増上寺


増上寺に行ってきました。

SDIM0650
[ SIGMA sd Quattro / 24-35mm F2 DG HSM | Art ]

娘との東京観光の〆に東京タワーに行ったときにそのすぐ側を通りがかり、なんか雰囲気の良さげなお寺さんがあるなあ、じっくり見てみたいなあと思って。


SDIM0645
[ SIGMA sd Quattro / 24-35mm F2 DG HSM | Art ]

そこで調べてみると、増上寺といえば徳川家の菩提寺として有名で、その霊廟には秀忠(2代)、家宣(6代)、家継(7代)、家重(9代)、家慶(12代)、家茂(14代)の6人の将軍と正室(秀忠・家宣)、ほか将軍家にゆかりのある子女数十名が葬られているそうですね。

歴史上では、家綱の法要の際、奉行の志摩国鳥羽藩主内藤忠勝が同じく奉行の丹後国宮津藩主永井尚長を斬りつけるという事件(芝増上寺の刃傷事件)を起こし、これが水戸光圀が江戸から旅立つきっかけとなったとされている(作り話だけど)のと、
別の時代には、増上寺に参拝する勅使を迎えるために畳替えをすることになり、そのことを高家の吉良義央が勅使饗応役の浅野長矩に教えなかったことから、あの有名な赤穂事件に発展したという逸話が残されています。

ただし、おれがここに来たのはそれらの深堀りなどではなく・・・。


SDIM0638
[ SIGMA sd Quattro / 24-35mm F2 DG HSM | Art ]

境内にある、千躰子育地蔵をじっくり見たかっただけ、なのであった。事実、本堂に参拝すらしていない(キッパリ)。あんまり時間もなかったからね。


SDIM0631
[ SIGMA sd Quattro / 24-35mm F2 DG HSM | Art ]

この日の天候は曇り空、ときおり心地良い風が通り過ぎていく、そんな感じの穏やかな一日でございました。こうして飾られた風車がふいにいっせいに回り出す風景はとても素晴らしいもので、これはぜひ海外からの旅行者だけでなく、東京に住んでる人にも是非見てもらいたいなと思いました。


SDIM0636
[ SIGMA sd Quattro / 24-35mm F2 DG HSM | Art ]

SDIM0639
[ SIGMA sd Quattro / 24-35mm F2 DG HSM | Art ]

SDIM0640
[ SIGMA sd Quattro / 24-35mm F2 DG HSM | Art ]

SDIM0642
[ SIGMA sd Quattro / 24-35mm F2 DG HSM | Art ]

日本の歴史を訪ね歩く/第4集・東京都 ”増上寺” に参拝する - いい歩きドットコム
増上寺境内のお地蔵さん千躰子育地蔵尊 - わくわく素敵生活ブログ


SDIM0651
[ SIGMA sd Quattro / 24-35mm F2 DG HSM | Art ]

SDIM0653
[ SIGMA sd Quattro / 24-35mm F2 DG HSM | Art ]

調べれば調べるほど、もっと見て回っておけば良かったと思うところがたくさんあって、機会があればまた訪れたくなりました。


スポンサーサイト

ナハトカ。


”ようやく 「私の写真」 を迷いなく表現できた” という紗々さんの写真展が、2017年9月6日から9月11日までの5日間 『OCO GALLEY 』 にて開催されました。

SDIM0666

場所選びからグッズまですべて手作り、会期中の5日間ずっと在廊し、来場者ひとりひとりに丁寧に笑顔で話しかけるというその姿、すごいと思いました。そして、作品ひとつひとつへのこだわり、被写体を見つけたときのイメージそのままの色をプリントで表現するまでの試行錯誤、そのエネルギー。どれひとつをとっても、彼女はひとつもブレずにやり遂げてしまう。


SDIM0664

目で見た被写体の色、脳内で湧いたイメージの色、心で受け取った色、カメラの液晶モニターに映る色、PCモニターを通して見る色、プリンターから出力される色、写真一枚撮るだけでもこれだけの色の違いが生まれます。

