Mac Fan 2013.10

生まれてこのかたMacなんて使ったことないのに、買いました。

IMG_1944.jpg


目当ては見開き46・47ページから始まる『Mac一年生のための進級テスト』と題した特集の、
56ページの<実技テスト>にしれっと登場している紗々さん。
それと、125ページからの『日々是検証』で寄稿されている、斎賀和彦さんと早川厚志さんの記事。

サイカ先生のRAIDケースのはドンピシャというか、今使っているやつが非常に使いにくくて仕方ないのも
あって、Macユーザーが羨ましいなあと思ってたのと重なったり、早川さんの加賀ハイテックのポトリの記事は、
これが発表されたときにちょっとグッと来てたので、いつかPCを買い換えて晴れてMacユーザになった暁には、
間違いなく買うんだろうな的なアイテムだったので、興味の方向性と合致しててうれしかったなあ。

早川さんとはまだ実際にお会いしていませんが、こうして石垣島以外の全国区の雑誌に載った、
知り合いが関わった記事を読むという感覚は、ラジコンマガジンのロンタムレポートで記事を書いてた
サトちゃんとニッシーこと西永さん以来で懐かしいなあ。←分かりにくい。

Bさんが、好きなことを夢中でやってたらいつの間にか仕事になってたタイプなら、
おれはそのカテゴリで影響力のある人と、いつの間にか知り合いになってたパターンが多いかな。
自分自身はまったくもって無力なのに(苦笑

でも、知り合いの皆さんがそれぞれのフィールドで頑張っている姿を垣間見ると、
決して情報発信なんかできる立場ではないけれど、おれも出来る範囲で何かを残していこうと思うわけですよ。
稚拙な文章とへたくそな写真もいつか、自分の思いもしないところで面白いことにならないかな、なんて。


まあ、世間ではちょっと冷凍庫に入ってみたのを撮ったら、自分の思ってもなかったレベルにまで
発展しちゃった人が多いみたいですけどね。

紗々さんのコーナーの感想は、石垣島に行っているあの人へ丸投げしますw
帰って来たら、必ず買ってブログに書くように(はあと
スポンサーサイト

2013年 下呂温泉&高山観光

夏休みというわけではないのですが、たまたま月末に連休が入れられていたので、ちょっと旅行に
行ってきました。

IMGP1738.jpg

末っ子がまだ1歳ちょっとのため、あまり遠出は出来ず、かといってスペシャル感もないイベントだと
上の子たちが納得しないので、国道41号線を150kmほど南下して下呂温泉に来ました。

下呂温泉 ホテルくさかべアルメリア


泊まった部屋は5階の505号室。微妙にうれしい番号ですが、家族のだれにも伝わらないので黙って
おきました。

タイのニューハーフショーがお父さんたちへの夜の目玉イベントなせいか、部屋の雰囲気もどこかアジアン・
テイストな感じです。1歳児を持つ親としては障子がないだけ安心しました。


IMGP1741.jpg

IMGP1747.jpg

IMGP1758.jpg

で、さっそくテレビのリモコン研究家が活動を始めます。


IMGP1766.jpg

少しずつ声変わりを始めた長男。途中の車内の会話も何だか不思議。「サマーウォーズ」の神木隆之介と
喋ってるみたいでした。
今度、”よろしくおねがいしまああああす!”と言ってもらいたいと思っています。


IMGP1773.jpg

チェック・インよりも早く着いたおかげで入った休憩所で、知らないおじいちゃん&おばあちゃんの昼寝を
邪魔しまくってパンまでもらった迷惑小僧のハルキさん。寝てたら本当かわいいんだけどなー。


IMGP1781.jpg

で、夜には覚醒するというね。


IMGP1810.jpg

翌朝も微妙な天気。

前日の夜も曇り空で、ちょっと狙ってた星空撮影も断念。夜に入った2階の大浴場が完全に囮で、
8階の展望風呂こそ大ボスだったことを嫁から聞き、朝食後にみんなで入りに行きました。
大浴場のジャグジーも腰に良くて気に入ったんだけどね。


展望風呂で偶然いっしょだったおねーちゃんが小尻で巨乳だったとか、水色のブラだけで下は穿かずに
浴衣を着て脱衣所から出て行ったとか、嫁から要らない情報を聞きながら帰り支度をしました。

夕食も朝食もビュッフェ形式で、メニューが豊富でつい取りすぎてしまい、腹八分目の2割引きがモットーなのに
かなりオーバーしてしまいました(苦笑
味に関しては味覚バカなのと、嫁と交代でハルキさんの面倒を見つつ慌ただしく食べたので、味わう暇も
なかったのを加味した上で言うと、美味しかったと思います。

建物が勾配のきつい山の中腹にあるせいでエレベーターが斜行式、かつ2機しかない上に狭くて遅いので、
結局これまた急勾配の階段を利用することを強いられて、膝と腰にとても親切だったことを除けば、
また泊まりに来ても良いかなと思える感じのホテルでございました。

ちなみに料金は、大人3人(中学生1人)・小学生1人・幼児1人の1泊2日の夕・朝食つきで
4万円くらいでした。

お盆も過ぎて夏休みも終わりに近いというのにそれなりに混んでいたので、人気はあるのかなと思いました。


IMGP1828.jpg

下呂温泉とお別れをして、高山駅周辺まで来てみました。
途中で目的地の確認のために停まったコンビニで買ったソフトクリームを嫁から奪い、ご満悦の娘です。


IMGP1831.jpg

「鍛冶橋」付近のパーキングにクルマを停めて散策、その前におやつ代わりの団子を購入。


IMGP1834.jpg

宮川に掛かる鍛冶橋のたもとにある「二四三屋」さんです。


IMGP1832.jpg

宮川です。
ベビーカーでなければ下まで降りたんですけどねー。水がとても綺麗に見えました。

IMGP1939.jpg

鯉も泳いでいました。
KOIKOI!的な。


IMGP1852.jpg

ちょうど朝市をやっていたらしく、土産物屋のおばちゃんから12時までだからと聞いて来てみましたが、
15分前だというのにほとんどのお店は撤収してました(苦笑


IMGP1941.jpg

ふと道路に目をやると鳩が散歩してました。


IMGP1860.jpg

ここが横浜でなくて良かったな・・・。(意味深)


IMGP1856.jpg

ストリート・ビューで路面がアスファルトだと確認済みなので、安心してベビーカーで散策できますね~。


IMGP1858.jpg

子供連れでなかったら、ちょっと入ってみたい場所もありました。


IMGP1854.jpg

民家の庭に咲いたガーベラが綺麗だったので1枚パチリ。


IMGP1933.jpg

人力車のお兄さん。


IMGP1873.jpg

乳母車のハルキさん。


IMGP1869.jpg

IMGP1940.jpg

涼の演出のしかたにセンスがあって、ちょっと素敵ですよね。


IMGP1861.jpg

”秋が無い”から「商い」だと・・・?


IMGP1874.jpg

こっちはもう飽きたんじゃーーい!


