FW GUNDAM CONVERGE 19


えっと、もうだいぶこのシリーズを集めるのも飽きてきて、17 も 18 もすっ飛ばした挙句、
やっと手を出した 19 も、琴線に触れたのはこの1アイテムだけ。

IMG_1213

#109 RTX-65 GUNTANK EARLY TYPE

”オリジン”に登場した、ガンタンクの初期生産型というやつです。
いや、アニメ版のガンタンクも味があって良いけど、兵器としてのカッコよさといえば、これだよね。


IMG_1212

キャタピラ好きの次男に見つかったら、きっとバラバラにされるので、今のうちに写真撮っておきます。


IMG_1214

そういえば、コイツってプラモ化もされてるんだっけ・・・。
真夏には外に出たくなくなるほど暑くなるから、冷房の効いた部屋でプラモデル作るのも良いかもね。
自称:戦車モデラーとしては、なかなか腕の見せ所の余地のある素体と感じました。


スポンサーサイト

ミラージュランドへ行ってきた②


久しぶりに家族と休みがいっしょになったので、適当にどこかへ出かけることにしました。
この日は朝から微妙な空模様で、予報では午後から雨になるとのこと。
できるだけ近場で、子供と遊べるところ・・・と言うと天気が良くない日の選択肢はあまりありません。

結局、言うほど近くはないけれど、雨が降ってきたら水族館に逃げ込める、魚津市のミラージュランド
に行くことにしました。


DSC00519
[ SONY DSC-RX100M2 ]

目当ては娘のリクエストで、名物の立体迷路 ”ミラメイズ”

よく考えたら、ここに来たのは昨年の9月以来でした。
「前にきたときはどきどきコースだったから、今度はわくわくコースしにしよう」と言うので、わくわくコースを
選びましたが、さっき以前書いたブログの内容を確認したら、前回もわくわくコースを選んでいました。
本当にありがとうございました。


DSC00523
[ SONY DSC-RX100M2 ]

さて、今回は次男のハルキさんも参加。去年は年齢制限の3歳に満たないため連れて来なかったんですが、
今年はもう3歳になったので、正々堂々と勝負できるさ!


DSC00526
[ SONY DSC-RX100M2 ]

というわけで、さっそくスタート!
ちなみに、嫁は「どきどき」と「わくわく」のスタンプをコンプリートさせるため、初めて来たのにひとりで
「どきどきコース」を選びました。

*両方のコースでゴールして帰還した証として、もう一個スタンプがもらえるシステムです。


DSC00528
[ SONY DSC-RX100M2 ]

勝手が分からず、早くも悲鳴を上げている嫁をスルーして、わが小隊は先へ先へと進みます。
吊り橋だって怖くない。


DSC00529
[ SONY DSC-RX100M2 ]

途中、おれが調子に乗って先に進みすぎてしまい、一方通行のドア(一旦閉めると後戻りできない)を通った
ばかりに子供たちとはぐれてしまって、ハルキさんを泣かせてしまいました。

*足元の水溜りはオシッコではありません。雨水です。


DSC00530
[ SONY DSC-RX100M2 ]

別コースを進んでいた嫁と、なぜか合流。
聞けば、最初に見つけるべきスタンプをまだ見つけてない様子。おいおい、全然ダメじゃねえか(苦笑


DSC00531
[ SONY DSC-RX100M2 ]

そんな嫁を尻目に、ほぼ平均タイムでゴール!
前回書いた記事ではネタバレを避けるために、内部の写真をあまり載せていませんでしたが、入口の係の人が
コースレイアウトは定期的に変えていると言っていたので、今回は写真多めです。


DSC00532
[ SONY DSC-RX100M2 ]

嫁はといえば、とりあえずふたつめのスタンプは見つけれたようです。

(この後、ゴールにたどり着き、来た道を戻って知らない子に一方通行のドアを開けてもらって逆走して
無事ひとつめのスタンプを発見して帰還できました)


DSC00533
[ SONY DSC-RX100M2 ]

何はともあれ、「わくわくコース」(再び)制覇の証。
娘がこういう遊びをとても気に入って、活き活きと遊んでくれていたので良かったです。


IMG_1191
[ Canon EOS 50D / EF17-40mm F4L USM ]

続いて、定番のゴーカート。勝手の分からない3歳児が途方にくれていますね。


IMG_1192
[ Canon EOS 50D / EF17-40mm F4L USM ]

そして、キティちゃんのカマを掘る(苦笑


DSC00535
[ SONY DSC-RX100M2 ]

小腹が空いたので緊急おやつタイム。”ミラたん焼き”と言うそうです・・・。


DSC00536
[ SONY DSC-RX100M2 ]

背面には”うおづ”の刻印が(笑


DSC00537
[ SONY DSC-RX100M2 ]

中はしっとりカスタード。
誰だ、七越といっしょだなんて言うやつは?

*七越(ななこし)=富山の名産の大判焼きのことです


DSC00538
[ SONY DSC-RX100M2 ]

七越、美味し~い!


IMG_1199
[ Canon EOS 50D / EF70-300mm F4-5.6 IS USM ]

雨が降り出す前に、いちど乗ってみたかったSLにも乗ったよ!


IMG_1201
[ Canon EOS 50D / EF70-300mm F4-5.6 IS USM ]

余談ですが、乗るのはいいとして、いざ写真を撮るとなるとほとんどのアトラクション施設が邪魔をして、
家族が乗る姿を写真に収めるのは意外と難しいです。
よかった、バッグの中に望遠レンズ突っ込んで来ておいて。

この撮影位置は、”ミラメイズ” と ”氷の館 アラスカランド” の間になります。


DSC00551
[ SONY DSC-RX100M2 ]

〆は池を泳ぐ鯉の餌やりです。
柵なんてないので、正直不安。押すなよ、絶対に押すなよ!(苦笑


DSC00546
[ SONY DSC-RX100M2 ]

ていうか、絶対鯉じゃないやつも泳いでるんですけど(爆
これって・・・ニジマスか何か?


IMG_1207
[ Canon EOS 50D / EF70-300mm F4-5.6 IS USM ]

子供ってほんとに鯉の餌やりが好きだよね~
塾の宿題があるから、ちょっとだけ遊んで帰るはずが、結構な時間をこの池の前で過ごしました。


DSC00552
[ SONY DSC-RX100M2 ]

松ぼっくりを置いてみた。


DSC00555
[ SONY DSC-RX100M2 ]

もうちょっと晴れてたら良かったんだけど、短い間でも、けっこう楽しかった。

なかなかあなどれんな、ミラージュランド・・・。
また来ようっと。






Horizon Zero Dawn


すっかりテレビゲームで遊ばなくなってしまい、PlayStation®4 でフルリメイクされる ”FFVII” の
制作発表もまったく心に響かなかった E3 2015 ですが、個人的に密かにグッときているのはこのタイトル。

20150619_e3-2015_horizon_11.jpg

「KILLZONE」シリーズのGuerrilla Gamesが放つ、オープンワールドRPG ”Horizon Zero Dawn” 。

モンハンの影響を受けたと堂々と公言する清々しさと、どこか ”ZOIDS” っぽいモンスターの造形が
すっかり気に入ってしまい、久しぶりにリリースが楽しみなタイトルが出て来た感じ。

未だ PlayStation®4 専用のゲームタイトルをまともに遊んでない(デモ版とかパイロット版ばかり)
だけに、ようやく我が家の PlayStation®4 のGPUが火を吹くときが来たって感じですかね。





同じくオープンワールドものとして、シェンムー3 もちょっと気になってます。
ちょっとだけよ・・・w


Edge of Tomorrow (Live Die Repeat)


タイムリープものといえばコレ、ということで、この作品を観てみました。
桜坂洋原作のライトノベルがまさかのハリウッド映画化。

せっかく、”All You Need is Kill ” なんてカッコイイタイトルがあるのに、変えられちゃったんだよね。
これまで邦題がダサくなることはしょっちゅうあったけど、その逆ってのは初めかも。

さて、トム・クルーズ主演の映画を観るたびに思うのは、”これはトムが出るべき作品だったのか?”
という疑問。
彼はもうじゅうぶんに有名過ぎて、どの役柄を演じても「トム・クルーズ」にしか見えず、
肝心の作品のストーリーに集中できないことが、ここ数年多くなってきちゃって・・・(苦笑

