イケナイコトカイ


仏の顔もって言うしね、謝って許してもらおうとも思っていない。

DSC00864

でも、このWALKMANロゴを見たとき、君は、きっと言葉では言い表せない「ときめき」みたいなものを
感じてくれたと思う。


DSC00865

殺伐とした世の中で、そういう気持ちを忘れないで欲しい
そう思って、このエントリを立てたんだ。


・・・バックヤードに眠っていた不良在庫の価格が良い感じに下がっていたので、衝動的に確保。
なんとなく開封品未使用って感じのコンディションだったけど、お店の人に聞いてもどうせまともに
答えれやしないと思ってあきらめた。


Screenshot_2014-08-27-09-50-13.png

以前、F807を所有していながらほとんど使わずに手放してしまったこともあって、音楽プレーヤーとして
使うことにはあまり積極的な気分になれず、いっそゲーム機に特化しちゃおうかと。


Screenshot_2014-08-27-09-47-34.png

手持ちのPSソフトの中からピックアップして、ゴニョゴニョゴニョ・・・。
さすがに当時の高性能機だけあって、処理落ちのストレスは感じられません。


Screenshot_2014-08-27-09-49-11.png

ただ、やっぱりタッチパネルでの操作はキッツイわあ~(苦笑




スポンサーサイト

UCC の1/144スケール 90式戦車

2014年8月24日に開催された、陸上自衛隊の富士総合火力演習 ”総火演” のテレビ録画を観て、
やっぱり陸自の戦車はステキやわ~と思っていました。

index_ph005.jpg
(注:陸上自衛隊ホームページより画像転載)

まあ、戦争はよくないとは分かってはいるけれど、決して世の中から消えることはないと思っているので、
諸外国からの脅威から自分の国を守る以上、軍備は必要と考えています。
唯一日本がラッキーなのは、島国だってこと。
逆に不幸にもなることはもう経験しちゃったから、身の丈を知って同じ過ちを犯すことはもうしないでしょ。
とは言え、一般人にこんな軍事演習を毎年公開しちゃうなんて、いろんな意味で平和な証拠だよね。


IMGP3145
[ PENTAX K-5IIs / smc PENTAX-D FA MACRO 100mm F2.8 WR ]

さて、たまたまおやつを買いに行ったコンビニで見つけて、まだあるんだ、そうだあたし今猛烈にブラック・
コーヒー飲みたかったの、と自分を納得させて購入。
関係ないけど、セブンイレブンのおにぎりって美味いよねぇ。

肝心のオマケですが、先日空自の戦闘機を捕捉してお腹いっぱいのつもりが、
上記のとおり総火演を観ちゃった勢いで、陸自の90式戦車をゲット。
何気にすごいと思ったのが、主砲と砲塔上の小銃が軟質素材でできていること。
これなら不用意に触れてしまってポッキリ逝っちゃうこともないし、安心安全。

ところで、この90式戦車のスケールが1/144ってことに気が付いてしまい、これは何か他のプラモデルと
絡めて遊べるんじゃないかとワクワクしてきたけど、何かあったかなあ。




海洋堂フィギュアミュージアム へ行ってきた

夏休みの家族旅行の2日目。
ホテルのエアコンの音と次男の夜泣きのおかげで、ほとんど眠れずに朝を迎えたテンション低めの嫁を
なだめつつ、元気よく目的地へと向かいます。

ちなみに個人的に本命だった日帰り温泉は諦め、フィギュアミュージアムの塗装体験を軽くやって、
夏休みの思い出を残しつつ日の明るいうちに帰ることにしました。
ええ、おかげでドライバーのおれも全く体を休めていません。わっはっは。

途中、長浜市内でガソリンを補給した個人経営の給油所で、富山ナンバーを珍しがられ、
お店の奥さんが「富山ってチューリップで有名ですよね」と精いっぱいの愛想をしてくれたのに対し、
「去年までチューリップで有名な公園の近くで働いてましたけど、イベントの時期は渋滞して通勤するのも
大変でしたよ」と身も蓋もないコメントを返してしまいました。

こういうのが富山人のダメなところなんだよなー。


DSC00817

さておき、岐阜市内を横断し、名神から米原経由で北陸道へ入り、長浜ICで下りて着いた先がここ。

海洋堂フィギュアミュージアム

商店街の中にあるので、ちょっと思ってた雰囲気とは違いました。
ただ、マニアでなくとも入りやすい敷居の低さはなかなかよろしいのではないでしょうか。


DSC00831

受付で入館料を払って、さあ行くぞ~!

入館料が大人800円・小人500円と施設のスケールのわりには微妙に思えますが、
ガストでお子様ランチ頼んだときみたいにガシャポン用のコインが1枚もらえ、
既発売の4種類の中から好きなガシャポンを回せるシステムになっています。
ってことは300円のオマケが付いているようなもので、まあ妥当なところかと。

逆にこの特典があるばっかりに子供たちの欲求が満たされてしまい、
せっかく2000円分の100円玉を用意したのに、駐車場代にしか使いませんでした。


DSC00860

ちなみに消防車好きの次男が引き当てたのがコレ。
嗜好がブレない本当にまっすぐな子だ・・・。


DSC00862

同封のフィギュアはランダムらしく、これまた色々遊べそうなのがゲットできました。
あと、消防車の頭に付けるはずだった先っぽから白い液を飛ばすパーツは、大事に持ち帰るつもりが
失くしてしまいました。


DSC00819

で、この消防車は2003年に「RESCUE 119」という商品名で北陸製菓㈱が販売していたカンパンの
オマケとして作られたフィギュアのうちの一つ。もちろん製作は海洋堂っす。
今からでも集めてみたくなって、館内のガシャポンを回すつもりでしたが、冷静に考えて、
入館時にタダでゲットしたものとダブったときの精神的ショックから立ち直れない気がしたので、
結局わざわざフィギュアミュージアムに来たというのに、一度も回さなかったという・・・。


DSC00818

ポケモンかと思ったら、なんかオリジナルのドラゴンさんのようでした。
事前に調べていて、コイツの画像を見たときには”おおっ”と思ったんですが、実際に現物を見ると
サイズが大きいせいか結構大味な感じで、塗装も雑なように感じました。
う~ん・・・。


DSC00826

ウォォオン! エヴァ初号機だ!
でも、このツルツルテカテカの塗装はイメージ的に違うと思うんだ・・・。


DSC00830

カヲル君とシンジ君が連弾している「Q」のワンシーンの再現したフィギュアがアツい!


DSC00825

次男的にウケが良かったのが、なぜかこのスズメバチ。
「ムシ、ムシ!」言うてほんまやかましかったですわー。
で、これ特別小さいわけではなく、ハムスターくらいの大きさがあって逆に怖い。


DSC00824

映画 「ジュラシック・パーク」に登場した、毒草を食べてフラフラになってるトリケラトプス。
おれもグラント博士のようにお腹に乗ってみたいと思った好きなシーンを再現した実物模型。

これもなんと海洋堂製作だったとは・・・! しかも、展示されているのは実際に撮影に使用されたもの。
でも、なんか上からテカテカのコーティング処理がされていて、劇中のようなリアルな質感が損なわれて
なんか残念な感じに。

なんつーかこう、質感というものを大事にしようと思わないのかねぇ・・・。


―ジョン・ハモンド役のサー・リチャード・アッテンボローのご冥福をお祈りいたします。―


DSC00823

海洋堂といえば、これも忘れちゃいけない。よつばと!の登場キャラクターたちのフィギュア。
風香の水着Ver.欲しかったんだけど、物販コーナーにあったかどうか確認する暇がなかった。
ていうか、家族の前でははづかしくて買えないわ!


