射水市櫛田神社


DSC00436.jpg
高画質版はコチラ→Flickr

富山県射水市にある櫛田神社へ写真を撮りに行きました。

ここは通勤ルートC上にあり、通りがかったときに外から見て雰囲気が良さそうだったので
気になってたんですよね。
で、今回もまたタカヤナギハルさんを誘って来てみたんですが、これまた予想以上に良い場所で
とても気に入りました。


DSC00477.jpg
高画質版はコチラ→Flickr

普段使っていた SIGMA の 19mm はちょっとお休みして、最近入手した SEL35F18 で、
「何を写し、何を写さないか」をテーマに歩いてみました。


DSC00407.jpg
高画質版はコチラ→Flickr

つい露出をアンダー気味にしがちなので、それも注意事項に踏まえつつ・・・
ホワイトバランスも難しいな。


DSC00412.jpg
高画質版はコチラ→Flickr

ここは夫婦円満・縁結び・家庭和合の神様を祀った神社だそうで。


DSC00419.jpg
高画質版はコチラ→Flickr

ジブリ映画に出てきそうな苔生した木


DSC00420.jpg
高画質版はコチラ→Flickr

「兄弟岩」へと続く遊歩道


DSC00426.jpg
高画質版はコチラ→Flickr


DSC00431.jpg
高画質版はコチラ→Flickr

時間の止まったままの時計台。縁起でもない。


DSC00434.jpg
高画質版はコチラ→Flickr

本堂へと続く階段。


DSC00445.jpg
高画質版はコチラ→Flickr

お気に入りの1枚。いやあ、本当に良いレンズだわ。


DSC00437.jpg
高画質版はコチラ→Flickr

本堂の前には狛犬と絵馬が掛けられていました。ええ、まあ。


DSC00438.jpg
高画質版はコチラ→Flickr

オトコマエな狛犬


DSC00449.jpg
高画質版はコチラ→Flickr


DSC00441.jpg
高画質版はコチラ→Flickr

本堂です。若鶴好きなんやね。
ちなみに無宗教なのでお賽銭も入れる気ないです。鐘も鳴らしません。


DSC00443.jpg
高画質版はコチラ→Flickr

小さい鳥居がありました。


DSC00457.jpg
高画質版はコチラ→Flickr

蝉の抜け殻。


DSC00460.jpg
高画質版はコチラ→Flickr

おみくじがくくり付けられた木にも蝉の抜け殻が。


DSC00461.jpg
高画質版はコチラ→Flickr

来た道を戻ります。


DSC00465.jpg
高画質版はコチラ→Flickr

DSC00462.jpg
高画質版はコチラ→Flickr

DSC00464.jpg
高画質版はコチラ→Flickr

階段の手すりに本当に小さなカエルがいました。


DSC00467.jpg
高画質版はコチラ→Flickr

日の当たる角度が変わるだけで、雰囲気も随分変わりますね。


DSC00473.jpg
高画質版はコチラ→Flickr

DSC00478.jpg
高画質版はコチラ→Flickr

またいつか来ようっと。
スポンサーサイト

ファインディング・ニモ

2013年7月24日に地上波で放送されましたが、さんざんDVD観たけどケースだけ残って
ディスクが見当たらなくなってたので(この現象に良いネーミングないかな)、
torne で録画しておきました。

ひぇ~! これって、もう10年も前の映画なんだね(汗
2004年に発売された最初のDVDを買って、失くなるまで子供たちと繰り返し観てたはず
なのですが、録画した放送を観ているとなぜか長男が意外なほど食いついてきて、
どうしたのかと思ったら「やっと話の内容が理解できた」らしい。

・・・そういえばコイツ、2000年生まれだから、最初にこの映画をDVDで観たのはまだ
4歳だったんだ。

2005年生まれの娘にいたっては言わずもがなで、もう初見のようにテレビにかぶりついて
ましたw 特にサメが豹変して襲ってくるシーンに「怖い怖い」と興奮していました。
いや、この反応は予想もしていなかっただけに驚いたわ~。

さて今年は「モンスターズインク」の続編の「モンスターズUC」が公開されてます。
長男にそれとなく聞いたら「観たいね」と言ってくれたので、
夏休みに観に行こうと思っています。


Robbie Williams - Beyond The Sea (Youtube)

夏休みの計画①

自分用メモです。


画像はイメージですよ、イメージ。大事なことだから2回言いました。

Y318730224.jpg


8月といえば、次男が1歳2ヶ月そこそこで、まだまだ手がかかるのため、今年も日帰りで近隣を
ちょっとドライブして来る程度にしか考えてませんでしたが、
中学1年の長男が『今年は泊りがけでどこか行きたいんですけど』と言いだしたのを聞いた嫁が、
いつまでこの子といっしょに旅行に行けるか分からないから、と急遽一泊二日でそれなりの距離が
あって旅行気分が味わえる場所を探していました。

で、嫁が見つけたのが下呂温泉の『ホテルくさかべアルメリア』。公式サイトはコチラ
ガーデンプールもあるし、娘も”旅館ではない”ということで了承してくれました。

下呂温泉といえば、数年前に職場の同僚と別件で近くまで来た際に立ち寄ったことがあるので、
そこそこ土地勘があります。
あの辺ってね、観光シーズン以外の平日の昼間なんて、ものすっごくテンション低いんだよ~w

今回行くのは28・29の二日間の日程。
どうせ今年も日帰りだからと、休日の希望を特に出さなかったので、偶然組まれた二連休に
行こうと思っています。


現地情報サイト→下呂温泉ファン

とりあえず押さえておきたいのは湯あみ屋温玉ソフト。子供たちが喜びそう。店内に足湯もあるから楽しいんだよね。

あとは、おれから見ても量が少なくて完全にボッタクryな、菅田庵トマト丼
よく調べたら、温泉街からは少し遠いので行かないかもしれませんが。
逆に言うと観光地の騒がしさから離れているだけに、隠れ家的な雰囲気が良いんだけど。


さてさて、忘れないうちにホテルの予約をするとしましょうかね。


じゃらんnet.ホテルくさかべアルメリア

ハッピーフライト

JA8096.jpg

2008年公開。監督は「ウォーターボーイズ」や「スウィングガールズ」の矢口史靖。

よっぽど気に入った映画でないかぎりは、何度も繰り返し視聴することはないですが、
この作品は珍しくヘビロテしてた時期のあった映画。

羽田空港(第ターミナル)を舞台に、ホノルル行きの機材が途中故障トラブルに見舞われ、
悪天候の中再び羽田へ戻ってくるだけの話を機長昇格へのOJTを受ける副機長の活躍を中心に、
空港業務に携わる様々な人たちの姿をテンポ良く描くことで見事なエンターテインメント作品と
なりました。

こういう群像劇って、大好きなんですよね~。

主役の田辺誠一はヘタウマな絵が有名な俳優さんですが、こういったちょっと頼りなくてとっぽい役を
ベタ過ぎずに嫌味なく演じてますね。
もう一人の主役の綾瀬はるかもまた同じように、一生懸命が空回りするドジなCA役がまさにぴったりで、
この配役は絶妙。

