富山にトリプルセブンが来た日 - 後編


■富山にトリプルセブンが来た日 - 前編

IMG_4244

午前中に引き続き、トリプルセブンの撮影に富山空港の展望台に来てみました。迫力のある離発着シーンのあとは、その大きな機体をもっと間近で見たくて・・・。


IMG_4245

新千歳空港からNH1182便として戻って来たトリプルセブン、Boeing 777-281/ER。


IMG_4250

さっきまで、写真右手の石垣のある高台で撮ってたんだよね。そのときの様子が見知らぬ航空ファンのブログ写真に写り込んでて震えた・・・。

富山・小松両空港の北陸B7祭り - 青い空と小松空港

飛行機の写真を撮ったあとにその機体番号を調べるのが好きで、FLYTeam というサイトを参考にさせてもらっているんですが、 上記のブログ主のRINA-200 さんは小松空港を拠点に、そのサイトに自身で撮影された写真を投稿されている方。お会いしたことはないけれど、行動範囲が似ているのでいつかそのうちに・・・。


IMG_4254

相変わらず右側だけ接地が早い。


IMG_4266

スポーツ緑地からだと、ここからは木の陰に隠れてしまう位置。なので、富山空港で飛行機を撮るときは、場所を変えながら撮るのはセオリーと気づいたのであった。


IMG_4269

737 や A320 ならば、そのままRW02エンドまで自走してから折り返し、エプロンへと入場してくるところ、トリプルセブンはなんとダイレクトにエプロンへと向かっていきました・・・!(驚


IMG_4279

どーん!


IMG_3004

サイズ比較として、以前撮った B737 の写真を置いておきますね・・・。


IMG_4288

いやあ、本当に大きいなあ。


IMG_4289

ちなみに、三脚は使わずに手すりに肘を置いて撮りました。狙い通りのシンメトリーな写真が撮れて満足♪


IMG_4291

さて、こんな大きな機体をどうやってこの狭いエプロンに停めようというのか。


IMG_4300

737 なら3機は停めれるところを、このトリプルセブンはまさかのヤクザ停め・・・(苦笑
その佇まいは、まるで田舎のコンビニにやってきたセルシオそのもの。


IMG_4292

大きすぎて、70mm ではフレームに入りきらず、切り取るのも一苦労。APS-C機ではなく、フルサイズ機だったらちょうど良かったのかもしれませんが、これ一機のためだけにα9 なんか買うわけないじゃないか。ふだん、連射もほとんどしないのに(


IMG_4297

さて、このあと長男を迎えに駅まで行く時間が近づいてきたので、名残惜しいけど空港を離脱しました。もう、このまま何時間でも眺めていられるくらいカッコ良かったんだけどなあ。


IMG_4301

そんなウットリした眼差しで飛行機を眺めている様子を、カラスに笑われた気がしました。




おしまい。



スポンサーサイト

富山にトリプルセブンが来た日 - 前編


この日、富山に数年ぶりに Boeing 777 通称”トリプルセブン”(トリプルと略す場合もあり)が飛んで来るということで、事前に告知されていたフォトキャンペーンに応募できそうな写真を撮りに朝から富山空港へ・・・行きたかったんですが、次男を保育所へ送り出すのが遅れて、狙っていた NH316便には間に合いそうになかったので、以前行った神通川の河口付近で待機することに。
前回は B737-881 が着陸すべく高度を下げてきていたけれど、今回は羽田へと飛んで行く B767 なので、どの程度の距離感なのか分からないままの一発勝負。

IMG_4003

JA605A (Boeing 767-381/ER)

まあ、こんな感じ。太陽光が反射して機体に白いアウトラインがあるように見えるのが面白かった。この写真を撮ったあと、空港線を走って富山空港近くのスポーツ緑地へと向かいました。