DSC00821

実物大のダンボー&よつばと記念撮影。
展示台の上には登ってません、座ってるだけでs


DSC00827

せっかく来たので、娘が塗装体験に挑戦。長男と嫁は体調不良で離れた場所で休憩中。
次男は館内を縦横無尽に闊歩、右往左往する俺様。なんなんだこの家族(苦笑。


DSC00829

アクリル絵の具が衣服に着かないようにエプロンを借りて、筆塗りでフィギュアに色を着けていきます。
もうね、娘の作業中の様子を撮影したり、次男を捕まえに行ったり、嫁と長男の様子を見に行ったり、
忙しかったんだから!


DSC00856

そして出来上がったのは、パターン青、完全に使徒です。ありがとうございました。



ヱヴァンゲリヲン新劇場版:Q EVANGELION:3.33 YOU CAN (NOT) REDO.(初回限定版)(オリジナル・サウンドトラック付き) [Blu-ray]ヱヴァンゲリヲン新劇場版:Q EVANGELION:3.33 YOU CAN (NOT) REDO.(初回限定版)(オリジナル・サウンドトラック付き) [Blu-ray]
(2013/04/24)
緒方恵美、優希比呂 他

商品詳細を見る



ホテルスポーツパルコ


今回の宿泊地は岐阜駅の北側、柳ケ瀬商店街からも近い場所にあるホテルスポーツパルコで
ございます。

当初は山間の温泉旅館を狙っていたものの、メインイベントの予定だった養老天命反転地からは
けっこうな距離があったので、アクセスのしやすさを優先することに。
温泉は帰り道に長浜あたりの日帰り温泉にでも入ればいいかなと。


DSC00801

晩ご飯は、屋上にあるビヤガーデン(!)で焼き肉食べ放題&ビール飲み放題。
オラなんかワクワクしてきたぞ!

ワクワクしてきたといえば、夕方5時にチェックインを済ませたあと、食事までまだ時間があったので、
地下1階にある屋内プールで遊ぶことにしたんですよ。
面白いことに地元のスイミング・スクールも兼ねていて、この日も小学生のスクール生たちが
練習に励んでいたというくらい、リゾート感のまったくないプール(笑

旅行客向けにはレンタルの水着も用意されていて、長女と次男の分は用意してきていましたが、
おれと嫁と長男の分はここで借りることに。
それに、なぜか事務室や更衣室が2階にあるため、バタバタと階段を行き来しないといけないのが
滑稽で楽しかった。

で、ここはさすがスイミング・スクール。レンタルの水着でさえもガチなのしかなく、
おれと長男はトランクスを選ぶことができたものの、嫁にはガッツリとした競泳水着しか選択の余地が
なく、生まれて初めて競泳水着から浮い(以下自粛


DSC00788

設備こそは古いけれど、ビヤガーデンがあるとなるとテンションが上がるよね。
富山だとそもそもやってる場所が少なくて、予約取るのも面倒で気分が盛り上がって来ないのよ。
で、結局家飲みでホッピーで遊んじゃうのが関の山。

ここでは夜空がごちそうだ。


DSC00794

嫁が肉やビールを取りに行っている間、次男のお世話をすることに。
コイツは枝豆やっときゃ静かだから楽なもんだけどね。


DSC00789

来た来た、来ましたよ。肉その①


DSC00790

肉その②


DSC00792

その肉たちを焼くために今か今かと待ち構えている炭と網。
席に着いた時点でだいぶ時間が経ってたようで、炭にうるさい嫁の表情が曇ります。


DSC00800

まあ、細かいことは気にせんと焼くべし焼くべしだわ!
後回しにすると絶対手こずるシイタケやタマネギから焼くのがセオリー。


DSC00798

嫁の仕切りで順調に焼かれていく、死んだ牛を切り裂いた肉を口に運ぶ次男。


DSC00796

この、ビールっていうんですか? 飲んじゃってもいいのかな、いいのかな?
ええ飲みますとも。

しかし、次男の世話で忙しくて写真もこれだけを撮るのに精いっぱい。なので、結局ジョッキ2杯しか
飲む時間がありませんでした(泣


DSC00803

この日、泊まるように割り当てられた部屋は507号室でした。
ベッド2つに、ソファーをトランスフォームさせた簡易でもない堅いベッドが2つ。
ここ最近不眠で悩んでいる嫁は柔らかいベッドを、堅いのが好きなおれと長男は言わずもがな。

さあ、今夜は競泳水着の夢を見ながら眠るぞ~(ぉ






・・・と、数時間眠ったところでふと目が覚めました。
嫁と次男が眠っているはずのベッドにふと目をやると、・・・いない。
ついでに隣りのベッドの娘も・・・いない。

長男は、おれの隣りの堅いベッドで眠っていました。


ちょっと嫌な予感がして、窓から外を見てみたけれど何も変わった気配はしない。


DSC00807

嫁が横になっていたはずのベッドをよく見ると、書き置きがしてありました。
ここは507号室ですが、なんでまた一つ部屋をはさんだ505号室なんかへ?
まさか貴様、生粋のVAIOユーザーではあるまいな?!


DSC00811

と、おそるおそる505号室を覗いてみると、ちゃんと嫁がいました。
事情を訊くと、部屋のエアコンの音がうるさくて気になって眠れずに廊下をウロウロしていたら、
食事の後片付けをしていたホテルのスタッフさんに見つかったので、
相談してみた結果、ちょっとはエアコンの音が静かなこの505号室を貸してもらえたそう。

でも、この部屋もそこそこうるさいよな。


DSC00809

何て言えばいいんだろう、古い設備のホテルの部屋といえばこんなものって免疫がないと、
やっぱり眠れないものなのかな。
最近ちょっと神経質になっているぶん、特に音には敏感になっているんだけど、
開き直る心の余裕もまだ持てないんだね。

それでも眠るしかないので、おとなしく嫁と娘と次男には引き続き505号室にいてもらって、
おれは507号室に戻って寝ました。
競泳水着のことはひとカケラも頭に残っていませんでした。


DSC00806

余談ですが、ホテルの WiFi に接続するための説明書きが親切すぎて泣けました。
十六進数って、あんた絶対理系やろ?(笑






来年は長男が高校受験なので、長距離の旅行はしないつもりだけど、
次回の家族旅行で泊まる場所を選ぶとしたら、最初に考えてたみたいな温泉旅館にしたいなあ。

アクアトトぎふ

ダイナランドで昼食を済ませたあと、一路岐阜市内のホテルへと向かいました。
今回泊まるホテル内には屋内プールがあるので、早めに行ってプールで遊ぼうという算段。


DSC00711

が、岐阜各務原ICで下りる2km手前になって、嫁が急に行きたいと言い出したので、来ちゃった。
おれの旅行プランではコスパが悪いと感じたので、立ち寄る予定に入れなかった場所。

アクアトトぎふ


DSC00708

まあ、いいか。なかなか来れる場所ではないしね。
それにしても岐阜市内、この時間帯(午後3時頃)は暑かった! 山の中の微妙な天候とは大違い。
駐車場から入り口までけっこう歩かされるのも堪えるね~(苦笑

しかし、結論から言うと、とても楽しかったです。
たかが川魚を観るのに 大人1500円・中高生1100円・小学生750円という強気な料金設定には、
最初どうかと思っていましたが、展示物が予想以上に多くて、先入観で判断してはダメでしたね。
外には屋台やら、今回はパスしたけど観覧車も稼働していたので、
次来ることがあればもうちょっと長い時間滞在したいなと思いました。


DSC00716

館内に入ると、まず先にカメの家族でしょうか、3匹のカメさんたちに出迎えられます。
アルダブラゾウガメ(Dipsochelys dussumieri)という種類。日本でもペットとして飼うことができます。

いきなり淡水魚じゃない生き物を観ることになるとは・・・というささやかな疑問とともに、
出迎えてくれたカメたちのテンションの低さに立ちくらみしちゃったぜ★


DSC00718

思わず 「このカメ、よくマリオカートで投げられるヤツや」と言ってみたくなって本当に言っちゃうくらいの
見事な甲羅の模様。



DSC00720

さて、館内ではいったん4階までエレベーターで昇って、そこから順番に展示物を観ながら1階まで降りてくる
ことになります。エレベーターの中までも子供を飽きさせない楽しいライティングになっていました。


DSC00734

4階から順に「長良川上流・上流から中流・中流から河口付近」へと分布する魚を観ていくわけですが、
つまるところ長良川といえば、「鵜」がメインだと言いたいんでしょ。
さすがに地味な日本の川魚ばかりを観るだけ、と考えたら大人1500円は高い。
こんなんで間が持つんじゃろうか・・・。


DSC00725

という不安をよそに、居合わせる家族連れの中から同い年くらいの女の子を見つけては、
記念撮影中だろうがお構いなしに声をかけまくる次男。お前はイタリア男か!

