富山県富岩運河環水公園

3人でここへ来るのは昨年の10月以来ですね。駐車場が狭くてけっこう来るの億劫なんですよ。
公園をつぶして近代美術館を移設するらしいけど、どうなることやら。

水場のある公園って、1歳児を連れて歩くにはちょっと心配なので、この日はデジカメを持たずに
iPhone だけ持っていきました。




"INPoke"というアプリでそれっぽく撮影(苦笑




だんだん、長男の幼かったころに似てきたなあ。






この子が生まれたとき、子育ての不安から”かわいいとは思えない”というネガティブ発言をかました嫁も、
あれから2年近く経って余裕ができてきたかな。
今年の春には保育所に通わせるし、つきっきりでなくなるのは精神面でだいぶ助かると思う。

でもそうしたら、この日みたいに天気の良い午前中にふらっと3人で遊びに来れなくなるなあ。




園内を好きなように走りまわせるうちに、よく転ぶようになってきたらそれはバッテリー切れの合図。
車に乗せて3分もしないうちに眠ってしまいました。




スポンサーサイト

Whatever

eb8905e5.png


I'm free to be whatever I
Whatever I choose
And I'll sing the blues if I want

I'm free to say whatever I
Whatever I like
If it's wrong or right it's alright

Always seems to me
You always see what people want you to see
How long's it gonna be
Before we get on the bus
And cause no fuss
Get a grip on yourself
It dont cost much

Free to be whatever you
Whatever you say
If it comes my way it's alright

You're free to be wherever you
Wherever you please
You can shoot the breeze if you want

It always seems to me
You always see what people want you to see
How long's it gonna be
Before we get on the bus
And cause no fuss
Get a grip on yourself
It don't cost much

I'm free to be whatever I
Whatever I choose
And I'll sing the blues if I want

Here in my mind
You know you might find
Something that you
You thought you once knew
But now it's all gone
And you know it's no fun
Yeah I know it's no fun
Oh I know it's no fun

I'm free to be whatever I
Whatever I choose
And I'll sing the blues if I want

I'm free to be whatever I
Whatever I choose
And I'll sing the blues if I want

Whatever you do
Whatever you say
Yeah I know it's alright

Whatever you do
Whatever you say
Yeah I know it's alright



CM STYLE-Sony CM Tracks-CM STYLE-Sony CM Tracks-
(2003/03/26)
オムニバス

商品詳細を見る




新生エオルゼア はじめました。

せっかく新型ゲーム機が発売されたというのに、同時発売のソフトでピンと来るものがこれといってなく、
しばらくはBDプレイヤーとして使おうかと思っていた PlayStation4 でしたが、
そういえばオンラインゲームのほうの ファイナル・ファンタジーが遊べるんだよなあ、ハードウェア・スペックも
上がったことだし、いっちょやってみっか?

ということでβテストに参加(無料)することに。

ファイナル・ファンタジー XIV:新生エオルゼア

DSC00342.jpg

あくまでも製品版のリリースに向けてのテストなので、真剣にキャラクター・メイキングにこだわっても
後でリセットされる運命ので、ここはリラックスしてキャラクターを選びます。


DSC00344.jpg

おっぱいをちょっとだけ大きくしてみました。


DSC00345.jpg

マップ上では第三者視点で操作することになるのですが、おれの三半規管はX軸(垂直方向)の設定を逆にして
おかないとまっすぐ歩けないので、ここだけは最初に変更します。


DSC00347.jpg

次に、画面上のメッセージ・ウィンドウおよび文字がいちいち小さくて読みづらいので、ここも変更します。


DSC00349.jpg

コントローラ右上の"OPTION"ボタンをポチッとな。


DSC00350_2014022422412998f.jpg

すると、コマンド・ウィンドウが開くので、右端の「システムメニュー」を開き、次に「HUDレイアウト変更」を
選択します。ちなみに道端はバトンとの婚約を選択しましたね。


DSC00351.jpg

とりあえず例として、画面右ちょい上の「目的リスト/コンテンツ情報」を拡大してみたいと思います。


DSC00353.jpg

ちょっと分かりにくいというか、そもそもカーソルが指しているウィンドウ自体が小さいので、
”R3ボタンでウィンドウの拡縮”することにすら気づきませんでした(苦笑
100%→120%→140%というふうに押すごとにサイズが変わっていくので、地味にポチポチやりつつ、
いい感じのサイズに決定。


DSC00354_20140224224222b0a.jpg

これでようやく、現在請け負っているクエストが見やすくなりました。
オンラインゲームって自由度が高いぶん、プレイ間隔が開き過ぎると以前まで自分が何をやっていたか忘れてしまう
ことも多いので、ここが見やすくするのは大事だと思います。

さて、仕事が平日に休める方の週休二日制で、その休日の午前中は子育てタイムのため、12:00 ~ 17:00 と
21:00 ~ が主なプレイタイムになると想定されます。

遠く離れた友人たちとうまく接触できるかちょっと不安ですが、ちょっとずつ進めていきますかね。


PlayStation 4 開梱レビュー

2014年2月22日、ついにというかようやく日本国内で PlayStation 4 が発売されました。
毎日のように通っている家電量販店で予約をしておいたのですが、仕事の都合で購入が1日遅れました。

24日は仕事が休みなので、子供を散歩させて疲れさせて寝かせつつ開梱レビューを書いてみます。




コントローラは、PS3 よりもしっくりと手に馴染むようなデザインに変わりました。
"PSボタン" の上の12個の穴はなんとスピーカーだそうです。
お馴染みの"STARTボタン"と"SELECTボタン"がなくて驚いた。




PlayStation Camera 同梱版は今回はパス。後で買うことになる日も来るかもしれませんが、
本体のみとの差額で PSN チケット 5,000円分を買って PlayStation Plus に加入することにしました。
しばらくソフトを買う予定もないので、体験版やフリープレイで優遇されたほうが良いと思って。




今回、見事なまでに梱包が簡略化されています。箱は同梱物によって簡易ケースを被せる方式。




開梱すると、中身はこんな感じ。激しくシンプル。めんどくさくなくていいね。
ケーブル類は右上の青い冊子の下のスペースに収まっていました。
HDMI ケーブル ×1、ACケーブル ×1、USBケーブル ×1 。たったこれだけ。




そうそう、縦型スタンドは欠品中のため買えませんでした。




背面は排熱のための孔がめいっぱい開いていて、けっこう萌えますな(ぉ
驚いたのがこれだけコンパクトな本体サイズなのに電源内蔵だということ。つまり、ごつくてじゃまな ACアダプタを
使わず、ACケーブルをサクッと挿すだけでいいという。




端子類は上から「AUX、外部接続端子」(専用周辺機器との説毒に使用)・「Ethernet端子」・「HDMI出力端子」・
「DIgital 光出力端子」でございます。
PS3 まで採用されていた「マルチAV端子」がなくなったので、HDMI入力端子のないテレビには接続できません。




多くの人が面食らった電源ボタンの位置ですが、正面に小さくプリントされていました。
こりゃ分からんわー。




古株の PS3(CECHL00) たんとご対面です。




往年の名機、『ドリームキャスト』とのサイズ比較(どうでもいい)。
PS2 とかつての次世代戦争を戦ったのはもはや伝説と呼んでもいいのではないでしょうか。
思わず押入れの中のソウルキャリバーを引っ張り出して遊びはじめかけましたが、やめときました。