IMG_4117

スポーツ緑地では、昨年12月に富山地方鉄道稲荷町駅内での脱線事故の現場で居合わせて、そのまま友だちになった高校生の K君と合流。このときはまだ空港の展望台には人が少なくて、スポーツ緑地のほうが人が多かったなあ。


IMG_4116

富山空港付近で飛行機の写真を撮るときのもうひとつの撮影スポット、神通川右岸から今回のトリプルセブンを狙う人たちが、
その背景に入れようとしているであろう立山連峰は、今やこんな雰囲気。やっぱり雪がないと画になんないよねって話。


IMG_4023

さて、そんなことを考えたりしているうちに、本命の NH315便、トリプルセブンが見えてきました。しかも、うれしいことにRW20へのアプローチ!・・・こんな大きい飛行機が北陸自動車道の真上を低空で下りて来るんだから、さぞかしドライバーの人はビビったはず(笑


IMG_4031

NH315便、JA742A (Boeing 777-281/ER)が富山にとうちゃーく。
この、大地をつかまんとする猛禽類の爪のようなギアの角度がたまんねえっす。それにしても、やはりいつもみる B737よりは断然でかいなあ。


IMG_4052

風向きのせいか、右側から先にかたがった(註:富山弁で傾いたの意)状態のまま接地しました。


IMG_4093

すごいね、このぐちゃぐちゃに複雑なエアブレーキ・・・。これでめいっぱい制動したあと、RW02エンドでUターンするかと思いきや、
ダイレクトにエプロンに入って行きました。滑走路が一本しかないし、小さい空港だからかな。


IMG_4106

結局、初めてみるトリプルセブンは、そのサイズ感がつかめず端が見切れたままの写真しか撮れなかったというね。でも、いいんだ。このあとまだチャンスがあるから。


IMG_4113

いつもなら、空港側へ頭を向けて駐機するはずが、その大きさのせいかエプロンに横付けするような感じになってるのかな?
ここからではよく見えないから、あとで空港まで行ってみるかー。


IMG_4131

・・・このケツがたまりません(


IMG_4192

このあと、新千歳空港へ向かったのち(NH1181便)、もう一度富山に来て(NH1182便)、〆に羽田へ帰って行く(NH320便)というハードなスケジュールで運用されるトリプルセブンさんなのであった。


IMG_4134

K君から聞いた話だと、修学旅行生のために用意された機材だそうで、空港の展望台はその見送りの家族らしき人たちが見えました。そのとおりならなおさら空港に行かなくて良かった。写真どころじゃないかもしれないからね。

さて、一旦自宅へ戻って昼ご飯を食べてから、もう一度写真を撮りに来ます。今度は空港の展望台からトリプルセブンを撮るんだ、自分。



つづく。




以下、おまけ。

IMG_4126

CHINA AIRLINES B-18615 (Boeing 737-809)
2ヶ月前にも見たことのある機材ですた。

IMG_4129

737 見ると、なぜかホッとするなあ(笑 それくらい、富山空港にはピッタリなサイズの機体なのかもしれない。


IMG_4122

取材か何かでしょうか、朝日新聞社所有のJA03AP (アグスタ:A109SP)がいました。

IMG_4202

こちらは本田航空のJA36HA (セスナ:172S Skyhawk SP)。セスナといえば、先日飛行訓練をしていた、JA3989 が獅子岳付近で墜落し、乗員の方が亡くなるという痛ましい事故があったばかりで、関係なくてもなんかドキドキしちゃうの・・・。


IMG_4216

小さいなりにもGがキツいんだろうか、後部座席の人がなんか辛そうだなと思いました。


小松空港に行ってきた②


久しぶりに石川県に来る用事ができたので、その帰りに松任駅近くの金沢総合車両所(通称:松任工場)に留置されている車両を見に来ました。延伸工事の進む金沢駅以西の風景もまた様変わりしていて、予習にとチェックしていた Google マップがこの松任駅近辺ではあんまり役に立たなかった(苦笑

