DSC-RX100M3 のファインダー

職業柄、家電量販店には嫌でも足を運ばないといけないんですが、今日行ったところでは
30日に発売されたばかりの DSC-RX100M3 が、さっそく展示されていて軽く驚きました。


M3-Finder.jpg

一緒に展示されていた DSC-RX100M2 と代わる代わる持ってみて、投影面積の違いをチェックしたり、
レンズ径の差を見比べたりしつつ、いちばん気になってた内蔵ファインダーをポップアップさせてみて覗き込んで
みたんけど、まあヤバいっすね、コレ(苦笑

NEX-7 のファインダーにしろ、光学ファインダーでないタイプのもの独特のジラジラした感じが好きではなく、
実際にせっかくファインダーを内蔵している NEX-7 でもほとんどファインダーを覗いて写真を撮ることは少ない
んですが、この DSC-RX100M3 のファインダーはヤバい。
これが高級レストランだったならば、これを作ったシェフをテーブルに呼びつけたくなるくらい、美しい。

DSC-RX100M2 も M3 も液晶はもともときれいなんだけれども、どのカメラにも言えるように好天の太陽光の
下では見えづらくなるもんなんです。
そこへきて、DSC-RX100M3 のファインダーの出来の良さったらもう、買い換えプランを組み直して今からでも
使ってみたくなりましたね。
まだ実機を触ってない人がいたら、ぜひお早目にご体験を・・・。

我が家のカメラの勢力図を、一気に塗り替えんばかりの完成度に震えています。


とりあえず、引っ張り出したファインダーを引っ込めたら電源落ちる仕様はなんとかしてほしいけどね(笑

あと、褒め言葉ではないけれど、ミラーレス一眼も出してるのにそれらを一蹴せんばかりのコンデジを
作っちゃう SONY のそんなところ、嫌いじゃないです。


ソニー デジタルスチルカメラ「RX100M3」SONY Cyber-shot(サイバーショット) RX100MIII DSC-RX100M3ソニー デジタルスチルカメラ「RX100M3」SONY Cyber-shot(サイバーショット) RX100MIII DSC-RX100M3

ソニー

商品詳細を見る


スポンサーサイト

永井一正 POSTER LIFE 1957-2014

収蔵する美術品の保全能力と耐震性の不足、その他もろもろの事情から環水公園内への移転が
決まっている富山県立近代美術館へ行ってきました。

美術館建築としては外観こそシンプルながら、内部の構造がとても素晴らしく、いつかここに来れなく
なるのなら、行けるうちに見に行って来ようと思っていました。

富山県立近代美術館


DSC01469

見たかったのはそこで展示されている作品ではなく、美術館そのものでした。


DSC01461

今回たまたま開催されていたのは、グラフィック・デザイナーの永井一正氏の展覧会でございました。
この日まで氏の名前を知らなかったのですが、1960年代に Nikon のポスターを数点制作されていて、
予備知識ナシで行ったわりにちょっとホクホクして帰って来れてよかったよかった。

期間は6月1日(日)までということで、平日最終日のこの日は一人でじっくりと鑑賞することができて
頭の中がスッキリさせることができました。

ポスターアートなんて、さほど真剣に眺めたことなかったけど、この美術館に足を運ぶときはたいてい
このジャンルの展覧会をやっているので、今回は自分がどんな感想を持ち帰るのか楽しみでもありました。
何事も 考えるな、感じろ ですよ。

商業的であることが前提でありながら、年代ごとにモチーフが変遷していく様子がとても面白く、
作家自身のぬくもりを感じることができた思います。初期の抽象表現から具象へと変わってゆき、
動物をモチーフとしたデザインへと移りつつも、独特なその空間のバランスが揺るがずにあり続けるのは
素晴らしいことだと感じました。


DSC01465

ここ、ツツジが綺麗だったはずなんだけどなあ。


DSC01464

2階の窓の向こうはカフェ・スペースでしたが、コーヒー飲むつもりだったのをすっかり忘れてしまってました。


DSC01077

あんまりエントランスの奥まで入ったことないけれど、メトロン星人みたいなオブジェがありました。


DSC01074

おそるおそる近寄ってみましたが、


DSC01076

なんだかよく分からなかったです。「銅」って撮りがいのない材質なのかなあ。


DSC01467

移転が決まっているとはいえ、すぐにではないのでまた機会があれば足を運んでみようと思います。


「永井一正 ポスター・ライフ1957-2014」 富山県立近代美術館 - msn 産経ニュース

新富山県立近代美術館(仮称) 基本計画 - 富山県




ウルトラ怪獣シリーズEX メトロン星人ウルトラ怪獣シリーズEX メトロン星人
(2008/06/07)
バンダイ

商品詳細を見る

カメラ!カメラ!カメラ!

いつになく昼休憩を取り損ねた夕方5時、空腹に耐えかねて職場から道路一本挟んだ向かいにある
マクドナルドに行ってきましたよ。
サッカーのワールドカップに乗っかった期間限定の”ブラジルバーガー ビーフBBQ”を買いにね。

バナナを半分しか食べられないサッちゃんよりも小食なので、バリューセットのポテト(M)が食べきれず
残してしまうことが多いため、ハッピーセット+単品のバーガーを注文するのが俺流です。
ええ、あんな時間に昼飯食うから、案の定晩ご飯食べる気が起きないままビール呑んでます。


DSC01437

それはさておき、決してオマケが欲しくてハッピーセットを買ってるんじゃないやい!
・・・と言いたいところでしたが


DSC01438

今回のオマケが”カメラ”となるとハナシは違う。
全力で「ハッピーセットください!」と元気よく注文しました。来年40になるんですが何も怖くないぞっ。


DSC01440

このライカっぽいレリーズボタンがソソるんだよ~。子供たちには触らせないぞ!(ぉ


DSC01441

ギミック的にはよくある”小窓を覗きながらボタンを押してパラパラ切り替わる絵を見やがれ”方式でした。
まあ、できることといえば光るか飛び出すか照らすかしかないだろうから、こんなもんでしょ。


amazing spider-man toy

iPhone で撮ったけどこんな感じです。

パラッパパッパ~♪


ちなみに、ブラジルバーガーは美味いんだけど、注文を受けてから作るのでモスバーガー並に待たされるのと、
キャベツがポロポロと落ちるので食べにくいだけのテリヤキ・バーガーみたいなもんでした。
ドイツはクソ不味いって話しだから、それを先に聞いちゃったら食べる自信なんかないよ!


IMG_9470

翌朝、イタズラ盛りの次男にそれとなく持たせてみたら、「触ってもいいの?」みたいな顔してました。
そうだよね、ふだんカメラは触ると怒られるからね(笑


IMG_9474

とりあえず、”ファインダーを覗きながら赤いボタンを押したら絵が変わる”とだけ言ってみました。
理解できたかどうかは分かりませんが、興味津々の様子。

IMG_9473

おお、なかなかサマになってんじゃん。ファインダー(明り取り)を指で隠しちゃってるけどw

当たり前だけど、ちゃんと子供サイズだよね、このオマケ。

"CAPA" - JUNE 2014 ISSUE #406


塙真一先生の”夜スナ”が掲載されていると聞いて買ってみました。
付録はないけれど、ここでは塙先生の記事がごちそうだ。←


DSC01442

『スナップ最強カメラ 大集合!』ですか。モデルさんとの対比でニコンDfがあまり小さく感じられないのは、
まあいいか。


DSC01444

おれは子供たちとの日常や、ちょっとした旅行なんかで写真を撮りますが、”作品”として意識しながら
撮ることはその中の一部に過ぎず、記録的な意味合いで撮ることのほうが多いかな。
ただ、ときおりパッと閃く瞬間はあるし、その時が来るのを期待しているからこそ常にカメラを持っている
とも言える。

なので、スナップ写真を撮る人から色んな話を聞けるのならば、出来るかぎり吸収したいなと思うのよね。

そこで塙先生なんですよ。SNSを通じて東京や海外の街の夜の表情を切り取った”夜スナ”は、
昼間とは違った光と影の使い方がとても参考になります。
それに、”切り取る”という行為は一見簡単なようで実はとても奥の深いものだと感じさせてくれます。

特にこのページに掲載された写真とその解説を読ませていただくと、
「どんなシチュエーションで」 「こんなシーンに出会ったから」 「こう切り取った」というふうに理路整然と
書かれていて、特に歩く2人の人物に動きを与えるために必然的に選んだシャッタースピードの部分なんかもう、
砂が水に染み込むようにスルスルと頭に入っていくわけですよ。

塙先生はポートレイト撮影で有名な写真家の方ですが、おれ自身にとっても身近な”スナップ撮影”という
スタイルについて、いつも分かりやすく解説してくださるので、先生自身をとても身近に感じています。


いつかまた講演でお話を聞く機会があればいいなあと思っています。

figma:井之頭五郎”大盛り ver.”

今年2月のワンフェスで発表された、井之頭ゴローちゃんフィギュアの予約がスタートしました。


Oomori.jpg


知らない人のために説明しておくと、テレビ東京系でドラマ化もされた久住昌之・原作:谷口ジロー・作画の漫画、
『孤独のグルメ』の主人公こそが井之頭五郎なのである!
下戸で大飯喰らいのゴローちゃんが仕事先でふらっと立ち寄った食堂なんかでぶつぶつ言いながら食事を
するだけの漫画なんですが、まあ名言の多いこと。
その一粒一粒にとてもユーモアがあって、作中に主人公が訪れた店のモデルとなった場所へ行きたくなる人の
気持ちがよく分かる。

実際に、ドラマ版の舞台となった実在するお店にも二ヶ所だけですが行く機会に恵まれ、
普段は地元からなかなか離れられないこのマイルドヤンキーにも、旅の楽しさを味わせてくれる良い作品でした。
ドラマは Season 3 で終わりかと思ったら、続編の製作も決まったようでとても楽しみです。


というわけで、観念して予約しちゃったりなんかしちゃったりして。


goro_007.jpg

うわ・・・しかも大盛り ver. かよ。どんだけハマってんだよ、俺。


goro_003.jpg

”大盛り ver. ”にはこの両手ポケットポーズ用のパーツと、


goro_005.jpg

「うーん・・・ぶた肉ととん汁でぶたがダブってしまった」を再現できるテーブルと
イスのセットが付いてきます。


goro_006.jpg

原作でも屈指の名台詞「うおォン」が聞こえてきそうなくらい豊かな表情を再現した顔パーツも。


goro_001.jpg

ワンフェス発表時には多少の不安を感じていましたが、このクオリティなら我がコレクションに一片の悔いなし!

