なぞなぞのみせ/石津ちひろ&なかざわくみこ


小学校4年生の娘と3歳の次男を連れて遊びに行った 『いりふねこども館』で、娘が手に取って読んで
いた本を仕事帰りに買ってきました。

本当はその日のうちに一緒に買いに行きたかったんですけど、あの後おれの体調が悪くなってしまって、
せっかくの土曜の休みなのに、午後からはほとんど何もしてやれず、ちょっと残念でした。

DSC01751-2

んで、その穴埋めではないけれど、そもそも次男の世話でのんびり絵本を読むこともできなかったのが
丸わかりだったので、はじめから買ってあげる気でいました。

タイトルはまんま 『なぞなぞのみせ』 (笑
いりふねこども館では動き回る次男のせいで、どんなタイトルか写メる暇もなく、かつ当日のイベントの
時間と重なったこともあって、落ち着いて確認もできなかったんですよね。

んで、仕事の合間にグーグル先生に ”なぞなぞ お店 絵本” で検索してもらったら、すぐに発見できました。
備忘録兼保険をかける意味で Amazon のカートにも一旦入れておいて、帰りに自宅近くの大型書店で
探したら在庫があったので、速攻で確保。

あいにく帰宅時間にはすでに娘は寝てしまっていたので枕元に置いておきましたが、毎日娘が起きる
時間にはおれがまだ布団の中にいるというのをループさせているため、喜ぶ顔をリアルで見れるかどうかは
微妙です(苦笑


DSC01752-2

ちなみに、個人的にはなぞなぞの類はだいきらいで、なぜなら答えを導くための手がかりが直接的でなく、
あいまいだからです。

結論から話せ、と(ぉ


DSC01753-2

とか言いながら、内容をチラ見してみると、わりと直接的な答えを見出せそうな出題だった(要は簡単)ので、
安心しました。

いえね、これを元に娘から絶対なぞなぞ出されると思うんですよ。そこでニヤリとさせられる捻りの効いたもの
ならいいけど、疲れた頭で考えるのもしんどいような頓智系だったら付き合うのが本当ツラいんで・・・。

さてさて、明日の朝が楽しみです。




スポンサーサイト

いりふねこども館


久しぶりに土曜日に休みをもらえたので、子供たちを連れて富山市は湊入船町にある、
『KNB いりふねこども館』にやって来ました。
この施設は、地元のローカル局である KNB(北日本放送)が創業地への恩返しとして建てたもの。
要はコマツにとってのわくわくコマツ館的な感じでしょうか。


DSC01733

地名を聞いても伝わりにくいと思うので分かりやすく言うと、世界一美しいスタバのある環水公園が
道路を挟んで向かいにあります。


IMG_0020

んで、以前買った女優・室井滋原作の絵本 『チンチンボンボさん』 も、このKNB(日本テレビ系列)
プレゼンツだったりします。
ちなみにサザエさん(フジ系列)のオープニングで富山の映像が流れたときは、放送局の違いから
この建物はおろか、現在のKNBの社屋が丸ごとないものになっていたので、テレビ局の闇って怖いな、
と思いました。


IMG_0017

さて、子供連れ向けの施設なだけに絵本がたくさん置いてあるので、絵本好き(絵本作家になりたかった)に
とってはまさにパラダイス。


DSC01713

当たり前のように 『チンチンボンボさん』 もありますよー。


DSC01716

富山を代表する企業、YKK印の布絵本を発見!
そうか、ファスナーのメーカーならではの絡み方だね(笑


IMG_0019

一文字間違えるだけでとんでもないことになる、”木の玉プール”
そういえばウチの次男、1歳ちょっとのころはこういう足元から埋もれてく感じのやつが全然ダメで、
当時はギャン泣きしてた記憶が。


IMG_0024

それが今では自分の家のように好きな絵本を持って来て居座る始末。
ところで、まだ字は読めないはずなのに、なんでピンポイントでこれを選ぶんだろう?
たぶん背表紙にクルマの絵でも描いてあるんだろうけど、それらがすべてはたらくくるまの内容では
ないはず・・・。

ところで、アルファベット表記の ”ISUZU” は読めるようになりました。

どこぉ~まぁでもぉ~♪


IMG_0016

自宅で義妹に髪を切ってもらったら、最近流行りの前髪ぱっつんになってしまいました(苦笑
#おうちでとこやさんあるある


DSC01709

娘は娘で、”なぞなぞ”と”お店”という大好きな要素が全部入った本を発見。
この本、いつか買ってやろうっと。


DSC01732

テレビ局関連の施設なだけに、スタジオごっこ遊びができるのが面白いです。


DSC01721

よく見ると、スタジオ内のカラーリングがふなっしーっぽい雰囲気なのは気のせい?(笑


DSC01730

原稿チェック中・・・


DSC01729

おーい、カメラ回ってっぞぉー(笑


DSC01717

ここで、緊急ニュースです(゚o゚;) ハッ


DSC01718

今日放送の『開運!なんでも鑑定団』では、やっぱり石坂浩二の出演シーンは見当たりませんでした!
500万円で買った宗正が40万円だと鑑定されたおじいちゃんの何とも言えない表情と、それをフォロー
しきれずに目が泳ぐ今田耕司が最高でしたね!
(ちなみにテレ東系列はチューリップテレビが放送してます)


DSC01731

しかし、この空間手振れ補正の無駄遣い感、ハンパねぇな・・・(苦笑


DSC01720

ちょっと話は逸れますが、やれ構図だ画角だ露出だとか騒いだところで、おれはこういう写真がいちばん
好きです。


DSC01711

おっと、そうこうしてるうちに妙齢(妙な年齢という意味ではない)の女性二人がなにかリハーサル的な
ものを始めたぞ・・・。


DSC01723

何も考えずに来たので知らなかったのですが、地元で活動している女性ユニット ”Honey Grace” の
「えほんうたコンサート」が開催される日だったのね。
雨晴温泉 磯はなび』 のCMソングもこの人たちが歌ってるそうで。言われてみたら聴いたことないけど。


DSC01725

次男は、この日出会った知らない子とすっかり波調が合ったらしく、終始楽しそうでした。
こういう施設での一期一会ってけっこう楽しいんよね。
おれはおれで、この写真を撮ってる左横にいる赤ちゃん(まだハイハイが精いっぱい)にずっとガン見
されてました。


DSC01727

「えほんうたコンサート」ということで、紙芝居のように絵本をめくりながら、カエルが主人公の作品と、
トマトやキュウリが出てくるやつのオリジナル2曲のほか、となりのトトロの挿入歌の 「さんぽ」 と アナ雪の
「ありのままで」 を歌い切っての30分でございました。

娘がこの日着ていたのはアナ雪のパーカーだったので、ちょっと面白かったですけど。


DSC01726

この日の来場者の中では、おそらく親子ともども最年長だったかもしれません。
第一子が1歳に満たない若いパパママのほうが多かったです。
なので、参考までに 3~4歳児だとわりと周りに気を遣う感じなので、空気読んでくださいね。


IMG_0022

とは言え、子供たちには好評で、環水公園に来たついでにまた来てみようと思います。


田尻池に行ってきた②


冬生まれなので、基本寒いのは平気。晴れ間が見えれば多少気温が低くても、外に出たくなる性分
なんです。

IMGP7472
[ PENTAX K-5IIs / SIGMA 18-300mm F3.5-6.3 DC MACRO HSM ]

というわけで、ハクチョウの飛来地・田尻池にまた来ちゃった♪
さあて、今回はハクチョウに会えるかなー。


IMG_0191
[ Canon EOS 7D / EF100-400mm F4.5-5.6L IS USM ]

おっ、いたいた!
でも対岸のめっちゃ遠いとこですやんかー。これはエクステンダー持って来ればよかったパターンや。


IMGP7488
[ PENTAX K-5IIs / SIGMA 18-300mm F3.5-6.3 DC MACRO HSM ]

と思ったら、ふつうに手前側にいたりして。(゚゚ )☆\ぽか
へっへっへ、この距離なら撮り放題じゃないか!(嬉


IMGP7455
[ PENTAX K-5IIs / SIGMA 18-300mm F3.5-6.3 DC MACRO HSM ]

そういえば、ハクチョウの雌雄ってどうやって見分けるんだべ?


