PAN'S LABYRINTH - El laberinto del fauno

img3_1205129874.jpg

「パシフィック・リム」・「ヘルボーイ」・「ミミック」のギレルモ・デル・トロ監督作品。
2006年公開で第79回アカデミー 撮影賞・美術賞・メイクアップ賞を受賞。
ある意味"彼らしい"評価のされ方かと。

製作には「ゼロ・グラビティ」のアルフォンソ・キュアロンが名を連ねています。


1944年のスペイン。内戦後、レジスタンス残党の掃討を指揮する大尉の元へと嫁いだ母親とともに
山中の砦へと連れて来られた少女オフェリア。
妖精の化身として出会ったナナフシに導かれるまま訪れた森の中で、レッドソックスの守護神・上原
森の守護神パンと出会い、彼女こそが本で読んでいた物語に登場するモアナ王女だと告げ、
オフェリアは平和で美しい王国へと帰るため、3つの試練に挑むのだった・・・。

「ミミック」や「ヘルボーイ/ゴールデン・アーミー」を観た後なら、妖精の造詣にニンマリさせ
られますね。上原、じゃなくて守護神パンは「ヘルボーイ」で”エイブ・サピエン”の中の人と同じ
ダグ・ジョーンズが演じています。


この作品をファンタジーと受け取るか、戦争ものとするかでだいぶ見方が変わりますね。
おれが無知なだけかもしれませんが、スペイン内戦を物語と絡めるセンスが良く分からない(苦笑
さておき、暗い現実からの逃げたいオフェリアの空想の世界なのか、それとも彼女は本当に王女だったのか。
だとしたら、母親や優しくて勇敢な家政婦・メルセデスにとっては残酷な物語になるなあ、と思いました。


そして、最後まで分からなかったのは、オフェリアの弟の存在の意味。
最後の試練として登場はするけれど、だからどうだとしか感じなかった。

何かの暗喩だったのだろうか。


そうそう、スペイン語音声の日本語字幕で観ていたんですが、全然内容が頭に入らなくて、
あらためて日本語吹き替えで見直したらこれがまた素晴らしい吹き替えで、とても落ち着いて鑑賞する
ことができました。



パンズ・ラビリンス [Blu-ray]パンズ・ラビリンス [Blu-ray]
(2013/05/22)
イバナ・バケロ、セルジ・ロペス 他

商品詳細を見る
スポンサーサイト

Contax G1 にフィルムを入れてみた。

嫁と子供が家を出て行ったので(←紛らわしい表現)、ようやくカメラいじりタイムが到来しました。

今日は Conatx G1 に 黒白フィルムを装填してみます。ていうかそれだけです、すみませんw

IMG_0017.jpg

フィルムカメラって本当に初めてで、学研の大人の科学で二眼レフカメラなんてのもあったけど、
あれのためにフィルム1本ダメにしたのには触れないでください(苦笑


IMG_0018_20131030125435894.jpg

この機種用のレンズ "Gレンズ"は、当初 Biogon T* 28mm F2.8Planar T* 45mm F2Sonnar T* 90mm F2.8
3種類しかなかったため、後から追加された Biogon T* 21mm F2.8Planar T* 35mm F2 の焦点距離を使うには
カメラ本体のROM情報を書き換える必要がありました。

手元にあるカメラは残念ながらROM書き換えのされていないタイプで、フィルム室のシールが「白」のまま
なんですよね。
手持ちのレンズは 90mm 1本なので今のところ問題ないのですが、今後も付き合っていくなら避けては通れない
悩みになるかも・・・・とは言えレンズと違ってカメラ本体は今では安価で入手できるので、その時が来たら
考えます。


IMG_0019_20131030130449d38.jpg

とりあえず AF モードにして次男の枕を被写体に2枚ほど撮ってみました。←なんでだよ
この機種特有のフィルムカウンターの液晶モレがラブリーですね(苦笑

説明書がメーカーサイトからダウンロードできたので、使い方に悩むこともありませんでした。
ピントが合っているかどうかは現像してからのお楽しみになりますが、デジタルカメラのように即チェック
できないぶん、今までよりも構図を考えながらシャッターを切っていきたいと思います。

Stereo誌1月号付録 LXA-OT3

12月19日に発売予定のStereo誌 2014年1月号には、2012年号で好評だった LUXMAN の
デジタル・アンプ「LXA-OT1」の後継機種、「LXA-OT3」が付録になります。2013年号は USB-DAC
の「LXU-OT2」が付録だったりと、この時期に出る号は付録が豪華。

そして同時期に発売される専用ケース選びも恒例行事となりましたね(ぉ


専用ケースってなかなかオシャレで所有欲を満たしてくれるクオリティのものばかりなのですが、
前回は自作欲のほうが強くてこんなケース?を作ってました。

IMG_0015.jpg

タミヤの楽しい工作シリーズの材料だけで構成することをコンセプトとして、さらに iPod/iPhone 用スタンド
まで作ったさ! いやあ、あんときは楽しかったねぇ~。


IMG_0011.jpg

好きな音楽をかけながら、動画撮影もできるナイスな奴なんだぜ!(駆動音がうるさいけど)

元はといえば、付属の電源アダプターからの高周波ノイズが気になって、電池駆動にしようと思い立ったのが
発端だったような記憶があります。


IMG_0014.jpg

ちなみに車両重量が重くて旋回ができないという弱点を抱えたままで、次男がフロントタイヤを外して食すのを
防ぐために片づけたっきりホコリをかぶってました(苦笑

前回の反省点を活かすべく、今回もタミヤの楽しい工作キットを買い揃えねばと思いました。



stereo (ステレオ) 2014年 1月号stereo (ステレオ) 2014年 1月号
(2013/12/19)
不明

商品詳細を見る



楽しい工作シリーズ No.211 アームクローラー工作セット 70211楽しい工作シリーズ No.211 アームクローラー工作セット 70211
(2013/10/19)
タミヤ

商品詳細を見る

2355 0655 Song Best !

発売日前からチェックしていて、発売後はリアル店舗で買おうと思っていたら何処にも置いてなくて、
結局 amazon で買い物するついでにポチりました。


IMG_0010.jpg

嫁の軽四のカーステには何故か子守唄のCDが入れっぱなしになっていて、これきっと事故に見せかけて
保険金をもらう気だよね?とそわそわしながら自分が乗るときには音量を最小まで
絞る(くさったUIのオーディオだから止め方が分からない)ようにしていましたが、
今回買ったCDを入れておけば、お気楽&極楽で天国への階段を昇ることはないだろうと思って。

で、開封してブックレットをさらっと眺めた後に子供の手の届かない棚の上に置いておいたはずが・・・。


IMG_0005.jpg

まだ一度も光学ドライブから出力される赤いレーザー光を受けていないにも関わらず、ケースが豪快に破損。


IMG_0006.jpg

テレビ台の上に登って、隣の棚のレコードプレーヤーを踏み台にすれば届くよね・・・(ホコリの上に足跡があった)。・・・ちなみにレコードプレーヤーのトーンアームは固定してあったので無事です。


IMG_0008.jpg

まあ、幸いディスクそのものにはダメージがないし、エンコードしたら二度とデッキでは再生しないと思うので
ここはまたいつもの脳内消去でやり過ごそうかな・・・。ぐすん。

NEOPAN 400 PRESTO

初めてフィルムカメラを買ったので、次はフィルムを用意せねば、ということで。


IMG_0003.jpg

たぶん、無難な感じだと思い込んでポチりましたが、ISO400だし何とかなるかな、と。
初めて撮るのに3本も必要なのかと言われればそれまでですが、きっと3本目あたりからコツをつかめる
自信ならあります(ぉ


電池も買ったし、あとは撮る時間と天候だけだ・・・!