「君は水曜日だけカワイイの?それとも毎日カワイイの?」
毎週水曜日、昼12時からのbayfm78のミュージックサラダの担当DJ紗々さんは毎日カワイイよ☆



さて、ここからはしばし大自然の癒しをご堪能ください・・・。

DSC00731


DSC00736

DSC00737

DSC00739

DSC00743



DSC00748

2階は「淡水魚博士の探検小屋」と題したコーナーがありました。
ちょっと飽き始めた子供たちの気分転換とトイレ休憩には持ってこいの場所。


DSC00744

置いてある小道具のひとつひとつがシャレていて、こういう部屋が欲しくなりますねぇ・・・。


DSC00741

DSC00745

このカエルさんにカメラ向けたら、みんな変な顔するんでなんでだろう?と思ってたら、
左側に女子トイレがありました。


DSC00749

ナンパにまた失敗したところを目撃されて、必死に言い訳をする次男。
「あの娘ったら、ママの作ったパスタ食べたくないって言うんだ」じゃねえよ!←言ってません


DSC00751

メコン川のメオンオオナマズさんが何かに似ているなと思ったら、ナイチンゲールの頭部でしたね。
(ガンダム・ハラスメント)
なんて考えながら気が付いたんですが、この淡水魚水族館、国内だけじゃなくて海外の川魚も
飼育・展示されてるんですよ。そうかそうか、それなら話は違う。餌代や施設の維持にお金かかるもんね。


DSC00758

そして、わりと長めの企画展示も開催中でした。
完全に長良川の鵜の魅力を否定してしまうかのようなこの企画、度胸あるなあ。


DSC00757

<アフリカ/タンガニーカ湖>に棲む魚たちの水槽。
淡水魚って地味な印象があったけど、けっこうカラフルで観ていて楽しかったです。


DSC00759

そして<アマゾン川>。
アロワナは観れたんですが、ピラルクーが水槽の奥底に鎮座したっきり出てこなくて残念でした。


DSC00765

なぜかヘビさんも登場。たしかエメラルドツリーボア。


DSC00767

アイゾメヤドクガエルさん同士が睨めっこしたまま動きません。


DSC00770

ニホンアカガエルさんもこのテンション。


DSC00774

”水に触るな”と言ったそばから触り出ry


DSC00776

出口付近にはカピバラさんがいたんですが、囲いの関係でとても写真が撮りづらい上に、そもそもご尊顔も
拝みにくくて本当に残念。
ただ入れときゃいいってもんじゃないんだし、もっと”魅せる展示”ってのに気を配って欲しかったなあ。


DSC00784

というわけでゴール。
最初こそ不安でしたが、なかなか濃い内容で満足できた水族館でした。
ホテルのチェックイン時間もあったので駆け足で観てしまったきらいもあったので、
いつか来る機会があれば、今度はのんびり観て周りたいと思います。





ダイナランド ゆり園 へ行ってきた

今年の夏の家族旅行の一つ目の目的地、岐阜県郡上市は大日ヶ岳山麓にあるスキー場 『ダイナランド』へ
やって来ました。


IMGP3057

このスキー場、夏場はゲレンデの一部にユリの花を植えて、お花畑にしちゃってるんですよ。
でも、我が家が訪れた時期は8月も後半に入ったところなので、あらかた枯れちゃってた・・・。
運営側もそれを理解しているのか、入園料が通常1030円のところ510円と値下げされていました。



IMGP3074

まあ、天気もそこそこに微妙だし、リフトに乗って気晴らしをしつつ、下りてきたら昼ご飯に
しましょうかね。


IMGP3075

”水に触るな”と言ったそばから触り出すのも想定内。


IMGP3073

Aマウントなのか、Eマウントなのか気になる感じのリフトですが、大人しく乗ることにします。
ちなみに、上りだけの片道切符で、おとな520円・こども310円でございます。
帰りは徒歩またはトレインに乗って帰ることになります。


IMGP3079

さっそく乗ってみました。前方の嫁さんの膝上に座る次男が、しきりにこちらを気にして振り返ります。


IMGP3080

あーあ、仕事柄人様と夏休みの時期をずらさないといけないのが歯がゆいよね・・・。
満開だったら綺麗だったろうなあ。


IMGP3093

それにしても、大きくなった長男の背中に驚くばかり。


IMGP3097

ちょいとピンボケですが、次男のポーズが面白いので、お気に入りの一枚。
シャッターを切る父ちゃんの真似でもしてるんでしょうか(笑


IMGP3099

リフトの終着駅手前には ”ゆりアート”と題して、色違いのユリを並べて模様が描かれています。
施設の出入り口前で育てたユリをここへ植え替えているからでしょうか、ここだけは特別綺麗です。


IMGP3106

終着地点で帰りのトレインを待つ間、雨が降って来たので傘を借りました。
このへんの細やかなホスピタリティは素晴らしいなと。


IMGP3120

トレインを待つ間、アリさんを見つけては大騒ぎする進撃の小人。


IMGP3114

この話題に触れていいものかどうか悩んだけど、この鐘の色、パッチ・アダムスの鼻(ピエロの鼻)と
同じ赤なんだよね。
なので、ふと先日急逝したロビン・ウィリアムスのことを思い出してしまいました。


IMGP3091

そうこうしているうちに来ました、来ましたよ。
チケットは先に買って、降車するときに係の人に渡すシステム。


IMGP3128

外の景色を眺めながら、果汁グミを頬張りつつ物思いにふける次男。
(このときオムツの中は妖怪大戦争になっていました)
どこからか香ばしい匂いが漂ってきて車内を包んでいく・・・。


IMGP3137

このラスカスを抜けるとホームストレッチに入ります。
ここで停車すると、いくら予選でポールポジション獲っても、ペナルティで最後尾スタートになっちゃうよ!


DSC00707

無事に下界へたどり着いた記念に、おやつの『ゆりソフト』をいただきます。
長男曰く、ただのバニラソフトだそうですが、こんなもの雰囲気雰囲気。


IMGP3140

そういえば、こういう家族の写真には当然だけど、自分って写ってないんだよね。


DSC00703

さあ、次行ってみよ~・・・・



パッチ・アダムス [DVD]パッチ・アダムス [DVD]
(2012/05/09)
ロビン・ウィリアムズ、ダニエル・ロンドン 他

商品詳細を見る

PENTAX K マウント用のレンズを EOS 50D で使う

家族旅行に出発する前に注文していたものが届いてました。

DSC00835

PENTAX K マウント用のレンズを キヤノンの EF マウントで使うためのマウントアダプター、
NEEWER という聞きなれないメーカーの PK-EOS というアイテム。


DSC00836

精度への安心感や期待度からすれば、RAYQUAL(宮本製作所)という選択肢もあるんですが、
さすがに2万円もするマウントアダプターには手が出ません。
他にも、電子接点付きのマウントアダプターもあったけれど、自分が使いたいレンズは DA レンズでは
ないので、本当にシンプルな金属の輪っかを選びました。