IMGP7485
[ PENTAX K-5IIs / SIGMA 18-300mm F3.5-6.3 DC MACRO HSM ]

ここまで記事書いてたのを次男に見られて、一言 『これ、アルカパ?』 ・・・。
いやいやいや、これ鳥だし、そもそもアルパカだし(笑


IMGP7454
[ PENTAX K-5IIs / SIGMA 18-300mm F3.5-6.3 DC MACRO HSM ]

アーフラーック!!(怒
ほら、ハクチョウさん怒っちゃったじゃないかー。


IMGP7449
[ PENTAX K-5IIs / SIGMA 18-300mm F3.5-6.3 DC MACRO HSM ]

あれ、これはこないだ来たときには見なかった種類のカモだ。オナガのようにも見えるけど、ちょっと違う。
調べてみたらコガモちゃんでございました。
てっきりオナガの幼鳥かと思ったくらいに小さく、それもそのはずこの種ではいちばん小型だそう。


IMGP7497
[ PENTAX K-5IIs / SIGMA 18-300mm F3.5-6.3 DC MACRO HSM ]

今日は前回とは打って変わって鳥たちの動きがにぎやかで、オナガカモがときおり群れを作って
池の上を飛び回っていました。
いやあ、鳥だけにカッコウよく撮りたいんだけど、速くてついていけねぇ・・・。

飛行機や新幹線と違って、軌道が読めないもんね。


IMGP7501
[ PENTAX K-5IIs / SIGMA 18-300mm F3.5-6.3 DC MACRO HSM ]

流し撮りもこのザマです(苦笑
でも、ちょっとがんばればなんとかなるかな。まあ、今後の課題ということで。


IMGP7477
[ PENTAX K-5IIs / SIGMA 18-300mm F3.5-6.3 DC MACRO HSM ]

カラスくらいなら、本当楽勝。


IMGP7507

あれこれと考えながらカメラ構えていると、あっという間に時間が経っていますね。
今日もなんだかんだと2時間くらい撮ってました。

まだまだ作品と呼べるような瞬間を切り取れてはいませんが、こういうのは何度も足を運んでこそ。
人を怖がらない鳥たちに癒されながらの野鳥観察はなかなか楽しいね。

また来ようっと。




本江酒造 北洋無濾過生原酒


次男の通う保育所の園長先生から、知らない名前のお酒をいただきました。

DSC01701

聞けば魚津の蔵元のだそうで、調べてみると仕事でたまに行く郵便局の並びにあるらしいじゃないですか。
試飲会のほか、見学もできるらしく、クルマでは行かれなくなるけど、いつか行ってみようかな。


DSC01700

さて、今まで生原酒なんて呑んだことないよなあと思いつつ、記憶を辿ってみると、バッチリ呑んでました(笑
しかも、横浜で。
今はないけど、BAR LeftBank さんでおまかせを頼んで出してもらったのが、いろんな銘柄の生原酒だったみたい。
いやあ、あの夜はペース分かんなくて記憶飛んじゃったんだよね・・・。


DSC01703

アテは、嫁が長男の塾の送迎途中で買ってきてくれた、近所のスーパーのおつとめ品のブリ(笑
このあと白ご飯と一緒にいただきましたが、米ジュース呑みながら米食うのって、まだ若いって証拠かな。


DSC01704

さて、この日これを楽しみにしながら帰ってきたので、四の五の言わずに呑むとしますか。
魚津のお酒といえば、銀盤(呑んだことないけど)くらいしか知らなかったので、ちょっと緊張します。
お味のほうは、さすが生だけあってガツンときますね。
アルコール度数もふだん呑んでいるような本醸造と比べても高めで、いつものペースでやってると
足をやられます(苦笑

自分が呑める量はせいぜい二合くらいなので、お愉しみはまた翌日に。

なんとなくですが、開栓した二日目ってなんだか味がまろやかになった気がしました。
さあ、今夜も呑むぞー!!


Canon EF-EOS M


雪、めっちゃ降りましたね(

さて、2016年初物欲はこちらになりまーす。

DSC01683

Canon EF-EOS M マウントアダプターの EOS M2 ボディ(ベイブルー)と、その描写力が侮れないらしい、
EF-M22mm F2 STM レンズ付きが、年末年始にかけて通販サイトおよびリアル店舗でも投げ売りされてた
ので観念して購入。
そろそろ本格的に機材整理しないとなあ(苦笑・・・。


DSC01684

このマウントアダプター、何気に作りがしっかりとしていて所有欲を満たしてくれます。
ただ、この三脚座を使うようなシチュエーションで何を撮影するかというと、正直イメージできません(爆


DSC01685

マウントアダプターと一緒に箱に入ってた EOS M2 のボディ、気に入ったのはこのマウント部分。
ちゃんとボディカラー全体のイメージに合わせたカラーになっているんですよね。芸が細かくてステキ。


DSC01691

んで、さっそく EF-M22mm F2 STM をボディに着けてみたところ。店頭では気が付かなかったけど、
ちょっとしたコンデジくらいのサイズなので、DSC-RX100M2 と比べてもさほど大きいと感じないくらいに
コンパクト。

個人的には基本、このレンズ着けっぱで運用するつもり。


DSC01692

とはいえ、せっかくマウントアダプターもあるので、とりあえず EF 50mm f/1.8 STM を着けてみたー。
これで 35mm 換算 80mm という画角になるぞ、と。この 50mm も明るくて使いやすくて好き。


DSC01693

ヒマなのでフードも装着してみた。
フゥ~!


DSC01688

実は何度となくこの EOS M2 ボディ付き マウントアダプターを買おうか考えてはスルーしてたんですが、
その理由がこれ。ネックストラップを付ける金具の構造がよく分からなくて、そういった細かいことを調べる
余裕もそのときはなかったから諦めてたんですよね。


DSC01690

でも、答えは意外と簡単でした。
指の爪か何かで白い目印どうしを合わせれば、裏側で樹脂がちゃんとボディ側の金具に固定してくれる
という構造でございました。


IMG_0013

ようやくストラップ取り付け金具の構造が理解できたので、さっそくストラップを購入。
K-5IIs でも愛用している ULYSSES のレザーストラップ、クラシコ・シリーズのチョコレート色。
今回はアイレットの幅の短いカメラ(主にミラーレス一眼)向けに”ピッコロ”を選択。


IMG_0014

レザーストラップは使用とともに傷がついたり、色が変わっていくのが面白くて好きですねー。


DSC01699

結局、持ってるレンズのほとんどが単焦点だけど、まあいいか。
撮ってて楽しいのはやっぱり単焦点レンズかな。

使う頻度はそれほど高くないかもしれませんが、ときどき顔を出すと思いますので、乞うご期待!


魚に神と書いて鰰(ハタハタ)と知った夜


ハクチョウを撮りに行ったはずが鴨しかいなかった記事を書いてた夕方4時半ごろ、自宅の玄関の呼び鈴
が鳴ったので、誰かと思ったら実の父親でした(笑

IMG_4225

昨年の夏ごろから、休日に家族と遊びに来るおれの顔がやつれまくっていることを気にかけてくれて、
ちょいちょい呑みに誘ってくれるんですよね。
で、今日は仕事で正月に会えなかったということもあって、プチ新年会的な感じで約束してました。

それにしても、迎えに来るの早ぇよ、親父(超せっかち)・・・(苦笑


IMG_4228

鴨写真の編集をしていたおかげで、コンデジのメモリーカードをパソコンに差しっぱで出てきてしまい、
役に立たないコンデジを腰にぶら下げながらの呑みです。
i Phone もバッテリー残量が30%を切ってた、そんな空気感でしたが、いいじゃないか。
たまには撮るのを忘れて飲み食いしよう、だって親父がせっかく誘ってくれたんだもの。

というわけで、一件目は富山市新富町は『吟魚』さんです。
法政大学出身の若い大将がやってる魚介類メインの居酒屋で、5月で開店2年になるまだ新しいお店。
新湊産の魚が食えるということでオラちょっとワクワクしてきたぞ!