今回あえて黒白フィルムにしたのは、カラーだとどうしても現代の機材と比較しちゃって、
何でもかんでも"味"で片づけてしまいそうになるから。

モノクロームなら、センスで勝負するしかないからね。
初めてながらハードルは高めに設定してみました。


乞うご期待!

岩合光昭 「ネコライオン」

ちょっと気にはなってたけど、東京都写真美術館で開催されていた写真展には行けなかったので
観念して買いました。

IMG_0002.jpg


いやあ、着眼点がとても面白くて、しかもよく撮れたなあと溜息しか出ませんね。
狙って撮るにしても場数踏まないといけないし、猫はともかくライオンの生態を撮るなんて大変だろうなあ。
アイディアも大事だけど、行動力も大事と思い知らされる一冊。

Nikon F2 "Uemura"

nikon_teser_20131025-1.jpg


この秋からの各社の新製品情報を聞き流しながら、「カメラ」という道具のデザインや材質について
考えをまとめてみようと思っていて、特に炭素繊維を用いた新素材の採用と、カバー部分をモノコック構造に
した Nikon の D5300 がちょっと気になっていました。買わないけど。

基本的にマグネシウム厨なので、K-5IIs や K-3 にはウットリしちゃうんですが、毎日カレーだと飽きるしね。

で、珍しく普段は見ない Nikon の公式サイトを覗いてみたら、何やら面白そうな動画があるじゃないですか。
なんでも"レトロ・スタイルの新型機"のティーザーと噂されているようで、どんなカタチに持っていくのか
デザイン的な部分で楽しみになってきました。

First Nikon retro camera teaser: “it’s in my hands again” - Nikon Rumors






最近勢いでちょっと古めの、でも比較的現代でも通用するデザインのフィルム・カメラに手を出したばかりの
ニワカですが、Nikon の クラシック・カメラといえば F2 が有名なくらいは知っていました。
ついでに色々調べてみたら、オトコゴコロをくすぐるモデルに行き当たりました。
今度はチタンですってよ!


ニコン F2、F3チタンウエムラスペシャル - Nikon

F2_Uemura.jpg


植村直己さんのことは、小学生のころから色々見聞きしていたので大体は知っていましたが、
考えてみたら彼の冒険の相棒となったカメラのことなんて思いもしなかったなあ。
精密機械が動作するには過酷以上に過酷な環境で役割を果たした道具の美しさ。

板橋の植村冒険館に実機3台のうち1台が展示されているようなので、機会があれば訪れてみたいなと
思いました。


―研ぎ澄まされた機能美こそ、所有欲をかき立てる重要な要素。所有するだけでなく使用することで、
自身もその機能のひとつになりたいとも思う。そんな製品に出会えたらいいですよね。


富山市総合公園 稲荷公園

娘が学習発表会の振り替え休日で学校が休みなので、嫁と次男と4人で近所の公園に遊びに来ました。

IMG_2136


IMG_2135

お昼時だったので、途中にあるマックでドライブスルー。クーポン・マニアの嫁のおかげで有無を言わさず
テリヤキしばりかつクソ暑いのにホットコーヒー。
マックですら好きなメニューを選ばせてもらえないこんな世の中じゃ・・・


IMG_2134

手に持ってるのは芋けんぴではなく、マックポテト。


IMG_2142

遊具内を走り回るおねえちゃんの後をヒョコヒョコついていく次男。


IMG_2138

慎重な性格の長男とは真逆なので、果敢に攻めてはしょっちゅう転んで顔や頭に傷を作っています。
いつか本当に大怪我しそうで不安で仕方ありません。


IMG_2157

遠くに見える大きな建物は、翌日に顔の傷の抜糸を行う県立中央病院。


IMG_2149

そうそう、ここは北陸本線・富山地方本線、そして北陸新幹線の3つの路線に囲まれていて、何気に賑やかで
な公園なんですよね。かといって撮り鉄を満足させてくれるような場所があるわけでもないんだけど。


IMG_2148

ラノベ読んでそうな知らないおねいさんに愛想をふりまきつつ遊ぶ長男。
それを見ながら「中国だったら人買いにさらわれっぞ」と失礼な会話をするおれと嫁。


IMG_2145

手すりを鉄棒代わりに。ひとときもじっとしていなくて、お父さん付いてゆけない(苦笑


IMG_2153

次男を走らせて疲れさせる作戦に出た嫁。


IMG_2154

しっかし、子供って本当体柔らかいよなあ~


IMG_2156

そういえば、長男がこのくらいの年齢のときにビデオカメラ持って遊びに来てたっけ。
あのときのテープはたしか Hi8 だったから、もう観れないのか。


IMG_2143

靴もズボンもすっかり泥だらけになっちゃいました。



IMG_2141

わりとよく子供を公園に連れて来たついでに写真を撮るんですが、被写体としての遊具って面白いですよね。


IMG_2137

IMG_2161




CONTAX G1

SIGMA 17-70mm 1:2.8 - 4 DC MACRO HSM 用のレンズ・プロテクタを買いに行ったときに、
偶然見つけたものの、知識も何もなかったのでとりあえずそこそこ調べてみてから確保しました。

DSC00744.jpg

前の勤務先近くのキタムラのショーケースで、"AB良品 8,980円"のタグが付いてました。
汚れこそ多少あったものの、職業がら自力でなんとかできるレベル。持ち帰ったあと早速クリーニングしました。
キズは気にしたってしょうがいない、コレクション目的ではないんだもの。


DSC00745.jpg

以前、東京に行ったときに新宿で買ったレンズ、Carl Zeiss Sonnar 2,8/90 T*

もともとは NEX-7 でオールドレンズ遊びをするのが目的で入手したものの、
換算135㎜ はさすがに使いどころのない画角だったので、数枚試したのち防湿ケースの肥しになっていました。


DSC00746.jpg

それを本来の画角で使えるのなら、レンズも喜んでくれるだろうと思って。
あと、世間では35mm フルサイズのミラーレス一眼が発売される時期と重なってるのも面白いかなと。
オートフォーカスの精度とかは撮ってから考えてみることにしてます(ぉ


DSC00747.jpg

ちなみにまだよく知らないんですが、 DATE 機能なしでした。


IMG_0001.jpg

NEX-7 とのツーショット。

さてさて、これから時間を見つけてフィルムを物色してみようかな。
実はモノクロ写真撮ってみたいんですよ。デジタルだと撮れて当たり前、後からいくらでも加工できると思うと
気持ち悪くて。
フィルムなら、モノクロ・フィルムを入れればそれでいいので漢らしいじゃないw





