FC2ブログ

大型艦建造で大和を造る 其の弐

こんにちは、長門ちゃんも無事LV30を越えて、長門(改)になりました。

nagato.jpg

前回の挑戦からまる5日、鋼材も7000まで回復したのでもう一度大型艦建造に挑んでみたいと
思います。


ていうかこのペースだと、一週間に1回は大和建造にアタックできそうな感じだね。←

kankore20.jpg

さて、前回のレシピでは鈴谷を秘書艦にしたものを参照したはずが、うっかり長門のままだったので、
今回は忘れずに鈴谷(改)ちゃんを連れてきました。


kankore21.jpg

そして、鋼材を7000投入し、開発資材は20という設定で大和の出現成功を祈ります。


kankore22.jpg

・・・・。あかん、これ長門型のパターンや(泣


次は秘書艦をまた長門(改)に戻すかなあ。


suzuya.jpg

とかなんとかボ~ッと考えながら、うっかり秘書艦を鈴谷のままで出撃したら、
南西諸島海域でコテンパンにされましたとさ。

めでたしめでたし。

大塚千野 「Imagine Finding Me」

こういうの、ちょっと好き。


子供の頃に撮ってもらった写真と同じ場所にもう一度立って、子供の頃の自分と一緒に写っているように見せる。
ありそうであったけど、心に訴えるものが今までなかった手法で作られた作品集。


1975 と 2005 (スペイン)
1975 と 2005(スペイン)

デジタル処理で加工されたということよりも、この作品たちの何とも言えぬ日常感が素晴らしいですねー。
元の写真が良くないとホントつまんないと思うんですけど、そもそもこれを撮った人って誰なんだろう?
きっとお父さんかな?


Chino Otsuka

Chino Otuka - OFFICIAL


どうやら英国からの輸入販売(紙)かオンライン販売(データ)での入手方法しかないようで、£30.00ってことは
日本円で \5,040 くらいになるのか。
ネットで見られる作品だけでは飽き足らないので、いつか全部見てみたいと思っています。


Carl Zeiss Touit 2.8/50M

Carl Zeiss の ミラーレス一眼用のレンズ "Touit" シリーズ第3弾、焦点距離50mm・開放F値 2.8 のマクロレンズ
の海外発売が発表されました。日本国内での発売は今のところ未定です。

カールツァイス、マクロレンズ「Touit 2.8/50M」を海外発表 - デジカメ Watch


50mm_macro_touit_zpsdb63e059.jpg

ほほう、NEX-7 に装着したらこんな感じになるのか・・・。


ちなみに APS-C 専用なので、実際は焦点距離が約1.5倍に伸びることをお忘れなく。
当然ですが、フルサイズ 機の α7/R は表記そのままの 50mm で撮ることができます。
フルサイズ機の α7/R に使おうと思ってもクロップされちゃうから微妙だYO!

う~ん、APS-C 用で 50mm のレンズは 手持ちの PENTAX K-5IIs で使っている、Planar T* 50mm F1.4 があるしなあ。
加えて マクロレンズも smc PENTAX-DA 35mm F2.8 Macro Limited があるので、この1本にお金を出すには正直
厳しいものがあると思われ。

昨年、"Touit 2.8/12" と "Touit 1.8/32" が発売されたときには、この 50mm かつ マクロ付きにとてもソソられた
はずなんですが、時間の流れのせいでしょうか? 今はレンズ交換式への興味が薄れてきてるんですよね。
α7/R も良いカメラですが、普段は気に入ったレンズを付けっぱなしで使うので、フルサイズなら RX1 とかでも
いいんじゃね?と思ったりもしてます。

そんな気持ちもあって、今回も離れたところから眺めていようと思います(ぉ

最新記事
最新コメント
月別アーカイブ
カテゴリ
サイト内検索
リンク