IMG_3622

北陸を走る電車の終着駅とも言うべきか、第三セクターの富山ライトレールに移管される前のJR富山港線でも走っていた国鉄色の475系がぽつりと佇んでいました。北陸新幹線が開業する前にはまだ北陸本線を走っていたんですよ、彼。

富山の有名鉄撮りスポットへ行ってきた

過去記事では A21編成と記述していましたが、この国鉄色の クハ455-60 はA19編成でございました(A21編成は北陸色)。
いずれにせよ、このデカ目と呼ばれるライトが大好きだったんですよね・・・。んで、おれがなぜ模型鉄になることがなかったのは、鉄道に関しては現車に勝るリアリティはないと思ったからです。

ストリートビューではまだたくさんの車両が解体されずに残っているように見えましたが、現在はこの475系A19編成のみという寂しさ。まあ、会えるのはこれで最後かもしれないし、来れてラッキーだったかも。そんなテンションの中、ついでに小松空港まで足を伸ばしてみました。途中、上空にJAL機が見えたので、間に合えば離陸時の写真が撮れるかもと思い、アスファルト タイヤを切りつけながら法定速度でEIZO本社のそばを走り抜けて来たぞ!

巷で話題のジェットダイスケ写真展の「空蝉」、EIZO本社でやってくれたら通うのに(ぉ


IMG_3631

さておき、小松空港。展望デッキに登ると、先ほど上空に見えたJALのボーイング737型機・・・正確には日本トランスオーシャン航空の Boeing 737-446 が駐機していました。富山にJALが就航しなくなってからはだいぶ経つし、家族旅行で飛行機を利用することがなくなってからは5年以上経つから、鶴のマークを見るのはホントに久しぶり。


IMG_3638

とか言ってるうちに、何かトラブルがあったようでグランドスタッフらしきおねいさんが走って行きました。


IMG_3641

乗せちゃいけない荷物でも紛れちゃったんでしょうかね。まあ、慌てて転ばなくて良かった。


IMG_3646

小松基地では航空自衛隊の カワサキ T-4(86-5767)が、タッチアンドゴーの訓練を行っていました。
戦闘機のことはほとんど分からないんですが、この機体、2年ほど前には浜松の第31飛行隊に所属していたようですね。


IMG_3649

いやあ、今回は sd Quattro じゃなくて普通に EOS 7D を持ってきてるから、全然楽に写真撮れるよね。隣を見れば 7D MkII にEF100-400mm のII型を構えたおじさんがいるし、おれもあとで SIGMA の150-600mm に換えてドヤ顔するんだ(


IMG_3655

Boeing 737-446 は着々と準備中。富山空港で見る737よりも準備に時間がかかっているように感じるのは、きっと飛行距離が違うからだよね。特にこの日本トランスオーシャン機の場合、沖縄まで飛ぶんだもの。


IMG_3659

そして、その奥では航空自衛隊の F-15J イーグル(72-8885)がおもむろに滑走路へ出てきました。こうして民間機の離発着の合間に訓練するんだから管制官も大変だよね。


IMG_3700

さらに奥では2016年に新田原の第5航空団から小松の第6航空団に移転してきた、飛行教導群いわゆるアグレッサー部隊の F-15DJ Eagle (32-8081)が駐機中。これ、いっぺん生で見たかったやつだ!


IMG_3685

これは、初めて見る機体。IBEXエアラインズの Bombardier:CRJ-702ER だそうで。

IMG_3689

IMG_3697

三菱のMRJのような、リージョナルジェットという短距離輸送に特化したジェット機。見るからに搭乗可能な人数が少ないのに、こうして運航しているということは採算に見合った路線なのでしょう。


IMG_3703

うわ、なんか大きくて太いのが入って来た!