そうした先入観を取っ払った上で、彼の出演作品の個々のクオリティを振り返ってみると、
けっこう悪くない内容の作品ばかりなのも事実、さてさてこの日本のライトノベルを原作に、
ハリウッド・アレンジの加わった映画、吉と出るか凶と出るか・・・。


DSC00245-2.jpg

さてさて、のっけからトラファルガー広場にヘリで乗り着けるトムたん、模型やCGではなく、
本当にホンモノのヘリであの広場に着陸させたって言うんだからすごいよね。
この無駄にどうでもいいシーンに力を注ぐスタンス、気に入った。


DSC00246-2.jpg

原作では、日本人のキリヤ・ケイジという青年が主人公となって、戦場で死んでは前日の朝に目覚め、
それを延々と繰り返すループにはまるわけですが、ハリウッド版ではおっさんの軍の広報員が主役です。
広報員なので戦闘能力はなく、放りこまれた戦場に戸惑う表情にも説得力が求められます。

上官の命令で敵性生物”ギタイ”との戦闘の最前線の取材に行かされそうになり、
行きたくないからと、逆に上官をやらしい顔で脅迫するヘタレな少佐をトム・クルーズが演じます。

そして、案の定強制的に戦場送り(しかも階級をはく奪されて二等兵扱いw)にされちゃうわけですが、
初年兵の訓練基地に登場する上官の声にハッとさせられました。
この声は、ジェームズ・キャメロン作品の常連、ビル・パクストン・・・!
テレビゲームで言うところの NPC 的な台詞しか与えられてない役回りがよく似合う。


”ギタイ”の造形は漫画版よりは好きです。ただ、彼らが侵略することいよって、どのように地球の生態系
に影響するかといった部分がごっそり抜け落ちているので、単なる銃弾の的としか扱われていませんよね。
舞台を日本ではなく、ヨーロッパ、特にフランスに近い地域にしたのはノルマンディーを意識したのでしょうか、
激戦地としてはあまりも有名なだけに、伝わりやすさはじゅうぶんかと。

そして、トム・クルーズ。
ハリウッド映画でよく 「初めて立ち向かう敵のはずなのに、やたらと登場人物の一人が詳しい」って描写、
あるじゃないですか。でも今回は最初こそ本当に初めてだったけど、ループしながらだんだんと敵を知っていく、
そういう様子といか、表情が本当に巧いんですよ。

冒頭、最前線に行きたくないばかりに上官を脅迫するほどのヘタレな顔が、終盤はもうあのカッコイイ
トム・クルーズになっているわけだから、本当ずるいよなあと思う。

漫画版のラストは少し悲しげで味わい深かったけど、すべてが報われる映画版のラストも良い。


『ミッション:8ミニッツ』 といい、ハリウッドのタイムリープものにはハズレなし、と言っていいと思います。


Source Code


平日は嫁の実家に下宿しながら中学校に通っている長男が、唯一火曜日だけは夜更かしをして
映画を観てもいいと言われているらしく、この日は 『ミッション:8ミニッツ』 という映画だそうで、
火曜日の夜に映画を放映するテレビ局なんてどこなんだろう?と調べてみたら、BSプレミアムでした。

もちろん、長男は決まった曜日に決まった時間に放映される番組しか観させてもらえないため、
予備知識もなんもないまま、偶然放映された作品を観るというスリリングな一夜を毎週過ごしているわけです。

いつか 『青い珊瑚礁』 とか 『青い体験』 とかやってくんないかなー。


さておき、『ミッション:8ミニッツ』。主演はジェイク・ギレンホール、監督はダンカン・ジョーンズ。
・・・ん?
ダンカン・ジョーンズといえば、デヴィッド・ボウイの息子やないかーい!
そういえばこの人の作品って、何気に評価が高くて、いつか観ようと思ってBDソフトをカートに入れっぱに
してたんだった。

DSC00482-2


邦題名とパッケージ画像がダサくて、手を出すにはちょっと勇気が出なかっただけに、観る機会に
恵まれたのはラッキーでした。
共演は 『M:i:III』 のミシェル・モナハン。もしかしてだけど、このクソダサい邦題名って、彼女の出演作に
引きずられて付けられたのかな、と思ってみたり。

主役のジェイク・ギレンホールが演じる、スティーブンスの設定がちょっと面白いんですよ。
スティーブンスは陸軍の兵士で、アフガニスタンでの戦闘中に重傷を負っていることになっているんですが、
ジェイク・ギレンホールは以前 『ジャーヘッド』 でも中東に派遣される兵士の役を演じていました。
所属部隊とかは違うけど、”戦闘シーン”がないところは同じというね。

作品の内容としては、マトリックス風のタイムリープものといえば乱暴ですけど、予備知識と想像力がないと
たぶん初見では理解できないかもしれませんが、状況説明の役割を果たす会話がわりと自然に嫌みもなく
挟まれるので、この手のジャンルとしては易しいほうだと思います。

テロリストによる列車爆破を防ぐアクションもの、と思って観てみたら全然違ってて、こういうアイディア勝負の
映画って本当久しぶりに観たなあ・・・。無茶な設定もあるけれど、そこは映画ならではのひとつの嘘をどれだけ
現実っぽく膨らませるかの些細な一部分でしかない。

シカゴの街をテロから救うという壮大なテーマなわりに、混乱に陥る街の様子は俯瞰とテレビを通しての映像
(たぶんCG)のみ、という諦めのよさも気に入った。低予算映画バンザイ!

なかなかの良作でございました。


長男が週末に帰って来るので、自宅で録画したやつをあーでもないこーでもない言いながら一緒に観ようと
思います。




Fostex P2080-E の受難


毎度いらんことしかしない進撃の小人にウーファーのコーンを凹まされ、いよいよ再起不能になった
スピーカーユニット(Stereo 8月号の付録・・・)を買い直し、完成済みのエンクロージャーとスピーカーグリルと
合わせて使っていた半自作スピーカーですが、その後は次男も以前ほど興味を示さず、
平和な日々を過ごしておりました。


DSC00465

しかし、忘れたころに事件は起こるものです。

出勤前に歯を磨いていたら、次男がおれの机の上でトミカを持って静かに遊んでいたんですよね。
何か嫌~な予感がしましたが、時すでに遅し。

幼児が静かに遊んでるときは、イタズラしてるときかウンコしてるときだけだよ!
そう思った矢先、小声でおれを呼んで、何やらスピーカーの下のほうを指差すんですよ・・・。

で、何かと思って指差したほうを見てみると、


えっ・・・?



DSC00472

あの野郎、ダクトにトミカをツッコミやがったッ・・・!


いやあ、これにはお父さん、正直声も出なかったっすわ~。完全にノーマーク。
たしかに穴があったら入れたくなるのが男子の性(さが)とはいえ、出勤前で分解して取り出す時間もない、
そういえば、ドライバーの入った工具箱は、職場の開店準備のときに持ち出したまんまだから、ここにはない。
かつ、仕事から帰って来るまでの間の保管場所はどうしよう?
正確に言うと、”どこに保管したか” をコイツに見られてはいけないんだ・・・!

という思いが走馬灯のように頭の中を巡り、結果、

3歳児の胸ぐらを本気でつかむ 事案が発生。
(殴ってません)

ちなみに、小動物が恐怖におののいて死んだふりをする様子がよく分かりました←


DSC00468

15時間後、職場から+ドライバーを持ち帰り、さっそく今朝からの懸案事項に取り掛かります。
結局、スピーカーはいちばん安全な場所―おれのクルマの中―に丸一日置いておきました。

もうね、このスピーカーグリルが外せるということさえも、見られたらあかんのですよ。
大人気ないと笑われても、ここだけは守り抜かねばいかんのです。


DSC00470

で、さっそくウーファーを取り外してみると、思っていた以上に厄介なことになっていることを知りました。
構造上、ここからはトミカを取り出せない・・・。

こんなときはどうすれば、どうすれば・・・。と考えを巡らせるときは決まってジョン・マクレーン刑事の顔が浮かぶ。
テロリストの襲撃を外部に知らせようと知恵を絞る姿が。

Think, goddamn it! Think・・・

そんなとき、ふと視界に入ったのが、子供がどこからかもらってきた風船についていた紐。
これにゼムクリップを付けて、トミカ釣り風に引っ掛ければいけるんじゃね?と思いついた次第。

でも、ゼムクリップって使わないときほど邪魔くさいものはないから、ふだん家には置いてないのよね。


DSC00475

というわけで、ふつうに輪っかを作って、後輪に引っ掛けて吊り上げることに。
車体の傾きは菜箸で調整しつつ、引っ張ります。

横に置いたトミカは、シミュレーション用です。このとき、ダクトに入れられたトミカが、今年の2月に東京駅で
買ってきた消防車だと確信しました。


DSC00477

そして、無事に作戦成功―!


