Farewell, Old Year

2013年もあともう30分で終わり、新年を迎えます。

今日もいつもの年末と同じように遅くまで初売りの準備をして、閉店時間は早かったものの
帰宅時間は普段と変わらないというね。

なんか時間の過ぎるのが早い1年だったと思います。

何よりも、去年の今頃はハイハイもおぼつかなかった次男がもう家中走り回ってるんだよね。
体も一般的な1歳児よりも大きいらしく、2歳か下手をしたらちょっと小さめの3歳児くらいに
見られることもしばしば。

来年の今頃はオムツも取れて、普通にしゃべってるんだろうなあ。


しゃべる、と言えば長男が変声期を迎えて若干ハスキー・ボイスになってきました。
体格も父親より立派になったので頼もしいかぎりですが、中身はまだ子供のままなので、そろそろ
しっかりして欲しいなと思っています。


長女は、あんまり変わっていないなあ(笑
今年1年大きな怪我をしなかっただけ良かったと思いますが、去年は同級生の子と比べて背が高い方
だったのに、最近見たらだいぶ追い上げられてるような気がしました。

たぶん、おれの帰りが遅くて、人の晩ご飯のおかずをつまみ食いできなくなったからだと思います。
ちなみに今日は「ガキ使」を観るために夜更かししていたので、サラダの大半を奪われました。


さて、今からお風呂に行って来ますが、たぶん年越しは風呂の中になるかな。
というわけで今年1年、実際にお会い出来たりSNSを通じてコミュニケーションを取っていただいた
皆さん、大変お世話になりました。

新年も変わらず親バカ道を邁進したいと思います。


スポンサーサイト

RUSH

日本では2014年2月7日公開予定ということで、CP+2014の見学に上京するついでに109シネマズ川崎あたりで
観てこようかと考えています。(富山にはもう109は無いし・・・)

仕事が忙しくてすっかり忘れていましたが、12月16日から入場事前登録が始まっていたので、さっそく登録っと。


映画『ラッシュ/プライドと友情』公式サイト
RUSH.jpg


F1レースといえば、世代的にセナにプロスト、マンセルの活躍がリアルタイムだったわけですが、
20代前半だったころにセナを失って以来、まともに実況を観ることをしなくなりましたね。
現在スキー事故で昏睡状態のシューマッハの現役時代の活躍も、どこか冷めた目で見ていました。

さて、この映画はそれよりももっと前の世代のヒーロー、ニキ・ラウダとジェームス・ハントが切磋琢磨
していた時代を描いています。
当時のマシンといえば、フェラーリ312T2やマクラーレンM23、ヘスケス308が有名だったと思いますが、
葉巻型から脱却し、まだ空力設計を模索していたであろうデザインがカッコ悪くて(苦笑、個人的にはこの時代の
マシンのデザインが好きではありません。

ただ、事故により大火傷を負ってなお6週間でレースに復帰したニキ・ラウダの男前っぷりには感嘆させられました。
痛いとか辛いとかもあったろうけど、怖くなかったのかなあ。

監督は「アポロ13」のロン・ハワード。トレイラーを観た限りでは王道を行く感じの雰囲気でワクワクさせられ
るんですが、音楽がハンス・ジマーと聞いてちょっと不安も感じています。
だって、いつ聴いてもつまんない曲ばかり書くんだもん・・・。


いつか、F1レースがもっとおおらかだった50年代のファン・マヌエル・ファンジオとピーター・コリンズとの
関係を描いた映画、誰か撮ってくれるといいな。



Dream TOMICA RILAKKUMA

しまじろうとのコラボもなかなかのキュートさでしたが、このリラックマもキュン死に値するくらいの出来。

ドリームトミカ・リラックマ&コリラックマ


IMGP2248.jpg

リラックマのほうは5月18日発売とけっこう前に発売されていたんですね。
コリラックマは12月27日にくまモンと同時発売で、セットで買うとクリアファイルがもらえました。


IMGP2252.jpg

1歳半の次男に”ぼくのおでかけバッグ”の存在に気づかれて解禁したところ、なぜか娘が羨ましがっていたので、
これ見せたら大変なことになるだろうな(笑


IMGP2254.jpg

リラックマの屋根の上の模様を最初”魚の骨”だと勘違いしていた程度には明和電機に毒されています。


IMGP2255.jpg

実は三輪車というのも面白い。車重もけっこうあるほうだと思うので、トミカ峠 やまみちドライブ では相当遊べそうです。


IMGP2257.jpg

リアもキュートですが、ちょっとやりすぎじゃないかなあ。ディズニーリゾートのバスと意匠がかぶるような
気がして違和感を覚えました。

さて、このドリームトミカシリーズ、バリエーションが豊富でしかも予想外の展開をするので、
集めだしたら本当にキリがなく、沼と言っていいくらいにハマりそうなので怖いですねw


劇場版 HUNTER×HUNTER The LAST MISSION

劇場版 HUNTER X HUNTER -The LAST MISSION-

DSC00847.jpg


観てきたのは中学1年の長男と友達3人だったわけですが(笑


初めて親抜きで映画館に行くということで、当初は電車を乗り継いで向かうというプランだったはずが、
決行日の設定がグダグダで一旦仕切り直し、行きはおれが通勤途中に各家庭を回ってクルマに乗せ、
映画館のあるショッピング・モールへ置いていき、帰りは(高山線なので)汽車で帰るという作戦になりました。

これもまた、当日になってみれば見事にグダグダで(苦笑、寝坊したと勘違いして参加メンバーの1人を
連れて行くのを諦めたあと、上映時間近くになってうちの嫁に「まだ迎えに来ないんですけど」みたいな電話が入って
焦るわ(呼び鈴が聞こえなかっただけで、ちゃんと起きて待っていた)、
子供たちのうち1人しか携帯電話を持っていない上にその番号を知らなくて、こちらからは連絡が取れないわで、
コレ本当に緊急の緊急時だったらお手上げでっせという状態でございました。


自分が高校に通うまでは切符の買い方も知らなかったというのがあったので、せめて子供には早めに経験して
おいてもらいたいと思ったんですが、それ以前に計画立案や非常時の連絡手段の詰めの甘さがヒドかったですね(苦笑

まあ、こうしてお土産?が置いてあるということは無事帰って来れた証拠でもあるのですが、
次回があるならもうちょっとちゃんとしたいと思いました。


ともあれ、行きの車内での長男とその友達とのやり取りが微笑ましくて、当たり前だけどちゃんと友達作って
学校生活を楽しんでいるんだなあと、うれしく思いました。
通学上の理由で平日は別居しているので普段の様子が見れないため、余計に感慨深かったです。


明日の朝、長男が起きて来たら何を話してくれるのか楽しみですね。



the Straight Story BD [Re-Store Edition]