IMG_4230

生ビールで乾杯しつつ、日本酒をチェック。
親父のおごりなので、満寿泉は自動で避けて、富美菊あたりからいってみようかと。

富美菊って、なんか聞き覚えあるなと思ったら、最近も御神酒として呑んだのと同じ酒蔵だったというね(笑
まあ、普通に美味しかったです。


IMG_4227

さて、お食事はおすすめの ”旬の刺身盛り”。
ハマチより二階級上のガンドブリと、おれが子供のころから好きなサス(マカジキ)が入っていて超旨い。
地元の漁場で獲れた新鮮な魚を食べるのは簡単なようで実は難しく、コンビニの弁当で命を繋いでいる身
としては、この日も最高でしたね。

この店には、いつか県外から来た人をお招きするのにまた来ようと思います。


IMG_4229

富山といえばブリ大根ということで、もれなく食べました。いやあ、あったかくてお酒も進みますねぇ。
このあとバイ貝の煮付も食べたけど、貝が大きくて感動したわ~!
(両手が塞がるので写真は撮りませんでした)


IMG_4226

ホクホクしながらメニューを眺めていると、ふとある品が目に留まりました。

いぶりがっこのクリームチーズだと・・・?(マスカルポーネ使わないのか)

いぶりがっこには一家言あるこのおれへの挑戦だな!
ようし、いぶりがっこのクリームチーズ、出てこいや!(高田延彦風)

・・・・・・。












IMG_4231

どこからどう見てもいぶりがっこのクリームチーズでした。
本当にありがとうございました。




IMG_4232

さて、気を取り直して二軒目に突入します。
昨年も連れて来てもらって以来、すっかり気に入った 『真酒亭』さんに来ちゃった。
こないだは成政呑んだっけ、今日は何呑もうかな♪


IMG_4234

とりあえず目に留まった黒部峡(一合)を呑みつつ、ここでも刺身の盛り合わせ(+〆鯖)を食べました。
値段見なかったけど肉厚で旨かった・・・。

IMG_4235

黒部峡の次には、成政を呑むことに。今回はにごりのやつが出てきました。初めて呑んだけど旨し。
隣りではだんだんと日本酒慣れしてくるおれを見て、親父がうれしそうにしてました。

もうビールをジョッキで呑んだその数を自慢する年齢ではないし、こうやって呑める量と相談しながら
旨い肴を食うのが楽しめるようになってきたのよね。
お互い体に気を付けて、できるだけ長く呑めるようにしよう。そう、親父のほうから言われました(苦笑


IMG_4233

出来たばかりの綺麗なお店も良いけれど、こういう穴倉みたいな場所が落ち着いて呑めるから好き。


IMG_4236

ああ、この満寿泉のミニチュア超欲しい・・・!

また来ようっと。








田尻池に行ってきた


IMGP7401
[ PENTAX K-5IIs / SIGMA 18-300mm F3.5-6.3 DC MACRO HSM ]

冬になったら来ようと思っていた、富山市池多の田尻池に行ってきました。
ここは県内でも有名なハクチョウの飛来地。
とはいえ、時間は正午前、作品撮りをするなら自然光をフルに味方にできる朝か夕方が狙い目と
聞いているので、今回は下見です。

IMGP7350
[ PENTAX K-5IIs / SIGMA 18-300mm F3.5-6.3 DC MACRO HSM ]

国道8号線本郷西交差点から県道41号線に入り、富山西IC近くのファミリーマートの交差点を右折、
そのまま道なりに池多小学校の前を走って、北陸自動車道の下をくぐるとすぐに看板が見えます。
古洞の森や富山市天文台に行くようにすれば、簡単に見つけられます。


DSC01696
[ SONY DSC-RX100M2 ]

今回の作戦行動には、EOS7D+EF100-400mm F4.5-5.6L IS USM と、まさかのときのために EF70-
300mm F4-5.6 IS USM、K-5IIs+SIGMA 18-300mm F3.5-6.3 DC MACRO HSM という布陣で挑みましたが、
池の広さから考えると、K-5IIs の装備が丁度良い感じ。


IMGP7372
[ PENTAX K-5IIs / SIGMA 18-300mm F3.5-6.3 DC MACRO HSM ]

ちなみに同じ立ち位置から、ワイド端(18mm/換算27mm)はこんな感じで、


IMGP7373
[ PENTAX K-5IIs / SIGMA 18-300mm F3.5-6.3 DC MACRO HSM ]

めいっぱいレンズを伸ばしたテレ端だと(300m/換算450mm)こんな感じでーす。
まあ、ちょっと足りない気もするけど、池の中央にはじゅうぶんに届くから大丈夫かと。
ハクチョウでもいれば、7D をクルマから出してくるところでしたが、お留守だったのでやめました。


IMGP7346
[ PENTAX K-5IIs / SIGMA 18-300mm F3.5-6.3 DC MACRO HSM ]

到着してすぐに気が付いたんですが、ここの鳥さんたち、人間を怖がらないんですよ・・・!

そりゃあ、餌をもらえるからってのもあるだろうけど、環水公園の野鳥たちとは明らかに距離感覚が違う。


IMGP7355
[ PENTAX K-5IIs / SIGMA 18-300mm F3.5-6.3 DC MACRO HSM ]

どれくらい近付いても平気かというと、ワイド端でもこれくらい寄れるくらい、接近を許してくれます(笑


IMGP7371
[ PENTAX K-5IIs / SIGMA 18-300mm F3.5-6.3 DC MACRO HSM ]

むしろ、手前の可愛い足あとたちを消したくなくて、こっちから遠慮して近寄らないようにしてしまう、
そんな気持ちになっちゃいますね。


IMGP7375
[ PENTAX K-5IIs / SIGMA 18-300mm F3.5-6.3 DC MACRO HSM ]

デカい鳥かと思ったら違うのがいましたが、なんか一人で怖かったので見ないふりしました。
こじらせてんのかな・・・。


IMGP7349
[ PENTAX K-5IIs / SIGMA 18-300mm F3.5-6.3 DC MACRO HSM ]

さておき、あとで鴨の種類を調べてみたら、ここにいいる鴨たちはオナガカモという種類ですね。
あと、キンクロハジロもいました。
これでハクチョウもいれば完璧だったのに・・・。


IMGP7419
[ PENTAX K-5IIs / SIGMA 18-300mm F3.5-6.3 DC MACRO HSM ]

でもまあ、鳥の写真を撮るのも思ってたより楽しくて、つい長居しちゃったな。
この子みたいに、しきりに首傾げたりとか、一羽一羽の仕草を見ているだけで楽しい♪


IMGP7364
[ PENTAX K-5IIs / SIGMA 18-300mm F3.5-6.3 DC MACRO HSM ]

IMGP7417
[ PENTAX K-5IIs / SIGMA 18-300mm F3.5-6.3 DC MACRO HSM ]

IMGP7348
[ PENTAX K-5IIs / SIGMA 18-300mm F3.5-6.3 DC MACRO HSM ]

IMGP7390
[ PENTAX K-5IIs / SIGMA 18-300mm F3.5-6.3 DC MACRO HSM ]

IMGP7379
[ PENTAX K-5IIs / SIGMA 18-300mm F3.5-6.3 DC MACRO HSM ]

飛んでくる鳥を捕捉するコツは今後の課題かな。電車や飛行機みたいに動きは速いけれど軌道が
決まっているものとは違って、不規則な動きの中から予測を立ててカメラを構えないといけない。


IMGP7360

IMGP7353
[ PENTAX K-5IIs / SIGMA 18-300mm F3.5-6.3 DC MACRO HSM ]

IMGP7354
[ PENTAX K-5IIs / SIGMA 18-300mm F3.5-6.3 DC MACRO HSM ]

IMGP7386
[ PENTAX K-5IIs / SIGMA 18-300mm F3.5-6.3 DC MACRO HSM ]

IMGP7352
[ PENTAX K-5IIs / SIGMA 18-300mm F3.5-6.3 DC MACRO HSM ]

給餌は午前9時と夕方4時の2回とな、ふむふむ・・・。


IMGP7433
[ PENTAX K-5IIs / SIGMA 18-300mm F3.5-6.3 DC MACRO HSM ]

夕方から用事があるのでこの時間にしか来られなかったけど、また来ようっと。






CP+ 2016


雪、めっちゃ降りましたね。

都心はおろか、地元北陸の交通網もガタガタ、いくら暖冬と言われてるとはいえ、こう偏って
降られるとたまったもんじゃないっすね。

さて、3年前から毎回訪れている、カメラと写真映像のワールドプレミアショウ、CP+ ですが、
今年は行こうかどうかまだ迷っています。
12月に新宿まで行ったばかりだしなー、家族に言い出しにくいなー。