そこへ時任三郎や寺島しのぶのベテラン二人を置くバランス感覚が素晴らしい。
この二人を演じる役柄の年代がちょっとでも違うと、全然変わると思うんですよ。
個人的にはこの両俳優と、主役の二人との劇中の「距離感」が非常によく出来てると思いました。

社会でも10コくらい上の人って、仕事上の信頼はもちろんできるんだけど、どこかイラッとする
価値観の違いを強く感じてしまうものだしね。
おもて向きは頼りにしてはいるんだけど、腹の底ではうるせーよてめえ邪魔なんだよ的な。


実はグラウンド・スタッフ役の田畑智子目当てで繰り返し観てました(ぉ
上がらないモチベーションと闘いながら、仕事はきっちりやろうとする姿に共感を得たので。
その後輩役の平岩紙はファブリーズのCMで、松岡修造と夫婦役を演じてますよね。

ディスパッチャー役の肘井美佳が田辺誠一に文句を言われてブーたれるシーンも萌えるんですが、
彼女はなぜかEテレの『おとなの基礎英語』のドラマパートに出演中で、
我が家ではこども番組が終わったままつけっ放しにしてるときにたまに観てますが、
だんだん英語がうまくなっていっているので、この先彼女がどこへ行くのか不安になってますw

地味なところでいくと、管制官役の江口のりこは「野田ともうします」というNHKのワンセグドラマで
個性的な役を飄々と演じていました。今回はちょっとカッコつけ気味に演じてますが、
比べてみるとそのギャップが面白いです。

整備士の二人もよかったなあ。劇中は意見や行動が衝突しあって、ただならぬ雰囲気だった二人が、
ラストで飛び立つ機材を並んで見送るシーンが好きです。
特に先輩役の田中哲司が、さんざんいじめた後輩の森岡龍をちょっと誇らしげに見るところが。


こうやってまとめてみると、どの登場人物も自分の与えられた仕事を不器用でも自分なりにしっかりと
こなそうとしていることに気がつきました。

ときどき気が向いたときに観ると、ちょっと励まされますね。

前述の”ホノルル行きの機材が途中故障トラブルに見舞われて、悪天候の中再び羽田へ
戻ってくるだけ”の話を飽きさせないようにまとめた脚本が素晴らしい。

フランク・シナトラの歌うエンディングも最高の選曲。
まさにハッピーになれる映画。

Sound of Honda

mclaren-1989-senna-san-marino-01.jpg

ホンダのクルマを運転したことがないので、「インターナビ」のことも良く知らなかったのですが、
1980年代のF1を舞台に開発された「テレメトリーシステム」がルーツだそうで。

レース中のエンジンの回転数やギヤ、速度とスロットルの開き方、素人のおれには想像もつかない
部分の情報を記録し、どこをどう変えたらコンマ1秒速く走れるかを追求するためのツール。

そのノウハウを一般のクルマ向けにフィードバックしたのが「インターナビ」なわけね。
で、感心したのはそれを積んだ車種に合わせて、入庫可能なパーキングを探せるところです。
たまにあるんですよ、遠征に行ったときに駐車場探してて、普通のカーナビで表示された先へ行って
みたら、車高の高いワンボックスカーだと入れないとか。

それに、走行距離を元に消耗部品の交換時期がより正確に分かったり、燃費のデータを残せたりとか、
日常的にクルマを運転する生活をしていたら、ゼヒ押さえておきたいデータばかり。
クルマのコンディションを常に正確に把握しておくに越したことはないからね。


そんな「インターナビ」の元祖である「テレメトリーシステム」に記録されていた、
1989年の鈴鹿GP予選でサーキット一周を1分38秒041で駆け抜けたアイルトン・セナの軌跡。

まさにその軌跡が、光と音で蘇ったんですよ。

「データを記録する」とは何かを一発で理解させてくれる、非常に素晴らしいデモンストレーション。

このデータがあれば、グランツーリスモでセナの本物の”ゴースト”と鈴鹿でバトルも可能じゃないか、
なあんて、そんな期待もしちゃいますよね。


Sound of Honda - Ayrton Senna 1989 -

【プロジェクトムービー】Sound of Honda - Ayrton Senna 1989 -

鈴鹿コースレコード 1989年セナのスーパーラップ

SHARP UX-900CL~設置編~

お別れの儀式も滞りなく無事終えたので、設置してみました。


DSC00379.jpg

さすがに14年の歳月は長いもんですね。すっかりコンパクトになっちゃいました。
今回から感熱紙ではなく普通紙FAXになったのですが、紙を買ってくるのを忘れてました。
まあ、めったにFAXは来ないから全然平気(ぉ


DSC00380.jpg

嫁はこうやって家電製品に購入年月日を直接書き込む性分なのですが、今回は購入金額まで書いてやがったw


DSC00384.jpg

初期設定と言っても現在時刻に発信番号(自宅の電話番号ね)の登録をした後、実家の固定電話の番号の登録、
それとおれと嫁の携帯番号に長男の親友の家の番号を登録した程度。
日中かかって来る電話の99.9%は、まったく用のない内容なので、番号非通知の場合はソッコーで拒否に。

バックライトが明るすぎて撮れませんでしたが(苦笑、電話帳に登録した番号に掛けるだけなら、
ホーム画面のアイコンをタッチした後に掛けたい番号にタッチし、受話器を上げるだけ。

実家からなかなか戻らない嫁にしびれを切らした娘に使い方を教えたら、一発で覚えて使ってました。
若いから飲み込み早いねえ~!

その姿はまるで、ドーラが教えてるそばから本船に電話を掛けたシータのようでした。←大げさ


とりあえず、これでこのアパートに住むようになってから買った家電製品はすべてリプレースを終えたかな、
と思ってたらまだあったわ、大御所が・・・!

15年ものの居間のエアコンはまだ稼働していますが、そろそろ覚悟しとかないといけないかなあ。

NEC SPEAX43CL とお別れ

DSC00375.jpg

約14年使ったFAX付き電話を買い換えたわけですが、長年のご活躍に感謝するべく
お別れの儀式を執り行いました。

儀式の模様を収めた動画はコチラ

DSC00402.jpg

子供たちに油性ペンを持たせて、ありがとうの気持ちを書くように言いました。


DSC00403.jpg

しかしながら、落書き大会になってしまった模様です。
まあ、しばらく捨てずにハルキさんのおもちゃ代わりの役目もあるし、洗濯機ほどではなかったね。

アリスの吹奏楽コンサートへ行ってきた

アリスの吹奏楽コンサート~世界の太鼓を打ち鳴らせ~
谷村新司も堀内孝雄も来てませんでした。

指揮:松沼俊彦/演奏:シエナ・ウインド・オーケストラ
アリス:鵜木絵里/ウサギ:小関明久/ジョーカー:那我性哲/荻原さん:荻原松美

DSC00386.jpg

実家がお世話になっている税理士さん(84歳で現役!)の娘さんの厚意でチケットを頂いたので
行ってきました。

当初はその税理士さん(女性)とウチの娘とで観に行く予定だったのですが、さすがに高齢で2時間も
座りっぱなしは腰痛に悪いということで、代わりに長男を連れて行くことになりました。