IMGP1875.jpg

というわけで「杉養蜂園」で冷たいスイーツを。


IMGP1878.jpg

おれはゆずシロップをかけてもらったのを食べました。


IMGP1879.jpg

お店の向いには高山市政記念館があります。消火栓の錆ぐあいがたまりません。


IMGP1880.jpg

せっかく高山まで来たので、となりのお店で木を活かしたオモチャを買うことにしました。


IMGP1883.jpg

ハルキさんには、一人遊びのできるやつを。


IMGP1890.jpg

使い方を若干間違っていないでもないですが、静かになるからまあ良し。

ちなみに、娘はダルマ落とし、長男は木刀を買いました。他校の生徒とケンカしなけれないいんですけどね。


IMGP1892.jpg

カエル発見!


IMGP1917.jpg

狛犬発見!


IMGP1912.jpg

狛犬・・・じゃなかった、嫁発見!


IMGP1926.jpg

高山を出て、嫁がふと思いついて滝を見に行こうと言いだしたので、ちょっと寄り道しました。

宇津江四十八滝県立自然公園


IMGP1924.jpg

ハルキさんを遊ばせるにはまだちょっと早い場所だなあ。


IMGP1922.jpg

ちょっとした装備がないと先に進めないので、結局滝を見ないまま引き返しましたが、自然の風に触れること
ができて、嫁は満足したようです。


さて、来年はどこへ行こうかな。



パーフェクト ワールド

イーストウッドの作品は、観る者に必ず何かを残そうとしてくれます。

パーフェクト ワールド


20090715_1286894.jpg

「アンタッチャブル」(1987年)・「ボディ・ガード」(1992年)と、正義感の強い人物の役柄を
演じていたケビン・コスナーが悪党を演じたことが話題になった記憶があります。

監督・出演のイーストウッドはそんな彼の演じるブッチを、まるで息子を見るような眼差しで、
かつて更生させようと少年院に送ったことが仇となり、悪影響を与えてしまったことを悔やみながら、
長い道のりを追跡していきます。

下手な演出家ならば、冒頭に”大人になったフィリップ”のダイアログなんか入れちゃったりするんだろうけど、
イーストウッドはそうはしない。無骨な男の眼差しで物語を紡ぎます。

自分に子供が生まれて成長していく姿に触れ、接し方に悩んだときにはちょっと変かもしれないけど、
ブッチのように「男同士」として子供と向き合おうと思うんです。
今はまだ自分自身が「子供」なので、いい加減「大人の男」にならなくちゃなあ。
一生無理かもなあ・・・(苦笑

Perfect_World.jpg

NEX-5T

SONY より コンパクト・ミラーレス一眼 の最新モデル、NEX-5T が2013年9月13日に発売されます。

今回のモデルでは iPhone & iPad 以外のスマホやタブレットとワンタッチで連携できる NFC の搭載や、
トリルミナスカラー(HDMI出力時の映像の広色域化)に対応したということで、べつだん取り乱すことも
ないマイナーチェンジというのが大方の反応でございました。

まあ、4Kテレビをモニタとして撮った写真を表示させるときに凄いよ、ってとこでしょうか。

※ 「トリルミナス(R)カラー」および「トリルミナス(R)ディスプレイ」は動画・静止画の広色域の色空間に対応したソニーの製品やサービスの総称。
静止画/動画の広色域記録対応、かつHDMI広色域伝送対応機種。広色域色空間は、
静止画:sRGB(色域sYCC)Adobe(R) RGB規格、動画:xvYCC規格を指す


NEX-5T.jpg


驚いたのは、知り合いの 浅岡省一 さんが、公式作品ギャラリーでそのカメラの腕を存分に披露されて
いることです。ちなみにこの作品ギャラリーのスクロールが速すぎて、おじさん気持ち悪くなっちゃった・・・。

モデルは我らが紗々さん。今年に入っての彼女の活動エリアの拡大の仕方がハンパなくて震えます。
10月には銀座で個展を開かれる予定で、この2人はホントに快進撃やな~w

草葉の陰で見守るくらいしか出来ないけれど、お2人のますますのご活躍を祈念しております。


で、自分はこの NEX-5T を買わないのかと言われると、どうしよっかな~。
NEX-7になくて、羨ましいなと思うのはまだファストハイブリッドAFくらいなもので・・・
ファインダは欲しいので、NEX-6がモデルチェンジしたら、内容によっては・・・ね。

夕陽のガンマン

eastwood.jpg

1年くらい前に衛星放送でイーストウッドの西部劇を何本かまとめて放映していたのを知らずに、
途中から観ててあまりの面白さにずっと気になっていた作品。

マカロニ・ウエスタンといえば、黒澤明の『用心棒』をパクって訴訟問題にまで発展した「荒野の用心棒」も
面白いんですが、より魅力的なキャラクターが登場する、この「夕陽のガンマン」の方が個人的ベスト。

何よりも賞金稼ぎのダグラス・モーティマー大佐を演じたリー・ヴァン・クリーフの存在感がすごい!
残念ながら1989年に亡くなっていますが、あの独特の眼光は一度見たら忘れられません。

今回はBD版を買って観てたんですが、昔テレビ放映時に使われた吹替え音声も完全収録ということで、
故・山田康雄の吹替えのほか、多田野曜平と山路和弘(知らねーよ)がカットされた部分を補完している
模様。まあ、字幕でしか観てないけどな。

劇中、やたら主人公のことを○ンコ、○ンコと呼ぶので何だろうなと思って調べたら、
イタリア語で”片腕”という意味の”モンコ”(Monco) だそうで。言われてみたらほとんどのシーンを
片腕だけで演じ、銃を扱ったりするシーン以外はずっとポンチョの中に腕を隠したままでしたね。
ああ、びっくりした。


夕陽のガンマン [Blu-ray]夕陽のガンマン [Blu-ray]
(2012/04/21)
クリント・イーストウッド、リー・ヴァン・クリーフ 他

商品詳細を見る

007 SKYFALL

ジェームズ・ボンドがダニエル・クレイグになってから、ロコツにSONY製パソコンが目につくので、
観るたびに映画という夢の世界から現実に引き戻されるのを嫌って、前2作もさらっと観ただけでした。
なんかこう、くまモンみたいにカネの匂いがぷんぷんするんだよね。

DSC00573.jpg

監督は煮え切らない映画を撮らせたら最高のサム・メンデス。元交際相手がダニエル・クレイグの奥さんの
レイチェル・ワイズなので、レイチェル・ワイズが好きなおれとしては個人的にけしからん作品です(ぉ

敵役のシルヴァ演じるハビエル・バルデムの英語力が一聴して上がっていることに驚きつつも、
意外と金髪も怪しさを表現するには良いアクセントになっているなと感じたのと、
やっぱり007の悪役は"歯"が命だよね、と思った次第です。
ちなみに、おれは英語を話せません(爆

ハビエル・バルデムの奥さんはといえば「コラテラル」で共演したトム・クルーズの元カノの
ペネロペ・クルスです。ハリウッドって恐ろしいなー。

敵のアジトのモチーフにあの軍艦島に目を付けた点もワクワクさせられましたが、まさかあそこでロケなんか
できるわけもなく、実際は外から数か所撮影したのみで、ほかはマカオ海岸沖の島で撮ったそうで、
せめて舞台設定をした場所でロケしてほしいな、観てるこっちは実際にそこへ行く機会なんてないんだから、
映画でくらい旅をさせてよと思うわけです。

それにシルヴァとの戦いに至るまでが冗長で、なぜ彼がそこまで復讐に囚われるのか感情移入が
難しく、Mに捨てられて半年間も拷問を受けて自死を遂げようと試みたが失敗し、頬骨と上顎にダメージを
負ったという設定も中途半端で、しかも本人の独白と入歯外してみせただけというのが煮え切らない。
せめて何かしらの生命維持装置に頼らないと生きられない、くらいでないとインパクトがないなあ。

さて、これまでジュディ・デンチがMを演じていたからこそ、ボンドが誰に代わろうともリアル・タイムで
観れる007を追いかけていましたが、今回でそれもおしまい。
マニーペニー役も赤毛の女優が適役だと思うのに、ナオミ・ハリスときましたか。

次回作を観ようと思わせてくれる魅力のひとつでも見つかればいいんだけど。


28日後...