まあ、いちおう事前登録だけは済ませましたけど(ぉ

迷っている理由は主に体力面と経済面と時間(全部やんか)ですねー。
一泊二日にするとなるとお金も必要なのは当然として、その間仕事を休まないといけないとなると、
その後の穴埋めが大変で体力的にしんどいってのがあります。

あと、行ったら絶対楽しいのは分かっているので、それが終わってから24時間もしないうちに
ふだんの生活に戻っちゃうギャップに耐え切れる自信がないってのもあるかな。
お友達に会えるのはとても嬉しい反面、一人になったときの寂しさとの落差に弱くてね(苦笑

すっかり年取ったなあ・・・。


とはいえ、ひょっとして強行日帰り大作戦を決行するときのことも考えておこうかと。



8:07 JR富山駅(北陸新幹線かがやき505号東京行)

10:20 東京駅
10:38 JR京浜東北線(快速大船行6番ホーム)

11:14 横浜駅
11:23 みなとみらい線(特急元町・中華街行1,2番ホーム)

11:25 みなとみらい駅

11:35 パシフィコ横浜(CP+2016)

12:00 入場(プレミアムタイムに入るほど気合い入ってない)



①オリンパスブースで PEN-F Digital をチェック

②ニコンブースで D5 & D500 をチェック。混んでたら遠巻きに眺めるだけにする

③RICOH ブースで前川さんをイジりつつ、フルサイズ一眼の進捗確認

④シグマブースで 山下さんに挨拶して、山木社長にこれ見よがしに dp0 Quattro 持ってんぞアピール


18:30 退場

19:05 みなとみらい駅
みなとみらい線(各停和光市行)

19:09 横浜駅
19:18 JR東海道本線(各停前橋行7,8番ホーム)

19:45 東京駅
19:56 東京駅(北陸新幹線かがやき539号金沢行)

22:08 JR富山駅



という感じの予定ではいます。
降雪で交通網が破綻すれば地元に帰れないギリギリのスケジュール、そこまでして行くのか?>自分

これまでは、ニコンなんか見てもしょうがねえべ、とかオリンパス?何それ食えんの?と思ってましたが、
最近はキヤノンやソニーよりもグイグイ来てるメーカーだと感じています。
ただ、新商品の発表があったばかりだけに、行ったけど触ることすらままならない覚悟もしておかないとね(笑



Smells Like Teen Spirit


デヴィッド・ボウイを喪ったあとの心の隙間を埋める旅はまだまだ続きます。

ボウイを知ったのは’80年代の俳優活動がキッカケで、実際に彼のアルバムをちゃんと聴いたのは
その10年後くらい。その間はボウイを活動を共にしたことのある人の曲を聴いたりとかで、
デヴィッド・ボウイの名をなんとなく忘れないでいた、という感じでしょうか。

Nirvana_album_cover.jpg

聴く音楽の幅は田中角栄が拓いた新潟の国道くらいあると自負しているわけですが、’90年代のはじめくらい
はエリック・クラプトンを良く聴いていて、映画 『パルプ・フィクション』 でジョン・トラヴォルタがカムバックを果たした
ころとちょうど被った流れで、”Change The World” を良く聴いてましたね。
その後、ベイビー・フェイスつながりでマライア・キャリーを聴くようにもなったけど、ベイビー・フェイス自身の
歌い方はちょっとウザいよね。

ちなみに新潟へは十日町くらいしか行ったことがないので、細い県道しか経験してません。


んで、何を言いたかったかというと、当時は ”MTV アンプラグド” なんてのが流行ってましてですね、
ふだんは楽器をアンプにつないで(プラグドして)演奏してたミュージシャンが、個々の代表曲を生楽器で
演奏するという企画でライブ演奏してたのを、MTVが放送してたんですよ。

そして、クラプトンの放送のときには上述の ”Change The World” も演奏されたわけなんですが、
共演者が(素人が聴いても分かるくらい)ヘタクソだったのに、後に編集せずそのままリリースした男気に惚れました。
その ”アンプラグド” に カート・コバーン率いるニルヴァーナ(高校の同級生でHM/HR好きのH野さんは意地でも
ナーヴァーナって発音してたな、彼女元気かなあ)が出演したと知って買ったのかどうかさえも忘れたけれど、
とにかく手元にはなぜか ニルヴァーナのアンプラグド・ライブのCDがあったわけで。


そのアンプラグド、生演奏縛りの企画のはずなのにエレキ・ギターが使われている曲があって、
「そんなんありかよ!」 と当時も突っ込んでたわけですが、その曲がボウイの”世界を売った男”のカバー
を演奏したニルヴァーナだったんですよね。当時、その曲がデヴィッド・ボウイの曲だと知らなかったので、
今になって、ちょっと驚きましたね・・・。

ここにもデヴィッド・ボウイがいたかと。


IMG_0003
[ Canon EOS M2 / EF-M 22mm F2 STM ]

アンプラグド盤、実家の倉庫に保管しているダンボールの中にあるんだろうけど、取りに行くのも億劫なので、
件の”アンプラグド”からの曲もボーナス・トラックとして収録されている、ベスト盤をダウンロード購入。
どんだけ引きこもりなのかと(爆

グランジ・ロックとしては、今や物足りない音だと感じなくはないですが、カート・コバーンの死もショックだったな。


エリック・クラプトンも70歳、過去に共演した B.B.キングも昨年鬼籍に入ったんだよね。
(LP持ってたけどカビ生えちゃった)
自分が年齢を重ねていくとともに、常に心の奥にあった音楽の演者たちも老いていく・・・。


さて、つぎはパール・ジャムかフー・ファイターズを聴こうか。

Blackstar / David Bowie


ダウンロード購入したアルバムのCDまで買ってしまう現象に名前を付けてください(ぉ
さすがにLPは、売り手側の思うツボなので手は出しませんけど。

DSC01670

2016年1月8日にリリースされた、デヴィッド・ボウイの最新アルバムにして遺作となった”★”(Blackstar)、
iTunes で購入してからは通勤途中や、就寝時にイヤホンで聞きながら寝落ちするという生活を送って
いましたけど、久しぶりにちゃんと聴きたくなるほどの音だったので、HMVの通販を利用しました。


DSC01667

注文時に特に注意書きもなかったのでどうでもいいんですけど、ちょっとだけ初回限定のブックレット仕様だと
良いなと期待していましたが、やっぱり通常パッケージになってましたね。
まあ、オークションにでも探しにいけばゴロゴロ見つかるんでしょうけど、シャクに触るからいいや(苦笑

唯一無二のロック・スターが最期に遺してくれた最高傑作を、PCデスク上のスピーカーではなく、
ちゃんとしたオーディオ・システムで聴きたいんだもの。みつを


DSC01668

そういえば、今までいくつもの互換仕様の高音質フォーマットが出ては散っていきましたよね。


DSC01679

さて、我が家のちゃんとしたオーディオ・システムとやらは実は全然ちゃんとしてなくて、スピーカーが
つながっていません(爆
でもなぜかアナログ・プレーヤーは通電してるという、意味不明な状態のまま放置していたので、
これを機にちゃんとスピーカーもつないで、久しぶりにアンプに火を入れようと思います。


若いころは食費を削ってでもCDやレコードを買っては聴いてた厄年のおっさんが、再び音楽を聴き始める
きっかけをくれた、デヴィッド・ボウイの死。
そういえば、ニルヴァーナがアンプラグドじゃないアンプラグド・ライブで 『世界を売った男』を演奏してた
んだよね。あの曲がボウイの曲だったって、最近になって知って震えています・・・。

・・・次はニルヴァーナを聴きなおすか。



つづく


日帰り銭湯 いなり鉱泉


DSC01666-2
*外観の写真を撮れるような雰囲気ではなかったため、イメージ画像でお送りしております。


今年に入ってから、ストレス解消という名目で休日のたびに銭湯通いを始めたわけなんですが、
おれ自身よりも、むしろ一緒に連れて来ている次男のほうが大きいお風呂を気に入ってしまい、
今日はそれほど銭湯に行きたい気分でもなかった(前日自宅で入ったし)けれど、
次男にねだられて、結局行くことにしました。

気乗りもしないのに、片道20分もかけて 『水橋温泉 ごくらくの湯』 や 『光明石温泉 呉羽の湯』まで
クルマを運転したくはなかったため、自宅から比較的近めの 『いなり鉱泉』を攻めてみることに。

