せっかく iPhone 7 があるのでサイカサイン入りスイカを Apple Pay に登録してみた。


昨年も今年も CP+ へは行かなかったし、他の用事で交通系のプリペイドカードを使う場面がなかなかない中、
4月に大阪へ出張に行くことになれば、ちょっとした優越感に浸れるかと思って Suica を Apple Pay に登録することにしました。

DSC03080

今回魂を引っこ抜かれるのは、世界に1枚しかない SAIKA先生直筆サイン入り Suica 。
日常的に使わないのと、ICカードリーダー内蔵だった VAIO を処分してしまったため、このカードに幾らチャージされてるのか
さえ分からないのが悩みというかなんというか。

それにしても、あれからもう4年ですか。

家電量販店でのMNPが終わったあと、留守番をしている長男のために近くのスシローでお持ち帰りを頼んで、
それができあがるまでの間、旧 iPhone 5s の写真フォルダに入っている写真をペラペラ眺めていたとき、ちょうど当時の写真と
ともにまだハイハイをしていたころの次男が出てきて、懐かしいなあなんて思ってたのよね。


DSC03081

というわけで、さっそく試してみます。手順としては Suica アプリを入手&スタート、Suica 発行からの取り込みでOK。
取り込む際には、Suica 裏面のコード番号の下4ケタを入力する必要があります。


DSC03082

そして転送へ・・・。


DSC03083

思ってたよりあっさりと完了できました。手こずったときのために昼寝してコンディション整えてきたのに拍子抜けしちゃった。


DSC03084

無事に Apple Pay に登録が終わると、デポジットされていた 500円も追加され、合計で1600円ほどになり、
日帰りで大阪市内を電車で移動するぶんにはじゅうぶんな金額になりましたね。
なんだか親戚のおじさんにお小遣いもらったときの気持ちに似た得した感がたまらねえ。

サイカ先生ありがとー!(なんかちがう


スポンサーサイト

iPhone 7


唐突にスマホを iPhone 5s から iPhone 7 に変えることになりました。

DSC03076

と言っても、浮気がバレたとかではなく、ほとんど通話もしないのに毎月9,000円かかっている通信費
をできる限り抑えるため、5年近く世話になっていたソフトバンクかた、キャリアを嫁と同じ au に MNP する良い機会に恵まれたので。

これで、2年間はこれまでのほぼ半分の通信費にすることができるし、2年以降を過ぎても7,000円以下
で運用できるため、全くもってお得でしかない。ようし、お昼は奮発して寿司にするぞ~!


DSC03079

さて、歴代の iPhone の箱を積んでみました。けっきょく ”6” はスルーしたんだね。
理由は忘れちゃった(苦笑。


DSC03070

選んだカラーは、ジェットじゃないほうのブラック。ていうか 32GBモデルにはジェット★ブラックの設定がないのよね。
あと、もともとストレージ容量もさほど必要としない・・・というよりも、これまで過去モデルから
ずっと子供の写真データ(主に次男の)を引き継ぎし続けてたのを今回でやめるので、
カラーはともかく 128GB を選ぶ理由がなかった。


DSC03077

というわけで、中身でーす。

唐突に機種変したのですっかり思い出すのを忘れていたけれど、”7”ってヘッドホンジャックがなかった
んだった。なので、変換ケーブルなるものが付属します。使う予定はないけどね。


DSC03073

ケースは iPhone 5s 用に1ヶ月前くらいに買い換えたばかりのエレコム製 「耐衝撃×薄軽」 タイプの
iPhone 7 用(PM-A16MTSWH)を選びました。
ついでにストラップを DSC-RX100M2 から移植。 DSC-RX100M2 には Wii リモコンのストラップを(以下略


DSC03075

初期設定をほぼ終えて気が付いたんですが、iOS のバージョンが古かったので、instagram のアイコンが懐かしい頃のままでした。ちょっと惜しい気もしたけれど、アップデートしたらやっぱり消えちゃった(苦笑
まあ、そんなもんだよね。


WALKMAN A35 ver.1.10


ウォークマン「WM1」「A30」、タッチパネル反応向上アップデート【動画アリ】 - Phile web

発売して即買ったウォークマン、NW-A35 がまさかの英語表示モデルだったわけですが、
オーディオ機器を操作することができる人間ならば大概困らない程度の単語しか表示されないわけで、
実使用には差し支えない上にちょっと珍しいし、音も前モデルと比べてとても良くなっているのため、
メーカー送りにせずにそのまま使っていました。