終末思想というのは、国というか文化ごとに個性があって興味深いものだったります。

28日後...


28.jpg

「ゾンビ」のジョージ・A・ロメロはキューバ系とリトアニア系の両親を持つNY出身のアメリカ人ということで、
乱暴な分け方かもしれませんが、リメイクの「ドーン・オブ・ザ・デッド」も含めてアメリカ製作くくりでいくと
総じてラストは救いがありませんw

かわってイギリス出身の監督が関わった作品のラストは、たいていエンディングはうやむやです(苦笑
ジャンルは違いますが、「ハリー・ポッターとアズカバンの囚人」のアルフォンソ・キュアロンが撮った
「トゥモロー・ワールド」も、人類の生殖能力が失われ18年間子供が生まれない世界の中で、
最後に主人公が希望を託した子供と母親の運命も、見事にうやむやでした。
個人的には好きな映画の10本に入る作品でしたが、ラストだけは「何だよそれ?」と思いました。

そして、この「28日後...」。監督は「トレイン・スポッティング」のダニー・ボイル。
ラストは一応ハッピー・エンドっちゃあハッピー・エンドでしたが、「何だよそれ?」という感覚は一緒。
世界が破滅した原因は結局解明も解決もされないまま。
それを言い出したら「ショーン・オブ・ザ・デッド」のラストも見事に何の解決にもなってなかったけど、
まあ、あれはそれでいいや。

”凶暴性”と名付けられた未知のウィルスに感染したチンパンジーの研究をしていた施設を動物愛護団体が
襲撃するところから物語は始まりますが、もともとチンパンジーはじゅうぶんに凶暴なんだし、
何だかな―と思いつつ、さらに世界中の人類が過去に起こして来た数々の暴動の映像を彼らに観せている
時点でもう可笑しくてたまらない。これはいわゆる「雰囲気系」ってやつだな、きっと。

「バットマン・ビギンズ」のキリアン・マーフィー演じる主人公のジム"JAMES"←強引)が目を覚ますと、
そこは無人の病院、しかも頭部に手術痕があるにもかかわらず全裸でフルチン全開w
ふつうなんか着てるでしょ~。お前はケビン・ベーコンか!と思いました。

で、彼は病院から出て無人のロンドン市街を彷徨って、昏睡してから世界が一変したことを目の当たりに
するわけですが、たいていこういうロケをする時間と言うのは人通りの少ない早朝なんですよね。
いつかまたこのジャンルを撮る人がいたら、ぜひ真昼間の大都会で道路封鎖して撮影してもらいたいと
思っています。

助演のナオミ・ハリスがたくましくヒロインを演じていて、DVDの特典映像にある別エンディングでも
強烈な印象を残しています。

この作品がいわゆる“走るゾンビ”が流行するキッカケとなってしまいましたが、根本は『極限状態にあった
場合にいちばん怖いのは人間だ』というテーマが生きているぶん、この作品は評価できると思います。


MONSTERS UNIVERSITY

今日は最後の通院だったので、帰りに抜糸フィック・リムなう。とかつぶやくつもりでいたんですが、
処置が思ってたよりもだいぶ早く終わってしまい、観たかったパシフィック・リムの上演までの空いた
時間がもったいなくて、結局夏休み中の子供との時間を優先させることにしました。

モンスターズ・ユニバーシティ

MU.jpg

ところで、”ユニバーシティ”のスペルって「University」だったのね。てっきり「Univer"city"」かと
思ってた(爆 あと、”MU”はむっちーの略ではありません。←

それにしても近年のフルCG作品って、作り込みがどんどんすごくなっていきますね。
背景や建物なんか現実と見紛うばかりの質感で、方向性は全く違いますが、同じ上映中の作品でも
「キャプテン・ハーロック」とはくらべものにならないくらいにリアルだと感じました。

ストーリーはネタばれになるので言及しませんが、本当にうまくまとめたなあ、と感じました。
ハリウッド映画って”前日譚”がホント好きだよなあと少し冷めた目で見つつも、
じゅうぶんこのまま「モンスターズ・インク」を観たい気分になれました。

奇しくも「MIB3」と続けて"JAMES"という名のキャラクターがいる作品を観てしまったので、次は
やっぱアレしかないかなあと思っています。


<追記>ガマンできずに言うと、サリーの出自がエリート家系で本人もそれをハナにかけていながらも、
逆にコンプレックスを抱いていることや、学園ヒエラルキーで言うところの、ナードがジョックスに挑む構図が
まるで「仮面ライダー・フォーゼ」みたいで、終始ニヤニヤさせられました。

MEN IN BLACK 3

WOWOWの吹替え版を視聴。ウィル・スミス役の声優さんがトム・ハンクスと一緒の人なので、
なんだか声優業界の選手層の薄さを感じつつ、山ちゃんじゃないだけマシかと思って観てました。

DSC00571.jpg

ジョシュ・ブローリン演じる1969年の”K”が、トミー・リー・ジョーンズの若かったころの顔を
CGで再現して、体格の似た役者の顔に合成してるとさえ勘違いしてたくらい、雰囲気がそっくりで、
この作品でのトミー・リー・ジョーンズの出演シーンって実際かなり短いはずなのに、
何の違和感もなく観れてたのが面白かったですね。

シリーズを通して”J”に対して無愛想な態度をとる”K”の行動や言動のすべての理由が、
ラストで帰結するのにはちょっとグッときたものの、ちょっともったいないというか、
複雑な気持ちになりました。

まあ、これでこのコンビの絆は鉄壁になったわけだから、もしも製作されることがあるのならば、
ぜひ「4」も観てみたいですね。


アンディ・ウォーホル最高。

<追記> そういえば”K”って「1」のラストで引退して恋人?の元へ帰ったのを「2」で再招集
されたはずだけど、今作では”O”とデキてるような雰囲気なのは何故なんだろう・・・。


Will Smith - "Men In Black"[Official Music Video]

Patrice Rishen - "Foeget Me Nots"

タミヤTシャツ Mサイズ


IMG_1734.jpg



おれはタミヤが好きだ。

鬼龍院翔なんて奴のことは知らない。

しかし彼のおかげで、この公式Tシャツの売上が2倍になったというのは喜ばしい。

でも、これを着て外を歩くとゴールデン・ボンバーのファンと誤解されてしまうかもしれないのは不本意だ。


おれは違う、おれはタミヤが好きなんだ。

このTシャツにサインを書いてもらうとしたら、鬼龍院にではなく三輪さんに書いてほしい。

おれは三輪さんが好きだ。


・・・あれっ?