IMG_3708

Boeing 767-346/ER(JA615J)でごんす。サイズ感がつかめなくてフレームに入りきれなかった・・・。


IMG_3717

その着陸を確認したやいなや、訓練を始める自衛隊機たち。


IMG_3721

IMG_3725

IMG_3730

こんなロケーションなので、普通にこういう写真が撮れてしまうんですよね。しかも、彼らにとっては日常なのだから、なんともはや・・・。


IMG_3736

IMG_3738

ところで、この機体ってばなんか顔が汚いなあと思っていたら、


IMG_3739

ああ、この跡なのねっていう・・・。ひと仕事終えたらちゃんと洗ってもらえよー。


IMG_3759

長旅のあとは燃料補給も大事よね。時間がなくて行先は調べていないけれど、きっと遠くまで飛ぶんだろうなあ。実は航空機そのものを撮るよりは、こういう日常の作業光景を撮る方が好きだったりします。目指せ、日常系航空写真家(


IMG_3757

お、あれに見えるは小松救難隊の UH-60J と、U-125A 捜索機。どちらも出番がないのが一番、なんてね。


IMG_3807

IMG_3808

600mm でもこんな距離感、手持ちでがんばりました。あ、あとノートリミングっす。


IMG_3782

降りて来るところは意外とゆっくりで、障害物さえなければ楽に撮れるのが分かりました。何度か撮っているうちにどこら辺に入ってくるかも分かってきたので、撮影日の後半ではカメラを動かさずに右目はファインダーを、左目では戦闘機の位置をフレームに入ってきたところでレリーズしたり、いろいろ試してみたりもしました。


IMG_3795

IMG_3831

撮ったあとすぐ ”失敗した!”と思った一枚ですが、あとで見返してみるとなかなか雰囲気というか、”ここでしか撮れない感”を強く感じたので、お気に入りの一枚になりました。


IMG_3833

IMG_3850

戦闘機の訓練は、一旦これでおしまいな雰囲気。こういうのを毎日毎日繰り返して、有事に備えているんだよなあ。


IMG_3843

上空が空いたところで、今度は民間機が動き始めました。70-30mm と 150-600mm を交換しながら撮り続ける今回のロケ、なかなか忙しかった(苦笑。ここはやっぱ2台体制で挑むべきか、いやそれはやり過ぎだ。←冷静


IMG_3846

IMG_3869

IMG_3862

このブラックホーク、上手く撮れたと思って仕事仲間で同じ趣味の人に見せたら、シャッター・スピードは1/300 くらいじゃないとローターが止まって見えるからイマイチになるよ、みたいなことを言われてしまいました。そうか、そういうものなのか。ついつい標本みたく撮っちゃうから、動きのある写真って案外どうやって撮っていいのか分かっていないことも多い。これは次への課題だな。


IMG_3877

この空港を訪れるのはこれで2回目ですが、こうして無邪気に戦闘機を眺められるってのは平和だなあといつも思います。次男を連れてきたら、どんな顔するのかな。





富山空港スポーツ緑地展望台


全国的に真夏日となったこの日、よせば良いのに日除けの少ない富山空港スポーツ緑地の展望台へ、また来ちゃいました。

IMG_3396

途中、コンビニでサンドイッチとポカリを買って、2時間後に飛んで来る予定の韓国の格安航空 「エアソウル」 RS782便を撮るべく現場で待機。いえね、天気の良い日に涼しい室内でゴロゴロするのもいいんだけれど、ついスマホばっかり見ちゃうしね。だったら、外でお天道様の光浴びてたほうが健康的かと思って。ピクニックにしちゃあ暑すぎるんだけど(苦笑


IMG_3391

そうそう、前回来たときの帰り際に面白そうな遊具を見つけたんよねえ。


IMG_3390

その名も 『サイバーホイール』。これ、うちのハルキさんがこれ見たら絶対大喜びすると思うんだ。先日、いっしょに空港まで飛行機を見に来て以来、まんまと飛行機も好きになったようなので、今度来たときにここで遊んでもらおうと思います。