滑川のTSUTAYAで見かけたので購入。

PBH300148.jpg


手持ちのDVD版(コレクターズ・エディション)とは画質の違いのほかに、特典映像などのオマケがなく、
予告編映像がもうしわけ程度に付いているくらい。
いいんだよ、こういうので。

さて、ブルーレイだし”リストア版”と言うだけあって、すっきりとしたアイオワの空気や青空を堪能できます。
特に道路脇の草が風になびく感じなんかはDVDだとぼんやりしてたのが鮮明に見れて、自分もアルヴィンと一緒に旅を
している気になりました。


物語のテーマとしては老い・家族・兄弟・人との出会いというシンプルな内容なので、劇場で再上映してもいいのでは?
と思うんですよ。

スクリーンでは俳優の命は永遠だしね。



the straight story ストレイト・ストーリーthe straight story ストレイト・ストーリー
(2000/03/13)
村上 龍

商品詳細を見る


PHIL COLLINS Live At Montreaux 2004 BD

1990年ドイツ・ベルリンでの野外公演「SERIOUS HITS...LIVE!」の模様を収録したDVD(国内盤が廃盤のため輸入盤を購入)の映像信号方式が日本で採用されているNTSC方式ではなく、ヨーロッパで一般的なPAL方式だったがために、
自宅のPS3では再生できないというトラップにハマって頭を抱えたものの、マイカーに搭載のDVDナビ(日産純正・三洋OEM)ではなぜか普通に再生できてしまい、もともとクルマで観るつもりだったので、
理屈はよう分からへんけどめでたしめでたし・・・という記事を最近書きましたが、弾みで違う年代のライブBDも買っていました。


DSC00844.jpg

今回も輸入盤ですが、問題なくPS3ちゃんで再生できましたよん。

さて、2012年3月に米国でリリースされた本BDの中身はというと、2004年のフランスでのライブを収録しています。
たしか"The First Farewell Tour"と題した世界規模のコンサート・ツアーの一部だったような。
2000年代に入ってから何度も引退と復帰を繰り返しているので、ラスト・コンサートだったかどうかは忘れました。

絶頂期だった1990年(当時39歳・・・同年代かよ)の演奏と比べると、パワーダウンした感は否めないところですが、
若干マイルドになったヴォーカルが耳に心地よく、コンパクトな会場の規模にも合った感じで今ではもう10年前にも
なっちゃいますが、円熟した演奏といって過言ではないかと思います。

ちなみにベースの髭のオッサンリーランド・スカラーと、Earth,Wind & Fire から借りてきた"The Phenix Horns"はベルリンのライブでも一緒だったので、あれから年を取った彼らを見て何故かホッとしました。
キレッキレのギタープレイを魅せていたダリル・ステューマーの姿が見えなかったのが少々残念な気もしますけど。も、相変わらずクールにプレイしていますね。

野外でのライブと違って、会場がコンパクトなホールのためか、カメラがあまり動かずフィル中心に撮っていますね。
なのでカメラワークがヘタクソに感じてバックのメンバーの顔が良く見えないんですよ(苦笑

オマケとして1996年にモントレー・ジャズ・フェスティバルに参加し、自身の名曲をビッグ・バンド・ジャズに
大胆にアレンジして演奏した模様が収録されているので、これまた興味深い。
こっちはまだじっくりと観ていないんですが、マイルス・デイビスの"Milestones"をカバーしているようなので
観るのが楽しみです。




Live at Montreux 2004 - 1996 [Blu-ray] [Import]Live at Montreux 2004 - 1996 [Blu-ray] [Import]
(2012/03/26)
Phil Collins

商品詳細を見る


TOMICA WORLD ぼくのおでかけバッグ GS

自分へのクリスマス・プレゼントです(ぉ

今年のクリスマス・シーズンは職場にある玩具売場の手伝いをしていたんですが、
どんどん棚から消えていく大きな箱(やまみちドライブとか)の脇で、ひっそりと箱が色褪せていた
この「ぼくのおでかけバッグ(ガソリンスタンド)」に情が湧いてしまい、
メガネを新調した勢いで買ったメガーヌを収納するのにも便利かなと思って買いました。

トミカワールド ぼくのおでかけバッグ (ガソリンスタンド)


DSC00843.jpg

他の商品をラッピングしながら、こんなクソでかいおもちゃの箱、どこにしまっとくねんとか思っていましたが、
これなら場所も取りませんね。


DSC00840.jpg

内部にはクルマ6台が収納できます。


DSC00841.jpg

洗車機を模したシールが微笑ましいですね。そういえば長男が最初に覚えた言葉が「スタンド」と「セルフ」だったの
を思い出しました。
ネット上の洗車機の画像を集めまくってスライドショーで見せてやったら、ずーっと眺めていたなあ。


DSC00839.jpg

左側の収納スペースにはモバイル充電器やUSBケーブルも入ります。


いやぁ、子供ころは両親が忙しくてあまり遊んでもらった記憶がないのと、
女きょうだいに囲まれていたので、精神的に孤独な幼少期を過ごしてたんですよ。
だからたぶん、これは反動かなと。

次男のハルキさんがもう少し成長してから、いっしょに遊ぼうかな。

たしかハルキさんにいちばん年の近い従兄が年中さんだったはずなので、もう1・2年してこれを持って
実家に遊びに行ってもまだ通用するはず。

我が家は子だくさんなようで、年が離れているので同じレベル同士で遊べないという弱点があるんですよ。


Mégane を買った。

いくら家族のためだとはいえ、愛着の湧かないクルマに乗り続けるにも我慢の限界があります。
クルマは男の子にとって永遠の相棒。遊びココロを忘れたくはありません。


conceptImg05.jpg

大人になっても、少年のような気持ちだけは持ち続けたいと思って、決心して買いました。





IMGP2246.jpg


トミカだけどね

ROBOCOP Director's Cut

Robocop_1987.jpg


リメイク版の公開が2014年3月14日に決まり、ちょうどそれにタイミングがあった感じでオリジナル版の
BD、それも日本語吹替音声に力をいれた”吹替の帝王”シリーズの予約も始まりました。
発売は3月5日。当然これ観てから映画館に行けよってことだよね(笑

ロボコップ ディレクターズ・カット<日本語吹替完全版>コレクターズ・ブルーレイBOX (初回生産限定) [Blu-ray]

今回の再BD化に際して、これまでテレビ放映等でなされてきた日本語の吹替3種を網羅。
おれは子供の時にテレビで観たのが最初だったので、当然マーフィーの声といえば磯部勉だし、
ジョージ・クルーニーの従兄のミゲル・フェラー演じるモートンの声は富山敬しかありえないのだ。
要は日曜洋画劇場版を観て育ったクチですね。

劇中、デトロイト警察のウォーレン・リード巡査部長の役をやっていたロバート・ドクィは
もう亡くなっているんだよね。あの映画の脇役の中でも特に好きだっただけに残念だなあと思っていたんですが、
2008年に満73歳で亡くなったとなれば、逆にこれまで経過した時間の速さに驚くなあ。
だって、もう20年も前の作品なんだもんね。
(ロバート・ドクィの声をあてた藤本譲に至っては存命だけれども、御年78歳!)