パナソニックの『3DO REAL』との比較です(もっとどうでもいい)。
思わず押入れの中のポリスノーツry




しばらくは家族から秘匿しておきたいので、この場所に設置しました。
「PS3の下にPS4が隠してある」とくらい言ってry
ちなみに底面にはうっすらとしたゴム足が3つあり、本体をそのたった3つのゴムで支えています。




設置も終わりさっそく電源投入。いきなりアップデートから始まるというね。




そして、友人&知人にプレイヤーの多い「ファイナルファンタジーXIV 新生エオルゼア」をインストール(無料)。
遊ぶ時間がどれだけ確保できるか分かりませんが、新ハードの性能とやらを見せてもらいたくて。


さて、せっかく発売されたというのにオーディオ面でCDが再生できないなど、仕様に疑問の残るPlayStation4ですが、
ファームウェアのアップデートでどれだけ変わっていくのか、その成長が楽しみですね。


PlayStation 4 で遊ぶソフトに悩む。

PS4.jpg


いよいよ、日本国内の発売を数日後に控えた PlayStation 4(以下 PS4)でございますが、
よく考えたら最新の据置型ゲーム機なわけで、ゲーム機ならゲームソフトも一緒に買って遊ばなきゃね、
と思うべきなんですが、実は本体と同時購入するソフトが見当たらなくて震えています。

予約したのは『First Limited Pack』[CUHJ-10000]で、いわゆる”カメラ無し”です。

だって、PlayStation Camera なんかテレビの前に置いておいたら、もれなくアイツが・・・。


さて、当日に発売されるこの[CUHJ-10000]と、カメラ付きの[CUHJ-10001]には
「KNACK(ナック)」というクソゲー臭がプンプンするタイトルのダウンロード用コードが同梱されてます。
たぶんこれは絶対にダウンロードしないと思う。ていうか要らないのに。

じゃあ、他にどんなソフトがあるのよ?と思ってリリース一覧のさらに一部をざっと眺めてみると・・・。


KZF.jpg

■「KILLZONE SHADOW FALL(キルゾーン シャドウフォール)」
  前々作の"2"で完全燃焼しちゃったので、またあのバッジ集めをするのは年齢的にキツイ。


AC4BF.jpg

■「アサシン クリード 4 ブラック・フラッグ」
  これまで遊んだことのないタイトルですが、似たようなのを散々見てきたので食指が動かない。



BF4.jpg

■「BATTLE FIELD 4」
  キャンペーンはそこそこ楽しめる気がするけれど、オンラインになるとそりゃもうシビアな戦いを
  強いられ、時間と金を使った者だけが生き残れると悟った今、やる気が起きない。




CODG.jpg

■「CALL OF DUTY - GHOSTS」
  吹替版や字幕版を1枚のソフトにまとめない姿勢がイヤ。なおかつ字幕のクオリティが毎回話題に
  なるので、情報なしで手を出すのは危険すぎる。



NOBUNAGA.jpg

■「信長の野望・創造」
  この手のジャンルを高画質なグラフィックで遊ぶ意味が分からない。



SSM7M.png

■「真・三國無双 7 with 猛将伝」
  ”猛将伝”というアップデート版を過去に小出し小出しでリリースしてきた姿勢が今でもイヤ。



ISHIN.jpg

■「龍が如く 維新!」
  毎度オープンワールドになりきれていない中途半端な箱庭感覚と、もどかしい操作系の進歩のなさがイヤ。
  今回はどうなってるのか分かりませんが、世界観が微妙過ぎ!


おいおい、全部バッサリじゃねえかよ、どうするんだよおれ。

「Flowery」 もキライじゃないんだけど、ネット上の世界中のだれかとつながるなら、「JOURNEY」のほうが
PS4 のコンセプトにマッチすると思うのに、今のところはリリースされないのね。
このタイトルのすごいところって、プレイ中の同時間帯に遊んでいる不特定のプレイヤーが操作するキャラクター
が画面上にふっと現れて、言葉は交わせないけれど運よく上手い人が来たら、
行き詰って先に進めなくなっても、行けるルートを先導してくれたりとか、思わぬ出会いがあるんですよ。
逆に同レベルか始めたての人が同行しちゃっても、それはそれで手探りな感じが楽しかったりして。

PS3版をちょこっと遊んで、すぐに長男にコントローラを奪われましたが、あのゲームシステムには未来を感じた。

また同じ内容を遊び直すのもどうかとは思うので、できたら同じ匂いの遊び方のできるタイトルがあったらいいな。


と、言うわけで買ってしばらくは箱から出さないか、またはBDプレイヤーとして使うことになるでしょう。


TO BE CONTINUED・・・。

富山市科学博物館

休日の午前中に、体力を持て余している次男を連れて、『富山市科学博物館』へ行ってきました。




富山市科学博物館 Toyama Science Museum




もう大人しく抱っこなんかさせてくれない。




グレーチングの下にお父さんはいないから、早く博物館まで歩いてもらえないでしょうかね。




階段を昇るのも、落ちるのも得意なのでわりとヒヤヒヤしながら写真撮ってました。




設置されているすべてが、まだ彼には早いものばかり。




それでも年上に平気でガンくれてやがりました。








しかし本当にこの子は自由人だねぇ・・・。






さて、ジュース買ってそろそろ帰ろうか。




解体・移転の決まった隣接する近代美術館の屋上からカラスが何かを見つめていました。






東京日和 2014

2014年2月13日から14日にかけて、横浜で開催されたCP+ 2014 へ見学に行ってきました。
1年ぶりに訪れる会場までの道のりと、帰りの新幹線を待つまでの心象風景をダイジェストでお送りします。

ちなみに写真はすべて DSC-RX100M2 で撮りました。




2月13日(木) 午前 6時17分。27分後に出るはくたかを待つ間、普段は見えていても気にも留めないものを撮ってみる。




始発?の通勤電車が発車したあとに残されたシルエット。富山ではこれくらいの雪は降ったうちに入らない。




午前10時2分、東京駅。

東京は近い。新幹線が富山まで来たらもっと近い。運賃はあんまり変わらないみたいだけど。




去年使ったきり440円を残したままだった SAIKA Suica に 3,000円チャージ。
10時5分発の京浜東・根岸線大船行に乗り、桜木町で降りてから歩いてパシフィコ横浜までやって来ました。
残高2,900円。

ちなみに道間違えて汽車道から遠回りして歩いたのは内緒です。




再会の喜びと、日頃の無礼のお詫びとお付き合いの感謝の握手を交わしたあと、サイカ先生に新バージョンへの
改修をお願いしました。共通の趣味がつなぐダジャレとユーモアのモノローグ・・・。




その夜、「第一亭」で『孤独のグルメ』の聖地巡礼に巻き込まれたあと、野毛つながりで知り合ったFBのフレンドの方から
教えていただいた「Saka蔵」へ。
パタンを食べた後はもう、ビールやワインや泡盛って気分ではなかったので、珍しく日本酒を呑みたくて。

Bさんが「これ、旨いよ」と教えてくれた銘柄のはずだけど、忘れてしまいましたw
本当においしかった。




嫁が吉田類の『酒場放浪記』が大好きで、たまに一緒に録画したのを観ているんですが、「なめろう」ってよく
登場するんですよね。ずっと気になってたのがメニューに載ってたので頼んでみたら、ただのすり身でした。
本当にありがとうございました。




桜木町界隈といえば浮沈さんの名前を思い出さずにはいられません。彼のお店に行くことは曜日的に叶いませんが、
連絡が取れたのでようやくお会いすることができました。
温かい手のぬくもりが印象的な方で、とてもリアルで初めて会ったとは思えない距離の近さがうれしい。