IMG_3395

注意点は、遊べる時間が夕方4時半までということ。平日の保育所のお迎えからだと絶対間に合わないので、土日に休みをもらえたときしか連れて来られないってことか・・・。


IMG_3397

さておき、富山空港。風は北から吹いていて、たぶん今日もRW02からのアプローチになると思われ。本当は北陸道上空をガーっとRW20へとアプローチする様子を撮りたいんだけど、こればっかりは仕方ないっす。今日は空港の展望台へ行く気分ではないので、ここで粘ります。暑いけど。


IMG_3404

ふと空港エプロン側へ目をやると、ちょうど朝日航洋のJA6505(AS350B3:ユーロコプター・エキュレイユ)が着陸するところ。そして、その手前の駐機場では中日本航空のJA9411(AS350B:アエロスパシアル・エキュレイユ)と、つくば航空のJA9785(AS350B:アエロスパシアル・エキュレイユ)が見えました。


IMG_3411

先に飛び立ったのは、中日本航空のJA9411。機体下の物体は測量用のセンサーか何かでしょうかね。


IMG_3417

続いて、つくば航空のJA9785。


IMG_3419

つくば航空のヘリコプター部門とアジア航測は、平成21年より航空測量業務提携を行っており、アジア航測の支店が富山にもあることから、この富山空港を拠点に何かしらの観測を行っているのかと思われます。ちなみに、業務内容の一部に散骨というのがありました(


IMG_3438

ほほう、ヘリもなかなか面白そうだなと思った矢先、新千歳空港からの定期便 NH1182 が視界に入ってきました。このコースだと、予想どおりにRW02、山側からのアプローチだね。


IMG_3460

前回ここで飛行機を撮ったときは、シャッター速度が200とかだったので、アプローチしてきたシーンの写真はすべてブレブレだったけど、今回はバッチリさ!


IMG_3461

JA77AN(Boeing 737-881)。

ん? 機体上部に何かドーム状のものが設置されてるけど、今までこんなのあったかなあ??


IMG_0139

ところで、これは2年前の10月に天皇陛下が来県されたときに撮ったものなんだけど、このときは何もなかったはずの機体後方上部に何か追加されてますよね(このときのJA77ANは定期便での運用でしたが、同年3月に仙台で行われた国連防災世界会議では天皇陛下特別機として運用されました。―参考サイト:0830thのblogⅡ様)。調べてみると、Wi-Fi アンテナだということが判明しました。すげえ、空の上でもWi-Fi・・・。


IMG_3471

それはそうと、飛行機のエンジンの逆噴射シークエンスとエアブレーキの展開を見るのが大っ好きなんですよねえ。変形はいつでもオトコゴコロをくすぐるものなのだ。


IMG_3479

IMG_3495

IMG_3504

気がつけばもう夕方4時前なので、機体に反射する夕陽がきれいに輝いていました。いつも午前中から昼にかけてからしか撮りに来ないから、この時間帯の様子を見るのは実は初めてだったりします。


IMG_3507

こんなもの、よく作ったよなあ。しかもこれが空飛んじゃうんだもんなあ・・・。


IMG_3519

そして、本日の本命、エアソウル RS782便がやって来ました。とりあえずこれで富山空港でふだん見られるアジア系の航空機はほぼ撮りきったも同然。本当はアシアナ航空本家の機体が撮りたいんだけど、この路線では無理だろうなあ(註:エアソウルはアシアナ航空の100%子会社で2016年10月より日本の6都市に格安路線として就航している)。


IMG_3533

HL8255(Airbus A321-231)

この機体はもとはアシアナ航空所属だったものが、子会社のエアソウルへと譲渡されたもの。その際にこの塗装になったみたい。
しかし、この路線も永遠に続くことはないだろうし、撮れるうちに撮っておくといいのかもね。