とはいえ発売が10月なので、振込じゃなくて代引にしました。忘れていそうで怖いな・・・。


goro_002.jpg

う~ん、ダンディだ・・・。


goro_004.jpg

早くショッカー戦闘員にアームロックかけてみたいです。


うわぁ なんだか凄いことになっちゃったぞ ”figma 井之頭五郎 大盛りver. ” - GOOD SMILE ONLINE SHOP

アナと雪の女王/角川アニメ絵本


花の図鑑を探しに本屋に行ったときに、不覚にも娘の目に留まった一冊。まさかの1600円(税抜)
案の定娘にねだられるも、「今日は何も買わないから」と、結局自分の買いたいものさえ探せず、お店を出る
ことになりました。

まあ、図鑑は結局アマゾンさんで買ったけどね。ふっふっふ。


DSC01430.jpg

それから数日後、娘の勉強机の上にこれががが。
嫁に訊くと、「公文教室の帰りに買わされた」らしい。あいつ、一旦決めたらしつこいもんなー。

というわけで、『角川アニメ絵本・アナと雪の女王』が娘の書棚の仲間入りを果たしました。


DSC01434.jpg

”もう”4刷めなのか、”まだ”4刷めなのかいまいちピンときませんが、児童書の中ではそこそこヒット中の模様
(おれ調べ)

映画、純粋に「姉と妹の絆の物語」として観たら面白いもんね。
アレンデールの国政・経済・国民世論とかの論点はこの映画には野暮というもの。


DSC01431.jpg

今年9歳になる娘のことを考えると、いかんせん対象年齢が低い感じの内容です。
そもそもカタカナにルビふるのって違和感覚えるんだよなあ。


DSC01432.jpg

娘が捨てちゃったけど、帯には”「Let It GO」の歌詞収録”と書いてあったので、ちょっと楽しみにしていたんですが、
想像に反して、英語詞とその対訳だったというね。
てっきり全日本国民が耳にする、あの日本語詞が載ってるのかと思っちゃった。



アナと雪の女王 角川アニメ絵本アナと雪の女王 角川アニメ絵本
(2014/03/10)
小西 樹里

商品詳細を見る






富山市総合公園 稲荷公園

富山市の小学校の運動会は5月末です。

という話はおいといて、毎晩23時頃から始まる次男の夜泣きのせいで、ほぼ毎日まともに寝ていない
嫁を眠らせるべく、次男を自宅からちょっと離れた公園まで連れて来ました。
ちなみにおれは隣の部屋で寝ているので、ある程度は緩和されますが、それでもグッスリとは程遠いです。

今日は午後から仕事なんやけど、近くにはつい1年半前まで働いてた職場があるんになあ。
なんで黒部くんだりまで行かなあかんねん。

ていうか、おれも眠い。


DSC01385

公園に向かうまでの間に見かけた電車。これは京阪電気鉄道から譲渡された3000系が改番したもの。
現在は富山地方鉄道10030形として走っています。
三浦友和の『RAILWAYS 愛を伝えられない大人たちへ』にも登場した車両ですね。
乗ったことないけど。


DSC01386

公園の駐車場にはなぜか鳩がたくさん。俄然興味を示しだす次男。


DSC01387

鳩に良い感じに距離を取られて途方に暮れていますが、どんな気持ちかこの背中が語っているようにも見えます。


DSC01407

公園の遊具は時としてアートになり得る推進部長としては、この公園は嫌いではないです。


DSC01392

ここへ来るのは去年の10月以来でしたが、傷んでいた板材も新しくなっていました。



DSC01394

半年前とは見違えるように運動能力が上がった次男。この子はよく高い所から落ちるんで、気を付けないと。


DSC01393

かといって過保護に育てる気はさらさらないので、段差を登りきるまで手を出しません。
ほら、ちゃんと登れたじゃん。


DSC01411

そこへ不思議な少年が登場。「一緒に遊んでもいいですか?ぼくは◯◯××と言います」だなんて、
丁寧に自己紹介までしてくれました。
べつに断る理由もないので「いいですよ」と答えましたが、長女が軽く警戒しています(苦笑


DSC01410

そんな奥村くんのひっさつわざは、このシャボンランチャーなのだッ!


DSC01412

これにはハルキさんも大喜び!

シャボン玉でれりごーれりごー♪
よし、今度来るときはシャボン玉セット用意して来ようかな。


DSC01404

ハルキさんの夜泣きがひどいので、嫁の実家へ疎開していた長女と義妹Bが合流。
朝から別の用事で出掛けていたようですが、マックへ行った帰りに公園まで来てくれました。
またマックかよ、と思ったのは内緒(ぉ

食べ物が来たと見るや否や豪快に袋を広げるも、ベンチにバーガーが落ちて残念なことに(苦笑


DSC01405

落ちたバーガーを長女に取られたことを必死に訴えています。


DSC01397

気を取り直して遊具で遊び始めました。だいぶビリケンさん具合が復活してきて、いつものハルキさんに戻りつつ
あります。


DSC01400

実は今日カメラを持ち出したのは、来月放送される地元のテレビ番組に応募する写真を撮るためでした。
誕生日に放送されるので、できるだけ笑顔の写真をと嫁に言われていたのですが、
もともとおっさん顔なせいかストックにもあまり子供らしい笑顔がなく、今日こそはと思っていました。


DSC01402

「ハルさん、笑って~」(デコ助野郎なのになぜか”さん付け”)と言うと、いちおう微笑んでくれました。
まだちゃんと喋らないけれど、こちらの言うことは100%理解しているところが面白い。
よし、この写真で応募しちゃおう。


DSC01413

ここは去年おっかなびっくりだった遊具だよね。


DSC01414

今年はガンガン登りまっせ~!(ロフトベッドのハシゴで散々練習してきた)


DSC01415

公園の遊具は時としてアートにry


DSC01416

さすがにこの上までは登れませんでしたが、着実に成長していってるのがうれしい。


DSC01419

ウッドデッキの下で何かの雛を見つけたけど、だいぶ弱っていたなあ。親鳥はどこだろう?
冷たいかもしれないけど、こういう場面では手出しをしないで自然に任せる主義です。


DSC01420

ハルキさんを義妹に預けて、車を停めた場所まで向かう途中、電車用の洗車機を見つけました。
この大きさ、この錆具合がたまらんねぇ~!


DSC01421

目の前を富山地鉄14760形電車の旧塗装車両が通り過ぎます。
おれは新塗装のカボチャ色よりもこっちのほうが好きなんだよなあ。
乗ったことないけど。






中国麺飯店 ワンフー(入善店)

客先からの帰りにふと目に止まったラーメン屋に入ってみることにしました。
どうせ職場に戻ってこの時間(午後3時)ならろくな食事にありつけやしない、だったらここでってことで。

DSC01427

中国麺飯店 ワンフー


DSC01428

で、目に止まった最大の理由が、これ。富山と言えば”ブラックラーメン”が有名?ですが、
ここ黒部市入善町では”ブラウンラーメン”ときましたか。
ちなみにメルヘンの町・小矢部には”ホワイトラーメン”があるそうですが、それは来月砺波に行ったときにでも
トライしてみようと思います。


DSC01426

テンションの低~いバイトのおねいさんが「ご注文お決ま・・・」と言いかけたところへかぶせ気味に
「これでお願いします」と注文。店に入る前から食うものはとっくに決めてある。
ブラウンラーメン、お手並み拝見ってとこだな。


DSC01422

注文してから運ばれて来るまでがわりと遅い系ですが、たまたまこの時間帯に来店客が集中したってこと
でしょうかね。カウンターにはおれの2つ横の席に若い男性が一人、こちらからは死角だったけど、
テーブル席には家族連れがいたようです。

そんなことをぼんやり考えていたら、目の前にブラウンラーメンがやって来ました。


DSC01423

蓮華でスープを掬って一口飲んでみると、これは以前自宅の近所にあった『西山ラーメン
(今はまるたかやになってる)でいつも食べてた”金艶味噌ラーメン”に似た味が。そう考えると芸は無いが、
決して嫌いではない味。いわゆるこってり系の味噌ラーメンって感じですね。
普段は醤油ラーメンしか食べないんですが、たまにこういうのが食べたくなるときがある。

西山ラーメンがなくなった今、代わりにこの系列店で食べるのも悪くないかな。


DSC01424

麺も個人的に好きな太めの麺で、ちょっとうれしい。


DSC01425

というわけで、ごちそうさまでした。
いつもなら麺がなくなってからスープを飲むことなんかしないんだけど、今回は違った。


DSC01429

ただ、あくまでもおれの中では”西山ラーメンの代替”でしかないけどね。
大盛りを頼んでも料金が変わらない(750円のまま)のはちょっと気に入ったけど。


滑川市にもあるようなので、今度は子供たちと行ってみようかな。



そういえば、メニューの写真にあった卵、入ってなかった・・・・。






Eye-Fi mobi カードを買った。


自分が写真を始めてから少し経ってから、カメラが Wi-Fi に対応するようになってきました。
カメラは写真さえ撮れればいい、他に余計な機能は必要ないとさえ思っていたんですが、
手持ちの PowerShot S110 や DSC-RX100M2 に Wi-Fi が内蔵されていたので、試しに使ってみたら
なかなか便利じゃないですか。RICOH の THETA も Wi-Fi でスマホと連携が大前提のカメラだし。