京セラ コンタックス G1 取扱説明書

CONTAX(コンタックス)のカメラ G1 で撮影した写真一覧 - PHOTOHITO

LUMIX GM1

LUMIX GM1 with GRIP


"小さくて軽い、は正義"が座右の銘のむっちーです。いらっしゃいませこんばんは。

NEX-7 よりちょっと大きいくらい(主観的な感想です)の本体サイズに 35mm フルサイズセンサを載っけてきた
α7/R の衝撃度の陰で、対照的な特徴を持つカメラが登場してました。

LUMIX GM - Panasonic

α7/R が NEX シリーズと同じ Eマウントを採用したとはいえ、センササイズがこれまでと異なるため、
発売されてきた APS-C 用の Eマウントのレンズを使用する場合は、今まで通りの画角にクロップされる機能を
利用して撮ることになります。これはこれで親切でもあるんですが、個人的には気に食わない。

マウントは一緒で、センササイズが大きくなって、持ってたレンズの画角がようやく"換算○mm"じゃなくなる、
というわけにはならず、ちゃんとフルサイズの画角で写真を撮るときは、フルサイズ用のレンズを使わないと
いけないんですよね。

頼れる高画質と気軽に付き合えた"NEX"の名を捨ててしまって、なんか難しくなってきちゃったなあ、と。

せめて、"α"はフルサイズに統一で、"NEX"はAPS-Cとして分けておけば、これからカメラを選ぼうとする人も
分かりやすいんじゃないかな、と思いました。
"α"から"NEX"を外すんじゃなくて、"NEX"から"α"を外すべきだった、と。←ややこしい


そんなところへ降って湧いた Panasonic の 超小型 m4/3 ミラーレス一眼が、DMC-GM1 なわけですが、
面白いのは、センササイズもマウントもそのままで、ボディ・サイズだけを小型化したこと。
なので、これまでのm4/3用のレンズをこの超ちっこいボディで使うこともできるんですよ。
"換算○mm"の感覚もこれまで通りで、ネットで誰かが言ってたけど、まさに"ボディ交換式レンズ"笑

PENTAX の Q シリーズで撮った作例を見ると、あのボディサイズだからこそ出来る撮影ポジションって
あるんですよね。

それと同じようなことをこの GM1 にも期待できるかもと思いつつ、店頭で Q10 を触ったときに感じた
「小さくて軽ければ何でも良いってもんじゃない」というモヤモヤも、これまでの m4/3 のレンズも使える
間口の広さで許されるような気がしています。


マウントアダプタが必要になるのに "豊富なレンズ資産が生かせます" だなんて詭弁、大嫌いですから。

アサヒペン 超強プラスチック障子紙

その日― 人類は思い出した― やつらに支配されていた恐怖を

鳥かごの中に囚われていた、屈辱を


9736_327609114052190_107734980_n.jpg

・・・というわけで、進撃の小人(1m級)により破壊されたウォール・マリア(嫁と子供たちの寝室)を
すき間風から守るべく、障子紙の補修をすることにしました。


DSC00734.jpg

いつもは普通の紙製の障子紙を(嫁が)張り替えていましたが、今回は小人対策としてプラスチック製を選択。
ちなみに、ウチの嫁は網戸の張り替えもできます。


DSC00733.jpg

プラスチック製なので、貼り付けには専用の両面テープを使います。
ウォール・ローゼ(おれと長男の部屋)、ウォール・シーナ(居間)も穴だらけですが、とりあえず試しに寝室の
2枚を張り替えてみます。


DSC00735.jpg

まずは、元の障子紙を剥がして糊を洗い落として乾燥させます。
で、乾燥後に両面テープを縦・横に貼っていきます。これがまた強粘着で、うかつに貼り直そうとすると
木枠の繊維ごと持っていきそうな勢いなので、多少のテープのずれはそのままにしたほうがよさそうです。


DSC00737.jpg

プラスチック製とはいえ、ツヤのある厚紙みたいなもんですから、非常に扱いやすくて作業も数分で終了。
テープの幅より大きめに貼り付けたあと、大まかに周囲をカッターで切り取るだけで出来上がり。


DSC00738.jpg

"桜花"というネーミグだけあって、桜模様があしらわれていました。
こんなに楽に出来るなら、順次ほかの部屋も張り替えていこうと思いました。

Grand Theft Auto V

PS3版のDLC同梱初回出荷分がなくなる前にとりあえず確保。

Grand Theft Auto V -Rockstar Games

grand-theft-auto-5.jpg

たぶん、PS3版のソフトを買うのはこれが最後になるのかも、と思いつつ。
で、肝心のDLCの内容が何かも分かっていないという体たらく(苦笑

普段より30分くらい早めに帰れたので、やる気をなくす前にインストールだけしておくことにしたんですが、
8.4GBくらいのゲームデータとインストールに30分近くかかりました。
これだから、据え置きってイヤなんだよね。

新作ゲームを買ってきて、さあ遊ぶぞ!というモチベーションが削がれるんですよ。
購入時期がさらに後になると、今度はソフトのバージョンアップでも待たされることになるので、
来年の2月に発売される PS4 では、このへんの処理はどうなるのかしら。

艦これで中・大破した娘たちの修復待ちの間にチュートリアルだけさらっと遊んでみたんですが、
今作の大きな特徴である"登場する3人のキャラクターを瞬時に入れ替える"という意味がよく分かりました。
いや、これが本当にパッと入れ替わるんで面白いですよ、これ。

箱庭ゲームの好きな自分としては「時のオカリナ」「どうぶつの森」と同列扱いのこのシリーズ、
艦これに飽きたら腰据えて遊ぼうと思っています。

そういえばウィレム・デフォーの出てる"BEYOND: Two Souls"って面白いのかなあ、遊んでる時間ないよなあ・・・。

SIGMA 24-105mm F4 DG OS HSM

newproduct_20131017_sigma24_105mmF4_I.jpg


SIGMA から "Art"ラインの新製品、フルサイズ対応のレンズ 24-105mm F4 DG OS HSM が発表されました。
発売日・価格ともに未定とのこと。相変わらず PENTAX はスルーですか、そうですか。

これを聞いて真っ先に思い浮かんだのが、キヤノンの EF24-105mm F4L IS USM というレンズ。
価格は別として、いつかフルサイズのカメラと一緒に使うなら、EF24-70mm F2.8L II USM か、このレンズにしようと
思っていたので、SIGMA から真っ向勝負をかけたようなスペックのレンズが発売されるとなれば、気にならずには
いられないじゃないですか。

SIGMA の Art ラインといえば、NEX-7 用の19mm 1:2.8 EX DN を持っているとはいえ、最近は SEL35F18
( E 35mm F1.8 OSS)に出番を奪われている現状なので、このレンズの一体どこらへんが "Art"なのか十分に
体感しきっていないんですよね。開放よりも絞った方がいいんじゃね?とかうすうす感じてはいますが、
換算28mmは最近体に合わなくて・・・。

ともあれ、機会があれば試写させてもらえたらなあと思っています。誰ともなく。

α

ついに発表されましたね。

フルサイズのミラーレス一眼! ソニー「α7」登場 - ASCII.jp

alfa7.jpg


35mm フルサイズ機にコンパクトさは求めていなかったので、全然ノーマークなのですが、
手持ちの APS-C機の NEX-7 と、どれだけサイズが違うのかちょっとだけ比較してみました。
ていうか、この手タレの人の手が自分にそっくりで軽く動揺しています(ぉ

α7/R ともに外形寸法:約 126.9(幅)×94.4(高さ)×48.2(奥行)mmで、質量は R が407gで
無印が416g。
どちらも Wi-Fi や NFC を内蔵しているにも関わらず、なぜかボディに採用しているマグネシウムの
使用箇所が異なります。防塵防滴性の違いってやつかな?