DSC00478

そうそう、これこれ。赤色灯のデザインがレギュラーのもの(No.41)と違うんですよね。
上京したのがバレンタインの時季だったので、この子もチョコレートとセットで売られていました。

ようやく問題が解決したところで、寝室から何やら ドサッ という物音がしたので行ってみると、











DSC00480

ベッドから落ちたまんま床で寝てました。


ちなみに、今回のイタズラの罰として、このまま放置の刑に処することにしました。
(あとで嫁が戻したけどね)


富岩運河環水公園に行ってきた


毎週火曜日には、長男・長女と別々の塾へ通わせていて、夕方18時に送ってやったあと、
迎えに行くまでの1時間半の間だけヒマなんです。

DSC00428
[ SONY DSC-RX100M2 ]

というわけで、世界一美しいスタバがある場所として有名な、富岩運河環水公園に来たわよ!


DSC00429
[ SONY DSC-RX100M2 ]

夏至を過ぎて、日がますます永くなったので、18時過ぎでもこの明るさ。
久しぶりに展望塔に登ってみることにしたんですが、手すりが何気に無防備すぎて、超怖い(苦笑

次男が手にしているのは糸電話で、反対側の展望塔と会話することができます。
これを使って告白し合ったカップルが何百人もいたとかいないとか・・・。

近くには結婚式場もあるし、次男の生まれた産科クリニックもあるからどんと来いだ!


DSC00432-1
[ SONY DSC-RX100M2 ]

DSC00436
[ SONY DSC-RX100M2 ]

DSC00438
[ SONY DSC-RX100M2 ]

この日の予報では、午後から雷のおそれがあると脅されてきたんだけれど、一向にそんな気配もなく、
普通に一日が過ぎてしまいました。
そこそこの晴れ間があったし、良い一日だったな。


DSC00442
[ SONY DSC-RX100M2 ]

せっかく来たのでスタバで休もうと思って歩いてたけど、静かなんで振り返ったら嫁も次男もまだ
かなり後ろにいた(苦笑


DSC00448
[ SONY DSC-RX100M2 ]

なんとかマジックアワーに間に合った!
もっとこのカメラの扱いが巧ければ、もっと良く撮れるのかもしれないけれど・・・。


DSC00449
[ SONY DSC-RX100M2 ]

DSC00456
[ SONY DSC-RX100M2 ]

DSC00458
[ SONY DSC-RX100M2 ]

夏がくれば、もっと綺麗な空を撮れるかな。


富山県中央植物園に行ってきた


最近、花や植物の写真を撮るのが楽しくなってきたので、地元の植物園に行ってきました。

来てみて気がついたんですけど、ここの見どころのほとんどが温室内で生育している植物なんですよね。
南米やフィリピン産の珍しい花が見られるのはそれでそれで楽しいんだけれど、
そもそも撮るのが楽しくなったキッカケが、小雨の降る中で撮った紫陽花や菖蒲だったことを考えると、
ちょっとベクトルが違う(笑

でも、まあいいか。


IMG_1100
[ Canon EOS 50D / EF50mm F1.8 STM ]

IMG_1104
[ Canon EOS 50D / EF50mm F1.8 STM ]

IMG_1107
[ Canon EOS 50D / EF50mm F1.8 STM ]
Mandevilla boliviensis ”Summer Dress”


IMG_1110
[ Canon EOS 50D / EF50mm F1.8 STM ]
Ochna serrulata ”Mickey Mouse's Tree”


IMG_1117
[ Canon EOS 50D / EF50mm F1.8 STM ]
Medinilla hybrid ”Hinotori”


IMG_1120
[ Canon EOS 50D / EF50mm F1.8 STM ]

IMG_1131
[ Canon EOS 50D / EF50mm F1.8 STM ]
Medinilla magnifica Lindl.


IMG_1136
[ Canon EOS 50D / EF50mm F1.8 STM ]

IMG_1142
[ Canon EOS 50D / EF50mm F1.8 STM ]

IMG_1146
[ Canon EOS 50D / EF50mm F1.8 STM ]
Impatiens sultanii Hook. fil ”アフリカホウセンカ”


IMG_1157
[ Canon EOS 50D / EF50mm F1.8 STM ]

なんとなく赤色の花ばっかり撮ってた気がしますが、だいたい満足したので外に出ます。
ここに来たもうひとつの目的を果たすために。

この並木道、時季がうまく合えばすごく綺麗なんだろうなあ。


IMG_1160
[ Canon EOS 50D / EF100-400mm F4.5-5.6L IS USM ]

園内の池では、鴨たちが昼寝をしていました。


IMG_1162
[ Canon EOS 50D / EF100-400mm F4.5-5.6L IS USM ]

目を閉じて、本当に気持ち良さそう。


IMG_1167
[ Canon EOS 50D / EF100-400mm F4.5-5.6L IS USM ]

で、これがもうひとつの目的ってやつです(笑

この植物園の東側に神通川を挟んで富山きときと空港の滑走路があるので、へたに空港の展望台で
撮るよりは、植物園の広場で待つ方がよっぽど良い構図で飛び立つ飛行機の写真を撮ることができます。

ただ、堤防沿いの木々で空港がまったく見えないため、音を頼りにするしかありません。
しかも、日本一滑走路の短いこととダサいネーミングで有名な空港なので、ジェットエンジンの音が
聞こえてきたと思ったらすごい速度で空へと立ち昇っていくので、なかなか撮るのが難しい。


IMG_1172
[ Canon EOS 50D / EF100-400mm F4.5-5.6L IS USM ]

今回撮影できた機材(ANA 767-381)は登録記号がJA8579という機体で、かつて「マリンジャンボJr.」として
塗装されていたもの。
現在は一般塗装に戻されていますが、機内入口には記念プレートが飾られているそうです。


JA8579.jpg

あとで調べてみたら、羽田まで飛んでいったのね。
ちなみに、この図は航路としては正確でなく、実際には北アルプスを越えるための高度を稼ぐため、
いったん北へ向かい、富山湾上空を旋回してから羽田へと向かいます。


IMG_1178
[ Canon EOS 50D / EF100-400mm F4.5-5.6L IS USM ]

次に飛ぶ飛行機を待とうと思って、耳をそばだてていたけれど、遠くから雷の音が聞こえて
きたので、今回はこれで帰ることにしました。






スバル レヴォーグを買った。


忙しさにかまけて、うっかり発売週を忘れていましたが、なんとか初回限定カラーをゲット。

トミカ 6月の新製品 - タカラトミー

IMGP6983
[ PENTAX K-5IIs / smc PENTAX-DA 35mm F2.8 Macro Limited ]

エンブレムのタンポ印刷や、窓枠の塗り分けにホレボレしつつ写真撮ってました。
ただ、カメラのクセでどうしても赤色が派手に出ちゃうんで、色の再現としては不本意ではあります。
Lightroom でなんとかならないかと試してみたけど、やればやるほどおかしくなるんで諦めました(ぉ

実際はもうちょっと濃い赤なんです。


IMGP6984
[ PENTAX K-5IIs / smc PENTAX-DA 35mm F2.8 Macro Limited ]

フロントグリルの造形ひとつとっても、これが 1/65 サイズのミニカーだとは信じがたいですねぇ。

余談ですが、最近はアマゾンで買い物をすると、我が家の場合は日本郵政から届くことが多くなりました。
そんなに大きな形のものを買わないからだとは思いますが、これが次男の大好きなクロネコヤマトの人が
運んできてくれたりすると、アイツってば勝手に箱を開けるようになったので、内心ビクビクしています。