まあ、ペアリングにちょっと時間がかかるので、外出先だとモタついてしまいがちなのが難だけど、
無いよりは有ったほうが良い、というふうに考えが変わってきたので観念して買いました。

DSC01377

Eye-Fi mobiカード - 製品情報

増えすぎたカメラのおかげでメモリーカードを使い回しするようになって半年が過ぎていたこともあって、
一旦整理して1台に1枚ずつメモリーカードを用意しておきたくなったのが発端なんですけどね。
で、どうせ買うならコレだろうと。


DSC01378

導入方法は簡単。
まずカメラ本体の電源を入れてEye-Fiカードを挿入し、次にiPhone や Andorid端末に専用アプリを入れて
立ち上げると、”商品パッケージに記載のアクティベーションコードを入れなはれや”、と表示が出るので粛々と
10文字のコードを入力するだけ。
その後、スマホのネットワーク設定で接続先を "Eye-Fi Card~"に切り替え、つながったのが確認できたら、
あとはカメラのシャッターを切るたびに自動的にスマホに転送されていくので、
撮影してから SNS で公開するまでがとてもスムーズに行えて便利。


DSC01379

あまりにもあっさりと使えるので、何で今まで使わなかったんだろうと後悔しました(苦笑
転送されてきた写真はiPhone のカメラロールと同期しているので、不要ならば写真アイコンをタップして、
アルバムから削除できます。


DSC01382

いちおう NEX-7 で使うつもりでいますが、公式の対応カメラ一覧で調べてみると、
PENTAX の K-5II/IIs は動作未確認になっていました。 NEX-7 はもちろん大丈夫でしたよ。

せっかくなので、K-5IIs で使えるか試してみたら、ちゃんと使えることが分かったので参考まで。
個人的には使用頻度からいって NEX-7 でいいやと思っているのでどっちでも良かったです。



Eye-Fi Mobi 8GBEye-Fi Mobi 8GB
(2013/06/14)
Eye-Fi Japan

商品詳細を見る

あの日見た花の名前を僕達はまだ知らない


もういい歳したおっさんなんですが、びっくりするほど雑学に弱く、写真を趣味にしているわりに
樹木や草花の名前のほとんどが分からなくて、ただ撮っちゃっただけになっていました。

さすがにこれではつまんない人生になっちゃうだろうと思って、花の図鑑を買うことに。

DSC01373

「この花なに?」がひと目でわかる! お散歩 花図鑑 [単行本(ソフトカバー)] - Amazon.jp

お求めやすいお値段と、厚みはちょっとあるけど、コンパクトなサイズで散歩のお供にピッタリかと。
花を撮りに行ってから家で調べてみるのもいいかもね。


DSC01374

そういえば、そろそろ滑川市の行田公園まで花菖蒲を撮りに行かなきゃ、と思ってたんですが、
兼六園で有名なカキツバタも、同じアヤメの名前だったのね。
そしてその見分け方も写真入りで解説してあって、とても分かりやすい。

そして、春夏秋冬・花期ごとに紹介されているので、どの時期が見頃なのか分かるので、
時間の空いたときに、その時期に咲いている花を探しにぶらぶら散歩するのもいいですねぇ。

なんか完全に老後っぽいですが、花を見てただ ”きれい”とだけしか言えないで死ぬよりは、
いつか見た花を思い出しながらその名の由来を頭の中で反芻し、
今頃は兼六園もカキツバタがきれいだろうねぇ、とか言いながら死ぬほうが幸せだと思うんですよ。



免許更新の帰りに桐生珈琲に寄ろうとしたけど見つからなくて諦めて帰ってきたのが悔しかったから今度こそ行ってきた。


3月に実母と行くはずだった桐生珈琲の場所がようやく分かったのと、嫁が授乳期を終えたので
次男を保育所へ預けに行った帰りに行ってみました。

桐生珈琲 富山上飯野店

ちなみに前回のエピソードはコチラ


DSC01366

今日のお目当てはモーニングサービスでございます。
店内は落ち着いた雰囲気の照明(LED)で、BGMの音量はもうちょっと小さくても良かったかな、
疲れてて音に敏感になっているからかもしれませんが。

午前10時頃の入店でしたが、多くはないけれど人がそれなりに入ってましたね。
駐車場に車があまり停まっていなかったので、徒歩で来店する人が多いのかな。


DSC01367

さておき、”桐生ブレンド” いわゆるレギュラーコーヒー、今回はLサイズ(430円)をチョイス。
酸味のあるコーヒーって好きなんですが、ここのはまさにそんな感じの風味でございました。


DSC01368

嫁は普通サイズのコーヒー(380円)と、サンドイッチ(150円)のセット。
おれとは違って酸味のあるコーヒーは苦手なので不評でしたが、サンドイッチには満足してました。


DSC01369

おれはピザトースト(200円)を選びました。思っていたよりも大きくて軽く驚いたw


DSC01371

iPhone と比べたらこんな感じです。


DSC01372

自宅からだと北陸本線の下をくぐる地下道を通って、突き当りのT字路で長いこと信号で待たされるから
行くのにはちょっと気合いが必要な場所にありました。夕方とかには絶対来たくない。

まあ、今日よりもうちょっと元気だったら、読みかけの本でも持って行ってまた来てみようかな。


公式ページの地図は間違いで、正しくはこの位置です。
この場所、居抜きでしょっちゅう店が変わるから心配っちゃ心配だったりするんですが、
今日来てみた感じでは大丈夫な気がしました。



SEIN 01


DSC01363

家に帰ったら、何か届いていました。


DSC01364

ほほう、これは例の・・・。


DSC01359

と言うわけで、SIGMA 初の広報誌 "SEIN"(ザイン)が我が家にキタ!
たしか 初回分の発送条件は満たしてたような気がするんですが、来る気配がなかったのと、
そういう場合の購読方法の案内がメールで届いていたので、お言葉に甘えて返信してたんですよ。

返信から一週間くらい経ってたのと、忙しさにかまけて忘れていたので、
疲れてヘロヘロになって帰って来た身にはうれしいサプライズとなりました。


DSC01360

SIGMA 初の広報誌ということで、第1回目のインタビューは当然山木社長ご本人。
ろくろ回してたらどうしようかと思いましたが、ガチョーンしてましたね。


DSC01361

さておき、自分はカメラ歴が浅いので、SIGMA と言えば創業者の故・山木道弘氏ではなく、
現社長の山木和人氏なんですよね。
なので、こうしてリアルタイムでご自身の仕事へのコダワリに触れさせてもらえることで、
SIGMA というメーカーがより身近に感じられるようになりました。


さて、そろそろあのレンズ、注文するかなあ。


Do Androids Dream of Electric Sheep?

子供たちがおれの持ち物に手を触れることには(カメラ以外は)あまり抵抗がなかったので、
わりと好きなようにさせていた Nexus 7 (2013) ですが、ある日急に見当たらなくなって変だなと思ってたら・・・。


DSC01348

座布団の下に隠していたその上に座っただと・・・?
そこで試合終了とか言われてもいいから、あきらめましたけどね。
ああ、Raziko(Andoroid 専用アプリ)でサササラダが聴けない・・・。

たかがメインカメラをやられただけと思うなかれ、タッチパネル全体がうねって使い物にならない(泣
また買い直すにしても、今度は絶対に触らせないようにしないとキリがないなあ。

子供たちにとってのコイツの存在意義は Minecraft くらいしかなく、最近はPS3版にご執心だから
買い直したときには今度こそおれの手元から離さないでおけるかも。

買い直すのか・・・?


Amazonセール速報:Nexus7(2013)32GBモデルが約7000円値下げ!



フィルターアダプターを買って着けてハメた夜。


今年は不思議と仕事の休みの日に天候に恵まれ、カメラを持って出かけることが多くなりました。
そこで悩むのが太陽光下での期待色の確保。
これまでは後で Lightroom で現像することを頭に入れて、ある程度暗めのトーンで撮っていましたが、
家に帰ればなかなかそんな時間は作れません。

IMG_0027

というわけで、DSC-RX100M2 用にフィルターアダプターを付けて、各種フィルターを試してみることにしました。

VFA-49R1


IMG_0026

いっしょに買ったのはケンコーのPLフィルター(円偏光タイプ)。これで青空の色に鮮やかさを引き出したり、
新緑の葉の色の反射を抑えて本来の色を出してみようと思います。

兼六園に行ったとき、春の日差しに萌える木々を撮るのにちょっと苦労したのもキッカケの一つです。
気が付くと、まともな写真は木陰で撮ったものばかりだった(苦笑


IMG_0021

相変わらず、多国語で書かれたごっついマニュアルが同梱されていましたが、言葉なんか要らないぜ。
図面を見れば十分。


IMG_0007

内容物は、治具とフィルターアダプター本体にリムーバー、そしてベースリング。
白魚のような指の左手とカメラ本体は別売です。


IMG_0008

取り付けは本当に簡単。カメラ本体のレンズ部に治具を乗っけて、真ん中にベースリングを置くだけ。
あとは強力な両面テープで貼り付けるだけのシンプルさ。


IMG_0010

レンズ部はデリケートゾーンなので、無理に押し付けず馴染むまで放っておきましょう。


IMG_0012

で、さっそくフィルターアダプターをハメて、PLフィルターを装着してみました。
なんかサングラスっぽいんですけど・・・。これでちゃんと撮れるんかいな。
実際、フィルター無しよりも暗くなるので、シャッタースピードを遅めにすることになり、手ブレに気を付けないと
いけないみたいですね。