たまに子供と遊びに行く 『稲荷公園』 の西側、入り組んだ住宅地にあり、
ちょうど北陸新幹線の高架と県道172号線稲荷町高架が交差する真下あたりのややこしい立地のため、
知らないと意外とたどり着けないかもしれません。

さらに目の前は 「あいの風富山鉄道」 と 「富山地方鉄道」 が並走する線路があるという鉄ヲタなら
ゾクゾクしてくるような景色・・・!
ときおり聞こえてくる北陸新幹線の走行音に胸ときめかせ、高架下のローカル線の踏切の音に
ワクワクさせられながら入り口の扉を開けました。


券売機でチケットを買うとき、ふいに番台のおばちゃんから声を掛けられました。
なんでも、幼児用のチケットを間違って買った人がいたらしく、宙ぶらりんになったのが一枚あって
困っていると。

どうせ次男の分が必要だったので、迷わずOKしました。


脱衣所は、これまでに行った銭湯とは変わっていて、というかビジネス旅館でもあるせいか、
鍵のない棚の脱衣カゴに脱いだ服を入れたまま入湯するような、よくあるスタイルではなかったです。
鍵付きのロッカーに貴重品共々入れておく、厳重な感じが新鮮でした。

治安が悪い場所ではないとは思うけど、たぶん過去になんかあったんでしょうね。


洗い場の設備はちょっと古く、シャワーはヘッドがほぼ固定されていて、わずかに向きが変えられる
程度のもの。これなら周りの人にシャワーの湯が当たったりしないから、子供の不規則な動きに合わせて
シャワーヘッドを伸ばすよりも、逆の発想として考えればかえって合理的かと。
子供を落水位置に立たせれば済むので楽でした。


湯温は熱めと適温があり、電気風呂なんてのもありました。
銭湯では熱めの湯に浸かるのが好きなので、熱め一択。電気風呂は面白いけど、小さい子供連れだと
影響があると困るので、ちょっとだけ試してやめました。

露天風の桧風呂はぬるかったなー。


休憩スペースは広く、椅子式マッサージ機の種類も豊富で、子供がいないときに試そうと思います。






dp0 Quattro #13 : Rainy Days and Fridays


観測史上いちばん遅く雪が降った富山でしたが、翌日にはふつうに雨になり、いつものどんより雲の
空となりました。

DP0Q0342
[ SIGMA dp0 Quattro ]

今シーズンのうちに一度くらいは冬の白い世界の写真を dp0 Quattro で撮りたいと思っているんだけど、
なかなか思うようにはいきませんね。
毎年恒例の 『雪の水庭』 は今年もフルスイングで空振りのようです。


DP0Q0332
[ SIGMA dp0 Quattro ]

DP0Q0333
[ SIGMA dp0 Quattro ]

DP0Q0338
[ SIGMA dp0 Quattro ]

DP0Q0340
[ SIGMA dp0 Quattro ]

DP0Q0347
[ SIGMA dp0 Quattro ]

カメラ、ちょっと雨に濡れちゃった。



CHORUS / ERASURE


デヴィッド・ボウイの突然の訃報に狼狽えながら、遺作となった”★”(Blackstar)を聴いていると、
ずいぶん長いこと眠ったままだった力強い感覚がむくむくと身体の奥底から甦りはじめ、
まるで工事中の迂回路のようだった頭の中にすっと一本道が拓けたように思いました。

そうして辿り着いたのが、コレ。

1280x1280

元・DEPECHE MODEのオリジナルメンバー、ヴィンス・クラークと、アンディー・ベルのユニット、
ERASURE の 1991年発表のアルバム、”Chorus”でございます。
たしかCD持ってたはずなんだけど、どっか行っちゃった・・・(苦笑

ふと思い出して猛烈に聴きたくなって、iTunes からダウンロード購入。良い時代になったものだ。

厄年のおれもリアルタイムで聴いてたのが高校生のときでしたかね、同じクラスに帰国子女の友達がいて、
彼から教わりました。ふたりとも苗字が(通ってた高校のレベル的に)読めない漢字の名前だったので
わりと気が合ってよくつるんでた思い出が。

エレクトロニカは昔っから好きで、隣りの席になった女の子の影響で PET SHOP BOYS を聴き始めたのも
このころ。彼らは1995年にデヴィッド・ボウイのアルバム”OUTSIDE”の一曲 「Hallo Spaceboy」 でコラボ
するんですよね。ボウイとイーノの共作を PSB がリミックスするという、意外な組み合わせで震えました。
*詞の中に「Space Oddity」に登場してた ”Major Tom” (トム少佐) が再登場します。これ豆な。


その彼女からは 『モーリス』って映画を観るように薦められたけど、結局観なかったなあ。

今になって考えると、ぜんぶゲイ絡みだったわけですが、無事に(別の)女性と結婚できて子供を3人育てて
いる自分にホッとしているところです。

さて、次は DEPECHE MODE のアルバム”Violator”(1990) 探すかー。
ああそれと、あのときよく聴いてた PET SHOP BOYS の ”Behaviour”(1990)も聴き直そうっと。


日枝神社の御神酒


厄払いに行った日枝神社で、帰りに神主さんから御札やら御守りやら ”神社グッズ” をいただきまして、
その中に御神酒も入ってたとですよ。

DSC01661

”山王さん”とは日枝神社の別称でもあるわけですが、砺波市にも山王町という地区があってですね、
全国どこにでも丸ノ内やら銀座という地名があるのと同じで、ちょっと面白い。
ちなみに魚津にも新宿ってところがありますけど(以下略


DSC01662

んで、ありがたく御神酒をいただこうと思ってふと製造ラベルを見てみると、実家近くの富美菊酒造さんの
お酒じゃありませんか!

国道8号線の田尻交差点ができる前まで、金山新で左折して百塚で右折して実家のある北代まで行ってた
なあ。(誰も着いて来れないローカルネタ)
たしかに、この酒蔵の建屋は見たことがある。

しかし、なんだろうこのディズニー・リゾートで買ったグッズの製造元がオリエンタルランドじゃない感は・・・。


DSC01664

さておき、満を持して呑みまーす。
前日も普通に「立山」を呑んでたんですけど、それと比べるとまあ普通ですね、普通。
個人的には富山のお酒は「満寿泉」が好きです。

冬場は体を温めるためにビールを減らして日本酒にシフトしてますけど、そろそろ真酒亭に行きたくなりました。









洋食 麻布満天星 富山店


日枝神社での厄払いのあと、ふだん懇意にさせていただいている税理士さんからの頂き物のお礼に
大和で何かを買って来いという義母からのミッションを遂行すべく、富山大和へやって来ました。
高齢の方なので、選択しはそれほど広くなく、お昼時だったのでちょっとしたお弁当代わりのものを
選び、次は自分たちのお腹を満たそうと、富山なのに麻布満天星さんへ。

DSC01652

昨年末から体調があまり良くなく、飲んでいる薬の副作用で食欲も微妙な感じの嫁が唯一ときめいたのが
このお店。ランチメニューは定番らしい1500円の 『オムレツライス デミグラス』 がちょうど良さそう。
店舗の向いにほぼ同額で食べ放題のビュッフェのお店もあったけど、食べたいと思ったけど(薬の副作用で)
気持ち悪くなって食べれなかったことを気に病むのを避けるため、コスパを無視してここを選びました。

箸置きは店名の”満天星”にちなんで、星―。

なんか最近”星”に縁があるみたいだ。あとで上階の紀伊国屋でデヴィッド・ボウイのアルバム探そうっと。
(iTunes で音源を買ったけど、せっかくだからCDも買っとこうかと思って行ったら売ってなかった。畜生)


DSC01653

んで、 『オムレツライス デミグラス』 がきたー。
優しい味でふつうに美味かったんですけど、食べ終わるかどうかを見守るウェイターの視線が気になる。
ていうか、ちょっと前のめり過ぎかな。

嫁に手渡そうと思って差し出したメニュー表を、勘違いして取り上げようとするとか、正直ウザかった。
たしかに嫁の分のメニュー表もあったけど、おれはウェイターと食事をしているのではなくて、
目の前の嫁に用があるんだわ。

あと、視線ね。

おれが座っている場所の8時の方向に立っているのは知っていたけど、それを感じさせてはダメかと。
たしかにおれは目が離れて付いていて垂れ目で視野角広いけどさ。
もっとスマートにやろうや。