DSC00837

このレンズを使いたくてカメラを買った Carl Zeiss Planar 1,4/50。
ZK マウントが生産完了と知って慌てて買った1本。そしてそれが使えるからと選んだ PENTAX K-5。
まったくの初心者なのに、いきなりのマニュアルフォーカスレンズでした。
普通の人なら、キットレンズから便利ズームへと段階を踏むべきところ、すっ飛ばして入手しました。
おかげで使い始めて最初の1年は辛かった・・・。
今では逆に便利ズームを買おうかどうか悩んでいますが(苦笑


DSC00838

さておき、無事装着完了。
数ある似たようなアイテムの中には、フルサイズ・ボディで使用するとミラーと干渉するものもあって、
買うまでに少し悩んだんですが、コイツはいちおう問題ないとされています。
なので、いつかフルサイズに移行したとしても、Carl Zeiss Planar 1,4/50 を使うことができるはず。


IMG_0004

試しにベランダで育てている花を撮ってみました。
Exifデータが残らないと不便っちゃ不便ですが、綺麗に撮れればいいのさ。
ていうか、さすが Planar と唸っちゃう描写。EOS 50D との相性も良いみたいで、
これが K-5IIs だとちょっと個性がうるさくてクドい画になっちゃうところ、素直な色が出ましたね。
明るいレンズは正義。


IMG_0007

ふと視線を横にやると、ファイナルなのかエンドなのかよく分からない状態のアブラゼミさんと遭遇。
怖いので刺激は与えずに部屋に戻ることにしました。


DSC00840

手ぶれ補正のないレンズやら、マニュアルフォーカスの単焦点やら茨の道を進み続けていますが、
趣味の写真なんて慌てなくていいんです。たくさんの失敗の中から学んでいけばいい。
そうして撮った1枚が何よりの宝物になるはず。



NEEWER シルバー レンズマウント アダプターリング Pentax PKレンズをCanon EOS カメラ装着用 Canon EOS 1D, 1DS, Mark II, III, IV, 1DX, 1DC, 5D, 5D Mark II, II 7D, 10D, 20D, 30D, 40D, 50D, 60D, 70D EOS Kiss X50 EOS Kiss X4 EOS Kiss X5 EOS Kiss X6i EOS Kiss X7i対応NEEWER シルバー レンズマウント アダプターリング Pentax PKレンズをCanon EOS カメラ装着用 Canon EOS 1D, 1DS, Mark II, III, IV, 1DX, 1DC, 5D, 5D Mark II, II 7D, 10D, 20D, 30D, 40D, 50D, 60D, 70D EOS Kiss X50 EOS Kiss X4 EOS Kiss X5 EOS Kiss X6i EOS Kiss X7i対応

NEEWER

商品詳細を見る



なかよし 2014年9月号ふろくのピンホールカメラ


今日からお父さんは夏休みです。
というわけで、現役小学生の娘を連れて近所の本屋までやってきました。

今回のターゲットはこれ、

DSC00686

のぽりんさんに教えてもらった、小学校高学年女子のバイブル講談社の月刊なかよしの付録のピンホールカメラが
欲しくて、娘をダシにして買いました。
ふっふっふ、子持ちの中年の勝利ってやつよ。

店頭の平積みからブツを手に取って 「なあ、おれこれ欲しいんやけど、いいいか?」と娘に聞いてみたら、
「えええー?!パパ、いつからオネエ(オカマ)になったん? ほんとにこんなん欲しいが?!」と、
元気よくレジの前で返事をしてくれたので、観念して購入。

「付録のカメラが欲しいだけだから、中身の漫画はあげるよ」と言っても、
「あたしこんな変な漫画読まんから!」と取り付く島もないこと言われても平気、お父さん負けないもん。

購入条件として、好きなシールを2つ買うのと引き換えに了承していただきました。
女って本当に金かかるわー(意味が違う)


DSC00687

さて、なかよし本編のほか、付録の使い方のアドバイスが載った小冊子も付いてました。


DSC00688

本命の付録はたった3つのパーツとデコレーション用のシールというシンプルな構成。


DSC00689

うっわ、こんなデコレーションでカメラ女子とは片腹痛いわwww
絶対貼らねえ~、貼るわけねえ。


DSC00692

基本的にモナカ合わせの単純な構造なので、組立は超簡単。


DSC00690

肝心のフィルムは、モノクロフィルムをなぜか持っていたのでそれを使うことに。
うまくいけば、雰囲気のある面白い画が撮れそう。むしろ失敗したとしても楽しいかも。


DSC00691

フィルムの装填はこんな感じで良いと思います。ていうか説明図が分かりにくくて正直不安。


DSC00695

とか言ってるそばから、本屋であれだけおれを罵倒してくれた娘が 「シール貼りたい貼りたい!」と
せがむので、仕方なくシールでデコってもらうことにしました。
もうここまで来たら何も恥ずかしいことなんてない。


DSC00696

というわけで完成ー。ちなみにシールの粘着力がスぺランカー並に弱いので、そのうちしれっと全部
剥がしてやろうと思ってます。


DSC00697

背面はこんな感じ。
明日から家族旅行なので、娘に持たせて大人でも予想できない写真を撮ってもらおうと思ってます。



EOS 50D 用に便利ズームが欲しくなる


EF17-40mm F4L USM のクセ、というか使い方がだいたい掴めたんですが、
レンズ・ボディともに手ブレ補正のない組み合わせは、日常ではちょっとツライ。
かといって SIGMA の 17-70mm F2.8-4 DC MACRO OS HSM を選んでしまっては、
PENTAX K-5IIs にも同じレンズ(こちらはレンズに手ブレ補正がないけど)を使っているので
何をしたいんだか分からなくなってしまう。

では 18-200mm F3.5-6.3 DC MACRO OS HSM はどうかと言うと、ここでヘソ曲がりが顔を出してきて、
(17-70mm で大体どんな画が撮れるか分かっちゃってるからツマンナイんだよな・・・)
と心の声が聞こえて来るようになりました。

というわけで、調べてて見つかったのがコレ。


tam-01-02m.jpg
(週刊デジマガ ”メーカーに聞く【CP+ 2014 の見どころ】 タムロン 世界初の約18.8倍 高倍率ズーム
16-300mm
”から画像転載)

TAMRON の 16-300mm F/3.5-6.3 Di II VC PZD MACRO(Model B016) でございます。
広角端が 35mm換算で24mmとなかなか良い感じ、そして望遠端も450mm相当と、
自分の持ってるシステムにない焦点距離をカバーできるので、あると便利かもと思いました。
ちなみに、このレンズのPENTAX Kマウント用は発売されていません。

それにしても、CP+を観に行ったときには TAMRON ブースなんて、以前 E マウント用の
望遠レンズを手にしたときに気に食わない所があって、個人的に絶対選ばないメーカーだったはず
なのにここでお会いすることになるとは・・・。
しかも、ブースでハンズオンできたボディがまた EOS 50D とは、何たる皮肉(苦笑
こんなことなら、あの時ブース覗いてみればよかった。

ともあれ、何か機会があれば触ってみたいレンズですね。


【限定】ギレルモ・デル・トロ 創作ノート 驚異の部屋【ですよ】


映画 『ヘルボーイ』 シリーズや 『パシフィック・リム』 の監督ギレルモ・デル・トロの創作ノート、
”CABINET OF CURIOSITIES” の和訳版が限定3000部発売されると聞いて、速攻で予約しましたよ。


DUBK064.jpg

いわゆるメジャー作品の中にもコダワリが満載で、大好きな映像作家の一人ではあるんですが、
デビュー作の『クロノス』や、映画マニアを唸らせた『パンズ・ラビリンス』に『デビルズ・バックボーン』のような
作品を生み出すまでのアイディアというか、浮かんだイメージってどんなんだろうなって、
とても気になるんですよ。

映画の演出手腕としてはワンパターンに陥っていて、『ブレイド2』 なんかは個人的に世間ほど評価は
していないけれど、イメージをカタチにするエネルギーがリドリー・スコットみたいにブレなくて
真っ直ぐでとても素晴らしい人なので、この創作ノートは何かしら自分にとって良い影響を与えてくれそう。
早く手に取ってみたいですね。