IMG_0013

さて、実写は次の休日に試すとして、今日のところは片付けて寝ようと思ったら、着けたままでは入らないことに
気が付きました。何にって、バンナイズのポーチに。


IMG_0015

仕方がないので、フィルターアダプターにPLフィルターを付けっぱなしにして、別のミニポーチに収納することに
しました。まあ、なんでもかんでもPLフィルター使えばいいってわけではないので、
ケース・バイ・ケースってことで。(ポーチだけど)

さてさて、次の休みが楽しみになって来ました。



あるぺん村 やぎ牧場

義母が採ってきた山菜を缶詰にするために、立山町まで行った帰りに寄り道してきました。

あるぺん村 やぎ牧場


DSC01327

この牧場は称名滝への一本道の途中にある道の駅の中にあります。
入場は無料ですが、餌のニンジンやクッキーは有料です。うまいことできてんなー。


DSC01324

あくまでも山羊がメインですが


DSC01294

ポニーもいました。
このポニーがなかなかのクセモノで、けっこうガツガツ来ますw


DSC01295

特にこのクリスチャン・ラッセンみたいなやつがタチが悪いです。
あんまりがっつくんで、長女がビビって手で餌をやるのを諦めました(苦笑


DSC01296

次男もおっかなびっくり挑戦しますが


DSC01297

指ごと持っていかれそうになって泣いてしまいました(笑


DSC01316

近くの土産物屋に巣を作っているツバメたちは人間を怖がりません。


DSC01317

しかし、こんなに長閑な場所にこんな牧場があっただなんて知らなかったな。
ちなみに富山地鉄立山線が傍を通っているんですが、途中その高架をくぐる場所が何か所かあり、
けっこう良い写真が撮れそうな感じでした。いつか独りで再訪しようかなと思いました。


DSC01325

長女が餌やりにハマってしまい、なかなか戻ってきません。


DSC01318

山羊って、ほんとちょこまかと動き回るものだから、写真撮るのも一苦労ですね。
蹄を撮りたかったんだけど、無理ゲーだった。


DSC01310

ハイジが飼ってたユキちゃんそっくりな子もいましたよ。


DSC01301

なんで、って偶蹄目の写真ばかり
撮るのかと不思議に思っていましたが、間近でみるとその面白さが分かる気がしてきました。

実は今まで気が付かないうちに DSC-RX100M2 の記録画像サイズを M:10M にしてたんですよね。
で、慌てて最高画質の L:20M にして撮ってみました。毛並みの解像感がヤバイな・・・。




炭火焼肉 こころ

物心ついたころから祖父に連れられて通っていたお店、『炭火焼肉 こころ』に行って来ました。
何気に久しぶり。
おばちゃん、元気かなあ。


DSC01287

わりと看板や暖簾に無頓着な感じですが、そこがいい。
何しろコテコテの”富山ブラック”ラーメンが人気なのに、それを大々的に謳わずにやってるんだもの。
地元情報誌のクーポン付ラーメン企画にもまず出てきません。
たぶん、おばちゃんがめんどくさいだけだろうと思うけど(苦笑 それでも最近はテレビの露出が増えました。


DSC01279

今日は長男のテニスの日で近くまで来たのですが、彼はここの味が苦手なので、長女と次男の3人だけで
来ました。カウンターの右から二番目か三番目が祖父の特等席だった(その日の気分による)。
昔この店で使われていたセルフの給水器が最悪で、氷も出てくるやつだったんだけど、
右端の席に座るとイルカショーの最前列みたいに水しぶきがかかっちゃうんだよね
さすがにあれから20年近く経った今は最新機種になってたけどw


DSC01272

今日は子供連れなので座敷に上がりました。古い店だけど、ちょいちょい内装の手入れをしていたらしく、
冷静に考えてみたら、少なくとも30年以上前からある店だとは思わないかもなあ。


DSC01274

後から知ったんですが、次男はこれが二度目の来店。あの濃い醤油ラーメンをこの歳でもう食したのか?
無茶しやがって・・・。


DSC01282

さて、思い出話とかはおいといて ドーン!
チャーシューメンの並・890円です。
いつもは大盛りとご飯までいっちゃうくらいなんですが、長女が食べ残すことを計算して並を選びました。


DSC01283

魚醤ベースのスープがねっとりと絡んだ中ちぢれ麺。ちぢれ麺大好きなんですよ~。
スープは昔はもうちょっと酸味があったはずですが、若干マイルドになった気がします。でも美味い。


DSC01284

柔らかめのチャーシューが大好きで、ここのが自分の中でリファレンスになってますね。
もう一軒美味しいお店があったけど閉店しちゃった・・・。


DSC01281

ゴタクはいいから、早く食わせろよ~
(基本的におしぼりもお冷もセルフなのですが、おばちゃんが気を利かせて何も言わなくても小皿まで持って来て
くれてありがたかったです)


DSC01285

次男が予想外に食うもんだから、おれの器の麺をほとんど持ってかれてしまいました(汗
まあ、うまいこと長女がギブアップしてくれたので、残り物でなんとかなりましたけどw


DSC01286

長男をテニススクールに置き去りにして、開店時間に合わせて来たんですが、いつしかカウンターも満席に。
テーブル席も半分埋まるくらいになっていました。
午前中からビールをジョッキでって、女は強しw


DSC01280

実は初めてメニュー見た(ぉ いつもはチャーシュー推しでそれ以外なかったけど、牛スジもあるのか!
これはご飯が捗りそうだ。今度来たら食べてみようっと。


DSC01288

というわけで、ごちそうさまでした。
たぶん、何も知らなければ通り過ぎちゃうくらいに着飾らないお店ですが、味は保証します。
おばちゃんの富山弁が心地くて和みます。近くにお立ち寄りの際は、ぜひどうぞ・・・


DSC01292

美味しかったね♪(おれはほとんどチャーシューしか食べてないけどな)




火曜日が定休日だから気をつけろ!


DSC-RX100M3 の国内発売が決定

つい前のめりになって記事にしてしまった後から、日本での正式発表が16日ということを知り、
ほどなくしてあれよあれよと情報が滝のように公開され、とどめは発売が今月30日とな!

DSC-RX100M3 | サイバーショット | ソニー

DSC-RX100M3.jpg

気になるお値段は 88,000(税抜) 。つまり今の時点では9万越えのコンデジか・・・。


DSC-RX100M2 と比べて羨ましいと思ったポイントとして、あのポップアップ式のファインダは当然ながら、
NDフィルターを内蔵(絞り値にして3段相当)していると聞いて思わずのけぞりました。

実は、愛機 "M2" 用に純正のフィルターアダプター 『VFA-49R1』 を注文したところだったんですよ・・・。
一緒に発注したのはケンコーのPLフィルターでしたけど・・・。

NDフィルターって何気に高価なので、正直ビビりましたよ。おそらくはタイムラプス使用時に活かせるん
でしょうかね。これならちょっとこの機会に遊んでみたくなる。
ただ単に機能を追加するだけではなく、それに必要とされると思われるものまで内蔵させちゃうん
だから、愛があるなあ。

とは言え、すぐに手に入れる甲斐性はないので、しばらくは実機動画でも眺めていましょうかね。




■FIRST LOOK_ Sony RX100 III Camera with built-in EVF
By Olivia Speranza & Kenta (Sony Digital Team) in "SGNL"



■Detailed hands on with the Cyber-shot_ RX100 III
By Ben Pilling (Technical Marketing Manager : Sony Europe)



■TCSTV Shorts_ Sony RX100 Mark III First Look
By Chris Niccolls : The Camera Store TV



ソニー サイバーショット DSC-RX100M3ソニー サイバーショット DSC-RX100M3


商品詳細を見る

東京カメラ部 10選 2014 写真展

― 1億人が選らんだ、10枚。―

TCC2014.jpg

というわけで、2014年6月18日(水)~6月30日(月)までの13日間、渋谷ヒカリエにて東京カメラ部の写真展が
開催されます。


2014 Tokyo Camera Club Photo Exhibition


東京カメラ部とは、ウィルヴィー株式会社がFacebook上で運営する、写真好きの写真好きによる写真好きのための
写真投稿・閲覧ページのことなのだ!
( ちなみに富山県民でも入部できました。)

そしてそのページ内でクチコミ度の高かった厳選10作品がネットを飛び出して、実際に展示されて誰でも観ることが
できるのが今回の写真展なのだ!