映画俳優の命は永遠のものだと、つい思っちゃう。(声優もね)


ついでに言うと、パッケージ・デザインも今回のものしか認めない。
だから今までずっとソフト化されても買ってこなかった。(そういえばLDで持ってたよな・・・)
普段は余計な特典なんか要らない、本編だけでいい派なんですが、この映画は別ですね。

というわけで全力で予約しました。



ROBOCOP 2014


新ロボコップ、右手だけ人間のままってのが渋いというか、思い切ったなあと思いますよ。
引き金を引くときの繊細な感覚を生かすためなのかどうか分かりませんが、そこらへんを映画館でチェックしたいですね。



ロボコップ ディレクターズ・カット<日本語吹替完全版>コレクターズ・ブルーレイBOX (初回生産限定) [Blu-ray]ロボコップ ディレクターズ・カット<日本語吹替完全版>コレクターズ・ブルーレイBOX (初回生産限定) [Blu-ray]
(2014/03/05)
ピーター・ウェラー、ナンシー・アレン 他

商品詳細を見る

MEGANE を買った。

5人家族なので、旅行のときのことも考えて、巷によくあるミニバンに乗っているわけなんですが、
旅行なんてしょっちゅう行くわけでもないし、1年のほとんどは自分と空気しか乗せて走っていないんですよね。

で、さすがにこう毎日片道1時間の勤務先まで運転するのも疲れるので、思い切って買い換えました。


conceptImg05.jpg


見た目とかあんまり気にしない性格(その代わりに人からどう見られてるかとても気にするけど)なので、ずいぶん
傷だらけになっても、そのままにしていました。


でもさすがに片道1時間で、帰りも夜の10時を過ぎるとなればさすがに目に負担がかかるし、
ここは男らしく新調すべきかと。


IMG_2242.jpg




メガネを、だけどね。

週刊アスキー No.960 の付録

職場からの帰り道に通りがかった書店で見かけたので購入。
いつも買うのは付録のあるとき、というのが非常に申し訳ない気もしますが、
相変わらず良い仕事してますねー。


IMG_2235.jpg

今回の付録は『8色に変化しながら充電する micro USB ぴか~るケ~ブル』ということで、文字通り光ります。
これが雑誌も付いてたったの590円!


IMG_2241.jpg

そしてココがこだわりポイント、アックン渾身のアスキーロゴ。


IMG_2236.jpg

micro USB なので、さっそく昨日届いたダンボー・バッテリー mini Ver. を充電してみます。
ケーブルがしなやかなでとても使いやすい印象です。


IMG_2238.jpg

灯りを消してみると怪しさ倍増w

USBケーブルはいろいろ持ってると何かと便利なので、今回もまたコレクション箱の仲間入りをしました。
子供の餌食にならないように気を付けないとね。

GRAVITY

2006年の『トゥモロー・ワールド』で、銃撃戦のただ中へ放り込まれたような圧倒的な臨場感のある演出が
キ○タマが縮み上がるくらい素晴らしかったアルフォンソ・キュアロン監督の最新作ということで、
観に行ってきました。


IMGP2235.jpg

出演は主に、ミッション・スペシャリストとして参加した「ライアン・ストーン博士」役にサンドラ・ブロック、
宇宙遊泳最高記録にあと少しのベテラン飛行士マット・コワルスキー」役にジョージ・クルーニー。
事故発生直後に即死してしまい”顔の一部と写真”しか出ない飛行士役にファルダット・シャーマの3人。
声だけ出演のエド・ハリスはヒューストンの管制官を演じています。


基本的に出演者はヘルメットで顔の全部が見えないか、その場にいないかなので、会話の”声”というのが
ホント重要だなあと思いました。
特に宇宙空間に放り出されてパニクるサンドラ・ブロックを無線で励まし続けるジョージ・クルーニーの
カッコ良さったらないよ。あれは良い声だった。

管制官が”エド・ハリス”と後で知ってニヤリとさせられたけど、主演の2人を含め、これまで色んな作品を観てきて
慣れ親しんだ”声”があったからこそ、最後まで集中して観れたと思っています。

ぶっちゃけ、『ライフ・オブ・パイ』は映像こそ綺麗で印象的だったものの、あのインド訛りの英語が耳障りで
集中できなかったんですよね。肝心のセリフの聞き取りづらいあの作品は過大評価されすぎだと思う。

さて、この作品を観るにあたって、まず押さえておいてほしいのが、ケスラー・シンドロームという現象。
意図的にしろ偶発的しろ、宇宙空間で破壊され飛散した人工物(スペース・デブリ)はが連鎖的に破壊を繰り返し、
一度それが起きてしまえばとても手に負えないということ。

漫画『プラネテス』の主人公”ハチ”こと八郎太は、そのスペース・デブリを回収&廃棄する仕事をしていて、
仲間であるベテランのフィーも一度は絶望して廃業を決意するくらい悲惨なケスラー・シンドロームを目の当たりに
するわけですが、この漫画を読んでいたおかげでケスラー・シンドロームの恐ろしさを、
臨場感たっぷりに味わうことができました。


そうそう、いつも映画ネタをブログに書くときは現題をタイトルにしているんですが、これはカッコつけてるのでも
なんでもなく、映画へのリスペクトからなんですよね。本作品の邦題名はもちろん『ゼロ・グラビティ』なんですが、
映画を観終わった後、やっぱりというか、作品の意図したタイトルになってないなあと痛感したんですよね。

この作品は”無重量”ではなく”重力”を体感する映画です。


あと、「アニンガ」は、個人的な意見を言うと本編より先に観ておいたほうが「ああ!」感が倍増してよかったかも。

IMGP2232.jpg



プラネテス(4) (モーニングKC (937))プラネテス(4) (モーニングKC (937))
(2004/02/23)
幸村 誠

商品詳細を見る

Linn - 24bits of Christmas

Linn Records が今年も12月25日までの期間限定で、CDを超える高音質の音源を無料で配信しています。
まあ、あと1週間で終わっちゃうんだけどね。

今年の後半に入ってハイレゾ音源対応のポータブルオーディオも発売されたことだし、”ハイレゾ”とは何ぞや?
と興味を持った人には良い機会かも。


LINN - 24-BITS OF CHRISTMAS

Linn.jpg

配信されている音楽はジャンルが様々で、且つあまり日本ではメジャーではないような選曲がされているように
思います。去年も欠かさずダウンロードしてたけど、洋楽好きを自称するおれの知っているアーティストが1人もいなかった。それはそれで、新しい出会いのきっかけとして毎日楽しみにしていました。