DSC00389.jpg

2年後の新幹線開業に向けて工事の進む富山駅の北口ロータリー付近です。
せっかくの建設中の鉄骨なのに、なかなか良い撮影ポイントがなくて難しいんですよね。
・・・オススメは新黒部駅の駅舎です。


DSC00390.jpg

さっそく会場のある建物に入りましたが、さすが北陸電力。エアコンの設定温度が高いよ!(苦笑


DSC00396.jpg

使徒っぽいオブジェを見つけたので撮ってみました。


DSC00397.jpg

わりとまあ、動線を考えないイベント運営の仕切り具合に若干の苛立ちを覚えつつ、開演時間まで辺りを
ウロウロしてました。


DSC00392.jpg

今朝早くから実家に泊まり込みで彼氏と仲良くラジオ体操とプール遊びをこなしてきた娘です。
この吹奏楽コンサート鑑賞中も、彼氏が実家付近を自転車でうろついて帰りを待っていたようで、
扱いを間違えると変な大人になりそうで不安になりました。


DSC00393.jpg

良く磨かれた床に唐突にフットプリントがある意味を長男に聞かれて、
「ここから立ち幅跳びでどこまで飛べるか試すためのもの」とテキトーに答えてしまいました。
ちなみに正面はガラス窓です。


DSC00395.jpg

そして退屈しのぎに遊びだすおれの遺伝子たち。

実際は何かの自販機でチケット?を買うために並ばせるための目印だったようですが、
肝心の自販機とは離れた位置に貼ってあり、列を作ることを促すようなラインも引かれていないので
コレだけ見たら本当に意味分からないよね。


開演中の撮影は禁止されていたので、コンサート内容をビジュアルでお伝えすることはできませんが、
今回観劇した演目は20年続く《日生劇場ファミリーフェスティヴァル》の一つということで、
クオリティが非常に高くて驚きました。

ストーリーは『不思議の国のアリス』をモチーフに、トルコやアフリカ、ブラジルを旅しながら
雨乞いに使う”4つの太鼓”を探しに行くという内容。
たとえば、ティンパニが登場するシーンでは『ツァラトゥストラはかく語りき』が紹介される、
といった風に。(指揮者の松沼さんが見事に噛んでたけどw)

要はパーカッショニストのパーカッショニストによるパーカッショニストのための演劇ですね。


アリス役の鵜木絵里さんの歌唱力がハンパなく、会場でもらったパンフレットでプロフィールを確認したら、
彼女だけでなく、出演者の方全員がホンマモンのプロでした。本当にありがとうございました。

会場にはたぶん吹奏楽部に入ってる高校生や中学生も来てたのかな?
彼らにしてみれば良い勉強になったのではないかと思いました。


DSC00399.jpg

さて、終った後はスイーツを求めて富山駅の南口まで出てみました。
これまた工事中でカオスだな、こりゃw


DSC00398.jpg

なんか、ブラキオサウルスの群れみたいだよね。


GR000002.jpg

富山駅の隣にある『マリエとやま』内の「ステラおばさんのクッキー」にでも行こうと思ってたら、
改装にともない一時休業だそうな。
マリエに来るといつも甘い匂いがしてたから、マリエといえばステラおばさんの匂いだったのにな。

で、仕方なく6階にある『茶フェサララ』というお店があったので、親子3人で抹茶パフェをいただきました。


DSC00400.jpg

抹茶プリンパフェ 490円・・・


GR000003.jpg

ところで、GR も持って来てたのでサクッと撮ってみたんですが、スナップ用カメラなのに手ぶれ補正がない
のはやっぱり厳しいなあと思ってしまいました。


ああ、長時間座りすぎで尻の肉が痛い・・・。

SHARP UX-900CL~購入編~

UX-900CL

長年我が家で活躍してくれていたファクシミリ付き電話機、NEC SPEAX43CL(1998年11月25日発売)の
動作が、最近おかしくなってきたので、買い換えることにしました。


DSC00366.jpg

SPEAX43CL は、たしか発売から半年~1年以内のボーナス時期に買った記憶があるので、
14年は経過してる計算になりますねえ。

我が家では最古参の家電製品かもしれません。

スキャナ・ユニットが外せて雑誌なんかを切り取らずにコピーできる、ハンディ・スキャナ機能が当時の
流行で、実際にこの機能を使った頻度は少なかったけれど、我が家でこれを見た実母が気に入り、
実家でも型番は違えど同じ機能を持った機種を買い、今でも愛用しているようです。

我が家ではこう言った長期に亘る活躍をしてくれた製品には”とある儀式”を行う慣習があるので、
今回の記事では開梱レポートのみとし、使用感は後日発表をもって代えさせていただきます。


DSC00367.jpg

展示機を見たときから気になってたんですが、これって何のためにあるんだろうと思ったら、


DSC00368.jpg

ココにセットしておくんだね。で、これ実はタッチパネル用のペンなのです。
このUX-900CL は、液晶表示部がタッチパネル式となっていて、電話帳からならダイヤル・ボタンを押さずに
電話をかけることが出来るんですよ。


DSC00369.jpg

コードレス子機は1個付属してます。もともとイエデンは使わなくて、主に肌の弱い嫁が日本盛へ化粧品を
注文するときのためだけにファクシミリを選んだようなものなんですが、UX-900CL は受信したデータを
本体内および別売のSDカードに保存し、必要に応じてプリントできるので使い勝手はかなり良さそう。


・・・次回の設置&使用編につづきます。

Panasonic ES-ST25-R

ES-ST25-R

愛用していた PHILIPS のシェーバーを自宅内で紛失したため、観念して購入しました。
まあ、モーターからだいぶ異音が聞こえてたし、歯もヤレてたからね。

この”ラムダッシュ・シェーバー”は毎分約13,000ストロークの高速駆動でヒゲを逃さずカットすると
同時に、新開発のヒゲセンサーでヒゲの濃い・薄いをセンシング。肌を傷めずに剃れるというのが
特徴だっちゃ。

そうそう、KAT-TUN の亀梨くんが宣伝してるやつですよー。と、誰ともなく。


DSC00360.jpg

さて、選んだカラーはド派手な『レッド』
自宅ではメガネを外して生活しているので、室内での視認性を高めるために選びました。


DSC00359.jpg

そして、この3枚歯。
ここ数年は PHILIPS の回転式シェーバーを使っていたので、どうタッチが変わるでしょうか。
ちなみに回転式シェーバーだと、ある程度ヒゲが伸びないとキレイに剃れてくれなくて不満でした。