A7R_body_800x600.jpg
α7R

A7_body_800x600.jpg
α7

画質面では α7R が 有効画素数 3,640万画素 で、最近流行りのローパスフィルタ無し。ただしコントラストAF。
α7 は NEX-7 と同じ 有効画素数 2,430万画素 でローパスフィルタ有り。でもファストハイブリッドAF搭載。
センササイズと有効画素数のバランスの意味が良く分かりませんが、画素数が多くローパスもない解像度狙いの
R は、撮り手の腕を選ぶような気がします。

NEX-7 は、約119.9(幅)mm x 66.9(高さ)mm x 42.6(奥行き)mm 。重さが約291gなので、
思ってたより α7/R はゴツイのかしら。
ほどほどの大きさならハンドリングには問題なさそう。あんまり小さいと手が攣るからね。

光学ファインダではないけれど、光軸上にファインダを置いた点は結構良いかも。

個人的には有機ELを採用したファインダが苦手で、NEX-7 ではよほど太陽光が眩しい条件下か、
オールドレンズを使っているときでないと覗いたりしなかったんですけどね。

ペンタ部の意匠には若干のモヤモヤを感じながらも、ロゴをもう少し大きくして位置を下げたら良かった
のにな、と勝手に思ってますが、こんなもんは慣れたら気にならなくなるのでまあいいか。

さてさて、にわかに盛り上がってきそうな 35mm フルサイズ機の「超」小型化、
今後のライバル他社の動向がやいかに?

えーと、おれは 6D でいいです。

学習発表会

日曜日に休みの取りにくい仕事なので、平日に行われた娘の学習発表会のリハーサルの見学に
行ってきました。


IMGP2108.jpg


このために、というわけではなかったのですが、ちょうど SIGMA の 17-70mm が手元に届いたところなので、
普段は Canon の S110(望遠端120mm)を使うことが多いところを周りの空気を読みつつ、K-5IIs を持って
行くことにしました。

さすがにリハーサルだけあって、ライティングもリハーサル状態(苦笑 スポットライトや天井照明を点けたり
消したりされていたので、撮影距離自体には問題なかったものの、ISO感度やシャッタースピードをその都度
手探りで決めなければならず、会場にまだ数人の父兄しかいなかったときに測距がてら撮った自然光下での
写真が今回のベストショットでした。

まあ、ブレてますけどね(爆


IMGP2135 - コピー
(トリミング後の写真です)

ともあれ、最初から最後までニコニコしながらラインダンスを踊っていた娘の活き活きとした表情が見れて
楽しい時間を過ごすことができました。

そうそう、本番は父兄のみの見学となることもあってか、リハは必然的に祖父母の見学が多いのですが、
近くの席に陣取った初老の男性なんかは、ニコンのフルサイズに 200mm くらいのレンズ(たぶんタムロン)を
着けていたし、隣の女性(夫婦かと思ったら他人だった)もメーカーや機種までは見えませんでしたが、
キスデジじゃないキヤノンのカメラにストロボを装着してました。


U.I.

常々”無知とは恐ろしいことだ”と自分に言い聞かせて来たつもりですが(むっちーだけに)、
たまたまサイカ先生のブログを読んでいて、その内容に違う意味で悶絶しているところです。

flickrの新ユーザーインターフェイス? - mono-logue

内容は、いつもブログに掲載している写真は Flickr にリンクさせているのだけれど、UIが変更になったことで
やり方が分かりにくかったというもの。

・・・え? そもそも Flickr ってそんなこともできんの?!
あれってブログページの機能のひとつで、FC2ブログじゃできないことかと思ってた!


というわけで、震える手を抑えながらやってみました。


IMGP2083Flickr.jpg

あ、ひょっとしてこれ?

しかも "Medium" って、いつも掲載時に決めているサムネイルのサイズと同じやんか!


・・・・・・・・・・。


DSC00721

というわけでできちゃったよ、おれにも!
とめどなく溢れる涙をぬぐいながら、濡れたキーボードを打ちながら再編集した記事はコチラ↓です。

夢の平スキー場のコスモス畑 - むってぃーろぐ


サイカ先生、ありがとうございました・・・。

SIGMA 17-70mm 1:2.8 - 4 DC MACRO HSM

K-3 の評判にソワソワしながらも、愛機の K-5IIs 用にレンズを入手。

SIGMA 17-70mm 1:2.8-4 DC MACRO HSM

IMG_2131.jpg

35mm判換算で約25.5mmから105mmをカバーしつつ、普段使いの邪魔にならない軽量・コンパクトな標準レンズの
最新モデル。しかもマクロ撮影も可能とくれば、いつどんなシーンに出会っても任せられる安心の一本になる、
そんな期待感を持って発売前から購入候補に上がっていたのがようやく手元に。

これまでは 35mm(換算約53.5mm)と 50mm(換算約75mm)の単焦点レンズしか持っていなかったので、
焦点域に合う被写体を選んでたかもしれません。実際、先日の中秋の名月も最初からあきらめてました。
スパッと割り切って、最小限のシステムで勝負するのもアリなんでしょうけど、K-5IIs のポテンシャルを
生かしきるにはもっと幅広い用途のレンズが必要と考えたんですよね。

オートフォーカス時のモーター音も驚くほど静かで、実は明日娘の生活発表会の予行練習(本番の日は仕事で
行けないので、通しのリハーサルを見学する予定)なんですが、さっそく実戦投入しようかと思っているくらい。

さてさて、お父さん張り切っちゃおうかな!




NO COUNTRY FOR OLD MEN

DSC00732.jpg


トミー・リー・ジョーンズにはアメリカ南部がよく似合う。
今回もテキサス州西部の国境周辺を舞台にいぶし銀の存在感を魅せてくれます。

「メン・イン・ブラック3」で若き日の"K"を演じたジョシュ・ブローリンと共演してるのも興味深いです。

ヘロインの取引現場での殺戮の跡を偶然発見した主人公が、現場に残された大金を覚悟を決めて奪ったことから
追跡者・アントン・シガーに狙われることに。そのアントンを演じるハビエル・バルデムの不気味さがもう最高で、
武器に使う圧搾空気のボンベ?のインパクトたるや、これまで色んなバイオレンス・サスペンス映画観てきたけれど、その中で使われた凶器の中でも最高に怖く、大金の入ったカバンに仕込んだ発信機からの電波を拾う機械の
針の動きやビーコンが本当に不気味。

大金を奪った男を冷酷な殺し屋が追う、その痕跡を老いた保安官が世の中を嘆きながら追う、というだけの
シンプルなプロットを、演者の存在感と無駄のない演出だけで飽きさせずに観せてくれるコーエン兄弟は
やっぱりすげえわ。



ノーカントリー スペシャル・コレクターズ・エディション [Blu-ray]ノーカントリー スペシャル・コレクターズ・エディション [Blu-ray]
(2012/09/14)
トミー・リー・ジョーンズ、ハビエル・バルデム 他

商品詳細を見る

GUNDAM CONVERGE : SP04

それほど熱心に集めてはいないのですが、たまたま立ち寄ったコンビニで見かけたので衝動的に確保。

GUNDAM CONVERGE SP04

IMGP2105.jpg

モビル・スーツの中でいちばん好きなのが"百式"なので、機会があれば欲しいなと思ってたんですよ。
キュベレイは好きでもきらいでもないのですが、大好きな永野護つながりということで、まあいいか。

ちなみに Zガンダムのアニメは全部は観てなくて、そもそも ZZでようやくテレビでガンダムを観れたくらい、
チャンネル争いで負け続けた人生でした。キャンディ・キャンディとかのほうが詳しいぜ?