今回も日本郵政からだったのでセーフでしたけど。


IMGP6982
[ PENTAX K-5IIs / smc PENTAX-DA 35mm F2.8 Macro Limited ]

さて、レヴォーグちゃんのギミックは、なんとエンジンルームが開きます!
開くだけで中身はないけどな!(爆

まあ、ここらへんは ホットウィールのマスタング とは単価のぶん差がついちゃいましたね。


IMGP6986
[ PENTAX K-5IIs / smc PENTAX-DA 35mm F2.8 Macro Limited ]

朝から次男が”ちゅうしゃじょう、ちゅうしゃじょう つくったよ!”とうるさかったこの仲間に入ってもらうのには
まだもうちょっと惜しい気がするので、しばらくの間いつもの場所に隠しておこうと思います。

あ、あと通常版もそのうち買いに行かなくちゃ・・・。


我买了镜头遮光罩


EF50mm f/1.8 STM 用のレンズフードを買いました。

DSC00418

ただの飾りといえばそれまでなんですが、小雨の降る中で花の写真を撮ったりするときに、
レンズに水滴が付いちゃうのが気になるだろうと思って、発売前に予約したのになかなか入荷しなくて、
結局撮りに行った後に届いたよ的な。


DSC00419

取り付け方はこんな感じ。赤いマーキングを目印に、レンズ先端の溝に嵌めこんで回すだけ。


DSC00421

鏡胴がめいっぱい伸びた状態でここまで覆ってくれるので、梅雨時の撮影にもきっと役に立ってくれる
ことでしょう。


DSC00422

あと、ひっくり返して取り付けることもできるので、収納時にも邪魔にはなりません。


さてと、明日は植物園にでも行こうかな・・・。


剛田主義


俳優や声優という生き方は(有名になれれば)、とてもうらやましいことかもしれない。

自分の顔や声を、見知らぬたくさんの人にずっと覚えていてもらえる。

たとえ、自分が死んでしまっても。


IMG_0954

おれの子供たちにとっては、現在放映中の「ドラえもん」の声優陣の声がその声だし、彼らが大人になっても
それは変わらない。

でも、おれが子供のときに聞いた、ジャイアンの声は今でもたてかべさんのまま、ずっと頭の中に残っています。

”おまえのものはおれのもの、おれのものもおれのもの” と、あなたの演じたジャイアンは言ったけれど、
あなたの声はずっと、おれたちのものです。

どうか、やすらかに。





太閤山ランド あじさい祭り に行ってきた


今年も太閤山ランドのあじさい祭りにやって来ました。
初日だったんで、混雑具合が気になっていたんですが、朝からの雨で人もまばら。
滞在時間中はほぼ貸し切り状態。ラッキー、雨バンザイ!

ちなみに、この日富山県は梅雨入り宣言したそうです。


IMG_1088
[ Canon EOS 50D / EF50mm F1.8 STM ]

今日のお供は EOS 50D と 発売されたばかりの EF50mm F1.8 STM。
キヤノンのカメラで撮れる葉っぱの色、誇張されてなくてけっこう好きなんですよね。


IMG_0990
[ Canon EOS 50D / EF50mm F1.8 STM ]

今まで雨の日に外に出るのは、なんとなく気が重たかったんですけど、雨に濡れた花を撮るのがちょっと
楽しくなってるんですよ。
傘を持ったままの撮影になるため、子供用の傘でなるべく荷物を軽くコンパクトにします。
鏡筒の短いレンズしか使わないし、おれ身体そんなに大きくないし。


IMG_1009
[ Canon EOS 50D / EF50mm F1.8 STM ]

雨の中、ゆっくりと歩いて見て回ると、ふだんはサラリと流してしまいがちなものにも目がいきますね。
紫陽花の花に蟻が群がっていました。


IMG_1008
[ Canon EOS 50D / EF50mm F1.8 STM ]

紫陽花の花の蜜って、甘いんやろか・・・。


IMG_1004
[ Canon EOS 50D / EF50mm F1.8 STM ]

滴に塗れた蜘蛛の糸も良いですよね~。


IMG_1014
[ Canon EOS 50D / EF50mm F1.8 STM ]

IMG_1021
[ Canon EOS 50D / EF50mm F1.8 STM ]

IMG_1022
[ Canon EOS 50D / EF50mm F1.8 STM ]

IMG_1026
[ Canon EOS 50D / EF50mm F1.8 STM ]

紫陽花も良いけれど、周囲に潜む動く生き物を見つけるのも楽しいです。
カタツムリ、昔飼ってたんだけど、また飼おうかなあ。


IMG_1030
[ Canon EOS 50D / EF50mm F1.8 STM ]

IMG_1034
[ Canon EOS 50D / EF50mm F1.8 STM ]

IMG_1053
[ Canon EOS 50D / EF50mm F1.8 STM ]

散策路のすぐそばで、蜂が巣を作っていました。害はないだろうけど、たぶん撤去されちゃうんだろうな。
なんでこんな場所を選んだのよ?


IMG_1056
[ Canon EOS 50D / EF50mm F1.8 STM ]

IMG_1059
[ Canon EOS 50D / EF50mm F1.8 STM ]

IMG_1060
[ Canon EOS 50D / EF50mm F1.8 STM ]

IMG_1064
[ Canon EOS 50D / EF50mm F1.8 STM ]

用事でいっしょに来れなかった嫁に、逐一LINEで紫陽花の花の写真を送っていたら、
”京都で見つかった新種のガクアジサイがあるらしいから、写真撮ってきて”というミッションを与えられました。

で、どうやらこれがそうらしいです。品種名は忘れたけど、八重咲で赤いのが特徴です。

あじさい祭りも始まったばかりなので、近いうちに一緒に来て見せてあげたいと思います。


IMG_1091
[ Canon EOS 50D / EF50mm F1.8 STM ]

さて、雨足も強くなってきことだし、そろそろ帰るとしますかね。





頼成の森 花しょうぶ祭り


小学校での給食試食会のあと、義母にお暇をもらって太閤山ランドのあじさい祭りに行こうとしたら、
なんとまさかの定休日。

雨もポツポツと降り始めて来たけれど、せっかく射水市(旧小杉町)まで来ちゃったんで、
もうちょっと足を伸ばして砺波市は頼成(らんじょう)の森まで来てしまいました。

本当はキヤノンの EF50mm F1.8 STM で撮ろうと思ってたんですが、急だったので持ってくる
カメラバッグを間違えてしまい、開けてみたら K-5IIs と smc PENTAX-DA 35mm F2.8 Macro Limited
の黄金コンビが顔を出しました。

まあ、もともとクセのある緑色がちょっと好きではなくて、使用率が減っていたのが気になっていたものの、
北陸独特のトーンの曇り空という天候もあって、ちょうど良いバランス加減になりました。


IMGP6958

紫陽花にはフラれたけど、菖蒲に勝負を賭けるよ・・・!


IMGP6909

嫁と昼間に出かけるのも久しぶり。車の中に置きっぱなしだった壊れた傘で雨をしのぎながら、
ひさしぶりに来たこの公園内を散策することに。
(ちなみに傘の貸し出しもやってました)

もうね、滑川市の行田公園なんか比較にならないくらい規模も大きいし、数も種類も豊富です。
周囲も緑が多いし、気分転換には持って来いの癒しの場所。


IMGP6918

IMGP6920

IMGP6923

IMGP6926


IMGP6929

どちらかと言うと山の方で肌寒く、紫陽花は見頃まではもうちょっとかな。
それでも、きれいに咲いていました。
ていうかいつぞやの兼六園じゃないけど、スタスタと早く歩き過ぎなんだよな、うちの嫁(苦笑


IMGP6935

IMGP6965

IMGP6913


IMGP6937

トノサマガエルなんて、見るの何十年ぶりだろう・・・?