ただ、今年もそうなんだけど、このキャンペーンの影響を受けて、配信されたアーティストのアルバムを買ったことが
ないというか、そこまで思わないというか・・・(苦笑。

とりあえず、Foobar2000 を使ってパソコンでBGM代わりに流しています。


Linn Records がハイレゾ音源無料ダウンロードキャンペーン - Yahoo! ニュース

Aningaaq


1242144124.jpg

たぶん明日(20日)には『ゼロ・グラビティ』を観に行っていると思いますが、
その直前のこのタイミングで、アルフォンソ・キュアロン監督の息子であり、共同で脚本を書いたホナス・キュアロンが撮った
『ゼロ・グラビティ』のスピンオフ作品『アニンガ』(イヌイットの言葉で”月”を意味し、男性名に使われる)が公開されました。



"Aningaaq" By Jons Cuarón

『ゼロ・グラビティ』本編では語られなかった事実を知ることになるこの約7分の動画(どうやら泣いちゃうらしい)を、ブログ記事にしておきながら自分は明日、本編を観終わってから堪能しようと思います。


Phil Collins Serious Hits... LIVE! DVD


PC4.jpg


フィル・コリンズの音楽活動の中で、ソロ・特に1990年までのころが特に好きでした。
それは彼のキャリアの絶頂期そのものでもありましたが、以降は低迷していたわけではないだろうけど、
今までこれ以上ない完成度の高い音作りで、聴いててとても心地良かったのはずなのに、
1993年リリースの"Both Sides"以降、どこか早口でまくし立てるような感じの曲調に違和感を覚えて、
いつの間にか聴かなくなりました。

それでも、好きなミュージシャンの1人には変わらないので、ふと思い立って好きだったころの
ライブDVDを Amazon で買ってみました。


しかし、ここで思わぬ落とし穴にはまりました。購入前にきちんとリージョン番号とか確認したつもりだったんですが、
プレステ3では観ることができないんです。

なぜなら・・・

IMG_2245.jpg


IMG_2231.jpg

”PAL方式”だったから!(苦笑

パソコンの Windows Media Player で観ることはできるのよ、いちおう。
でも本当は車の中で視聴したいんだよね~。

合法か非合法かは分からないけど、フリーソフトで PAL → NTSC に変換する方法もなくはないものの、
めんどくさ~。

当時WOWOWで放映されてたNYはマディソン・スクエア・ガーデンでのライブではなく、ベルリンでのライブだと
いう時点でピンと来るべきだったなあ。



Serious Hits Live [DVD] [Import]Serious Hits Live [DVD] [Import]
(2003/11/11)
Phil Collins

商品詳細を見る





・・・と、あきらめ半分で、ブログのネタ的に純正ナビ一体型のDVDプレーヤーでかけてみたところ、


PC3.jpg

PC2.jpg

なんと、観れてしまいました!

もう、全然意味分かんないんですけどw

PAL方式互換プレーヤだなんて、生まれて初めて見たわ、日産純正ナビ HS-306A って恐ろしい子・・・。
ともあれ、このうれしい誤算のおかげで長い通勤時間がとても短く感じるようになりました。

めでたし、めでたし。

HG BEARGGUY III [SAN]

年内に作れるかどうか時間的に微妙ですが、在庫がラスト2だったので、とりあえず確保。
ブラウンのスミ入れマーカーも買えたよー。


IMG_2230.jpg

さて、『ガンダムビルドファイターズ』のことはよく知りませんが、アッガイならMGで作ったことがあるので
内部の構造は手に取るように分かるんだぜ!
だからというわけではないですが、気軽に作って遊べて、子供が触っても大丈夫そうなのって
これくらいしか思い浮かばなかったんだもん・・・。

流し込みタイプのスミ入れペンの効能や、週刊 永遠のゼロ戦プラモデル No.01 に付いてたリモネン系の
接着剤の効果を確認するには適当な素材かと。

これでコツつかんだら、2014年は MG サザビーから一年が始まるんだ。

そう自分自身に言い聞かせつつ、今日のところは寝ます・・・。
毎日もう、本来ならちゃんと仕切る人のいるべき仕事まで手伝わされてフラフラ(苦笑


週刊 永遠のゼロ戦プラモデル No.01

TVCMで発売を知ったのを思い出して、娘の歯医者の帰りに本屋で買ってきました。

週刊 永遠のゼロ戦プラモデル

IMG_2224.jpg

創刊号は752円で、4号まで揃えるとファインモールド製 1/72スケール零戦二一型が完成するというのがポイント。
以降、三二型・二二型・五二型と続くわけですが、2号からは一冊1,238円もするので、4号でやめるつもり。

IMG_2227.jpg

実は二一型は一度”バトルフィールド1943”にハマってたときにハセガワ製の1/48を作ろうとして、失敗してるんですよね。←航空機はニガテ
幸い?2個買いしていたので、ストックがもう1個あるわけなんですが、付録のような1/72だと、スケールが
小さくてパーツも簡略化されている分ハードルは低いかな、と。

ちなみに、米軍の戦車”シャーマン”もドラゴン製の1/35スケールのを作ろうとして、すでに3度返り討ちに
遭っています(苦笑。結局タミヤの1/48で鬱憤を晴らし、そこで覚えた技法をラピュタのロボット兵にフィードバックさせたこともありました。


IMG_2228.jpg

で、今回この雑誌を買うひとつの理由となったのは、付録の一部であるコレ。
ペン型の接着剤で、溶剤にシンナーを使用していないので非常に扱いやすい。経験上このタイプの接着剤は
あまり強度がないのが特徴ですが、昨日買った”サザビー”のような接着剤を使わないわりにやたらパーツが多いプラモデルを作る際の補助的な用途なら十分かと。752円だし。


EPSON001.jpg

軽くショックを受けたのは、次号付録の”空母甲板”のパーツ。これ1個がB5サイズくらいのはずですが、
揃えたら迫力出るだろうなあ・・・。ダイソーで買ってきたテープでキャッキャやってる場合じゃなかったわw


雑誌の内容を少しレビューさせてもらうとすれば、百田尚樹へのインタビューと、あの宮崎駿とファインモールド社長の鈴木邦宏氏との対談との、なんというかアプローチの違いが興味深かったですね。

百田尚樹は自身の父親たちが体験した戦争を語り継ぐ上で、零戦とは味方や敵にとってどういう存在だったのか、
というスタンスで語っているのに対し、宮崎駿と鈴木氏は同じエンジンを積んだのに陸軍の隼よりも海軍の
零戦のほうが性能が良かった、というようにあくまでも空を飛ぶ道具としてのヒコーキとしてしか捉えていない。