DSC00363.jpg

ヘッド下部のノッチを下げて水道水を流すことで、ヘッド内に溜まったヒゲクズを洗い落とす仕組み。


DSC00356.jpg

それから、開梱時に装着されていたなにやら拘束具のような透明なパーツ、というか外刃のカバーなんですが、
なんでこんな変な形状なのかと思ってたら。


DSC00357.jpg

スタンドにもなるというクールなデザインがその理由でございました。


DSC00361.jpg

充電は本体へコネクタを直接挿すのではなく、接点の付いた充電台に置くスタイルです。
う~ん、COOL JAPAN

さてさて、シェーバーを紛失した犯人は、関係者の証言から次男のハルキさん(1歳)と思われますが、
本人に職務質問しても、しらばっくれるので聞いても無駄でした。

新しく買ったコイツはおもちゃにされないように隠しておかなきゃね。←目立つカラー選んじゃった。

AKIRA-アキラ-

DSC00354.jpg

たぶん、実の父親といっしょに観に行った最後の映画だったのかもしれない。
今思えば、カタブツの警察官だった父が、当時息子の趣味や嗜好に合わせて連れて行ってくれたのかな。

その後反抗期になって(苦笑 口を利かない時期が長いことあったけど、そろそろウチの長男も
当時の自分と同じ年齢になるんだよなあと思ってみたり。

夏休みにはアイツと2人で何か映画観て来ようかな。

成田山へ行ってみようと思ったのも、この作品の影響が3%くらいありました。←マジ


さて、さすがに25年前に製作され、かつ人気があり何度となくソフト化された作品なので、
最新のHDニューテレシネで蘇る高画質&ドルビー TrueHDフォーマットの高音質効果やいかに?!
と期待をしたものの、普通の液晶テレビかつアンプやサラウンド・スピーカーは外してあるので
我が家では何の意味もないというw

そういえば同じお店に旧パッケージ版(BCXA-0001)もいっしょに置いてあったけど、
レーベル面のデザインや封入物の違いしかなく、もうそんなのに振り回されるのは疲れるだけなので、
純粋に本編が観たいという気持ちを優先して、再販版(GNXA-1005)を購入。
その価格差は実に4,800円、ローソンの鰻弁当なら3個は買えまっせ(ぉ

ラストの演出が微妙(当時まだ原作漫画を連載中)な以外は、原作の大友克洋自ら監督しただけあって、
未だに実写化されていないだけのパワーがありますね。そんじょそこらの完成度じゃあ、世間は実写化を
許してはくれないでしょうよ。

どうせやるなら、“再アニメ化”のほうが面白いかもね。

それにしても、この作品のカラーチャート担当した人、良い仕事しましたよね。メビウスの影響を受けた
監督の意向もあると思うけど、初めて観たときには独特な色使いに唖然としましたよ。
作画監督のなかむらたかしは建造物や自然物の崩壊シーンや岩石が砕ける描写が得意と評価されて
いるようで、今観ても迫力ありますね。

現在はCGを使うことが当たり前のアニメの製作現場ですが、これだけの緻密な画を作り上げた力量は
今もなお色褪せてはいませんでした。

久しぶりに観たけど、やっぱり凄いわ。



あと、最近実家に帰ってないなあ。

ユージュアル・サスペクツ

DSC00346.jpg

1996年日本公開、1995年のアカデミー賞 助演男優賞(ケヴィン・スペイシー)と脚本賞を
受賞したサスペンス・スリラーの佳作。
当時28歳のベニチオ・デル・トロが出演していたけど、ずいぶん後になるまで気がつかなかった。
ていうか訛りがひどいし肌もツヤツヤw

主役のガブリエル・バーン演じるキートンの恋人役のスージー・エイミスの顔をどこかで
見たことあるなと思ったら、「タイタニック」のローズのお母さん役やってた人だった!

監督のブライアン・シンガーや脚本のクリストファー・マッカリーの黄金コンビはこの作品の後も、
こうした作品を・・・と思っていたら、なぜか「X-MEN」シリーズを手がけることになり、
そしてその成功があったからこそ「スパイダーマン」シリーズに代表されるマーヴェル・コミックの
映画化がブームになったともいえる。

それはそれで好きなジャンルなので、悪くはないんだけど、個人的にはブライアン・シンガーの
サスペンス作品をもっと観たかった。

さて、本作は名前だけが一人歩きし、誰も顔を見たことがない謎の男「カイザー・ソゼ」の噂話を
中心に5人の犯罪チームが翻弄されていく。
ときおり時間軸が前後して、初見では少し混乱してしまうものの、複数回観ることによって
思わずニヤニヤしてしまうのがこの作品の癖になるところ。

ようやくBD化されて2013年7月12日に発売されたので、久しぶりに観ましたが今でも本当に
ニヤニヤしてしまうくらい、うまく出来た脚本だなあ。
これじゃあ、観た人みんな騙されて最後に「ああっ」と驚くよね。反則的なドンデン返し。
そこに至るまでの抑えた演出も良い。

あと、ソゼの弁護士の「コバヤシ」と名乗る、ピート・ポスルスウェイトの胡散臭さといったら!


余談ですが、冒頭で「佳作」と言ったのは実は褒め言葉なんです。
その意味が分かる人にこそ、オススメしたい作品ですね。


ユージュアル・サスペクツ [Blu-ray]ユージュアル・サスペクツ [Blu-ray]
(2013/07/12)
スティーヴン・ボールドウィン、ガブリエル・バーン 他

商品詳細を見る


デリカテッセン

DSC00350.jpg

『好きな映像作家を5人挙げろ』と言われたら、間違いなく彼らを選ぶだろう、
マルク・キャロ&ジャン=ピエール・ジュネの共同監督作品。ちょっと古めの1991年公開。

ジャン=ピエール・ジュネはその後「エイリアン4」を撮り、母国に帰って「アメリ」を成功させる
わけですが、「アメリ」はなんかこう、ピンと来ないので未だに観てません(ぉ


― 近未来、荒廃し「肉」が貴重品となったフランスはパリの郊外の精肉店に、ある男がやって来る。
住み込みの仕事を求めて訪れた彼は、その店の主人の恐るべき正体を知らなかった。 ―

おれはこの作品を観てからというもの、ノコギリを見る目が変わりました(意味深

それにしても、画面のトーンといい、構図といい、出演者の表情といい、衣装のデザインといい、
ユーモア・センスといい(以下略、これほど見事に調和した作品はないのではないでしょうか。
フランス映画って、どのジャンルも大半は勢いと雰囲気だけでグダグダな展開の映画が多いのですが、
「まとまってる」という点では希有な作品ではないかと思います。