IMGP6945

IMGP6949

smc PENTAX-DA 35mm F2.8 Macro Limited 、ホワイトバランスは「曇天」、トーンは「鮮やか」で統一して
撮ってみたけど、ハマればとても素晴らしい描写をしてくれますね。
それと、ローパスレスのK-5IIs の解像度・・・! K-3II のリアル・レゾリューション・システム も気になるけれど、
あれは三脚必須で被写体ぶれには無力。そう考えたら、手持ちでここまで撮れるなんて、まだまだじゅうぶん
現役でイケますね。


IMGP6954

IMGP6962

IMGP6969

最近めっきり便利ズーム担当になっていた K-5IIs 、この梅雨時期にもっと使い込んでみたくなりました。
ボディだけなら、いちおう防滴仕様だしね。


給食試食会に行ってきた


いつだったか、娘が「学校に通うお金や、給食のお金はパパが毎日夜遅くまで働いて払っている」と
知って、とても驚いたらしく、感謝の手紙をくれたんですよね。

当時まだ低学年だったのに、ちゃんと理解してくれて、言われてもないのに手紙にして伝えてくれた
ことに驚いたのと、嬉しいのとで目から変な汁を出しまくったことを憶えています。


DSC00394

で、今回はその娘が毎日食しているという給食とやらがどういうふうに作られているのかを見学してきました。
時刻はちょうどお昼。ヒヒーン。


DSC00395

給食センターが小学校と併設されているので、来たついでに校舎内をぶらぶらと。


DSC00396

たしか移転してから5年くらい経つんだったかな。
本当にオシャレな小学校で、こんな場所で勉強できるなんて正直うらやましい(笑


DSC00386

この給食センターでは、富山市北部地域の小中学校の給食も調理しているそうです。
同じメニューを一括して調理するのではなく、いくつかのメニューをローテーションさせているらしく、
今日試食できるのは、前日に中学校に通う長男が食べたのと同じメニュー。


DSC00387

病院食みたいですが、給食です。自分が子供だったころはもっと量があったように思ったんですが、
それはたぶん大人になったからでしょう。

肝油とかは出ないんでしょうかね。鯨の肉とかときどき食べたことがあったなあ・・・。


DSC00390

ご飯を口に含みながら、それを牛乳で胃に流し込むのは何年ぶりだろう?
以前テレビで”ありえない”とかボロクソに言われてた気がしますが、普通に美味いじゃないか。

同じ中学校に通っていた嫁と、班は違えど一緒に給食を食べるのも四半世紀ぶり・・・。


このあと、生徒たちが給食を食べる様子を見学してきました。
いったん配膳はされるけど、食べきれない、またはきらいなものは鍋に戻せるんだね、最近は。
で、残った分は食べれる人がおかわりして食べる、と。

おれが小学生のときは酷かったよ~、天津飯を食べきれなくて、残った餡を飲み干すまで監視が
付いてた。当然5時間目まで食い込んだね。

それ以来、食事は生命活動を維持するための作業と化していましたが、10年くらい前に大阪で
生活していたとき、仕事帰りに入った鶴橋の中華料理屋で食べた天津飯が超美味くて、見事トラウマ
を克服できました。



SIGMA dp0 Quattro


CP+2015 では外観のみの展示だった、dp Quattro シリーズの末っ子、”dp0 ”の発売が決まりました。
いよいよ7月10日に降誕されますよ~。

21mm相当「SIGMA dp0 Quattro」が7月10日に発売 - デジカメWatch

IMGP3630

おさらいになりますが、これまでも 28mm相当の dp1 から始まり、45mmの dp2、75mmの dp3 と
発売されてきました(焦点距離はすべて35mm換算)。

買う買わないは別にして、自分ならどのモデルを選ぶのか悩んでみる遊びをしたことがあって、
結局答えは出なかったんですよね。

というのも、45mm や 75mmも同じ焦点距離、または近いものを交換レンズで所有しているのと、
28mm はちょっと苦手なのを以前 NEX-7 で使っていた 19mm F2.8 EX DN で体感してしまって、
レンズ固定式カメラで敢えてリベンジする気もないからです。

が、今回発売される dp0 の場合、より広角でかつ歪みを1%以下に抑えたという仕様がとても
気になっちゃいました。
実は、DSC-RX100M2 ではほとんどズームせずに広角端で撮ることが多いというか、ズームレンズ
だということをすっかり忘れてせっかくステップズームに割り当てたコントロールリングすら回しません(爆
その広角端で撮った写真がときたま盛大に歪んでいるのが不満とえば不満だったため、
今回 21mm相当(RX100M2 の広角端は24mm)なのにほぼ歪まないとなると、これはちょっと気になる。

前述の 19mm F2.8 EX DN を手放したあと、E-PZ 16-50mm を使っていた時期もあったけど、
あれって撮った後にグニュって豪快に補正するのが液晶画面に一瞬映るのよね(苦笑
それを見るたびに、なんとも言えない気持ちになってしまい、最後まで好きになれませんでした。


そんな俺様に朗報! なんと SIGMA が 6月20日から全国4都市を周って体感イベントを開催!
しかも、山木社長自らプレゼンに立たれます!(一部会場を除く)

■東京会場
6月20日(土)10時~17時、polygon青山(東京都港区北青山3-5-14 青山鈴木硝子ビルB1)

■名古屋会場
7月4日(土)10時~17時、Time Office名駅(愛知県名古屋市中村区名駅2-41-10
アストラーレ名駅3F Time AB)

■大阪会場
7月18日(土)10時~17時、ブリーゼプラザ(大阪府大阪市北区梅田2-4-9
ブリーゼタワー7階 小ホール)

■福岡会場
7月25日(土)10時~17時、都久志会館(福岡県福岡市中央区天神4-8-10)
ここだけ社長のプレゼンはなし(笑


あれこれ気にするより、どーんと試せば答えも出るでしょう、名古屋会場なら電車で行くより
クルマの方が早いんで、行けたら行く方向で調整してみたいと思います。



Le Nom de la Rose


せっかく新しいレンズを買ったのにまともに撮りに行けてないのと、最近フォロワーになってくださった
方が撮られた花の写真がきれいで、日常背負い込んでる鎧を脱いで被写体と向き合うのも良いなと思って
いましたが、行田公園の花菖蒲はまだ早く、太閤山ランドのあじさい祭りも6月19日からということで、
せっかくの休みで天候も花の撮りやすい日照なのにどうしよう?と悩んでいたら、義理の妹がおとぎの森公園の
ばら園のことを教えてくれました。

自宅からはちょっと遠いけど、いっちょ行ってみるか!


IMG_0952
[ Canon EOS 50D / EF50mm F1.8 STM ]

というわけで、来ちゃった。

ここに来るのは7~8年ぶりくらいだったかな。
まだ長女が2歳くらいのときに来て以来足が遠のいていました。

もっと前には展望台のある屋内展示場で開催されていたラジコン大会によく出ていたっけ。
シミズ金型のG32 しかグリップするタイヤがなくて、なかなか難しいコースな上に腕もないのに リヤ駆動の
M04 にBMW Z3 のボディで走らせてたなあ。


IMG_0957
[ Canon EOS 50D / EF50mm F1.8 STM ]

思い出はそのくらいにして、ばら園です。
近くには北陸新幹線が走っているので、ときおり走行音が聞こえてきますね。


IMG_0945
[ Canon EOS 50D / EF50mm F1.8 STM ]
”Peace”


IMG_0947
[ Canon EOS 50D / EF50mm F1.8 STM ]
”千代”


IMG_0950
[ Canon EOS 50D / EF50mm F1.8 STM ]
”牧伸二”


IMG_0956
[ Canon EOS 50D / EF50mm F1.8 STM ]
”Bingo Meidiland”


IMG_0959
[ Canon EOS 50D / EF70-300mm F4-5.6 IS USM ]
”I TRE MERLI”

園内をぶらぶらと歩いていたら、橋の手すりにハシブトガラス”Jungle Crows”の親子がいました。
巣立ち目前の雛に餌をあげているところでした。


IMG_0963
[ Canon EOS 50D / EF50mm F1.8 STM ]
”北陸新幹線 つるぎ717号”

せっかく新幹線が近くで見られるので、展望台に登ってみました。ちょうど地元の幼稚園児たちと居合わせて
しまって、ベストポジションを譲らざるを得なくなりましたが、なんとか撮ることができました。


IMG_0962
[ Canon EOS 50D / EF50mm F1.8 STM ]

しっかし、この EF50mm F1.8 STM、本当によく写るねぇ~


IMG_0967
[ Canon EOS 50D / EF50mm F1.8 STM ]
”?”