メニュー表に載ってた"今日の一押し"青森の生たこの刺身。旨し。




2月14日(金)正午12時23分。午前中に関内から大口まで足を伸ばして丁稚さんと握手したあと、
雪がひどくならないうちに帰ろうと予定を早めて東京駅まで戻ってきました。

計画では午後8時12分初の新幹線で帰るつもりだったけど、もともと人と会う約束もしてなかったし、
これから会うにしても、午前中の時点で京浜東北線の上下線が5~10分の遅れを出していて、時間が経てば経つほど
他の路線への影響も大きくなり、せっかく人と会ってもその人に迷惑がかかると思ったので、
結局午後13時12分の新幹線に替えることにしました。


そう言えば、みんな飽きたのか、写真撮ってるのおれだけだった。




一度来てみたかった 東京駅丸ノ内口前の KITTE 。降雪による悪天候のため屋上庭園には入れませんでした。




よく分からないけど、人がまばらだった。




屋上庭園はあきらめて、適当にお昼ご飯を食べることに。
ラーメンが食べたくて、5Fの「ばいこうけん」に入ったんですが、観光客だと見破られたか窓側へ案内されました。




東京でまさか雪を見ることになるとはね・・・。




だんだんひどくなってきた。




新幹線までまだもうちょっと時間があったので、お土産を買いがてら八重洲口のグランルーフへ。
ここは夜景のほうが映えるんだろうな。




キリトリ線ってネーミングは本当に絶妙だと思う。




さて、来年はどうしようかなあ。家族旅行もあるから、来ないつもりなんだけど。
それとも日程を合わせて CP+ には行かないけど、クイーンズスクエアにだけ来ちゃうとか?
いやいや、この時期のディズニーランドは寒いってば(苦笑

今回お会いできたみなさん、付き合ってくださってありがとうございました。
kiyoさん、手を怪我されているのに握手してすみませんでした。

今年は(も)すれ違いで会えなかった方たちも、また1年ますますのご発展を。


また会いに行きます。(残高2,290円)

CP+ 2014 ④ - おやくそく編

今年の SIGMA ブースのコンパニオンの衣装が地味でテンションが上がらず、記事にするのを忘れそうに
なりましたが、おやくそくなので載せておきます。




2014年は白が基調と。




去年も真正面にいたおねいさんと再会。←向こうは覚えているわけない




なんとなくですが、写真の腕が上がったような気がしてきました。なんとなくです。





今年の本命はこのおねいさんですね。




CP+ 2014 初日、お疲れ様でした。


CP+ 2014 ③ -気になったもの編

何事も予習をしすぎると退屈するのも早くなるというももですが、気分転換にぶらぶら歩いて
目に留まったものをチェックしてみました。




フルサイズ機にして APS-C 機の K-5IIs と手に取った感覚がほぼ一緒の Nikon Df。




写真を撮る行為そのものを楽しませてくれるタイプだとは思いますが、自分にとっては高価過ぎ(苦笑。




フジの X-T1。今回ご一緒させていただいた四本木さんはこのとき既に予約済みで、しかも関東地方の大雪のため
グリップ→ボディ→レンズとバラバラに届いたそう。
果たしてこれからどんな猫写真を撮ってくれるのでしょうか?w




マ、マグネシウム・・・。じゅるり




コシナブースにて、Carl Zeiss の Touit 2.8/50M を発見。価格は11万2500円で3月下旬発売だそうで。
しかしいくら良いと分かってはいても、この大きさじゃなー。
それに高いしね。




SIGMA の Art ライン、30mm F1.4 DC HSM。PENTAX 用の発売がようやく発表されましたが、 どうしよう。
便利ズームも良いけれど趣味を本気でやるならこだわりの単焦点も1本くらいは持っていたいよね。




アクションカメラ界のパイオニア、GoProブースより SWIFT を捕捉。M-05 シャーシかな。←誰も分からんがな




"あの" コーワ ブースでかんちんさんを見つけました。写真撮るのを忘れましたが、5万円台で買える850mm、
しかも F9.6 という変態マウントアダプターが隣にありました。
そんなもん何に使うんやろかと思ったら、野鳥撮影とな。

地元富山には白鳥の飛来する有名な田圃があるので、そこで使うときに活躍するのかな。
蜃気楼の撮影にも良いかもね。



CP+ 2014 ② - フォトセッション編

せっかく CP+ に来たので、写真家の塙真一先生のフォトセッションを見てきました。
カメラはそのうち店頭で触れるけど、プロの写真家の話はめったに聞けないからね。




お題は<LUMIX で楽しむ旅写真>~旅に最適なのは GM か GX7 か~
どっちも持ってないけど、まあいいか。




セッション冒頭、モデルのおねいさんが GX7 を手に登壇、今日はカメラを持った人ばかり来ているせいか一斉に
ストロボが焚かれます。とりあえずISO感度上げてあとで補正すればいいのに、と思いながら他人のストロボ光を
利用して撮ってみました。←持ってないだけ




司会のお姉さんは何枚撮っても目つぶりするので諦めました。←連写しないだけ




とかやってるうちに塙先生登場。

我らが紗々さんをモデルにしたポートレイトでお名前を知ったのですが、旅行でのスナップ写真もなかなか素敵で、
どうやって撮っておられるのか気になっていたんですよね。




氏がよく口にされるのは「適材適所」という言葉。旅先で大きなカメラを向けると警戒されるけど、
コンパクトな GM なら、嫌な顔をされるよりも「あれ、何か撮ったの?」という顔をされるそう。
まあ、あれだけ小さければ親近感も湧きますよね。

また、レンズはほとんど同じのを付けっぱなしで本当にコンデジ感覚で使っているようす。
このへんは最近 DSC-RX100M2 を買った自分としても半分は共感できる部分で、
おれの場合、どうせレンズ交換をしないのならば、一体型でできるだけ綺麗な写真を撮れるコンパクト・カメラが
欲しかった = DSC-RX100M2 だったわけで。

そして、どうしてもこだわって撮りたいと思う場面に出くわしたら、ここで GX7 の出番、と。

自分なら NEX-7 に当てはめて考えるところですが、この GM と GX7 のすごいところは、マウントが同じということ。
つまり交換レンズを共用できてしまう。これは NEX-7 や DSC-RX100M2 とは決定的に違う。

いまさらマイクロ・フォーサーズに手を出すことはたぶんないけど、カメラとの付き合い方の参考になる
フォトセッションでございました。





CP+ 2014 ① - 実機体験編

2月13日(木)から16日(日)までの4日間、パシフィコ横浜で開催された CP+ 2014 は、
関東地方を襲った雪の影響で、開催3日目の15日(土)が中止となるなどのトラブルもありましたが、
無事日程を終えたようでホッとしていますが、今でも山梨県や群馬県の一部地域では、高速道路および幹線道路
で車が立ち往生し、車中泊を余儀なくされている人がいると聞いています。

どうか一日も早く家族の元へ無事帰ってほしいと心から願います。




さて、今回は当日入りかつプレミアム・タイムより遅れること1時間、さらに街猫フォトグラファー四本木さんに
出迎えてもらっての入場で、参加2回目にしてずいぶんと余裕かましちゃいましたが、
お会いしました皆さんの期待に応えるべく、ぼんやりとしたレビューをお送りしたいと思います。




低燃費には定評があるので、まずは入口からいちばん近い SONY ブースから。




ミラーレス一眼の代名詞ともいえる"NEX"の名を捨てて"α"となった、NEX-6 の実質的な後継機種であるα6000。
これのハンズオンに挑もうと展示機に駆け寄ったところ、ちょうどテレビ取材中だったらしく、スタッフに両手で
静止されてしまいました(苦笑