DSC01655

食後のコーヒーでーす。大和デパート利用者の年齢層が高いせいからなのか、もともとの客層を鑑みて
なのか、カップの底が見えるほど薄いコーヒーでした。美味かったけど。
濃ければ良いってもんでもないし、疲れているのに重たいコーヒーは飲みたくないから、これは丁度良かった。

ビュッフェはどうも苦手なのと、こういう所の寿司屋ってコスパが良くないので、またいつか大和に来たら、
なんだかんだ言いながらもここを選ぶと思います。

美味しかった。






日枝神社


IMG_0170
[ Canon EOS 7D / EF50mm F1.8 STM ]

地球に落ちて来てから数えで42年になるので、富山市は山王町の日枝神社に厄払いにやって来ました。
前厄だった昨年も、なかなか精神的にも体力的にもしんどかったけど、災難とはちょっと違うかな。
でも、本厄はガチでヤバイらしいので、信心深いほうではないですが、気持ち的に楽になろうかと。


IMG_0185
[ Canon EOS 7D / EF50mm F1.8 STM ]

玉串を奉納して、ひととおりの儀式を終えました。新成人みたいに暴れたりはしてません(
祝詞を聞きながら、神主さんの所作やお辞儀の深さを見ていると、”神事”の重みを感じますね。
日本という国に落ちてきて良かった。


IMG_0169
[ Canon EOS 7D / EF50mm F1.8 STM ]

この日枝神社は毎年5月末に「山王祭り」という大祭があって、数々の露店が立ち並ぶ富山市民にもっとも
親しまれているお祭りがあるんですが、昨年は次男がまだ小さかったので行かなかったけど、
今年は行ってもいいかな。


IMG_0181
[ Canon EOS 7D / EF50mm F1.8 STM ]

神社好きの嫁につられておみくじを買ってみたー。
結果はのちほど。


IMG_0176
[ Canon EOS 7D / EF50mm F1.8 STM ]

神社と言えば狛犬。


DSC01658
[ SONY DSC-RX100M2 ]

さて、おみくじの結果は 『中吉』 でございました。まあ、大吉なんか当てちゃうとそれ以上上がない、なんて
考え方もあるしね、これでいいんです。
でも、中身は大吉なみにけっこう良い感じなんじゃないでしょうか?

野心が強まるとき。さらにステップアップに向け、動くなら今が最適。
昇進のチャンス、自分を信じ次なる挑戦を・・・。



ここまで読んで、つい ”シャア少佐だって、戦場の戦いで勝って出世したんだ!” という台詞を
残して散って行ったジオン軍の兵士、ジーンの姿を思い浮かべたのは内緒です。

ここで馬鹿正直に額面通り受取って調子に乗ると、”ジオン公国を滅亡に追いやった戦犯”と言われるジーン
のように、末代までバカ呼ばわりされかねないぞ。
ここは例年通り、家族の健康を願い日々を平穏に過ごすことを望もうではないか。

守りに入ってるって? 否、守りは最強の防具ですから。←守ってるってば
まあ、自分のスベり時を知っているので、浮足立つことがないようにだけはしたいですな、今年も。


DSC01659
[ SONY DSC-RX100M2 ]

ふと気になったのが健康面。オーバーワークに注意と言われてもねえ・・・。
オーバーワークなのかもしれないけれど、個人的な体感さにもよるからなあ、どこまでがオーバーワーク
か分からないべ。

そうそう、昨日今年最初のレッドブルを飲みました。


DSC01660
[ SONY DSC-RX100M2 ]

とりあえず、今の仕事関係の状況が少しでも良くなれば、すべてうまくいく気がしています。



著名なミュージシャンや作家が亡くなったときは、よく ”巨星墜つ―” なんて表現が使われる
けれど、デヴィッド・ボウイだけは違う。

彼こそは、地球に落ちて来た男なのだから―

そう考えたら、おれがまだ若くて、ずっと感受性が豊かだったころから知っていて、精神の成長過程に
おいて少なからず影響があったひとりの男の永遠の不在なんか、ちょっと寂しいけれど、
ときどき空を見上げては彼を思い出そうと思う。
彼が置いていった音楽たちを聴きながら。

彼を最初に知ったのは、『ラビリンス/魔王の迷宮』 という映画で、その次が 『戦場のメリークリスマス』
だったなあ。ミュージシャンとしてよりも演技者としての存在感のほうが印象深い。
ちゃんとしたアルバムを聴いたのは1995年の ”OUTSIDE” が最初だった。

たしか PET SHOP BOYS が 同アルバム内の ”Hallo Spaceboy” をカバーしたんだっけ。
まったく関係性がないと思っていたのに、好きなアーティストたちが見事につながって、とても
驚いた記憶がある。

そして、2016年1月、最新アルバム ”★”(Blackstar)を発表。Twitter のタイムライン上でリリースを
知ったばかりで、休日にでもどんなのか調べてみようかと思っていた矢先の訃報―。
黒星だなんて縁起悪いなーなんて思ってたんで、いやもう本当に鳥肌立ちました。

仕事の休憩の合間に iTunes Store でダウンロードして、クルマの中で聴きながら帰宅した。
久しぶりに彼の曲を聴いたけど、デヴィッド・ボウイは最期までデヴィッド・ボウイだったよ。

だからこそ、本当に惜しいし、ずるい。
星屑の最後の輝きはこれまでの何よりも強い光を放つ、これが最新アルバムを聴いた感想です。





未発表音源商法なんか始めたらぶんなぐるぞ。




余談ですが、17日が誕生日の嫁の癌検診の結果が出るのは19日。



ラブミーエクステンダー


2016年、初物欲というわけではないですが、EF100-400mm F4.5-5.6L IS USM 用に、焦点距離を1.4倍
まで伸ばしてくれる、エクステンダーなるものを買ってみました。
望遠端が 35mm 換算で 560mm になり、APS-Cボディでは 896mm にまで到達するという魔法の筒です。

DSC01644

ちなみに、発注は昨年の秋ごろで思いのほか納期がかかりました。でもまあ、急いでるわけじゃないし、
雪が降ったら田尻池にハクチョウ撮りに行くつもりなので、それまで間に合えばいいやと思っていたら、
肝心の雪も降らねーじゃねーかオイ!みたいな。


DSC01647-2

ハクチョウ以外にも北陸新幹線を撮ったりするので、こういうアイテムはいつか必要になるときが来るのだ。
ただ、ニコンのD500の発表を知ってからは、なぜか心の中に妙な葛藤が生まれそうな落ち着かない感じに
なっています(苦笑


DSC01649-2

もうちょっと冬らしくなるか、逆に春めいて青空が見られるようになるまでは仕舞っておくことに。
とりあえず付属のレンズケースに収納してみると、完全に納骨でした本当にありがとうございました。

ああ、今年は本当に天候が中途半端だなあ・・・。



Nintendo 2DS


お正月で、ちょっと金回りも良くなるとついテレビゲームが欲しくなるのは昔っから
なんですけど、今年は受験生を抱えているので 『スプラトゥーン』 やりたさに WiiU を買う
のは御法度。ならば、数年前にぶつ森バージョンで買った 3DS LLが娘に取られたついでに
いっそ New 3DS LL でも買おうか、遊びたいソフトは後から考える的な(ぉ

というあぶく銭的な発想で任天堂のホームページを開いてみたら、
あらちょっとアナタ、うっかりときめいちゃうアイテムが発売しちゃうじゃない?

pokemon02.jpg


3DS が自己否定をしちゃったかのようなスペックで、おもに北米や欧州で発売された
2DSが、日本にキター!!

ショップ限定とはいえ、ポケモン同梱でこの価格はアツい・・・!

しかも、発売日がシャレている。
初めてポケモンがゲームボーイで発売されたのが、1996年の2月27日。その20年後が日本国内版
の発売日なんですよね。

当時、任天堂エンタテインメントというコンセプト・ショップで働き始めてたころだっけ。
今みたいに誰もが知っているようなタイトルではなく、後からじわじわ来た感じのゲームで、
おれも鼻であしらうような感じで問屋に補充発注してました。

それが20年の時を経て、再び目の前に・・・!

