FC2ブログ

RX0


いくらふだん使いで sd Quattro と 50-100mm F1.8 DC HSM Art のコンビが気に入っているからといっても、場の空気としてのTPOと性能の限界という意味でのTPOをわきまえると、どうしてもコンパクトデジタルカメラが手放せません。しかも、写真の上手い下手は別として、いちど SIGMA のカメラで撮影した写真の解像度の高さの虜になってまったが最後、おいそれとそんじょそこらのコンデジでも妥協できなくなってくるんです。

というわけで、サブ機として DSC-RX100M2 を愛用しているわけですが、本体の厚みから感じられる握りやすさと望遠端100mm相当の焦点距離の汎用性の高さから、いったんは ”Mark3” に乗り替えるも、また買い直したりしていました。こう見えて手の感覚が繊細なのでちょっとした違いが大きな違和感になるんです・・・。

さておき、車の免許を取ったばかりの友だちと遊びに行くと告げて、おおよその帰宅予定時間からずいぶん遅れて帰ってきた長男
が手土産に持ってきたのがこれ。


DSC04589
[ SONY DSC-RX100M2 ]

まさかのガンプラ。しかもおれがあまり好きじゃない RX-0 ユニコーンガンダムじゃあーりませんか。そもそもガンプラ遊びの醍醐味を味わうなら局地用モビルスーツ―とくに水陸両用タイプが好きなおれとしては、連邦の白い悪魔の系譜に連なるシリーズはもうごちそうさまなわけです。ついでに言うとザク系も動力パイプ組むのが苦痛でしかないので見たくもありません。F2ザク欲しいけど。

そんなガンプラを属性でもない長男がなぜ持って来たかというと、流れで射水市方面のゲーセン(たぶん小杉のレジャランだと思う)で遊ぶことになって、ノリでやった1,000円ガチャで当たったらしい。定価5,000円くらいするよね?と言ってきたが 「いい目をしているな」、まさにそのとおり。


DSC04590
[ SONY DSC-RX100M2 ]

うっわ出た、この光るパーツ。

”変身するモビルスーツ”というコンセプトは面白いが、過去作品にたびたび扱われてきた”変形”への別アプローチに過ぎないし、どうせやるなら前後でまったく想像のつかない造形にしてほしかったなあと思ったり。そもそもユニコーンって名称もファーストガンダムに登場したペガサス級強襲揚陸艦 「ホワイトベース」 を想起させるし、物語のすべてを新しく構築したというよりもガンダム老人会への目くばせ以上のものを感じなかったので、シリーズも数話だけ観てやめた。むしろ、”ORIGIN” のほうがワクワクして漫画版を読んでたものだ。

その後登場した新規のモビルスーツを見ても、「はぁん」としか思わなかったのだ。ただ、この作品が作られたことによってふたたび日の目を見ることができた局地用モビルスーツのプラモデルだけはちゃっかり買った(ぉ。


結局、翌日も仕事だというのに真夜中に帰ってきた長男を、おれは叱らなかった。ガンプラをくれたからじゃなく、大人になろうとしているのを止めることはできないからだ。

「あまりママを心配させるなよ」

そう言って部屋の電気を消した。本当はちゃんと時間通りに帰るつもりだったらしいが、友だちの車のタイヤがパンクした上に交換したスペアタイヤの空気が抜けてて遅くなったらしい。大人ならそれでもそんなに時間は掛からないだろうと思ったが、友だちもまた似たようなものだったのが想像できてちょっと笑った。

とにかく事故に遭わなくてよかった。

翌朝、まだ車の免許がない長男を職場まで送っていく準備までしていたが、何も言わなかったので何もせずに見送った。責任の取れないことはしない、自分のことは自分でやるようになってくれればいい。


DSC04588
[ SONY DSC-RX100M2 ]

ガンプラのほかに、「FW GUNDAM CONVERGE」っぽいフルアーマーガンダムが袋のままテーブルにおいてあったので勝手に組んだ。これだよ、こういうのでいいんだよ。

車にしろ架空のロボットにしろ、デザインというものは時間が進むにつれてただやみくもに、より鋭利で複雑なものになっているように感じている。それはその時代ごとの技術の挑戦の繰り返しの産物だということも分かっているつもりだが、その線(ライン)、本当に必要?目的と手段が入れ替わっていないか?なんて思うこともしばしば。

今度はNT(ニュータイプ)と書いてナラティブだって?