これは偏に『風立ちぬ』と『永遠の0』での”零戦”の描かれ方の違いにも現れているのかな、と思いました。

『風立ちぬ』を観ていないし、観る気もないのでこれ以上言えませんが、今の自分としては百田尚樹に共感できる
かなあ。戦闘機にロマンもへったくれもあるわけないじゃないか。

MG MSN-04 SAZABI "Ver. Ka"

ちょうど入荷日に職場の玩具売場の手伝いをしていたんですが、次男がまだ小さいので、
せっかく作っても飾ることもできないという事情もあって、箱の中身だけ見せてもらってスルーするつもりで
いましたが、我慢できずに買ってしまいました。

MSN-04 サザビー Ver.Ka (MG) (ガンプラ) - ホビーサーチ

DSC00836.jpg

もうね、あの裾の部分がグワッと開くギミックといい、パーツの色分けといい、ランナー状態を眺めている
だけでムラムラしてきちゃった(笑

それに、目の前でガンガン売れて行くんだよ? クリスマス包装もさせられたし、おまえらばかり楽しい思い
しやがって・・・と思ったら、もう理性なんか飛んじゃうじゃないですか。

あと、昨年のνガンダム Ver. Ka のようなテカテカ光る内部フレームではないのが素敵。
このクオリティで リック・ディアス 出してくんないかなー。


次男が生まれる前までは、秒速で作らずに時間をかけて休日にベランダでスプレー塗装したりしていたのですが、
さすがに乳幼児に溶剤の臭いはNGなので、今回はスミ入れとトップコートだけにするつもりでいます。

スミ入れには例の『ガンダムマーカー 流し込みスミイレ用』を使います。
ブラウンが品切れだったので、黒とグレーだけ買っておきました。

作るのはたぶん、時間的にも体力的にも年が明けてからになると思いますが、あの秒速の貴公子はどうするのだろうかと
密かに気になっています。

大容量 『航空母艦・赤城の甲板』 モバイル・バッテリー

Cheero Power Plus DANBOARD Version(容量 3.7V 10400mAh)を結局買わなかったのは、
品切れしていた間に手持ちのバッテリーをダンボー風にして、自分を納得させてしまってたからでした。


IMG_2218.jpg

Panasonic QE-QL301 (容量 3.7v 1260mAh)に●や▲に切ったビニールテープを貼っただけ・・・。
それもさすがに虚しくなってきたのと、先頃発売された”ミニ・バージョン”が今月末に届くので、
この機会にリニューアルしてみようと考えました。


IMG_2219.jpg

そこでひらめいたのが、劇場公開を今月21日に控えた映画『永遠の0(ゼロ)』に登場する零戦のミニチュアといっしょに遊べる”航空母艦・赤城型バッテリー”の製作でした。

用意したものは、床の修繕に使う木目調のテープと、甲板上の白線を再現するための油性ペンです。
ダイソーで買いました。


IMG_2220.jpg

さっそく貼って、出来上がり。所要時間5分。かかったコストはたったの210円。
ちなみに油性ペンの馴染まない材質だったので、白線の再現は今回見合わせました。
そのうちラインテープの細いのでも見つけてきて、近代化改修とか言いながらやってみようかな。


IMG_2223.jpg

さっそく 1/144 WING KIT COLLECTION Extra Edition の中から、赤城第1航空戦隊と第721航空隊の機体を
置いてみました。う~ん、雰囲気ばっちり!←
「遊んで良し」「充電して良し」「放電して良し」の三拍子そろったアイテムができました!

な~み~だ みせぬよ~うに え~が~おで さよな~らを・・・


えーと、早く原作読み終えないと。

逆襲のシャア ベルトーチカ・チルドレン/富野由悠季

閃光のハサウェイ』のことを唐突に思い出したあと、まさかと思って調べてみたら、
この作品の電子書籍版も同じ12月26日でした。

もうこれは運命(ぉ


b0006633_4df088bd15ddc.png

”逆シャア”といえば個人的なキービジュアルとしてはこの、イメージなんですよね。

劇場版公開当時、TM NETWORK のファンだったので、主題歌の「BEYOND THE TIME 〜メビウスの宇宙を越えて〜」
つながりでこの作品に興味を持ったのと、モビルスーツ”百式”(しかもZZガンダムの頃の)が好きだった
こともあって、映画館で観た・・・かな。←覚えてない。

同時期に TM NETWORK が"CAROL"と題したコンセプト・アルバムをリリースしてたよなあ。
中学校の同じクラスのY君(故人)が矢沢永吉のファンで、おれは TM NETWORK の"CAROL"の話をしてるのに、
彼は永ちゃんの"CAROL"の話だと思っていて、二人して「えっ?」「えっ?」となったのは楽しい思い出。

Y君はその後、何かの冗談と思うほど早くに病気で亡くなってしまったけど、記憶の中の彼は今でも学ラン姿
のままだ。


1180927507263fac7.jpg

昨今のガンダムものでは考えられないくらい重厚なイメージ・ビジュアル。
リアル系SFが好きなので、こういう雰囲気はまさにツボだった。

それにしても、閃光のハサウェイといい、この逆襲のシャアといい、このタイミングで電子書籍版を出すのって
絶妙だよなあ。よっぽど計算してのことだろうけど、こういうのって消費者の行動データを分析したのかな。

まんまとハメられそうな感じです。


つづく。

閃光のハサウェイ/富野由悠季

ふと思い出して調べてみたら、電子書籍版が今月26日リリース予定でした。
なんてタイムリー!

きっとこれは運命だから、kindle版で読み直すぞー、たぶん。


516G3Z6CHBL.jpg

これ読んだのっていつだったっけ?
たしか小説版の「逆襲のシャア」を読み終わった勢いで続けて読んだ記憶があるのですが、
内容をまったく覚えていないという。

記憶にあるのは主人公のハサウェイ・ノアが、あのホワイト・ベースの艦長であるブライトの息子という
ことだけながら、珍しく?読後満足した印象だけが残っているので、発売日にまだ覚えていたら買うと思います。

それにしても、ガンダム小説なのに表紙イラストが「マクロス」の美樹本晴彦だなんて、
イエスのドラマーだったビル・ブルーフォード(ブラッフォード)がキング・クリムゾンでもドラム叩いてた、
みたいなジャンルは同じだからアリなんだろうけど、実際どうなの?
みたいな妙な感覚を憶えますよね。←分かりにくい


機動戦士ガンダム 閃光のハサウェイ(上) (角川スニーカー文庫)機動戦士ガンダム 閃光のハサウェイ(上) (角川スニーカー文庫)
(2013/12/26)
富野 由悠季、美樹本 晴彦 他