α7/R のデザインと同系列のするべくフラット化された本体上部の意匠はかなり好き。
そしてゴールドっぽい新色。これは CONTAX G レンズ を付けろってことだよね?w




革新的だったはずの"Tri-Dial Navi"(トライ ダイヤル ナビ)が後に続かないのと、ファストハイブリッドAF や
PlayMemories Camera Apps に対応していないし、そもそもアクセサリーシューの規格が汎用ではないという点で、
すっかり孤高の存在になるつつある NEX-7 の後継機種を待つ身としては、このα6000 には複雑な思いがあります(ぉ

シャッターボタンも無駄にα7/Rっぽくなって、指の引っかかりが多くなってちょっとイマイチかな。
レンズマウントの色がボディに合わせた感じになっているのはうれしいけど。

でも、179点像面位相差AFセンサにはとても魅力を感じるので、"α7000"が発売されないならこっちにしちゃうかも。




続いて斜め向かいの三菱製紙の関連会社、ピクトリコのブースへ。




ここでは、宝槻稔さんの作品をプラチナ・パラジウムプリントという手法を用いて、おっそろしく装丁画のように
仕上げられた作品が展示されていました。




続いて、SIGMA ブース。
CP+ 開催直前に発表された新製品、"dp2 Quattro"のα機に触れるということで、鼻息荒くしながらハンズオン待ちの
行列に並びました。




このカメラ、デザインのインパクトはもとより、"Foveon Quattro" センサの構造や、それが生み出す解像度の定義に
ついて本当にさまざまな意見が飛び交いました。これは素人が下手に口を出すと泡盛呑まされる感じに似ているので、
ここはじっと貝になることにしました。




とは言え、カメラは手に持たないことには写真を撮れないので、持ったときの感触を確かめてみました。
手タレは四本木さんでございます。

ちなみに会場入り口まで迎えに来させただけでなく、手タレになったもらった挙句、夜の集合場所への道案内まで
させたのは内緒だぜ? しかも日ノ出町からパシフィコ横浜まで歩いて帰ってもらっちゃったり。

四本木さん、いつか富山に来たときには『番やの寿司』奢ります(笑




NEX-7 の後継機種が本家から一向に発売される気配がないので、買換え候補としてサイズの比較をしてみました。
・・・個人的にはギリギリな感じです。




これまでの SIGMA のカメラと比べて液晶モニタの視認性が飛躍的に上がりました。
が、液晶横のボタンの配置がこなれてなくて、間延びした感じがしますね。それに、ここにシボ加工は要らない。
AFは許容できる速さになり、いろんな意味で普通のカメラに近づいたと思います。

販売価格がいくらになるか分かりませんが、とても興味のあるカメラであることには違いありません。





FOVEON X3 Quattroの解像度を擬似検証 - MacBSの日常生活的日記

CP+2014 番外編 Foveon Quattroが4:1:1で成立する理由を推測 - クマデジタル

フォビオン第2章、クワトロの物語はじまる - mono-logue



つづく。

日ノ出町のチートのしょうが炒めとパタン

CP+2014 が開催されたパシフィコ横浜を離れ、チェックインしに一旦予約済みの今宵の宿へ。

基本的に一人で素泊まりなので、会場近くのホテルは大げさすぎて最初から選択肢に入っていなかったのですが、
よく考えたら翌日はバレンタイン・デーじゃねえか、泊まれても落ち着かないわ。

DSC00212_2014021519563799d.jpg

と言うわけで、クルマデジタルさんにソチ・オリンピックの開会式の輪に似た愛車でホテルまで送っていただき、
四本木さんとともに野毛界隈へ。


DSC00213.jpg

ほほう、ここが都橋商店街か。聞いていた通りの呑兵衛の巣窟のような一角(笑 いや、桃源郷とも言うべきか。


DSC00221_20140215195639a64.jpg

B さんと桜木町で待ち合わせて、せっかくここまで来たのだから『孤独のグルメ』の聖地巡礼に乗っかることに。
てっきり十日町が初めての聖地巡礼になるかと思いきや、横浜が最初になるとは。


DSC00239_20140215195915d38.jpg

来ちゃった。

『孤独のグルメ』シーズン(インザ)3・第2話に登場した「日ノ出町の第一亭」でございます。
そうか、そういうことか、受けて立とう。

あれほど行きたがってた「麺房亭」はどうしたかって?
この店からも近いけれど、CP+ 会場で桃井先生の姿が見つけられなくて、今年は断念しました(苦笑 だって、
たった3人じゃry


DSC00229.jpg

普段、外食と言えば回転寿司かファミレスばかりなので、こういう店だとチョイスが難しい・・・。


DSC00223_20140215195640d9c.jpg

まあ、とりあえず生ビールからいきまひょか。車で横浜まで来た四本木さんはコーラ。
遠近法で分かりにくいですが、奥のは B さんの頼んだ生ビール(大)です。


DSC00227_201402151956357aa.jpg

いきなり投げ込まれた第一球目は「豚胃(チート)の生姜炒め」。大胆にも決め球から来やがったか。
食べるのは初めてでしたが、くどくなくご飯にとても合う感じで、このときはビール先行の頭だったので
ライスを頼む気持ちのゆとりがなかったのですが、こうして写真見ていると無性にライスが欲しくなります(涎


DSC00228.jpg

つづいて、変化球の海老チリをオーダー。中華料理というか台湾料理は食べなれてはいないものの、
自分にとっては店のレベルを図るリファレンス・メニュー。
ここでしょぼい海老を出すようなら二度と来ませんが、期待以上のプリップリの海老が出てきました。
まあ、何海老かには興味ないんですけね。


DSC00231_20140215195820811.jpg

さて、コーラを飲み終わった四本木さんがメニューを眺めて「ジュース」をオーダー。
あまりの大雑把なメニューに一体何のジュースだか気にならなくもないですが、


DSC00232.jpg

期待通りに普通のオレンジジュースでした(笑
ここはどうやら直球勝負の店と思って間違いないようだ。
それにしてもラオチューがピカチューに見えて仕方がない。


sara.jpg

飲み食いしながらの様子を写真に撮って富山にいる嫁に LINE で送っていて気がついたのですが、

第一亭の小皿と同じ皿が我が家にもあるという事案が発生
腹よじれるくらい笑ったわw


DSC00230_2014021519581984e.jpg

豚足の旨煮。骨まで柔らかかった・・・。


DSC00233.jpg

モツ炒め・・・だったっけ?