TOTAL RECALL (2012)



Total_Recall.jpg

指の治療に通った病院の外来の待合室に"Kindle PaperWhite"(充電したのは3ヶ月ぶり)を
持ち込んで、フィリップ・K・ディックの原作を読んだ勢いで観てみました。

主演のコリン・ファレルがあまり好きではないので、ほとんど事前に情報収集はしてませんでした。

なんつーの?エリート層と貧困層が分かれて生活してて、地球内部をトンネルでつないでどーした
こーしたといった設定がどーのこーの、といった程度の知識しかなかったです。


で、いざ観てみると、期待度がそう高くなかったせいか、このテの近未来SFにしてはわりと
舞台セットの作り込みが丁寧なのと、デザインの統一性が徹底されてて好感が持てました。
警備ロボットの”シンセティック”もなかなかカッコイイ。
まあ、中に人が入っててあとから余計な部分は画像処理で消した感もアリアリでしたけどね。


労働階級の人々が通勤に使う”フォール”ですが、地球内部を絶叫マシンのフリーフォールみたいに
落下していく途中に重力転換で上下さかさまになるという強引な設定が面白くて、
(そもそも地殻すら突き抜けるトンネルを掘ってる時点で突っ込みたくなるんですが)
ついサンダーバードで富山から大阪へと向かう途中に、米原で座席の向きを変えさせられる感じを
思い浮かべてしまいました。


監督は「アンダー・ワールド」シリーズのレン・ワイズマン。助演はシュワちゃん版のシャロン・ストーンに
あたる奥さんのふりをしている役が、監督の奥さんのケイト・ベッキンゼール。
老けててエンドロールまで誰か分からなかった。

同じくレイチェル・ティコティンのポジションは「ステルス」でビキニ水着姿でサービスしてくれた
ジェシカ・ビール。
この人ってちょっとふっくらしてた方がグラマラスで健康的に見えて良かったんだけど、
残念ながら本作品では痩せてて個性がなかったですね。


悪役のコーヘイゲンの存在感が薄かったり、レジスタンスのリーダー役(”デッド・マンズ・チェスト”の
デイヴィ・ジョーンズの中の人)にもオーラがなかったり、配役に残念な感じの残る作品でした。

磁場を発生させて浮かんで走る乗り物のカーチェイス・シーンなんかは、「アイ,ロボット」や
「マイノリティ・リポート」あたりと良く似てるので何も言葉が浮かびませんし、
追跡車両から逃れるために磁力をカットして地上へ降りるシーンで、強力な磁場で跳ね飛ばされる
車両の演出はそこそこ面白かったものの、周りがどうみても普通にロケした生活感の漂う沿道だった
ので、SF映画という夢を観ている気持ちもいっしょに吹っ飛びました。


あとはまあ、あれだ。”リカル社”のセットをインチキアジア風にした時点でこの監督のセンスは
知れている。

「ブレード・ランナー」を越えられらない作品の一つ。


トータル・リコール [Blu-ray]トータル・リコール [Blu-ray]
(2013/06/26)
コリン・ファレル、ケイト・ベッキンセール 他

商品詳細を見る

マクロレンズでカワセミを撮る

PENTAX K-5IIs & SMC PENTAX-DA 1:2.8 35mm Macro Limited で撮りました。

海洋堂 カプセルQミュージアム 『日本の動物コレクション第3弾 東京/大都市と離島』


IMGP1728.jpg

カワセミの雄です・・・。


IMGP1732.jpg

シマヘビとトウキョウダルマガエルもゲット。ダルマといえば群馬じゃないのか・・・・。
ショッカー戦闘員もうろたえています。

“押すな、絶対に押すなよ!”


ラインアップにはあの”ダイオウイカ”も含まれていますが、カプセルのサイズ的に絶対ちっさいので、
スルメイカ程度にしか見れない気がしたので、これ以上狙うのはやめました。←オトナ


IMGP1733.jpg


サービスショットだよ♪・・・と誰ともなく。


セブン

DSC00566.jpg

いまさら語る言葉もない、サイコ・サスペンスの傑作ではありますが、製作から20年近くも経つと
最初に観たときの衝撃は薄らいで、余計なところばかり気にしてしまうようになりました。

この作品の舞台は、年代も不明の架空の街で治安も含めてあまり環境がよろしくないという設定・・・。
と思っていたんですが、CSの無料放送を録画したものを何気なく観ていると、
最初の被害者が発見された日を特定したにみならず、現場検証に使用されたカメラが”Nikon製”で、
撮影時の設定も事細かに映っていて思わず笑ってしまいました。

まあ、今あらためて観ると、この映画のストーリーよりも凄惨な事件をこの20年の間にたくさん
ニュースで見聞きしてきましたからね・・・。感覚が麻痺しちゃってるのかも。

この作品で唯一救われるシーンは、ミルズがサマセットを自宅アパートへ夕食に招くものの、
地下鉄の真上なので5分おきに家が揺れることに、全員噴き出してしまうシーン。
あのときのモーガン・フリーマンの笑顔はとてもよかった。

それゆえにラストは今観ても衝撃的で、とても悲しい。

キズパワーパッドふつうサイズ

8月19日の全国高校野球選手権・第4試合『富山第一x延岡学園』の試合はアツかったですね。
延長11回まで緊張しっぱなしの接戦は、富山第一の遊撃手・中村順風選手の送球ミスでサヨナラ負け
という、地元出身者としてはとても悔しい、でも当の本人は計り知れない重圧を背負ってのプレイの
結果なだけに、あっけない幕切れとはなったものの、本当によくやったと労をねぎらいたい良い試合
でした。

で、こちらは4日前になりますが、お盆セールまっただ中の開店直後、慌ただしく店頭展示品のラジオ
を販売する際にカッターで痛恨のミスをしてしまいました。

いや、ほんとにあっけなかったですよ。あの試合のときと同じくらい「えっ」と思ったのを覚えています。
一瞬間をおいて周りを見渡して、「ああ、やっちゃった・・・」

と言うわけで、砺波市立総合病院の救急センターに駆け込んで治療をしてもらった後、外来で形成外科の
担当医師に薦められた絆創膏を買ってみました。


ジョンソン・エンド・ジョンソン キズパワーパッド ふつうサイズ


IMGP1706.jpg

パッドがかさぶたの代わりとなり、傷口の回復を促進してくれるというもの。
おお、これは傷の深い人差し指に効きそうだ・・・。


IMGP1722.jpg

あまり想像力を働かせ過ぎるとけっこうエグいかもしれませんが、病院で処置してもらったときのパッドを
換えたとき、患部の皮膚が驚くほど再生していることに感動しました。
なので、この説明図は信用していいと思います。


IMGP1707.jpg

1箱10枚入り。全治2週間程度だと思っていますが、交換の頻度が分からないのでとりあえず1箱だけ
買いました。足りなかったらまた買えばいいし、余ったらいつか誰か怪我をしたときに使えばいい。


IMGP1708.jpg

中身はちょっと変わった形状の絆創膏が入っています。


IMGP1711.jpg

台紙を剥がすと滑らかな表面をしたパッドが現れます。いかにも医療用品といった佇まい。


IMGP1720.jpg

いっしょに買った紙テープを巻きました。これで一日は持つのかな、いちおう職場にも携行していくけど。

ちなみに中指はまだ糸が取れていないので、ちょっと厚めの絆創膏で処置しています。
こっちはふつうの切り傷だから、傷口さえふさがればほとんど気にしなくていいと思っています。