商品詳細を見る



機動戦士ガンダム 閃光のハサウェイ(中) (角川スニーカー文庫)機動戦士ガンダム 閃光のハサウェイ(中) (角川スニーカー文庫)
(2013/12/26)
富野 由悠季、美樹本 晴彦 他

商品詳細を見る



機動戦士ガンダム 閃光のハサウェイ(下) (角川スニーカー文庫)機動戦士ガンダム 閃光のハサウェイ(下) (角川スニーカー文庫)
(2013/12/26)
富野 由悠季、美樹本 晴彦 他

商品詳細を見る



FragileFragile
(2011/06/21)
Yes

商品詳細を見る



Lark's Tongues In Aspic: 40th Anniversary SeriesLark's Tongues In Aspic: 40th Anniversary Series
(2012/10/18)
King Crimson

商品詳細を見る

ジパング(全43巻)/かわぐちかいじ

こんばんは、コミックスをまともにコンプリートできない性格のむっちーです。

けして『永遠の0(ゼロ)』や『艦隊これくしょん』にどっぷり浸かった勢いでこの『ジパング』を読んでた
わけではございません、以前から戦史には興味があったんです。まあ、漫画だけどね。


IMG_2216.jpg


この作品の存在に気づいたときには単行本が既に数巻発売されてたと思いますが、
調べてみたら手元にある単行本の4巻め以降は第一刷刊行のものばかりでした。
最後に読んだ2009年10月23日刊行の42巻発売以降、ぱったりと書店で見かけなくなり、
気がついたら最終巻を読むこともなく5年の月日が経っていました。


『艦これ』はさておき、小説で語られる戦史にしても、この漫画にしても、作者の思想というか歴史認識というものが少なからず反映されていると思いながら読んでいた当時、まさかタブレットで最終巻を読むことになるとは
想像もしていなかったなあ。

43巻まで引っ張ったわりには風呂敷のたたみ方が拙速かつ無難過ぎたのと、結末に至るまでの間に多くの魅力的なキャラクターたちを死なせ過ぎたのがとても残念な作品でした。
結局、なんも残らなかった作品だった。


ミッドウェー海戦直前の1942年6月4日(ちなみにハルキさんは2012年の6月4日生まれ←知らんがな)
太平洋上を航行中だった大日本帝国海軍連合艦隊の眼前に突如現れた海上自衛隊所属のイージス艦・みらい。
主人公の副長・角松洋介は、「歴史」に干渉することを恐れながらも、撃墜された零式水偵から一人の軍属を救出し、70年後から来たイージス艦に乗せたことから、自らも「歴史」の大きなうねりに巻き込まれていく・・・。

ずいぶん昔に観たドラマで三上博史が宇宙飛行士を演じていて、彼の乗ったスペースシャトルが不時着した先が
戦時中の日本だった・・・みたいなのがあったと思うんですが、プロセスは抜きにしてオチがあれと一緒だった。


NASA 未来から落ちてきた男 田中好子さんの登場シーン


ちょっと興味深いのは、「みらい」艦載機に V-22 (オスプレイ)をモデルにしたティルトローター機が登場することかな。2000年ごろから米軍海兵隊への配備が始まっていたようだから、あながちトンデモ設定とは言えないんだけれども、自衛隊に配備されているという設定、今読んだら感慨深いよね。



GODZILLA 2014

02.jpg

『パシフィック・リム』のBD版発売に合わせたかっこうで、かねてから製作が進んでいたハリウッド版
”ゴジラ”のオフィシャル・トレーラーが公開されました。

ついに映画「GODZILLA(ゴジラ)」予告編が登場、公開は2014年5月を予定 -Gigazine-

前作のエメリッヒ版は、数多くの怪獣映画ファンを失意の底に突き落とし、ある意味伝説となりましたが、
今回は一体どうなるでしょうか。



Godzilla - Official Teaser Trailer [HD]

もともと怪獣映画をまともに観て育っていないので、世間ほどエメリッヒ版に失望することもあまりなく、
当時流行していた”ディザスター・ムービー”のひとつと考えれば、その後の似たような作品の演出にも
少なからず影響を与えたのではないかと思っています。



The Wallflowers - Heroes [HDTV]

特に、サウンドトラックに使用された楽曲が結構カッコ良くて、CD買っちゃったんだよね。
ちなみにボウイの名曲「ヒーローズ」をカバーしたこのバンドのヴォーカルは、あのボブ・ディランの息子。



Jamiroquai - Deeper Underground

このころのジャミロクワイはキレッキレだったよなあ。



Puff Daddy "Come With Me" - Godzilla Soundtrack
"
"パフ・ディディ"ことショーン・コムズが"パフ・ダディだったころの曲。レッド・ツェッペリンのジミー・ペイジとの
まさかのコラボが話題に。

あと、日本からはラルク・アン・シエルが楽曲の提供をしていて、劇中にも流れていたのですが、
冒頭に漁船が襲われるシーンだったので全然聴こえないというイヤガラセを受けていたような(苦笑

というわけで、今回の2014年版はゴジラの造形とともに使用される楽曲も気になっています。

PACIFIC RIM Blu-Ray(Amazon Limited Edition)

今年の夏公開された、ギレルモ・デル・トロ監督渾身のロボット映画『パシフィック・リム』の
ブルーレイ版が発売されました。

おれも9月に入ってから公開終了ギリギリに観に行き、10月1日のアマゾンの数量限定版予約開始時には
ソッコーでポチってました。

今回のソフト化に際して複数のバージョンがあるのですが、違いは以下のとおり。

Bluray_Shiyou.jpg

たぶん、あと10年若かったら左から2番目の”ジプシーデンジャー・ディスク収納ケース付”を選んでたかも
しれません(笑

3D版を視聴できる環境がないのと、いまさらDVDで観る理由がないので3D版やDVD版がセットになっている
バージョンはきっぱりと却下。日本オリジナルの特典ディスクさえあればいいので、やっぱりアマゾン版が
いちばん良い選択かな、と。

”完全数量限定”を謳いながらも、増産して発売日に普通に購入できることなんか気にしない気にしない。


IMG_2203.jpg

最近のワーナー作品のパッケージは、再販でもこの”スチールブック仕様”が採用されていますね。


IMG_2207.jpg

個人的にはパッケージの形状がまちまちなのは歓迎していません。


IMG_2205.jpg


写真撮った後、カードを収納していた白い紙と背表紙、キャンペーンコードが書いてある紙は捨てました。


さて、子供が寝てからゆっくり観ることにしますか。

cheero Power Plus DANBOARD version -mini-

突然、嵐のごとく12月5日の正午から販売がスタートした、ダンボーバッテリーの最新版。

cheero Power Plus DANBOARD version -mini-


今回は”ミニ”と名の付くバージョンとは言いながらも、フィギュアのダンボーの大きい方のサイズに
近い感じだそう。←ややこしい

大きさは写真のような感じで、奥行きこそ短いものの、投影面積は大きい方のダンボー並みらしいよ。


DSC00834.jpg

さっき注文したばかりなので、当然まだ手元にはなく、サイズ感を妄想しながらこの記事を書いています。
届くのはクリスマス頃らしいから、なんか自分へのプレゼントみたいだな(苦笑