IMG_0969
[ Canon EOS 50D / EF50mm F1.8 STM ]
”枯井戸スコープ”(本当は枯れてません)


IMG_0973
[ Canon EOS 50D / EF50mm F1.8 STM ]
”?”




まったくのノープランで行ったけど、なかなか良かったですね、ばら園。
これはまた毎年訪れる撮影&散歩スポットが増えました。

また来ようっと。



'67 Ford MUSTANG


実はこう見えてもマッスルカーが大好物でしてね。映画 「60セカンズ」や「ワイルド・スピード2」に
登場したような、年式の古いのが特に好きなんです。

まあ、好きなのはそれらを取り巻く文化やデザインといったもので、実際に自分がドライブするかといえば、
正直手に負えないでしょうね(苦笑


IMGP6904
[ PENTAX K-5IIs / smc PENTAX-DA 35mm F2.8 Macro Limited ]

なので、ミニカーを眺めてニヨニヨする程度に留めておくことにしています(ぉ


IMGP6905
[ PENTAX K-5IIs / smc PENTAX-DA 35mm F2.8 Macro Limited ]

入手時期は忘れましたが、たぶん 2002年~2003年頃のはず。
1967年式のフォード・マスタング。
アメリカ版のトミカとでも言えばいいんでしょうか、マテル社のホットウィールのラインアップのひとつ。
コレクション目的で入手したものの、パッケージが経年劣化で灼けてしまっていたので、
観念して開封することにしました。


IMGP6906
[ PENTAX K-5IIs / smc PENTAX-DA 35mm F2.8 Macro Limited ]

あと、最近はディスカバリー・チャンネルでこの類のクルマのレストア&カスタム番組を観るのが
マイブームになっているので。
このへんの感覚は、ショベルカーのトミカ握りしめながら建機のDVD観てる3歳の次男とレベルが同じ
ってことなんですけどね(笑


IMGP6907
[ PENTAX K-5IIs / smc PENTAX-DA 35mm F2.8 Macro Limited ]

これってひょっとして、シャーシ部分だけだとは思うけど、1968年当時の金型を使ってるってことなの
かな?
いずれにしても、ダイキャスト製のシャーシはトミカにしろ、ホットウィールにしろ味があって好き。





DSC-RX100M4


なんか、出るみたい(ぉ

”3” の発売からほぼ一年のタイミング。現時点では海外発表なので、日本国内の発売時期は
未定です。とは言っても DSC-HX90V も発表から発売までそう時期が開かなかったので、
わりと近いうちに店頭で触れるんじゃないかなあ。

Sony RX100m4 press text! - Sony Alpha RUMORS

1159879.jpg

というわけで、DSC-RX100M ”4” でございます。
画像は B&H Photo, Video & Pro Audio という海外通販サイトから転載しました。


IMG_503635.jpg

見た目の大きな違いは、コントロールリングの意匠ぐらい。それと、”4K” の文字。
本体サイズ・センサー・画像処理エンジン・レンズに関しては M3 と変更はないように思われますが、
ついに4K動画対応ですか・・・。
M3 も動画が非常に綺麗に撮れるカメラだったので、いよいよ来たか!と言った感じ。

訂正:センサーはDRAMチップ積層型裏面照射CMOSセンサーと呼ばれる、世界初のものだそうです。
これにより、最大40分の1のスローモーション撮影や、最高3万2000分の1秒となる超高速シャッターが
切れるようになり、これまでの写真や動画の常識を覆す映像を写し撮ることができるようになります。


ただ、個人的な意見を言うと、M2 と比べて厚くて重たくなった M3 と同じサイズ(だと思う)であることが
やっぱりイヤ(おかげで頻繁に落下させてたため、手放して M2 を買い直す愚行に出たのは内緒)ですね。
ファインダーも思ったほど使わなかったし、使い勝手も改善される気配もないし。
あと、高速起動は欲しかったなー。

まあ、あれほど胸ときめかせた恋も、一年も付き合って互いのクセが分かればこんなもんすよ(何


また、M4 の肝であろう 4K動画に関しては、せっかく撮ったとしても自宅で観る環境がないので、
あっても嬉しくはない。もちろん、自宅に 4Kテレビあるよ!ってお宅には絶対オススメですけど。

というわけで、今回の新製品でグッときているのはむしろ 30倍ズームをぶっこんできた DSC-HX90V の
ほうだったりするので、M4 は遠目に眺めることにしています。


炭火焼肉 こころ


”何もしない”をするのもなかなか体力を消耗するもんでして(だって、食事もしないから)、さすがに
丸一日寝ていると腹が減ったので、ラーメンを食べに行くことにしました。

DSC00362-2

もう 30年は通っている「炭火焼肉 こころ」のチャーシューメン大盛り(1,050円)。
ときどき、本当にどうしようもなく食いたくなるんだよねー。


いつだったか、ちょっとスープの味が変わったように感じたこともあったけど、今日はいつもの味でした。
あの酸味の少しある、魚醤ベースのスープは健在だったよ!

さて、今日はいつもより遅い時間に来てしまい、おばちゃんが言うにはネギがもう少しでなくなりそう
ということで、嫁と長女と次男と4人でシェアすることに。
そこへ他のお客さんも来ちゃったので、結局残りのネギを5人でわけわけしました。

なんでも、最近雑誌に載ったらしく、つい”たっぷりネギが特徴”みたいなコピーを付けたら
一週間くらい大忙しになって、ネギは出るわチャーシューは足りなくなるわでてんてこ舞いだったらしい(苦笑

うちらがこの日最後のお客だったせいか、おばちゃんもすっかりリラックスして、初めて来たという
お客さんに店のことについて話していました。
実は焼肉屋なのに、ついでに出したラーメンが好評になりすぎてしまったことや・・・。

ちなみにうちの嫁の実家は、以前この店が本当に焼肉屋だったころに、炭を卸してたんです。
おれは子供のころから祖父に連れられて来ていて、それがあるとき炭屋の娘と近所のテニススクールの
先生の孫がいっしょに食いに来て、それも結婚すると聞いたときには、おばちゃん目が点になってた。


そんなエピソードもあって愛着があるので、いつまでも続けてほしいお店なんですよね。





ベイマックス


先日注文したBDが届いたので、観るときは子供たちと一緒にと思っていましたが、順番に風呂に
入れたりとか、録ってあるスポンジ・ボブ観たいとか、Minecraft やりたいとか言われて絶対に内容が
頭に入らない気がしたので、ひとりで観てみました(ぉ

モンスターズ・インクの続編、モンスター・ユニバーシティを観たときから感じていたんですけど、
ハリウッドの3DCGアニメのクオリティって、格段に上がりましたよね。
特に光や空気感が現実と見紛うばかりに自然に表現されるようになって、本当に画がきれい。


DSC00350-2

原題が”Big Hero 6”と知って、ちょっとざわついてた気持ちがこのシーンで一気に解消されました。

フレッドの父親って、あのスタン・リー?(爆笑

ああ、そうかこれはMARVEL原作をディズニー・アレンジしたものなんだと瞬時に理解した瞬間。
はっはーん、これはヒーローものなんやな。
6ってことは6人だろうから、あと1人はやっぱり死んだはずの兄貴なのか?
(最後までタダシは生きていると思っていた)


DSC00361-2

この作品に限ったことではないけれど、映画の興行時における宣伝内容が作品の本質を誠実に伝えようと
していないのは良くあることで、それが心底嫌で事前に公開前の作品について意識を傾けることは避けてました。

で、実際にこのベイマックスも、国内公開時のイメージ・ポスターから受けるやわらかーい印象とは違って、
バリッバリのアクションものでございました。
シナリオがとてもとても素晴らしく、よく練られた主役級のキャラクター造形や見事な伏線の回収など、
丁寧に作られているだけに、とても悔しいです。

