授
(富山市在住)のコーナーが設けられていました。
岐阜県は神岡鉱山の地下にあるスーパーカミオカンデで使用されているものと同じ、光電子
倍増管の実機が展示されていたんで、めちゃくちゃワクワクしますね。


DSC02092

名物のティラノサウルス、富山のティラちゃんです。動きます。
これをアロちゃんと言ってしまうのは昭和生まれだけです(ローカルネタ)。


DSC02093

それを次男が怖がって、なかなか近づけないでいるのがかわいい。


DSC02094

頑張っても、ここまで。

まあ、帰るころにはすっかり慣れてしまって、お兄ちゃんに肩ぐるましてもらって触れるくらいに
なっちゃったけどね(笑


DSC02096

DSC02097


DSC02098

この日も富山市内は風速7m の強風が吹き荒れていたにも関わらず、これをやりたがる娘。
来るときに広場で思いっきり体感してきたやんけ。


DSC02100

しかし、こちらは最大15m の風が吹くだと? よし、いっちょ勝負だ!


DSC02104

おでこ全開になって爆笑w


DSC02106

嫌々ながら付き合ってくれた長男もノリノリで参加、T.M.Revolution には程遠いリアクション。
嫁に似て髪質が硬く、量も多いのでめったにおでこが見られないんですが、ひっさしぶりに見た
感じだなあ。


DSC02111

帰り際、次男がいっしょに写真撮りたいと言い出したので、ちょっとだけ並んで写真撮りました。
ストームトルーパーの人に銃を借りようと思ってたけど、言う前に貸してくれたので良かったです。
おまえら、悪役なのに良い奴だなあ(笑


DSC02112

帝国の最大の秘密に触れてしまったが、黙っておくぜ・・・!
(どう考えてもこのベイダー、おれより身長低いw)



THE FORCE AWAKENS


観よう観ようと思いながら、日程が合わず劇場で体験することもなく、事前情報もほとんど仕入
れることのないまま、ソフト発売日を迎えてしまいました。

が、そのソフトにも複数の仕様があることがまた面倒くさく、どれがいちばんベストなのか考える
のも苦痛になってきたので、気が向いたら買うかくらいの気持ちでいたんですが、
ふと PS4 を起ち上げてみると、PlayStation™Video で配信されてるじゃないですか、
動画配信、そういうのもあるのか!ということでひょっこり視聴。

カートに800円くらい残っていたので、48時間観放題のレンタル(500円)―字幕版ですが・・・。


DSC02084-2

にじりよる次男を押しのけながら見る前回までのあらすじ、内容がまったく頭に入ってきません。
『ジェダイの帰還』 より30年の不在をどう補完してくれるのか、まず観てみようではないか。

ちなみに、おじさんは原典主義者なので、旧三部作(Ep.4~6)は劇場公開版しか認めてないぜ。
やっぱ 『ジェダイの帰還』 のラストの記念撮影にはセバスチャン・ショウ(1994年没)がいないとね。


DSC02085-2

いやあ、良いですねえ、フィンとレイの掛け合い。特にストームトルーパーの脱走兵であるフィン、
アフリカ系アメリカ人ならではのリズム感ある動き、話し方、それが物語のテンポを心地良くして
いると思います。
旧三部作ではどの人種の俳優もわりと控えめな印象だったので、とても新鮮に感じました。
時代の流れもあるかと思いますが、これは良シリーズになりそうな予感。

そして、何よりもハリソン=ハン・ソロの登場だけでご飯三杯三食イケますよね。
『ジェダイの帰還』 以降、いくつもの出演作でその姿を見続け、彼自身が年老いていくのを見て
きているファンの一人として、またハン・ソロとチューイに会えてとてもうれしい!
そのハン・ソロが若き担い手のレイやフィンたちの精神的な支えとして物語の中心にいるのも
良いですね。途中でふいlふゃえるいyふkbhljdbsdヴゅkんsふぁうscうわやめろ


ただ、レイア役のキャリー・フィッシャーは、スター・ウォーズとブルース・ブラザーズ以外の作品
を観てこなかったので、リアルに30年以上経ったその姿はとても衝撃的でした。
(あんなにピチピチやったのに・・・。)