もうやめてくれ。

どうせやるなら、時間軸の違う世界でもういちどガンダムのデザインを構築してほしいと願うオールドタイプなのであった。





そういえば、「∀ガンダム」 なんてのがあったなあ・・・。観てないけど(ぉ



スポンサーサイト



ファインモールド/天空の城ラピュタ ロボット兵(戦闘Ver.)プラモデル


もうそんなに経つのか、とこの記事を書く前にリサーチしていて驚いているんですが、発売とほぼ同時期に買って作ったラピュタのロボット兵のプラモデルが押し入れから見つかったので、その思い出を振り返ってみたいと思います。奇しくも地元で開催されている 『ジブリの大博覧会』 に行き、どうみてもこれファインモールド製だろって塗装済み(しかも雑)の展示物を見かけたのと、物販コーナーでも実際にこのプラモデルが(定価で)販売されていたので、とても懐かしく思いましたね。

DSC04291


昔、戦車のプラモデルを買い集めていたころにお世話になっていたホビーサーチさんでチェックしてみると、2011年4月下旬にこの”銭湯戦闘Ver.”が発売されたようですね。たしか発売を知って店頭に並んだのを確認するや否や秒でレジまで持って行った記憶があります。ビバノンノン

しかも、当初は腕にトゲのない”園丁Ver.”が未発売(2013年発売)だったため、もう一体買ってわざわざトゲをカットして作ったんだっけ。そして実は、その後付属のシータのフィギュア欲しさに園丁Ver.も買ったんだよね。そのロボット兵は朽ちた感じに作ろうとして大まかに塗装したっきり頓挫していたまま見つかった。・・・てことは、4,000円近くもするプラモデルを3個も買ってたのか(゚A゚;)


DSC04292

いやあ、それにしても9年近くになるのか・・・。完成させた当時にもブログに書いてたような気もするけれど、あのときのサイトはパスワードを忘れてしまってもう入ることができないんだよね。なので、ここであらためて。あと、次男が生まれてからは壊されては大変とずっと押し入れにしまいっぱなしだったっけ。今では次男も多少は分別のつく年齢になってきたので、数年ぶりに解禁できたわけね。

ちょうど戦車のプラモデルを作り飽きてたころで、余った塗料や資材を使った記憶がある。もともと何もしなくても独特の表面が再現されていた身体の部分も、荒い筆で溶きパテを塗りたくったりもしたし、基本色(戦車用に使っていた缶スプレーの残り)を吹いたあと、タミヤのウェザリングマスターで質感を増したりもしたなあ。


DSC04270

とくに、この ”園丁Ver.” の苔の部分は鉄道模型に使われる芝生用のパウダーを木工用ボンドでくっつけて表現しました。キツネリスはまさかの筆塗り。今はもう目も悪くなってきているからニ度とできないだろうなあ、こんな小さなものに色を塗るなんて。


DSC04294

台座は市販のもので、たまたまどこかで見かけたものを使っているはず。これもそこそこのお値段をしてたような。


DSC04296

んで、『ジブリの大博覧会』 で気付いてしまった、展示物の組立てミスはこの部分。この股間のモッコリ部分がなんと後ろ向きになっていたんですよ。思わず嫁を捕まえて 「分かってねえなあ、こいつら」 なんて毒吐いちゃった(テヘ。コアなファンは怖いのよ。もしもどこかで開催される機会に巡り合ったら、この部分をチェックしてみてください(笑

というわけで、まだ若かったころに手間をかけて作ったプラモデルが再び日の目を見たというお話でした。



このまま箱にしまいのはかわいそうだから、毎日のように通っている量販店の玩具売場に持っていって飾ってもらおうかなあ。



Figure-rise Standard 仮面ライダービルド


まだ次男には見せていません(ぉ

IMG_4696

毎日のように通っている家電量販店の玩具売場で不意に見かけたので、速攻で確保。同じ棚に S.H.Figuarts 版のも置いてあったけれど(この商売上手め)、やっぱこういうのは自分で組み立てることで愛着が湧くんだよなあと思って、プラモデルの方を選択。


IMG_4698

部品点数がまあまあ多いので、次男といっしょに作るとなると片っ端からランナーから外しやがるので、クオリティを保てない気がするし、かと言ってお父さんが一人でキッチリ組み立てちゃったら S.H.Figuarts を買って遊ぶのとほとんど変わらないと思うので、
解禁までもう少し悩んでみることにします。


IMG_4699

とりあえず、個人的に気になっていた頭部パーツがちょっと凝った感じになっていたのを確認してニヨニヨしています。これはちょっと作り甲斐ありそうだ。


BB戦士#367 NZ-666 クシャトリヤ


仕事が休みの日の夕方は次男を保育所まで迎えに行き、その足で奥田公園まで遊びに行くのがいつものパターンなわけですが、先日は外気温が体温を超えるほどだったため外で遊ぶのをやめて、プラモデルでも作って遊ぶことを思いつきました。