IMG_3540

IMG_3550

IMG_3559

IMG_3563

IMG_3576

IMG_3581

というわけで、6月9日のフォトコンテストに向けてだいたいの感覚がつかめてきました。空港の展望台での撮影が安パイだろうけど、駐車場で時間取られそうだし、対岸の土手の上か、このスポーツ緑地の展望台から撮ることに決めました。

あとは天候次第・・・。



TOY RW02


今日も今日とて特写二課。

大好評をいただいております、富山空港発着の飛行機をイイ感じに撮れる場所を探すロケシリーズ、今回は山側の滑走路、ランウェイ02側を攻めてみました。狙いとしては海側からやって来る機体の着陸の瞬間を撮るのが目当て。

IMG_3122
[ Canon EOS 7D / SIGMA 150-600mm F5-6.3 DG OS HSM | Contemporary ]

脳内プランでは対岸の河川敷まで下りて、真正面から撮ろうと計画していたんですが、道に迷って( 無難に右岸の土手に来てしまいました。


IMG_3129
[ Canon EOS 7D / SIGMA 150-600mm F5-6.3 DG OS HSM | Contemporary ]

でも、それはそれで良いこともあり、先客の方から色々情報をいただいたりとか助かったことが多かったです。ありがとう、赤いCR-Zのお兄さん!

・・・さて、今回のコンディションはめったにないと言われた北風・・・。というわけで、思惑を外れて海側のランウェイ20からではなく、おれがいるランウェイ02側からアプローチしてくる機体ばかり(苦笑 まあ、それはそれで至近距離で飛行機が見られるわけだし、撮るのはちょっと難しいけど気分は良かったです。


IMG_3161
[ Canon EOS 7D / SIGMA 150-600mm F5-6.3 DG OS HSM | Contemporary ]

現場に来てすぐに着陸した羽田発の NH315 (10時40分着)はきれいに撮り損ねたので、次の CI170(JL5118)を待ちました。風向きが良かったのか、定刻より早めに来た感じでしたね。


IMG_3182
[ Canon EOS 7D / SIGMA 150-600mm F5-6.3 DG OS HSM | Contemporary ]

CHINA AIRLINES B-18653 (Boeing 737-8Q8)
アジア系航空会社の塗装ではいちばん好きなやつ。


IMG_3184
[ Canon EOS 7D / SIGMA 150-600mm F5-6.3 DG OS HSM | Contemporary ]

今まで遠巻きに見たり撮ったりすることが多かっただけに、手が届きそうな距離で見られるとなるとワクワクしてきますな。正直、写真撮ってる場合じゃないとさえ思うほど(ぉ


IMG_3190
[ Canon EOS 7D / SIGMA 150-600mm F5-6.3 DG OS HSM | Contemporary ]

今ごろ、さっきのCR-Zのお兄さんは北陸道側で撮ってるのかなと思いつつ、おれは腹を括ってここで粘ることに。トリプルセブンが来る6月9日までに撮影場所を決めればいいだけだから。


IMG_3193
[ Canon EOS 7D / SIGMA 150-600mm F5-6.3 DG OS HSM | Contemporary ]

あとは、風向きだけか・・・。


IMG_3202
[ Canon EOS 7D / SIGMA 150-600mm F5-6.3 DG OS HSM | Contemporary ]

空港に隣接する朝日航洋のEurocopter AS350B3 Ecureuil (JA6505)。いつもは空港の展望台側からしか見たことがないだけに、この位置からだと新鮮でした。後部座席の人がこっち見てますね(笑


IMG_3210
[ Canon EOS 7D / SIGMA 150-600mm F5-6.3 DG OS HSM | Contemporary ]

エプロンへと進入してきた中華航空機と。


IMG_3215
[ Canon EOS 7D / SIGMA 150-600mm F5-6.3 DG OS HSM | Contemporary ]

手前から、朝日航空・中華航空・全日空・中國南方航空といった並び。もしかしてだけど、ふつうに空港の展望台に行ってたほうが良かったのかも。いやいや、今日は次男もいないし一人であそこに行っても面白くはないんだ。