まあ、そんなことよりドミニク・ピノン最高。

この「デリカテッセン」の次の作品にあたる「ロスト・チルドレン」もBD化されて、
2013年10月2日に発売が決定、こちらも楽しみにしています。


デリカテッセン [DVD]デリカテッセン [DVD]
(2012/05/09)
ドミニク・ピノン、マリー=ロール・ドゥーニャ 他

商品詳細を見る


ロスト・チルドレン [DVD]ロスト・チルドレン [DVD]
(2003/02/21)
ロン・パールマン、ジュディット・ビッテ 他

商品詳細を見る


*BD版のパッケージ写真がないので、DVD版のリンクを貼ってます。

THE RIGHT STUFF

『好きな映画を5本挙げろ』と言われたら、間違いなくその中に入れるくらい好きな映画。

therightstuff.jpg

冷戦時代、NASAのマーキュリー計画に参画し、初の有人宇宙飛行を成功させた男たちのドラマ。
今でこそ宇宙飛行士に選ばれる人物というのは、基本的には専門技術を身に付けた一般人が多いですが、
この時代の宇宙飛行士は空軍のパイロット-純粋な飛行機乗りなんですよね。
それも、宇宙に人間が行けるかどうか、まさに挑戦してた時代のテスト・パイロットとして、
わが身の危険も顧みずに生きた8人の男たち。

ジブリの”紅の豚”にはあまりロマンを感じないけれども、個人的にはこの”ライトスタッフ”にこそ
空へのロマンをかきたてられちゃうんですよ。

出演は サム・シェパード に スコット・グレン、エド・ハリス と デニス・クエイド。
まだ30歳そこそこの ジェフ・ゴールドブラムも出てたりして、なかなか豪華なキャスティング。

実はこないだ nasne を導入したときに、BS朝日で放送してた『BBC地球伝説 「NASA・宇宙への挑戦
Episode1 人類・初の領域へ」を試しに録画して観てて、それでちょっと思い出して、
その当時を再現した映画ということで DVD を引っ張り出してきた次第。

そういえば、プラモデルを買おうとしてた記憶があるけど、なんで買わなかったんだろう・・。←伏線


ライトスタッフ [DVD]ライトスタッフ [DVD]
(2011/02/02)
サム・シェパード、スコット・グレン 他

商品詳細を見る


1/72 ウォーバードコレクション WB-40 ベルX-11/72 ウォーバードコレクション WB-40 ベルX-1
(1998/03/18)
タミヤ

商品詳細を見る



キラータイトル

たしか Bさん が買ったのに引きずられて(苦笑、発売一週間後には手元にあったという PSVita ですが、
その後様々な体験版でお茶を濁しながらも、実際にお金を払ったソフトは未だに3タイトルしかないまま、
「いつ手放そう、いつ手放そう」と常に放出要員入りしている PSVita (無駄に3G Wi-Fi版)さん。

ようやく、そこそこ遊べそうなタイトルが見つかりましたが、皮肉なことに全部 PlayStation Mobile の
タイトルなのよね・・・・

DSC00325.jpg

PSP の名作RPG「勇者のくせになまいきだ」シリーズを落ちゲーにしたタイトル、
『勇者のくせになまいきだ』


DSC00326.jpg

我が家でも長男が超絶にハマった PS3版「TOKYO JNGLE」の移植版。
ポータブル機およびスマホ&タブレット用に最適化されてます。


DSC00327.jpg

3DS版を長男が遊んでいましたが、画面が小さすぎておっさんにはキツかったタイトルが PSVita に。
ボタンも押しやすいので遊びやすくなった感じがしました。


・・・・で、て言うね。

ホンマにこんなんでええんやろか。ポータブル機だけにパッと遊べてサッと中断できる手軽さは大事だけど、
せっかくのハードウェア性能がもったいなくて。
それにこのくらいのゲームなら、スマホやタブレットでも充分な内容だしね。

あとはあれや、コンテンツ管理がとてもめんどくさくて直感的ではないから、
せっかく高画質で動画を観れるのに、もったいない。

ナスネを導入して活路を見い出せたかと思った PSVita でしたが、こっちもまだまだのようですな。

まあ、乗りかかった船だし、まだしばらくは見捨てずにいますよ・・・。

iPhone 付属のイヤホンが、いやホントに・・・

クマデジタルさんの記事を読んで、自分も買って以来未開封の純正イヤホンを試してみました。

Apple EarPodsでiPhoneの音が完成する by クマデジタル


DSC00324.jpg

んん、思ったほど悪くない?

聴く音源によっては情報量が増えるように聴こえますね。ちなみに筋少だとスネアのキレが良くなります。
(イコライザーは使わない派なので、原音ママです)

良い意味で驚くほど「普通」ですが、高音のキレの良さ(それがアダとなる曲もあるけど)の反面、
バスドラ(パズドラじゃないよ)が軽くなり、ベースがモワモワした印象を受けました。

『日本印度化計画』なんかは MDR-XB90EX より”前に出る”感じが良いときもあるが、逆にうるさすぎる
部分もありますね。それでもハマる人は絶対にいそうな音です。


アップル純正のイヤホンといえば、評価の低いイメージを持った方が大半かと思いますが、
ちょっと遊びがてら聴き比べてみるのも面白いと思いました。

今さら nasne

実は買ってました(ぉ

DSC00217.jpg

毎日のように通っている家電量販店ではディスコン扱い(なぜかテレビゲーム売場では継続販売かつ通常価格)
だったのと、福沢諭吉ひとり送り出せば、平等院鳳凰堂がふたつ来るくらいの価格だったので、つい。

最近仕事が忙しくて、録画しても観れないどころか録画してたことさえ忘れてるって有様なのに、
さらに録画ソースを増やしてどうするんだ、おれ。


DSC00218.jpg

さておき、義務的に開梱。トルネのソフトはもう持ってるから、イラネ。


DSC00225.jpg

本体と、取説と、B-CAS カード。このほかアンテナ・ケーブルとネットワーク・ケーブルが付属します。


DSC00224.jpg

ACアダプタは意外とコンパクトなのね。12Vの3Aかー、他に使い途ないなー。←それで普通


DSC00223.jpg

前面(ショッカー戦闘員購入前に撮影しました)


DSC00221.jpg

後面(ショッカー戦闘員購入前に撮影しました)


DSC00227.jpg

ラックに収めたの図。PS3本体もHDDもホワイト色で統一させていたので、ナスネも色を塗ってやろうか
と思いましたが、モチベーションが上がらないので一旦保留。←あきらめてないのかよ


DSC00226.jpg

くさび型の変わったデザインではありますが、意外としっくり収まるもんですなあ。


DSC00309.jpg

んで、さっそく手持ちの SONY Tablet P と連携させるべくアップデートを開始。
テレビをネットワークに接続していないので、更新作業はタブレット上から行いました。


DSC00316.jpg

おおぅふ、なかなかいいじゃないのよ、これ。
これさえあれば、WOWOWのランジェリー・フットボールを録画しておいて、夜にこっそり
布団の中で視聴することも可能じゃないか!←大味過ぎてすぐに飽きました

このナスネの導入で、しばらく出番のなかったガジェット類が一気に火を吹く時が来そうな、
そんな予感のする今日この頃でした。

SEL35F18

IMGP1679.jpg

満を持して入手した直後に不良品だったことが判明した、SEL35F18 の交換品が到着。
見栄っ張りな VF-49MPAM の T* ロゴが超絶萌えるゼ!