難をいえば、キャラハン教授の娘のアビゲイルとクレイの秘書の女性の容姿がそっくりなおかげで、
後半の肝心なシーンでひどく混乱したことと、タダシが命を落とした大学での火事が唐突すぎて、
何度観ても違和感を感じるってことですかね。


余談ですが、どこかちょっと Mr.インクレディブルにも似ているので、BDで買い直そうかと思っています。

とかいのねずみといなかのねずみ


自戒の意味を込めて買いました(ぉ

IMG_0956-2

子供のときに読んだイソップ寓話で、今でも印象に残ってる一話。

当時読んだ版では、都会暮らしに否定的なオチだったと記憶しているんですが、
あらためて読んでみると、どちらの生活にも良い悪いはなく、住み心地の価値観は人(ねずみだけど)
それぞれ、ってお話でした。

訳者の関口裕昭氏によるあとがきに、その種明かしはありました。
本作を描いたカトリーン・シェーラーが現在の子供たち向けに、新解釈を加えたんですね。


IMG_0952-2

いなか(地方)の生活は素晴らしいかと訊かれても、おれはここでの生活しか知らないんで何も言えねぇ。
まあ、富山って言うほど田舎というわけでもないです。少年ジャンプは駅まで行かないと発売日に買えませんが。


IMG_0951-2

隣りの芝生が超青く見えるくらいに刺激に飢えているならば、自分の生活圏でない場所での生活も
楽しく感じられるんでしょうねぇ。
でも、毎日それにさらされつづけていたら、感じ方も変わるのかな。


IMG_0955-2

ラストのこの絵が素晴らしい。他人行儀だった尻尾を寄せ合って景色を見てるんですよ。
いなかのねずみと、とかいのねずみの友情がまた深まった感じがして良いと思います。


新幹線も開通して東京には近くなって、行こうと思えばふらっと行けちゃうようにはなりましたが、
どうせ行くなら家族といっしょのほうが良いんだよなあ。
ひとりで行くよりも、遠出をしたことの思い出を共有して、帰ってからも話せるほうが幸せだ。


Big Hero 6/ベイマックス Blu-ray


原題と邦題が違うことをさっき知りました(ぉ

IMG_0944


ディズニー・ピクサー作品にありがちな、”たとえ人と違っていても、自分を信じて前を進め”的な路線の
映画に飽きていたこともあって、今回はどんなボールを投げられても決してバットを振ることはしないと
心に決めて、全力で観ないことにしてたんですけど、食わず嫌いな姿勢がいちばん愚かだと思うので、
まあ、あんまり興味ないけど? 観てやることにしました的な?

ていうか、観る時間をぼくにください・・・。


自称”映画マニア”のつもりですが、今回はほとんど事前に情報を仕入れていません。
事故で死んだはずの兄が実は生きていたりとか、ベイマックスが本当は実の父親だったりとか
ありがちな展開だったらどうしよう、くらいには若干不安です。

さてさて、休日の楽しみにとっておきますかね・・・。


(子供に見つかるとディスクを傷だらけにされるので、しばらく隠しておこうっと)


cheero Power Plus DANBOARD version "Block"


モバイル・バッテリーを必要とする場面が極めて少ない生活をしながらも、増殖してしまうのはなぜだろう?

IMG_0944

勢いで買った、今は後悔していない。安かったし。

cheero Power Plus DANBOARD version -mini- の半分の容量、かつ軽量&薄型ということで、
ちょっとした日帰り旅行のバックアップにはちょうどいいかな、と。

いい加減、ダンボーとのコラボも食傷気味ですが、サイズ感が絶妙なのでつい選んでしまう。
前作?の 6000mAh のは、バッグに入れるとどうしてもモッコリしちゃって残念なので、
このコンパクトさが重要でした。


IMG_0945

仕様上、1A放電のみ。

写真下は”cheero Power Plus DANBOARD version -mini-”のほうね。容量は倍なのに、
厚みは3倍はあるのよん。


IMG_0947

そうそう、家庭用のコンセントで充電する際の注意書きが添付されているんですけど、怖がらないで・・・。
ふつうに iPhone とかに付属してくるアダプターで大丈夫だから。


IMG_0948

個人的にグッと来たのは、このインジケーター。さりげなくて好きですね。

さてさて、いつ出番が来るのかどうか分かりませんが、用途に応じて容量別にモバイル・バッテリーを
押さえておくのは悪いことじゃないと思っています。


行田公園に今年も行ってきた①


今年もハナショウブの時季が来たので、滑川市にある行田公園に行ってきました。
昨年は一眼レフで、f/4.0 焦点距離40mm 縛りで撮って遊んでいましたが、
今回は DSC-RX100M2 による作品作りをテーマにと、他はなにも持たずに挑むことに。

DSC00327

・・・が、まだ早かったのか、この「西菖蒲園」はまだまだこれからという状態。
いちおう咲いてはいるものの、数もまばらで良さげなショウブに寄ることもできず、ファインダーを
持たない DSC-RX100M2 には厳しい戦いが強いられました。


DSC00309

植物の写真って、本当に撮るの難しいよね。


DSC00311

気を取り直して、「東菖蒲園」に移動しました。
ちなみに、6月4日現在でまともにショウブが見られるのはこの「東」くらい。
「西第2菖蒲園」「南菖蒲園」「北菖蒲園」は全くダメです。

時季としては今月中頃から下旬にかけて行くと、数だけはたくさん見られるとは思いますが、
日が経つにつれて花もくたびれてくるので、活き活きとしたハナショウブを見るとなれば、
タイミングは意外にシビアかもしれません。


DSC00312

「東」は比較的ハナショウブに近寄れるので、写真を撮るならここがいちばんかも。

この行田公園には「太閤」「日本海」「紫式部」「錦の袖」「業平」という品種が生育しているそうですが、
正直咲いてるショウブのうちどれがどれなのか分からなくて、モヤっとするんですよね(苦笑


DSC00315

品種名は分からないけれど、この薄い紫のやつが好き。


DSC00320

DSC00319



DSC00323

園内をひととおり歩いて、ちょっと休もうと屋根付きのベンチに腰をかけたら、
テーブルに草船がふたつ(笑

誰が作ったんでしょうか、すっごく和んだんですけどw

もしも居合わせることができたなら、作り方を教わりたかったなあ。




つづく

栗田ゆが写真展 富士物語|自然の聲


ふだん目にしている「山」の形といえば、いくつもの峰が連なった「連峰」というイメージなので、
いつだったか新幹線の窓越しに見た富士山の、あの何の障害物もないところにどーん!って
生えてる感じが不思議でならなかった。

そんな富士山を追い続けて、山がよく見える富士吉田市に引っ越しまでしちゃった写真家、
栗田ゆがさんの二回目の個展が、東京は中央区京橋にある Island Gallery にて開催されます。

東京駅から徒歩で10分もかからない、京橋共同ビルの1階がそのギャラリーです。
会期は6月6日(土)から21日(日)まで。

ちなみに iPhone のホーム画面の壁紙に、栗田ゆがさんの作品を使わせてもらっているので、
何らかの形で本物を見てみたいところです。

風景写真の有り様にはちょっと思うところもあるんですが、彼のは別格。生で見たい!


9時3分の北陸新幹線「かがやき506号」の乗っちゃえば、11時16分には東京に着いてるんだよね。
もともと画廊や美術館には長居しないタチ(没頭すると現実に戻って来れなくなる)なので、
正午過ぎにはギャラリーを出て、たぶん KITTE の屋上庭園を目指しながらランチするのかな。

13時くらいには東京を出て、東京メトロを乗り継いで渋谷へ。
あのどす黒い写真を生で見て素手で触って、他の作品も見て回って18時発の湘南新宿ラインで大宮から
「北陸新幹線かがやき515号」でおうちに帰れば、到着はなんと21時前!