DSC00235.jpg

人気メニューの炒米粉(焼きビーフン)。
小食なのであまり皿数を増やさないほうなんですが、さすがに注文したくなるメニューばかりでした。


DSC00237_201402151958592bd.jpg

おおう、これがまかない料理が知る人ぞ知る裏メニューに発展しちゃった「パタン」か。
ニンニクニンニクっていうけど、そんなでもなかったよ。普通に美味しいよ。
これよりもロー◯ンのスパゲティのほうがよっぽどくどくて臭いんだけど。
昼間っから食えるかと言われれば無理なんですが、ここへ来たらぜひ食っておくべきメニュー。
野毛のペペロンチーノという呼び名が絶妙。


DSC00238_20140215195853f78.jpg

第一亭、おいしゅうございました。ここは嫁と近いうちに来たい店にエントリーされました。
今度はライスも頼んで二人で三角ベースを周り続けてみたいものです。

ちなみに B さんは CP+ 2014 開催3日目の15日(土)には kozy さんと二人でまた来ると言っていたけれど、
どうなったかがとても気になる今日この頃です。

有朋自遠方来 不亦楽

まさか横浜で雪を見るとは思いもしなかったわけですが、交通ダイヤが破綻しないうちにと
早めに行動することに。

当初、開催2日目も見学するつもりだった CP+2014 は初日に見たかったところを周ってしまったので、
ここはちょっと行ってみたかった所へ寄り道しつつ東京方面へ向かいます。




とりあえず横浜スタジアムの外周をぐるっと周ってもより駅までテクテクテク・・・。




誰もいない公園(出勤時間帯だから当たり前)








雪なんか珍しくもないんだけど、旅先で見る雪景色はまた一興(まだ各路線の運転ダイヤが無事だったから平気)




関内駅から京浜東北線の八王子行きに乗る前でしたが、券売機の空きスペースが面白くて、つい。




そして大口駅前も雪景色。
昨年4月の風景とは大違い過ぎて腹がよじれるわwww




目指したのはここ、おおぐち商店街
知り合いがお店を出しているので、どんな所なのかちょっと興味あったんですよね。

朋有り遠方より来たる 亦楽しからずや的な(笑 来たのはおれのほうだったけども。




地元には、意外かもしれませんが駅周辺にこういうアーケード街ってないんですよ。




来ちゃった。


きものの店 かやぎやさんです。せっかく横浜まで来たので、嫁に駅の地下で売ってる土産物なんかじゃないような、
何か良い贈り物ができないかと思って。

まだ午前10時頃だったので、例のハンバーグ定食は体質的に無理でした。早い、早いよ。




若旦那の丁稚さんがお茶を淹れてくれました。




冷えた体に優しく染み渡る温かいお茶がうれしかったですね。

お茶を飲みながら SIGMA の dp はどうよ?とか、GM1 やばくね?とかのカメラ談義に花を咲かせ、
雪がひどくならないうちに駅へと向かいました。

お土産のほうは、残念ながら着物や反物の知識が全くなくて選べず(苦笑、手ぬぐい1本になってしまって
すみませんでした。嫁よりもむしろ着付けを自分でできる義母のために品物を選びたくなうような、
本格的なお店でございました。

丁稚さん、今回の旅行の〆の握手ができてホント良かったです。またいつかお会いしましょう!



大型艦建造で大和を造る 其の四

気がついたら再び大佐に翔鶴、いや昇格していたむっちーです。おはようございます。

kankore40.jpg

というわけで、気がついたらいい感じに資源が回復していたので、またもういっちょ回してみようかと思います。


kankore41.jpg

秘書艦は鈴谷(改)資材20 6000/5000/7000/2000 というレシピ。


kankore42.jpg

はいはい、扶桑ね扶桑。もう飽きたよ飽きましたよーだ。
明日横浜行かんならんから、もう寝るわ~。


kankore43.jpg

妖精さんおはよう!もう出来たみたいだね。











kankore44.jpg

お前の姉ちゃんなんか顔も見たくないわwww




hometown

去年の今ごろ、横浜は野毛で「地元の良さを分からないとは何事だ! 私、麺房亭の店主が粛清してやる!」
と言わんばかりに泡盛を呑まされた記憶も冷めやらないころから、いつか「これがおれの住む場所です」と
胸を張って見せれる写真を撮りたいと思っていました。




まあ、分かりやすいところで剣岳で勘弁してもらおっかな(苦笑

個人的には昨年11月にこの峰々で親類を亡くしたこともあって、これ以上右方向にカメラを向けられなかったという
のもありますけども。




あと、電柱を撮ろうと思って出勤途中に回り道したけど、間隔が開きすぎて微妙な感じになりました。
これはリベンジの必要があるかと。


何より、自分の住む場所&帰るべき場所ってのは初めから決まっているわけで、そんな写真も1枚携えて
麺房亭の暖簾を今年もくぐりますよ。


Figure four leg-lock

2014年2月9日(日)に幕張メッセで開催された ワンダーフェスティバル2014[冬] にて発表された、
今夏発売予定のフィギュアのラインアップが何気にアツいので、自分メモとしてまとめてみました。


■ULTRA DETAIL FIGURE 『藤子・F・不二雄作品』シリーズ 5
2014年 7月発売予定 メディコム・トイ


kireina gyaian

きれいなジャイアン(駿河屋



■figma 『孤独のグルメ』
2014年 夏発売予定 マックスファクトリー

「孤独のグルメ」の主人公「井之頭五郎」がfigma化 - Gigazine

goro.jpg

井之頭五郎

プロトタイプの顔の完成度はなかなかのものですが、製品版でどこまでクオリティを保てるかちょっと不安です。
(たいていこういうのは試作品だけは綺麗)



■S.H.Figuarts『NO MORE 映画泥棒』
2014年8月発売予定 バンダイ(魂ウェブ)

「NO MORE 映画泥棒」のカメラ男とパトランプ男をバンダイが可動フィギュア化 - Gigazine

no_more.jpg
カメラ男&パトランプ男

今からどう遊んでやろうか非常に楽しみですね。映画を観に行ったついでに空いた席に座らせてみたりとか、
他人の目を気にしない遊びとか面白そう。


そういえば連装砲ちゃんを予約してあるのを思い出しました。あれ、どこに置こうかなあ・・・。









孤独のグルメ 【新装版】孤独のグルメ 【新装版】
(2008/04/22)
久住 昌之

商品詳細を見る




LEGO STARWARS MICROFIGHTERS #75030

寝付けない夜の手慰み(手で慰めるんじゃないよ)として買ってみました。

レゴ・マイクロファイター #75030 "ミレニアム・ファルコン"




ハン・ソロのミニフィグが欲しかっただけなんですけどね。




他のラインアップが微妙なので、コレクションはしませんよ。




組立説明書のシンプルさに感服しちゃったよ。DSC-RX100M2 のアタッチメントグリップのマニュアルもこれくらい
シンプルだったらクールだったのに。




で、5分で完成w 次男の餌食にならないように隠しておかないとね。


SIGMA dp

(リーク記事を先に読んでいたので)突然の公式発表にも新鮮味を感じることはなかったですが(ジョークです)、
面白そうなカメラが発表されちゃいましたね。

SIGMA dp Quattro 発表 - SIGMA

dpQuattro.jpg

昨年発売された "Merrill" 3兄弟と同じように異なる焦点距離のレンズを載せた機種が3種類発売される予定。
先に発売される dp2 は 30mm (35mm換算45mm)、そして今後発売予定の dp1 は 19mm(28mm) 、dp3 は 50mm(75mm)
といういつものラインナップですが、最近はレンズ固定式のカメラがツボなので、参っちゃうな(苦笑
ひょっとしたら NEX-7 との置き換えもあるかもね(ぉ


個人的には dp2 の画角が得意なトコロでもあるし、今週開催の CP+ で実機を見る(触れる?)機会がありそうなので
ガッツリとチェックしたいと思っています。

まあ、それにしてもこのデザイン、老舗メーカーや中堅メーカーがこぞってレトロ・スタイルのカメラを発売・発表
している中で、この未来的ともいえる斬新な外観を持ってくるとはホント素晴らしいと思います。

後は中身ですねー。特にこれまで SIGMA が発売してきたカメラは写りは良いが弱点も多いと聞くので、
その部分をどう克服してきたのか気になります。
このへんもまた、横浜でチェックやで!