・・・が、やっぱりタッチ操作でのもたつきや、肝心なときに反応が鈍いことがあったりしてちょっと
ストレスを感じ始めていたのと、もともとの体の疲れから環境音以外は耳にしたくない精神状態になって
いたこともあり、今年に入ってからはほとんど使っていなかったところへ、前向きな感じのアップデートが
降ってきたらしいぞ、と。

DSC03024

ライムグリーン限定?とも言われる英語表示問題が、こうしたアップデートで解消されるかもしれないのは
正直”痛い”とは思いましたが、もしそうなってもブログのネタになるし、ならなくてもネタになるので、
ここは大人しく快適に使えるようになることに希望を託してアップデートを敢行しました。

ちなみに、冷静に公式アナウンスを待ってから適用する人とは異なり、ダウンロード出来次第即突っ込んだぜ!

座右の銘は、引き金を引く時はためらわない、です(ぉ


DSC03025

無事、何事もなくアップデートが適用され、英語表示もそのままに、見事ヌルヌルサクサクの快適
レスポンスになったでござるの巻。

まあ、ネタとしては面白くないオチではありましたが、これでまたクルマに持ち込んで通勤のお供に
したくなりましたね。アップデートはまだの方は、是非。


入れて初めて分かるこの気持ち良さ、もう病みつきです。


WALKMAN NW-A35


買い増した。・・・じゃなくって、買いました。

DSC02682

左は二年前に買って、そこそこ使ってきた NW-A16(シルバー/32GB)。クリアケースに入れていた
ので小傷程度の使用感。主に車の中でのBGM担当を担っていました。

右は今年の新モデル、NW-A35(ライムイエロー/16GB)っす。NW-A16 では付属のイヤフォンは
使わなかったためと、ヘッドフォンは愛用しているものがすでにあるため、本体のみを購入。
この辺のラインアップの発表がすっきりまとめられていなくて、買うときに軽く混乱しました。


DSC02680

ふだん、こういうガジェットの類のカラーを選ぶときは、地味目の色を選ぶ習性があるんですが、
今回は気分転換と、内覧会で見たときの質感の印象からライムグリーンを選択。
昔持ってたガラケーもこういう色のを使ってたので、懐かしくも思いながら気に入っています。

と、悦に入っていたところ、ある速報が飛び込んできました。

新ウォークマン「NW-A30」の販売を一時停止。「設定の確認が必要」 - AV Watch


なんだってー!!

なんだよ、”設定の確認が必要”って(汗

もうお金も払って、純正クリアケース(高かったけどこれしかなかった)も買って保護フィルムも
貼ったがな・・(苛

販売停止の判断に至った理由がイマイチ分かりにくいニホンゴだったことに釈然としないまま、
とりあえず持ち帰って、検証をしてみることにしました。

晩ご飯を食べながら、X-アプリからライブラリを転送しつつ、何気に990曲も NW-A16 に入れて
たんだねーと感慨深く画面を眺めていたときに、ふと気になったことが。


DSC02683

USB ケーブルで PC と接続しているときに表示される画面が英語表記になっていました。


DSC02690

ちなみに、NW-A16 だとこんな表示です。


DSC02689

このときはまだ 「まあ、こんなもんかな」 と思っていたんですが、転送が終わってケーブルを外して
みると、トップ画面も英語表記―

ほとんど洋楽ばっかり聴いているので、アルファベット慣れしていて目が慣れているから個人的には
平気なんだけど、一般論でいうとこれはアカンやつちゃうの・・・?
あと、まさかと思って言語表記の切替えとかないか設定項目を探してみるも、見当たらず(苦笑

(表示されている METAFIVE の曲は洋楽じゃねえじゃねーかというツッコミはなしで)

初期出荷分に海外版が混入しているという噂は本当なのかも・・・。


DSC02684

ネットで聞いた 「技適マーク」 もちゃんとあるしなあ。


DSC02685

同梱されているマニュアル類はふつうに日本語のものでした。もちろん、保証書も。
ってことは問題はパッケージも含めて全部というわけではなく、あくまでも本体側だよね。

とりあえずお店にあるぶんは一旦回収&再出荷になって、既に手元にあるユーザーへはファーム
ウェアのアップデートで解決って感じになるような予感。
だとしたら、絶対アップデートしないかも(笑。この程度のミスで済んでいるなら、ね。