それをきちんと自分の納得する形で表現しようとする姿勢は、プリントを放棄し、PCモニターに映る色だけで写真を選別し、ブログや SNS にアップするだけのめんどくさがりのおれには、逆立ちしてもでんぐり返ししても側転しても、とてもとても真似できないくらい。


SDIM0665

4年前、CP+で初めてお会いしたときにサインしてもらったダンボーのプラモデル、この写真を撮る前に落っことしちゃって片脚が折れちゃった・・・。そこを「脚なんかただの飾りです」とばかりに撮影のお手伝いをしてくれたのは、ソニーショップ・テックスタッフの店員佐藤さん。


SDIM0667

今回の写真展のキーアート的な一枚。この色といい、切り取り方といい、ほかのどの作品もそうだったけど部屋に自然と溶け込めるような肩肘張らない優しさがある傍ら、沖縄旅行中に閃いて”写真展を開こうと思った”とこだわり抜いた17の風景、行きずりの恋なんかじゃない、出会うのは必然だったものだと感じました。きっと同じものはもう二度と撮れない、だから写真は面白い―。

おれも、こういう撮影旅行したいなあ・・・。


SDIM0669

ふと、カウンター奥のたくさんの花束に埋もれていた紗々さんの愛機が目に止まったので、一緒に撮らせてもらいました。このX-T2こそもう一人の主役でしょう。


SDIM0671

まさかここで会えるとは思っていなかった友人にも4年ぶりに会えたし、感無量。


SDIM0661

この先へと進む彼女の目には一体何が写るのだろうか、それをどういった形で伝えてくれるのか楽しみです。電車で4駅(地下鉄除く)の場所から、これからも応援していきたいと思います。



兼六園とか。


とある資格検定試験を受験しに金沢まで行くついでがあったので、ちょっと早めに家を出て兼六園を散歩してきました。さすがにこの年齢になると記憶の揮発がハンパなく、当日の午前中に自宅で過去問題集を解くくらいでないともうダメっすわ。
一夜漬け? そんなもん寝て起きたら入った情報みんな朝には消えてる自信があるぜ(

SDIM0591

この日のお供は sd Quattro と 24-35mm F2 DG HSM Art 。ヤバイすね、これ。ピントの速さは他のどのカメラとも変わらないくらいになっちゃってるし、SIGMA のカメラを持ち歩いていることを忘れるくらい。


SDIM0588

せっかく来たけど、今にも降り出しそうな空の色。―この風、この肌触り、この匂いこそ北陸よ!

周囲を見渡すと、着物を来た若い人がやたら多いように感じたけど、なんでだろう? その中の一組のカップルに記念撮影をお願いされましたが、なーんかさっきから二人して着物姿で無邪気に写真撮ってると思ってたら、海外からの旅行者の人たちでしたね。きっと新婚旅行かなんかでしょう、ベンチに笑顔で腰掛ける二人を彼らのカメラで撮りました。新幹線じゃあるまいしSSが1/2000 だと?と思ったらAvモードでした。どんだけISO感度上げてんねんとか思いましたが、仕上がりを見せたらとても喜んでくれたので、細かいことは気にしないことに。きっとこのとき撮った写真は国に帰ったときに家族にも見せるんだろうな、おれがシャッターを切った一枚が海を渡るなんて、ちょっと面白いなと思いました。


SDIM0586

夏が過ぎ、紅葉もまだ見られない中途半端な時期だけど、だからこそというのはあるかもしれないよね。


SDIM0592

好きなものを好きなように撮ることはできても、コンテスト用の写真を撮ろうとしたときには何も思い浮かばないことが多くて、応募とかほとんどしたことないんだよなあ。他者からの視点を意識したときに、とたんに何も見えなくなる。