2013 麺房亭

食べ物や、食事中の写真ってあんまり撮ってないつもりが、去年撮った写真フォルダをチェックしてたら
意外と撮ってたことに気が付きました。←泡盛呑まされて憶えていないだけ。

去年、初めて CP+ の見学に行った夜に連れて来てもらったお店で撮った様子を今さら載せます(苦笑

麺房亭



錚々たる顔ぶれに囲まれた豪華な晩餐の様子、この日出された食事に関しては驚異的な記憶力の持ち主
頼ろうと思いましたが、そもそも彼はあちこちで食べ過ぎで目当ての記事を探すのが大変なので諦めました(苦笑




これ、たしか最後はお店のお姉さんに手伝ってもらいましたよねw




何ていう魚か忘れましたが、塩の装甲状態もさることながら、武装解除状態もなかなかのインパクトでした。
宴のオープニングにこういう大物をもってくるオーナーの心意気に感謝。




もう、みんなびっくりしながら食べてたよね。














「横浜まで来て、ブリ食べるとは思わなかったでしょ?」というフリに対して、「ブリ食うの久しぶり!」と
元気よく返せなかったのを後悔してます。←




Suica ケース、なんか良いのあれば後で買おうと思ってましたが、どうやら今年もこのままになりそうです。




上司Kの部下の成長を慮る姿が垣間見れた夜でもありました。




マウントアダプター LA-EA1 を介して SAL1680Z(Carl Zeiss Vario Sonnar 16-80 mm F/3.5-4.5 DT) を
装着した渋い NEX-7




持ち主の方はバッテリー切れが早くて、このときはほとんどお話できなかったと思いますw
岩崎宏美の「聖女たちのララバイ」が脳内ループしてきそうですよね。









後から知ったのですが、この何気ないように見えるハムにもオーナーの魂が込められています。




で、オーナー自ら泡盛を持ち出して来てからの記憶が無いことを思い出しました。


今年も胃袋を満たしにお邪魔します。
予定とかアテが外れても、一人になっても必ず行きます。

美味い料理を食わせてくれる人には、うるさい人はいても悪い人はいないと思っているから。


次男がまだ手がかかるので、夫婦で旅行はなかなかできないけれど、いつか嫁に「ここのメシ、美味いから」と
ドヤ顔で入りたいお店です。たとえオーナーに覚えてもらってなくても(笑



大型艦建造で大和を造る 其の参

資源回復のため放置していたら、階級が大佐から中佐へと降格していたむっちーです。こんばんは。

kankore30.jpg

さて、今回も懲りずに戦艦大和を手に入れるため、大型艦建造へ課金なしで挑みます。
今回の条件は、秘書艦を長門へ戻した以外は前回と同じレシピです。


kankore31.jpg

クッ・・・、イヤな予感がするぜ・・・。
加賀だといいんだけど、この艦底のシルエットからしてもう・・・。













kankore32.jpg

扶桑だよね、そうだよね。



DSC00167_20140207165720e75.jpg

ところで、アンテナと心がポッキリ折れた NAVY KIT COLLECTION 5 の大和 のほうはというと、洋上 ver. を
無事入手してニコイチで組み上げました。
それでもやっぱりアンテナは折れちゃったけど、今度は根元の方だったので瞬間接着剤による修復が楽でした。


DSC00168.jpg

ニコイチなので、気分で フルハル ver. から 洋上 ver. にコンバートすることもできます。


閑話休題―


大型艦建造はもういいや、と思って真面目に南西諸島海域の攻略(運任せだけど)に挑戦していて、
途中の戦闘後に出現したのは・・・。












kankore33.jpg

扶桑だもんね、そうだもんね。


kankore34.jpg

それにもめげずに羅針盤に進路を遮られることもなく戦い続けるも、ボス直前にして厳しい感じに。


kankore35.jpg

またしても、鈴谷たんがコテンパンに(苦笑

つれーわ、これもう二度目だからつれーわー。

CP+2014 の会場レイアウト

CP+2014 title

開催まであと一週間を切った カメラと写真映像の情報発信イベントCP+ の2014年度の会場レイアウトが
公表されました。

さて、今年は何人と握手できるかな??


CP+2014.jpg
2014年度 会場レイアウト(pdf)

今年は”フォトプリントメディアゾーン”というエリアが登場していますねえ。
紗々さんの写真展”キリトリ船”で活躍した「キャンソン」の名前が見えるので、主旨がなんとなくイメージできます。

個人的なポイントとしては、宝槻稔さんの作品が同じエリアの「ピクトリコ」のブースで観られるそうなので、
撮った写真をプリントして人に見せるということがどういうことなのかを感じてみたいと思います。

あと、昨年は展示ホール内にあった御苗場のブース群は展示ホール横の”アネックスホール”となっています。


CP+2013.jpg
2013年度 会場レイアウト(pdf)

ちなみにこれは昨年の会場レイアウトですが、今年はケンコー・トキナー/スリックのブースが望遠鏡ゾーンに
呑まれた感じでしょうか。

その位置にタムロンが来てシグマと睨み合う以外は、あまり変わっていない印象を受けます。
シグマのブースの位置が若干変わっているので、当日は現場確認を怠らないようにしたいと思います。

奥の濃ゆいメーカーのブースはペンタックスリコーイメージングとパナソニックが入れ替わってますね。
今年は K-3 やら GM の発売があったので、Df を発売したニコンも含めてこのゾーンは人が多そうだなあ。
富士フィルムは X-T1 のハンズオンもあるでしょうから、当日いちばんの熱気を感じられそうですね。

まあ、おれはシグマブース一択ですけど。

サイカ先生を見失ったらここへ来ればいいと言っても過言ではない”プロ向け動画エリア”は昨年と同じ場所で
またやるみたいです。




富山縣護國神社



嫁の助産院への通院に同行したついでに、今年はまだちゃんと初詣をしていないことを思い出して、
ちょっとだけ足を伸ばして行ってきました。

富山縣護國神社




今日のスペシャルゲストは次男のハルキさん。好きなご飯は納豆ご飯。きのこの山派の1歳9ヶ月です。

子供の写真を撮るのはホント難しくて、「撮るよー、こっち見てー」というとこの表情ですよ(苦笑
しかし DSC-RX100M2 、髪の毛の描写はさすがとしか言いようがないなあ。
撮って出しでも記憶色に近い仕上がりなので、とても気に入ってます。
等倍で見ると、顔の産毛や鼻クソまでくっきりと見えますからね、すごいわ(嘆




さて、到着早々さっそく境内で転びますが、そんなことは想定内。




水が冷たいので手を洗う勇気なんかあるわけない。




杉の木の周りに絵馬が懸けられていました。
こういう風習は個人的にはニガテ。頑張ってる&悩んでる自分に同情して助けてくれってアピールしてるみたいで。




杉の木にとまっていた鳩がカラスに驚いて飛び立った瞬間、パラパラと枝に積もっていた雪が落ちてきました。




境内へ降りてきた鳩の群れを見るやいなや、目つきの変わる次男。




気分はまさに狩人。




今夜のおかず、よろしくねー!(ぉ




鳩を捕まえることができなかったので、代わりに小石食べてました。




ともあれ、ちゃんとお賽銭入れてお参りして、おみくじも引いてきましたよ。

次男のはごもっともな内容。ポケットにあった10円玉渡して賽銭箱に入れさせたのが面白かったらしく、
おれがお参りしてる間によじ登ろうとして止めるのが大変でした。




おれのも、まあこんなもんかな。

でも、遠出はしないほうがいいってどこまでの距離を遠いと定義づけているか、そこから書いてくれないと
困るんだよね。来週横浜行くし。


ちなみに、昨日買ったマックのハッピーセット+チキンフィレオ単品が780円で、お賽銭が10円×2人分。
おみくじが大人も子供も100円ずつだったので、2日間でちょうど1,000円の支出となりました。