余談ですが、『スターウォーズ』 シリーズ以降、プレッシャーからドラッグに溺れていた彼女の
自伝を原作とした 『ハリウッドに口づけ』 は観てみたいなあ。


さて、その二人との間に生まれたというカイロ・レン(これはもうバラしてもいいよね)。
彼がマスクを取るのは次作でも良かったのでは、となんとなく思ったり。
また、父親のハン・ソロと無駄に高く落ちたら死にそうな一本橋上で露骨に対峙するのも、
ベイダーとルークのあのシーン(Ep.4)への目配せをしたいのなら、やっぱり次作のほうがファンも
喜んだだろうし、今作はちょっと駆け足かつ詰め込み過剰な部分もあったかと思います。

そのせいか、レンのへっぽこさとアホ面だけが際立ってしまったのが残念です。


ただ、フィンやレイ、それにポーの登場とその活き活きとしたキャラクターがとても素敵で、
今後の展開をとても楽しみにさせてくれました。これは次作は真剣に観ないといかんな。


ところで、レイが武器として携えていた”クォータースタッフ”。これって、ダース・モールのライト・
セイバーへのオマージュですかね。
それぞれのキャラクターに関係性はないけれど、その後レイがルークのライト・セイバーで
レンと戦うシーンでは、その棒術使いらしい動きのかけらもなく、
普通に構えて戦ってたのがつまんなかった。柄を逆手に持つとかの工夫くらいは欲しかったな。

最後に、ルークのシーンは蛇足というか背中だけで良かったんじゃないかな。
あの哀しげな目の演技はとても素晴らしかったんだけど、背景がよくないんだよね。
いかにも世界遺産的な風景をロケ地に選んで撮影に挑みました感がタップリで。
調べてみたらやっぱり世界遺産で、アイルランドのスケリッグ・マイケルという場所でした。

てっきりアイスランドのビョークんちの近所かと思ってたんですが、予想が外れましたね。



田園


出勤日でしたが、入学した高校でバドミントン部に入部した長男を通り道の試合会場まで送ったあと、
まだ時間に余裕があったので、以前から気になっていた路線の撮影を試してみました。

毎朝8時45分ごろでしょうか、国道8号線の有金高架橋をクルマで通過するその下を、富山地鉄の
車両が通っていくんですよね。

さすがに橋の上でクルマ停めて写真を撮るわけにもいかないので、どこか付近の風景のからめて
撮れるとこないかなとずっと気になっていました。

IMGP0779_2

んで、辿り着いたのが滑川市運動公園と中加積駅の間くらいの県道。
うまくいけば北陸新幹線とのコラボも撮れたりなんかしちゃったりして!な、ロケーション。


IMGP0780_2

また、田圃の水面に映る電車の姿を捉えることができるかも!な、ロケーションだったり。

さてさて、もうすぐ電車が来る時間ですよっと。踏切の警報も鳴り始めました。

―鉄則その①電車撮るなら踏切の近く。なぜなら、来るのが分かるから。
さらに最寄り駅の発着時間もチェックしておけ―


IMGP0783_2

というわけで、特急アルペン号のヘッドマークを付けた 14760系(旧塗装)の第6編成が通過ー。

おれが通勤時間に見かけるのは新塗装の通称”カボチャ電車”なので、ちょっと残念。
まあ、適当な時間に適当な場所に立って撮ってるわけだから仕方ないか。


IMGP0784_2

もうちょっと左側で撮ったほうが構図的に美しかったかもね。


IMGP0785_2

続いて中加積駅方面から 14720系(旧塗装)の第2編成が通過。ちなみに1962年製です。
あと、長男の推薦入試が終わるまでの間、暇だったので岩峅寺駅まで行って撮ったときの車両と
同じでした。

富山地鉄を(雑に)撮ってると、こうやって偶然再会を果たすこともあるから、なんか面白いよね。


IMGP0786_2

稲穂が頭を垂れるころ、また撮りに来るのも良いかもしれない。




M.A.Y in the backyard


先月末から、すっかり曜日感覚がおかしくなっているむっちーです。こんばんは。
5月1日は運よくお休みをもらえたわけですが、日曜日という感覚がまったくなくて、しかも
長男は登校日だったため、気分はまるで月曜日。

ゴールデンウィーク中に行く予定だった「のとじま水族館」に前倒しで行ってきたため、
特別に何かする予定もないですが、スケジュール帳に書かれていた「GW中に行きたい所」
リストに則って、ちょっとだけ遠出しました。