墜ちろ、カトンボ!とか、もっと星がパーッとだなんて、人に聞かされるまで知らなかった上に、
仕事でガンプラ担当になってからモビルスーツの名前を覚えたくらい。


Life Of Pie

よく行く家電量販店の店頭の富○通のパソコンのデモンストレーションでこの作品を知りました。
第85回アカデミー賞の最多4部門(最優秀監督・作曲・撮影・視覚効果)受賞の輝かしい成績。
その映像美に興味を持ち、また「トラと227日間も同じ小舟の上で漂流できんの?」という疑問から
観てみることにしました。

DSC00731.jpg

作品を完成させることができず、傷心の旅に出ていたカナダ人作家(原作者のヤン・マーテルという設定)が、
旅先のインドで偶然入ったカフェで出会った老人からある男を紹介され、不思議な冒険譚を聞かされる。

”話を聞けば、神を信じる”そう言い切る男の話とは―。


誰かを聞き手に物語を進めていく手法は、同じくアカデミー受賞作品の「フォレスト・ガンプ」のよう。
観客はその男の語りとともに素晴らしい映像の世界へ旅立つことになるわけですね。

作家が出会った老人とは、男の父親の親友で水泳の先生だった。旅好きな彼は各地のプールで泳ぐことを
好み、男が”ピシン”(フランス語でプールの意)と名付けられるきっかけを作ったが、
それはヒンディー語で”おしっこ”に聞こえてしまう残念なネーミングだった。←このエピソード要るのか?
とちょっと思ったのは内緒。

でも、オッサン大人になったパイ役を演じるイルファン・カーンの存在感がなかなか良かったからよしとしよう。


学校で同級生たちの格好のイジられ役になってしまったピシンは、円周率を完璧に記憶してみせることで、
自分の名前は”パイ”だと宣言し、学校の伝説となる。これが”パイ”の物語の始まり。

成長し恋をして、このまま安定した生活を送るのかと思っていた矢先、父親が経営していた動物園のあった
土地を手放し、家族や動物たちとカナダへ移住しようと日本籍の船に乗り込んだことから運命が変わります。
乗った船が嵐で沈み、家族を失い、命からがら乗り込んだ救助用の小舟には、足を折ったシマウマ、
鎮静剤でヨレヨレになったハイエナ、オランウータン、そして”リチャード・パーカー”と名付けられたトラも同乗
というシュールな展開に。

パイは生き残るためにトラを空腹にさせまい(自分が食われるから)と、魚を捕ったり(時には威嚇して大物を
確保するシーンに爆笑)様々な工夫を凝らすところがとても面白いです。
また、トラも無敵ではなく、嵐の中では小舟に流れ込んだ水に翻弄されたりと、決して強さの象徴ではない
ところが奥深いですね。

このトラ、実はほとんどがCGで作られていて、「ナルニア物語」のあのライオンを作ったチームがさらなる
挑戦として取り組んだのがこの作品ということで、非常に素晴らしい出来栄えになってます。
何も聞かされてなければ本物と見紛うばかりのクオリティに、本物だとかCGだとかどうでもよくなるところが良い。


しかしその映像美も、神々しいまでの自然の驚異や奇跡的な美しさも、ラストのパイの独白で残念ながら
ぼんやりとしてしまいます。
この物語は”あくまでも彼の口から語られた言葉を映像として膨らませたにすぎない”ということを思い出
せてしまったというか、作り話ならそりゃ景色はいくらでも盛れるだろうよと思っちゃったんですよね。

その上で突きつけられる、”真実はどっちの話なのか?”


ちょっと意地悪な作品でしたよ。


個人的には、パイが語りながら流した涙を信じたいと思っています。


ライフ・オブ・パイ/トラと漂流した227日 2枚組ブルーレイ&DVD (初回生産限定) [Blu-ray]ライフ・オブ・パイ/トラと漂流した227日 2枚組ブルーレイ&DVD (初回生産限定) [Blu-ray]
(2013/06/05)
スラージ・シャルマ、イルファン・カーン 他

商品詳細を見る

富山県富岩運河環水公園

家事を終えた後、午後の予定まで時間があったので、環水公園まで来てみました。
最近は活動量がとんでもなく増えて、ちょっとやそっとの散歩では気が済まなくなったハルキさんの
放し飼いに放電をするのが目的です。


IMG_2095.jpg

よし、いい笑顔だ!


IMG_2096.jpg

この子ほど半目が残念な子を見たことがありません。


IMG_2097.jpg

富山特有のフェーン現象(勢力の弱まった台風の悪あがき)で風が強いから、いい感じに七三分けになってます。
もともと足腰の強い子だからこれくらいの傾斜は楽勝。将来はサッカー選手かなあ。


IMG_2098.jpg

運河のほとりにカモの群れがいました。


IMG_2099.jpg

何羽いるか数えてみようー。


IMG_2100.jpg

あっ


IMG_2101.jpg


逃げられちゃった。


IMG_2102.jpg

上空には 12:40 富山きときと空港発の台北行き(チャイナ・エアライン CI171便 B737-800)が。


IMG_2103.jpg

環水公園といえばこの建物。誰が撮ってもありきたりな構図になるので、被写体としては意外と難しい。


IMG_2104.jpg

壁を見ると叩きたくなる1歳児。


IMG_2105.jpg

地元の別の公園から譲渡されたのかかっぱらってきたのか知りませんが、紛らわしいから
名前消しゃあいいのにな、この浮き輪。


IMG_2106.jpg

壁アタックの直後に転んで地球に接吻したので若干顔が腫れました。殴ってません。


IMG_2107.jpg

グレーチングに詰まった小石が気になる年頃です。
それ、食い物じゃないからほっとけよ。


IMG_2109.jpg

お、休憩場所はあそこにするか。


IMG_2110.jpg

なんとか誘導しようと”再会ごっこ”で気を引こうとする嫁。


IMG_2112.jpg

ようやく、スターバックスコーヒー 富山環水公園店に着いた!


IMG_2115.jpg

えっ、ここパパの会社?
うん、そうだよ。←そんなわけない。


IMG_2116.jpg

この店の見どころは、夏はクソ暑いのに外で飲む人の様子を中から観察したり、冬はクソ寒いのに外でry
あと、ぎこちない仕事の打ち合わせの様子とか見れるから楽しいよ!