IMGP1690.jpg

SEL24F18Z のフードも無事装着できました。ちょっと部屋の中をパシャパシャ撮った限りでは、ケラレもなく
普通に使えるみたいね。あとは来週予定の神社撮影で実戦投入しますよ。

この SEL35F18、レンズが F1.8 と明るいことでとても扱いやすいのはもちろん、
コンパクトなサイズもまた重要な要素で、だからこそ SEL24F18Z をスルーして選んだとも言えます。


IMGP1691.jpg

左から、NEX-5R や NEX-6 のレンズキットにも付属する SEL1655、SIGMA の 19mm F2.8 EX DN、
SEL35F18、最後に NEX-7 の付属レンズ SEL1855 。SEL24F18Z はこの SEL1855 よりちょっと背が高いので、
ガッツリ撮るには気にならないだろうけど、普段持ちには個人的に厳しいかなと思って。


それに、ちょっと古いけどこの記事が背中を押してくれました。
読みながら脳内では佐藤さんの声が聞こえてくるような、そんな丁寧で分かりやすい説明がお気に入りw


さてさて、来週はまたもや若者と神社を渋く撮りに行くので、実写が楽しみです。

高橋幸宏 LIFE A NEW

2.jpeg

4年ぶりのソロ・アルバムが2013年7月17日にリリース。
この週はちょっと仕事が忙しくてCDを買いに行けそうになかったので、
泣く泣くiTunes でダウンロード購入。
CDの初回盤はデジパック仕様か・・・。うーん。

さて、今回は珍しく演奏メンバーを固定してのレコーディング。
さすがと言うべきか、超豪華メンバーで構成されてて震えます。

キーボードの堀江博久や、ユーフォニウムの権藤知彦、ベースの高桑圭は”ユキヒロ・バンド”の
常連で安定感のある顔触れで、先日リリースされた"60th Anniversary Live"の映像でも
ベテランに負けない演奏を魅せてくれてますが、
ギター担当がなんと、ジェームズ・イハ(井葉吉伸)ですよ、ジェームズ・イハ!
元スマッシング・パンプキンズの彼と高橋幸宏との接点が不思議すぎて一番驚きました。

アルバム全体のイメージとしては、1992年リリースの「LIFE TIME, HAPPY TIME ~幸福の調子~」
にも似た印象を受けましたが、いちばんの違いは今回のアルバムでのヴォーカルの雰囲気でしょうかね。
ゆったりと心をオープンにして唄っているように感じました。
(偶然にも同じタイトルで別曲の”Folloe You Down”って曲が収録されてますが)

試聴段階で心配していた”ビートルズ臭さ”は全く感じられず、力を抜いて現在の”ユキヒロ・ワールド”
に身を委ねることができます。

法華宗別院・本法寺

北日本新聞社が発行している「まんまる」というマガジン?の7月号を読んでいて、
気になっていたお寺へ来てしまいました。

法華宗別院・本法寺。

富山市は八尾町の山あいにあり富山駅からはクルマで40分少々、カーナビに従って行ったら、
神通川沿いの細い県道を走らされ、おわらで有名な八尾の市街地のど真ん中(道幅が狭く急勾配)を
通り抜ける羽目になり、若干不安になりましたがなんとか着きました(苦笑

他県からお越しの方は、富山駅南口から国道41号線を南下すると吉かも。


DSC00246.jpg

いきなりどうでもいいんですが、周囲に高いものがないにも関わらず、上部が歪んでいる
消火栓の標識が気になってしまいました。


DSC00247.jpg

ある意味、広角レンズに救われた一枚。快晴ではなかったけど、良い青空でした。


DSC00251.jpg

飛騨の名匠が10年かけて建てたというケヤキの山門。


DSC00249.jpg

燈籠のコケも良い感じ。


DSC00252.jpg

牛といえば小矢部の石動を思い浮かべるのですが、なんで八尾に牛?


DSC00253.jpg

それにしても、威厳のある立派な山門だなあ。


DSC00254.jpg

DSC00255.jpg

素晴らしい彫刻ですよね。これだけでもだいぶお腹いっぱい(ぉ


DSC00256.jpg

山門をくぐると、左手に鐘楼堂がありました。


DSC00258.jpg

派手さのない、剛健な造りが独特の存在感を醸し出していました。


DSC00259.jpg

裏手はこんな感じ。小さな扉があって、そこから上がって鐘を撞くんですね。
まあ、中には入れませんでしたけど。


DSC00263.jpg

DSC00264.jpg

特に何か行事があったわけではないので、本堂には入れませんでした。
ちなみに拝観料は500円だそうです。


DSC00265.jpg

観光シーズンでも、誰も来そうにない境内。
だが、そこがいい。


DSC00267.jpg

本当に“時間が止まった”かのような場所でしたね。


DSC00282.jpg

菩薩様には水すら掛けずに放置プレイ。


DSC00277.jpg

お寺の周囲の水田では農家の方が作業をしておられました。
愛車は農道のポルシェ、スバル・サンバーです。


DSC00280.jpg

こうした背の高い木々に囲まれているお寺なので、普通に通りがかっただけでは気付かれないのが
また良いんですよね。


DSC00286.jpg

本当に、ここはまるで時間が止まっているみたいだった。

久婦須川ダム

神通川水系久婦須川の上流にあるダムに来てみました。

主に洪水調節、流水の正常な機能の維持、消流雪用水の確保及び発電を目的として造られました。
・・・と、ネットで調べたらそう書いてありました。


DSC00290.jpg

これって、「くぶすがわ」って読むんですよ。


DSC00298.jpg

下流は桐谷集落で、嫁の祖父の出身地でもあります。


DSC00292.jpg

ダム湖には「きりたに湖」と名付けられてはいますが、かつてはこの底にも集落があったのではないでしょうか。


DSC00293.jpg

周辺設備のゴツゴツしたコンクリート感が、マニアの間では何気に人気のダムのようです。
・・・と、ネットで調べたらそう書いてありました。


DSC00296.jpg

ハリソン・フォードの「逃亡者」を思い出すねえ。


DSC00294.jpg

手すりもないのに、この急な階段を人が降りるというのか・・・?!


DSC00304.jpg

もうちょっと、うまく「切り取る」ことができたら面白くなりそう。
まだまだだなあ。


DSC00297.jpg

広角レンズはやっぱり難しいや。何をとっても「普通」になっちゃう。

次回こそは 35mm でビシバシ切り取っちゃうからな・・・!