26日の抜糸が楽しみだなあ。

荒野の用心棒

52e44cb8e20f6ad6583324a124426538.jpg

黒澤明の映画で唯一まともに最後までちゃんと観たのが三船敏郎主演の『用心棒』で、
それをメキシコ国境に舞台を置き換えてリメイクした作品、かつクリント・イーストウッド主演となれば、
”粋”だなと思って観てみました。

早撃ちの腕を持つ流れ者の男が、縄張り争いをしている2つの勢力を合い討ちさせて町に平和を取り戻そう
と画策する話。

西部劇とはいえ、実際の撮影はスペインのアルメリア地方で行われたそうですが、
ロックスター社のテレビゲーム、"Red Dead Redemption" まんまの世界観(ホントは逆だけど)に、
ワクワクしながら観ることができました。

元ネタが傑作なだけに、あとは魅力的な俳優を配置するだけで成立する作品の好例だと思いますが、
ジェーン・フォンダやジェームズ・コバーンではなく、イーストウッドだからこそ成功したのではと思っています。

やっぱり俳優に魅力を感じないと、どんなに優れた脚本でも観る気起きないっすよ。

西部劇なんて興味ない、しかもマカロニ・ウエスタンだなんてと思ってる人がいたら、
”映画を分かってる人が作った映画”だから、イロモノだと思わずにぜひ観てほしいですね。

乱暴な言い方をすれば、黒澤明の用心棒なんて、出演者の滑舌が悪くて台詞のほとんどが聞き取れない
んですが、リメイクだと字幕なのでストーリーが分かりやすくて良いですよ(ぉ


千光寺

休日でしたが、職場近くの病院へ通うことになり、治療が終わった後少しだけ仕事をして
帰り道に訪れてみました。

千光寺

DSC00524.jpg

なんでも、豊臣秀吉や前田家に縁のあるお寺だそうで。


DSC00528_20130819183655fa7.jpg


DSC00527.jpg

寺社仏閣と同じく、市井の人々の拠り所としてのお地蔵さんにも興味を惹かれてます。


DSC00532.jpg

意外と広いな・・・。


DSC00533.jpg

なんで彼だけ一人なのかよく分かりませんでした。さみしくないのかな。


DSC00538.jpg

お寺や神社を訪れるときの、この風景がすごく好きなんです。


DSC00561_20130819184138ce7.jpg

さすがに何の行事もない平日の昼間は貸切りですね。
ふだん人の多い場所で仕事をしているから、こういう静かな場所で一人になれるのはうれしい。


DSC00548_20130819184001fc9.jpg

DSC00550.jpg

DSC00557.jpg

DSC00563.jpg

DSC00565.jpg


お寺は良いですね、心に静寂をもたらしてくれます。

A-One 29421 手作りステッカー

ラジコンに夢中になってた数年前にはプリンタを持っていなくて、やりたくてもやれなかった
ステッカー作りをふと思い出してやってみました。

まあ、ラジコンは現在お休み中ですが、いつか再開したときにでも役に立つかなと思って。

A-One 29421:手作りステッカー


IMG_0033.jpg

この商品は、白い台紙にインクジェット・プリンタで印刷したものを上から保護フィルムを貼ることで、
耐水性・耐光性を確保するタイプ。


IMG_0034.jpg

3セット入りなのでコスパ的に微妙ですが、とりあえず試しに適当にデータを集めて印刷してみました。

データ作成にはメーカー謹製の『ラベル屋さん』というソフトをダウンロードして使います。

印刷時の注意点といえば、台紙が反りやすいので前面給紙タイプのプリンタの場合は給紙エラーが
出やすいです。自宅のプリンタがまさにそういうタイプだったので、隙間から定規を突っ込んで台紙を
押さえながら印刷しました。

背面から給紙するタイプなら問題ないかと思います。


IMG_0035_2013081823102563a.jpg

出来上がり。

軽く失敗しちゃったなー(苦笑



この後、職場で左手の人差し指と中指に裂傷を負い、ステッカーのカット作業が出来なくなりました。
その上さらに嫁がこの用紙がセットされていることに気付かずに、
どうでもいい書類を印刷したので、残りの2枚も無駄になってしまいました。


おしまい。

トリックアート展へ行ってきた。

IMG_0053.jpg

魚津市にある新川文化ホール:通称『ミラージュホール』で開催されている、
トリックアート展へ行ってきました。

砺波市の店舗へ異動になってからこの辺りに来るのは久しぶりで、国道を挟んだ向かい側には6月で閉店した
2つ前の職場の建物が看板も手つかずのまま残っていて、なんかこう、
タッチの達也がもう動かなくなった和也の姿を、南に見せて言うセリフが頭に浮かびました。


きれいな建物だろ ウソみたいだろ 閉店してるんだぜ。それで・・・
たいした家賃でもないのに、ただ、ちょっと売上げが悪かっただけで・・・
もうここで働けないんだぜ な ウソみたいだろ



・・・なんか目から変な汁が出て来て液晶モニターを覗けなかったので写真は撮りませんでした。
(本当は日中の気温が40℃近くもあって暑くてめんどくさかったからです)


IMG_0037.jpg

さて、「よっしゃ行くか~!」とでも言いそうな勢いで挑むハルキさんですが・・・。


IMG_0040.jpg

IMG_0041.jpg


IMG_0042.jpg

つまらないのか、入場して数分でこのありさまです(苦笑


IMG_0045.jpg

IMG_0051_20130817082410ed4.jpg

IMG_0050.jpg

いやあ、それにしてもここキビしいわ。何がってライティングよライティング。
どう構図を組み立てようとも、必ずライトの反射が絵に映り込んでしまうので一気に写欲が失せます(苦笑


IMG_0049.jpg

そんなパパの気持ちを小さな彼は気持ちよく体現してくれてました。


IMG_0046.jpg

ああ、この絵も・・・。


IMG_0054_20130817082954057.jpg

IMG_0057.jpg

影が写り込んでもダメなんだってばよ!(苦笑


IMG_0058.jpg

というわけで、なんだか観光地の記念写真ボードみたいなのを最後にして帰ることにしました。


こういったトリックアート展というのは、ショッピングモールのイベントホールで行われることも
あり、以前はそういう場所へ行ってみたこともあるんですが、こんなにライトの反射が気になるのは
本当に初めて。

普段写真を撮るときには、平面的にならないように自然光の当たり方と影の位置を意識するんですが、
ここのようなシチュエーションだと平面であればあるほど目の錯覚で面白い写真になるのに、
ライティングで全部台無しになってましたね。