さて、やっと初詣に行けたし、今年も去年と同じようにあるがままで進むとしますか。
(もう立春も過ぎてるって・・・)


ハッピーセットトミカの救急車②

トミカにハマり始めた長女のために、枕元にハッピーセットのオマケのトミカを置いて寝たんですが、
朝起きてみるとさっそくシールが貼られて完成していました。




スケール的にはトミカサイズではないにしても、実車のサイズ比較的には雰囲気は出ているので気に入りました。
長女の反応はというと、『えぇ~っ、こんなん好きじゃない~』と言ってたそうですが、
次男にあげようか?と聞くと『でも、ちょっと好きかも・・・』とあくまでも次男と張り合う気でいる様子(苦笑




昨晩はビニール袋を開封していなかったので気が付かなかったのですが、底面にお約束的なスイッチがありました。




このスイッチをオン(◯)にして、前後にガシガシすると屋根のランプが点灯するというギミックが!
(チョロQみたいに走ることはありません)

救急車ってけっこう微妙かと思ってたけど、これならほかの車種よりも得した気分になれるね。

それに、手の前後反復運動で発電するなんて男の子なら親近感あるじゃないですか(何


なので、ガラの悪いクルマへの改造は見送ることにしました。

ハッピーセットトミカの救急車①

1歳半の次男と遊ぶために買ったトミカでしたが、8歳の長女がレゴブロックで作った家の飾りとしてアテンザを使っているのを次男が取り返そうとしてケンカしてたんですよ。

で、『わたしもパパに買ってもらう!』とか言い出したらしいので、マックに行ったついでにハッピーセットの
オマケでお茶を濁そうと考えた次第。
今回は景品を選べないパターンなので、何が来るかと思えば・・・。




救急車かよ。




ラインナップを眺めても、これは女子には微妙な感じだ・・・。
クリスマスに買ったトミカのほとんどは外車だし、国産車もスポーツカー系なので、これは本当に微妙(苦笑




開封してみたら、スケールが本家のトミカと違くね?
しかも露骨なまでにプラッチック感バリバリ。

いやぁ、これは屋根の上のランプ類外して一般車にした後でガンメタリックに塗って、街で良く見かけるガラの悪い
クルマ風にしたほうが面白そうだけどなあ。




とりあえずは長女のリアクションを見てから考えようかな。

次男が若いくせに早起きなので、先に見つかりそうだけど。


自宅の洗濯乾燥機がリコール対象に

3年前に買った洗濯乾燥機が、なんとリコール対象に引っかかってました。


DSC00120.jpg


ちなみに、使用前の紙おむつを次男が洗濯槽に放り込んだ事例があった程度なので、安心してください。


縦型洗濯乾燥機 無償点検・修理のお知らせ - 東芝ホームアプライアンス

recall.jpg


DSC00122.jpg

DSC00123.jpg

ビンゴですね~(苦笑

まあ、対象型番ってだけで症状が発生するとは限らないし、現時点では断線を疑うような"E6"および"E7"表示が
出ていないので、余裕かましてネットで点検を申し込んでみました。

後でサービスマンから訪問日の打ち合わせ連絡が入ることになってます。


洗濯乾燥機 無料点検修理のお申し込み

この機種というか、東芝の洗濯乾燥機ってたくさん販売したことがあるので、自分よりそっちのほうが
心配だなあ・・・。




VAIO事業 投資ファンドへ売却に向けて交渉中

また一つの時代が。


ソニー、「VAIO」事業売却で投資ファンドと交渉=関係筋 - ロイター


パソコンなら何でもいいってわけではなくて、コレじゃなきゃイヤだった。

使いみちなんて、後から考えればいいさ。

DSC00124_20140205110319a1c.jpg


最初に買ったパソコンこそ PC/AT互換機でなかった頃の NEC VALUESTAR だったけれど、後になって B5 サイズの
ノートパソコンの存在に惹かれて IBM ThinkPad 535(2606-MF9)を衝動買い(いちおうこのときは Apple の PowerBook 2400 にしようかどうか一晩悩んだ)して DOS の初歩的な使い方を学んだあと、
彗星の如く目の前に現れた SONY の VAIO 505 に完璧に心を奪われた時代もありました。

大げさかもしれないけれど、自分にとっての”モノの使う””モノを買う”の源泉となる部分を作ってくれたのは
VAIO だったと思っています。
また、同じユーザーとして知り合って今でも交流の続く友人との付き合いが始まったのも、VAIO がきっかけでした。


そういう魅力を感じるモノ作りをしてくれていた事業から先に、どんどん整理されていっちゃうのはさみしいなあ。
結局、場所を変えて存続はしても、シアワセな状況になってる例なんて見当たらないからさ。


VAIO に限らず、経営者は事業を整理するときに、これまでそれに携わってきた人たちの能力が流出することが
どれだけ後に影響するのか、想像もしないのかな。


ご破算になんねえかな・・・。ボソッ

BLADE RUNNER "THE FINAL CUT"

DSC00119_20140203191947637.jpg

監督のリドリー・スコットに対しては、もはやまともな映像作家としては評価をしていないのですが、
自分が写真を撮るようになって、ときどきその出来上がったものを眺めていると必ずこの作品を思い出すので
久しぶりに観ることにしました。

自分が撮りたかった作品を最後までやりきるパワーというのは、『フィフス・エレメント』のリュック・ベッソンや
『パシフィック・リム』のギレルモ・デル・トロの方がすごいと思うんですよね。

『プロメテウス』においては、当初は初期の名作『エイリアン』の前日譚を製作すると期待させておきながら、
結局出来上がったのはパラレル・ワールド的なぼんやりした雰囲気系のSF映画で、ちゃんとしたセンスを持っていたら
脚本の時点でいろいろとおかしいと気付くだろって思うし、一度出来上がったものを後からになって再編集して
"Director's Cut"と銘打って世に出すことが多いのもこの人の特徴。

また、編集に懲りすぎて前後不覚に陥ってる作品もあるしなあ・・・。
難しいこと考えながら観るのがバカバカしいという点ではジェリー・ブラッカイマーの方がよっぽどマシ。

というわけで、いくつもあるブレランの中から”最終”バージョンをチョイス。
個人的にツボなのは、4年しか生きられないように設計されたアンドロイドたちが、写真に固執するところ。

写真を撮ってそれを残すことが記憶を補完すると考えたなら、興味の惹かれたものを被写体に選ぶのは当然として、
行った場所やそこで見た物を記録することで、いつか見返したときに『あのときの自分』を思い出すことが
できると期待しつつ、何気ない日常の中でシャッター切ってます。


涙のように、雨のように思い出がやがて時とともに消える―ことがないように、ね。




フィフス・エレメント  スペシャル・エディション [Blu-ray]フィフス・エレメント スペシャル・エディション [Blu-ray]
(2010/09/16)
ブルース・ウィリス、ゲイリー・オールドマン 他

商品詳細を見る



ブレードランナー クロニクル [Blu-ray]ブレードランナー クロニクル [Blu-ray]
(2010/07/14)
ハリソン・フォード、ルトガー・ハウアー 他

商品詳細を見る


逆に今、ハリソン・フォードの独り語りの劇場公開版を観るとすごく新鮮だったりするのは皮肉すぎるかな。
いつか誰か、ウイリアム・バロウズ版のブレード・ランナー、撮ってくんないかな。