当初、3年前に買ったきり死蔵していた 【SCOUT TROOPER & SPEEDER BIKE】 にいよいよ手を付けようかと思いましたが、子供といっしょになって作るにはパーツが細かすぎたので、いつ買ったのかさえも覚えていない BB戦士のクシャトリヤ―頭の部分を作りかけたまま放置―を引っ張りだしてみました。

BB戦士シリーズとはいえ、そこそこのボリュームのある機体なのでちょっと凝ったことでもしようかと思ったんでしょうか、アンテナの部分には継ぎ目消しの跡があり、モノアイも付属のシールではなく、クリアパーツを付けようとしていた痕跡がありました。たぶんきっと組立プランを考えているうちにめんどくさくなったんでしょう、大きなパーツには一切手を付けないまま箱にしまわれていました。

IMG_4265

サイズといいパーツ点数といい、6歳の子供といっしょになって作るにはとてもちょうどいい具合で、30分~1時間程度で組み上がりましたし、次男もすごく気に入ってくれたのがうれしかったです。


IMG_4268

なので、次男が寝ている間にでも写真を撮ってレビュー記事でも書こうと思って、仕事から帰って部屋に入ってみれば、直前まで一人で遊んでいてそのまま眠ってしまった様子の次男がおれの万年床を占領していた。しかも、自分で炊飯器からご飯をよそってきて生卵をかけて食ってた茶碗もそのままに(苦笑。

仕方ないのでレビューは仕事が休みの翌日にでもしようとしたら、保育所に行くときに必ず持ち歩く、気に入ったおもちゃをカバン(保育所内には持ち込めないので、帰るまで嫁のクルマに載せられている)の中に入れられてしまい、今手元にありません(ぉ

でもいいんです、気に入ってくれれば。

それに今回のキット、ロトっていう変形ロボットがセットに入っていたのも良かった。てっきりランナーの余りかと思ったらちゃんと設定があったのね。ガンダムUCはほとんど観ていないから知らんかったなあ。

さて、次は最近発売になったナイチンゲールでも買おうかな。



FUJIMI チビマル ゴジラ


嫁が次男を連れて出て行った(大意)ので、ようやく一人の時間が取れました。
というわけで、帰って来るまでの間に ”私は好きにする” をするぞー

DSC02670

最近何かとアツい、フジミ模型の ”チビマル” シリーズの新ラインアップ第1弾、
見たまんまですが、ゴジラでございます。


DSC02671

ディテールアップした作例をネットで見かけましたが、めんどくさいので素組みします。
私は素組みした、君ら(ry


DSC02672

箱の中身はこんな感じ。我が家のフジミ製プラモデルとしてはパイセンにあたる、ロビ君との
サイズ比較・・・分かりにくいな(汗


DSC02675

もともと塗り分けの少ないキャラクターではありますが、口の中のだけはシールで再現。
これがほんとに微妙で、もうちょっと頑張ったら別パーツでイケたんじゃね?と思わずにはいられ
ない部分。いつまでもバンダイに追いつけないのはこういうところかも。


DSC02673

あたらめて、ロビ君パイセンとのサイズ比較。ひょっとして、小さい・・・?


DSC02676

とか言いながら、顔の部分がソッコーで完成。
この顔立ちは平成ゴジラシリーズ以降の犬っぽい感じのやつですね。

おれ、これ作り終わったらTSUTAYAに 『ゴジラ vs ビオランテ』 のDVD買いに行くんだ。


DSC02679

概ね30分くらいでしょうか、なんの問題もなくあっさりと組み上がりました。
強いて言えば、ポリキャップが PG の Zガンダム並みに緩いことでしょうかね・・・。
ポーズ決めをするそばから頭部が外れ、手足もすっぽ抜けるくらいなので、けっこうイライラします。

これはあれや、我が家で言うところの ベアッガイさん のようにあまりにもよく頭が取れるからと、
バラバラにして遊ぶのがデフォになりかねない案件だわ(苦笑


DSC02678

背びれは生物感がなくて個人的には嫌いな造形のヤツ。このプラモデルでは蓄光素材で作られて
いるので、暗い所では緑色に妖しく光るという・・・。それはそれで次男の反応が楽しみ。


DSC02677

あれ、やっぱりロビ君より小さい・・・。



アクセス
最新記事
最新コメント
月別アーカイブ
カテゴリ
サイト内検索
リンク
Powered By FC2ブログ

今すぐブログを作ろう!

Powered By FC2ブログ

QRコード
QR