まあ、ちょっとは良い勉強になったかな。


IMG_0064.jpg

さて、その足で30km離れた自分の実家へ行ってきました。


IMG_0065.jpg

父親と会うのは久しぶり。庭で家庭菜園という定年後の典型的な趣味にハマる分かりやすい人ですが、
ゴ―ヤについてうれしそうに話してくれました。

父さん!あの・・今日はうれしかった、父さんと話せて”的なセリフが脳裏をよぎりましたが、
母親が存命だったことを思い出して我に返りました。


IMG_0067.jpg

白いのが勝つわ・・・。じゃなくて、白いゴ―ヤだそうです。
ちなみに親父にはぶたれたことあります。←何の話だ


IMG_0061.jpg

エキスパンダーでフィジカルを鍛えるハルキさん。


IMG_0060.jpg

最近になって7月生まれだということをようやく知ったばあちゃん。
86歳だそうで、長生きしてね♪


IMG_0069.jpg

IMG_0070.jpg

久しぶりに家族で集まってお酒と料理を愉しんだあとは、子供たちの花火大会。
じいちゃんがお月様になって見守ってくれているようでした。


富岩運河フォトコンテスト 2013

嫁から本文なしの添付画像のみのメールが届いたので、手の震えをこらえながら開いてみると・・・

Attachment-1.jpg


おお、地元のフォトコンテストの案内ではないか!
驚かせやがって~(苦笑

説明しよう!富岩運河とは、神通川下流の東岸に沿って位置し、富山湾の岩瀬港から富山市湊入船町
までをつなぎ、主に材木の運搬に利用されていた運河のことだ!
・・・たぶんまだ利用されているかも。

小学3年生から高校を卒業するまでの間、この運河沿いの県職員住宅で暮らし、
高校のある婦中町(旧婦負郡)へは蓮町駅から富山駅を経由し高山線を乗り継いで通っていました。
近くに富山県立北部高校があるのにね・・・。

まあ、地元で“可愛い制服”と言われた高校に通ってた幼馴染みと、汽車(!)を降りる時間がいっしょに
なったついでに仮想デートっぽく馬場記念公園(旧制富山大学があった場所)を通って家まで帰った思い出
もできたわけだし、それなりに楽しかったんですよ。


当時住んでいた集合住宅の窓からは富山火力の煙突が良く見え、運河を挟んで対岸には日本海ガスの緑色の
まるいタンクが目の前にありました。

今はもう更地になっているはずだけど、小学生のころまでには材木工場の跡があって、
まだ建物が残っていたから、良い探検場所になってましたね。

なので、おがくずの匂いを嗅ぐと、一気に少年時代へタイムスリップ出来ます(笑


このフォトコンテストでは、おそらく綺麗に整備された環水公園周辺を撮るとウケが良いのかも
しれませんが、個人的には自分が育った周辺地域を子供時代の原風景として写真に収めたいと
思いました。

どうせ応募するなら、何かしらの賞を狙うくらいの気概も大事だとは思いますが、
きっと付近で暮らした者でないと感じることのできない目線もあるはずなので、
締め切りまでの間にちょっと散策してみたいと思います。



夏休みの計画②

例によって自分用メモです。


月末に行く予定の下呂温泉のついでに、行きと帰りに近くを通る高山の古い街並みに
立ち寄ってみることにしました。

p_towns01_20130812231919e10.jpg


ちなみに嫁の父親は高山市の出身で千葉育ちです。

さて、富山市から国道41号線をひたすら南下して、下呂へと向かう途中にある高山市ですが、
長男が昨年修学旅行でこの地を訪れて、古民家好きだからかけっこう気に入ったようで。
ただ、学校行事の集団行動だったせいか、あまり好きなように動けなかったらしく、
近くを通るなら、また行ってみたいと言っていました。

気になるのは、駐車場と付近の路面状況ですね。
特に路面は石畳なんかだったりすると、乳母車では無理。9月で1歳3ヶ月になる次男は
もうだいぶ歩けるようになったけれど、まだこういう場所では親がキツイ(苦笑

Google Map 遊びや画像検索をして見たかぎりでは路面は問題なさそう、あとは駐車場か。
クルマを停めてもあまり遠くまでは移動しないだろうし、国道158号線(国分寺通り-鍛冶橋-安川通り)
沿いに歩いたほうが楽かもね。


途中で美味しいもの食べて、お土産でも買いながら、良い写真が撮れたらいいな。
今回はガチで撮りに行くんで PENTAX K-5IIs を連れて行きますよ。


高山市 観光情報 市街地マップ

テニススクールへ行ってきた。

長男が夏休みの間だけ通っているテニススクールの見学に行ってきました。

GR060087.jpg

大林テニススクール


GR060064.jpg

ここは、25年前に母方の祖父(故人)が設立し、10年前に二代目校長の叔父がインドアコートへと
リニューアルさせた富山でも老舗のテニススクールです。
ロッジ風のクラブハウスは設立当時から建っていて、木の香りを嗅いでいると子供のときの記憶が
いっぺんに蘇って来ますね。

GR060063.jpg

今日の主役は長男。娘は気分がノらないため見学。


GR060066.jpg

入れ替わりで妹の子供たち(写真は甥っ子)と遭遇。汗だくですね~、がんばってきた証拠。
送迎は姉(39歳独身)でした。こき使われてんなー。


GR060071.jpg

この日は日本全国で40℃近い気温を記録。
さすがインドア・コート、無慈悲な室温をマークしてました。ただ見学してるだけでも汗ダラダラ。


GR060085.jpg

というわけでレッスン開始。コーチはうちのママン。要するに世代をまたいだスポーツ交流・・・と
見せかけて実は昭和44年の北信越大会女子シングルスの優勝者という経歴の持ち主。


GR060086.jpg

果たして長男は世代を越えてその血を受け継いだのか?

残念ながら父ちゃんは『跳ぶ・打つ・走る』全部ダメだぜ。
あ、あと泳げないし逆上がりもできないし、縄跳びだって二重跳びがry

そんな分際で「ステップがなってない」と言いそうになったのを我慢してました(爆

GR060067.jpg

ちなみにここのロケーションですが、JR北陸線のすぐそばです。大阪方面の車両に乗ったら右手に見え
ますよん。北陸新幹線の工事も進んでだいぶ雰囲気変わったなあ。

線路を挟んで向かいには盲導犬の訓練所で有名な『坂井ドッグスクール』があります。


GR060074.jpg

汽笛が聞こえたので音のする方に顔を向けると、大阪 8:40 発 - 富山 11:57 着の特急サンダーバード 7 号がやって来ました。
子供の頃、ここからよく色んな車両を見てたなあ。特に好きだったのは貨物列車でした。


GR060082.jpg

GR060079.jpg

レッスンの後はちゃんと自分でボール拾い。


GR060088.jpg

お疲れ様でした。



子供のころは本当に冷やかし程度にしかラケットを持ったことがなくて、もしも真面目に続けていたら、
祖父の死後、姉であるウチのママンと何人かの古い仲間たちとでこのテニスコートを守ってきた
叔父(帰り際に久しぶりに会ったけど、祖父と面影が似てて驚いた)の手助けの少しでも出来たかなあと
思ったり。

いや、そもそも運動神経なんか人並みにも持ち合わせてなかったんだから・・・。

祖父は無理強いする人ではなかっただけに、何か他のことで喜ばせることができたらと思っていました。
自分の出来る範囲のことで家族が幸せでさえいてくれたら、じいちゃんに頭なでてもらえるかなあ。