"biotope"

3連休明けの月曜・・・じゃなかった、火曜日に若者とドライブに行って来ました。

DSC00245.jpg

今回は、残念ながら不良品だった SEL35F18 の出番はなく、いつもの NEX-7 と SIGMA の 19mm の
鉄板コンビの登場でございます。


DSC00237.jpg

スペシャル・ゲストは タカヤナギハル さん(本名聞くの忘れた)。
撮った写真を見たら、なかなか良い感性をお持ちのようで、ちょっと気になっていた人物ではございました。
ちなみに彼の愛機は NEX-5R に SEL35F18 。分かってるねえ。


DSC00243.jpg

そんなわけで、八尾町にある1316年創建の古刹、法華宗別院・本法寺へと向かったのだが、
ふと見ると、道の脇にまだ紫陽花が咲いてた。

ウホッ! 良いロケーション・・・そう思って突然クルマを停めて写真を撮りはじめたのだ・・・!

今年は仕事が忙しくて紫陽花を撮る機会を逃したと思っていたけど、ちょっとうれしかったな。


DSC00238.jpg

もう、空気は「夏」ですよ、「夏」!


DSC00230.jpg

県道198号線の脇に地味にビオトープがありました。
写真は撮れなかったけど、トノサマガエルやシオカラトンボなんかがいて、なかなかの清涼感。


DSC00231.jpg

お、カトンボアメンボがいた!


DSC00241.jpg

ショッカー戦闘員も、小川のせせらぎに耳を傾けています。←やめとけって


DSC00234.jpg

こういう場所に「彼」がいたら、写真映えするんだろうなあ・・・。


DSC00236.jpg

こういう所とかさあ・・・。


DSC00239.jpg


んで、ドーン!

ふざけてないで、はやく目的地に行かないとw

SEL24F18Z

・・・の、フードを入手(ぉ


DSC00212.jpg

最近買った SEL35F18 (E 35mm F1.8 OSS) に付属していたフードがちょっと頼りない気がしていたのと、
このレンズには SEL24F18Z (Sonnar T E 24mm F1.8 ZA) 用のフードを使うと良い、
という話を小耳に挟んだのが発端です。

・・・が、入手直後にレンズが不良品と分かり、交換の手配をする羽目に。
なので、せっかくフードを入手したのに、組み合わせたいレンズが手元にないというw


DSC00216.jpg

ちなみに、このフードには ALC-SH114 という品番があるものの、部品扱いでございました。
お値段は ¥5,250 。道楽にしちゃあ、お高い投資でございますが、良いんです。
納得のいく効果が得られれば。


DSC00211.jpg

交換品のレンズがまだ届かないので、とりあえず NEX-7 のレンズキットに付属していた SEL1855 (E18-55mm F3.5-5.6 OSS) に付けてみました。
まあ、この組み合わせで使うことは、まずないんですけどね。

さてさて、交換品の入荷は今月17日頃。出張もあるので、実際に使うのは翌週の休みになるかな。
もともと付属していたフードと合わせて比較もしてみたいと思います。

HENSHIN

こんな夢を見てうなされた。

omoshiro2462.jpg

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・。


DSC00197.jpg

そして、目が覚めたらなぜか戦闘員に改造されていた。


DSC00198.jpg

とりあえず、Twitter で『戦闘員なう。』的に報告しとこうと思ってデスクをよじ登ってみる。
ツルツル滑ってなかなか骨が折れた。


DSC00200.jpg

よっこらせっと。


DSC00201.jpg

はあはあ・・・。て言うか、この体でキー打つのめんどくせえよ。


DSC00203.jpg

仕方ないからパズドラやってみようとしたけど、手袋してたらタッチパネルが認識しねーじゃねーか。
ゴッドフェスなのにぃぃぃ!

DSC00205.jpg

座り心地の良い椅子見つけた。こいつはなかなか使えそうだ。


DSC00206.jpg

小さくなったら、女の子にイタズラしてみたいと思うのは、男の子の永遠のロマンだよね。
でへへへへ・・・。


つづく。

S.H.フィギュアーツ ショッカー戦闘員 -Amazon.co.jp

筋肉少女帯/猫とテブクロ

筋肉少女帯/猫とテブクロ

IMG_6534.jpg

1989年7月5日リリース。久しぶりに聴きたくなって、買いました。こんなに古いアルバムでも
思いついたときに聴けるって最高。そう、iPhone ならね。
少なくとも20年以上ぶりかあ・・・(遠い目

さて、来週は同じ富山在住の タカヤナギハル さんと初セッションで写真撮りに行くがですよ。

テーマは『寺社仏閣』

春にちょっと遠いところへ異動になって以来、ちょっと不安定気味になったメンタル面を立て直そうと
通勤ルートを毎日変えながら通っていて偶然見つけた雰囲気の良さそうな神社とか、
地元朝刊の付録パンフレットで知ったお寺とか、ちょっとその辺りを攻めてみようかなと。

同じ建築物でも、都会の建物にはない魅力を感じますからね。

で、その予定を立てながらバナナはおやつに入るとか水筒にポカリ入れてくるのはアリだとか
Twitter でつぶやいてるうちに”お菓子は400円まで”というフレーズが頭を巡り、
その曲 「GO!GO!GO! Hiking Bus~CASINO ROYALE~」(バート・バカラック作曲のカジノ・ロワイアルの
テーマ曲のカバー、というか替え歌w)をダウンロード。そう、iPhoneなry

たぶん、フォロワーさんの大半以上の方はもうついてこれてないと思いますが、全然平気でした(ぉ

これを初めて聴いたのって、たしか高校のときだったなあ。
同じ部活の先輩に、筋少や聖飢魔IIのファンの人(女)がいて、ダビングしたテープを押しつけられたのが
キッカケ。


恵美先輩、元気にしてるかなあ。

このアルバムでいちばん好きな曲は、ラストの「月とテブクロ」。
年端のいかないときに聴いた曲って、やっぱりどこかで脳みそに刻まれているというか、残っているよね。


あいつがトラブル

SONY E 35mm F1.8 OSS(SEL35F18)

DSC00196.jpg

周りがやたらと ZEISS の Touit 1.8/32 や、2.8/12 を購入および試用しているのに反発して
衝動的に買った・・・というのは半分本当で半分冗談ですが、
以前 アルジェさんたちと成田山に行ったときにアルジェさんが撮られた写真を見て、このレンズ良いなあと
思ってたんですよ。現代のレンズらしいシャキッとした写りが NEX-7 にはぴったりと思って。

K-5IIs には 35mm Macro Limited があるけど、E マウントでは SIGMA の 30mm F2.8 EX DN
を手放して以来持っていなかったし、”切り取る”ということを念頭において写真を撮るには、
やっぱりこれくらいの画角は必要かなと。


GR030006.jpg

で、さっそく装着。NEX-7 購入時に Sonnar T* E 24mm F1.8 ZA(SEL24F18Z)を一緒に買うつもりで
用意した MCプロテクタ VF-49MPAM もようやく出番を迎えることができました。
24mm は結局納期が遅くてキャンセルしたまま買わずじまいの買えずじまい。
”いつか買おう”は馬鹿野郎ですよ。


GR030008.jpg

・・・が、ここでトラブル発生。挙動が何か変。ずっと焦点が合わせられないままレンズ側から
キューキュー音が鳴る。しまいにキーキーという異音が盛大に鳴りはじめて使いものにならない!