いえね、ユーザー・フレンドリーなシステムも良いんですよ、敷居が下がれば遊べるおともだちも
増えるからね。
でも、なにもかも自由でなかったころのシステムで遊ぶのも、今なら当時よりずっと遊べると思う。
なので、きっと買う。

それに、発売日は誕生日なのよね。

大事なことだからもう一度言うけど、発売日は誕生日なのよね。


光明石温泉 呉羽の湯


新年の挨拶もそこそこに昨年やり残した実家での用事を片付けたあと、次男を連れて近くの銭湯を
攻めてみました。
そろそろブログのカテゴリに ”銭湯” か ”テルマエ” とか作ろうかとか思い始めてます(ぉ

DSC01639

今日訪れたのは 『光明石温泉 呉羽の湯』 さん。実家からは車で10分少々、交通量が多いところだから
仕方ない。ていうか、コメダ珈琲のすぐそばやんか(苦笑
あのカツサンドは今でもトラウマだわ・・・

さて、この光明石温泉、人工温泉ということですが、快適なお風呂なら天然だろうがなかろうが構わない
タチなので、ここは設備についてのみ触れたいと思います。

タオルや石鹸は基本的に持参。タオルつきの手ぶらセット(600円)というのもありますが、
通うならすべて自前でしょう。ちなみに大人(420円)・幼児(60円)という価格設定。
我が家の場合、付き合いの良い次男(幼児)と二人で来てもワンコイン。

脱衣所は広いんですが、着替えを置いておく棚が広さのわりに少なく、不慣れなオッサンが間違って
大型の貴重品ロッカーに着替えを入れていたことに気づいて、フリチンのままおれたちを切ない目で
見てきたのがちょっと怖かったです。

逆に洗い場は多くて良いですね。持参してきたシャンプーとかを置いておく棚も用意されていて、
好印象でした。

ジャグジーが特にお気に入りで、腰だけじゃなく脹脛の部分までほぐしてくれるため、これはちょっと
通わねばなるまいと興奮しています。
もうね、立ち仕事を20年以上もやっていると体にあちこちガタが出てくるんで・・・。

湯温はちょっと高めでしょうか、これは好みが分かれるかもしれません。


DSC01633

ついでに気に入ったのが、目の前に消防署があること(交番も)
湯上りに次男をここに連れて来たくて、入念に備え付けのドライヤーで髪を乾かして(3分20円・意外と長い)
歩いてきたんですが、予想通りにテンションが上がってまいりました(笑


DSC01634

もう、大好きな消防車が目の前に!


DSC01638

DSC01636

DSC01637

水橋温泉ごくらくの湯とは逆方向だけど、距離的にはそう変わらない。設備の新しさならこちらのほうが良い、
でも水橋へと向かう道の途中の風景は、呉羽の湯よりも好き。
というわけで、料金的にはちょっとしか変わらないので、気分次第で選びつつ通ってみようと思います。

選択できる贅沢―

良いストレス解消法見つけちゃったな。



STAR WARS CONVERGE : C-3PO


DSC01625

昨年の4月にゲットして以来、すっかり存在を忘れていた STAR WARS CONVERGE 。
ランチの帰りに寄ったアピタで新作を見つけたので迷わず捕捉。


DSC01626

ラインアップも超絶微妙。いいのか、劇場公開のビッグウェーブが終わる前に、ちゃんと出すもん
出しとかないと、あっと言う間にワゴンセールという銀河を彷徨うことになるぜ?


DSC01629

というわけで、ダース・モール(中の人とは同い年)に若干後ろ髪を引かれつつ、C-3PO一択。
ちなみにお年玉をもらってすっかり裕福になった娘に買ってもらいました←

よく見ると、残念なことに左目にバリが残ってますね。これはあとで除去しよう。


DSC01628

なんかこのシリーズでロボコップとか出ししてくれたらなとか、ちょっとだけ思いました。
ニッチな要望ではあるけれど。

ほら、今の時代ホビーにお金落としてくれるのっておっさんかオタクしかいないって言うじゃない?


DSC01631

とか言いながら、ようやく名コンビが完成しました。
娘にはUFOキャッチャーでゲットしたスプラトゥーンのイカの小銭入れでお返しっと。

あのゲーム、遊びたいんだけどハードから何から揃えなくちゃいけなくて億劫なのよね・・。



サイゼリア 富山上飯野店


小中学校の冬休みの最終日、娘を連れて富山市上飯野のサイゼリアへランチにやって来ました。
長男は友達が遊びに来ると言うので、自宅警備に当たらせました。

DSC01614

珍しくもない場所で、何気ないものを大袈裟に撮る遊び。


DSC01615

喫煙席のそばにある禁煙席に案内されたせいか、空気清浄機が置いてありました。


DSC01616

前菜は小エビのサラダ(290円)


DSC01617

コーンクリームスープ(149円)


DSC01618

以前、砺波のイオンモール内の店舗で食べたときにハマったパルマ産熟成生ハムピザ(609円)


DSC01621

娘がオーダーした半熟卵のカルボナーラ(568円)
親子でカルボナーラ好き(笑


DSC01620

おれは柔らかチキンのチーズ焼き(499円)をラージライス(219円)とともにオーダー。
ファミレスではなぜか牛肉よりも鶏肉を選ぶ傾向にありますねー。知らんけど。

あと、プチ贅沢としてドリンクバー(おとな190円/こども110円)も頼んじゃった。


DSC01619

衝動食いしたのは、このムール貝(ムラサキ貝)のガーリック焼き(399円)。
よく岩瀬浜に殻が落ちているので、いつか食べてみたいと思ってたんですよね。
味? 貝は所詮貝ですよ、貝(意味不明


DSC01623

おっと、ここでカルボナーラをリタイア宣言する気なのかー?
(この後もうちょっと頑張って食べて、残りはおれが食べました)


DSC01624

いやあ、食った食った。食べたいと思ったものを食べたいときに食べるってやつ、一度やってみたかった
んだよね。この年末年始、食事の時間もままならなくて一日一食という日もザラだったからさ。
でも、このおかげで今日は晩ご飯が食べられなくて、結局また一日一食になりそうな予感(苦笑

楽しかったから、まあいいか。


合計 3024円



Nikon D500


Nikon からグッと来るカメラが発表されました。
DXフォーマット(APS-C相当)の最上位モデルという位置づけの D500 でございます。
最高常用感度 ISO 51200 を実現した最新の画像処理エンジン EXPEED 5 を、同じく発表された
D5 とともに搭載、新世代153点AFシステムと合わせて、このクラスでは弱点が見当たらない
スペックではないかと。

D500.jpg

暗所(暗闇という意味ではなく)に強い、チルト可動する液晶モニター、100%視野角の光学ファインダー、
サイズもほぼ Canon の EOS 7D くらいと個人的に期待するスペックの全部を満たしていて震えます。
今持ってる一眼レフのすべてが必ずどれかひとつ足りないからね(苦笑
中古の旧機種追いかけてたのがいけなかった(汗


一度お客さんに触らせてもらったことのある D700 と同じようなボタン類の様子を見るにつけ、
エントリークラスとは行って帰ってもう一回行ってしまうくらいにレベルの違う、手に吸い付くような操作感も
間違いないでしょう。

ただ、手持ちの機材から更新するにはハードル高いっすわ(苦笑
まあ、どこかのタイミングで実機を触ることができればいいな、なんて。


まるたかや 豊田店


先日、昼間に銭湯に行った帰りにラーメン食べに行ったのが楽しかったので、その記憶を記録する
ために記事にします。

IMG_4100

岩瀬浜海水浴場のあと、自宅には戻らず外食をすることに。せっかくの休みだし、ふだんと違うものを
食べたいと思って。

実は昨年末にも同じ流れで立ち寄ったのですが、このときはかなり並んでいたので諦めてカップラーメン
作ったんですよね・・・。

で、今回は3組ほど待てばいい感じだったので、次男に「もうちょっとだからね」と言い聞かせつつ、
最後尾へ。

カウンター席(一人分)が空くたびに、「ここ、あいとるよ!」とか言ってうるさかったです(苦笑


IMG_4101

外を眺めて何か言い出したので何事かと思ったら、農協の前に停まっているホイールローダーを見つけた
模様。

お前は千里眼か・・・!