SDIM0595

だからこの日も、おれは好きにした。


SDIM0596

”竜石” と呼ばれる、その名のとおり龍の頭部のような形をした石を撮ったりしつつ、灯篭をからめてみようと周囲をぐるぐる回っていたら、


SDIM0610

蝉の抜け殻を見つけた。


SDIM0597

SDIM0598

SDIM0612

SDIM0616

なんだか、樹木ばっかり撮ってた気がする。まあ、これまで何度も来たことあるし、たまには違う視点で切り取ってみるのも悪くないでしょ。

観光客のおばさんが園内の作業員の人を捕まえて訊いてた、「兼六園はどこですか?」って。あんた、入場料310円払ってどこに来てると思ってたのよ。


SDIM0617


ところで、件の資格検定試験というのはとある団体の全国統一試験というやつでして、東京会場は巣鴨の大正大学だったりします。15:40~16:55 までというスケジュールだったから、そのあと代々木公園まで行けなくもなかったんじゃないかという考えがふとよぎるも、さすがに帰宅ラッシュ真っ只中の新宿駅を経由するなんて髪の毛が真っ白になりそうだからと冷静になった。

紗々写真展:ナカトカ。 - デジカメWatch



SIGMA POWER GRIP PG-41


sd Quattro と常に行動をともにしてきた縦持ちグリップ ”PG-41” の白化が目立ってきたので、SIGMA さんに交換してもらうことにしました。これまで必ずボディとセットで使ってきた相棒を送り出す前に、ちょっとだけ記念撮影。

DSC03470

性能には何ら問題がないのと、ここが白かろうが黒かろうが撮影した写真にはまったく影響がないため、あまり気にはしていませんでした。


DSC03468

メーカーに送ったりするのも面倒っちゃ面倒だったので、自分でなんとかしようとしたこともあったけど、大して変わらなかった(苦笑。気持ちちょっと斑になったくらいかも。


DSC03471

興味深かったのは、このグリップに使われているゴム全部が白化するのではないこと。バッテリー室のフタの部分はまったく無問題。でも、なぜここだけ?と思わなくもなかったんですが、交換しちゃうからまあいいか。


DSC03467

今までいろんな場所にいっしょに行ったよね。きみがいてくれたから、ボディやレンズに手振れ補正がなくても安心して背中を預けられたよ(大袈裟)。生まれ変わったら、また会おう。そしたら、今まで行ったことのない場所へ連れて行くよ。






SIGMA 24-35mm F2 DG HSM Art


このところ、ふだんの自分の写真の撮り方に変化がなくなり、一時期は増殖傾向だった機材も使用頻度の高いものと低いものの差が大きくなったため、ここはスッキリと整理させて末永くこの趣味に付き合っていこうと思っていました。

これは停滞ではなく、次の段階へのはじめの一歩なのだ。

DSC03457

さて、前へ進むためには何かを後へ置いていかなければならないならばと、諸々のフレンズたちとお別れをして入手したのはこのレンズ。SIGMA の 広角1.5倍ズーム、24-35mm F2 DG HSM Art でございます。


DSC03459

sd Quattro で愛用している 50-100mm F1.8 DC HSM との併用を想定して選びました。これまで広角側は 24mm の単焦点だけ持っていたのですが、これまで経験してきたシチュエーションの中で、ひとつの画角を選ぶためのにレンズ交換するのがめんどくさくなってきたのと、鉄道写真を撮るときに ”もうちょっと寄りたいけど、50㎜では画角が狭い” と感じるような場面に広角ズームがあれば良いなと思って。

具体的に言えば、神通大橋の上から北陸新幹線を撮ったときに強く感じたことなんです。

というわけで、24mm F1.4 DG HSM は旅立って行きましたとさ。


DSC03460

フィルター径は 50-100mm と同じ82mm。重さは調べてません、50-100mm より軽いなと思う程度です(ぉ
手振れ補正がない? そんなものはお前の心がブレてるから不安になってるだけじゃねーの(暴言


DSC03458

ボディとのバランスも良好。ふつうは 17-70mm とか 24-70mm を選ぶところなんだろうけど、そうしないのがおれのおれたる所以。

夏も終わりを迎え、秋から冬にかけて草木も減り、鉄道撮影がしやすくなる時季になっていくので、50-100mm とのコンビであちこちの撮影地で使っていこうと思います。


最新記事
最新コメント
月別アーカイブ
カテゴリ
みんぽす
モノフェローズに参加しています
サイト内検索
リンク
Powered By FC2ブログ

今すぐブログを作ろう!

Powered By FC2ブログ

QRコード
QR