IMG_2117.jpg

コンセントのあるカウンターをわざわざ選んで攻めるハルキさん。


IMG_2118.jpg

近くでパソコン(Macじゃなかった)を広げて仕事してるかわいそうな人のことなんか気にせずに
スタッフに愛想をふりまきます。


IMG_2119.jpg

さて、何を頼もうかな。
「チャーシューメン大盛り!」←ねえよ、そんなもん。

NEX-7 のボディー塗装の滲み

カメラ本体の傷は新品時期(購入後半年)を過ぎたらあまり気にしなくなる性格なので、
今回も脳内消去する気ですが、ちょっと変な影響がありそうな箇所を発見してしまいました。


IMG_2093.jpg


"SONY"ロゴの"Y"の上2ヶ所、どこでぶつけたか知りませんが塗装が剥げたというか、欠けてしまって
マグネシウムが露出しちゃってますね。
これは触ると余計に剥げるので放っておくとして、気になったのは塗装のヒケのような滲み。
よく見るとストロボのフチにも滲みがありました。

ストロボ部分はもともと樹脂製のパーツなので、豪快に地面に落として盛大に擦らなければどうということは
ないはずですが、以前はなかった変化にちょっと不安を感じました。

・・・まあ、あくまでも外観上のもので撮影機能には関係ないから、さっくりと脳内消去しよっと。


PENTAX K-3

リコーイメージングより、PENTAX の "K"シリーズの新製品、K-3 が発売されることになりました。
かねてから噂されていたフルサイズ機ではなく APS-C機の最上位モデルというポジションです。

main_img_01.jpg

前モデルの K-5II 、K-5IIs と比較して有効画素数が約1628万画素から約2435万画素へと上がりました。

AFシステムもSAFOX 11(イレブン)へと進化、測距点が 11点から27点となり、連射性能も 8.3
コマ/秒 へと上がることで、これまでライバル他社より劣っていた動体撮影の性能も、
APS-C機では最速レベルとなりました。


面白いのは、ローパスフィルター非搭載で解像感を優先させると同時に、COMSセンサを微小駆動させるという
変態技(誉めてます)で、偽色やモアレを低減させるローパスフィルターと同じ効果を出せるようにしたこと。
しかもそれを ON/OF できるので、撮影シーンに応じて柔軟に対応することができるようになったことです。

ちなみに我が愛機の K-5IIs はローパスレスなので、被写体によっては偽色・モアレが写ってしまうリスクを
抱えていますが、あまりそういうシーンに出会わないのか、特に困っていません。


外観的な部分では、ペンタ部のロゴが PENTAX となっているけど液晶側が RICOH になってるといったような
Panasonic の エネループみたいなモヤモヤ感がありますが、モードダイヤル上にも RICOH らしく、
ユーザー設定が3つに増えていたりとか、ヘッドホン端子が新設されていたりとか、これまでの K-7 から至る
外観からは久しぶりに変わりましたね。

個人的には購入の予定はまったくありませんが、新生 PENTAX 第1弾ということで暖かい目で見ていきたいと
思います。時代とともに進化していく姿、それが良い方向に向かうのならば、応援しない理由がない。


ちょうど体験セミナーが開催されたようで、実際に見て触って来られた方たちのレビューを
紹介させていただきます。←他力本願ともいう


"開発途中のPENTAX K-3で,とりあえず撮ってみた。" - まわりぶろぐ。(HAMACHIさん)

"PENTAX K-3のセミナー体験会" - Solly Full. (浅岡省一さん)

Panasonic Smart App デモンストレーション編

・・・というわけで、"CLUB Panasonic" の会員登録を済ませて再挑戦することにしました。


Screenshot_2013-10-08-10-22-58.jpgScreenshot_2013-10-08-10-19-53.jpg

機器の登録は、本体のスマホマーク(トマホークじゃないよ)にタッチするだけ。
スマホに対応していない機器は無線LANを使います。
べつに製造番号と紐づけされるわけではないので、気軽に試すことができますよ、たぶん。
*もし実際に量販店でスマホとの連携を試したいときは、店員さんの許可をとっておきましょう。
・・・おれの場合、毎日入り浸ってるから顔パスだけどね!←違う意味で


Screenshot_2013-10-08-10-20-08.jpg

さっそく前回試せなかった"マイレシピ"をチェックしてみます。


Screenshot_2013-10-08-10-20-24.jpgScreenshot_2013-10-08-10-20-49.jpg

お、スペシャルメニュー?そういうのもあるのか!


Screenshot_2013-10-08-10-21-01.jpgScreenshot_2013-10-08-10-21-13.jpg

ちょっと旨そうだから選んでみたけど、ガーリックバターの醤油炒めがスペシャルメニュー?

どうやら”市販品を使い簡単なタッチ操作で調理ができる”メニューをスペシャルと言ってるみたいです。
材料に使うのは「味の素のクック・ドゥ 今日の大皿・ガリバタ鶏用」を1袋4人前。


JAGABATA.jpg

ちなみにCMキャラクターはドラマ「孤独のグルメ」の井之頭ゴロー役の松重豊さんです。
本当に旨そうに食うよね。


Screenshot_2013-10-08-10-18-35.jpgScreenshot_2013-10-09-11-34-50.jpg

とりあえずこのレシピをオーブンレンジに転送しますが、焦っちゃダメ。
トップ画面に戻ってから優しくそっとね(はあと

*試す際には必ずオーブンレンジの液晶画面の右下に「デモ」の表示があることを確認してください。



Screenshot_2013-10-09-11-35-11.jpgScreenshot_2013-10-08-17-51-06.jpg

オーブンレンジの液晶表示がトップ画面の状態でタッチすればOK。
もうちょっとサクッと転送できればいんですが、微妙に待たされますね。


Screenshot_2013-10-09-11-33-35.jpg

スマホ(または NFC 内蔵タブレット)の画面上には下ごしらえの手順が表示されます。
最初はすごい便利!と思いましたが、よく考えたらそれってクック・ドゥのパッケージ見れば済むんじゃね?
と思いました。

*何度も言いますが、勝手にお店のオーブンレンジのコンセントを入れて通電したりしないでください。
万が一空焚きをした場合には火災のおそれもありますので、試してみたい場合は店員さんを呼びましょう。


これで流れが掴めました。これだけを武器に販売しようとは思いませんが、「何ができるの?」と
突っ込まれたときにサラリとスマートに返せるくらいにはなったかな。


Screenshot_2013-10-08-10-22-24.jpg

大体気が済んだので、今度こそはと思い、NA-VX9300 にすり寄りますが、相変わらず冷たい奴でした。


ちなみに、冷蔵庫なんかだとドアの開閉数や使用電力量のほか、庫内に収納してある食材を登録しておいた
上でオーブンレンジの機器登録がされていれば、作りたいメニューのレシピに足りない食材までチェックして
メールに転送することができます。このあたりの動作には感心しましたね~。

しかし、ユーザーの囲い込みをしたければ、アカウントを取得させてから本気出すのではなく、
通販で買うにしろ店頭で買うにしろ、じっさいに商品が目の前にある状態で体感できるように間口を広げたら
いいのではないのかと思った次第です。