IMG_4103

ようやく案内された席は、二人掛けの対面席。
座った瞬間に、隣席の家族連れ(特に白いショートパンツのおねーちゃん)から注目を浴びます。
(こんな小さい子供、一人で座らせて大丈夫なのか)
そんな声が聞こえてきそうでした(苦笑

ここ数日間、一日一食だったのでメチャクチャ腹が減っていました。今朝もおにぎりを食べてきた
ところでしたが、さすがに風呂&散歩のあとでは補給が必要だよね。

ってことで、おれはシナチクラーメンとライス・おでんセット。次男には小ラーメンを選択。
お店の人に頼んで小皿をもらいつつ、気を遣っていただいてフォークをもらいました。
いちおう、箸も使える子なんだけど、この席ではフォローが大変なので、フォークが正解。

注文したものがそろった時点で、隣席はまた別の家族連れに変わりました。
相変わらず視線を感じます・・・(笑


次男の小皿にときどきスープを補充してやりながら食べたけど、「つるつる、もうないの?」と何度も
聞かれましたがもうありません。隣の人から分けてもらうしかないです(違

いやあ、お互い量が足りなくて、これでもちょっと不完全燃焼だったなあ。
3歳にしておとなと同じ量を食べられる次男もどうかと思うけど(笑


IMG_4105

会計のあとに、お店の人からキャンディをもらいました。
ちゃんと 「お子様に差し上げても大丈夫ですか?」なんて聞いてくれる細やかな心遣い。
ダメっていう親もいるだろうしね。

でも、今回はおれも欲しかった。


さて、次男のささやかな成長の様子を見ることができたけど、次こそは大盛りでね!



すごい家電/西田宗千佳


昨年末に発売された、西田宗千佳氏の新著 『すごい家電』 をようやく捕獲。
家電量販店の初売りセールも4日過ぎれば小康状態っす。だいぶ心の余裕が戻ってきました。
しかし、年末年始と家電がらみで疲弊していたはずのに、なんでまた家電関係の書籍読もうと
してるんだろ?(苦笑

DSC01611-2

前著の 『ネットフリックスの時代 配信とスマホがテレビを変える』 と比べると、構成がずいぶん
違うというか、それもそのはず、発行している講談社ブルーバックスのコンセプト自体が、
「科学をあなたのポケットに」というコンセプトのもと、ふだん目の前にあるものの科学的なしくみを
より分かりやすく理解してもらおうという主旨に基づいているためだからですね。

でも、そこはさすがの取材力と言うか、目線の良さやアプローチの鋭さは西田氏ならではで、
初っ端の洗濯乾燥機の項の時点で、日本と欧米での水質による洗濯用洗剤の違いというトリビアに
さっそく唸らされましたね・・・。
知らなくても仕事はできるんだけど、知っているだけでいろいろと引き出しが増えてあとで役に立つ
こともあるんだよね。

ちなみに、個人的にはAV系は苦手で、白物家電のほうが得意なんですけど。

だって、AV系って ”誰もが搭載されている機能をフルに使わなくても良いし使いこなせないことも多い”
ため、その製品の持っているポテンシャルを伝えようとしても、相手によっては徒労に終わることが
大半なんですよね。

誰もが皆、テレビに快適さを求めていないというか・・・。


その点、白物家電は今や生活になくてはならないものなので、一人一人のお客に合ったものを
選択する醍醐味があります。(洗濯機だけに)

とか考えつつ、読み進めながら、なんとなくこの読感は何かに似ている思ったら、
『家電製品アドバイザー』 の講習テキストに近いものがあるのよね。
もちろん、『すごい家電』 のほうが深堀りされていて読み応えありますが、合わせて読むと良いかも。


慢性的な人手不足の業界ではありますが、知識欲・知的好奇心のある人よ、来たれ!



dp0 Quattro #12:On the Beach


年が明けて最初の休日、お昼前に先週も行った水橋の「ごくらくの湯」でひとっ風呂浴びたあと、
帰り道にまたまた岩瀬浜海水浴場に来てしまいました。

次男的にもこのパターンが気に入ったらしく、帰ろうとする車の中で 「うみ、行こう、うみ」と言っていました。

そういうおれも、dp0 Quattro で日常の風景を撮りたくて、わざわざカバンに忍ばせてきました。
忍びなれども忍ばない!コンデジだけどコンデジの概念を凌駕した画質で撮るのだ!


DP0Q0300
[ SIGMA dp0 Quattro ]

この日の天気はあいにくの曇り空。今にも雨が降り出してきそうな感じです。
本格的に降る前に、ちょこっと散歩してラーメン食って帰ろうか。


DP0Q0301
[ SIGMA dp0 Quattro ]

羽田から着た定期便でしょうか、東京からの場合、いったん日本海上で迂回し富山空港へ降り立ちます。
ギアが降りていますね。
それにしても、漂流物で散らかってんなあ(苦笑


DP0Q0299
[ SIGMA dp0 Quattro ]

DP0Q0302
[ SIGMA dp0 Quattro ]

DP0Q0305
[ SIGMA dp0 Quattro ]

DP0Q0310
[ SIGMA dp0 Quattro ]

先週来たときに遊んでもらった壊れた赤いバケツと再会しました。
(棒はこのあと見つかりました)


DP0Q0316
[ SIGMA dp0 Quattro ]

直々にプリンを作っていただいているところです。


DP0Q0326
[ SIGMA dp0 Quattro ]

あと、目玉焼きも作ってくれました。
次男によれば、この埋め込まれた円い石がタマゴだそうで、いっぱいあるよ!とか言ってて、
子供の発想力って面白くて和みますね。


DP0Q0319
[ SIGMA dp0 Quattro ]

dp0 Quattro で撮った写真を現像するとき、いつも色調に悩むんですけど、なんとか自分の出したい
感じに近づいて来た気がします。


DP0Q0322
[ SIGMA dp0 Quattro ]

DP0Q0308
[ SIGMA dp0 Quattro ]

こんなに雪が降らない年も珍しいなあ。


HATA MOTOHIRO CONCERT TOUR 2016 ―青の光景―


職場から徒歩数秒で行けるセブンイレブン、通称:社食(おにぎりはねぇわ弁当の品揃えも悪い)で
レンチンで出来るラーメンを温めてもらいながら、ボーっと店内のポスターを眺めていてハッとしました。

秦基博が、北陸でライブをやるだと・・・?


秦 基博「HATA MOTOHIRO CONCERT TOUR 2016 ―青の光景―」開催決定!


コンビニ限定の前売り券は1月6日から購入可能、開催は新潟会場が4月24日(日)・石川会場が5月26日(木)
ってことで、一瞬あの人に声をかけてみようと思ったけど、日曜日って休取りにくいので断念、
平日に開催される石川会場に行ってみようかと。

場所は『本多の森』ホール。・・・ってどこだよ?と思ったら、兼六園のすぐ近くでした。あの辺なら土地勘も
あるし、クルマで日帰り圏内だし、これは予定に入れておかねばって感じです。

まだアルバム1枚しか聴いていない、にわかファンですが、自分の嗜好にあった音楽が生で音が聴ける
機会はそうそうないので、ぜひ行きたいと思います。


2016


明けましておめでとうございました。


そろそろ曜日の感覚も分らなくなってくるころですが、いかがお過ごしですか?

新年早々、年末の疲れのピークが元旦に来てしまい、これまでにない最悪のコンディション
のまま正月を迎えました(苦笑
もう、レッド・ブルを飲む気さえ起きず、昼食も摂れずに一日を終えました。

仕事が終わって、自宅で仕事着のままちょっと居間で横になっただけのつもりが、
気が付いたら毛布が掛けられていて、時計の針も夜中の2時を差していました。
着替えるのもめんどくさかったので、そのままベッドに移動して寝ました。

バック・トゥ・ザ・フューチャーならば「マーティ、また服のままで寝たのか?」と兄貴に
言われるところですね(知らんがな)

初夢は、義手を開発している下町ロケット的な会社の工場へ見学に行った帰りに
火炎放射器で焼かれて死ぬというような内容でした。
これはたぶん年末にMGSV:TPPでサヘラントロプスと激闘を繰り広げたときの記憶の
欠片だと思います。


とりあえず、休まなきゃ・・・。

じゅうぶんに休んでから年賀状を書きます。




最新記事
最新コメント
月別アーカイブ
カテゴリ
みんぽす
モノフェローズに参加しています
サイト内検索
リンク
Powered By FC2ブログ

今すぐブログを作ろう!

Powered By FC2ブログ

QRコード
QR