それにしても、名古屋のダンボー展へ行ったときに、初期モデル?を観念して買わなくてよかったあ~。
あれは何度も買いそびれて、ようやく実物を目にしたんだけど何か”予感”がしたんだよね。




【早くも売切れ?】ダンボー・バッテリー・ミニ登場!リボルテック・ダンボーの頭部と同等サイズ!
6000mAhバッテリーcheero Power Plus Danboard


永遠の0(ゼロ)/百田尚樹

流行りものは追わない性格なんですが、今読まなかったらずっと読まないままだろうと思うので、
娘の買い物に付き合ったついでに買ってきました。

DSC00833.jpg

放送作家としてのキャリアがありながら、50歳のときに本作品で作家デビューした百田尚樹。
映画化され、今年12月21日の劇場公開を前に原作を読んでみたいと思っていました。
漫画版は気が向いたらKindle版で読もうかな。

天才パイロットと謳われながら海軍一の臆病者と呼ばれ、「娘に会うまでには死ねない、妻との約束を守るために」
そう言い続けながら零戦に乗り、南西諸島沖で戦死した宮部久蔵。
実の祖父の存在を知った大学生の佐伯健太郎は、元戦友や海軍従事者たちから生前の祖父のことを尋ね歩くが、
彼らの口から語られる祖父の人物像は、聞くほどに謎に包まれていく・・・。

自分も夫であり父親でもあるので、家族を残して死ぬといこうこととは何なのか気になっています。
時間を見つけて、できるだけ映画を観る前に読み終えたいと思います。

いや、本当に考えるべきは、子供たちを戦地へ送ることがないようにすることか。



顧客を売り場に直送する ビッグデータがお金に変わる仕組み/西田宗千佳

本著で言う「売り場」とは、何も量販店の店頭に限ったものではないよねと念頭に置いた上で、
”いかに顧客またはユーザーの心を動かすか”どんな手法・実例があったのかを読もうと思って、
久しぶりに紙で読もうと思ってたのですが、なぜかキャンセル扱いにされて頭に来たので電子版を購入。
それでもアマゾンで買ったのには変わらないという一抹の口惜しさを引きずりつつ読みました。

顧客を売り場に直送する ビッグデータがお金に変わる仕組み[Kindle版]

つい2日前、アイルトン・セナが24年前に鈴鹿サーキットにおいて最速ラップを記録した際の
走行データをもとに、光と音でその”軌跡”を再現したコンテンツ、
『Sound of Honda』が文化庁メディア芸術祭でエンターテインメント部門大賞を受賞しました。

Sound of Honda、文化庁メディア芸術祭で部門大賞を受賞 ― F1 Gate.com ―

このコンテンツの制作にあたって使用されたのは「アクセル開度、エンジン回転数、車速の変化」等のデータで、
それらを解析しマクラーレン ホンダ MP4/5の実車(!)のエンジン音を各回転数ごとに録音して走行データに
当てはめ、そして公開された動画では本当に鳥肌が抑えきれないくらいの興奮を覚えたほどでした。


そしてホンダは、自社のクルマにこれを応用発展させたシステムを搭載し、カーナビと連携させることで一般の
カーナビとは桁違いの情報量をユーザーに提供している。

Honda インターナビ車種別サービス一覧 「フィット・ハイブリッド」

想像してみよう、自分のクルマの走行データ(エンジンを始動した時間はもちろん、走行距離に走行ルート、
停車した場所・・・)のすべてがビッグデータとなり得ることを。


圧巻は本著の第三章、その「行動」で世界が決まる・「▼ホンダに残された津波が襲った襲った瞬間の詳細データ」の項で、東日本大震災が発生した宮城県・石巻市で沿岸部で11キロもの渋滞があり、結果的にそこで200人の方が車内で亡くなったことまでも、データは正直にそして残酷なまでに現実を突きつけてくること。

ある車は渋滞を避けるために道を外れ、危険な方へと走り出し動かなくなった。ある人は渋滞で動かない車を捨て、非難し助かっている。
インターナビの通信にはユーザーの携帯電話とスマホを利用するため、人の動きが手に取るように分かるそう。

震災後10日間の走行データは、ホンダから行政側へすべて提供されているとのこと。そのデータをもとに、
より災害に強い街を作ることができるはず。
(965ページから一部引用させていただきました)


行動分析の活用については以前から言われてはいたけれど、どう集めてどう分析し、どう利用するかがすべて。
人ひとりだけを分析なんかしても決して力にはならない。
より多くの人間の行動を分析することで、どんな種類の人間が何に興味を持ってコミュニティーを形成し、
何でブームが起きて盛り上がるのか見えてくるはず。

口コミの「口」と「耳」は紙媒体しかなかった時代よりも多いのだから、仕掛けさえ整えれたら強いよね。


家電量販店のリアル店舗を思い切ってショウルーム化して、顧客はそこへ足を運んで実際に手を触れ、
説明を聞き、お届け日や設置場所の登録はネットで、みたいな流れ、ダメかな。
修理・サポートの相談はフリーダイヤルまたは専任者のいるコーナーにというふうにすれば、
店舗のスタッフは売場演出や商品勉強、そして顧客応対により集中できるのに。

・・・って、それメーカー直営店を拡大しただけじゃないか。



"永遠の0" 1/144 WING KIT COLLECTION Extra Edition

百田尚樹原作の映画『永遠の0』が自分の中でアツいので、買ってみました。
サザンの曲で心が震えたのは生まれて初めて。ぜひ劇場で観たい。


BOX_omote.jpg

永遠の0(ゼロ) ―ウイングキットコレクション番外編― あみあみ


BOX_ura.jpg

ラインアップはこんな感じ。

どう考えても米軍の戦闘機は重たそうなので、分かりやすいっちゃ分かりやすいかと思いきや・・・。


IMG_2201.jpg

本命の「零戦21型 赤城第2航空戦隊(宮部機)』を微妙に外してしまい、
原作読まないと分からないであろう、台南航空隊仕様を引いてしまいました(苦笑
その原作を Amazon で買うつもりが何故か一方的にキャンセル扱いにされたので、明日リアル本屋で探すぞコラ!