洗濯機の取り付く島のなさには呆れましたが、思ったほど家電製品のスマホ対応は悪くないなと思いました。

夢の平スキー場のコスモス畑

久しぶりにカメラ好き写真愛好家らしいことをしてきました(苦笑

記事に載せてない写真はコチラ→Flickr

となみ夢の平コスモスウォッチング

IMGP2091


職場で新しくカメラを買った人が2人いて、それならちょうどこの時期やってるイベントに一緒に
行こうという話になったので、一緒に行ってきました。

この日は全国的に真夏日で、砺波市も最高気温が30℃近くまで上がりました。

暑くて2時間いるのが限界だったなあ。しかも集合場所の職場からクルマで15分で来れちゃうので、
車内で内輪話で盛り上がる間もなく現場に到着し、当然解散も早かったというw

次回は気晴らしのドライブも兼ねるような場所を選びたいなと思いました。


■PENTAX K-5 & SMC PENTAX-DA 1:2.8 35mm Macro Limited

IMGP2078

IMGP2080


■PENTAX K-5IIs & Carl Zeiss Planar T* 1,4/50 ZK

IMGP2097

IMGP2098


■SONY NEX-7 & E 35mm F1.8 OSS SEL35F18

DSC00708

DSC00722

DSC00724

Panasonic Smart App

せっかく自宅のパソコンを Windows 8 にしたというのに・・・。
10月からパソコン売場担当から電子レンジ&炊飯器売場担当に配置換えになりました。

大抵のことはそれなりに出来るとはいえ、さすがに調理家電は持ちネタが少なくて苦手な部類。
しかし、そこは仕事なので何とかハードルを越えようと模索の日々が続きます。

というわけで、ステージ1-4のボスに選んだのはコレ。

Panasonic NE-BS1000

いきなりの高級&高付加価値ゾーン(苦笑。
むしろ、こういうのを先にやっつけちゃえば、いつどんな無茶なキャンペーンが来ても何とかなるはず。

この商品の特徴のひとつとして、スマホ対応があります。この機能は薄型テレビの3D機能と同じで、
興味のない・または必要としていないというユーザー層にはまずスルーされる部分。
逆にそこを押さえておいて、持ちネタのひとつに出来ればジ・Oの隠し腕のように使えるのではと思いました。

食品を使っての実演販売が出来ない以上、光ヒーターシステムとかソフトダンパー機構とか、ハード面的な
ことばかり言うのもつまんないし、もっとソフト的な提案を考えたい。


Screenshot_2013-10-06-00-44-23.jpgScreenshot_2013-10-06-15-27-03.jpg

というわけで早速アプリをインストール。
スマホもいいですが、こういう調理家電で使うツールとしてならタブレットが最適と考えます。
キッチンで画面を見ながら料理をしたりとか。

それに、接客時の説明にも画面が大きいほうが伝わりやすいはず。そう、Nexus 7 ならね。


Screenshot_2013-10-06-08-18-57.jpg

初期画面にはこういうメッセージが出ますが、店頭でのデモンストレーションを目的としているので、
今回はパス。


Screenshot_2013-10-06-08-22-35.jpg

さっそく、本体前面のタッチ・アイコンに NFC内蔵の Nexus 7 (2013) を近づけます。


Screenshot_2013-10-06-08-19-13.jpg

おっと、さっそくつまずきましたか。
そういえば今まで他に NFC 対応機器と連携させることがなかったので、設定を確認したことがなかったなあ。


Screenshot_2013-10-06-08-21-55.jpgScreenshot_2013-10-06-08-22-17.jpg

めんどくせえなあ仰せのとおりに NFC 機能をオンにして、と。


Screenshot_2013-10-06-12-52-31.jpg

無事認識しましたが、アカウントがないので淡白な項目しか表示されません。
むむむ、これでは商品説明の小道具に使えないぞ・・・。

アカウントは後で取得することにして、今度はドラム型洗濯機の NA-VX9300 にすり寄ってみました。

Screenshot_2013-10-06-14-28-04.jpg

デモ・モードだと見事にはじかれます(苦笑


・・・。

思うんですけど、重要度の高い低いはべつとして、下位機種との差別化として載せた機能を売りのひとつに
したいのならば、店頭でのデモンストレーションも想定しての組み込みも考えたらいいのにね。

特に白物家電なんて、実際使ってみるまで分からないことが多いんだし。
そういう部分のひとつでもクリアにして、見に来た人の興味を引くことができたら、ひょっとしたら売れる
かもしれないじゃないか。

オマケはあくまでもオマケでしかないのは分かっているんですが、それをスマートと名付けるのはどうかと。


さて、次回はアカウントを取得した上でデモ・モードの製品がどう反応するか実験してみたいと思います。

緑のフェスタに行ってきた。

毎年この時期になると、地元の造園業者が合同イベントを開催しています。
鉢植えとかが投げ売りされるので、家庭菜園の好きな嫁が毎回通ってるイベントなのですが、
今日はたまたま昼からの出勤だったので、散歩がてら一緒に行くことにしました。


IMG_2091.jpg


結婚してから17年近く住んでいるこの地域は、造園業のほか木材加工業も盛んだったと聞いています。
今ではその面影はかすかにしか残っていません。


IMG_2077.jpg

子供向けにスタンプラリーをやっていました。
現役小学生で物欲のカタマリの娘は、こういった景品のもらえるゲームになると活き活きします。


IMG_2078.jpg

いちおう大人向けにもゲームが用意されていて、四角い箱に隠された動物?の名前をアンケート用紙に書いて
受け付けのおばちゃんに渡すと何かもらえるようです。
で、娘が何かを見つけたようです。


IMG_2080.jpg

ほほう、答えはコレか。さっそくママに報告しに行く娘。


IMG_2082.jpg

こっちはハズレのほう。でも、なんかかわいい。


IMG_2079.jpg

けっして広くはない会場なので、スタンプも楽勝で見つけることができます。


IMG_2092.jpg

一方、そのころハルキさんは・・・。すっかり退屈していました(苦笑
まさかここで解放しちゃうと、コイツの場合とんでもないことになるからなあ。


IMG_2089.jpg

退屈なので、買ったばかりのダイコンの葉っぱをいじったり食したり(!)。


IMG_2087.jpg

木にアクリル絵の具で模様を描けるコーナーも用意されていました。


IMG_2088.jpg

最初に紫を選びますか、あなたは。


IMG_2090.jpg

できあがり。

生乾きのまま「持ってて」と押し付けられたので、一日中指に絵の具を付けたまま仕事してました。


IMG_2085.jpg

それにしても、ダイコンの葉っぱって美味しいんだろうか・・・。


Solid State Survivor

DSC00704.jpg

一眼レフで撮った写真の現像用に入手したデスクトップPCのために Windows 8 の DSP版を用意しました。
折しも作業日は Windows 7 のパッケージ版の出荷が終了した日でもありますが、足を運んだショップでは
なぜか 8 よりも 5,000円高い上に抱き合わせ販売だったので仕方なく。
18日から始まる8.1へのアップグレードにも興味があったし、まあいいか。