ギレルモ・デル・トロ 創作ノート 驚異の部屋ギレルモ・デル・トロ 創作ノート 驚異の部屋
(2014/10/09)
ギレルモ・デル・トロ

商品詳細を見る



海洋堂フィギュアミュージアム黒壁 龍遊館


8月に入ってから、嫁の体調が思わしくないため、夏の家族旅行の行き先を変えることにしました。
宿はもう予約しちゃったからキャンセルはせず、アトラクション系をやめてまったり系にシフトするには
どこがいいだろう?
泊まるホテルは岐阜駅のちょい北あたりで、周辺では陶芸体験もできるんですが、
いかんせん平日はやっていない。

だったら、岐阜市内にはこだわらずに帰るルート上に何かないかと考えたら、あるじゃないですか。
いつか行きたいと思っていた場所が。

海洋堂フィギュアミュージアム黒壁 龍遊館


ここではフィギュアの塗装体験もできるから、上の子たちを飽きさせないだろうし、施設内に並ぶ
フィギュアたちを眺めるのも楽しそう。
ただし、お小遣いに制限を設けないととんでもないことになりそうなのが不安(苦笑



ベルナール黒部店の米粉パン


毎日のように通っているアピタ黒部店の1階にあるパン屋の米粉パンにハマってしまいました・・・!


DSC00676

見てくれよ、このボリューム感ッ!
この画像を見た次男をして 「ムシ、ムシ!」と言わしめた芋虫のようなズッシリ感。
いやホントマジで重量感があるんですよ~。


DSC00677

そしてこのむっちむちの生地!

ちなみにこのベルナールというお店は北は北海道、南は沖縄以外で全国展開しているフジパンストアー
系列店で、自宅から近いアピタにもあるんですが、米粉パンのデキに関しては黒部店の方が上。

子供たちにも好評なので、あまりのむっちり感に完食できなくて、
食べかけをお土産にしてるけど、ウソみたいにヒーローになれます。

1個 240円(税抜き)を高いとみるか、安いとみるか・・・。






カフェ・ヴェルデのオムライス(多め)


流しそうめんを食べそこなって、広域防災センターに寄り道した帰り道、やたらラーメンの看板が
目についたせいで ”ラーメンスイッチ” の入った嫁のために、
富山市は根塚にある 「めん屋」 に来てみましたが、まさかの夜の部18時開店・・・。
昼ご飯的なものを食べそこねて16時をまわっていたことを考えると、もう活動限界に達していました。


DSC00675

と言うわけで、向かいにあるレストラン、「カフェ・ヴェルデ」に突入。

まあ、何でも予定通りにいかない日は何やったってうまくいかないなら、逆にそれを楽しもうかと。


DSC00674

さて、階段を昇った先にあるエントランスはこんな雰囲気でーす。


DSC00670

前妻前菜のサラダです。次男には好評でした。


DSC00671

そして、来たよ来ましたよ、カフェ・ヴェルデによるカフェ・ヴェルデの来店客ためのヴェルデ風オムライス。
空腹も度を越していたので、小食にもかかわらず ”多め” をオーダーしたけど後悔などしていないッ! 
嫁はパスタで麺欲を満たそうと考えたようですが、結局ドリアを選んでました。


DSC00672

個人的にはちょっとトマトの酸味がしつこかったかな。甘いのを欲していたからかもしれませんが。
食後の珈琲も基本的に薄めで、好みが分かれるかも。





富山県広域消防防災センター


流しそうめんを食べそこなった帰りに、緊急車両好きの次男のために寄り道をしてみました。
富山市惣在寺にある、富山県広域消防防災センター&富山県消防学校でございます。


DSC00667

ここには四季防災館という広報的な役割を持つ施設も併設されていますが、閉館時間を過ぎていたので
見学はできませんでした。この日はこんなんばっかりやったなあ・・・。


DSC00665

防災センターのエントランスには、雰囲気だけ味わえる消防車が置かれていました。
これがまた次男のストライクゾーンにバチッとはまった車種で、目の輝きたるやハンパなかったです(笑


DSC00657

オトコノコってどうしてこんなものを好きになってしまうんでしょうか・・・。
モンチッチのぬいぐるみを相棒に、姉たちとキャンディ・キャンディを観て育った自分には理解できません。


DSC00658

なぜか消防士さん気分を味わえる衣装やヘルメットが用意されてあってだね・・・。


DSC00659

これを
( ^ω^)
⊃)ハルキさん (⊂

( ^ω^)
≡⊃⊂≡

こうじゃ…


DSC00660

超絶似合わないコスプレの出来上がりじゃ・・・!
やべぇ、腹筋が崩壊して失禁しそうなくらいに色んな意味でキュートだぜ!
(このとき、背後では閉館準備をしていました)


DSC00661

しかもジャケットが長すぎて階段を昇れないのでメットオンリーになってしまったんですけど(笑
でも、何か気になるのか指差した視線の先は・・・。


DSC00663

訓練中のプロのお兄さんたちの様子だよ!


DSC00664

DSC-RX100M3 しか持って来ていなかったので、遠くの様子を撮ることはできなくて残念だったけど、
いつか公開イベントの日に休みが取れたら、一緒に来ようね。






トミカ №041モリタ ポンプ消防車 (箱)トミカ №041モリタ ポンプ消防車 (箱)
(2003/12/20)
タカラトミー

商品詳細を見る



バックドラフト [Blu-ray]バックドラフト [Blu-ray]
(2012/04/13)
カート・ラッセル、ウィリアム・ボールドウィン 他

商品詳細を見る



富山市猪谷 早瀬亭の流しそうめん


次男が生まれる前までは、嫁に「コスパが悪い」と文句を言われながらも毎年来ていた、
富山市は猪谷(旧細入村)の常虹の滝名物の流しそうめんのお店、早瀬亭に来てみました。

DSC00655

ここは6月から8月下旬までの間に営業している、知る人ぞ知る?お店でございます。
昨年の2月に代表者の早瀬清久さん(享年85歳)が亡くなられ、奥さんとご家族で営業を続けて来られて
いましたが、奥さんも高齢で体力的にきつくなってきたということで、今年で最後の営業となります。

それを知った嫁が珍しく行こうと言い出したので、せっかくなので来ちゃった。
いつもはここで500円払うなら・・・みたいに言ってたくせにな(苦笑


DSC00635

・・・が、まさかの営業時間終了。どうやら前日にテレビで紹介されたらしいんですよ。
そのせいもあってか、かなりの大盛況だったらしくて間に合いませんでした。


DSC00636

でもまあ、本当は嫁の気分が少しでも良くなるようにと滝を見せたかったから、そうめんを食べれなくても
まあいいかと。


DSC00654

それにしても、淋しくなるなあ・・・。


DSC00638

ともあれ、普段の日常の喧騒を離れてマイナス・イオンをガンガンに浴びまくります。
ここって昔は手すりや柵もなくて、滝壺まで降りて行けたんだけど、現在はガッチリと安全面に配慮されて
いました。


さて、ここからはしばし大自然の癒しをご堪能ください・・・。

DSC00639

DSC00640

DSC00641

DSC00634

DSC00642

DSC00656

DSC00652

DSC00653

DSC00645


DSC00649

ラムネも売り切れで、結局1本100円の緑茶2本を買って喉を潤しました。
次男に流しそうめんを食べさせてみたかったけど、仕方ないね。
いつかまた、地元の有志で復活する日が来ることを願いつつ(他力本願)、滝を後にしました。








稲荷公園のジャブジャブ池


次男がいると嫁がゆっくりできないので、朝の8時前でしたがいつもの公園に連れ出すことにしました。
ちょっと考え事をしていてうっかりいつもの曲がり角をスルーしてしまったので、
普段とは逆の東側の駐車場に車を停めることにしました。