おそるべし日本の鉄道インフラ・・・。


そんなことを夢想しながら、今から休日出勤します。








JUMP AND KICKIN'


3歳になりました。

DSC00306

おかげさまですくすくと成長して、今の時点で3歳9ヶ月くらいの平均身長に達しています。
もう少しで1メートル・・・。体重もずっしり15kg。
言葉を話すのもずいぶん上手になって、聞き分けの良い悪いはべつとして、ふだんの日常会話での
意思の疎通にはほとんど困りませんね。


DSC00304

ここ最近は仕事が忙しくて、家人が皆眠ってるうちに家を出て、夜も誰も起きていない時間に帰宅
する毎日が続いたおかげで、こうやって保育所へ送り出す前にプラレールで遊ぶのも久しぶり。


DSC00297

よく食べ、よく笑い、よく泣き、よく走り、よく歌う。
ずる賢く、記憶力もあなどれない。
人が留守のときに、ファンヒーターによじ登って押入れの扉を開けて隠してあったトミカを
漁るなど、いらんことしかしない。

子供は勝手に大きくなっていくもの。親はそれの手助けに心を砕くだけ。
よく誉めて、たまに叱り、危ないものはきちんと教えてあげるのが親の務め。
楽しいことをすることきは、いっしょになって楽しむ!

上の子たちもどんどん大人に近づいていって、家族全員で行動する機会も少なくなってきたから、
今の時間をたいせつにしなきゃね。


ぼくはプラレール運転士 新幹線で行こう!


誕生日が近い次男のため、というわけではなく、単にクルマに隠しておいたのがバレたというのが
本音の 『ぼくはプラレール運転士 新幹線で行こう!』 のレビューをいつものとおりにぼんやり書いて
みます。

DSC00272

いわゆる”電車でGO!”的な玩具だと思われます。しかも液晶画面付き。
テレビにつなげれば、大画面で楽しむことができるという、10年くらい前に流行った感じのやつですね。


DSC00274

子供用の玩具と見くびるなかれ、マスコンも飾りではなく、ちゃんと操作が反映するという本格派。
外観は E5系はやぶさ をイメージしたデザインで、無駄にカッコイイです。


DSC00281

スイッチ類も玩具らしくシンプルですが、電源スイッチが二段階の音量を選べるようにもなっていて、
昼寝中のお父さんの邪魔をしないようにできています。


DSC00287

ゲームモードは3つ。「うんてんモード」は内蔵されている車両を運転(する気分を味わう)するモード。
上手に停目で停めることができたら、「れっしゃずかん」で写真を見ることができます。
「ミニゲーム」はまだ試していません。


DSC00276

新幹線も大好きなだけに、メチャクチャ真剣に遊ぶ次男。
今までわりと理由もなく玩具を与えていた(隠していたものがバレてなし崩しになることが本当に多い)ので、
明後日の誕生日にはケーキを食べてハイおしまい!にしようと思ってたのに、うかつだったなあ。


DSC00284

さておき、試しにテレビにつなげてみると、違和感を感じたのか急に無口になりました。
やっぱり小さくても運転席を模した液晶画面を見ながら遊ぶのが、雰囲気出てて楽しいのかな。


DSC00285

マッサージチェアに腰掛けながらだと、よりラグジュアリー感を楽しむことができます。


DSC00295

あと、実家にあった正座椅子とサイズがピッタリで、ちょうど良い台代わりとなりました。



フジ医療器 AS-770CA


マッサージチェアなるものを買いました(義母が)。


DSC00263

職場の閉店セールで安くなった別モデルの展示品に興味を持ち、遠方なので近くの系列店で試用して
みたところ、イマイチと感じたらしく、迷ったら高い方ということで、ひとつ上のモデルを選んだようです。
あと、量販店の展示品のマッサージチェアのコンディションなんて語るべくもないしね。


DSC00264

ふだん大きな買い物を滅多にしない義母が、せっかくだからと選んだのは限定色のCA(キャメル)。
注文から約一ヶ月かかったけど、圧迫感のないこの色の選択はまさに正解だと思いました。
この AS-770 というモデルは、コンパクトかつフル装備を実現したということで、日本家屋にピッタリ。


DSC00265

体力には自信のあった義理の両親も70近くになり、疲労回復のためにと導入を決めたようですが、
個人的にも立ちっぱなしの今の仕事が体力的にしんどくなってきたから、ありがたくて仕方ないっす。
お金を出してないから選択に口も出さなかったけど、いや本当にありがたい(苦笑

”業界初のつかみほぐしメカユニットで、さらにリアルなもみ心地を実現”したということで、
試しに肩を揉んでもらいましたが、背肉がないぶんちょっと痛かったけどなかなか良かったです。
特に左肩が凝ってるんで、今度はもうちょっと時間かけて揉んでもらおうかな。


DSC00268

さて、この一ヶ月の間、身体に無理を強いてきたので、腰から下を中心にマッサージすることにしました。
過去に人にマッサージしてもらって揉み返しがひどくて懲りたことがあったから、ちょっと怖かったけど、
この後、血流が良くなったのか、グッスリ昼寝しちゃったよ(笑

これは休日のたびにお世話になりそうな予感。



運動会


子供の運動会を記事にするのが流行ってると聞いて(ぉ

IMG_0858
[ Canon EOS 50D / EF70-300mm F4-5.6 IS USM ]

先々週の話になりますが、たまたま仕事が休みだったので(午後から出るつもりではいたけど)、
長女の通う小学校の運動会を観に行きました。

この日はグラウンドの温度が30℃を超えるほどの暑さで、軽い熱射病になってしまいました。
ていうかお日様浴びるの久しぶり―。


DSC00237
[ SONY DSC-RX100M2 ]

さて、今日の相棒は EOS 50D と、Bさんのお下がりの EF70-300mm F4-5.6 IS USM。
周りを見ればペンタックスの安価な一眼ユーザーが数人と、キスデジのニコン的な何か。
それと、EOS 20D を持ったおじいちゃんもいました。
そんな中で、300mmの望遠レンズを使っているのはおれだけ・・・。

ちょっとうっかりしてたんですが、この日ずっと撮影モードはプログラムオートでした。
せっかくだからスポーツモードとか試せばよかったなと後から思った次第。


IMG_0863
[ Canon EOS 50D / EF70-300mm F4-5.6 IS USM ]

80m走が始まる時間には間に合わず、それ以降の競技の撮影に本気出すことに。
ちなみに長女の左隣りは、地元のサッカークラブに所属している「彼氏」でした・・・。
”◯◯◯くんに壁ドンやあごクイとかしてもらいたい”とかいつもほざいてます。
おまえまだ9歳だろ(苦笑

綱引きの場所交代では対面で撮る位置を確保できたおかげで、ラブラブな二人の様子を
写真に収めることができました。自宅で彼氏の顔が写ってる写真を何枚か印刷したあと、
次に会ったときに渡すようにと長女に言っておきました。

おれって親切ー。(棒


DSC00235
[ SONY DSC-RX100M2 ]

一方そのころ、自前のテントにいるはずの次男は・・・。


DSC00234
[ SONY DSC-RX100M2 ]

義妹Bの iPhone 6 で「がっちゃんねる」を観てました(爆


DSC00238
[ SONY DSC-RX100M2 ]

お昼は義妹Aが作ってくれたお弁当で腹ごしらえ。
競技をしているのは長女のはずだけど、この暑さで観ている方も体力を使うからか、
すっごく(ズゴックじゃないよ)腹が減って量も全然足りなかった!


IMG_0920
[ Canon EOS 50D / EF70-300mm F4-5.6 IS USM ]

最後は、4年生全員が走るその名も「全員リレー」(そのまんま)。トラック内を四ヵ所に分かれて並ぶため、
ベストポジションを確保するのが大変・・・かと思ったら、ふつうにテントの正面が長女のスタート位置
だったので、楽勝で良い写真が撮れたよ!
気に入ったから、A4のクリスピアでプリントしちゃった。


運動会終了後、親子下校をすることになっていたので、正面玄関前に立っていたら、
十数年ぶりに会う小中学校時代の同級生たちと再会、今まで気がつかなかったけど、
長女と同じクラスに2人、おれの同級生の子供がいたんだよね(笑

ずっと地元で暮らしているから、けっして不思議なことではないけれど、なんか楽しい。

あと、久しぶりに旧姓で名前を呼ばれた。


最新記事
最新コメント
月別アーカイブ
カテゴリ
みんぽす
モノフェローズに参加しています
サイト内検索
リンク
Powered By FC2ブログ

今すぐブログを作ろう!

Powered By FC2ブログ

QRコード
QR