ちなみに今回の重要テーマは、C:ドライブを SSD にして、レスポンスの高速化を狙うことです。


DSC00683.jpg

というわけで、コスパ重視で選んだのは SAMSUNG の 840 EVO 。基本的に OS と少しのプログラム
(アプリって言うんだっけ)しか入れないので、容量も 120MB を選択。


DSC00674.jpg

SSD といっしょに買ったのは、PCI Bus スロット を利用して 2.5 インチ・ドライブを搭載させるための
マウンタ。今回のカスタマイズのベースとなったマシンには 3.5 インチ・ドライブ用のスペースが
2基ぶんしかなく、DVD ドライブと、HDD(Western Digital製1TB) を載せたらイッパイイッパイでした。
一時は SSD と 2.5 インチ HDD(HGST製500GB) の2階建てにしようとも思ったのですが、
(第2案としてそれ用のブラケットもいちおう購入しておいた)
容量に不安があったので、そのまま 1TB を D:ドライブして使うことに。
なので、このマウンタが大変便利なんですよね。


DSC00690.jpg

DSC00693.jpg

コネクタ部分はダミーなので、本体の一番外側のスロットを利用して載せました。


DSC00675.jpg

ここで問題発生。Intel G33 Express Chip Set を積んだこのマザーボードには、SATA 端子が2つしか
ありません。SATA 端子は IDE のように2又には出来ないようなので、実はショップに行く前から悩んで
いました。


DSC00685.jpg

DSC00691.jpg

でも大丈夫、こんな便利なのがあった! 画像の通りですが、PCI Express スロットに挿して使える内部
増設ボード RATOC Systems REX-PE6S を発見。実売 5,980円で一瞬躊躇しましたが、
これを見つけるまでの間、SSD化すら諦めようとしてたのを切り抜けることができました。

おかげでグラフィック・ボードの予算までは出なくなったけど、まあいいか。しばらくは標準でガマンするわ。


DSC00676.jpg

ちなみに、SATA 用の電源は電源ユニットからの配線に1本余りがあったのを知っていたので、
普通に AinexD2-1501SA 二股電源変換ケーブルを購入。


DSC00702.jpg

というわけで、後日届くメモリ以外の部分はこれで完成。本当は USB 3.0 インターフェースも組み込み
たかったけど、スロットに空きがなくなったので断念。


DSC00701.jpg

Windows 8 のインストールにはさほど時間もかからず、と言いながらも SSD は初期化しなくても使用できると
思い込んでいて、システム上は認識していたのでインストール先として選択したらエラーが出てしまいました。
仕方ないので一旦外して、以前買った外付 HDD 用の SATA-USB3.0変換ケーブル USB-CVIDE3
でノートPC上でNTFSフォーマットを行い、SATAケーブルも増設側ではなくマザーボード側、3.5 インチ HDD が
繋がっていた端子と入替えたらあっさり終わりました。


そして最後の最後に問題発生。これだから Windows はイヤなんだ(苦笑
NEC製の19インチ・ディスプレイ、型番 F19W1A 用のドライバがなく、1,440×900ドットの解像度が選択できません。
これでは何のためにここまでやったのか分からないじゃないかw

現在、対応策を検討中ですが、ムカついたので壁紙をビル・ゲイツ的に恥ずかしいやつにしたったわ!
バーカバーカ!

つづく


[マシン構成メモ](2014/03/25)


Base PC : NEC PC-VL500/LG

Monitor : F19W1A(B)

System : Microsoft Windows 8.1

BD Drive : Hitachi-LG BH10NS38

C : Samsung SSD 840 EVO 120GB

D : SEAGATE ST31000524AS (Barracuda 7200. 1TB SATA3)

Video : 玄人志向 RH6450-LE1GHD/SP(AMD Radeon HD6450) 1GB DDR3(64bit)

SATA Interface : 玄人志向 SATA Rev.3 SATA3I2-PCIe

RAM : DDR2 SDRAM 24pin. DDR2-667 PC2-5300 4GB(2GBx2)

Mac Blu-ray Player

アン・リー監督の「ライフ・オブ・パイ」の BD/DVD セットが TSUTAYA で 40%OFF だったので、
廉価版を待たずに買いました。DVD なんて今さら要らないんだけどw

この映画、一度観ただけでは内容を理解できず、中途半端なレビューは書けないような作品なので、
寝る前とかの時間の空いたときにどの環境でも観れるようにしたいんですよ。
さすがに旧型の PS3 だと、帰りが遅くなった日の夜に部屋で観るには動作音がうるさいしなあ。

しかし、ノートPCで使っている Buffalo の 外付ドライブ、BR-X816U2にバンドルの "Power DVD" の
バージョンが古く、残念ながら観ることができない上に、表示されたアップデート方法が意味不明な日本語で
書かれた文言だったのでやる気をなくし、
それならば買い換えをと、よく行く家電量販店で確認したパッケージ版の価格(9,980円)に驚き、
仕方なく PS3 で息子と観ることにしました。



で、ネットを徘徊して見つけたのが、これ。

Mac Blu-ray Player

Life Of Pie

なかなかシンプルな面構え。いいんだよ、こういうので。

ノートPC は Vista マシンで古いので再生時にちょっとカクつきますが、目的を満たしているので
気にしない方向で。
ちなみにライセンスキーを購入しないと画面中央の文字が消えませんが、メインマシンにドライブを移設後に
購入するつもり。
価格も 3,900円と無茶な価格設定ではなかったのでそのうちポチるかな、と。

というわけで、今日は休みでじっくりと2回目を PS3 で観ています(ぇ



ライフ・オブ・パイ/トラと漂流した227日 2枚組ブルーレイ&DVD (初回生産限定) [Blu-ray]ライフ・オブ・パイ/トラと漂流した227日 2枚組ブルーレイ&DVD (初回生産限定) [Blu-ray]
(2013/06/05)
スラージ・シャルマ、イルファン・カーン 他

商品詳細を見る

Logicool Wireless Combo mk270

知り合いに Macユーザーが多いので、ウケの悪い記事になるとは思いますが、
写真現像用に使う予定の Widows PCのためにマウスとキーボードを買いました。


DSC00661.jpg

あくまでもサブマシン(そのうちメインに代わるだろうけど)的なポジションなので、
奢らずに安価なセットを選びました。


DSC00678.jpg

マウスは直販で 1,380円くらいの M185 が付いてきます。
ちなみにキーボードは K270 同等品(色違い)で、フレームも樹脂製のグニャグニャなやつ(苦笑


DSC00662.jpg

何よりも1個のレシーバーで運用できるのがスッキリして良いかも、ということで選んだんですが、
なんか変な USBアダプタ的なものが付いてきました。


DSC00667.jpg

これはデスクトップマシンで使うときに、他の周辺機器と物理的に干渉しないようにするためのもの。


DSC00670_20131002195658701.jpg

まだ OS もない状態なので試してはいないけど、フロント部分のココに差しっぱにできたらスマート
なんだけどなあ。
最新記事
最新コメント
月別アーカイブ
カテゴリ
みんぽす
モノフェローズに参加しています
サイト内検索
リンク
Powered By FC2ブログ

今すぐブログを作ろう!

Powered By FC2ブログ

QRコード
QR