今はクラブハウスの片隅で物置になってる古びたショーケースに、祖父の残り香を感じつつ、
不摂生でイビツに膨らんだ下っ腹をさすりながら、そんなことを思っていました。

PlayStation3 のコントローラ

ワイヤレスコントローラ(DUALSHOCK 3) クラシック・ホワイト


プレステ3のゲームパッドの調子が悪くなってきたので買い換えました。

あ、まだ少しは使えるから買い増しか。

IMG_0004.jpg

これが今まで使っていたゲームパッド。画像では分かりにくいかもしれませんが、蛍光灯で焼けた
ファミコンみたいな色になっています。


IMG_0007.jpg

こちらが新品。
"SONY" や "SELECT"、"START"といった文字が薄く、ぼんやりとプリントされているように感じます。


IMG_0016.jpg
IMG_0020.jpg

何気に裏面を見てみると、仕様変更があったようです。
旧タイプはバッテリの電圧が3.7V 容量は300mA
買い換えを考えたのも、使用時間が短く感じさらに充電が不安定だと思ったからなんですよね。


IMG_0018.jpg
IMG_0019.jpg

新タイプは入力電圧も電池容量も上がっていますね。容量アップしつつも充電時間も長くならないように、と。
地味に型番号に"A1"の文字が追加されていました。
量りがないので計測はしていませんが、重量も若干軽くなったように感じました。

あくまでも体感で憶測ですが、たぶんプラスチックの量を減らしたのかな。
インジケータが透けるようになっていて、夜に見るとちょっと切ない(苦笑


IMG_0022.jpg

部屋に小人さんがいたので、それとなく手渡して反応を見てみました。


IMG_0026.jpg

容赦なくがっちゃがっちゃし始めたぜ!


さて、これで身の周りでちょっと不便に感じてた小さなことの一つが片付いたぞ、と。
最近めっきりテレビゲームをしなくなったとはいえ、レコーダーやBDプレーヤとして使ってるし、
まだまだプレステ3にはがんばってもらわないと。

今秋には待望の『グランド・セフト・オートV』が発売されるしね。


増穂浦海岸

GR060056.jpg

・・・。


夏休みを利用して、石川県は羽咋郡志賀町にある増穂が浦へやって来ました。


GR060024.jpg

朝9時前に富山市を出て2時間くらいで到着したのですが、意外に人が少なくてびっくり。
この時期にこの状態なら穴場なのかな?

そうそう、けっこう波が高くてスリリングなんですよ、ここ。
でも遠浅だから子供と遊ぶにはちょうど良いかも。


GR060041.jpg

砂はきめ細かく、地元の砂浜よりもきれいなのですが、根の強い草がかなりはびこっていて、
波打ち際までの距離がだいぶ圧迫されていました。


GR060023.jpg

さて、さっそくテントを設営。ちなみにこのテント、コンパクトに収納できるのは良いのですが、
収納するのにコツがかなり要ります。撤収時にはめんどくさくなって袋に収納せず持ち帰りました。

GR060028.jpg

今日の参加メンバーは、長女(8歳)と


GR060027.jpg

泳ぎの得意な長男(12歳)です。

何年か前に行った和歌山の白浜海岸と比べるにはショボ過ぎたので、テンション低めのスタートです。
まあ、あと3年くらいしたらまた行くからさ、それまで近場でガマンしてよね。


GR060022.jpg

準備も整ったので、さっそく海に入ります。


GR060021.jpg

GR060020.jpg

小学生のころまで水泳を習わせていたので、外見に似合わず水中での機動力は陸上時のそれを越えます。
たとえるならば、○ッガイ?


GR060030.jpg

そんな子供たちを尻目に、水曜日の bayFM ミュージック・サラダ のエアチェックに余念がありません。
水曜日は紗々さん担当だからね。

今回は外出先のため、3G回線利用です。


GR060029.jpg

そして、今回の戦闘用糧食は『じゃがりこ』です。


GR060025.jpg

じゃがりこポリポリ・・・


GR060034.jpg

GR060043.jpg

身長こそまだ170cmに届かないものの、体格は親を軽く越えた長男。
声変わりもし始めて、ちょっと不思議な感じがしましたね。


GR060042.jpg

GR060033.jpg

まだ幼さを残しながらも、顔がだんだん面長になってきつつある長女。
ハルキさんがまだ嫁の腹にいたころのまるまるっとした顔つきからずいぶん変わりました。


GR060060.jpg

お昼は近くの浜茶屋へ。

かき氷300円・ビール500円・イカ焼き500円・焼きそば500円・カレー500円のリゾート価格。


GR060045.jpg

おれは焼きそば、長男はカレー、じゃがりこを独占してお腹いっぱいの長女はかき氷を選択。


GR060051.jpg

このくらいの量は彼には全然足りないくらい。


GR060050.jpg

本当は小学校のプールで良かったのに、このために付いてきた娘。


GR060052.jpg

さすがお兄ちゃん、ソッコーで完食。


GR060053.jpg

間食が過ぎて進まない長女。


GR060059.jpg

どうやら頭がキーーンとなってたようですw


GR060058.jpg

さあ、食べ終わったらもう一時間だけ泳ごうか。


honoka.jpg

この後、放送の終わる13時頃まで遊んだあと、録音したラジオ聴きながら帰りました。

地元の海水浴場よりはキレイだったし、ドライブにはちょうど良い距離だから毎年来ても良いかな。

ゴーン・ベイビー・ゴーン

GoneBabyGone.jpg


登場人物がわりと多めなのと、キーになるべきキャラクターの存在感が微妙に感じられないので、
久しぶりに観ながらちょっと混乱した映画。

原作はクリント・イーストウッドが映画化した「ミスティック・リバー」と同じデニス・ルヘイン。
そう言われてみれば、展開もオチも毛色が似てる感じの作品だと納得。

ボストン・ドーチェスター地区で起きた幼女誘拐事件。
事件の調査を依頼された主人公が選んだ結末が、果たしてベストだったのか問いかける作品。
主演はベンアフレックの弟のケイシー・アフレック。(奥さんがリヴァー・フェニックスの妹!)

監督と共同脚本は「グッド・ウィル・ハンティング」のベン・アフレック。
なんでも監督第1作目だそうですが、そうとは思えないくらいにしっかりと作られています。


脇を固めるのはエド・ハリスにモーガン・フリーマンの豪華な顔ぶれ。
ただ、下手に出演者が豪華なせいか、DVDのパッケージが残念過ぎてたまりませんね。
なんか「パール・ハーバー」みたい(苦笑

個人的にはそのエド・ハリスやモーガン・フリーマンが「要らなかった」なあ。
違う役者ならもっと印象が良かったのにと、偉そうなこと言っちゃってますが。
この二人の役どころに違和感を感じたせいか、軸になる人物が見えなくて、
ただ人がたくさん出てきて話がわーっと進んで終わっていく感じを受けて残念でした。

あと、主役のケイシーも地元のコワいお兄さんたちと丁々発止と渡り合うシーンに説得力を
感じられないくらいハンサム過ぎて惜しい。

そうそう、他の出演者のほとんどが地元在住の方たちらしいです。
その独特の雰囲気は良かったなあ。


今回はテレビ録画の日本語吹き替えで観ましたが、いつか英語音声で観てみたですね。
(もちろん字幕付きだけどね!)