ちなみに4つ買ったんですが、米軍機がヒットしなかった点は良かったと思っています。
(キレイに本命だけ外したガッカリな黄金の右手)

さて、組み立てて遊ぶのはいつになるのやら。


嫁にこの映画一緒に観に行こうって誘ったら、「えー、あの無重力で水も空気もないやつでしょ?」だって。
それ、『グラビティ・ゼロ』ですから・・・。



永遠の0 (講談社文庫)永遠の0 (講談社文庫)
(2009/07/15)
百田 尚樹

商品詳細を見る

国宝・犬山城

名古屋城を訪れたあと、時間があったので犬山城まで足を延ばしてみました。

この地域へ来るのは7年ぶりかな。一宮に嫁の親戚がいて、義理の両親の代理で会いに行ったはずなのに
なぜか犬山のホテルに案内されて、昭和のかほりが香ばしい部屋に泊まった記憶が。
長女がまだ1歳そこそこで、外から見て勾配のキツそうなお城へ行けなかったのをちょっと後悔してました。
(そのわりに成田山に行ったような気がするけれど、ハテ?)


DSC00157

公式ホームページの案内で知っていたのですが、9月より天守閣を修理中ということで、入場することはできる
ものの、ちょっと残念かも。

「お城だより」天守の応急修理について - 国宝犬山城


DSC00158

城は外から見るだけ派なのですが、上記の理由により珍しく中へ入ってみることにしました。
正直、内部の構造は彦根城レベルなので、階段急だわ天井低いわ狭いわの三拍子そろってました。
それでも良かったらぜひ訪れてみてください。

個人的にはやっぱりお城は外から見るものだと再認識しました。(膝をさすりながら)


DSC00161

名古屋城とは違って、観光客もまばらで日本人ツアー客のバスが2台くらいしか停まってなかったな。


DSC00162

せっかく α7R があるので、景色など撮ってみました。

木曽川のゆったりとした流れは、地元の川とは大違いの のんびりさで和みます。


DSC00164

やっぱり、フルサイズは”空気感”だよねえ、と一人で納得。

ちなみに α7R を持っていても、誰からも話しかけられませんでした。


DSC00169

フルサイズのカメラを持って来ていても、本当に好きな被写体は、こんなのばかり。
ブレない自分が好き。

DSC00156

ヒヒーン。


DSC00153

犬山なのに狐とはこれいかに? ちなみに近くにはモンキーパークがあります。


DSC00159


秋らしい写真を今年ようやく撮れたので、良かったかな。



特別史跡・名古屋城

名古屋城へ行って来ました。


DSC00822

今回のお供は、先日発売された SONY の 35mm フルサイズ機にしてEマウントのミラーレス一眼カメラ、α7R
"R"ですよ、アール。このモデルは有効約3640万画素の高画質に加えて、解像度の低下を防ぐローパスレス仕様。
職場で初めて触らせてもらったときの担当営業氏の「いつでも貸しますよ」の言葉を思い出して、
お願いして借りてきました。買ったんじゃないってば、まだ・・・。

レンズは Sonnar T* FE 35mm F2.8 ZA (SEL35F28Z)。”換算”ではなく正真正銘の焦点距離35mm。
ツァイス銘を謳うだけにどんな描写をしてくれるか楽しみですね。


DSC00823

高額商品かつ借り物なので、持ち運びも丁寧に。カメラ専門誌・CAPA 12月号付録のマルチ・ラッピングクロス
出番がこんなに早く来ようとは・・・。


IMG_7810.jpg

そろそろ付き合いも長くなってマンネリ気味になってきた NEX-7 も連れてきました。
こちらは E 35mm F1.8 OSS(SEL35F18) を常用として使っています。換算52mmくらいでーす。
ちなみに彼の出番はダンボー展のみとなりました。


DSC00123

で、どーん

名古屋城の天守閣です。お城は外から眺めるものなので、中には入りませんでした。どうせ階段キツイし。
それに、現代的な設備に改装されていてゲンナリするのが目に見えてるから。偏見ですけど。


DSC00126

周囲の建築物の補修工事で、どうフレーミングしても足場や防音幕が映り込んでしまうため、案外難しいロケ
だったなあ。


DSC00133

お堀の水も抜かれていました。


DSC00115

いちおう、撮った写真は”作例”として提供することになっているので、意図の分かりやすさを心掛けてみました。


DSC00117

それにしても、描写力というか建物の精細感はやっぱりAPS-Cとは違うなあ。


DSC00127

周囲の”空気感”まで写し込んでいるようで、ゆえに被写体によっては意図しない写真になっちゃうかも。


DSC00120

だいたい感覚が分かってきたところで、今度は自分らしい切り取り方を模索していきます。
他の観光客が足を運ばない場所とか大好きー!w


DSC00141

その前に、名古屋城へ足を運ぼうと思い立った最大の目的は、実はこれでした。


DSC00143

『清須会議』で有名な清須城から移築された、西北隅櫓(清州櫓)<重要文化財>です。
ちなみに現在の清州城は現存するのは石垣の一部のみで、天守閣においては模造建築なので、
見るなら移築されたこの櫓だと心に決めていました。
三谷幸喜監督・脚本の映画はまだ観ていませんが、時間があったら観たいですね。


DSC00140

DSC00149

DSC00146

DSC00148



DSC00152

金の鯱の実物を撮ろうとしたら、リア充と変なマントを羽織ったお兄さんが映り込んできて邪魔でした。


最後に、α7R を使ってみた感想を言うと、手にしたときのカタマリ感は好きですね。レンズが軽いのも良い。
操作系ですが、α系のUIは初めてなんですが、設定の変更なんかでは全く悩まなかったし、
シャッターボタンの位置は NEX-7 と比較するとパッと見微妙なんですが、個人的な手の大きさと指の長さに
合っているのか、違和感はそれほど感じませんでした。

”持っててうれしい”という感覚は、久しぶりだなあ。

K-5IIs を使ってても思うんですけど、ローパスレスってそんなにデリケートじゃない気がするんですよ。
こうして散策がてら撮るぶんには全く不満のない、綺麗な写真が撮れるわけで。
逆をいえば、精細感を求めないのであれば R を選ぶ理由はなく、おれの場合だと 無印が最適解なのかなあ。
もっと言うと、K-5IIs ですらなくてもいい、みたいな(爆

わりとネガティブな印象を受けた人も多いであろう(苦笑 ペンタ部のデザインも、そういうのも含めて
α7/R なんだと思えれば平気な気持ちになれました。
まあ、これは自分でお金を出してないから言えることかもしれませんけど(笑

何年かして、次期モデルの発売時にデザイン的に違ったアプローチをされるとするならば、
そのときは観念しちゃうかもしれないですね。


最新記事
最新コメント
月別アーカイブ
カテゴリ
α7 (6)
みんぽす
モノフェローズに参加しています
サイト内検索
リンク
Powered By FC2ブログ

今すぐブログを作ろう!

Powered By FC2ブログ

QRコード
QR