会期がそこそこ長いので、行けるチャンスがないか様子を窺っているところですが、19日(木)あたりに
日帰りでシュシュッと参上できたらいいんだけどなあと思っています。
(ちなみにおれの作品が展示されてるわけなんかないです。)

個人的にものすごく肉眼で観てみたいのは、小池ひとみさんと栗田ゆがさんの作品。
どちらも自分の苦手な星空または風景写真を撮られる方で、その1枚1枚の構成力たるや、一度目にすると
しばらく時間を忘れて眺めていたくなるくらいに素晴らしい。

おれは、どちらかというと日常自分が目にしたものをあまり手を加えずに残す派なので、
全然ジャンルもレベルも違うんですけど、写真を趣味のひとつとしたことで知った作品と撮影者の方の持つ空気に
触れられる機会を逃したくはないですねえ・・・。

往復の時間割はすでに作ったけど、渋谷って完全にアウェイなので、これ観たあとどうしようか計画が練れずに
悶々としています。





北越急行株式会社 ほくほく線 時刻表 『六日町・越後湯沢・東京方面』/『犀潟・直江津・金沢方面

えきから時刻表 JR湘南新宿ライン 大宮駅発 時刻表


DSC-RX100M3

うわさ話("rumors")をネタにするのはキライな主義なので今まで触れずにいましたが、
愛機 DSC-RX100M2 の後継となる "DSC-RX100M3"の新製品発表が、ロンドン時間の5月15日に
行われると知って、内心穏やかではなかった今日この頃です。

早川厚志氏著の『新定番! iPhone アプリガイド』にて紹介されていた、「世界時差時計」で現地時刻をチェックし、
漏れ伝わって来るヨーロッパ圏・カナダ圏の価格を同じく「Currency」で日本のレートに換算しては、
いつ正式に発表になるのか溜息ついて震えていました(ぉ
ちなみに米ドルでは849.99(86,650円)、カナダ・ドルでは899.99(84,300円)だそうで。
いずれも5月15日の為替レートです。

pSNYNA-DSCRX100M3_alternate2_v500.png

で、公式(カナダ)画像が、これ。
うわさ通りに ファインダーを内蔵してきやがった・・・。代わりにアクセサリシューはバイバイっと。
ストロボがなんだか頼りない感じになってますが、個人的にはフラッシュ焚かない派なので気にしません。
外観的には M1 と M2 を足して2で割った感じですね。
もともとチルト式液晶搭載のコンパクトなカメラが欲しくて DSC-RX100M2 を選んだ身としては、
マルチ・インタフェース互換のアクセサリにはそれほど興味がないので、今回の仕様変更は
より自分の理想に近いものとなっちゃっててヤヴァイです。


pSNYNA-DSCRX100M3_alternate4_v500.png

このファインダーの見え方がどんな塩梅なのか、とても楽しみですね。
外観の第一印象で言うと「FDA-EV1MK」の方が(高価だけど)頼もしそうだなあw


pSNYNA-DSCRX100M3_alternate9_v500.png

いちばん驚いたのが、この自分撮りも出来るようになったチルト式液晶モニタ。もしかして、
今までレンズ交換たことない・結局必要としなかった NEX ユーザーが食いついちゃうんじゃないかしら?

これがあれば兼六園で嫁とラブラブで高精細なツーショット写真撮れたんだよなあ・・・。

サイズ的にはM2 が 幅101.6 x 高58.1 x 奥38.3mmで、 M3 は幅101.6 x 高58.1 x 奥41.0mm !
厚みが約2.7mm増した感じですが、これがボディ側なのかレンズ側なのかは実機で確認したいところ。
ちなみに重さはバッテリー+メモリ込みで約281gから約290gに。大して変わってない!

肝心のレンズ性能が、これまた従来の 28-100mm相当 の f/1.8(W) -4.9(T) の Carl Zeiss Vario - Sonnar T* から、
24-70mm 相当の f/1.8(W)-f/2.8(T) に。個人的には100mmまでの画角は要らなかったので、ちょうどいい感じ。
で、これのどこがすごいのかというと、一般のレンズってズームすると暗くなるのが普通なんですよね。
なので 露出(SS) や感度(ISO) と相談しないといけないんですが、それを咄嗟にやるとなるとついブレたり
ノイズが目立ったりすることがあります。(マニュアル露出派なので・・・)

でもズームしても f値が2.8もあることで、露出(SS)を稼げて手ブレしにくくなり、いろんな場面で扱いやすくなります。
これは羨ましいアップデートですね~。

また兼六園の話になりますが、園内の小川にカキツバタが咲いていてですね、これを撮ろうと思うと
実は散策路からちょっと距離があるんですよ。他にもそういう場所が意外と多いんです。
そういう状況でズーミングしても暗くなるし、かといって ISO を上げると白飛びして見づらいし、
シャッター・スピードを遅くするとブレてしまう。しまいにモタモタしてると嫁に置いていかれるしというわけで、
あのときこれがあれば、もっと気ままに自分の感性の趣くままに写真撮れたかなあ、と。


さすがにスタート 8万円近くからだとそうそう買い換えできませんし、おれはまだ半年しか M2 を使っていないので、
”もしも” 買い換え or 買い増しをするとしたら、価格のこなれたころであろう1年後くらいかな。


デジカメinfo:ソニーアーカイブ「DSC-RX100M3

兼六園に行ってきた。

イノベーションをリーディングしている某家電メーカー主催のセミナーを受講するため、金沢までやって来ました。
4月から次男を保育所に預けているので、時間に余裕のできた嫁もついでに連れて来て、午後からの受講まで
兼六園の見学をすることに。

ちなみにランチの場所だけ考えていて、兼六園に行くと決めたのは不動寺のSAでトイレ休憩してたときという
くらい、いつになくノープラン観光。


DSC01254

兼六園といえばここ、”徽軫灯籠”(ことじとうろう)だよね。外国人観光客が多すぎて通り過ぎかけたけど。


DSC01180

灯篭や美しい池、冬の雪囲いも有名な兼六園ですが、個人的にツボだったのは苔の醸し出す風情。
苔フェチなら絶対おススメです。偉い人には分からんのです。


DSC01182

北陸随一の観光地とあって、バスで来た外国人観光客の一団がガイドに連れられてぞろぞろと歩いていました。
でもこの時期のここへ来るなんて、ツアー代も安かったのかな。
まあ、おれも紅葉や雪の降る季節にはここへは来る気しないから、来てくれてありがとうと言いたい。


DSC01187

ツアー客向けのガイドの案内するルートを離れると静かなもので、カモがリラックスして休んでいました。


DSC01190

実は兼六園に来るのは初めてで、よく手入れされた園内、美しい池など見所は予想以上にありました。
新緑の季節ならでは清々しい空気に触れられてとても良かったです。意外とこの時期穴場かも。
駐車場も混んでないしね。


DSC01191

ここはたぶん雪囲いで有名な松なのかな。支柱がないと自立できない姿はまるで大型のガンプラのようでした。


DSC01192

値上がり、もとい根上りの松です。”根上り”というのは根っこが地表に露出したさまを言い、
松井秀喜(同い年・奥さんの実家はウチの実家の近所)の出身地・根上町の由来ともなっているそうです。


DSC01193

園内の手入れをされている方たち。お疲れさまでーす。


DSC01200

ツツジはいろんな公園で見かけるぶん、親近感がありますね。育てやすいのかな。


DSC01205

光と影の対比のあるところに写欲の湧く今日この頃。前日は雨だったのによくここまで天候が回復してくれました。


DSC01208

ガイドが案内しないようなルートを歩いていると、ほんと時間が止まっているように感じます。


DSC01212

苔、良いねえ~。でも NEX と SIGMA のレンズならもっと濃い空気感のある写真が撮れたかも。
GR を短い使用期間で手放したのは、ここまでの緑色の深みを感じなかったから。


DSC01220

京都の五重塔を模したと謂われる「御室の塔」


DSC01221

しかし、スタスタと歩く嫁のせいで納得のいく構図を決められないまま園内を歩き回ります。
こっちはまだ完治してないんだってばよ。


DSC01223

そういえば、スマホで撮ってる人も多かったかもなあ。年配の人は望遠レンズ一体型のカメラが多かったし、
外国人でも若い人はたいていスマホだった。一眼レフ持って来てる人は今日に限っては少なかったと思う。

さておき、いつもなら子供を抱きかかえているか、危ないところへ行かないか気を休めるゆとりもない
観光ばかりだったけど、今日は久しぶりに自分のペースを満喫できて嫁的に良かったと思う。


DSC01225

有機物と無機物の一体化した姿。なんだかサイボーグ的。


DSC01230

スズメの行水なんて初めて見た。カラスよりは長かったと思います。
そうそう、兼六園ってカラスいないんですよ。トンビがいるからかもしれませんし、ゴミ処理を徹底しているから
かもしれませんが、あとから思い返してみると兼六園って本当に嫌味のない凛とした清潔さでした。


DSC01234

戦争末期に航空機の燃料にするために松脂を採ったという松。そこまでしないといけないくらい追い込まれていた
のかと考えらさせれました。百田尚樹の「永遠の0」でもそういうエピソードがあったかも。


DSC01239

金沢市内って、戦火で焼けなかったせいか道路がゴチャゴチャしていて、よほどの用事がないと来る気も
起きないんですが、高台にあるここだけは静かで雰囲気が違いますね。


DSC01240

とか感慨にふけっていると、ペアルックの女子発見!
嫁と「双子じゃね?」とか後ろでヒソヒソ言っていると、


DSC01244a

なぜかシャッターをお願いされる嫁(爆笑 
しっかし他人にシャッター押してもらうのにこのポーズを平気で取れるなんて素晴らしいw
ちなみに顔かたちが全然違ったので、たぶん友達かなんかでしょうね。
むしろ友達以上であってほしくない。


DSC01249

池のほとりで素敵な外国人の老夫婦を見かけました。旦那さんは動画担当、奥さんは静止画担当のようです。
二人の会話からドイツ系とみましたが、奥さんは日本語が少し通じるようでした。
こんな風に二人で年齢を重ねて、海外旅行に行くのって良いよね。

言葉が通じないなりに何か話そうと思ったけど、邪魔するのは無粋と思ってやめときました。

DSC01261


兼六園でだいぶのんびりし過ぎたので、慌てて用務先へ向かう前に腹ごしらえ。

2年くらい前に仕事のついでに来たことがある、中央卸売市場前の神仙を目指してやって来たんですが、
人気店だけあって行列ができていました。結局あきらめて向かいの三郎太に入ることに。


DSC01256

どうやらここは、今年の2月に上諸江から移転した模様。以前はカレー侍だった店舗へ居抜きで入ったみたい。
さて、行き当たりばったりで入ったけど、大当たりなのか大外れなのか、さ~さどれ?