DSC02686

さて、気を取り直して使用感チェックなどを。

個人的に買い替え動機となったのは、このボリューム部分。曲を聴きながら寝入ることがたまに
あるんですが、NW-A16 の場合は調整幅が大きく、もうちょっと小さく&もうちょっと大きくという
微妙なボリューム調整ができなくてムカついていました。


DSC02687

NW-A35(というかA30シリーズ)では、調整幅がより細かくなって快適なボリュームで聴くことが
できるようになったのと、体感レベルですが NW-A16 より音質が上がったと思います。

この点だけが評価ポイントで、世間的にもっさりしていると言われる UI に関してはわりとどうでも
いいです(ぉ

強いて言えば、NW-A16 ではちゃんと表示されていたライブラリ上のサムネイルの一部で、
表示されなくなったものがチラホラある程度と、物理ボタンのレスポンスがワンクッション遅いと
感じる程度かな。

ね? おれって心広いでしょ。


DSC02688

組み合わせるイヤフォンはもちろん、”茶楽音人(さらうんど)” ブランドのイヤホン、Co-Donguri -
雫 (こどんぐり - しずく)ちゃんでございます。

プレーヤー内の設定で ”ClearAudio+” をオンして聴くだけでもじゅうぶんに音の解像感が上がって、
かつ聴き疲れしないので、このセットでしばらく聴き込もうと思います。


茶楽音人 Co-Donguri - 雫


TTR株式会社が設計から製造、販売まで手掛ける ”茶楽音人(さらうんど)” ブランドのイヤホン、
Co-Donguri - 雫 (こどんぐり - しずく) が大分経由福島方面から届いたー。

DSC02439

カラーは気分でSmoky Gold を選択。
そうそう、けっこう軽いんで装着感は薄いです。


DSC02442

初めて使うブランドのイヤホンですが、コードが細くて柔らかいので取り回しがラクだぞっと。


DSC02440

イヤーピースはそのまま標準的なMサイズを使います。
このイヤホンの装着のコツは、耳の穴にねじ込むように装着することで、よりダイレクトに
鼓膜に音が届かせることができることかしら。

内角をねらいえぐりこむように打つべし的な。


DSC02441

まあ、こういうのはスペックどうこうよりも、聴いてみて好きかきらいかなので、さっそく試して
みまーす。

ここで注意しないといけないのは、再生機側のイコライザーまわりの設定。
イヤホンごとに特性は違うので、それぞれに合うような好みのセッティングをしないことには
アンフェアな感想を持ってしまう危険があります。

前回、DIME 8月号の付録のイヤホンに合わせたままのセッティングだったのため、
高音のキツいクラシック番長かと誤解しそうになりましたが、
DSEE HX をオン、ハイレゾ音響設定をオン、ClearAudio+をオフにすることで、どのジャンルも
聴き疲れない感じになると思います。知らんけど。

古めの音源だとさらにちょうど良く、逆に星野源だと太すぎ、秦基博だと眠く、岡崎体育だと騒がしい
感じなのがちょっと気になるかなあ(個人の感想です)、最近のヘビロテなんだけどなー。
ていうか、そもそも NW-A16 のボリュームのせいもあると思うのよね。
もうひとコマ欲しいというか。

The Beatniks の 「初夏(なつ)の日の弔い~ONCE UPON A SUMMER FUNERAL~」のリマスター
はドンピシャで聴ける感じで、←分かりにくい 高橋幸宏の音が好きならアリな印象。

勢いで手に入れたイヤホンでしたが、思いのほかふだん聴く音楽と相性も良く、気に入りました。
これからエージングをしながら、眠れぬ夜のお供にしようと思います。


そろそろ、ハイエンドな再生機が欲しくなってきそうで怖いです。


最新記事
最新コメント
月別アーカイブ
カテゴリ
α7 (6)
みんぽす
モノフェローズに参加しています
サイト内検索
リンク
Powered By FC2ブログ

今すぐブログを作ろう!

Powered By FC2ブログ

QRコード
QR