DSC00609

時間帯と高度、木立の向こう側に北陸新幹線が見える方角から考えて、7時10分発の羽田行きのような、
ただの通りすがりのような。機体はB787のようにも見えます。


DSC00610

普段とは違う道を歩くのも新鮮でいいですね。
この公園を造成するときに寄付をした人たちの名前が刻まれたモニュメントを見つけました。
なんかSF映画に出てきそうな感じがGOOD。

DSC00618

というわけでいつもの場所へ到着。
この公園には月イチぐらいで来ていますが、来るたびに次男の行動力が上がっていて震えます。
今日は「こわい、こわい」と言いながら高い所へ登って行きました。


DSC00620

お姉ちゃんをお誘い合わせの上、仲良くポーズ。


DSC00619

さすがに自力でボールに乗ることはできませんが、腕だけで自分の体重を支えるなんて余裕なんですよね。
すごいもんだよなあ。


DSC00615

お盆に入っていくらか過ごしやすくなったとはいえ、まだまだ暑いので水分補給は欠かせませんね。


DSC00622

最近はちょっとナマクラになってしまって、せっかくの DSC-RX100M3 をインテリジェント・オート・モードで
使ってしまう体たらくなんですが、


DSC00617

ひとたびマニュアル・モードにしてグリグリしながら撮ると、途端に覚醒するのがこのカメラの凄いところ。


DSC00626

以前から知っていたか記憶があいまいなんですが、この公園にもジャブジャブ池があったみたい。
わざわざ健康パークやら環水公園まで行ってたなんて、今まで何やってたんだろう(苦笑


DSC00628

着替えなんて用意していなかったけど、どうせ近所だし、これだけ汗かいてたら帰って風呂に入れればいいし、
ということで、水場に入りたがる娘にGOサインを出しました。もれなく次男もついていきます。


DSC00629

オムツ内のポリマーが気になるので、お尻だけは水につけるなと言いおきましたが、


DSC00631

まあ、無理な注文だったよね。←手遅れ





ポップサーカス 富山公園を観に行ってきた


DSC00633a

7月6日から8月31日までの間、富山市民球場アルペンスタジアム駐車場特設大テントで開催されている、
ポップサーカスの富山公演を観に行ってきました。
嫁の体調が思わしくなかったので、家族全員での観覧はできませんでしたが、長男と娘を連れて来ました。


この日は午前・昼・夕方と3回に分けての公演で、我が家は昼13:00からの部を観覧。
混んでるかと思ったけど、人が多かったのは午前の部だった模様。場内を見渡すと結構空席がありましたね。
ちなみに場内は撮影不可でした。

サーカスって生まれて初めて観たけれど、国際色豊かなパフォーマーたちの演技がとても素晴らしかったです。
定番の空中ブランコだけではなく、ロープ一本にハーネスなしでパートナーの体を支えながら己の肉体のみで
演技をする東南アジア系のマッチョ兄さんや、メキシコ人風のジャグラー二人組の息の合ったパフォーマンスに
無意識のうちに手拍子が止まらなくなりました。


公演時間を一時間過ぎたところで休憩時間になったのですが、この後の予定もあったので前半の観覧で
会場を後にすることにしました。

もしもまた来年観ることができるなら、今度こそはフル参戦したいと思いますが、次回は席をアップグレードして
指定席で観覧しないとね。事前に義理の妹から聞いていたけど、自由席ってどこへ座っても支柱が視界に入って
しまって邪魔なんだもん。高いけど、現地で+700円払ってでも指定席を選ぶべし。

今回は席代をケチってポップコーンやドリンク類を奮発しちゃった。
ポップコーン 400円×2/焼きそば 500円 ×1/ソフトドリンク 300円×2/ノンアルコールビール 350円 ×1
会社の福利厚生でチケットを安く買えたからいいけれど、空腹のまま行くとけっこうかかるよ(苦笑


ホッピーという飲み物がどんな味なのか気になって仕方ないので飲んでみた

DSC00604

ついにこの時がキタ!


DSC00599

3人の子供たちに夕ご飯を食べさせ、長男を塾へ送ったあと近くの公園で残り2人と遊んだあと、
塾の終わった長男を回収して帰宅て、ようやく訪れた待望のホッピー・タイム。
長かった一日もようやく終わりに近づいてきました。


DSC00601

まずはホッピーだけでテイスティング。

・・・ひょっとしてひょっとしなくても、これってノンアルコール・ビール?
みたいな味がしました。


DSC00602

一抹の不安が頭をよぎるも、気を取り直して冷やしておいたグラスに氷を入れ、鏡月を注ぎ込みましたが、
うっかりして、いつものウィスキーの水割りの感覚で注いでしまったので、
結局ホッピーと焼酎との割合は1:1になっちゃいました。

まあ、なんとかなるさー。


DSC00606

ツマミは別の酒屋で買ってきた3パック1,080円のあたりめと燻製チーズとサラミ。
器に盛るそばから子供たちに奪われていきます。


DSC00607

鏡月を買うときに、アルコール度数が25℃と20℃のものがあって、びびって20℃のほうを選んでしまったけれど、
いつも呑んでるウィスキーのアルコール度数の方がよっぽど上だったことに気づきました。

ひょっとしてひょっとしなくても楽勝?

と感じながら呑んでみた感想をひとことで言うと、ズバリ

アルコール入りのノンアルコール・ビールみたいな味でした。
サラッとしてくどくなく、夏の飲み物って感じだね。
はりきって買った鏡月が結構余ったので、もう何本か買い足そうかと思います。
最近、ビール呑むのも体が疲れるようになってきたからさ・・・。

今気づいたんですけど、グラスは冷やしておいて、氷は入れない方がいいみたいです。
なので、今から3本目に突入します。
全っ然酔わねぇwww



ホッピーという飲み物がどんな味なのか気になって仕方ないので買ってきた

というわけで、富山市中川原のやまやでついに念願のホッピーを購入。
安酒でも全力投球!!

DSC00574

さっそく今晩呑もうと思うわけですが、横浜の BAR Left Bank のマスター、浮沈さんから何やらアドバイスが。
なになに、マドラーを瓶に突っ込むなだと? 

ホッピーはそのままではただのビール風味の清涼飲料水です。
焼酎で割ってなんちゃってビールにして呑むとハッピーになれるのがホッピーの良いところ。
そのときに、マドラー(割り箸も可)でやたらめったら掻き混ぜずに、氷と焼酎を先にグラスに入れたあとに
勢いよくホッピーちゃんをダイブさせればじゅうぶん混ざるので、マドラーの出番はあまりありませんが、
そのマドラーを中身の残ったホッピーの瓶に入れっぱなしにすると、マドラーを伝って気泡が抜けて味が落ちるため、
マドラーは瓶の口に斜めに引っかけておけ、と。

もともと雑なハイボールしか作ったことがないので、このお作法がけっこう楽しそう。
気を付けたいのは合わせる焼酎(甲類がベストかつ安価ってことで鏡月をチョイス)との割合を間違えると、
一杯目でへべれけになるみたい(苦笑

とりあえずホッピー2に鏡月1とかから初めてみましょうかね。


ホッピーという飲み物がどんな味なのか気になって仕方ない

うちのカミさんがね、次男を腹に入れていたころから 『吉田類の酒場放浪記』 が好きで、
”酒場ライター”という非常にうらやまけしからん職業の吉田類氏(65歳!・・・けっこう行ってるなぁ)が
へべれけになりながら、いろんな土地の居酒屋(チェーン店にあらず)の暖簾をくぐって、
ご常連さんたちの輪に入りながらひたすら楽しそうに飲み食いのレポートする、という番組を観ながら、
いつも羨ましそうにしていました。


sakabahourouki.jpg

おれは、それを嫁が観ていたことから吉田類のことを知ったわけなんですが、まあよく呑むわ呑むわ。
それに本当楽しそう。孤独のグルメのゴローちゃんみたいな芝居ではなく、素でやってるのがまた良い。
で、その番組中に吉田類が注文することが多いのが”ホッピー”という飲み物。

なんでも、ビールが高級品だったころの代用品として造られ、焼酎で割るのが定番の飲み物だそうで、
スーパーやコンビニの酒類コーナーではまず見かけません。
そんな飲み物をこの吉田類という人はまた美味そうに呑むんだな、これが!