DSC01257

嫁は天丼をチョイス。そういえばどこかへ行ったときも天丼頼んだ身内がいたような気がするなあ。

ちなみにこの店は大当たりでした。


DSC01259

おれは最近生魚を腹に入れていないので海鮮丼を注文しました。看板に”天ぷらと天丼の店”と書いてあったのを
スルーしたせいか、なかなか出て来なかった。美味しかったけど。

出て来た丼の写真を撮っていると、「沈黙のグルメ」みたいだねと嫁に言われましたが、
純子、それ松重豊やないスティーブン・セガールや、とは言い出せませんでした。


DSC01260

メニュー表にはウニ入りで写真が載ってたのですが、出て来たのはウニ抜きでした。
朝ごはんを食べる時間がなく、とにかく空腹でかきこむように食べていたところ、「ごめんね、忘れてた」と
おばちゃんがウニを持って来られました。いいよ、おれも忘れてたから。
ていうか、ウニって動物園の味がするんだね。


仕事柄、土日に休みを取りにくいんだけど、逆に土日休みだと子供たちに振り回されて一日終わっちゃうので、
こうして何かのついででもいいから、平日にぶらっと二人でどこかへ行けるのも良いなあと思いました。

(嫁はこの後、問屋町で切り離され、直江近辺を2時間ブラブラ歩いて日除けに百均でダサい帽子買って、
直江の100満ボルトの1階で涼んでました)

富山県中央植物園

ふと思い立って、富山県中央植物園に行ってきました。

DSC01062

富山県中央植物園

ちょうどこの日は「県民ふるさとの日記念」(なんだそれ)的な感じで、3日間だけ無料開放される日の
初日だったらしく、平日の昼間なのにも関わらず駐車場では交通整理のおっさん数人がピリピリした空気を
漂わせながら来場者の車を誘導していました。


DSC01178

今日のお供は先日入手した NEX-5N に METABONES のマウントアダプターを経由した CONTAX の
Gレンズ、Carl Zeiss Biogon T* 28mm F2.8 と、DSC-RX100M2 と保険で持ってきた NEX-7
これがまた NEX-5N がよく撮れるんですわ、F2.8、ISO オートで絞り優先決め打ちで持ち歩いてたんですが、
撮れ高には満足のいく結果となりました。


DSC01012

Datura versicolor cv.
ダツラ・ヴェルシコロール(ナス科)


DSC01015

植物の知識がほとんどないので、もう純粋に目を惹いたら撮るって感じで、ぶらぶら園内を歩きました。
それにしてもこの色合いはクセになりそうだな・・・。


DSC01016

ランのプチ展示会もやっていたようで、温室内で何種類か観ることができました。
これは Dendrobium デンドロビウム。名前だけならなぜか良く知ってた。←


DSC01017

MFアシストを積極的に使っている写真と、ピーキングの強弱で適当にシャッターを切った写真ではだいぶ
違うことを実感しつつ・・・。これでもちゃんと鑑賞してますよ。でも、時期的に見ごろが少なかったかな。


DSC01020

”光を捉える”って難しいけど、楽しいよね。「ここだ!」という場所を見つけたときはワクワクする。


DSC01025

DSC01026


DSC01030

実はここ、田中達也さんの『ミニチュアカレンダー』をちょっと髣髴させていて面白かったんですよね。
ミニチュアが吊り橋を渡る光景を思い浮かべていました。


DSC01036

園内は傷めている足を労って、なるべく土や芝生のあるところを歩いていました。
ときどきベンチに腰掛けて空気を吸うのも気持ちいい。いかに普段の仕事環境がキツイか身に染みた。
やっぱり人間、太陽の光を浴びながら土の上を歩かなきゃね。


DSC01038

藤はもう見ごろを過ぎていましたね。


DSC01039

チューリップの展示が雑だった。


DSC01044

このレンズが大好きになった1枚。不思議なボケが撮れて面白い。


DSC01045

周辺の光量落ちは、まあこんなもんかな。マゼンタ被りが NEX-7 ほど気がつかないので、この組み合わせは
やっぱり正解かと。散歩カメラには贅沢かもしれないけれど、思い出深い写真が撮れるとみた。
オールドレンズにハマるとはこういうことか!


DSC01046

えーと、ここどこだっけな・・・。←迷った


DSC01047

おお、なんだか古い友人に会った気がする!
実は2年前の今と同じ時期にここへ来て、この品種の写真を撮っていたんですよ。


IMGP1258

Musella lasiocarpa 地涌金蓮
PENTAX K-5 & SIGMA 18-200mm F3.5-6.3 II DC f/5.6 1/400sec. ISO200

写真を始めたばかりのころに撮ったことがあるんだけど、今の感覚なら、この設定はナイな(苦笑


DSC01052

あれから2年経って、同じ被写体をこう切り取るようになりました。


受付でもらったきり見なかったけど、これから行かれる方、参考にどうぞ↓

annai01.jpg

annai02.jpg

okugai.jpg

onshitsu.jpg






男において


断乳後の次男の夜泣きがひどく、そのわりには朝はケロッとして起きてくるので軽くイラつく日々を
過ごして来ましたが、ある日ブックオフで買った「はたらくくるま30」という本を見せに枕元にやってきた
(朝5時)のを思い出して、夜泣き対策にトミカを3台用意しました。

DSC01174


長男の幼い時期にもトミカで遊んでた気がするのですが、彼は与えられたものでは滅多に遊ばない子だったので、
それほど長続きしなかった記憶が。唯一成功したのがトイザ◯スで買った500円のパンダのぬいぐるみ。
今でもそれを大事に持っていますが、相変わらずほとんど物をねだらない欲のない性格のままです。

そんな兄貴とは違って、散歩中に近所で家を建てている現場に出くわしたとき、重機をガン見してた次男。
けたたましくサイレンを鳴らしながら走る救急車やパトカーを興味津々に目で追ったりと、
素直に男の子らしく育つような気がしてきました。

まあ、大きな怪我とかしないで、風邪も長引かずに健康でさえあってくれれば、それ以上何も望んではないけどね。



男のくせに 泣くんじゃない
子供の頃に 言われる言葉
死にたい程に 悲しい時は
涙の代わりに 浮かべてきた

もう少し 時間があったら
僕のことを 好きになる
もう少し あと 少し そばにいて

優しい人ね いい人ね
大人になって 聞かされてきた
孤立無援の ぼくのまわりは
笑顔の代わりに なるものがない

もう少し 勇気があったら
君のことを 好きになる
もう少し あと 少し ここにいて

男をやめて しまえるのなら
君といるくらい しあわせだろう

もう少し 素直になれたら
自分のこと 好きになる
もう少し あと少し そばにいたい


高橋幸宏/『男において』 "LIFE TIME HAPPY TIME"(1992)
作詞:鈴木慶一/作曲:高橋幸宏



ちなみに、トミカを買って来たその日以来、夜泣きもせずにおりこうさんのまま朝を迎えてしまい、
あやすときの秘密兵器というわけにはいかず、逆につまんなかったです(苦笑


そして、この記事を書いている今(夜0:00)もスヤスヤと眠っています。


富山県民福祉公園-太閤山ランド-

前回ここへ来たのも、去年の今頃と同じような時期だったと思いますが、GW最終日に休みをもらえたので
長女のリクエストで遊びに来てしまいました。

我が家の遠出は先月の十日町ツアーでお腹いっぱいなので、今日は近場でのんびりと、ね。

県民福祉公園 太閤山ランド


DSC01126

入場してすぐに2匹のトイプードルと出会いました。先頭の子は不愛想でしたが、後続の子は愛想良くて
かわいかったです。ちなみに名前は”きなこ”ちゃんだそうです(実話)


DSC01127

ここはセンサーでモーゼのような気分を味わえるゾーン。でも1歳児(来月で2歳になるけど)をここで歩かせるのは
いろんな意味で危険すぎますね。着替え持って来てないし。


DSC01128

長男はすっかりママの身長を越えてしまった・・・。


DSC01129

今日は DSC-RX100M2 を F2.8 しばりで使うことにしました。一部ダイヤルを触ってしまって F3.5 になって
ますが細かいことは気にない方向で(笑


DSC01130

相変わらずグレーチング大好きっ子な次男。風邪気味でしたが、せっかくの天気なので連れて来ました。


DSC01131

風がちょっと冷たいけど、良いピクニック日和だわ~


DSC01134

歩かせようと思ったら、靴を左右逆に履かせていたことに気づいて慌てて直すの巻(苦笑


DSC01135

気を取り直して園内にある施設「こども未来館」へ。


DSC01136

「こども未来館」へと向かう階段の手すりには鉄琴のようなギミックが仕込んであります。
去年来た時はまったく興味を持ってくれなかったのですが、今日はなかなかこの場から離れてくれなかった(苦笑


DSC01137

そういえば、家族いっしょに遊ぶのも久しぶりかもなあ。次男もだいぶ成長してきたから連れ出しやすくなった。


DSC01139

お昼ご飯を食べて来なかったので、休憩スペースの売店でおにぎりを買って食事を済ませました。
それにしても、周りの大人たちのほとんどがスマホの画面に夢中で、気味悪かった・・・。
自分もその中の1人になりかねないってことを考えたらゾッとした。


DSC01142

せっかく子供と来たんだから、いっしょに遊ばなきゃね!
・・・と言いながら、傷めた足が完治していなくて、遊具で遊ぼうとしたら激痛が走って即リタイア(汗
立ち仕事でずっと苛めているから治りも遅いね。


DSC01146

人が多すぎて酸素の薄い「こども未来館」を出て、今度は展望台に向かいます。
いいなあ、みんなフットワーク軽くて。


DSC01148

来年、また来るころにはもう抱っこはナシだぜ?