ゴーン・ベイビー・ゴーン [Blu-ray]ゴーン・ベイビー・ゴーン [Blu-ray]
(2013/03/13)
ケイシー・アフレック、ミシェル・モナハン 他

商品詳細を見る





飲みごろタンブラー330

今年の父の日に娘からもらったがですよ、タンブラー。

ドウシシャの飲みごろタンブラー330ミリリットル、マット(つや消し)DST-330MTJ。
マットでいいもん、マット・デイモン的な。

060012.jpg


それが嫁の意向で常温で使用させられてですね、いくらビールは冷えていても
器であるタンブラーが冷えてないので何の意味もなかったという。

で、今は出張後の休みなので昼間っからビールクズと化すことに決めたので、
嫁の居ぬ間にやっちゃうことにしました。

名付けて

キンキンに冷えたタンブラーでキンキンに冷えたビールを呑むぞ計画!


楽しかった週末を終えて憂鬱な月曜日をお過ごしの皆さま、ざまあみろでございます(ぉ


GR060013.jpg

真昼間なのに「よなよな」なんてどうでも良いんです(ぉ


GR060014.jpg

ほら、もうこんなに開いちゃって・・・


060015.jpg


冷静に言うとブツ撮りは苦手ですが、酒吞むから別にどうでもいいです。

あと、タンブラーについてレビューっぽく言うと、すぐに冷えるけどまたすぐに常温に戻るので、
あまり幸せにはなれませんでした。

ドウシシャ 飲み頃タンブラー 330ml マット色 真空ニ層構造 DST-330MTドウシシャ 飲み頃タンブラー 330ml マット色 真空ニ層構造 DST-330MT
(2013/01/31)
ドウシシャ

商品詳細を見る


Blue & Red

かつぽんさんが期待するようなネタではないので、始めからお詫びしておきます(ぉ

DSC00507.jpg

3日ぶりに会う次男が、自分の愛用品を枕元に持ってきてくれました。


DSC00504_201308051126336ec.jpg

エリエール 『ふんわりやさしい"GOO.N"(グーン)』 やわらかフィットパンツ
男の子用Lサイズ・46枚入り・・・の中の1枚

パパはまだそんなに下は緩くないから心配いらないよ。


DSC00506.jpg

「前」と「後ろ」とでイラストとプリント文字が異なっています。こちらは「後ろ」側。


DSC00510.jpg

ウラにはきちんと「うしろ」と書いてあるのですが・・・


DSC00509_20130805112631587.jpg


「前」側にはなぜか「GOO.N」の文字が。意味が分かりません。何だよ、グーンって。
もっと言うとムテキチがなんの動物なのか分かりませんし、メーコブにいたっては牛なのかヤギry

・・・

必ずしも明りがじゅうぶんにある場所でオムツ交換するとでも思っているのでしょうか。
常夜灯下でのベッドの上での交換というシチュエーションを考慮してはいないでしょうね。


DSC00518.jpg

せめてイヤフォンみたいにマーキング色で識別できるようにしてくれたら、迷わずに済むんだけどなあ。


ミーニャのプリントがあるほう、とかテープのあるほうが「後ろ」と言われればそれまでだけど、
たいていは暴れる子供を抑えつけながら、しわくちゃの紙おむつをやっとこさ広げるわけで。

だから、「後ろ」が「青」とするなら「前」は「赤」とかにしてくれれば、チラ見でも判断できるのに。
それくらいの色身の違いなら常夜灯下でも判断はできる。


521.jpg

「+」が「赤」で思い出したけど、何でオーディオ機器の「R」(右チャンネル)の位置が「左」に
あるんだろう、「R」なんだから右側にしとけば良いのに。


DSC00512.jpg

いやいや、別にパパはキミに対して文句を言ってるんではなくてね・・・


グーン やわらかフィットパンツ Lサイズ 46枚入 男の子グーン やわらかフィットパンツ Lサイズ 46枚入 男の子
(2012/10/01)
グーン

商品詳細を見る

砺波市十五社神社

射水市の櫛田神社を満喫した後は、通勤ルートBの後半エリアにある砺波市の十五社神社へ
行ってきました。

ちなみに通勤ルートAは高速道路利用で、Bが国道359号線経由、Cが県道9号線経由です。
どうでもいいですね、ええ。さらに通勤ルートDは国ry

DSC00480.jpg

『招魂碑』と刻まれている碑がありました。
第二次大戦中にはここから出征し、帰って来れなかった若者たちがいたのでしょうね。
だから、魂を招こう、と。

483.jpg

しかし、ほとんど手入れもされていないような雰囲気の神社でしたが、
それでも独特の空気感のある神社だと思います。


DSC00492_20130802210113dd3.jpg

486.jpg

ここの狛犬さんはなかなかの男前ですね。


DSC00488.jpg

しかし、相方の狛犬さんは可哀想なことにアゴが外れてました。


489.jpg

DSC00493.jpg


DSC00499.jpg

神社の前の道は比較的交通量が多く、自分を含めて速度を出して通過するクルマばかりなのですが、
こんな静かな場所があるなんて何か不思議でした。


DSC00496_20130802210111d60.jpg

本当に使われていないんだな。ここ・・・。周囲にはそれなりに人は住んでいるのに。


DSC00503_20130802210141080.jpg

それでも静かに夏を迎えているようです。
今年はどこでもあまり蝉の抜け殻を見ない気がします。鳴き声はするんだけど数が少ないんだよね。


ちょっと物悲しい雰囲気のある神社でございました。

SIGMA マウント交換サービス

自分が利用するかどうかは別として、こういうことをやってくれる姿勢が人を
惹きつけるんでしょうね。

SIGMA マウント交換サービス - SIGMA

一眼レフカメラの購入を予備知識なしに考えたときに、最初にぶつかった壁が「マウント」そのもの
の意味だったのはきっとおれだけじゃないはず。
いや、そもそも写真を始めようと思った理由が「使いたいレンズ」が先にあったからなおさらか。

レンズカタログを眺めてみたら同じレンズなのに「キヤノン用/ニコン用/ペンタックス用」とか
書いてあって、一時は「キヤノン用を買ったとしてもアダプターか何かでペンタックス用にできたりする?」
と思い違いしそうになってたこともありました。

もともとボディは”持ちやすければどれでも良かった”ので、メーカー毎にレンズマウントが異なる
ということが理解できなかった。

そんな経験もあったので、今回のマウント交換サービスは「やるなあ」と思ったんですよ。

初めてカメラとレンズを手に入れて、たくさん写真を撮ってると、たいていは欲が出ますよね。
そうしたステップアップの段階でボディ(メーカー)が変わってしまった場合、
相棒だったそのレンズを、普通は新しいボディ用にまた買いなおす必要があったんだけど、
このサービスの対象となるレンズならば、その必要がない。

文字通り「お直し」をして、またこれからも付き合っていけるんだよね。

”今は PENTAX の K-5IIs を使ってるけど、SIGMA 35mm F1.4 DG HSM が気になる、でもこの画角なら
フルサイズの キヤノン 6D あたりで使ったほうが良いから、まだ入手するのは拙速だな”という思考が
ループしてるような人間にとっては、すごく大きな応援をもらった気がするんですよ。

でもなあ、先に注文しちゃったもんなあ、あのレンズ・・・。


シグマ、所有レンズを異なるマウントにする「マウント交換サービス」- デジカメWatch
アクセス
最新記事
最新コメント
月別アーカイブ
カテゴリ
α7 (6)
みんぽす
モノフェローズに参加しています
サイト内検索
リンク
Powered By FC2ブログ

今すぐブログを作ろう!

Powered By FC2ブログ

QRコード
QR