DSC00191.jpg

試しにシャッター切ってみたけど、やっぱダメ。


GR030009.jpg

ボディ側への影響が怖くて真面目に撮りませんでしたが、シャッターを切ると絞り羽根が全開になります。
こんな挙動初めてだ・・・。

うーん、あまりハズレは引き当てたことがないんですが、これはちょっとやっちゃいましたね。
幸い? 出張ついでの群馬旅行もポシャったところなので、急いで使う理由はなくなったものの、
ちょっと残念。

Touit 2.8/12で撮る構造物と休日 - クマデジタル
夏の空色 by ZEISS Touit 1.8/32 - mono-logue
ROPPONGI WIDEANGLE - b's mono-log

タイトル、パクっちゃった(・ω<)てへぺろ☆

お詫び

前日の記事中において”フルコンプする気はないので”と言いながら、
退店後に職場隣りのコンビニにかけ込んでフルコンプしたことをこの場を借りてお詫びいたします。

IMGP1659.jpg
[PENTAX K-5IIs / SMC PENTAX DA35mm 1:2.8 Macro Limited] - f2.8 1/25sec. ISO400


カヲル君にピントが合ってるのには他意はありません。

ていうか、この2体ってパーツを組み上げることのない、一体モノでございました。
まあ、ポーズがポーズだからでしょうね。
これなら子供がパーツを誤飲することはないでしょうが、よく考えたら”頭からガブリ”も
あり得るわけで、早く無難な置き場所決めておかないといけないなあ。

Shingeki.jpg

エヴァンゲリヲン新劇場版 PORTRAITS f(フォルテ)

c7003006.jpg


毎日、自宅と職場を往復するだけのツマラナイ日々に、ちょっとしたスパイスを・・・。
というわけで衝動的に衝動買い。
場所は職場の隣りのLAWSONというね・・・。レジのお姉ちゃんに嗜好がバレたかな。

ちなみに職場では”マックはポテトのMサイズが食べ切れなくてハッピーセットを買ってる人”と
認識されてます。先日はコップ欲しさにLサイズにしたら、「無茶しやがって・・・」と
言われました。当然ポテトは山分けですよw

マックはポテトだけは美味いんだよなあ。変わり種のバーガーには乗っかる気はしない。
で、何の話だっけ?

そうそう、『エヴァンゲリヲン新劇場版 PORTRAITS』の最新版が出ましたよっと。

今回は『新世紀エヴァンゲリヲン 新劇場版:Q』のキャラクターの中から、
「アヤナミレイ(仮称)」・「式波・アスカ・ラングレー」の新プラグスーツ姿と、
「碇シンジ」&「渚カヲル」の制服姿の立体化がラインアップされました。

フルコンプする気はないので、アスカとシンジだけをゲット。


IMGP1648.jpg
[PENTAX K-5IIs / SMC PENTAX DA35mm 1:2.8 Macro Limited] - f2.8 1/25sec. ISO400

久しぶりに PENTAX K-5IIs と DA 1:2.8 35mm Macro Limited が火を吹いたゼ・・・!


IMGP1651.jpg
[PENTAX K-5IIs / SMC PENTAX DA35mm 1:2.8 Macro Limited] - f2.8 1/25sec. ISO400

S-DAT ってこんなデカかったっけ?というギモンはスルーしましょう。


IMGP1653.jpg
[PENTAX K-5IIs / SMC PENTAX DA35mm 1:2.8 Macro Limited] - f2.8 1/25sec. ISO400

今回のスタンドには、各キャラクターのキーアイテムがプリントされています。


1歳の子供がいるので、デスク上は出来るだけ片付けておかないといけないのですが、
ついついこういうモノばかり増えちゃうんですよね。
誤飲防止に、組み付けたパーツ類は瞬着で留めておかなきゃ・・・。

Pentecostes

130702-PENTAX_A_RICOH_COMPANY.jpg


社名変更のお知らせ [ペンタックス:ニュースリリース]

書こうと思ってちょっと悩みましたが、馴染みの深いカメラメーカーの歴史の分岐点ということも
あるので、思ったことを書いてみたいと思います。

初めてまともに使ったデジタル一眼レフカメラが PENTAX の K-5(発売当時は HOYA 傘下だった)で、
最近もお散歩カメラとして RICOH ブランドながらも GR を仲間入りさせたのですが、
そもそも GR に興味を持ったのも、ダイヤルボタン等の設計に PENTAX の匂いを感じ、
これなら永く付き合えそうだと思ったからでした。

そんな PENTAX も、カメラ部門が RICOH の2011年に子会社になり、前述の GR のように
両社の持つノウハウがうまく均整を取りながら製品に昇華されていくんだろうなと思った矢先の
社名変更のニュースでございました。

いちエンドユーザーなので、内部のことは分かりませんが、何度となく事業再編を乗り越えてきた
ペンタックス出身の関係者の方には心からエールを送りたいと思います。

あなた方にはあなた方にしかできないことがある、そしていつでもユーザーはあなた方と共にある。

Q10 はとても良いカメラなのに何選んだか届くまでに絶対忘れてしまいそうなカラバリ展開や、
どう突っ込んでいいか分からない K-01 は正直どうかと思いましたが、
K-7以降、デジタル一眼の外観をほとんど変えないとか、頑な?なところとか大好きでしたす。

週刊アスキー No.937付録の防水ポーチ+

買いました。

DSC00177_20130703162841.jpg

気がついたら前回から丸1年経ってたんですね、夏といえば防水ポーチの季節ということで、
今年もやって来ました。

ニッポンの夏、アックンの夏。


DSC00178.jpg

前回は長いストラップが付いてて、これがまた邪魔くさかったんですが(失礼


DSC00179.jpg

今回はカラビナ仕様になっていて、全裸や水着にならない川遊びやバーベキューにも活躍できそうです。
それ以前にそういう友人を作ることから始めないといけないのが悩みですが、何か?

そういえば川原で全裸になれる友人が1人いたけど、元気にしてるかなあ。


DSC00182_20130703162837.jpg

そして、入魂のアスキーロゴ! これで100均にも売ってそうなアイテムだと思われずに済むと
思います。

ちなみに、本体である雑誌の内容に関しては、前日に長男の学校で行われた「ケータイ教室」の中で
これパズドラじゃね?とロコツに課金制ゲームの危うさについて語られてたわけですが、
ある程度自分でパスドラを遊んでみた上で長男に遊ばせることにしたので、攻略記事はタイムリーでした。

また、7月4日(明日じゃねえか!)発売の『地球防衛軍4』(PS3版)はちょっとソソられましたね。
今月は繁忙期でフル勤務の日々なのでゲームなんてやってられないですが、いつか遊んでみたいと
思いました。
最新記事
最新コメント
月別アーカイブ
カテゴリ
みんぽす
モノフェローズに参加しています
サイト内検索
リンク
Powered By FC2ブログ

今すぐブログを作ろう!

Powered By FC2ブログ

QRコード
QR