DSC00118

そういえば、去年草を食ってたのはこの辺りだったかな。


DSC01153

とか思いながら展望台に到着。展望階が標高92メートル(地面からは32メートルくらい)にもなる
チン寒スポットでーす。しっかし本当に天気いいなあー


DSC01155

というわけで、展望階に登りました。えれべーたーあつい。


DSC01156

さすが地上32メートルもあると人がゴミry グレンダイザーに乗ったらきっとこんな視界なんだろうなあ。


DSC01157

展望台の東側の奥には呉羽山が見えます。山を削って道路を作ったあの辺り、混むんだよねー。


DSC01159

グレーチングと勘違いして寝そべっていますが、ここ地上32メートルでっせハルキさん!
アクリル板が劣化して怖さが半減しているけれど、昔来たときはメチャクチャ怖かったんだから!!


DSC01160

南側より北側を臨む。いや、早く向こう側行きたいんだけど、次男が動かなくて(苦笑


DSC01161

怖いもの知らずほど恐ろしいものはないよね。


DSC01162

なんとかなだめすかして北側へ到着。よーく見ると新湊大橋が見えます。
これがコンデジの解像度かと思うと本当に RX100M2 はすごいよね。たぶん今月中に発表される "M3" も
気になるところですが、買い換えは躊躇するなあ。いろんな所に一緒に来たしね。NEX-7 もそう。


DSC01163

無料で使用できる望遠鏡は安定のKOWA製。
キャベジン作ってる会社が望遠鏡も扱ってるなんてすごいよね。


DSC01164

こんなのが6人もいたら気が狂うだろうなあ・・・。内心『燃えよドラゴン』を思い出してたけど黙ってました。


DSC01168

眺望を満喫したあとは、園内を巡回するトレーン(有料)で駐車場まで戻ります。
運転手と車掌の仕切りがグダグダで不安になりましたが、ドライビング・テクニックはソツがなかったです。


DSC01170

のんびり走るトレーンに揺られて眠る次男。微熱だったけどよく頑張った。


DSC01171

太閤山ランドのJETトレーン乗ってる。シルバー人材センターに仕事探しに行って紹介された瞬間に即決した。
カッコイイ、マジで。そして遅い。アクセルを踏むと走り出す、マジで。ちょっと感動。


DSC01173


こういうデザインのベンチは、ここよりもファミリーパークの方がウケると思うよ。









『新定番! iPhone アプリガイド』を活用してみた。

早川厚志氏 著の『エリア/シチュエーション別「近くで人気」アプリを現地調査 新定番! iPhone アプリガイド
iPhone/iPad/iPad mini対応 iOS 7/2014年版』を参考に、本書で紹介されているアプリをいくつか
入れてみました。
いちおう無料のものを厳選。

IMG_9181.jpg

エリア/シチュエーション別「近くで人気」アプリを現地調査 新定番! iPhoneアプリガイド iPhone/iPad/
iPad mini対応 iOS 7/2014年版



本書は「ビジネス」「交通」「生活・日常」「旅行」といったカテゴリー別にアプリを紹介しています。
これは App Store の”近くで人気”検索機能に準じたもので、自分の現在地がどういう区分かによってヒットする
アプリが変わります。
今回はガイドブックの内容を順に追っていくことで、今まで取りこぼしてきた便利そうなアプリを拾っていこう
と思います。

というわけで、さっそく「ビジネス」から”オフィス街”で人気のアプリをチェック。


IMG_9238.png

■ "Currency" - 100以上の国の通貨を最新の為替レートで換算(13P)

海外に行くことも、たぶん死ぬまでにあと1回あるかないかですが、通貨レートを調べるためだけでも
良いと思って入れました。通販のときにでも役に立つかなあ。


IMG_9237.png

■ "山手線 Exit" - 目的地にもっとも近い出口と乗り換えやすい車両を確認(22P)

東京に行くのは年1回程度なんですが、電車の乗換シミュレーションが趣味なので入れてみました。
このアプリだと、降車駅から効率よく目的の方面へ向かうことができるよう、最適な車両を表示して
くれるのでとても便利だと思います。
年に1回しか使わないだろうし、今年は山手線乗らなかったけどいいんです。
個人的にはこれの大阪環状線 Ver. があるといいな。


IMG_9239.png

■ "世界時差時計" - 世界中の今の時刻と任意の時刻がスグわかる(23P)

海外に行k(ry 外国での出来事が起きたときの日本時間を知るために入れてみました。
まあ、豆知識程度に役に立てばいいかなと。


続いて「交通」編。”ターミナル駅”で人気のアプリをチェック。


IMG_9240.png

■ "駅すぱあと 無料乗換案内" - 路線図や時刻表を備えた経路検索ツール(40P)

この手のアプリは本当に大好きで、既に「乗換案内」や「乗換ナビ」も入れてあるんですが、
シミュレーションするときの選択肢の一つとして入れてみました。まあ、あんまり種類があっても余計迷う
だけなので、試してみて信頼できるようであれば絞ってみようかなと。
あと、電車に限らず飛行機や路線バスでの経路検索もできるので、大がかりな旅行には便利かな。


IMG_9241.png

■ "まるごと路線図" - 大都市近郊の列車路線図をスマートに持ち歩く(46P)

デフォルトでは「東京近郊」の路線図しかプリインストールされていませんが、大阪や名古屋・福岡の路線図を
追加でインストール(無料)することができます。アプリ内課金を利用すれば新幹線や私鉄の停車駅案内の追加も
できます。たとえば京成なら 300円 で購入といった感じに。
ただ、有料コンテンツのリストに金額が併記されていないので、実際にタップするまで幾らか分からないのは
不親切だと思いました。

いきなり飛んで「生活・日常」編。繁華街にはほとんど行かないし、行ってもアプリには頼らないのでスルー。
飛行機にも乗る機会がないので空港系アプリの紹介も読み飛ばしちゃいました。


IMG_9242.png

■ "QRコードリーダ" - QRコードの読み取りやQRコードの作成をサポート(110P)

iPhone のカメラにはQRコードを読み込む機能がありません。それで今まで困ったことは特にないのですが、
あったら便利だろうと思ってインストール。ドリンク類の景品キャンペーンなんかに応募するときとかに
使えそうかな。あと、家電量販店でも"QRコードで商品説明"というような試みがあったとかなかったとか
聞いたことがあったような。


IMG_9243.png

■ "Tポイント" - Tポイントの貯まるお店を地図で確認しクーポン入手(111P)

転勤してローソンを一店舗も見かけない、サンクスばかりの地域に通うことになったので導入。
クーポンっていちいちチェックするのめんどくさいからキライなんだけど、まあいいか。
ポイントを貯めれば TSUTAYA で映画のBD買うときに助かるしね。


IMG_9244.png

■ "FusionCalc2" - 計算した数字にメモ付きで並べておける電卓アプリ(116P)

出張や遠征の計画を立てるときに、交通費や食費・宿泊なんかを計算しますが、それらを画面上部のスペースに
メモとして貼りつけながら計算のできる便利な電卓。
標準アプリの電卓が使いにくくてイライラしていたので、これは良い感じのアプリを見つけることができました。


IMG_9245.png

■ "SAPAナビ" - 全国のSA/PAを検索し、詳細情報を素早くチェック(180P)

「休日」編・パーキングで人気というアプリということで、まあそらそうやな。
恥ずかしながら高速道路の「上り」「下り」のことがよく分からないので、これは便利だった―。
あと、旅行の計画立案のときにどこで休憩するか考えやすいですね。


IMG_9246.png

■ "i Highway 交通情報" - 高速道路の渋滞情報やルート、料金、距離を検索(185P)

NEXCO西日本公式アプリで、高速道路の経路図とともに事故で通行止めになっている区間が一目で
分かるようになっていますが、マップを拡大した時の解像度が低くて微妙な気持ちになりました。
道路上やSASA、じゃなかったSA/PAに設置されたカメラからの映像で混雑状況をチェックできますが、
大まかな地域のみなので、完成度としてはボチボチといったところ。
公式なので信頼性に担保する感じになりますかね。


IMG_9247.png

■ "ユニバーサル・スタジオ・ジャパンⓇ公式アプリ" - USJを満喫するための便利なサポートアプリ(193P)

"レジャー施設で人気"くくりのアプリ。USJへは近い将来行くことになるだろうと思うので、事前予習のために
入れてみました。基本的に旅行のときのスケジュールは目的地への到着間と滞在時間のおおよその目安だけを決め、
あとはわりとフリーダムな感じで行くんですが、あまり”どの時間にどのアトラクションに乗る”まで
絞っちゃうのは単に予定をトレースするだけの作業になってしまってつまんなくなります。
なので、あくまでもシミュレーション程度に留めようっと。


IMG_9248.png

■ "東京メトロアプリ" - 東京メトロ各駅の時刻表、出口案内、乗車位置を表示(242P)

お前どんだけ都会の公共交通機関の乗換好きなんだよって感じですが、実は地下鉄がキライなのを
克服しようと思ってインストールしました。どちらかというと大阪の地下鉄の乗換は得意なんですけど、
東京では果たしてどうでしょう?