DSC02046

以前、娘とピクニックと洒落込んで遊びに来た砺波総合運動公園でございます。
今回は次男も連れて来れたので、めいっぱい遊んでもらいます。
ていうか、車から降りるなり猛ダッシュで行方不明に(苦笑

そうそう、そういうのを期待してたんだよw


DSC02049

珍しく嫁もいっしょに来てくれました。
手分けして子供と付き添えるので助かりましたし、たまには光合成しないと気分も良くならないしね。

ちなみにこの日の天候は曇りでした。


DSC02050

娘は娘で、いつもの好きなターザンロープをエンドレス。
変な癖付かないといいんだけどな。←


DSC02054

物が人の顔に見える「シミュラクラ現象」さん、いらっしゃいませ~。


DSC02051

公園のすぐそばの田圃に落ちた桜の花びらが、春の終わりを告げていました。




所変わって、イオンモール砺波に来てみました。
ゴールデンウィーク中のイベントの一つとして、『キッズ本格おしごと体験』が催されています。

この日は砺波地域消防組合消防本部さんが、防災体験と防火衣を着ての記念撮影ができる
ということで、消防および緊急車両好きの次男のテンションが上がる・・・

DSC02057

と思いきや、本物の消防士さんの説明に神妙な面持ち。正座して聞いています。


DSC02058

(主旨がうまくのみこめていないけれど)
がんばるぞー、おー!



DSC02061

転がりながら危険を回避、回避!


DSC02062

頭を守りながら素早く退避、退避!

ちなみに、他の子ふたりと兄妹と間違われましたが、おれってそんなに性豪みたいな顔してますかね?
ていうか年齢差が近い子育てをしてる人、マジで尊敬するわ・・・。


DSC02063

そして、憧れの防火衣を着ます。


DSC02066

(主旨がうまくのみこめていないけれど)
消防士さんになれたよ!



DSC02068

最後に赤バイと記念撮影。とくに興味ないようです。


DSC02074

お昼はサイゼリアで。

『キッズ本格おしごと体験』の前に買わされた消防車を舐めるようにこねくり回しだす次男。
先ほどのイベントの際、この玩具が入った袋に気づいた消防署の職員の方に、この子は消防車が
大好きで、このイベントのためにイオンに来たと言ったら喜んでおられました。



帰り道に、砺波駅に寄ってみました。

ここまでのイベントはすべて前座で、初めからここに来たくてスケジュール組んでたさ!
なぜかというと、ふだん土日に休むことがめったにないため、出逢う機会がメチャクチャ少ない電車
に遭遇できるから。


DSC02076

JR氷見線・城端線を走る観光列車、”Belles montagnes et mer”(仏語で美しい山と海)が
砺波駅に入線ッ!

母の日の買い物が長引いて間に合わないかと思ったけど、2分前に南口駐車場に着いて、
珍しい車両の写真がバッチリ撮れたよ!


DSC02077

べるもんた 54号。数分遅延してた感じですかね。

ちなみに、JR氷見線・城端線とも非電化区間で、ディーゼル車しか走れません。
氷見線をこの”Belles montagnes et mer”=べるもんたが走るのは土曜日、城端線は日曜日の
運行なので、この日この場所にいなかったら撮れなかったのよ。


DSC02079a

チューリップフェア期間中だったので、砺波市のあちこちでチューリップを見ることができました。

ちなみに後ろのレンガ風の建物はAPAホテルです。シングルで予約したのにツインがあてがわれることの
多い宿で、3年前に砺波市内の店舗で働いていたときによく利用していました。


DSC02081a

キハ40-2017 以前は高岡色(あずき色に2本の白いライン)を纏っていた車輌を改造しての運用、
美容整形みたいであんまり好きなやり方ではないんだけれど、こうして走れるんならいいかな、と。

それにしても、キハ40 ええわー。富山地鉄撮るよりもこっちの方がなんかスッと胸に下りてくる
のはなんでだろ。

次は氷見線で雨晴の風景とからめて撮りたいと思います。


そのときに、また逢おう。



最新記事
最新コメント
月別アーカイブ
カテゴリ
みんぽす
モノフェローズに参加しています
サイト内検索
リンク
Powered By FC2ブログ

今すぐブログを作ろう!

Powered By FC2ブログ

QRコード
QR