Ryuichi Sakamoto | Playing the Orchestra 2014

2013年に自身16年ぶりに行われたフル・オーケストラとの共演コンサート "Playing the Orchestra"
今年は北陸での公演も決定したので、隣県の石川会場へ行ってみたいと思っています。

坂本龍一 with 東京フィルハーモニー交響楽団
Ryuichi Sakamoto | Playing the Orchestra 2014


坂本龍一

[日程]
2014/04/01(火) 19:00開演/会場:石川県立音楽堂 コンサートホール

[出演]
指揮・ピアノ 坂本龍一
オーケストラ 東京フィルハーモニー交響楽団

チケット発売日2014/2/22(土) 10:00 - キョードー北陸
(この日は朝からまた羽咋市で仕事な上に PlayStation4 の発売日やないか・・・)

クラシック・アレンジだし、オーケストラものはちょっと苦手(やかましいから)ですが、生の音を聴ける良い機会
なので、できるだけ行けるように日程の調整をしたいと思います。
(S席 1万円か、高いなー)


RS 2014

セットリスト(2013年5月7日フェスティバルホール大阪のもの)

01.Kizuna
02.still life
03.Solitude
04.bibo no aozora
05.amore
06.castalia
07.0322 C# minor
08.TRACE
09.After All
10.happy end
<休憩>
11.Bolerish
12.ichimei
13.theme for yae
14.yae no sakura
15.Merry Christmas Mr.Lawrence
16rain
17.the last emperor
<アンコール>
18.The Shelterring Sky
19.Aqua


Ryuichi Sakamoto | Playing the Orchestra 2013Ryuichi Sakamoto | Playing the Orchestra 2013
(2013/12/11)
坂本龍一

商品詳細を見る


NAVY KIT COLLECTION 5 の大和を造る

ガムはまあまあ美味しかったですが、大きなおともだちのみんなはもう買ったかな?

NAVY KIT COLLECTION 第5弾 『レイテ沖 ~ 1944』が発売されたので、吸い込まれるように捕捉しました。


kantai_omote.jpgkantai_ura.jpg

このシリーズの内容はちょっと変則的で、箱にあらかじめ中に入っているオマケの番号が記載されています。
しかし、中身が艦船なだけに艦底を含む”フルハル Ver.”(風呂入る Ver.じゃないよ)と、洋上を航行する姿を再現した
”洋上 Ver.”(ようじょ Ver.じゃないry)のうちどれかが入っているという意地悪なパターン(苦笑
重さで判別できそうなものですが、実際はなかなか難しかったですね。


DSC00109.jpg

今回は 艦これ で建造に失敗し続けている『戦艦 大和』を狙ってメンタル・ケアをしたいと思います。
瑞鶴や愛宕に興味はないし、長門はお腹いっぱいなので『駆逐艦 雪風/磯風/初月』の3隻セットを選択。
どちらも風呂入るフルハル Ver. 狙いでつまんだのですが、腕が鈍ったか駆逐艦は洋上 Ver. が出てきて
しまいました。

まあ、本命の大和はフルハルだからまあいいか。

どうでもいいですが、氷見に『磯波風』って民宿あったよね。


Kantai_Manual.jpg

さて、駆逐艦はパーツが細かいので体調の良いときに組み立てるとして、今日は大和ちゃんを建造します。
組立説明書の裏(こっちが表か)にはレイテ沖海戦の簡単な史料が載っていますが、駆逐艦の説明書も内容が
一緒でした。


DSC00110_201402031333368dd.jpg

ちなみに”フルハル - Full Hull”のハルは「船体」という意味の英語で、それがフルにあるよってことで、
艦船全部の姿が模型されているという模型用語みたいなもんです。
タミヤ・ハセガワ・アオシマ・フジミ各社が発売している艦船のプラモデル”ウォーターライン・シリーズ”には
喫水線より下の部分を省略し、海に浮かぶ堂々とした姿がそのまま楽しむことができます。


DSC00111.jpg

先日買い直したタミヤの精密ニッパーが火を噴く瞬間(とき)が来たッ!!


DSC00113_201402031333331ca.jpg

塗装が雑すぎて心が折れそうになりますが、おれは元気です。

1/2000 というスケールだけに塗装のクオリティを求めるのは酷な気もしますが、押さえておいてほしいポイントは
きっちりとして欲しかったですね。「菊の紋章」なんか左舷側にずれてたし、ワンコインで買えるとはいえ、
ちょっと残念。


DSC00115.jpg

そして、折れたのは心ではなく、アンテナでした。



大和建造、失敗・・・・・・!ていうかレイテ沖に沈んじゃったわ
(洋上 Ver. 買ってきて補完しようかな)



男たちの大和 / YAMATO [DVD]男たちの大和 / YAMATO [DVD]
(2006/08/04)
反町隆史、中村獅童 他

商品詳細を見る


くろぉうじょあ~いぃ・・・


DSC-RX100M2 雑感

2月にしては暖かい午前中だったので、子供たちと団地内の公園で仕事前に遊んできました。


DSC00082.jpg

このごろやたらと外に出たがる次男、勢い余って靴も履かずに出てきてしまってました(苦笑。
(あとで取りに行きました)


DSC00084.jpg

それにしてもとてもコンデジで撮ったとは思えない金属の錆の質感だよなあ、と DSC-RX100M2 の
ポテンシャルに感心してしまいます。


DSC00088.jpg

そして、子供特有の突飛な動きにも追いていけるフォーカスの速さ。ダメなときもあるけど、概ね満足です。
むしろこれくらい撮れるなら、APS-C 機なんか要らないんじゃないかとさえ思えてくるw


DSC00083.jpg

色の再現性はとても素直だと感じています。
この日の天候は北陸特有の曇り空でしたが、その独特なトーンさえ思い浮かばせてくれますね。


DSC00091.jpg

『今年さあ、2月なのにぜんぜん雪降らんよねえ~』
そんな声が聞こえてきそうですが、実際にそういう会話をしていました。


DSC00099.jpg

あ、愛媛からお越しいただいたんですか? 遠かったでしょう?


DSC00094.jpg

段ボールをソリ代わりに滑り降りる長男の真似をして、ケツで降りようとする次男。


DSC00100_20140203005030ddf.jpg

あとで現像するつもりで少し露出アンダーで撮ってみたものの、結局このままで良いと思ったので、
何もせずにその場でスマホ転送してFBにアップしました。


DSC00098.jpg

この好奇心の権化に対しては体力が追い付かない(苦笑。


DSC00102.jpg

トンネルの向こう側では長男が待ち構えていますが、なかなか出てきてくれないのでやきもきしています。


DSC00095.jpg

公民館の雨樋(直せよなー)


DSC00101_20140203005042f4c.jpg

毛細血管のような枝。黒を引き立たせるには白を使うしかないよね。


DSC00107_20140203005041878.jpg

通勤途中で寄ったコンビニ近くの廃棄された看板塔。奥に見えるのは開通前の北陸新幹線。

カメラの性能はセンサ・サイズで決まると思っているけど、ここまでとは思わなかったよ。
1インチながら、APS-C 機の NEX-7 の存在をじわじわと脅かしてきたと感じた朝でした。

アクセス
最新記事
最新コメント
月別アーカイブ
カテゴリ
α7 (6)
みんぽす
モノフェローズに参加しています
サイト内検索
リンク
Powered By FC2ブログ

今すぐブログを作ろう!

Powered By FC2ブログ

QRコード
QR