さて、こんな感じで偏った選択になりましたが、これは使用者の嗜好も反映するものなので問題なしw
大体この手のアプリ紹介本ってどこにでもあるもんですけど、イマイチ内容が信頼できなくて。
でも、この『新定番! iPhone アプリガイド』は信頼のおける人の書いたガイドなので、
とても安心して読むことができました。


新定番! iPhone アプリガイド/早川厚志


iPhone を使うようになってから4年も経つと、さすがに普段使いのアプリも絞られてきて、
滅多に新しく追加することもなくなりましたが、知り合いの方が良い感じのガイド本を上梓されたので、
ちょっと頭の整理がてらに買ってみました。

ちなみに Kindle 版もありますが、手持ちのNexus7 の液晶を子供に割られてしまい戦闘不能になったため
リアル本屋でリアル本をゲット。


DSC01108


”みんなが使っている”という意味にピンと来なかったんですが、なるほど "App Store " を起ち上げて
「近くで人気」というところをタップすると、現在自分のいる位置情報から付近でよく利用されているアプリを
探してくれるんですね。

その付近というのが重要で、例えば出張先で土地勘のない駅近くにいるなら、路線図や乗換案内や切符の
予約ができるアプリを、繁華街に踏み込んだならば飲食店を検索してくれるアプリを、といった感じに
ユーザーの位置情報からより的を絞ったアプリを見つけてくれる。本書はそれらをまとめて紹介してくれています。

が、行き当たりばったりほどリスクが大きいものはありません。事前にいかに情報を仕入れておくことが、
自分の生活圏外で行動することになった場合に無駄な時間を過ごさずに済む、大きな武器になります。
アプリにも当たり外れってあるからね。この本なら試してみて目的に沿う沿わないも予習できるから便利かと。


DSC01104

しかし、見た目も似てるなあと思ってたら実年齢もほぼ一緒じゃね?(内輪ネタ)
ということに気付いたりとか、この本面白いです。



エリア/シチュエーション別「近くで人気」アプリを現地調査 新定番! iPhoneアプリガイド iPhone/iPad/iPad mini対応 iOS 7/2014年版エリア/シチュエーション別「近くで人気」アプリを現地調査 新定番! iPhoneアプリガイド iPhone/iPad/iPad mini対応 iOS 7/2014年版
(2014/04/29)
早川厚志

商品詳細を見る



Amazing Spider-Man

- With great power comes great responsibility. -
(大いなる力には、大いなる責任がともなう)


”リブート”って便利な言葉だよね。”リメイク”とやってることは同じように思えて実はちょっと違う的な。

アメイジング・スパイダーマン


DSC00009_201405020939091d1.jpg

サム・ライミによる(結果的に)3部作の後に製作された”新”スパイダーマン。
現在2作目を劇場公開中ですが、タイアップとしてTV放映された1作目をようやく視聴。甦る金ロー。

前シリーズも好きでしたが、いい加減ちょっと飽きてきた感もあったので、今回のリブートに関しては
その手があったか!と感嘆したものです。
まあ、よく考えてみれば「ハルク」もエリック・バナ版から5年でエドワード・ノートンに代わったしね。
ちっともおかしいことじゃない。

さておき、”アメイジング”は共演者というか、主人公以外の登場人物の描き方が良い感じに変わったと
思いました。メイおばさんの「連れ合いを亡くした苦悩」というのがよく描かれていると思うし、
サム・ライミ版で同じ役を演じたローズマリー・ハリスのほうが好きっちゃ好きだけど、物語上のリアリティを
考えるならサリー・フィールドの「忘れたいけれど辛すぎて眠ることもできない」という演技のほうが
よっぽど重みを感じますね。

また、ベン伯父さんを殺した犯人の描き方もサム・ライミ版では3作目に登場するサンドマン登場への伏線
の関係もあってぼかした感じで、そんな状態で主人公が責任を感じることに共感を得られなかったのですが、
”アメイジング”はそのへんが分かりやすくて感情移入がしやすいです。

軽く驚いたのが、『ライフ・オブ・パイ/トラと漂流した227日』のイルファン・カーンが出演していたこと。
実は『ライフ・オブ・パイ』には前作のピーター・パーカー:スパイダーマン役のトビー・マグワイアが
出演するはずだったのですが、ちょっとした事情で彼の主演シーンが他の俳優に挿し替えられてしまいました。
そんなエピソードもあって、スパイダーマンと『ライフ・オブ・パイ』には因縁があるんですよね。


新監督のマーク・ウェブはミュージック・ビデオ出身ということですが、調べてみたらダニエル・パウターの
"Bad Day"を演出してるじゃないですか。地味にタメ年なんですけど、キャリアに嫉妬しました(ぉ

ほかにも細かい部分で比較すればするほど、サム・ライミ版との違いを純粋に楽しめるので、
時間があったら劇場にも足を運んでみたいですね。






ベスト・オブ・ミー~ベスト・オブ・ダニエル・パウター(初回限定スペシャル・プライス盤)ベスト・オブ・ミー~ベスト・オブ・ダニエル・パウター(初回限定スペシャル・プライス盤)
(2010/12/08)
ダニエル・パウター

商品詳細を見る


Frozen : ORIGINAL SOUND TRACK - DELUXE EDITION -


なんかー、仕事帰りに滑川(なめりかわ:ホタルイカで有名)のー、TSUTAYAに寄り道したらー、
たまたま売ってたんでー

買っちゃった♪

DSC01098

英語曲収録の1枚目と待望の「れりごー」松たか子 Ver.収録の2枚目セットで税抜 3,500円(つまり3,780円)。

砺波(となみ:散居村やチューリップで有名)で働いてたときにはローソンばかり利用していましたが、
黒部(くろべ:トロッコ電車とかダムで有名)で働くようになってからはファミマばっかりになったおかげで
Tポイントがそこそこ貯まり、お財布へのダメージは最小限に止めることができました。


DSC01099

2014年3月12日に発売された英語版と19日に発売された日本語版の両方がセットになっていて、
聴き比べを楽しむにはこれしかないだろうと。
たぶん全国で何人かのおじいちゃん・おばあちゃん、はたまたパパさん・ママさんは孫や子供にせがまれて
買ったのに、家で「こっちじゃない!」と泣かれたかと想像していますが、コレなら一発で黙らせられますぜ?

(または「間違えて買ったから交換して」と、開封済みCDの返品をねじ込まれたショップもあったろうかと
思うと涙が止まりません。)


DSC01100

おいおい、ラスボスも一緒に写っちゃってるけど、いいのかよ?←


DSC01101

1枚目です。


DSC01102

2枚目です。・・・シンプル・イズ・ベスト?


いや、『アナ雪』にハマった人なら、マスト・アイテムでしょう!



アナと雪の女王 オリジナル・サウンドトラック -デラックス・エディション- (2枚組ALBUM)アナと雪の女王 オリジナル・サウンドトラック -デラックス・エディション- (2枚組ALBUM)
(2014/05/03)
V.A.

商品詳細を見る


et="_blank">商品詳細を見る



ちなみにカラオケで「Let It Go~ありのままで~」を選曲すると、May J. Ver.しかなくて歌い出しが違って
面食らうから気をつけろ!

Pale Rider


Pale Rider

西部劇、とりわけクリント・イーストウッドのものは、イタリア時代から新しいものも含めて
好きだったりすろので、BS プレミアムで放送されたものを鑑賞。
ちなみにイーストウッドならなんでも、というわけではなく『ダーティー・ハリー』シリーズは
どこが面白いのかさっぱり分かりません。

さて、1985年公開のこの作品、どこかで聞いたことのある声がと思ったら、当時20歳くらいの
クリス・ペンが出演してるじゃないですか。彼が亡くなってもう8年になるのか・・・。
(基本的に字幕版でしか観ないので、俳優の本当の声を記憶している)

『レザボア・ドッグス』のナイスガイ・エディ役でしか演技を見ることができなかったけれど、
あのいかにも親に甘やかされた呑気な弟って感じが好きだった。
ポール・ウォーカーのときもそうだったけど、50代に満たない若い役者が事故や病気で亡くなるのが
個人的にはちょっと辛いんですよ。もっといろんな映画に出てもらいたかったなって。
いつか自分が60代、70代になったときに「あの役者が若い時に出てたあの映画は面白かった」とか
テレビに映る同じように年を取ったその役者を見て、思い出したりしたいしね。


そういえば彼の兄のショーン・ペンはイーストウッドの『ミスティック・リバー』で主演の
1人を演じてましたね。よく考えたら声も似てたわ。


この『ペイルライダー』そのものはよくある「流れ者が皆に勇気と希望を与え、圧力者に立ち向かい
勝利する」的な展開、そして主人公はカッコよく去って行くパターンにも見えて、
ラスト近くへと集束するじんわりとした緊迫感はさすがと言ったところ。

主人公が窮地を救った男の婚約者の娘、ミーガンを演じた若い女優の演技が素晴らしい。
幼いながらも主人公に恋をし、勇気をしぼって告白するも大人の対応をされてフラれちゃうんですが、
あのひたむきな瞳が良かったなあ。それと、彼女の思いをちゃんと受け止めた上で諭すイーストウッドの
静かな語り口。

しかも、その婚約者からも「実は一目惚れしてた」と告られるとは、アンタ罪なオトコね!
その気持ちを吹っ切るために主人公が助けた男との婚約を決めたというから、相手が完全に当て馬扱いw
そんな見せ場のなかった男も、ラストに気概を見せてくれて恰好がついたので安心しました。


時代考証がどれくらい正確かは分かりませんが、物語の軸になる金採掘とその手法のあたりが
面白くて、わりと飽きずに観ることができる映画だと思います。
1880年頃といえば、「脱皮する家」がまだそこそこ新しかった当時ということを思うと・・・。



ペイルライダー [Blu-ray]ペイルライダー [Blu-ray]
(2010/04/21)
クリント・イーストウッド、マイケル・モリアーティ 他

商品詳細を見る


機動戦士ガンダム サイドストーリーズ』から限定版の情報やプロモ動画などが続々公開 - 電撃オンライン




最新記事
最新コメント
月別アーカイブ
カテゴリ
α7 (6)
みんぽす
モノフェローズに参加しています
サイト内検索
リンク
Powered By FC2ブログ

今すぐブログを作ろう!

Powered By FC2ブログ

QRコード
QR