それほどまでに美味いのなら、いっぺん呑んでみたいと思ってアマゾンで調べたら、業者向けまたは
まとめ売りで2ダースからの取扱いしかなくて、いやいやいや万が一(個人的に)ゲロマズかったときのために
2つで充分なんですけどと思って公式サイトを調べてみたら、地域別の取扱い店舗一覧があるじゃないですか。

さすがに見つけたときにはガッツポーズしましたね。

しかも、ただ呑めるだけの店(居酒屋)のほか、個人で買えるお店と区分してあるのがまたニクイ。
で、富山で買えるお店というのが5店舗ありました。
その中でそこそこ近い店舗があったので、休日に足を運んでみようと思います。





いやあ~、しかし一体どんな味なんやろ~。

UCC 陸・海・空 自衛隊コレクション


ちょっと凝った感じのオマケには非常に弱いむっちーです、こんばんは。
あちらこちらでゲットしていらっしゃる方々のブログを読んだりしていて、気になってはいたんですが、
地元のコンビニではなかなか目にすることができず、たまたま翌朝子供たちに食べさせるおにぎりを
買いに行った近所のセブンイレブンで捕獲することに成功しました。

陸・海・空 自衛隊コレクション 「UCC BLACK無糖PREMIUM AROMA」

DSC00565

ブラック・コーヒーはあんまり飲まないんですが、嫁がこのコーヒー結構好きなので2本購入。
まあ、オマケが欲しかったというのもバレバレなわけなんですけどねw


DSC00566

今回は航空自衛隊のだけ揃えようと思って、決め打ちで手にした F-2A。


DSC00569

付属のドレスアップシールで第3飛行部隊 三沢基地所属の544号機を再現。
三沢基地といえばパトレイバーの劇場版2作目を思い出す・・・。


DSC00567

そして、F-15J。

DSC00568

こちらもドレスアップ・シールで小松基地の第306飛行隊所属機に仕上げました。
と言うのは、今年の春に観光で加賀まで行ったときにたまたま空港近くに立ち寄ったんですよね。
その際に訓練でバンバン上がってたのがこの機体(同型機)だったと思うので、ちょっとだけ愛着あるんです。

それに、日本海側の空を守ってくれてるのは彼らだしね。



刑事ニコ/法の死角

nico.jpg

オープニングの合気道の道場のシーンで一気にセガール・ワールドに引き込まれる今では貴重な作品
デビュー作でこの貫禄ですか。
彼の出自と、役柄であるニコを重ね合わせた演出が良かったですね。

現在の彼はなんだか竹内力と区別がなくなってきてしまいますが、このシュッとしてたときのセガールさんは
本当にカッコよかった!


監督はアンドリュー・デイヴィス。本作品の後「沈黙の戦艦」をヒットさせ、悪役だったトミー・リー・ジョーンズ
を連邦保安官補役に据えた「逃亡者」を翌年ヒットさせます。
そうそう、「逃亡者」の主な舞台はシカゴでしたが、この「刑事ニコ」もシカゴで撮られているんですよね。

共演は知る人ぞ知るパム・グリアー、奥さん役には有名になる前のシャロン・ストーンとなかなか面白い。
80年代のアクション映画独特のトーンも良いねぇ。
ただ、伏線を張るだけ張り、悪党を登場させるだけ登場させといてラストがあっけなかったのが寂しかったな。
セガールにはこの路線でもっと暴れて欲しかったけど、後の「沈黙」シリーズからおかしくなってしまった。



刑事ニコ 法の死角 [Blu-ray]刑事ニコ 法の死角 [Blu-ray]
(2010/04/21)
スティーヴン・セガール、シャロン・ストーン 他

商品詳細を見る


ダンボー ビッグちょきんばこ


DSC00550

久しぶりにやったUFOキャッチャーでゲットしました。この手のやつって1回で取ることはできないから
さすがのおれでも避けていたけど、ダンボーなら話は別だぜ。

ちなみに1,000円突っ込みました。逆にいうと1,000円もあれば取れる・・・。
それ以上かかるようなら撤退すべしと我ながら思った。


DSC00551

ダンボーなのに、頭頂部から入金するところがモヤっとしますね・・・。


DSC00552

プライズに出来もクソもないけど、左目にバリがああああ! これはサンデーモデラーでも気になるレベル。


DSC00553

なので、開封後デザインナイフでさっくりと除去しました。
ホントは解体してパテ埋めしてペーパーで磨いて再塗装したかったけど、各部ガッチリとくっついていたので
諦めました。

DSC00554

正面から見たところ。さすがに大きい(全高20cm)とのっぺりして何かしたくなるね~。
油性ペンで amazon.co.jp って書いちゃおうかな(ぉ


DSC00555

後ろはこんな感じ。貯まったお金はここから出します。


DSC00557

とりあえず車の中に隠していた1円玉貯金の中身を移すことにしました。


DSC00560

各ダンボー群との大きさ比較でーす。これだけ集合すると気持ち悪いよな(苦笑

さて、この子の置き場所をどうしようか。いやでも目立つし、進撃の小人の餌食になるのは目に見えて
いるからなあ・・・。


桐生珈琲へ行ってきた

DSC00542

今日は木曜日。おらが町の映画館・シアター大都会はメンズデー、おひとり様1,000円の絶好の
ゴジラ日和だったんですが、子供たちが誰一人とも食いつかず、上映されているのも吹き替え版だけ
なので結局観に行くのをやめて、娘とランチがてら桐生珈琲に行ってきました。


DSC00543

午前中、美容院で髪を切ってきた娘。本人はあまり気に入ってないみたいだけど、ラプンツェル(魔法が解けた後
の方)みたいで悪くないと思うよ。それに、レオンのマチルダに見えなくもない。


DSC00540

せっかく来たので写真を本気で撮ろうと思ってたのに、娘が選んだ席がみごとに窓際でバリバリに逆光でした。


DSC00545

お父ちゃんはアイスウィンナーコーヒー(税抜550円)をチョイス。
逆光を避けるため、構図に苦労しながら撮ったので見づらいですが、ざるそばセットみたいな感じで
持って来られたので軽くヒキました。
氷の入ったグラスを冷やす器&ぬるめの珈琲&ホイップクリーム・・・。


DSC00547

こういうのに慣れていないので、なんだかぐちゃぐちゃになってしまって、
ホイップクリームが白子みたいになった・・・orz


DSC00546

娘にはお子ちゃまらしくクリームソーダ(税抜500円)。

モーニングセットがアホみたいに安いので、通常メニューも二人で1,000円もかからないつもりで来たけど、
なるほどね、モーニングは撒き餌だったか。
いつも、昼ご飯はスーパーのおつとめ品で節約しながら貯めていた、夏休みの軍資金が一気に減っていきます。


DSC00548

これなら素直にファミレス行っといたほうが良かったなとか思いつつ、よくばりワッフルを頼んでみました。
通常5種類あるトッピングの中から2種類を選んで乗っけてもらえるメニューで、通常版280円(税抜)のところ
480円(税抜)となります。


DSC00549

結局、娘と半分こするつもりだったワッフルの75%を食べ、飲み残したクリームソーダも飲まされたので
味見してませんが、この氷ももしかしてコーヒー味だったのかも。

いつかまた頼んでみようっと。


北陸新幹線W7系の走行試験を見られなかった話


2014年8月5日午前、北陸新幹線W7系が走行試験のため、金沢の白山総合車両所を出発しました。
上越妙高駅で折り返す経路なのですが、実はこの日初めて新幹線が富山を走るんです・・・!