IMG_3216
[ Canon EOS 7D / SIGMA 150-600mm F5-6.3 DG OS HSM | Contemporary ]

とかなんとか思っているうちに、着陸時を撮り損ねた JA72AN が札幌へと飛び立つ NH182 となり、エプロンから出場。


IMG_3233
[ Canon EOS 7D / SIGMA 150-600mm F5-6.3 DG OS HSM | Contemporary ]

JA72AN (Boeing 737-881)

2年前に天皇陛下が来県された際、帰京されたときに搭乗された飛行機・・・の予備機だった機体。
今年も来県されるご予定ではありますが、風邪による発熱で直近の公務を休まれたりとか、ちょと心配でもあります。


IMG_3243
[ Canon EOS 7D / SIGMA 150-600mm F5-6.3 DG OS HSM | Contemporary ]

ていうか、この位置だと地熱による空気の揺らぎがひっどいな。


IMG_3251
[ Canon EOS 7D / SIGMA 150-600mm F5-6.3 DG OS HSM | Contemporary ]

続いて、大連へと向かう中国南方航空の B-6041(Airbus A319-132)が離陸準備に入りました。定期的に富山に来ているのは知っていたけれど、曜日が限られていることもあって見るのはこれが初めて。


IMG_3267
[ Canon EOS 7D / SIGMA 150-600mm F5-6.3 DG OS HSM | Contemporary ]

エアバス機といえば、翼端のウィングチップが特徴的ですよね。


IMG_3280
[ Canon EOS 7D / SIGMA 150-600mm F5-6.3 DG OS HSM | Contemporary ]

再見、祝你一路顺风!


IMG_3293
[ Canon EOS 7D / SIGMA 150-600mm F5-6.3 DG OS HSM | Contemporary ]

さて、今度は場所を移して空港スポーツ緑地公園テニスコートそばの高台へ。空港の展望台以外でちゃんと飛行機を撮ろうと思ったらもうここしかないよね、という場所。特にRW02からの離陸シーンを撮ろうと思ったらベストな場所かと。

ちょうど、中華航空機が台北へと経つ時間がきたところで、このあと2時間は空港が静かになるので、これを撮ったら帰ることにしました。とはいえ腹が減った・・・。思えば10時30ごろに空港周辺へきてもう2時間以上経ってるよ・・・。


IMG_3295
[ Canon EOS 7D / SIGMA 150-600mm F5-6.3 DG OS HSM | Contemporary ]

正直、木が邪魔だけど気にしない的な。あと、撮り忘れましたが子供が遊べる遊具でちょっと変わったのがあったので、今度は次男を連れて来ようと思います。たぶん、撮影どころじゃないくらいに面白そうなやつなんでアレですが。


IMG_3310
[ Canon EOS 7D / SIGMA 150-600mm F5-6.3 DG OS HSM | Contemporary ]

IMG_3321
[ Canon EOS 7D / SIGMA 150-600mm F5-6.3 DG OS HSM | Contemporary ]

IMG_3328
[ Canon EOS 7D / SIGMA 150-600mm F5-6.3 DG OS HSM | Contemporary ]

IMG_3338
[ Canon EOS 7D / SIGMA 150-600mm F5-6.3 DG OS HSM | Contemporary ]

IMG_3350
[ Canon EOS 7D / SIGMA 150-600mm F5-6.3 DG OS HSM | Contemporary ]

今日もきれいに撮れてよかった。6月9日に休みが取れたらトリプルセブンはここで迎え撃つことにしよう。ルークさんにも声かけておこうかな。


つづく。



最新記事
最新コメント
月別アーカイブ
カテゴリ
みんぽす
モノフェローズに参加しています
サイト内検索
リンク
Powered By FC2ブログ

今すぐブログを作ろう!

Powered By FC2ブログ

QRコード
QR