鉄道マニアではないけれど、このビッグ・ウェーブにはぜひ乗っておきたいと思って、
用事のついでにちょっとした穴場を目指してやってきました。


IMG_0088

場所は北陸本線の呉羽山トンネルの西側、事前に得た情報では10時過ぎにここを通過するはず・・・。
というわけで近くに住む(というか目の前)親戚の家の駐車場に車を停めて、
庭先にいた叔母に新幹線を見に来たと話しかけたら、


あ、ほんの何秒か前に行っちゃったわよ


えええええ!?

ああ、早めに家を出たはずが渋滞につかまって結局時間をロスしたのが痛かったか・・・。


ガックリしながらも、連れて来た子供たち共々抹茶アイスをいただき、次の用事へ。
娘的にはなかなか会えない”はとこ”と運よく遊べたので良かったみたいですが。

まあ、いいか。来年には好きなだけ見られるし、ね。




僕の彼女を紹介します


今年の夏は不思議と小学校3年生になる娘と波調が合って、休みの日には必ずつるんでいます。

まあ、中2の長男は同級生たちと遊ぶほうが楽しい年頃&部活があるし、次男は保育所に通っていて、
嫁は実家の仕事の手伝いに行っているから、あぶれた者同士ってこともあるんだけど。

そんな事情もあって、仕事が休みの日の朝は 「今日、どうする?」が合言葉になっています。


夏休み初日に行った 「とやま健康パーク」が気に入ったと言うので再訪したものの、まさかの定休日で
ガッカリした代替策で訪れた、大島北野河川公園(昔ラジコン仲間とバーベキューに来たような)の
寂れっぷりにまたまたガッカリしつつも、愚痴もこぼさずに付き合ってくれるのはありがたかった。


DSC00384

カエルさんの周りにしか水がなくて(それも、ただの雨水のような気が)、とてもとても遊べたもんじゃなかった。
バーベキューに来てる家族連れが2組いたけど、楽しいのかなあ・・・。
まあ、川の流れている位置からは高台にあるので、水の事故はないにしても、ほかに遊べるものがないのよ、
ここ。


DSC00389

実はここで娘を遊ばせながらターミネーター2のワンシーン、サラ・コナーが見たスカイネットの核攻撃の悪夢を
思い浮かべていたのは内緒です。


DSC00385

ガッカリ公園なのに、ちゃんと遊ぼうとしてくれる娘が微笑ましい。
この間、次はどこへ連れて行って埋め合わせをしようか考えるのに必死でした(苦笑


DSC00390

つーか、この日はもう35℃は軽く超えてたくらい暑い日だったので、滑り台で遊んでもケツが熱いだけ(笑


IMG_0017

で、さっさと切り上げて辿りついたのがここ、海王丸パーク
お昼ご飯を食べてなかったので、なにか食べれるだろうと思ってたというのも理由のひとつでした。
ところてんがちょっと不評だったので、内心焦っていました。


DSC00405

ここへ来るときに、せっかくだから船の中を見学しようぜ?と娘に言ってたんですが、着くなり「やめとく」と
あっさり言われました。
なんか団体さんも来ていて騒がしそうだったから諦めたのかな。
そういうところはおれに似ている。


IMG_0022

そうそう、ここはちょっとした花の迷路があるんだよね。
ちょうどいい暇つぶしが見つかって良かった。


IMG_0023

気が付いたら、2年前に次男が生まれたときに切った髪が、いつの間にか以前の長さに近くなっていた。
腰まである関羽みたいな長髪がトレード・マークだったんだよね、コイツ。


DSC00407

近くの食堂でクレープを買いました。券売機で食券を買って、店番のおっちゃんに手渡して出てくるのは
市販のクレープ(半解凍)。券売機もおっちゃんも要らないんじゃないか?とお互い顔を見合わせつつ、
一口だけ分けてもらいました(ところてんでお腹いっぱい)。


IMG_0019

こういうオブジェを見つけると、とたんに下ネタに走るところもおれに似ている。

ふだんは日常をやりくりするのにイッパイイッパイで、この子の話を聞いてあげれるだけの余裕がなかった
けど、この夏休みの何日かは不思議と心にゆとりが生まれたのか、小学生特有の「主語のない会話」が
全然苦じゃなかったですね。


いつまで付き合ってもらえるか分からないけれど、いつか自分の家族とどこでもいいから遊びに来たときに、
「ここ、パパと一緒に来たことがあるよ」だなんて、思い出してくれたらうれしいよね。


Sun Flower


夏だし、カメラもあるし、社内の写真コンテストもあるし、来ちゃった。

富山県立大学 「ひまわり大作戦」(不愛想なpdfが開きます)


IMG_0055

射水市黒河の歌の森運動公園のそば、富山県立大学の東側に植えられたひまわり迷路が今日の
目的地。


IMG_0054

射水市のマスコット・キャラクターを模した迷路らしいですが、なんかみんなおれの身長より高くて、
そういうコンセプトが全然伝わらないんですけど(苦笑


DSC00483

もうちょっと、ゆったりとしたレイアウトにすりゃあいいのにね。
子供も遊びに来ることも考えて、途中にヒント的な看板を設置したりとかしないと、
これ、下手したら真夏の炎天下に遭難するぜ?←実際に危機感を覚えた。


DSC00482

ひまわりと言えば、種というイメージなんですけど、今はガンガンに花粉をつけて攻めてる感じっすね。
迷路の道幅?が超狭くて、歩くそばから服に花粉が着いちゃいました。


IMG_0057

未だ慣れない EOS 50D のフォーカス特性に試行錯誤しつつ・・・。


DSC00481

DSC-RX100M3 にいつまでも頼っていると、つまんないスナップ写真ばかりになっちゃうし、
一皮むけたいのよね、実際。


DSC00480

そんなモヤモヤを抱えつつ、無事帰還。


”私にはスタートだったの あなたにはゴールでも”
涙浮かべた君の瞳に
何も言えなくて まだ愛してたから・・・


(何も言えなくて、夏 by JAYWALK)


えーと、このひまわり迷路は9日まで開放されているそうなので、リベンジしたいと思います。
もうちょっと頭を垂れたころが撮り頃かなあ・・・って。


CAPAオリジナル・ストラップ「バンジーストラップ 土屋Special


男の趣味は道具から、そして”限定”の二文字のなんと甘美な言葉の響きよ。
というわけで、決めあぐねていた 一眼レフ用のストラップをこれに決めました。

CAPAオリジナル・ストラップ「バンジーストラップ 土屋Special

8月1日9時30分現在、まだ予約の受付を継続している模様。
個人的には瞬殺かと思って、予約開始直後に大慌てで発注したんだけど、意外と出足が鈍い?
まあ、首は1個しか付いてないから、もうすでに何かしらのストラップを持ってる人には不要かも
しれませんしね。


ph1_1.jpg
*公式ページより画像を転載


プロ・カメラマンの土屋勝義氏がふだんの活動の中で、こうだったらいいのにという理想やアイデアを現実化した
工夫にあふれたストラップとなっているそうで、
肩が当たる部分にホールを設け、肩口まで通すことでより密着感がますように考えられていたり、
三脚使用時にぶら下がって邪魔になることを避けるために着脱式となったバックル(樹脂製がうれしい)、
カメラを担いでの移動時に衝撃を和らげようにサスペンション構造を取り入れたりとか、
早く使ってみたい機能満載でございますな。

8月29日ごろ出荷ということで、届くのを心待ちにしています。
行こうと思っているけど、最近の外の暑さに辟易して、先延ばしにしている金沢の武家屋敷探訪に
連れて行くのにもちょうどいいかな。


最新記事
最新コメント
月別アーカイブ
カテゴリ
みんぽす
モノフェローズに参加しています
サイト内検索
リンク
Powered By FC2ブログ

今すぐブログを作ろう!

Powered By FC2ブログ

QRコード
QR